中之条旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GW、海の日、お盆とことごとく連休の旅はおあずけだった2020年。GoToトラベルなんぞが企画され、なんとなく県をまたいでの外出も許される雰囲気になってきたので、シルバーウィークにちょっとだけ遠出をしてみました。行先は軽井沢。フォローさせていただいている方の旅行記で、「石の教会」に興味をもったのがきっかけです。<br /><br />ところがやはり人気の軽井沢。皆マスクはしているものの、ハルニレテラスや旧軽銀座はコロナなんてなかったかのような人出。ゆっくり自然の中を歩きたいという希望を叶えるのは難しそうだったので、2日目は群馬側をドライブしてみました。

久しぶりに新幹線でプチ旅行 (2) チャツボミゴケ公園と旧太子駅で癒される

22いいね!

2020/09/21 - 2020/09/22

59位(同エリア195件中)

クッシー

クッシーさん

この旅行記スケジュールを元に

GW、海の日、お盆とことごとく連休の旅はおあずけだった2020年。GoToトラベルなんぞが企画され、なんとなく県をまたいでの外出も許される雰囲気になってきたので、シルバーウィークにちょっとだけ遠出をしてみました。行先は軽井沢。フォローさせていただいている方の旅行記で、「石の教会」に興味をもったのがきっかけです。

ところがやはり人気の軽井沢。皆マスクはしているものの、ハルニレテラスや旧軽銀座はコロナなんてなかったかのような人出。ゆっくり自然の中を歩きたいという希望を叶えるのは難しそうだったので、2日目は群馬側をドライブしてみました。

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 泊まったホテルが北軽井沢(群馬県)ということもあり、プチ旅行2日目は群馬を散策することにし浅間山を見ながら浅間白根火山ルートをドライブ<br /><br />途中に通った鬼押出園は小学校の時に来た場所で懐かしくもありましたが、今回はスルーし先を目指します。

    泊まったホテルが北軽井沢(群馬県)ということもあり、プチ旅行2日目は群馬を散策することにし浅間山を見ながら浅間白根火山ルートをドライブ

    途中に通った鬼押出園は小学校の時に来た場所で懐かしくもありましたが、今回はスルーし先を目指します。

    鬼押ハイウェー 自然・景勝地

  • しばらく走ると一面のキャベツ畑<br />キャベツの一大産地、嬬恋村です。今年は天候不順とコロナ禍で農家さんは本当に大変だったと思います。<br />

    しばらく走ると一面のキャベツ畑
    キャベツの一大産地、嬬恋村です。今年は天候不順とコロナ禍で農家さんは本当に大変だったと思います。

  • ちょっとした休憩スポット(展望スポット?)があったので、夫が車を停めてくれました。写真だけ撮らせていただくのでは申し訳ない気もしましたが、近くに直売所などはなかったので、ゴメンナサイ!

    ちょっとした休憩スポット(展望スポット?)があったので、夫が車を停めてくれました。写真だけ撮らせていただくのでは申し訳ない気もしましたが、近くに直売所などはなかったので、ゴメンナサイ!

  • あれ? 夫がコスモスを撮っている!<br />日の丸構図だけど、夫が花を撮るなんで珍しいので旅行記に採用(笑)

    あれ? 夫がコスモスを撮っている!
    日の丸構図だけど、夫が花を撮るなんで珍しいので旅行記に採用(笑)

  • さらに車を走らせ、やってきたのは中之条町のチャツボミゴケ公園<br />前日に行った「石の教会」同様、フォローさせていただいている方の旅行記で知った場所です。

    さらに車を走らせ、やってきたのは中之条町のチャツボミゴケ公園
    前日に行った「石の教会」同様、フォローさせていただいている方の旅行記で知った場所です。

    チャツボミゴケ 自然・景勝地

  • 管理棟のある場所に駐車し、入園料(600円)を支払ったら園内専用バスで移動。バスの降車場所からはチャツボミゴケが群生している穴地獄まで片道300mほどを歩きます。

