立山黒部旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ちょっと古いですが、2018年秋のアルペンルート旅行記録です。あいにく、紅葉時期からは外れ、天候も不順でしたが、旅行客はそこそこおりました。本年で最後となる関電トロリーバスに乗車できたのでなによりです。<br /> 後半は、金沢市郊外の温泉旅館に触れています。金沢の奥座敷と呼べる旅館でハード、ソフト、温泉、食事共、自身のホテル宿泊体験としては、五本の指に入る旅館と言えます。それなりの値段でしたが、再訪を予感させる旅館でした。

秋の黒四、金沢方面旅行(二日目;立山黒部アルペンルート)

11いいね!

2018/09/15 - 2018/09/17

666位(同エリア1442件中)

アキミヤギ

アキミヤギさん

この旅行記のスケジュール

2018/09/16

  • 大町温泉郷ホテル出発 8時00分 扇沢駅到着 8時20分

  • 扇沢駅 9時00分 トロリーバス 黒部ダム駅到着 9時16分

  • 黒部ダム 10時30分 ケーブルカー 黒部平 10時35分

  • 黒部平 10時50分 立山ロープウェー 10時57分 大観峰

  • 大観峰 11時15分 トロリーバス 11時25分 室堂

  • 室堂駅 12時30分 高原バス 美女平 13時20分

  • 美女平 13時30分 ケーブルカー 電鉄立山駅 13時50分

  • 電鉄立山駅 14時05分 電鉄富山駅 14時57分

この旅行記スケジュールを元に

 ちょっと古いですが、2018年秋のアルペンルート旅行記録です。あいにく、紅葉時期からは外れ、天候も不順でしたが、旅行客はそこそこおりました。本年で最後となる関電トロリーバスに乗車できたのでなによりです。
 後半は、金沢市郊外の温泉旅館に触れています。金沢の奥座敷と呼べる旅館でハード、ソフト、温泉、食事共、自身のホテル宿泊体験としては、五本の指に入る旅館と言えます。それなりの値段でしたが、再訪を予感させる旅館でした。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
レンタカー 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  二日目朝は、黒四ロイヤルホテル(現在は、ANAホリディイン信濃大町くろよん)からの出発です。ホテルの目の前には、扇沢駅に向かうバス停留所がありますが、本日、日曜日ということもあり、乗れないことは無いと思いましたが、少しでも早く扇沢駅につきたいとの思いから、前日ホテルでタクシーを手配しました。<br /> 約3,000円くらいでした。結果的に扇沢駅では、バス到着前に改札に並ぶことができ、良かった感じです。<br /> 休日ハイシーズンの扇沢駅発トロリーバスは、予約が出来なかったので、混雑による乗車遅れを懸念していました。

     二日目朝は、黒四ロイヤルホテル(現在は、ANAホリディイン信濃大町くろよん)からの出発です。ホテルの目の前には、扇沢駅に向かうバス停留所がありますが、本日、日曜日ということもあり、乗れないことは無いと思いましたが、少しでも早く扇沢駅につきたいとの思いから、前日ホテルでタクシーを手配しました。
     約3,000円くらいでした。結果的に扇沢駅では、バス到着前に改札に並ぶことができ、良かった感じです。
     休日ハイシーズンの扇沢駅発トロリーバスは、予約が出来なかったので、混雑による乗車遅れを懸念していました。

    ANA ホリデイ インリゾート信濃大町くろよん 宿・ホテル

    2名1室合計 15,000円~

  • 扇沢駅です。8時前の大町方面からのバスが到着前で混雑はありません。<br /> ここの標高は、EL1433mです。<br /><br /> また、ここから黒部ダム方面へのトロリーバス運行は、待機車両が10台程度あり、当日の混雑程度により、当該時間の運行台数が変化するようです。<br /> したがって、超繁忙期以外は、結構スムーズに出発できそうです。<br /><br /> 実は、混雑の要因は、黒部ダムから黒部平に向かう「黒部ケーブルカー」と「立山ロープウェー」のキャパが少ないことから、多くの旅行客が先を急ぐように行動しますので、朝の渋滞となるようです。

