ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2016年夏、イギリスのEU離脱が決まった。<br />この歴史的な時期のイギリスはどうなっているのか、自分の目で見たくなり、ロンドンへ飛んだときの旅行記。<br /><br />あれから6年経った2022年6月、エリザベス女王陛下の在位70年:プラチナジュビリーのお祝いが開催された。<br />ロンドンへの旅を懐かしく振り返るいいきっかけとなった。

プラチナジュビリーおめでとう! 思い出のロンドン④ ~ぐるっとロンドンふた巡り~

7いいね!

2016/11/06 - 2016/11/10

5214位(同エリア9465件中)

旅行記グループ 思い出のロンドン

0

21

world traveler

world travelerさん

2016年夏、イギリスのEU離脱が決まった。
この歴史的な時期のイギリスはどうなっているのか、自分の目で見たくなり、ロンドンへ飛んだときの旅行記。

あれから6年経った2022年6月、エリザベス女王陛下の在位70年:プラチナジュビリーのお祝いが開催された。
ロンドンへの旅を懐かしく振り返るいいきっかけとなった。

PR

  • ロンドン巡り2周目の最初は、ウェストミンスター寺院へ。<br />旅行記 第2弾に登場したビッグ・ベンとバッキンガム宮殿の間に位置している。<br /><br />イギリス国教会の教会で、イギリス歴代君主の戴冠式はこちらで行われる。<br />また、エリザベス女王の孫:ウィリアム王子の結婚式もこちらで行われた。<br />白亜の建築は圧巻。

    ロンドン巡り2周目の最初は、ウェストミンスター寺院へ。
    旅行記 第2弾に登場したビッグ・ベンとバッキンガム宮殿の間に位置している。

    イギリス国教会の教会で、イギリス歴代君主の戴冠式はこちらで行われる。
    また、エリザベス女王の孫:ウィリアム王子の結婚式もこちらで行われた。
    白亜の建築は圧巻。

    ウェストミンスター寺院 寺院・教会

  • 入るとき、警備員さんに「バッグの中を見せて」と言われ、セキュリティーチェックを受ける。<br /><br />ちなみに、こちらはウェストミンスター「寺院(Abbey)」で、<br />似ているが別の建物:ウェストミンスター「大聖堂(Cathedral)」も近くにある。

    入るとき、警備員さんに「バッグの中を見せて」と言われ、セキュリティーチェックを受ける。

    ちなみに、こちらはウェストミンスター「寺院(Abbey)」で、
    似ているが別の建物:ウェストミンスター「大聖堂(Cathedral)」も近くにある。

  • 朝1番なので人が少なく、ゆっくり見られた。<br />大聖堂の天井が高く、壁や天井の造りが繊細。<br />テレビで観た通りの黒と白のチェック柄の回廊も、その先には聖壇もあった。<br /><br />西暦960年からの歴史があるそうだが、日本では平安時代。<br />同じ頃からある、京都の伏見稲荷大社や清水寺と似たような存在なんだな。<br /><br />※これは、いただいたパンフレットの画像です。日本語版があった!

    朝1番なので人が少なく、ゆっくり見られた。
    大聖堂の天井が高く、壁や天井の造りが繊細。
    テレビで観た通りの黒と白のチェック柄の回廊も、その先には聖壇もあった。

    西暦960年からの歴史があるそうだが、日本では平安時代。
    同じ頃からある、京都の伏見稲荷大社や清水寺と似たような存在なんだな。

    ※これは、いただいたパンフレットの画像です。日本語版があった!