    管理棟のある場所に駐車し、入園料(600円)を支払ったら園内専用バスで移動。バスの降車場所からはチャツボミゴケが群生している穴地獄まで片道300mほどを歩きます。

  • かつてこの地には鉄鉱石の鉱床があり、昭和41年(1966年)まで露天掘りによる採鉱が行われていました。<br /><br />※チャツボミゴケ公園HPより<br />http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

    かつてこの地には鉄鉱石の鉱床があり、昭和41年(1966年)まで露天掘りによる採鉱が行われていました。

    ※チャツボミゴケ公園HPより
    http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

  • その露天掘りの窪み、「穴地獄」に自生しているのがチャツボミゴケです。穴地獄はもう少し先ですが、このあたりからすでに苔が群生し始めています。

    イチオシ

    その露天掘りの窪み、「穴地獄」に自生しているのがチャツボミゴケです。穴地獄はもう少し先ですが、このあたりからすでに苔が群生し始めています。

  • 観光客が積んでいった石<br />滝をバックにパチリ

    観光客が積んでいった石
    滝をバックにパチリ

  • ずっと渓流沿いを歩くので水の音が心地よいですね~

    ずっと渓流沿いを歩くので水の音が心地よいですね~

  • あたりはすっかり秋の様相

    あたりはすっかり秋の様相

  • ススキが揺れています。

    ススキが揺れています。

  • 穴地獄までやってきました。<br />穴地獄とは、西へ3kmほどに位置する草津白根山の噴火によって生まれたすり鉢状の巨大な穴に硫酸酸性泉の鉱泉が湧き出し、そこに動物が落ちると抜け出せずに死んでしまったことからつけられた名称だそうです。<br /><br />※LINEトラベルサイトより<br />https://www.travel.co.jp/guide/article/28151/

    穴地獄までやってきました。
    穴地獄とは、西へ3kmほどに位置する草津白根山の噴火によって生まれたすり鉢状の巨大な穴に硫酸酸性泉の鉱泉が湧き出し、そこに動物が落ちると抜け出せずに死んでしまったことからつけられた名称だそうです。

    ※LINEトラベルサイトより
    https://www.travel.co.jp/guide/article/28151/

  • でもこれが、強酸性の水を好むチャツボミゴケにとっては絶好の生育環境<br />

    でもこれが、強酸性の水を好むチャツボミゴケにとっては絶好の生育環境

  • これほど広範囲に自生しているのは全国でも珍しく、国の天然記念物に指定されています。

    これほど広範囲に自生しているのは全国でも珍しく、国の天然記念物に指定されています。

  • かすかに硫黄の香りがしますが、園内の遊歩道は歩きやすく整備されているので、この日は小さなお子さん連れの姿もけっこう見かけました。

    かすかに硫黄の香りがしますが、園内の遊歩道は歩きやすく整備されているので、この日は小さなお子さん連れの姿もけっこう見かけました。

  • 遊歩道の周りでは秋の草花が緑の中に彩りを添えてくれています。

    遊歩道の周りでは秋の草花が緑の中に彩りを添えてくれています。

  • あまり暑いと苔も元気がなくなるそうですが、この時期は元気いっぱい

    イチオシ

    あまり暑いと苔も元気がなくなるそうですが、この時期は元気いっぱい

  • 緑色のビロードのようにつややかです。

    緑色のビロードのようにつややかです。

  • 前日、軽井沢の室生犀星記念館でも苔の庭を鑑賞しましたが、チャツボミゴケはその特異な性質から本州ではここでしか見られないそうです。

    イチオシ

    前日、軽井沢の室生犀星記念館でも苔の庭を鑑賞しましたが、チャツボミゴケはその特異な性質から本州ではここでしか見られないそうです。

  • モフモフしていて触ったら気持ち良さそうですね~ (^^)

    モフモフしていて触ったら気持ち良さそうですね~ (^^)

  • アップでもう1枚

    アップでもう1枚

  • 遊歩道の途中に展望スポットのような場所が設けられており、そこから「緑の絨毯」が見渡せるようになっています。

    遊歩道の途中に展望スポットのような場所が設けられており、そこから「緑の絨毯」が見渡せるようになっています。

  • この鮮やかな一面緑の世界<br />特に写真を加工したわけではなく、本当にこんな色なんですよ~!

