リスボン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年1月 日々の激務に疲れ果たおじさんが癒やしの12日間のリスボン、<br />ポルトへの一人旅。<br />仕事に揉まれ、敵と戦い、ボロボロになった旦那を見るに見かねた奥さんが旅行資金、30万円をぽーんと用意!「このままではあんた、しんじゃうよ?仕事より他に大事な<br />もん、あるんでしょ?」<br />「そりゃそうだよね!」事務卓をどーんとひっくり返して無理やり休んで東京の冬空に<br />旅立ちました。<br />さてさて、どんな旅になりましたやら、乞うご期待!<br /> 1/12 出発!まずはリスボンへ<br /> 1/13 リスボン到着!1日目   <br /> 1/14 リスボン2日目  <br /> 1/15 リスボン3日目  <br /> 1/16 まだまだリスボン 4日目<br /> 1/17 そしてポルトへ     <br /> 1/18 ポルト 2日目  <br /> 1/19 もうポルト最終日 <br /> 1/20 そしてまたもやリスボンへ<br />★1/21 リスボン  通算5日目 ☆彡今日ここ<br /> 1/22 ついに!ポルトガル最終日!<br /> 1/23 さて、帰国するか。

Around50 おじさんひとりリスボンーポルト11:今日もリスボン、曹長ありがとう

6いいね!

2017/12/12 - 2017/12/23

1581位(同エリア2483件中)

Kitakaigan

Kitakaiganさん

2017年1月 日々の激務に疲れ果たおじさんが癒やしの12日間のリスボン、
ポルトへの一人旅。
仕事に揉まれ、敵と戦い、ボロボロになった旦那を見るに見かねた奥さんが旅行資金、30万円をぽーんと用意!「このままではあんた、しんじゃうよ?仕事より他に大事な
もん、あるんでしょ?」
「そりゃそうだよね!」事務卓をどーんとひっくり返して無理やり休んで東京の冬空に
旅立ちました。
さてさて、どんな旅になりましたやら、乞うご期待!
 1/12 出発!まずはリスボンへ
 1/13 リスボン到着!1日目   
 1/14 リスボン2日目  
 1/15 リスボン3日目  
 1/16 まだまだリスボン 4日目
 1/17 そしてポルトへ     
 1/18 ポルト 2日目  
 1/19 もうポルト最終日 
 1/20 そしてまたもやリスボンへ
★1/21 リスボン  通算5日目 ☆彡今日ここ
 1/22 ついに!ポルトガル最終日!
 1/23 さて、帰国するか。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • 本日も帰りのリスボンを徘徊します。<br />ご紹介が遅れました。これがGS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesの入り口の階段です。この後ろに外の道路とここを隔てる大きなドアがあります。ヨーロッパの一般的な住まいの構造ですがいつもは普通のホテルに泊まっている僕には新鮮な感じです。この中に複数のお宅がありますが4階の1フロアがGS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesとなっています。で、リフトがない。この手のホテルではよくありますね。

    本日も帰りのリスボンを徘徊します。
    ご紹介が遅れました。これがGS Chiado Boutique Studio & Suitesの入り口の階段です。この後ろに外の道路とここを隔てる大きなドアがあります。ヨーロッパの一般的な住まいの構造ですがいつもは普通のホテルに泊まっている僕には新鮮な感じです。この中に複数のお宅がありますが4階の1フロアがGS Chiado Boutique Studio & Suitesとなっています。で、リフトがない。この手のホテルではよくありますね。

  • これがGS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesの入り口のドアと看板。この手のホテル、アパートメントとしては大き目な看板ですな。下手すると入り口の上のちーさいラベルのみが看板なんてのも普通ですね。宿が決まったら旅行の前にストリートビューで所在や通りの様子を確認するのですが見つからない宿もあるんですよね。

    これがGS Chiado Boutique Studio & Suitesの入り口のドアと看板。この手のホテル、アパートメントとしては大き目な看板ですな。下手すると入り口の上のちーさいラベルのみが看板なんてのも普通ですね。宿が決まったら旅行の前にストリートビューで所在や通りの様子を確認するのですが見つからない宿もあるんですよね。

  • で、朝ごはんです。近くのビファナのお店で食べます。ビファナとガラオンです。ポルトガルのコーヒはいくつかの種類がありますがガラオンは基本的にカフェオレみたいな感じで量がおおくおいしいです。もちろんしっかりしたパンとポークのビファナはいつも、どこでも安定のおいしさです。でも、これポークではなくスパイスの効いた熱々のフライドチキンでしたけどね。(ビファナっていうのかな?)