  • ここには、なんと墓もある。<br />足元の回廊の石に墓銘がある人もいて、つい踏んでしまった。<br />墓があるのは、寺院運営の費用を集めるためだそう。<br /><br />Wikipediaによると、<br />メアリー・スチュワート ‐ スコットランド女王<br />アイザック・ニュートン - 自然哲学者<br />スティーヴン・ホーキング - 物理学者<br />チャールズ・ダーウィン - 自然科学者<br />小ピット - 政治家、首相<br />大ピット - 政治家、首相<br />ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - 作曲家<br />サミュエル・ジョンソン - 文学者<br />ジェフリー・チョーサー - 詩人<br />チャールズ・ディケンズ - 小説家<br />などの他、<br />無名戦士 - 第一次世界大戦の身元不明の戦死者<br />も祀られているという。<br /><br />※地図はパンフレットの画像です。

    ここには、なんと墓もある。
    足元の回廊の石に墓銘がある人もいて、つい踏んでしまった。
    墓があるのは、寺院運営の費用を集めるためだそう。

    Wikipediaによると、
    メアリー・スチュワート ‐ スコットランド女王
    アイザック・ニュートン - 自然哲学者
    スティーヴン・ホーキング - 物理学者
    チャールズ・ダーウィン - 自然科学者
    小ピット - 政治家、首相
    大ピット - 政治家、首相
    ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - 作曲家
    サミュエル・ジョンソン - 文学者
    ジェフリー・チョーサー - 詩人
    チャールズ・ディケンズ - 小説家
    などの他、
    無名戦士 - 第一次世界大戦の身元不明の戦死者
    も祀られているという。

    ※地図はパンフレットの画像です。

  • 中庭から、尖塔の裏側。

    中庭から、尖塔の裏側。

  • 中庭を囲む回廊にて。<br />まるで、中世ヨーロッパの城のよう。

    中庭を囲む回廊にて。
    まるで、中世ヨーロッパの城のよう。

  • そういえば、街中にたくさんの赤い花のシンボルが。<br />これは、第1次世界大戦の戦没者を慰霊する「リメンブランスデイ」が毎年11月11日に行われるため。<br />そのシンボルとして、この赤い花=ポピーが使われているそう。<br />この式典に参加するイギリス王室の方々も、街を歩く現地の人々も、ポピーのブローチを付けている。

    そういえば、街中にたくさんの赤い花のシンボルが。
    これは、第1次世界大戦の戦没者を慰霊する「リメンブランスデイ」が毎年11月11日に行われるため。
    そのシンボルとして、この赤い花=ポピーが使われているそう。
    この式典に参加するイギリス王室の方々も、街を歩く現地の人々も、ポピーのブローチを付けている。

  • ウェストミンスター寺院からバッキンガム宮殿に向かう間に、セントジェームズパークという大きな公園がある。<br />ロンドンの11月は、落ち葉が多くてもう冬の気配?

    ウェストミンスター寺院からバッキンガム宮殿に向かう間に、セントジェームズパークという大きな公園がある。
    ロンドンの11月は、落ち葉が多くてもう冬の気配?

    セント ジェームズ パーク 広場・公園

  • 公園内には野生のリスが。

    公園内には野生のリスが。

  • 池の向こうに見えるのは、バッキンガム宮殿。<br />その手前を悠々と泳ぐハクチョウ。<br />なんて優雅なんだ。

    池の向こうに見えるのは、バッキンガム宮殿。
    その手前を悠々と泳ぐハクチョウ。
    なんて優雅なんだ。

  • 前の日に衛兵交代式を見学したのは、あの記念塔の下。

    前の日に衛兵交代式を見学したのは、あの記念塔の下。

    クイーン ヴィクトリア記念碑 モニュメント・記念碑

  • 地下鉄テンプル駅まで行き、少し歩くと壮大な建物が見えてきた。<br />これは何の建物?

    地下鉄テンプル駅まで行き、少し歩くと壮大な建物が見えてきた。
    これは何の建物?

  • 実はここ、王立裁判所。<br />地元の人でさえ、「どこにあるの?」と言うくらいマイナーな所。<br />映画「ブリジット・ジョーンズの日記」で出てきたときから、「ロンドンに行くときは実物を見てみたい」と気になっていたのだ。<br /><br />裁判をしているとは思えない、まるで東京湾の有名テーマパークのような夢のある雰囲気を感じる。<br />※ブリジットはいませんでした。<br /><br />黄色いポールは、「横断歩道あり」の目印。

    実はここ、王立裁判所。
    地元の人でさえ、「どこにあるの?」と言うくらいマイナーな所。
    映画「ブリジット・ジョーンズの日記」で出てきたときから、「ロンドンに行くときは実物を見てみたい」と気になっていたのだ。

