ローテンブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6日目はこの旅のクライマックス。<br />列車と路線バスを乗り継いで、グリンデルワルトからローデンブルクへ向かいます。<br />ツアーであればバスに乗って6時間程度の行程なのですが、列車と路線バスで7回の乗り換え、9時間弱の旅です。<br />お土産でスーツケースも重くなっており、なかなかタフな1日となりました。<br />グリンデルワルトからドンビュールまでのチケットは、事前にドイツ国鉄のサイトで購入しました。早めに購入したので、25.9ユーロ(2等席)。スイス鉄道のサイトからも購入できましたが、両サイトを比較し価格の安い方から購入しました。<br />6日目の行程<br />10月15日<br />  6:49 グリンデルワルト駅発<br />        普通列車<br />  7:23 インターラーケンオスト駅着<br />  7:29     同      駅発<br />        普通列車<br />  7:50 スピーツ駅着<br />  7:54   同 駅発<br />        特急(IC)列車<br />  8:24 ベルン駅着<br />  8:32  同 駅発<br />          特急(IC)列車<br />  9:28 チューリッヒ中央駅着<br />  9:37   同     駅発 <br />        特急(IC)列車<br />  10:30 シンゲン駅着<br />  10:35    同  駅発<br />        特急(IC)列車<br />  12:43 シュツットガルト中央駅着<br />  12:57   同     駅発<br />        快速(RE)列車<br />  14:33 ドンビュール駅着<br />  14:47   同   駅発<br />        路線バス(VGNバス 807番)<br />  15:26 ローデンブルク駅着<br />      ローデンブルク市庁舎ほか旧市街散策<br />  <br /><br />

還暦道産子オヤジの卒業旅行6日目 列車と路線バスを乗り継いでローデンブルクへGo!

6いいね!

2019/10/10 - 2019/10/19

555位(同エリア909件中)

TAKさん

6日目はこの旅のクライマックス。
列車と路線バスを乗り継いで、グリンデルワルトからローデンブルクへ向かいます。
ツアーであればバスに乗って6時間程度の行程なのですが、列車と路線バスで7回の乗り換え、9時間弱の旅です。
お土産でスーツケースも重くなっており、なかなかタフな1日となりました。
グリンデルワルトからドンビュールまでのチケットは、事前にドイツ国鉄のサイトで購入しました。早めに購入したので、25.9ユーロ(2等席)。スイス鉄道のサイトからも購入できましたが、両サイトを比較し価格の安い方から購入しました。
6日目の行程
10月15日
  6:49 グリンデルワルト駅発
        普通列車
  7:23 インターラーケンオスト駅着
  7:29     同      駅発
        普通列車
  7:50 スピーツ駅着
  7:54   同 駅発
        特急(IC)列車
  8:24 ベルン駅着
  8:32  同 駅発
       特急(IC)列車
  9:28 チューリッヒ中央駅着
  9:37   同     駅発 
        特急(IC)列車
  10:30 シンゲン駅着
  10:35   同  駅発
        特急(IC)列車
  12:43 シュツットガルト中央駅着
  12:57   同     駅発
        快速(RE)列車
  14:33 ドンビュール駅着
  14:47   同   駅発
        路線バス(VGNバス 807番)
  15:26 ローデンブルク駅着
      ローデンブルク市庁舎ほか旧市街散策
  

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
キャセイパシフィック航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6時49分発の列車でグリンデルワルトを出発します。<br />外はまだ真っ暗。<br />駅前のホテルなので、余裕をもって列車に乗り込めます。<br />

    6時49分発の列車でグリンデルワルトを出発します。
    外はまだ真っ暗。
    駅前のホテルなので、余裕をもって列車に乗り込めます。

    グリンデルワルド駅

  • ホテルの朝食は6時30分からなので、出発が早い事を伝えると、ブレックファストボックスを用意してくれました。インターラーケンオスト駅まで約30分あるので、車内が空いているうちに食べます。

    ホテルの朝食は6時30分からなので、出発が早い事を伝えると、ブレックファストボックスを用意してくれました。インターラーケンオスト駅まで約30分あるので、車内が空いているうちに食べます。

    ベルナーオーバーラント鉄道 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • インターラーケンオルト駅でスピーツ行の列車に乗り換えます。<br />乗換時間は4分、昨日来たルートを逆方向に進みます。