    で、朝ごはんです。近くのビファナのお店で食べます。ビファナとガラオンです。ポルトガルのコーヒはいくつかの種類がありますがガラオンは基本的にカフェオレみたいな感じで量がおおくおいしいです。もちろんしっかりしたパンとポークのビファナはいつも、どこでも安定のおいしさです。でも、これポークではなくスパイスの効いた熱々のフライドチキンでしたけどね。(ビファナっていうのかな?)

  • こんな感じのパン屋さんでした。

    こんな感じのパン屋さんでした。

  • そしてまだ朝早いリスボンの街。だれもいない。

    そしてまだ朝早いリスボンの街。だれもいない。

  • ケーブルカーの線路です。どれだったかなぁ~。たぶんグローリア線?<br />

    ケーブルカーの線路です。どれだったかなぁ~。たぶんグローリア線?

  • 地下鉄で移動です。目的地は今日はリベイラ市場です。

    地下鉄で移動です。目的地は今日はリベイラ市場です。

  • リベイラ市場に到着です。なんだかんだ歩き回って到着したのはお昼少し前。ここも地元の方々でお昼は混雑しますので早めお昼です。もうこの時間、市場の部分は終わりかけ。ほぼほぼ品物もなく、おじさん、おばさんももういなくてちょっとさびしい。こんどはね、来るときはアパルトメントに泊まろうと思ってるんですよ、キッチン付きの。長期滞在を目指していますので地元の食材で料理もしてみたいですよね。

    リベイラ市場に到着です。なんだかんだ歩き回って到着したのはお昼少し前。ここも地元の方々でお昼は混雑しますので早めお昼です。もうこの時間、市場の部分は終わりかけ。ほぼほぼ品物もなく、おじさん、おばさんももういなくてちょっとさびしい。こんどはね、来るときはアパルトメントに泊まろうと思ってるんですよ、キッチン付きの。長期滞在を目指していますので地元の食材で料理もしてみたいですよね。

  • まだ、残っていた魚屋さん。ほんとは今回の旅行、ちぃさな目標があったんです。できればペルセベス(カメの手)を食べること。でもね、実はペルセベス、季節外れのようでして、食べることはかないませんでした。まぁ、次回への宿題ですね。<br />旅行の宿題は結構、いいものです。これを再目的に頑張れる!<br />次回は必ず回収しますぜ、この宿題!

    まだ、残っていた魚屋さん。ほんとは今回の旅行、ちぃさな目標があったんです。できればペルセベス(カメの手)を食べること。でもね、実はペルセベス、季節外れのようでして、食べることはかないませんでした。まぁ、次回への宿題ですね。
    旅行の宿題は結構、いいものです。これを再目的に頑張れる!
    次回は必ず回収しますぜ、この宿題!

  • そして、メロンのジュース。目の前でマナ絞りです。さっぱりとしておいしいですね。贅沢な話ですが最近の日本のメロンはちょっとときに強烈にあますぎるかな?て場合があります。<br />僕はこれくらいのさっぱりしたのがうれしいですね。

    そして、メロンのジュース。目の前でマナ絞りです。さっぱりとしておいしいですね。贅沢な話ですが最近の日本のメロンはちょっとときに強烈にあますぎるかな?て場合があります。
    僕はこれくらいのさっぱりしたのがうれしいですね。

  • めずらしく日本の方とお会いしました。これでこの旅行2組め。<br />食事もすんでぼんやりと大好きなビーニョ・ベルデを楽しんでいたら「あの~もしかして日本のかたですか?」1週間ほどの期間でポルトガルの主要な都市をめぐるツアーの方々とのことでした。3人組のおばさま方。いいな~仲良し3人で海外旅行なんていいですよね、あこがれます。(僕はひねくれものなのでたぶん無理ですが)<br />で、オーダーの仕方とメニューがわからないんだけど・・・と。あるお店と、メニューとシステムを知っている範囲で教えて、結局オーダーもお付き合しました。その間も3人でわいわいがやがや、いいですね女の人はいくつになっても楽しそうで元気でこちらもうれしくなりますね。

