アグラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 新型コロナウイルスが猛威を振い旅行記を書いている場合ではないと言われそうですが、私が立てた計画通りに旅行記を書いて投稿しました。不自由が多い生活を強いられています。しかし、それなりに楽しむことを今までの旅行や出会った方から学んだように思います。ついにタージマハルに来ました。<br /> 何年か前に新装開店したカレーやさんのお店の壁に「このような建物がこの世にあるのだろうか」と思う建物の写真が壁に貼ってあるのを見ました。後にこれはタージマハルであることが分かり、行くチャンスがあれば是非本物を見てみたいと思うようになりました。ガイド兼TD兼MDの息子は「インドは個人で行くのは難しい。ツアーで行ってくれ」と言うことでツアーに参加することにしました。そして、ついにチャンス到来。5日の短期間のツアーもありますが、せっかくインドまで行くのだからタージマハルだけではなく少し周遊してこようと8日間のツアーに参加しました。<br />  12月11日 成田発<br />  12月12日 インド・ムンバイ<br />  12月13日 ムンバイ<br />  12月14日 ベナレス<br />  12月15日 デリー<br />  12月16日 アグラ<br />  12月17日 シャイプール<br />  12月18日 成田着 <br /><br />この旅行記はタージマハルを記録した旅行記です。

やっと来ましたタージマハル! 美しい建物! 来た甲斐がありました!

48いいね!

2019/12/11 - 2019/12/18

56位(同エリア951件中)

旅行記グループ インド 2019

0

101

薔薇の咲く庭

薔薇の咲く庭さん

新型コロナウイルスが猛威を振い旅行記を書いている場合ではないと言われそうですが、私が立てた計画通りに旅行記を書いて投稿しました。不自由が多い生活を強いられています。しかし、それなりに楽しむことを今までの旅行や出会った方から学んだように思います。ついにタージマハルに来ました。
何年か前に新装開店したカレーやさんのお店の壁に「このような建物がこの世にあるのだろうか」と思う建物の写真が壁に貼ってあるのを見ました。後にこれはタージマハルであることが分かり、行くチャンスがあれば是非本物を見てみたいと思うようになりました。ガイド兼TD兼MDの息子は「インドは個人で行くのは難しい。ツアーで行ってくれ」と言うことでツアーに参加することにしました。そして、ついにチャンス到来。5日の短期間のツアーもありますが、せっかくインドまで行くのだからタージマハルだけではなく少し周遊してこようと8日間のツアーに参加しました。
  12月11日 成田発
  12月12日 インド・ムンバイ
  12月13日 ムンバイ
  12月14日 ベナレス
  12月15日 デリー
  12月16日 アグラ
  12月17日 シャイプール
  12月18日 成田着 

この旅行記はタージマハルを記録した旅行記です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
ショッピング
4.5
交通
3.5
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  •  この日のモーニングコールは5:30、朝食6:00~、出発7:00と言う凄いスケジュール。ホテルを出発したバスを降りると電動カーに乗ります。

     この日のモーニングコールは5:30、朝食6:00~、出発7:00と言う凄いスケジュール。ホテルを出発したバスを降りると電動カーに乗ります。

  •  排気ガスによる大気汚染で酸性雨が降るとタージマハルは大理石なので科学反応で解けてしまいます。という訳で周囲に車は入れません。<br /> 

     排気ガスによる大気汚染で酸性雨が降るとタージマハルは大理石なので科学反応で解けてしまいます。という訳で周囲に車は入れません。
     

  •  大理石の黄ばみを取るために表面に泥を塗り乾燥させてこそげ落とす処理を2015年,2016年にかけて行いました。<br /> 電動カーは進みます。

     大理石の黄ばみを取るために表面に泥を塗り乾燥させてこそげ落とす処理を2015年,2016年にかけて行いました。
     電動カーは進みます。

  • のんびりと歩く牛に会いました。

    のんびりと歩く牛に会いました。

  •  終点まで行くとそこで待っていた男性にガイドのカンナさんがなにやら渡しています。「ひょっとして袖の下?」とツアーの方と話しているいると「袖の下かも」とカンナさんの返事。日本語の「袖の下」が理解出来るガイドはそうはいないように思います。さすがです。ムンバイからずっと案内をする実力の持ち主です。お住まいはデリーだそうです。

