ポルト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年1月 日々の激務に疲れ果たおじさんが癒やしの12日間のリスボン、<br />ポルトへの一人旅。<br />仕事に揉まれ、敵と戦い、ボロボロになった旦那を見るに見かねた奥さんが旅行資金、30万円をぽーんと用意!「このままではあんた、しんじゃうよ?仕事より他に大事な<br />もん、あるんでしょ?」<br />「そりゃそうだよね!」事務卓をどーんとひっくり返して無理やり休んで東京の冬空に<br />旅立ちました。<br />さてさて、どんな旅になりましたやら、乞うご期待!<br /> 1/12 出発!まずはリスボンへ<br /> 1/13 リスボン到着!1日目   <br /> 1/14 リスボン2日目  <br /> 1/15 リスボン3日目  <br /> 1/16 まだまだリスボン 4日目<br /> 1/17 そしてポルトへ     <br /> 1/18 ポルト 2日目  <br />★1/19 もうポルト最終日 ☆彡今日ここ<br /> 1/20 そしてまたもやリスボンへ<br /> 1/21 リスボン  通算5日目<br /> 1/22 ついに!ポルトガル最終日!<br /> 1/23 さて、帰国するか。

Around50 おじさんひとりリスボンーポルト8:ポルト本格徘徊。人の巻(上)

3いいね!

2017/01/13 - 2017/01/23

883位(同エリア1057件中)

Kitakaigan

Kitakaiganさん

2017年1月 日々の激務に疲れ果たおじさんが癒やしの12日間のリスボン、
ポルトへの一人旅。
仕事に揉まれ、敵と戦い、ボロボロになった旦那を見るに見かねた奥さんが旅行資金、30万円をぽーんと用意!「このままではあんた、しんじゃうよ?仕事より他に大事な
もん、あるんでしょ?」
「そりゃそうだよね!」事務卓をどーんとひっくり返して無理やり休んで東京の冬空に
旅立ちました。
さてさて、どんな旅になりましたやら、乞うご期待!
 1/12 出発!まずはリスボンへ
 1/13 リスボン到着!1日目   
 1/14 リスボン2日目  
 1/15 リスボン3日目  
 1/16 まだまだリスボン 4日目
 1/17 そしてポルトへ     
 1/18 ポルト 2日目  
★1/19 もうポルト最終日 ☆彡今日ここ
 1/20 そしてまたもやリスボンへ
 1/21 リスボン  通算5日目
 1/22 ついに!ポルトガル最終日!
 1/23 さて、帰国するか。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
5.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • ポルトの街も3日目です。今日もどんどんあるきますよ。<br />街で見かけた酒屋さん(お酒も売ってる乾物屋?)の店先のショーウインドウです.バカリャウ売ってますね。一枚が10ユーロ。日本円で1300~1500円くらいでしょうか、高いのか安いのか。この一枚でどのくらいの料理ができるのかわからないので・・・ですね。あと、頭の部分やフィレになった奴なんかが売られています。<br />なんか買って見たい気もするんですがさすがに日本までもって帰るのは・・・。大体このまま税関通れるのか?

    ポルトの街も3日目です。今日もどんどんあるきますよ。
    街で見かけた酒屋さん(お酒も売ってる乾物屋?)の店先のショーウインドウです.バカリャウ売ってますね。一枚が10ユーロ。日本円で1300~1500円くらいでしょうか、高いのか安いのか。この一枚でどのくらいの料理ができるのかわからないので・・・ですね。あと、頭の部分やフィレになった奴なんかが売られています。
    なんか買って見たい気もするんですがさすがに日本までもって帰るのは・・・。大体このまま税関通れるのか?

  • お店の左半分が酒屋ですがショーウインドウには各種いろいろなドライフルーツが並んでいます。そして、右半分が乾物屋。そしてハード系のハム類も売ってるって感じです。お店のなかも色んな匂いが混じってパワーを見せつけるお店でした。いい意味でね。

    お店の左半分が酒屋ですがショーウインドウには各種いろいろなドライフルーツが並んでいます。そして、右半分が乾物屋。そしてハード系のハム類も売ってるって感じです。お店のなかも色んな匂いが混じってパワーを見せつけるお店でした。いい意味でね。

  • そして徒歩旅行は続きます。ポルトのしっとりとした古い感じの街の様子。

    そして徒歩旅行は続きます。ポルトのしっとりとした古い感じの街の様子。

  • そして、街でみかけた加工肉屋(なんて言ったらいいんだろう?惣菜屋ともちがうし準然たる肉屋でもないし)です。一般のそこらへんので普通の御店でのこの種類の豊富さ。やっぱり肉食文化中心なんですなぁ。とにかく食べてはみたいんだけど、どれがどんな味なのか?そもそも少量だけ買えるのか、買えるとしたらどうやって?などなど、ポルトガル語がさっぱりな旅行者にはハードルが高いです。これがレストランなんかだったら最近はGooGleMapとか色んなサービスがあるのでそこのイメージ見せながら「これ、これ!」とかできるんですけどね。<br />生ハム1本もって帰りたい!