    この鮮やかな一面緑の世界
    特に写真を加工したわけではなく、本当にこんな色なんですよ~!

  • 6月上旬にはこの一面緑のチャツボミゴケの傍らでレンゲツツジが満開になり、鮮やかなコントラストを見せてくれるそうです。<br /><br />その様子がHPに載っていましたが、機会があれば是非再訪したいですね。<br />http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

    6月上旬にはこの一面緑のチャツボミゴケの傍らでレンゲツツジが満開になり、鮮やかなコントラストを見せてくれるそうです。

    その様子がHPに載っていましたが、機会があれば是非再訪したいですね。
    http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

  • 緑の絶景のあとは、またまた緑<br />というかエメラルドグリーンですね。ドライブで通りかかった品木ダムです。

    イチオシ

    地図を見る

    緑の絶景のあとは、またまた緑
    というかエメラルドグリーンですね。ドライブで通りかかった品木ダムです。

    品木ダム <上州湯の湖> 自然・景勝地

  • あまりに水の色がキレイだったので、ちょっと寄り道

    あまりに水の色がキレイだったので、ちょっと寄り道

  • 次に訪れたのは旧太子駅<br />戦時中に鉄鉱石を搬出するために開業した貨物専用線の旧太子線。戦後、旅客輸送も行われたものの1971年に廃線となりましたが、現在はホームやレール、駅舎など当時の様子が再現され、2018年から公開、旧太子駅の遺構が見学できるようになっています。<br /><br />※ググっとぐんま公式サイトより<br />https://gunma-dc.net/tourism/1854/

    次に訪れたのは旧太子駅
    戦時中に鉄鉱石を搬出するために開業した貨物専用線の旧太子線。戦後、旅客輸送も行われたものの1971年に廃線となりましたが、現在はホームやレール、駅舎など当時の様子が再現され、2018年から公開、旧太子駅の遺構が見学できるようになっています。

    ※ググっとぐんま公式サイトより
    https://gunma-dc.net/tourism/1854/

    旧太子駅 名所・史跡

  • 復元された駅舎内には当時の写真や資料が展示されています。<br />ちなみにここの入場料は200円ですが、チャツボミゴケ公園の入園券を見せると無料になるんですよ。

    復元された駅舎内には当時の写真や資料が展示されています。
    ちなみにここの入場料は200円ですが、チャツボミゴケ公園の入園券を見せると無料になるんですよ。

  • 旧太子駅の入場券<br />旧太子線の最終営業日となった昭和45年10月31日の乗車切符が描かれています。

    旧太子駅の入場券
    旧太子線の最終営業日となった昭和45年10月31日の乗車切符が描かれています。

  • チャツボミゴケ公園内にも鉄鉱石の鉱床がありましたが、太子駅は鉄の需要が急増した戦時中、この地域の鉄鉱石を搬出するための拠点として開業されたこと、工事は突貫工事であったことなど、当時の様子が記された案内板

    チャツボミゴケ公園内にも鉄鉱石の鉱床がありましたが、太子駅は鉄の需要が急増した戦時中、この地域の鉄鉱石を搬出するための拠点として開業されたこと、工事は突貫工事であったことなど、当時の様子が記された案内板