     終点まで行くとそこで待っていた男性にガイドのカンナさんがなにやら渡しています。「ひょっとして袖の下?」とツアーの方と話しているいると「袖の下かも」とカンナさんの返事。日本語の「袖の下」が理解出来るガイドはそうはいないように思います。さすがです。ムンバイからずっと案内をする実力の持ち主です。お住まいはデリーだそうです。

  •  ここに不要な荷物を持って来てしまった人は荷物を預けました。うっかりイヤーホンを持って来てしまった人がいました。<br /> タージマハルに持ち込めるのは4つだけです。①財布②パスポート③カメラ④携帯電話 これ以外のものは持ち込みは不可。水もダメです。<br /> 入る前にペットボトルが配られました。<br />

     ここに不要な荷物を持って来てしまった人は荷物を預けました。うっかりイヤーホンを持って来てしまった人がいました。
     タージマハルに持ち込めるのは4つだけです。①財布②パスポート③カメラ④携帯電話 これ以外のものは持ち込みは不可。水もダメです。
     入る前にペットボトルが配られました。

  •  私は日本の水でないとダメなので水なしです。脱水になったらどうしよう?<br />しかし、この日はとても寒い。12月16日なのですがかなり寒いのです。助かりました。 <br />

     私は日本の水でないとダメなので水なしです。脱水になったらどうしよう?
    しかし、この日はとても寒い。12月16日なのですがかなり寒いのです。助かりました。 

  • 入り口です。外国人の入場料は1000ルピー。インド国民は50ルピーです。<br />年間200万人の観光客が来るのでインドにとっては観光資源です。

    入り口です。外国人の入場料は1000ルピー。インド国民は50ルピーです。
    年間200万人の観光客が来るのでインドにとっては観光資源です。

  • 朝7時過ぎに来ているのでガラガラ。一番乗りという感じがします。

    朝7時過ぎに来ているのでガラガラ。一番乗りという感じがします。

  •  途中にタージマハルの変遷が分かる写真が貼られていました。<br />1862年のタージマハル。森の中に突然現れた感じです。完成してから209年後です。<br /> 「19世紀に『密林の中に発見した』タージマハルはイギリス人にとって驚きのものだった」という記載がありますがまさにその通りです。

     途中にタージマハルの変遷が分かる写真が貼られていました。
    1862年のタージマハル。森の中に突然現れた感じです。完成してから209年後です。
    「19世紀に『密林の中に発見した』タージマハルはイギリス人にとって驚きのものだった」という記載がありますがまさにその通りです。

  • 1874年の写真です。

    1874年の写真です。

  • 1878年

    1878年

  • 1882年

    1882年

  • 1884年 ヨーロッパ人が写真に写っています。

    1884年 ヨーロッパ人が写真に写っています。

  • 1892年 周りの密林が伐採されてすっきりとしてきました。

    1892年 周りの密林が伐採されてすっきりとしてきました。

  •  1892年 ミナレットがはっきり見えます。最初の写真から30年が経っています。

     1892年 ミナレットがはっきり見えます。最初の写真から30年が経っています。

  • 1898年

    1898年

  • 1901年 

    1901年 

  • 1959年 このころになるとかなりの観光客が訪れるようになっています。<br />1947年に第一次インド・パキスタン戦争が始まり、パキスタンとの緊張が高まった時にはパキスタン空軍の空爆の標的になることを避けるためにタージマハルに布をかぶせて偽装をしたという記録が残っています。簡単に偽装できるように中央ドームの外壁にフックが打ち込まれているとのこと。何に偽装したのか?ガイドさんに聞いてくればよかった!

    1959年 このころになるとかなりの観光客が訪れるようになっています。
    1947年に第一次インド・パキスタン戦争が始まり、パキスタンとの緊張が高まった時にはパキスタン空軍の空爆の標的になることを避けるためにタージマハルに布をかぶせて偽装をしたという記録が残っています。簡単に偽装できるように中央ドームの外壁にフックが打ち込まれているとのこと。何に偽装したのか?ガイドさんに聞いてくればよかった!

