ボルドー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
第3日目(11月2日(土)) ボルドー市内観光 ⇒ バイヨンヌ<br /><br />”月の港”として世界遺産に登録されており、ワイン以外にも見どころも多いボルドー市街を散策。以下訪れた先を写真と共に紹介する。<br /><br />アキテーヌ門:中世にボルドーの街の南側を守っていた城門 <br /><br />サン・ミッシェル大聖堂:フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路として世界遺産に登録された大聖堂<br /><br />大劇場:まるでギリシャの神殿のような外観が美しい建物。正面を飾る12の円柱と12の女神像<br /><br />ブルス広場:世界一大きな水鏡が見られる観光スポット<br /><br />カンコンス広場:かつてフランス革命の処刑場であった、ヨーロッパ最大級の広場<br />  <br />ピエール橋:ガロンヌ川に架かる、17のアーチを持つ美しい橋。1812年にナポレオンの命令で建設が始まり、1822年に開通<br /> <br />観光後宿泊していたホテルに戻り、預かってもらっていた荷物をピックアップし、ボルドー駅18:02発のTGVでフランスバスクの代表的な街バイヨンヌへ。1時間45分の乗車で19:47分に到着。ここも駅近にホテルを取っており、チェックイン後、ニーヴ川にかかる橋を渡りバルが集中しているプチバイヨンヌに行き、日本人旅行者のブログで多く紹介されていた Bar &amp;agrave; vin Ibaia(バール・ア・ヴァン イバイア)に行く。川沿いに設けられたテラス席は混んでいたので店内でピンチョスやワインを楽しんでいると、後ろのテーブルに座っていた4人組の男性の1人が英語で話しかけてきた。<br />バイヨンヌの地元の人であったが、これからの予定を聞いてきたので、この後スペインのサンセバスチャン、ビルバオに行くというと、ビルバオには世界的に有名な美術館があるから是非行けとのアドバイスをもらった。今回の旅は事前に細かい情報は調べておらず、訪問先でスマホを使い観光情報を調べる予定であったので、この情報はありがたかった。<br /><br />Bar &amp;agrave; vin Ibaiaを出てバルのはしごをしようと今度はLe Bayonnaisに向かう。グーグルマップで位置を検索すると間もなく営業終了との情報が表示されたが、店に着くと何の問題もなく入ることができた。ただし、ここはバルではなくきちんとテーブルについて食事をするレストランであった。1件目でワインとピンチョスをある程度いただいているので、食事はおなかに入りそうもなく、ワインのほかにはホタテのサラダを注文。1人1品は注文する必要があり家内はチョコレートのデザートを注文したが、両方とも大変おいしく最初からこの店に来た方が良かったと思った次第であった。<br />

第3日目(11月2日(土)) ボルドー市内観光 ⇒ バイヨンヌ

3いいね!

2019/10/31 - 2019/11/09

230位(同エリア326件中)

happy drinker

happy drinkerさん

第3日目(11月2日(土)) ボルドー市内観光 ⇒ バイヨンヌ

”月の港”として世界遺産に登録されており、ワイン以外にも見どころも多いボルドー市街を散策。以下訪れた先を写真と共に紹介する。

アキテーヌ門:中世にボルドーの街の南側を守っていた城門

サン・ミッシェル大聖堂:フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路として世界遺産に登録された大聖堂

大劇場:まるでギリシャの神殿のような外観が美しい建物。正面を飾る12の円柱と12の女神像

ブルス広場:世界一大きな水鏡が見られる観光スポット

カンコンス広場:かつてフランス革命の処刑場であった、ヨーロッパ最大級の広場

ピエール橋:ガロンヌ川に架かる、17のアーチを持つ美しい橋。1812年にナポレオンの命令で建設が始まり、1822年に開通

観光後宿泊していたホテルに戻り、預かってもらっていた荷物をピックアップし、ボルドー駅18:02発のTGVでフランスバスクの代表的な街バイヨンヌへ。1時間45分の乗車で19:47分に到着。ここも駅近にホテルを取っており、チェックイン後、ニーヴ川にかかる橋を渡りバルが集中しているプチバイヨンヌに行き、日本人旅行者のブログで多く紹介されていた Bar &agrave; vin Ibaia(バール・ア・ヴァン イバイア)に行く。川沿いに設けられたテラス席は混んでいたので店内でピンチョスやワインを楽しんでいると、後ろのテーブルに座っていた4人組の男性の1人が英語で話しかけてきた。
バイヨンヌの地元の人であったが、これからの予定を聞いてきたので、この後スペインのサンセバスチャン、ビルバオに行くというと、ビルバオには世界的に有名な美術館があるから是非行けとのアドバイスをもらった。今回の旅は事前に細かい情報は調べておらず、訪問先でスマホを使い観光情報を調べる予定であったので、この情報はありがたかった。

Bar &agrave; vin Ibaiaを出てバルのはしごをしようと今度はLe Bayonnaisに向かう。グーグルマップで位置を検索すると間もなく営業終了との情報が表示されたが、店に着くと何の問題もなく入ることができた。ただし、ここはバルではなくきちんとテーブルについて食事をするレストランであった。1件目でワインとピンチョスをある程度いただいているので、食事はおなかに入りそうもなく、ワインのほかにはホタテのサラダを注文。1人1品は注文する必要があり家内はチョコレートのデザートを注文したが、両方とも大変おいしく最初からこの店に来た方が良かったと思った次第であった。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アキテーヌ門

    アキテーヌ門

  • サン・ミッシェル大聖堂

    サン・ミッシェル大聖堂

  • 大劇場

    大劇場

  • ブルス広場

    ブルス広場

  • カンコンス広場1

    カンコンス広場1

  • カンコンス広場2-噴水-

    カンコンス広場2-噴水-

  • ピエール橋

    ピエール橋

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集