  • チャツボミゴケ公園などの採掘場から太子駅までは、なんと空中ケーブルで鉄鉱石が運搬されていたそうです。

    チャツボミゴケ公園などの採掘場から太子駅までは、なんと空中ケーブルで鉄鉱石が運搬されていたそうです。

  • この遺構は鉄山で採取された鉄鉱石を貯めて、貨車に積み込む「ホッパー」と呼ばれる施設の跡です。<br /><br />※以下詳細はLINEトラベルサイトより<br />https://www.travel.co.jp/guide/article/37497/

    イチオシ

    この遺構は鉄山で採取された鉄鉱石を貯めて、貨車に積み込む「ホッパー」と呼ばれる施設の跡です。

    ※以下詳細はLINEトラベルサイトより
    https://www.travel.co.jp/guide/article/37497/

  • 群馬鉄山から空中ケーブル(貨物用ロープウェイ)で運ばれてきた鉄鉱石を、このホッパー上部の貯炭槽に貯め、その後、ホッパー下部の引き込み線に入れた貨車に鉄鉱石を積込んで、製鉄所のある川崎などに運び出していました。

    群馬鉄山から空中ケーブル(貨物用ロープウェイ)で運ばれてきた鉄鉱石を、このホッパー上部の貯炭槽に貯め、その後、ホッパー下部の引き込み線に入れた貨車に鉄鉱石を積込んで、製鉄所のある川崎などに運び出していました。

  • ホッパーが稼働していた当時は貯炭槽を含め四階建ての巨大な建造物でしたが、現在、遺構として残っているのはその一階部分のみです。<br />

    ホッパーが稼働していた当時は貯炭槽を含め四階建ての巨大な建造物でしたが、現在、遺構として残っているのはその一階部分のみです。

  • こうしてみると古代遺跡のようでちょっと趣が感じられますが・・・

    こうしてみると古代遺跡のようでちょっと趣が感じられますが・・・

  • 突貫工事だったこともあるのでしょうか。

    突貫工事だったこともあるのでしょうか。

  • 建設されてから70年以上が経過しているため、柱や天井が崩れかけている場所があちこちにあります。

    建設されてから70年以上が経過しているため、柱や天井が崩れかけている場所があちこちにあります。

  • 鉄筋がむき出しになっていたり

    鉄筋がむき出しになっていたり

  • 完全に穴があいて空が見える場所も!

    完全に穴があいて空が見える場所も!

  • なので、ホッパーの中に入っての撮影は禁止されています。

    なので、ホッパーの中に入っての撮影は禁止されています。

  • 外側からかつての姿を想像してパチリ

    外側からかつての姿を想像してパチリ

  • コンクリートの塊から生えた雑草たち<br />

    コンクリートの塊から生えた雑草たち

  • 今は昔・・・っていうカンジですね。

    今は昔・・・っていうカンジですね。

  • こちらは復元された旅客用ホーム<br />

    こちらは復元された旅客用ホーム

  • 線路上には大井川鐵道やひたちなか海浜鉄道から譲り受けた貨車も展示されています。

    線路上には大井川鐵道やひたちなか海浜鉄道から譲り受けた貨車も展示されています。

  • この哀愁漂う駅に妙に惹かれてしまい、写真撮りまくり!

    この哀愁漂う駅に妙に惹かれてしまい、写真撮りまくり!

  • 何時間でもいられそう(笑)

    何時間でもいられそう(笑)

  • 貨車の下をのぞいてパチリ

    貨車の下をのぞいてパチリ

  • 黒い鉄の塊に雑草の緑が映っているのがキレイだと言ったら、夫に呆れられました(^^;)

    黒い鉄の塊に雑草の緑が映っているのがキレイだと言ったら、夫に呆れられました(^^;)

  • この錆びた貨車にも写欲をそそられます(笑)

    イチオシ

    この錆びた貨車にも写欲をそそられます(笑)

  • 錆はアートだ!

    錆はアートだ!