  • 1897年 この時からカラーになっていました。池泉が明確に写っています。<br />白亜の霊廟です。

    1897年 この時からカラーになっていました。池泉が明確に写っています。
    白亜の霊廟です。

  • 1993年 大桜門から見たタージマハルだと思います。 

    1993年 大桜門から見たタージマハルだと思います。 

  • 2001年 大桜門から見たタージマハルだと思います。今から20年前です。

    2001年 大桜門から見たタージマハルだと思います。今から20年前です。

  • 2015年 5年前です。

    2015年 5年前です。

  • 2018年 2年前。これが最新版でした。完成から366年を経て、綺麗に整っています。

    2018年 2年前。これが最新版でした。完成から366年を経て、綺麗に整っています。

  • 入場すると大桜門が見えました。さすが大きくて期待でドキドキします。

    入場すると大桜門が見えました。さすが大きくて期待でドキドキします。

  •  大桜門に来ました。デリーにあったレッドキラーと似ています。尖塔はそのままそっくりです。同じ皇帝のシャー・ジャハンが作ったので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

     大桜門に来ました。デリーにあったレッドキラーと似ています。尖塔はそのままそっくりです。同じ皇帝のシャー・ジャハンが作ったので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

  •  記念撮影です。私のサリー姿もはなかなか良いと思いませんか?我田引水、自画自賛と言われそうですが・・・。

     記念撮影です。私のサリー姿もはなかなか良いと思いませんか?我田引水、自画自賛と言われそうですが・・・。

  •  真ん中の小さな尖塔は11個あるのでラールキラーとは違います。高さ30m。ラールキラーの入り口は7個でした。こちらの方が格が高い?<br />

     真ん中の小さな尖塔は11個あるのでラールキラーとは違います。高さ30m。ラールキラーの入り口は7個でした。こちらの方が格が高い?

  • 迫力があります。<br />敷地と外部とを区切る塀や垣を通行するために開けられた出入り口です。

    迫力があります。
    敷地と外部とを区切る塀や垣を通行するために開けられた出入り口です。

  • 位置的にはここは大桜門かと思いましたが?振り返るとまた門があります。

    位置的にはここは大桜門かと思いましたが?振り返るとまた門があります。

  • 壁の装飾が綺麗です。

    壁の装飾が綺麗です。

  • 大理石の中に他の石を埋め込んであります。見事な装飾。

    大理石の中に他の石を埋め込んであります。見事な装飾。

  • さあ、ここをくぐるとタージマハルが見えるはず。

    さあ、ここをくぐるとタージマハルが見えるはず。

  • ??霞んでいます。カメラのモードが変です。肉眼では確かに見えましたが・・・。

    ??霞んでいます。カメラのモードが変です。肉眼では確かに見えましたが・・・。

  •  集合場所はこの建物所の3本目の柱の所。9:30分にここに戻るように言われました。後で9:45に変更になります。

     集合場所はこの建物所の3本目の柱の所。9:30分にここに戻るように言われました。後で9:45に変更になります。

  •  この写真を撮ろうと決めていました。サリー姿でタージマハルの最上部をもった写真です。今年(2020年)の年賀状の写真にしました。

     この写真を撮ろうと決めていました。サリー姿でタージマハルの最上部をもった写真です。今年(2020年)の年賀状の写真にしました。

  • 真ん中にタージマハルがうっすらと見えます。

    真ん中にタージマハルがうっすらと見えます。

  •  池泉から望むタージマハル。この日は靄(もや)のようなものがかかって幻想的でした。この世とは思えないような世界が霊廟の周りに漂っていました。

     池泉から望むタージマハル。この日は靄(もや)のようなものがかかって幻想的でした。この世とは思えないような世界が霊廟の周りに漂っていました。

  • 大桜門を池泉の上から見るとこんな風に見えます。<br />池泉には登ることが出来る台がありそこから写真を撮ることが出来ます。<br />まさに天国の庭園なのです。<br />4本の水路が交わるところにある池泉は天上の泉を表す池です。

    大桜門を池泉の上から見るとこんな風に見えます。
    池泉には登ることが出来る台がありそこから写真を撮ることが出来ます。
    まさに天国の庭園なのです。
    4本の水路が交わるところにある池泉は天上の泉を表す池です。

  •  この日は薄曇りというか朝靄が出ていてタージマハルの背景は全く霧の中でとても幻想的な感じがしました。

     この日は薄曇りというか朝靄が出ていてタージマハルの背景は全く霧の中でとても幻想的な感じがしました。

  •  ぽっかりとこの世のものとは思えない感じで白亜の霊廟が浮かび上がって見えるのです。現実とは思えないような不思議な感じがするのでした。これは本当なのだろうか?夢の中にいるのではないかと・・・いえ、それはありませんが。