    めずらしく日本の方とお会いしました。これでこの旅行2組め。
    食事もすんでぼんやりと大好きなビーニョ・ベルデを楽しんでいたら「あの~もしかして日本のかたですか?」1週間ほどの期間でポルトガルの主要な都市をめぐるツアーの方々とのことでした。3人組のおばさま方。いいな~仲良し3人で海外旅行なんていいですよね、あこがれます。(僕はひねくれものなのでたぶん無理ですが)
    で、オーダーの仕方とメニューがわからないんだけど・・・と。あるお店と、メニューとシステムを知っている範囲で教えて、結局オーダーもお付き合しました。その間も3人でわいわいがやがや、いいですね女の人はいくつになっても楽しそうで元気でこちらもうれしくなりますね。

  • そして、今日も安定のビーニョ・ベルデ。軽い発泡とフルーティーな味。ほんとに大好きになりましたね。<br />おばちゃんたちはまだまだ、わいわいがやがや追加のオーダー中。元気でいいなぁ。このままポルトガル中かけまわるのでしょう。おじさんも元気ださねば!

    そして、今日も安定のビーニョ・ベルデ。軽い発泡とフルーティーな味。ほんとに大好きになりましたね。
    おばちゃんたちはまだまだ、わいわいがやがや追加のオーダー中。元気でいいなぁ。このままポルトガル中かけまわるのでしょう。おじさんも元気ださねば!

  • リベイラ市場の近くの雑貨屋さん。お酒、野菜、缶詰ほかほか。<br />店の前にたたずむあんちゃんがかっこいいですね。雰囲気ありますなぁ。<br />実はリベイラ市場にはナタの卸があるようです。その工場と販売店が市場の場外(?)と言うか道に面した側にあります。小さなイートインとその奥のナタ製作所。たぶん市内のいろいろなお店におろしているのでしょう。で、そこの店員さん、ポルトガルのかたではなく、北欧の方の女性のようでした。透けるように白い肌、輝く明るい色の金髪、みどりがかった青い瞳、すらっとしたスタイル。ナタを売りに来た北欧の天使みたいです。(天使がナタを売るかはさておき)<br />都合5回くらい行きましたかねぇ、はちみつの様な輝くような笑顔がなんとも、不信人ものもを天国へいざなう様な。<br />毎回、笑顔とガラオンとナタで元気回復でした。いや~いいものみたなぁ。

    リベイラ市場の近くの雑貨屋さん。お酒、野菜、缶詰ほかほか。
    店の前にたたずむあんちゃんがかっこいいですね。雰囲気ありますなぁ。
    実はリベイラ市場にはナタの卸があるようです。その工場と販売店が市場の場外(?)と言うか道に面した側にあります。小さなイートインとその奥のナタ製作所。たぶん市内のいろいろなお店におろしているのでしょう。で、そこの店員さん、ポルトガルのかたではなく、北欧の方の女性のようでした。透けるように白い肌、輝く明るい色の金髪、みどりがかった青い瞳、すらっとしたスタイル。ナタを売りに来た北欧の天使みたいです。(天使がナタを売るかはさておき)
    都合5回くらい行きましたかねぇ、はちみつの様な輝くような笑顔がなんとも、不信人ものもを天国へいざなう様な。
    毎回、笑顔とガラオンとナタで元気回復でした。いや~いいものみたなぁ。

  • コメルシオ広場の端っこです。広くて気持ちいいところではありますがひねくれものの僕にはちょっとまぶしいかな?

    コメルシオ広場の端っこです。広くて気持ちいいところではありますがひねくれものの僕にはちょっとまぶしいかな?

  • コメルシオ広場のプラタ通りの辺りです。<br />実はこの後ろにジンジャーニャ売りの小さなブースがあります。ジンジャーニャはご存じのチョコのちいさなカップにつがれたチェリーのリキュールです。いっぱい1ユーロくらいでしたかねぇ?で、ここのブースの娘さんがまたかわいらしい。いかにもリスボンっ子って感じのすこし素朴な感じの娘さんなのですがとてもいい感じ。いかにもリスボンって、ポルトガルってこんな感じだよなぁって娘さんです。僕はとてもうれしくなって滞在中は5,6回通ってましたね。元気かなぁ?