  • なんてことを言った人がいるかどうかは知りませんが・・・

    なんてことを言った人がいるかどうかは知りませんが・・・

  • 飽きずに見ていられます。(マニアックですみません)

    飽きずに見ていられます。(マニアックですみません)

  • もともとレトロなローカル線が好きなんですが、こういう使われなくなった車両も好物

    もともとレトロなローカル線が好きなんですが、こういう使われなくなった車両も好物

  • なかなかこの場所を離れられないでいるクッシーにさらに呆れる夫

    なかなかこの場所を離れられないでいるクッシーにさらに呆れる夫

  • それでもかまわず撮り続けるクッシー

    それでもかまわず撮り続けるクッシー

  • 二人の距離はどんどん離れていきます(笑)

    二人の距離はどんどん離れていきます(笑)

  • でも、夫もこんな写真を撮ってました。

    でも、夫もこんな写真を撮ってました。

  • 線路の端から全景をパチリ<br />奥の黄色い建物が駅舎です。

    線路の端から全景をパチリ
    奥の黄色い建物が駅舎です。

  • お天気の良さが逆に廃墟感を増長?

    お天気の良さが逆に廃墟感を増長?

  • むき出しの鉄筋と雑草<br />ある意味歴史に翻弄されたこの駅を象徴する風景のような気がします。

    イチオシ

    むき出しの鉄筋と雑草
    ある意味歴史に翻弄されたこの駅を象徴する風景のような気がします。

  • 最後の1枚はモノクロで。。。<br />なんとなく訪れた旧太子駅でしたが、とても心に残る場所となりました。

    最後の1枚はモノクロで。。。
    なんとなく訪れた旧太子駅でしたが、とても心に残る場所となりました。

  • さて、1泊2日のプチ旅行もそろそろ終わりです。<br />軽井沢に戻って新幹線に乗る前に、明治亭のソースカツ丼で腹ごしらえ

    さて、1泊2日のプチ旅行もそろそろ終わりです。
    軽井沢に戻って新幹線に乗る前に、明治亭のソースカツ丼で腹ごしらえ

    明治亭 軽井沢店 グルメ・レストラン

  • そしてやっぱりこれは食べておかなくちゃ!<br />と、夜風の冷たさに震えながら食べたモカソフト<br />ずっと車を運転してくれた夫はビールとおつまみを買い込み、20:30の新幹線で帰途につきました。<br /><br />苔と錆のマニアックな写真に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

    そしてやっぱりこれは食べておかなくちゃ!
    と、夜風の冷たさに震えながら食べたモカソフト
    ずっと車を運転してくれた夫はビールとおつまみを買い込み、20:30の新幹線で帰途につきました。

    苔と錆のマニアックな写真に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

    ミカドコーヒー 軽井沢プリンスショッピングプラザ店 グルメ・レストラン

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • mirukuさん 2020/10/31 12:41:29
    ノスタルジックな世界感がとっても素敵ですね^^
    こんにちは、クッシーさん^^
    自粛疲れ、ホントにそう思ってしまいます。

    軽井沢の石レンガの教会、碓氷のめがね橋、このような感じなのですね~^^
    旧太子駅・・・私好み^^
    細部まで余すことなく、観察されていて、行ったこともないのに、その場所に立った気になります^^

    クッシーさんの旅行記は私とは違い、ホントに落ち着いていて、安心して読むことが出来、興味をそそられます。

    なんだか、行ってみたい場所がまた、一つ二つ、増えたような気がします@@;

    miruku

    クッシー

    クッシーさん からの返信 2020/11/04 20:27:49
    Re: ノスタルジックな世界感がとっても素敵ですね^^
    mirukuさん、こんばんは。

    コメントくださっていたのに気付くのが遅くなりスミマセン!

    旧太子駅はやたらと写欲をかきたてられる場所で
    観音沼同様、「撮らされ」ましたよ~(笑)
    マニアックな写真が多くてお恥ずかしいのですが楽しかったです。

    ちょっとアクセスが不便かもしれませんが
    機会があったら、是非行ってみてくださいね (^^)

    クッシー

クッシーさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

中之条の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集