    イチオシ

     ぽっかりとこの世のものとは思えない感じで白亜の霊廟が浮かび上がって見えるのです。現実とは思えないような不思議な感じがするのでした。これは本当なのだろうか?夢の中にいるのではないかと・・・いえ、それはありませんが。

  • 近づくと白亜の霊廟の大きさが実感出来ます。

    近づくと白亜の霊廟の大きさが実感出来ます。

  •  高さ67m、本体57m四方です。そのような数字は見たときには湧いてきません。迫力があって、迫ってくると言う感じです。

     高さ67m、本体57m四方です。そのような数字は見たときには湧いてきません。迫力があって、迫ってくると言う感じです。

  • 四隅のミナレットの高さは43mです。本体より24mも低い。

    四隅のミナレットの高さは43mです。本体より24mも低い。

  •  わっ! ますます迫ってきました。ムガル王朝時代のインドは強く、産褥による女性の死は男性が聖戦で死ぬのと同義と考えられていました。ここに葬られているムムラーズ・マハルは第14子を36歳で出産する時に、シャージャハンと一緒に行った遠征先で産褥で死んでいます。<br /> 墓所には霊力が宿るというインドの考え方が伝わってきます。

     わっ! ますます迫ってきました。ムガル王朝時代のインドは強く、産褥による女性の死は男性が聖戦で死ぬのと同義と考えられていました。ここに葬られているムムラーズ・マハルは第14子を36歳で出産する時に、シャージャハンと一緒に行った遠征先で産褥で死んでいます。
     墓所には霊力が宿るというインドの考え方が伝わってきます。

  •  もうすぐ基壇に登ります。この基壇も95m四方、高さ5.5mあるので、大きな基壇です。

     もうすぐ基壇に登ります。この基壇も95m四方、高さ5.5mあるので、大きな基壇です。

  • さらに進んで、

    さらに進んで、

  • 階段へと続く廊下を歩きます。

    階段へと続く廊下を歩きます。

  •  凄く計算されている感じがします。ミナレットの下に階段があるように見えますが、ミナレットはその先にあります。

     凄く計算されている感じがします。ミナレットの下に階段があるように見えますが、ミナレットはその先にあります。

  •  やっと階段。たくさんの人が登ってかなりすり減っている感じです。一日に15000~20000人の人がここに来るそうです。年間200万人。<br /> 朝早いので人はいません。ホテルを7時出発の甲斐がありました。<br /> 5.5mの基壇の階段を登りました。

     やっと階段。たくさんの人が登ってかなりすり減っている感じです。一日に15000~20000人の人がここに来るそうです。年間200万人。
     朝早いので人はいません。ホテルを7時出発の甲斐がありました。
     5.5mの基壇の階段を登りました。

  • 出ました。正面です。総大理石の白亜の霊廟。

    出ました。正面です。総大理石の白亜の霊廟。

  •  ムムターズ・マハルのお墓。天文学的な費用をかけてムガル帝国第5代皇帝シャージャハンが作りました。<br /> 「ムムターズ・マハル」とは「宮廷の選ばれし者」の意味だそうです。<br /> 絵に描かれているムムターズ・マハルを見ましたがとても綺麗な方でした。才色兼美でインドにはめったにいない女性だったのでしょう。

     ムムターズ・マハルのお墓。天文学的な費用をかけてムガル帝国第5代皇帝シャージャハンが作りました。
     「ムムターズ・マハル」とは「宮廷の選ばれし者」の意味だそうです。
     絵に描かれているムムターズ・マハルを見ましたがとても綺麗な方でした。才色兼美でインドにはめったにいない女性だったのでしょう。

  • 1653年に22年かけて完成。莫大な費用で国が傾いたとか・・・。<br />白亜の大理石は1000頭の象で運び2万人以上の技師が従事したとのことです。<br />左右全く対称です。

    1653年に22年かけて完成。莫大な費用で国が傾いたとか・・・。
    白亜の大理石は1000頭の象で運び2万人以上の技師が従事したとのことです。
    左右全く対称です。

