上海旅行記(ブログ) 一覧に戻る
生粋の上海人同僚であるQ。中国では本当にdwarfの面倒をよく見てくれる。そんなQの旦那の実家は上海の一等地「老西門」。上海の中でもド真ん中にあるので、姑はそこが出身地であることを誇りに思っているんだそう。このあと再開発が進み立ち退きを迫られれば、保証金が億単位で入るエリアらしい。姑には会わず、こっそり旦那の実家の「石庫門建築」を拝見した。基本ソロ活動だけれど、現地では現地人と一緒に行動するのも楽しいね。

あの日の上海~同僚Qの姑の実家めぐり

29いいね!

2019/10/08 - 2019/10/08

931位(同エリア11652件中)

旅行記グループ 追憶~あの日の上海~

0

20

dwarf156cm

dwarf156cmさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

生粋の上海人同僚であるQ。中国では本当にdwarfの面倒をよく見てくれる。そんなQの旦那の実家は上海の一等地「老西門」。上海の中でもド真ん中にあるので、姑はそこが出身地であることを誇りに思っているんだそう。このあと再開発が進み立ち退きを迫られれば、保証金が億単位で入るエリアらしい。姑には会わず、こっそり旦那の実家の「石庫門建築」を拝見した。基本ソロ活動だけれど、現地では現地人と一緒に行動するのも楽しいね。

PR

  • 地下鉄老西門駅で待ち合わせ。<br />何やらQはdwarfがちゃんとたどり着くか心配をしていたようだけど、地下鉄より路線バス派だから道をよく知っていて上海人にも驚かれるレベルなんだよね。地下鉄なんて余裕余裕。

    地下鉄老西門駅で待ち合わせ。
    何やらQはdwarfがちゃんとたどり着くか心配をしていたようだけど、地下鉄より路線バス派だから道をよく知っていて上海人にも驚かれるレベルなんだよね。地下鉄なんて余裕余裕。

    地下鉄 (上海メトロ) 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

    まだまだ発展途上「上海メトロ」 by dwarf156cmさん
  • 肇周路。入口を入るとずらっと並ぶ石庫門。この中にQの姑の実家がある。Qがいろいろ説明をしてくれたのだが、誰もいないのにQは小声。後日、Qは姑の家の中の写真を撮ってきてくれた。この手の家によくあるのだけど、入ってすぐにリビングがあり、ロフトみたいな物置がある間取りだった。姑は「なんで写真撮ってるの」と不思議がっていたらしい(笑)

    肇周路。入口を入るとずらっと並ぶ石庫門。この中にQの姑の実家がある。Qがいろいろ説明をしてくれたのだが、誰もいないのにQは小声。後日、Qは姑の家の中の写真を撮ってきてくれた。この手の家によくあるのだけど、入ってすぐにリビングがあり、ロフトみたいな物置がある間取りだった。姑は「なんで写真撮ってるの」と不思議がっていたらしい(笑)

    老西門 散歩・街歩き

    上海の一等地「老西門」。古い建築は再開発によって失われつつあります。 by dwarf156cmさん
  • 今こそ浦東地区も発展したものの、昔は黄浦江を隔てて何もなく、「浦東の一軒家より浦西の1ベッド」といわれていたほど。

    今こそ浦東地区も発展したものの、昔は黄浦江を隔てて何もなく、「浦東の一軒家より浦西の1ベッド」といわれていたほど。

  • 永嘉路555号。この付近はこのような庭付きの「花園住宅」と呼ばれるお屋敷がたくさん。

    永嘉路555号。この付近はこのような庭付きの「花園住宅」と呼ばれるお屋敷がたくさん。

    永嘉路 散歩・街歩き

    フランス租界時代のお屋敷がたち並ぶ「永嘉路」 by dwarf156cmさん
  • 円形の窓。萌える。

    円形の窓。萌える。

  • 永嘉路を西へ向かって歩いていると、包子(肉まん)の露店が。こんな一等地でも1つわずか1元。Qが売り子さんに<br />Q「なんでこんなに安いの?肉少ないんじゃないの?」って聞いていた。聞きたいことは聞く。<br /><br />肉たっぷり入っていたよ。