    インターラーケンオルト駅でスピーツ行の列車に乗り換えます。
    乗換時間は4分、昨日来たルートを逆方向に進みます。

    インターラーケンオスト駅

  • スピーツ駅でバーゼル行の特急列車に乗り換え、ベルンに向かいます。ここも乗換時間は4分ですが、到着したホームの向かい側に特急列車が入線するので、余裕があります。この時刻になると、周囲も大分明るくなってきました。<br />写真に写っているように、スイスの駅では、ホームを移動するための通路は、一方が階段、他の一方がスロープになっていますので、スーツケースを持っている時は遠回りでも、スロープ側を利用しましょう。もちろん大きな駅にはエスカレーターやエレベーターが設置されています。

    スピーツ駅でバーゼル行の特急列車に乗り換え、ベルンに向かいます。ここも乗換時間は4分ですが、到着したホームの向かい側に特急列車が入線するので、余裕があります。この時刻になると、周囲も大分明るくなってきました。
    写真に写っているように、スイスの駅では、ホームを移動するための通路は、一方が階段、他の一方がスロープになっていますので、スーツケースを持っている時は遠回りでも、スロープ側を利用しましょう。もちろん大きな駅にはエスカレーターやエレベーターが設置されています。

  • 歴史な町並みを左右に見ながらベルン駅に到着しました。ここでサンクトガレン行の特急列車に乗り換えチューリッヒに向かいます。乗換時間は8分。スイスの首都ですから、駅も当然混雑しています。先を急ぎましょう。

    歴史な町並みを左右に見ながらベルン駅に到着しました。ここでサンクトガレン行の特急列車に乗り換えチューリッヒに向かいます。乗換時間は8分。スイスの首都ですから、駅も当然混雑しています。先を急ぎましょう。

    ベルン中央駅

  • サンクトガレン行の列車が到着しました。利用しやすい時刻の列車なのか、写真のように乗降客で混雑しています。車内はほぼ満席でしたが、何とか2階に席を確保できました。

    サンクトガレン行の列車が到着しました。利用しやすい時刻の列車なのか、写真のように乗降客で混雑しています。車内はほぼ満席でしたが、何とか2階に席を確保できました。

    ベルン中央駅

  • 乗車した列車は、ベルン駅とチューリッヒ駅の間をノンストップで快走し、チューリッヒ中央駅の地下ホームに到着しました。ここでシンゲン行の特急列車に乗り換えます。乗換時間は9分、駅構内はベルン駅よりも混雑、しかも地平ホームへ上がらなければなりません。駅で働いてる人にエスカレーターの位置を聞き、15番ホームを目差します。

    乗車した列車は、ベルン駅とチューリッヒ駅の間をノンストップで快走し、チューリッヒ中央駅の地下ホームに到着しました。ここでシンゲン行の特急列車に乗り換えます。乗換時間は9分、駅構内はベルン駅よりも混雑、しかも地平ホームへ上がらなければなりません。駅で働いてる人にエスカレーターの位置を聞き、15番ホームを目差します。

    チューリッヒ駅

  • 何とか出発時刻ぎりぎりで乗車できました。チケット購入サイトでは、乗換時間に余裕を持たせる設定ができますが、乗換の列車が30分後あるいは1時間後となり、到着時刻が遅くなるので、悩ましいところです。この場合も、次の列車は1時間後となってしまします。<br />とは言うものの、チューリッヒ中央駅で地下ホームと地平ホームの間を移動する場合は、15分程度は確保したいところです。この場合は、チケットサイトの中で、経由地の設定を利用し、チューリッヒ滞在の所要時間を15分と設定すると、ここだけ余裕のある乗換設定でチケットが買えます。

    何とか出発時刻ぎりぎりで乗車できました。チケット購入サイトでは、乗換時間に余裕を持たせる設定ができますが、乗換の列車が30分後あるいは1時間後となり、到着時刻が遅くなるので、悩ましいところです。この場合も、次の列車は1時間後となってしまします。
    とは言うものの、チューリッヒ中央駅で地下ホームと地平ホームの間を移動する場合は、15分程度は確保したいところです。この場合は、チケットサイトの中で、経由地の設定を利用し、チューリッヒ滞在の所要時間を15分と設定すると、ここだけ余裕のある乗換設定でチケットが買えます。