  • それだけ妃への愛情が深かったということです。<br />1612年にシャージャハンが20歳の時にムガル帝国の貴族の娘ムムラーズ・マハル(18歳)と結婚しました。14人の子女をもうけています。ただ成人したのは男4人、女3人。シャージャハンは38歳の時にムムラーズ・マハルと死別しました。計算すると18年間の結婚生活でした。

    それだけ妃への愛情が深かったということです。
    1612年にシャージャハンが20歳の時にムガル帝国の貴族の娘ムムラーズ・マハル(18歳)と結婚しました。14人の子女をもうけています。ただ成人したのは男4人、女3人。シャージャハンは38歳の時にムムラーズ・マハルと死別しました。計算すると18年間の結婚生活でした。

  •  入り口前の記念写真です。後ろの黒いところが入り口です。ついに来ました。タージマハル。カレー屋さんの壁にかかっていた写真を見てから何年たったのでしょう。

     入り口前の記念写真です。後ろの黒いところが入り口です。ついに来ました。タージマハル。カレー屋さんの壁にかかっていた写真を見てから何年たったのでしょう。

  •  上の写真の私の肩の所に見えている模様を近くへ行って撮りました。模様は石を埋め込んで作っています。ペイントではありません。調べた解説では内外の壁にダイヤモンド、トルコ石、サファイヤ等の28種類の宝石があったそうです。

     上の写真の私の肩の所に見えている模様を近くへ行って撮りました。模様は石を埋め込んで作っています。ペイントではありません。調べた解説では内外の壁にダイヤモンド、トルコ石、サファイヤ等の28種類の宝石があったそうです。

  •  次に行った大理石店で、大理石に彫っている職人さんの作業の様子を見ました。こんな感じで彫って作ったかと思います。

     次に行った大理石店で、大理石に彫っている職人さんの作業の様子を見ました。こんな感じで彫って作ったかと思います。

  • 前面です。上まで先ほどの模様があります。

    前面です。上まで先ほどの模様があります。

  •  タージマハルは変形八角形で一辺の長さが57mの正方形の四隅を切り取って出来る八角形だそうです。

     タージマハルは変形八角形で一辺の長さが57mの正方形の四隅を切り取って出来る八角形だそうです。

  •  ドーム(丸屋根)までの高さが58mで、57:58と言う比率は威容を感じさせるために計算して作ってあるとのこと。

     ドーム(丸屋根)までの高さが58mで、57:58と言う比率は威容を感じさせるために計算して作ってあるとのこと。

  •  高さ43mのミナレット(尖塔)はわずかながら外側に傾いていると書かれていました。もし何かがあって崩れた時に外側に崩れるので霊廟を傷つけないそうです。

     高さ43mのミナレット(尖塔)はわずかながら外側に傾いていると書かれていました。もし何かがあって崩れた時に外側に崩れるので霊廟を傷つけないそうです。

  •  傾いている?そう思って見るとそうかもしれません。しかし、現地では感じられませんでした。

     傾いている?そう思って見るとそうかもしれません。しかし、現地では感じられませんでした。

  •  さあ、入り口です。入ります。 入り口には係り?の人(武装していました)がいて、少し遠慮気味に「入らせていただきます」という感じで入りました。<br /> ここからは撮影禁止。

     さあ、入り口です。入ります。 入り口には係り?の人(武装していました)がいて、少し遠慮気味に「入らせていただきます」という感じで入りました。
     ここからは撮影禁止。

  • 場所は思い出せませんが入り口近くの外壁の模様です。

    場所は思い出せませんが入り口近くの外壁の模様です。

  •  レリーフ。大理石に見事に彫ってあります。<br /><br /> 中に入りると玄室があり柵で囲まれて真ん中にマハルの白い墓石が置かれていました。実際は地下に玄室があり見えているのはレプリカです。フマユーン廟と同じ構造で二重になっています。柵の中にいたおじさんが「名前は?」と聞くので、答えると私の名前を大きな声で言い、その声が玄室に響きました。音響がとても良いのです。その後、手を出してチップを要求しました。「え?・・・」勿論払いません。名前を聞かれたから答えただけですから。すごい商売があるのだとビックリしました。公認されているのでしょうか?<br /> 

     レリーフ。大理石に見事に彫ってあります。

     中に入りると玄室があり柵で囲まれて真ん中にマハルの白い墓石が置かれていました。実際は地下に玄室があり見えているのはレプリカです。フマユーン廟と同じ構造で二重になっています。柵の中にいたおじさんが「名前は?」と聞くので、答えると私の名前を大きな声で言い、その声が玄室に響きました。音響がとても良いのです。その後、手を出してチップを要求しました。「え?・・・」勿論払いません。名前を聞かれたから答えただけですから。すごい商売があるのだとビックリしました。公認されているのでしょうか?
     