    コメルシオ広場のプラタ通りの辺りです。
    実はこの後ろにジンジャーニャ売りの小さなブースがあります。ジンジャーニャはご存じのチョコのちいさなカップにつがれたチェリーのリキュールです。いっぱい1ユーロくらいでしたかねぇ?で、ここのブースの娘さんがまたかわいらしい。いかにもリスボンっ子って感じのすこし素朴な感じの娘さんなのですがとてもいい感じ。いかにもリスボンって、ポルトガルってこんな感じだよなぁって娘さんです。僕はとてもうれしくなって滞在中は5,6回通ってましたね。元気かなぁ?

  • そして、リスボンらしいトラム。このフロントの形がいいです。冬のリスボンの街角とほんとにマッチします。28E号線、宿の地区のバイシャ・シアードの辺りを通る路線です。リスボンのトラムは便利です。見かけて乗って、見えたら降りて、過ぎてたら歩いてもどって、てね。

    そして、リスボンらしいトラム。このフロントの形がいいです。冬のリスボンの街角とほんとにマッチします。28E号線、宿の地区のバイシャ・シアードの辺りを通る路線です。リスボンのトラムは便利です。見かけて乗って、見えたら降りて、過ぎてたら歩いてもどって、てね。

  • だんだん、リスボンの街の北の方を目指します。<br />ここは、MUSEU GUARDA NACIONAL REPABLICANA、憲兵隊の博物館でしょうか?<br />軍系の博物館といえばリスボン1で軍事博物館(Lisbon Army Museum)に行ったと書きました。そして2度めは無いかなと。この時期、博物館はほんと空いてます。タイミングによっては貸し切り状態。かの軍事博物館もご多分にもれず。午前の早い時刻に行ったのですがほぼ貸切りです。で、ここの特徴は案内係に多くの退役軍人の方が雇われていることです。ようは、やる気満々、元気なおじいちゃんたちが獲物が来るのを手癖畝ひいて待っている状態です。冬の天気の良い気持ちいい午前、この時期めずらしい日本人1人旅のおじさんがやってきてきょろきょろしています。そりゃ、気合はいりますよね。僕が入館してうろうろしていると、背後からすすと小柄でがっしりしたいかにも歴戦の曹長って感じのおじいさんが現れ、おもむろにポルトガル語と英語で説明をはじめます。僕は言うまでのなくポルトガル語はもちろん、英語だってからっきしで、日本人得意のあいまいな笑顔でうなずきます。お~とかリアリ~とかいいながら。都合2時間以上曹長は僕に付き合ってくれました。展示物は非常にいいです。ほかでは見たことのないものもたくさん。また、ぜひ行きたいのですがこれでちょっとトラウマ。<br />帰り際に曹長に御礼を言うと彼は腕を組んで「うむ」とうなずきました。<br />サンキュー・チーフ!

    だんだん、リスボンの街の北の方を目指します。
    ここは、MUSEU GUARDA NACIONAL REPABLICANA、憲兵隊の博物館でしょうか?
    軍系の博物館といえばリスボン1で軍事博物館(Lisbon Army Museum)に行ったと書きました。そして2度めは無いかなと。この時期、博物館はほんと空いてます。タイミングによっては貸し切り状態。かの軍事博物館もご多分にもれず。午前の早い時刻に行ったのですがほぼ貸切りです。で、ここの特徴は案内係に多くの退役軍人の方が雇われていることです。ようは、やる気満々、元気なおじいちゃんたちが獲物が来るのを手癖畝ひいて待っている状態です。冬の天気の良い気持ちいい午前、この時期めずらしい日本人1人旅のおじさんがやってきてきょろきょろしています。そりゃ、気合はいりますよね。僕が入館してうろうろしていると、背後からすすと小柄でがっしりしたいかにも歴戦の曹長って感じのおじいさんが現れ、おもむろにポルトガル語と英語で説明をはじめます。僕は言うまでのなくポルトガル語はもちろん、英語だってからっきしで、日本人得意のあいまいな笑顔でうなずきます。お~とかリアリ~とかいいながら。都合2時間以上曹長は僕に付き合ってくれました。展示物は非常にいいです。ほかでは見たことのないものもたくさん。また、ぜひ行きたいのですがこれでちょっとトラウマ。
    帰り際に曹長に御礼を言うと彼は腕を組んで「うむ」とうなずきました。
    サンキュー・チーフ!