    永嘉路を西へ向かって歩いていると、包子(肉まん)の露店が。こんな一等地でも1つわずか1元。Qが売り子さんに
    Q「なんでこんなに安いの?肉少ないんじゃないの?」って聞いていた。聞きたいことは聞く。

    肉たっぷり入っていたよ。

  • ここもすごいね。安第纳公寓。1936年から1937年にかけて造られた。本当は中に入るとお屋敷みたいなのがあるみたい。<br /><br />安亭路81弄(永嘉路×安亭路)

    ここもすごいね。安第纳公寓。1936年から1937年にかけて造られた。本当は中に入るとお屋敷みたいなのがあるみたい。

    安亭路81弄(永嘉路×安亭路)

  • どうか再開発で壊さないでください。

    どうか再開発で壊さないでください。

  • 格子窓に萌える。

    格子窓に萌える。

    衡山路 散歩・街歩き

    夏は街路樹が美しい「衡山路」 by dwarf156cmさん
  • いつも面倒を見てもらっているので、たまにはお茶をごちそうしたくて。

    いつも面倒を見てもらっているので、たまにはお茶をごちそうしたくて。

    唐韻茶坊 カフェ

    女子のお喋りにもってこい「唐韻茶坊」 by dwarf156cmさん
  • 中国茶を頼むと、「零食」と呼ばれる茶菓子が出てくる。そして大きなポットのお茶。

    中国茶を頼むと、「零食」と呼ばれる茶菓子が出てくる。そして大きなポットのお茶。

  • 誰もいない。

    誰もいない。

  • Qとは別れ、ひとりで「玉佛寺」へ。途中、実はフランス人に玉佛寺までの道を指差しで聞かれ、一緒にここまで歩いてきた。

    Qとは別れ、ひとりで「玉佛寺」へ。途中、実はフランス人に玉佛寺までの道を指差しで聞かれ、一緒にここまで歩いてきた。

    玉仏禅寺 寺院・教会

    黃と赤の艶やかなお寺「玉佛寺」 by dwarf156cmさん
  • ここに来るまでにフランス人、全くしゃべらない。それどころか目も合わせない。

    ここに来るまでにフランス人、全くしゃべらない。それどころか目も合わせない。

  • 少しして分かったことだが、dwarfのことを中国人と思っていたらしく、警戒していたとのこと。彼は日本でビジネスをしており、dwarfが日本人と分かるとようやく笑顔を見せてくれた。

    少しして分かったことだが、dwarfのことを中国人と思っていたらしく、警戒していたとのこと。彼は日本でビジネスをしており、dwarfが日本人と分かるとようやく笑顔を見せてくれた。

  • まぁそうだよね。道で話しかけられて、とんでもない金額のお茶試飲会だの、ぼったくりバーだのよく聞くもんな。でもいい人もたくさんいるんだよ。これは言葉を勉強して中国のことを理解し好きにならないとわからないかも。

    まぁそうだよね。道で話しかけられて、とんでもない金額のお茶試飲会だの、ぼったくりバーだのよく聞くもんな。でもいい人もたくさんいるんだよ。これは言葉を勉強して中国のことを理解し好きにならないとわからないかも。

  • 外観は撮らなかったけれど真っ黄っ黄で、中に入ると赤提灯がたくさん。素食(精進料理)やお茶を楽しむ場所も。

    外観は撮らなかったけれど真っ黄っ黄で、中に入ると赤提灯がたくさん。素食(精進料理)やお茶を楽しむ場所も。

  • その後、どこでもいいから行きたいというので莫干山路のアート地区へ案内。

    その後、どこでもいいから行きたいというので莫干山路のアート地区へ案内。

  • さっきまでは目も合わせてもくれなかったのに(笑)そんな彼とは帰国してからもSNSでつながって今もお友達です。

    さっきまでは目も合わせてもくれなかったのに(笑)そんな彼とは帰国してからもSNSでつながって今もお友達です。

  • おっと、小心(気を付けて)!ゴミに気を取られると頭をぶつけるよ!私はぶつからないけど。

    おっと、小心(気を付けて)!ゴミに気を取られると頭をぶつけるよ!私はぶつからないけど。

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集