  •  少し興ざめした感じを持ちつつも、玄室を出て、長い廊下をくねくね曲がって「あれ?」と思うと、もう外へ出ていました。ヤムナー川です。靄にかすんで先が見えないのでこの世のものとは思えない感が増しました。

     少し興ざめした感じを持ちつつも、玄室を出て、長い廊下をくねくね曲がって「あれ?」と思うと、もう外へ出ていました。ヤムナー川です。靄にかすんで先が見えないのでこの世のものとは思えない感が増しました。

  •  方角的にはこちらの方角にアグラ城が見えるはずです。シャー・ジャハンが最後には幽閉されてしまった城です。あの靄の先あたりから愛するタージマハルが眠っている霊廟が見えたのです。<br /> シャージャハンは第三皇子のアウングゼーブによってここに幽閉されてしまいます。実の息子に幽閉されるなんて酷ですが、皇位争いの結果です。

     方角的にはこちらの方角にアグラ城が見えるはずです。シャー・ジャハンが最後には幽閉されてしまった城です。あの靄の先あたりから愛するタージマハルが眠っている霊廟が見えたのです。
     シャージャハンは第三皇子のアウングゼーブによってここに幽閉されてしまいます。実の息子に幽閉されるなんて酷ですが、皇位争いの結果です。

  •  で・・・。アグラ城から見るとタージマハルはこんな風に見えました。<br />タージマハルの次にアグラ城へ行ったので、この写真を撮ることが出来ました。<br /> ムガル王朝は常に皇子の間で皇位を巡る激しい争いが起こり、シャージャハンも皇位継承権を持つ一族のすべての男性を葬って皇位についています。ムムターズ・マハルは常に夫に付きしたがい転戦や逃避行中に苦楽を共にしてくれた愛妻なのですね。

     で・・・。アグラ城から見るとタージマハルはこんな風に見えました。
    タージマハルの次にアグラ城へ行ったので、この写真を撮ることが出来ました。
     ムガル王朝は常に皇子の間で皇位を巡る激しい争いが起こり、シャージャハンも皇位継承権を持つ一族のすべての男性を葬って皇位についています。ムムターズ・マハルは常に夫に付きしたがい転戦や逃避行中に苦楽を共にしてくれた愛妻なのですね。

  •  アグラ城から朝靄の中にかすんで見えるタージマハル。皇帝シャージャハンもこの景色を見ていました。幽閉されたのが1658年なので362年前です。ムムターズ・マハルとの思いでに耽っていたのでしょうか?生きていてくれたら・・・と思ったでしょうね。<br /> 362年そんな長い年月を隔てて、このように日本人の私が見ているなんて、シャージャハンは夢にも考えなかったでしょう。360年後がどのようになっているかは誰にも想像ができません。

     アグラ城から朝靄の中にかすんで見えるタージマハル。皇帝シャージャハンもこの景色を見ていました。幽閉されたのが1658年なので362年前です。ムムターズ・マハルとの思いでに耽っていたのでしょうか?生きていてくれたら・・・と思ったでしょうね。
     362年そんな長い年月を隔てて、このように日本人の私が見ているなんて、シャージャハンは夢にも考えなかったでしょう。360年後がどのようになっているかは誰にも想像ができません。

  •  そして、このヤムナー川を渡った所に自分の霊廟を黒大理石で作ろうとしていました。橋を架ける計画だったそうです。叶いませんでしたが・・・。<br /> 黒大理石とはどんな石だったのでしょう?

     そして、このヤムナー川を渡った所に自分の霊廟を黒大理石で作ろうとしていました。橋を架ける計画だったそうです。叶いませんでしたが・・・。
    黒大理石とはどんな石だったのでしょう?