    チューリッヒ駅

  • 先ほどの特急列車とは一変し、シンゲン行の車内は大分空いています。

    先ほどの特急列車とは一変し、シンゲン行の車内は大分空いています。

  • 列車は、ライン川を渡ります。まもなくスイスを離れ、ドイツに入ります。今日は時折雨が降る天気ですが、移動中なので、あまり気にはなりません。

    列車は、ライン川を渡ります。まもなくスイスを離れ、ドイツに入ります。今日は時折雨が降る天気ですが、移動中なので、あまり気にはなりません。

  • シンゲン駅でシュツットガルト行の快速列車に乗り換えます。乗換時間は5分ですが、大きな駅ではないので、余裕があります。

    シンゲン駅でシュツットガルト行の快速列車に乗り換えます。乗換時間は5分ですが、大きな駅ではないので、余裕があります。

  • 2時間程かけてシュツットガルト中央駅に到着です。ここでニュルンベルグ行の快速列車に乗り換え、ドンビュールに向かいます。乗換時間は14分。駅は行き止まりの地平ホームなので、列車を降りて前方に進みます。機関車にはDB(ドイツ国鉄)の文字が、ドイツに入ったことを実感します。

    2時間程かけてシュツットガルト中央駅に到着です。ここでニュルンベルグ行の快速列車に乗り換え、ドンビュールに向かいます。乗換時間は14分。駅は行き止まりの地平ホームなので、列車を降りて前方に進みます。機関車にはDB(ドイツ国鉄)の文字が、ドイツに入ったことを実感します。

    シュトゥットガルト中央駅

  • シュツットガルト中央駅は大きな駅なので、写真のような掲示板が設置されています。ニュルンベルグ行は15番ホーム、しっかり確認してホームに向かいます。

    シュツットガルト中央駅は大きな駅なので、写真のような掲示板が設置されています。ニュルンベルグ行は15番ホーム、しっかり確認してホームに向かいます。

    シュトゥットガルト中央駅

  • ニュルンベルグ行の列車が入線しました。列車の乗り換えは、これが最後です。

    ニュルンベルグ行の列車が入線しました。列車の乗り換えは、これが最後です。

    シュトゥットガルト中央駅

  • ドンビュール駅に到着しました。雨も上がり日が差してきました。ここでローデンブルク行の路線バスに乗り換えます。このままアンスバッハまで行き、スタイナッハを経由して列車で向かう方法もありますが、こちらの方がショートカットできるので、先を急ぐ方にはお奨めです。<br />前方にあるのはエレベーター。スイスではスロープで、ドイツではエレベーターでバリアフリーに対応しています。お国柄が感じられます。

    ドンビュール駅に到着しました。雨も上がり日が差してきました。ここでローデンブルク行の路線バスに乗り換えます。このままアンスバッハまで行き、スタイナッハを経由して列車で向かう方法もありますが、こちらの方がショートカットできるので、先を急ぐ方にはお奨めです。
    前方にあるのはエレベーター。スイスではスロープで、ドイツではエレベーターでバリアフリーに対応しています。お国柄が感じられます。

  • 駅を出ると、すぐ前にローデンブルク行のバス停があります。ドンビュールを発着する列車に接続するようにダイヤが設定されているようです。ローデンブルクまでの運賃は5ユーロです。

    駅を出ると、すぐ前にローデンブルク行のバス停があります。ドンビュールを発着する列車に接続するようにダイヤが設定されているようです。ローデンブルクまでの運賃は5ユーロです。

  • バスはドンビュール駅からロマンチック街道沿いの集落を経由して、ローデンブルクへ向かいます。

    バスはドンビュール駅からロマンチック街道沿いの集落を経由して、ローデンブルクへ向かいます。

  • ローデンブルク駅に到着しました。今日の宿はガストホフポスト。駅から歩いて3分で到着です。ローデンブルクは、城壁の中はもちろん、城壁の外も歩道は石畳なので、駅との間の移動を考え駅前のホテルにしました。城壁内のホテルに泊まる場合は、スーツケースを引く体力(駅から旧市街へは、緩やかながら上り勾配です)とキャスターの事を考えると、駅からタクシーを利用することをお勧めします。

    ローデンブルク駅に到着しました。今日の宿はガストホフポスト。駅から歩いて3分で到着です。ローデンブルクは、城壁の中はもちろん、城壁の外も歩道は石畳なので、駅との間の移動を考え駅前のホテルにしました。城壁内のホテルに泊まる場合は、スーツケースを引く体力(駅から旧市街へは、緩やかながら上り勾配です)とキャスターの事を考えると、駅からタクシーを利用することをお勧めします。

    ホテル ガストホフ ポスト ホテル

  • フロントへ行くと、いかにも人の良さそうなご主人が出迎えてくれました。部屋は2階のシングルルーム。さほど広くはありませんが、1泊ですし、不自由はありません。ただ、エレベーターがなく階段も広くはないので、重くなったスーツケースをご主人に手伝ってもらいながら2階へ上がりました。