    扇沢駅です。8時前の大町方面からのバスが到着前で混雑はありません。
     ここの標高は、EL1433mです。

     また、ここから黒部ダム方面へのトロリーバス運行は、待機車両が10台程度あり、当日の混雑程度により、当該時間の運行台数が変化するようです。
     したがって、超繁忙期以外は、結構スムーズに出発できそうです。

     実は、混雑の要因は、黒部ダムから黒部平に向かう「黒部ケーブルカー」と「立山ロープウェー」のキャパが少ないことから、多くの旅行客が先を急ぐように行動しますので、朝の渋滞となるようです。

    扇沢駅 ドリンクコーナー グルメ・レストラン

  • 関電トンネルのトロバス(トロリーバス)です。一応、無限軌道車と呼ばれる電車です。 本年(2018年)で、トロバスの運行は終了し、来年度からは電気バスに代わるそうです。

    関電トンネルのトロバス(トロリーバス)です。一応、無限軌道車と呼ばれる電車です。 本年(2018年)で、トロバスの運行は終了し、来年度からは電気バスに代わるそうです。

  • 2019年度からの電気バスについて。<br /> メーカー「日野自動車ブルーリボン」<br /> 定員 80名、座席数33席、駆動モーター230kW<br /><br /> 関電トンネルを約16分で走行。最大斜度13度。<br /> 片道料金 1,570円  7時台から30分間隔で運行しています。<br /><br /> (実際の訪問時期に新しい情報等にて確認願います。)<br /> 

    2019年度からの電気バスについて。
     メーカー「日野自動車ブルーリボン」
     定員 80名、座席数33席、駆動モーター230kW

    関電トンネルを約16分で走行。最大斜度13度。
     片道料金 1,570円  7時台から30分間隔で運行しています。

     (実際の訪問時期に新しい情報等にて確認願います。)
     

  •  黒部ダムです。標高1445m<br /> 約10m3/secと言われるハウエルバンガーバルブからの観光放流<br />  (業界的には、河川維持のための放流が正解のようです。)

    黒部ダムです。標高1445m
    約10m3/secと言われるハウエルバンガーバルブからの観光放流
    (業界的には、河川維持のための放流が正解のようです。)

    黒部ダム(富山県立山町) 名所・史跡

  •  生コン打設用の9m3ケーブルクレーン用バケットです。

     生コン打設用の9m3ケーブルクレーン用バケットです。

  •  うちの家人は、高いところあまり怖くないようです。<br /> ダム背面約180m直下を眺めています。

     うちの家人は、高いところあまり怖くないようです。
     ダム背面約180m直下を眺めています。

  • ダム直下の河床を洗堀しないよう、霧状の放流となるバルブを選んでいると思われます。

    ダム直下の河床を洗堀しないよう、霧状の放流となるバルブを選んでいると思われます。

  • 黒部ダムの前面です。三次元のアーチ形状が美しいです。<br /> 正面中央には、黒部川第四発電所の取水口が見えます。<br /> 中央正面には、建設時に使用されたケーブルクレーンの走行路が見えます。

    黒部ダムの前面です。三次元のアーチ形状が美しいです。
     正面中央には、黒部川第四発電所の取水口が見えます。
     中央正面には、建設時に使用されたケーブルクレーンの走行路が見えます。

  • 黒部ダムと分かれ、黒部ケーブルカーにて、黒部平(EL1,828m)に向かいます。

    黒部ダムと分かれ、黒部ケーブルカーにて、黒部平(EL1,828m)に向かいます。

    黒部ケーブルカー 乗り物

  •  黒部平からは、立山ロープウェイにて大観峰(EL2,318m)を目指します。<br /> 9月中旬ですが、まだ紅葉には早いようです。

     黒部平からは、立山ロープウェイにて大観峰(EL2,318m)を目指します。
     9月中旬ですが、まだ紅葉には早いようです。

    黒部平 自然・景勝地

  •  下の方に、黒部湖が見えます。

     下の方に、黒部湖が見えます。

  •  大観峰から立山トンネルトロリーバスに乗り換え、アルペンルートの最高標高地点である室堂平(EL2,450m)に到着です。さすがに、ここは濃霧と小雨で視界が聴きません。<br /> 時間は、11時とちょっと早いのですが、後半の行程も考え、軽食堂にて軽い昼食をとりました。<br /> この場所は、立山方面への登山客が多く、混雑していました。