    そして、街でみかけた加工肉屋(なんて言ったらいいんだろう?惣菜屋ともちがうし準然たる肉屋でもないし)です。一般のそこらへんので普通の御店でのこの種類の豊富さ。やっぱり肉食文化中心なんですなぁ。とにかく食べてはみたいんだけど、どれがどんな味なのか?そもそも少量だけ買えるのか、買えるとしたらどうやって?などなど、ポルトガル語がさっぱりな旅行者にはハードルが高いです。これがレストランなんかだったら最近はGooGleMapとか色んなサービスがあるのでそこのイメージ見せながら「これ、これ!」とかできるんですけどね。
    生ハム1本もって帰りたい!

  • ボリャン市場にも行ってみました。旅行先ので市場はとても楽しいところなので楽しみにしてました。が!なんとこの閑散状態!人もいないし、開いているお店もほとんどありません。何事か!<br />実は改築のため移転開始中とのこと。2020年開業とのこと。残念至極!!<br />ガイドブックの写真などでみるかぎりちょっと古い感じの市場でちょっとごちゃごちゃして元気なおばちゃんがいっぱいいる地元の市場だったらしいですね。リスボンのリベイラ市場みたいな市場もいいのですがやっぱり、あんまりモダンな市場にはならないでほしいですね。<br />まぁ、よそ者のたんなる願望けどね。

    ボリャン市場にも行ってみました。旅行先ので市場はとても楽しいところなので楽しみにしてました。が!なんとこの閑散状態!人もいないし、開いているお店もほとんどありません。何事か!
    実は改築のため移転開始中とのこと。2020年開業とのこと。残念至極!!
    ガイドブックの写真などでみるかぎりちょっと古い感じの市場でちょっとごちゃごちゃして元気なおばちゃんがいっぱいいる地元の市場だったらしいですね。リスボンのリベイラ市場みたいな市場もいいのですがやっぱり、あんまりモダンな市場にはならないでほしいですね。
    まぁ、よそ者のたんなる願望けどね。

    サー ダ バンデイラ通り 散歩・街歩き

  • どんどん歩いていきますよ。カルモ教会です。<br />写真はないんですがこの辺りの街並みの雰囲気が非常にいいんです。古い街並みとちょっと新しい建物がうまく調和して今のポルトを作っています。<br />カルモ教会の前を走っているのは2階建ての観光バスです。こんな風に調和していくんですね。

    どんどん歩いていきますよ。カルモ教会です。
    写真はないんですがこの辺りの街並みの雰囲気が非常にいいんです。古い街並みとちょっと新しい建物がうまく調和して今のポルトを作っています。
    カルモ教会の前を走っているのは2階建ての観光バスです。こんな風に調和していくんですね。

    カルモ教会 寺院・教会

  • カルモ教会はアズレージョが壁面一面に飾られています。これがまたすごいアズレージョで側面は屋根の直下までアズレージョです。国内で一番の大きさとのことですが絵がすごい。そしてファサードもなかなか立派。<br />で、ファサードは右と左に大きく分かれるんですがその狭間の細いとこ、見えます?これ実はもと民家らしいです。80年代までは人が住んでたらしいです。でも、大聖堂に住むなんてどんな感じなんでしょうねぇ、僕はなんか出そうでちょっといやかな?<br />で、この近所にはかの有名はレロ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello)があります。もちろん・・・・いきません。なにせへそ曲がりですから、僕が行かなくても他のみんながいくでしょ。というわで書店の並びにあるArmazéns do Casteloに行きました。ここはポルトガルのおしゃれな食品や小物を売っているお店です。お土産にもGoodです。ここではきれいな表紙の日記帳やブリキ製のレトロな小物とかを買いしました。

    カルモ教会はアズレージョが壁面一面に飾られています。これがまたすごいアズレージョで側面は屋根の直下までアズレージョです。国内で一番の大きさとのことですが絵がすごい。そしてファサードもなかなか立派。
    で、ファサードは右と左に大きく分かれるんですがその狭間の細いとこ、見えます?これ実はもと民家らしいです。80年代までは人が住んでたらしいです。でも、大聖堂に住むなんてどんな感じなんでしょうねぇ、僕はなんか出そうでちょっといやかな?
    で、この近所にはかの有名はレロ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello)があります。もちろん・・・・いきません。なにせへそ曲がりですから、僕が行かなくても他のみんながいくでしょ。というわで書店の並びにあるArmazéns do Casteloに行きました。ここはポルトガルのおしゃれな食品や小物を売っているお店です。お土産にもGoodです。ここではきれいな表紙の日記帳やブリキ製のレトロな小物とかを買いしました。