    フロントへ行くと、いかにも人の良さそうなご主人が出迎えてくれました。部屋は2階のシングルルーム。さほど広くはありませんが、1泊ですし、不自由はありません。ただ、エレベーターがなく階段も広くはないので、重くなったスーツケースをご主人に手伝ってもらいながら2階へ上がりました。

    ホテル ガストホフ ポスト ホテル

  • さっそく旧市街へ向かいます。ホテルから歩いて5分もかからずレーダー門に到着しました。ここから城壁内に入ります。

    さっそく旧市街へ向かいます。ホテルから歩いて5分もかからずレーダー門に到着しました。ここから城壁内に入ります。

    レーダー門 建造物

  • そのまま通沿いに歩きます。沿道にはレストランや本屋、ギフトショップなどが並んでいます。

    そのまま通沿いに歩きます。沿道にはレストランや本屋、ギフトショップなどが並んでいます。

  • 市庁舎前のマルクト広場に到着しました。人気観光地ということで、観光客も大勢います。目差す市庁舎展望台は左の塔の上、入り口は手前の建物の中央の玄関です。入場は午後5時まで。ここに登るため、朝早くグリンデルワルトを出発したのです。

    市庁舎前のマルクト広場に到着しました。人気観光地ということで、観光客も大勢います。目差す市庁舎展望台は左の塔の上、入り口は手前の建物の中央の玄関です。入場は午後5時まで。ここに登るため、朝早くグリンデルワルトを出発したのです。

  • 展望台に登りました。外へ出たところが東方向。マルクト広場を上から見ています。このまま順路に従って1周します。ガイドブックにも載っていますが、外に出る直前が梯子になっているので、動きやすい服装で登りましょう。

    展望台に登りました。外へ出たところが東方向。マルクト広場を上から見ています。このまま順路に従って1周します。ガイドブックにも載っていますが、外に出る直前が梯子になっているので、動きやすい服装で登りましょう。

    ローテンブルク市庁舎 建造物

  • これは北方向、聖ヤコブ教会が正面に構えています。

    これは北方向、聖ヤコブ教会が正面に構えています。

    ローテンブルク市庁舎 建造物

  • 西方向です。先に見えるのはブルク門。

    西方向です。先に見えるのはブルク門。

  • 最後に南方向。わかりにくいのですが、真ん中にプレーンラインが見えます。遠くには近代的なスポーツ施設の建物。新旧の建物が共存するローデンブルクです。

    最後に南方向。わかりにくいのですが、真ん中にプレーンラインが見えます。遠くには近代的なスポーツ施設の建物。新旧の建物が共存するローデンブルクです。

    ローテンブルク市庁舎 建造物

  • 展望台を降りて、マルクト広場からすぐそこのクリスマスショップ、ケーテウォールファルトで家族への土産を物色。今日の営業時間は午後6時までと思っていたら、5時まで。真っ直ぐ行って正解でした。

    展望台を降りて、マルクト広場からすぐそこのクリスマスショップ、ケーテウォールファルトで家族への土産を物色。今日の営業時間は午後6時までと思っていたら、5時まで。真っ直ぐ行って正解でした。

    ケーテ ウォルファルト (クリスマスビレッジ店) 専門店

  • ロマンチック街道のツアーの写真に必ずといって良い程登場する、プレーンラインに到着しました。ケーテウォールファルトから歩いて5分程なのですが、閉店時刻近くまでいたので、陽が傾いてきました。

    ロマンチック街道のツアーの写真に必ずといって良い程登場する、プレーンラインに到着しました。ケーテウォールファルトから歩いて5分程なのですが、閉店時刻近くまでいたので、陽が傾いてきました。

    プレーンライン 旧市街・古い町並み

  • グロッケのレストランは残念ながら本日はお休み。なのでワインショップでフランケンワインを購入した後、お腹も空いたので、イン&ジョイでプレーンラインを眺めながらオープンエアのテーブルで夕食をとります。スパイシーな肉料理にビールも進みます。暮れゆくプレーンラインを眺めながら贅沢かつ至福の時間を過ごしました。明日は路線バスで、同じく城壁都市であるディンケルスビュールとネルトリンゲンを訪ねます。

    グロッケのレストランは残念ながら本日はお休み。なのでワインショップでフランケンワインを購入した後、お腹も空いたので、イン&ジョイでプレーンラインを眺めながらオープンエアのテーブルで夕食をとります。スパイシーな肉料理にビールも進みます。暮れゆくプレーンラインを眺めながら贅沢かつ至福の時間を過ごしました。明日は路線バスで、同じく城壁都市であるディンケルスビュールとネルトリンゲンを訪ねます。

    プレーンライン 旧市街・古い町並み

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集