     大観峰から立山トンネルトロリーバスに乗り換え、アルペンルートの最高標高地点である室堂平(EL2,450m)に到着です。さすがに、ここは濃霧と小雨で視界が聴きません。
     時間は、11時とちょっと早いのですが、後半の行程も考え、軽食堂にて軽い昼食をとりました。
     この場所は、立山方面への登山客が多く、混雑していました。

    室堂駅

  • 立山高原バスで移動中、「称名滝」で停車してくれます。400m程度の落差とのことです。

    立山高原バスで移動中、「称名滝」で停車してくれます。400m程度の落差とのことです。

    称名滝 自然・景勝地

  • バスを降りると美女平駅(EL977m)です。立山ケーブルカーにて、最終地点の富山電鉄立山駅(EL475m)に向かいます。

    バスを降りると美女平駅(EL977m)です。立山ケーブルカーにて、最終地点の富山電鉄立山駅(EL475m)に向かいます。

    美女平 自然・景勝地

  •  立山黒部アルペンルートも終わりです。紅葉時期には早く、天気もすぐれませんでしたが、この時期にしては旅行客も少なく(特に大陸系の人々)良い訪問となりました。<br /> この後は、電鉄富山駅にて「富山ブラック」を食し(しょっぱかった)、駅前にてレンタカーを調達、一路、金沢市郊外の旅館に向かいました。

     立山黒部アルペンルートも終わりです。紅葉時期には早く、天気もすぐれませんでしたが、この時期にしては旅行客も少なく(特に大陸系の人々)良い訪問となりました。
     この後は、電鉄富山駅にて「富山ブラック」を食し(しょっぱかった)、駅前にてレンタカーを調達、一路、金沢市郊外の旅館に向かいました。

    立山黒部アルペンルート立山ケーブルカー 乗り物

  • 立山黒部アルペンルートを通過し、富山電鉄、富山駅にてレンタカーを調達、本日の宿泊先、金沢市末町の「旅館滝亭」さんに到着です。<br /> 本当に、金沢市郊外の鄙びた田園風景の中にあります。

    立山黒部アルペンルートを通過し、富山電鉄、富山駅にてレンタカーを調達、本日の宿泊先、金沢市末町の「旅館滝亭」さんに到着です。
     本当に、金沢市郊外の鄙びた田園風景の中にあります。

    金沢犀川温泉 川端の湯宿「滝亭」 宿・ホテル

    2名1室合計 38,400円~

  • 旅館の造りは、なかなか凝っていて、豪華感満載です。

    旅館の造りは、なかなか凝っていて、豪華感満載です。

  • 内風呂もあります。

    内風呂もあります。

  •  お待ちかねの夕食です。掘り炬燵式の個室でゆっくり頂けます。

     お待ちかねの夕食です。掘り炬燵式の個室でゆっくり頂けます。

  •  最後のデザートです。質、量とも満足できるお料理でした。全体的なコスパも申し分無いと思います。

    最後のデザートです。質、量とも満足できるお料理でした。全体的なコスパも申し分無いと思います。

  •  希望すれば、このような夜景を見ながらの会食も可能なようです。

    希望すれば、このような夜景を見ながらの会食も可能なようです。

  •  朝ご飯もしっかり、調理されており美味しかったです。

     朝ご飯もしっかり、調理されており美味しかったです。

  •  金沢のイメージがますます良くなる良い旅館でした。<br /> これから、永平寺に向かいたいと思います。<br /> 第三報に続きます。

     金沢のイメージがますます良くなる良い旅館でした。
     これから、永平寺に向かいたいと思います。
     第三報に続きます。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

立山黒部の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集