  • カルモ修道院まで戻ってきました。ぼくはクリスチャンでは無いのですが大聖堂や教会、修道院が大好きです。建物の理論的な美しさや来歴なども大好きなのですが庶民のための構成や修飾物との対比も大好きです。あとは生活の中で生きている教会が好きです。街角の小さな教会の中でくたびれたおじさんがほの暗い祭壇に向かって祈っている姿や小さく十字を切りながら祭壇のろうそくに明かりをともしていくおばあさんを見るとき、いろいろな感慨が沸き上がる気がします。<br />たぶん、僕の前世は修道士あたりなのでしょうねぇ。

    カルモ修道院まで戻ってきました。ぼくはクリスチャンでは無いのですが大聖堂や教会、修道院が大好きです。建物の理論的な美しさや来歴なども大好きなのですが庶民のための構成や修飾物との対比も大好きです。あとは生活の中で生きている教会が好きです。街角の小さな教会の中でくたびれたおじさんがほの暗い祭壇に向かって祈っている姿や小さく十字を切りながら祭壇のろうそくに明かりをともしていくおばあさんを見るとき、いろいろな感慨が沸き上がる気がします。
    たぶん、僕の前世は修道士あたりなのでしょうねぇ。

  • で、僕にいわせるとカルモ修道院は遺跡ですね。遺跡はそれはそれで素晴らしいのですが何か恐竜の化石を見る感じがします。やはり僕は生き物のほうが好きなようです。<br />カルモ修道院は屋根はありませんがおしゃれな空間です。しばしば、展覧会などが開催されているようですね。

    で、僕にいわせるとカルモ修道院は遺跡ですね。遺跡はそれはそれで素晴らしいのですが何か恐竜の化石を見る感じがします。やはり僕は生き物のほうが好きなようです。
    カルモ修道院は屋根はありませんがおしゃれな空間です。しばしば、展覧会などが開催されているようですね。

  • そしてまた見かけたアズレージョ。ワインの味見をする修道士の図ですなぁ。仏教的影響の強い日本人の感覚として宗教を司る方が酒を造る、あまつさえそれを売るって利益を得るってちょっと不思議な感じ。でも、修道院で需給自足が原則だからワインを自給するのもあたりまえか。ワインはキリストの血だしね。でも、これ白ワインだよね?でも、うれしそうだからいいや。

    そしてまた見かけたアズレージョ。ワインの味見をする修道士の図ですなぁ。仏教的影響の強い日本人の感覚として宗教を司る方が酒を造る、あまつさえそれを売るって利益を得るってちょっと不思議な感じ。でも、修道院で需給自足が原則だからワインを自給するのもあたりまえか。ワインはキリストの血だしね。でも、これ白ワインだよね?でも、うれしそうだからいいや。

  • そしてまたもやリスボン大聖堂。いいよねぇ~。

    そしてまたもやリスボン大聖堂。いいよねぇ~。

  • 追加の料金を払って回廊の方へ向かいます。

    追加の料金を払って回廊の方へ向かいます。

  • これですよ、これですよ。小さな礼拝堂(?)が並びます。今では使われていないようですが300年前はどんな感じだったのだろう?この回廊を修道士が行きかっていたんでしょうか?ゆっくりとたたずみ思いを馳せます。

    これですよ、これですよ。小さな礼拝堂(?)が並びます。今では使われていないようですが300年前はどんな感じだったのだろう?この回廊を修道士が行きかっていたんでしょうか?ゆっくりとたたずみ思いを馳せます。

  • ここからアズレージョコレクション。<br />アズレージョコレクション1<br />花びらの深いオレンジいろがいいですね。そしてブルーの濃淡。

    ここからアズレージョコレクション。
    アズレージョコレクション1
    花びらの深いオレンジいろがいいですね。そしてブルーの濃淡。

  • アズレージョコレクション2<br />青と白とオレンジのバランス。模様の広がりがいいです。

    アズレージョコレクション2
    青と白とオレンジのバランス。模様の広がりがいいです。

  • アズレージョコレクション3<br /> これ、いいよねぇ。

    アズレージョコレクション3
     これ、いいよねぇ。

  • アズレージョコレクション4<br /> 普通のアズレージョとちょっと違うかんじ。

    アズレージョコレクション4
     普通のアズレージョとちょっと違うかんじ。

  • アズレージョコレクション5<br /> これもちょっとちがう。手書きなのかな。<br /> 他のアズレージョから飛びぬけた素朴感。ひじょう~にいいです。

    アズレージョコレクション5
     これもちょっとちがう。手書きなのかな。
     他のアズレージョから飛びぬけた素朴感。ひじょう~にいいです。

  • アズレージョコレクション6<br /> 逆にこれは非常に洗練されたアズレージョ。<br /> この精密感とバランス。青の濃淡の美しさ。<br /> これはこれで非常によろしい。