    裁判をしているとは思えない、まるで東京湾の有名テーマパークのような夢のある雰囲気を感じる。
    ※ブリジットはいませんでした。

    黄色いポールは、「横断歩道あり」の目印。

    王立裁判所 建造物

  • ん?<br />こちら、門の前に人だかりが。

    ん?
    こちら、門の前に人だかりが。

  • この奥には、イギリス首相の公邸:ダウニング10番地があるため、セキュリティーが厳重になっている。<br />日本でいう、首相官邸だね。<br /><br />自分が行った2016年は、キャメロン首相(当時)→メイ首相(当時)に変わった年。<br />その後、メイ首相→ジョンソン首相にまで公邸の主人は変わった。

    この奥には、イギリス首相の公邸:ダウニング10番地があるため、セキュリティーが厳重になっている。
    日本でいう、首相官邸だね。

    自分が行った2016年は、キャメロン首相(当時)→メイ首相(当時)に変わった年。
    その後、メイ首相→ジョンソン首相にまで公邸の主人は変わった。

  • そして2022年7月の現在、辞意を表明したジョンソン首相から次へ変わるとは、これ如何に。<br /><br />イギリスもまあまあ首相が変わる国ですな。

    そして2022年7月の現在、辞意を表明したジョンソン首相から次へ変わるとは、これ如何に。

    イギリスもまあまあ首相が変わる国ですな。

    ダウニング街 10 番地 建造物

  • 騎馬隊が街角に普通にいる、それがロンドン。

    騎馬隊が街角に普通にいる、それがロンドン。

  • こちらは、アドミラルティ アーチという門。<br />門の向こうは、バッキンガム宮殿に続く通り:ザ マル。<br />この門、真ん中は閉められているが、この門は君主専用なんだとか。

    こちらは、アドミラルティ アーチという門。
    門の向こうは、バッキンガム宮殿に続く通り:ザ マル。
    この門、真ん中は閉められているが、この門は君主専用なんだとか。

    アドミラルティ アーチ 建造物

  • 大英博物館前のライオン像。<br />戦争で使われた大砲を溶かして作られているという。<br /><br />あれ?以前にお会いしましたっけ?<br />実はこのライオン、銀座三越のライオン像のモデルでもある。

    大英博物館前のライオン像。
    戦争で使われた大砲を溶かして作られているという。

    あれ?以前にお会いしましたっけ?
    実はこのライオン、銀座三越のライオン像のモデルでもある。

    トラファルガー広場 広場・公園

  • ロンドンバスの絵はがき購入。<br /><br />2階建てバスは、ロンドンの街の様子を見るためには最適。<br />ただし、時間が読めないのが難点。<br />自分が乗ったときにも前方でデモ行進があり、渋滞に巻き込まれた。

    ロンドンバスの絵はがき購入。

    2階建てバスは、ロンドンの街の様子を見るためには最適。
    ただし、時間が読めないのが難点。
    自分が乗ったときにも前方でデモ行進があり、渋滞に巻き込まれた。

  • 今回は時間が限られていたため、街巡りはほぼほぼ地下鉄。<br />地下鉄は景色が見られず、ロンドンにいる実感がなかったが、渋滞の心配もなく、あちこち巡れた。<br />※一部の路線は、郊外に行くと地下から地上に出る<br /><br />さて、ロンドンでの残り時間が少なくなってきた。<br />EU離脱決定の歴史的な年のロンドンを、できる限り見て、肌で感じて、帰りたい。<br />続きはその⑤で。

    今回は時間が限られていたため、街巡りはほぼほぼ地下鉄。
    地下鉄は景色が見られず、ロンドンにいる実感がなかったが、渋滞の心配もなく、あちこち巡れた。
    ※一部の路線は、郊外に行くと地下から地上に出る

    さて、ロンドンでの残り時間が少なくなってきた。
    EU離脱決定の歴史的な年のロンドンを、できる限り見て、肌で感じて、帰りたい。
    続きはその⑤で。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集