  •  黒い大理石がどのような石か、アグラ城の次に訪ねた大理石店で分かりました。黒く堅い石で密度が高く滑らかで重たいです。お土産にタージマハルを白大理石で  埋め込んで描いてある置物を買って来ました。今、家の玄関に飾ってあります。ちなみに5万円の値段を交渉して3万6千円で買って来ました。交渉術は息子から学びました。サリーを着てインド人に見える?日本人のオバチャンは強気でした・・・。なかなか見事な置物です。

     黒い大理石がどのような石か、アグラ城の次に訪ねた大理石店で分かりました。黒く堅い石で密度が高く滑らかで重たいです。お土産にタージマハルを白大理石で  埋め込んで描いてある置物を買って来ました。今、家の玄関に飾ってあります。ちなみに5万円の値段を交渉して3万6千円で買って来ました。交渉術は息子から学びました。サリーを着てインド人に見える?日本人のオバチャンは強気でした・・・。なかなか見事な置物です。

  • 霊廟を挟んで左にモスク

    霊廟を挟んで左にモスク

  • 右に集会場(迎賓館)があります。全く同じ形です。

    右に集会場(迎賓館)があります。全く同じ形です。

  •  八角形のどこを見てもファザードになっていて入り口のように見えます。これは集会場の方向に向いた面です。

     八角形のどこを見てもファザードになっていて入り口のように見えます。これは集会場の方向に向いた面です。

  • 回り込んで正面の方に向かっています。壁面の模様が素晴らしいです。<br />下部を拡大すると、

    回り込んで正面の方に向かっています。壁面の模様が素晴らしいです。
    下部を拡大すると、

  • こんな模様です。

    こんな模様です。

  • さらに拡大すると、石をはめ込んであります。

    さらに拡大すると、石をはめ込んであります。

  • ココも白大理石に模様の石をはめ込んであります。

    ココも白大理石に模様の石をはめ込んであります。

  • 綺麗な模様です。本当に凄い技術です!

    綺麗な模様です。本当に凄い技術です!

  •  正面の2つ隣の面です。真ん中の黒い部分は光を取り入れる窓になっているかと思います。

     正面の2つ隣の面です。真ん中の黒い部分は光を取り入れる窓になっているかと思います。

  • 上の方にも正面入り口にあった模様と同じ模様があります。

    上の方にも正面入り口にあった模様と同じ模様があります。

  •  正面入り口のすぐ隣の面だと思います。入り口と同じデザインで、真ん中が開いていると正面と間違えます。

     正面入り口のすぐ隣の面だと思います。入り口と同じデザインで、真ん中が開いていると正面と間違えます。

  • ここで記念撮影。寒いのでコートを着ています。

    ここで記念撮影。寒いのでコートを着ています。

  • 大きな建物と素敵な模様を眺めながら、

    大きな建物と素敵な模様を眺めながら、

  • 半周しました。

    半周しました。

  • 正面に戻ってきました。<br />ここで時計を見ると集合時間が15分延長された分の時間がありました。<br />「もう一度、入ろう。せっかく来たのだから。欲張って二回入ろう」ということで再度玄室に入場しました。空いていたのでラッキーでした。ここに長蛇の列ができて入場待ちをしている写真を見ていたので。ラッキー!

    正面に戻ってきました。
    ここで時計を見ると集合時間が15分延長された分の時間がありました。
    「もう一度、入ろう。せっかく来たのだから。欲張って二回入ろう」ということで再度玄室に入場しました。空いていたのでラッキーでした。ここに長蛇の列ができて入場待ちをしている写真を見ていたので。ラッキー!

  •  中は撮影禁止なので、次の写真は出口を出たところになります。<br /> いつも思うのですが、撮影禁止の意味は何なのかがわかりません。フラッシュが石を痛めるというのでしょうか?どうしても見たい人は「来て見てください」というメッセージなのでしょうか?<br /> 2020.3.20.のヤフージャパンのニュースで「世界遺産の裏はゴミだらけ」という小見出しで裏を流れるヤムナー川のゴミ問題が記事になっていました。しかし、この日はヤムナー川にゴミは見えませんでした。

     中は撮影禁止なので、次の写真は出口を出たところになります。
     いつも思うのですが、撮影禁止の意味は何なのかがわかりません。フラッシュが石を痛めるというのでしょうか?どうしても見たい人は「来て見てください」というメッセージなのでしょうか?
     2020.3.20.のヤフージャパンのニュースで「世界遺産の裏はゴミだらけ」という小見出しで裏を流れるヤムナー川のゴミ問題が記事になっていました。しかし、この日はヤムナー川にゴミは見えませんでした。