    Armazéns do Castelo ショッピングセンター

  • で、お昼です。ここもぷらぷら歩きで見つけました。犬の看板で決めたのが本心です。「お、めずらしい。わんこの看板やんけ!」って乗りです。今ならタブレットと回線(WiFi等)があれば店の雰囲気や料理も分かって失敗もで減るのですがこのころはFree WiFiしかネットが使えなかったので利用できません。何につけ一発勝負です。これがね、なかなか難易度が高い。そもそもポルトガルhが思いのほか情報が少ないのもありますが、僕自身、ひねくれものでガイドブックに載っている店は何となく足がむかない。だから、当たったり、はずれたり。まぁ、これも旅の醍醐味ですね。<br />というわけで「le chien qui fume restaurant」です。

    で、お昼です。ここもぷらぷら歩きで見つけました。犬の看板で決めたのが本心です。「お、めずらしい。わんこの看板やんけ!」って乗りです。今ならタブレットと回線(WiFi等)があれば店の雰囲気や料理も分かって失敗もで減るのですがこのころはFree WiFiしかネットが使えなかったので利用できません。何につけ一発勝負です。これがね、なかなか難易度が高い。そもそもポルトガルhが思いのほか情報が少ないのもありますが、僕自身、ひねくれものでガイドブックに載っている店は何となく足がむかない。だから、当たったり、はずれたり。まぁ、これも旅の醍醐味ですね。
    というわけで「le chien qui fume restaurant」です。

    Feels Like Home Charm Garden City Center Flats ホテル

  • はい、入ってみました。店内はこんな感じ。ちょっとレトロな調度品で雰囲気ですね。

    はい、入ってみました。店内はこんな感じ。ちょっとレトロな調度品で雰囲気ですね。

  • そして、いつも通り、メニューを見ながら一発勝負!<br />ここには写っていませんが野菜のスープとこのマグロとアサリ(?)をニンニク、トマト,香草で煮たものとライス。普通に美味しい。やさしい味ながらしっかりと美味しい。地味めな見栄えですがご安心、おいしいです。いや~はずれないですな。<br />あ、いま気づいたんですが僕の選ぶお店はほとんど紙のテーブルクロス。布であったためしがないなぁ。庶民派だから?でもね、やっぱりこういう感じのお店がいいですよ、繁華街の中心からちょっと離れた静かなお店。最高です。

    そして、いつも通り、メニューを見ながら一発勝負!
    ここには写っていませんが野菜のスープとこのマグロとアサリ(?)をニンニク、トマト,香草で煮たものとライス。普通に美味しい。やさしい味ながらしっかりと美味しい。地味めな見栄えですがご安心、おいしいです。いや~はずれないですな。
    あ、いま気づいたんですが僕の選ぶお店はほとんど紙のテーブルクロス。布であったためしがないなぁ。庶民派だから?でもね、やっぱりこういう感じのお店がいいですよ、繁華街の中心からちょっと離れた静かなお店。最高です。

  • ポルトで見かけたこんな車。ギーガー仕様の痛車?(これは痛くないよなぁ)<br />閑話休題ですがヨーロッパの自動車、マニュアル車が主流です。日本の場合、乗用車でマニュアル車を探すが難しい状態ですがヨーロッパではまだまだマニュアル車が幅を利かせています。日本車も例外ではく、日本国内ではマニュアルバージョンが設定されていない車種でもこちらではちゃんとマニュアル車があったりします。<br />保守的なのか、趣味的なのか。お年寄りでも普通にマニュアル車でブンブンいわせてるもんな、かっこいい!<br /><br />※「上」はここまで。「下」に続きます。<br />

    ポルトで見かけたこんな車。ギーガー仕様の痛車?(これは痛くないよなぁ)
    閑話休題ですがヨーロッパの自動車、マニュアル車が主流です。日本の場合、乗用車でマニュアル車を探すが難しい状態ですがヨーロッパではまだまだマニュアル車が幅を利かせています。日本車も例外ではく、日本国内ではマニュアルバージョンが設定されていない車種でもこちらではちゃんとマニュアル車があったりします。
    保守的なのか、趣味的なのか。お年寄りでも普通にマニュアル車でブンブンいわせてるもんな、かっこいい!

    ※「上」はここまで。「下」に続きます。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ポルトガルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポルトガル最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポルトガルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集