    アズレージョコレクション6
     逆にこれは非常に洗練されたアズレージョ。
     この精密感とバランス。青の濃淡の美しさ。
     これはこれで非常によろしい。

  • 今日は少々、リッチな夕ご飯です。<br />ごめんなさい、店名と場所は忘れてしまいました。<br />この時期、レストランはほんと、すいています。ここは初老の恰幅のいいウエーターさんの姿にひかれて入ってみました。結構広いレストランですがお客は僕ともう一組。これは前菜のタコのサラダ。 

    今日は少々、リッチな夕ご飯です。
    ごめんなさい、店名と場所は忘れてしまいました。
    この時期、レストランはほんと、すいています。ここは初老の恰幅のいいウエーターさんの姿にひかれて入ってみました。結構広いレストランですがお客は僕ともう一組。これは前菜のタコのサラダ。 

  • そしてメインの魚介のリゾット。言うところのアローシュ・デ・マシュリコ。これでも小さ目です。ポルトガル料理の少々困るが量の多さ!味は最高ですが食べきれない・・・。日本人のメンタルとして残してしまうのも気が引けるし。一人旅の弱点かもしれませんがいろいろな料理がたべられない。<br />次に来るまでは胃を大きくしておこう。<br />で、内容盛りだくさんのリゾット。いや~おいしかった。魚介の出汁が効いていて最高です。イセエビうまいなぁ。

    そしてメインの魚介のリゾット。言うところのアローシュ・デ・マシュリコ。これでも小さ目です。ポルトガル料理の少々困るが量の多さ!味は最高ですが食べきれない・・・。日本人のメンタルとして残してしまうのも気が引けるし。一人旅の弱点かもしれませんがいろいろな料理がたべられない。
    次に来るまでは胃を大きくしておこう。
    で、内容盛りだくさんのリゾット。いや~おいしかった。魚介の出汁が効いていて最高です。イセエビうまいなぁ。

  • そして夜のロッシオ駅。

    そして夜のロッシオ駅。

  • GS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesの下のワインバーの窓にこんなポスターが。<br />これは明らかに日本の海女さんですよね。なんのイベントだろう?不思議な感じです。 

    GS Chiado Boutique Studio & Suitesの下のワインバーの窓にこんなポスターが。
    これは明らかに日本の海女さんですよね。なんのイベントだろう?不思議な感じです。 

  • 夜のGS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesの前の道です。ポケットに手を突っ込んでゆっくりと歩いていきます。大通りはにぎやかな通りなのですが1本はずれると結構、ここは静かです。ただ一人、遠くの車の後を聞きながら歩いていきます。<br />いまでもこの写真をみると胸がきゅっとします。きっとずっと忘れないんだろうな、ポルトガルのこと。

    夜のGS Chiado Boutique Studio & Suitesの前の道です。ポケットに手を突っ込んでゆっくりと歩いていきます。大通りはにぎやかな通りなのですが1本はずれると結構、ここは静かです。ただ一人、遠くの車の後を聞きながら歩いていきます。
    いまでもこの写真をみると胸がきゅっとします。きっとずっと忘れないんだろうな、ポルトガルのこと。

  • 宿のGS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesのすぐわきの階段です。ところどころにベンチが設置されています。そしてところどころには幸せそうなカップルが。寒い冬の夜ですがかえってそれが温かさを強調するんでしょうね。

    宿のGS Chiado Boutique Studio & Suitesのすぐわきの階段です。ところどころにベンチが設置されています。そしてところどころには幸せそうなカップルが。寒い冬の夜ですがかえってそれが温かさを強調するんでしょうね。

  • GS Chiado Boutique Studio &amp; Suitesの1階にあるワインバーのメニュー。今夜はここでちょっとだけワインを飲んで寝ることにします。<br />いいなぁ、カップル。さて、ねるか。

    GS Chiado Boutique Studio & Suitesの1階にあるワインバーのメニュー。今夜はここでちょっとだけワインを飲んで寝ることにします。
    いいなぁ、カップル。さて、ねるか。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ポルトガルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポルトガル最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポルトガルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集