  •  こんどは反対側のモスクのある方を半周しました。

     こんどは反対側のモスクのある方を半周しました。

  •  遠くの背景に見えているのは大桜門です。霊廟に向かって左のミナレットの前で撮りました。

     遠くの背景に見えているのは大桜門です。霊廟に向かって左のミナレットの前で撮りました。

  •  集合時刻に間に合うように戻るにはそろそろ帰らなければなりません。基壇をおります。

     集合時刻に間に合うように戻るにはそろそろ帰らなければなりません。基壇をおります。

  •  基壇の所に普通は小部屋があって親族を葬ることができるのですが、浮彫だけで小部屋はないことから、ムムラーズ・マハルのためだけに作った霊廟ということがわかるのだそうです。<br /> シャージャハンは65歳で重病になり66歳で幽閉され、8年後の74歳で亡くなりました。ムムラーズ・マハルの死後、重病になるまでの27年間に彼女以上の女性には出会えなかったようです。出会っていたら違う人生を歩んでいたかもしれません。

     基壇の所に普通は小部屋があって親族を葬ることができるのですが、浮彫だけで小部屋はないことから、ムムラーズ・マハルのためだけに作った霊廟ということがわかるのだそうです。
     シャージャハンは65歳で重病になり66歳で幽閉され、8年後の74歳で亡くなりました。ムムラーズ・マハルの死後、重病になるまでの27年間に彼女以上の女性には出会えなかったようです。出会っていたら違う人生を歩んでいたかもしれません。

  •  「ムムラーズ・マハル」とは「宮廷の選ばれし者」という意味だそうで、ここはムガル帝国の選ばれし者の墓所だったのですね。<br /> ここに来ることが出来てラッキーでした。しかし、インドは遠い! 気力、体力が必要です。もう再び来ることはできないかと思います。

     「ムムラーズ・マハル」とは「宮廷の選ばれし者」という意味だそうで、ここはムガル帝国の選ばれし者の墓所だったのですね。
     ここに来ることが出来てラッキーでした。しかし、インドは遠い! 気力、体力が必要です。もう再び来ることはできないかと思います。

  •  靄にかすむ大桜門に向かって歩きました。まだ夢心地の感があります。この「もや」の演出は現実のものとは思えない不思議な感じを与えました。<br /> 水路の脇の庭園を歩きます。霊廟の庭園は砂漠の楽園を意味するそうです。<br />楽園を通って帰ります。

     靄にかすむ大桜門に向かって歩きました。まだ夢心地の感があります。この「もや」の演出は現実のものとは思えない不思議な感じを与えました。
     水路の脇の庭園を歩きます。霊廟の庭園は砂漠の楽園を意味するそうです。
    楽園を通って帰ります。

  • 大桜門の上にある丸屋根を拡大してみました。タージマハルと同じデザインです。

    大桜門の上にある丸屋根を拡大してみました。タージマハルと同じデザインです。

  • 振り返ると「もや」の中に浮かび上がる霊廟。歴史の中に入り込んだ時間でした。

    イチオシ

    振り返ると「もや」の中に浮かび上がる霊廟。歴史の中に入り込んだ時間でした。

  • 集合時刻に間に合って、皆さんで出口へと向かいます。

    集合時刻に間に合って、皆さんで出口へと向かいます。

  • 今日は観光客が少ない?

    今日は観光客が少ない?

  •  再び電動自動車に乗って移動です。タクシーが来ました。思わずパチリ!<br />4トラベルの会員の目です。自転車の人はどこへ行く?

     再び電動自動車に乗って移動です。タクシーが来ました。思わずパチリ!
    4トラベルの会員の目です。自転車の人はどこへ行く?

  • 電動車もパチリ!

    電動車もパチリ!

  • リキシャー?なんか違うような?

    リキシャー?なんか違うような?

  •  これがオートリキシャーです。こんなにたくさんの車が駐車しているので排気ガスがたくさん出ます。タージマハルがこれからも保護されていくことを願って後にしました。次はアグラ城です。旅は続きます。

     これがオートリキシャーです。こんなにたくさんの車が駐車しているので排気ガスがたくさん出ます。タージマハルがこれからも保護されていくことを願って後にしました。次はアグラ城です。旅は続きます。

48いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

インド 2019

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集