イースター島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の夏はどこに行こう?<br />行きたいところと言えば、遠くて行きにくいところばかり…。<br />で、今回は思い切って、ずっと行きたかったイースター島へ!<br /><br />イースター島へは5・6日間でも弾丸で行けますが、何となく昔から「イースター島へ行くなら2週間は欲しい」って思っていて、なかなか行く機会が持てず。<br />でも、「2週間の休みって、退職後になるんじゃ?」と、ふと思い、「それなら10日間でもいいから行ってみよう!」と決行!<br />昨年に引き続き、今年もシルバーウィークに夏休みを取ることに。<br /><br />イースター島3日目の今日は、昨日イマイチだった朝日観賞のリベンジでアフ・トンガリキへからスタート!<br />コロコロ変わりやすい天気とにらめっこしながら、ラノ・ララクへ!<br /><br />【100チリペソ=約16円(2019年9月 クレジットカードのレート)】

2019年夏~イースター島・サンティアゴ10日間⑤ラノ・ララクとかドライブ

8いいね!

2019/09/13 - 2019/09/22

135位(同エリア386件中)

かぴうさ

かぴうささん

今年の夏はどこに行こう?
行きたいところと言えば、遠くて行きにくいところばかり…。
で、今回は思い切って、ずっと行きたかったイースター島へ!

イースター島へは5・6日間でも弾丸で行けますが、何となく昔から「イースター島へ行くなら2週間は欲しい」って思っていて、なかなか行く機会が持てず。
でも、「2週間の休みって、退職後になるんじゃ?」と、ふと思い、「それなら10日間でもいいから行ってみよう!」と決行!
昨年に引き続き、今年もシルバーウィークに夏休みを取ることに。

イースター島3日目の今日は、昨日イマイチだった朝日観賞のリベンジでアフ・トンガリキへからスタート!
コロコロ変わりやすい天気とにらめっこしながら、ラノ・ララクへ!

【100チリペソ=約16円(2019年9月 クレジットカードのレート)】

PR

  • 6:15に起床。<br />曇っているけど、昨日よりはマシかなぁ?<br />朝日、キレイに見えるかなぁ?<br /><br />島の天気は刻一刻と変わるので、行ってみないとわからない!<br />7:10出発して、7:45に「アフ・トンガリキ」に到着。<br /><br />寒い~<br /><br />昨日より人がグッと少ない。<br />月曜だからかなぁ?<br />

    6:15に起床。
    曇っているけど、昨日よりはマシかなぁ?
    朝日、キレイに見えるかなぁ?

    島の天気は刻一刻と変わるので、行ってみないとわからない!
    7:10出発して、7:45に「アフ・トンガリキ」に到着。

    寒い~

    昨日より人がグッと少ない。
    月曜だからかなぁ?

  • 雲のすき間が少しピンク色に…<br /><br />もう、太陽は分厚い雲の向こう(?)<br />今日はこんなもんか。<br />何となく皆、諦めモード。

    雲のすき間が少しピンク色に…

    もう、太陽は分厚い雲の向こう(?)
    今日はこんなもんか。
    何となく皆、諦めモード。

  • う~んダメかぁ~

    う~んダメかぁ~

  • 帰る人もチラホラ。<br />私たちもモアイの前から離れてちょっとお散歩。<br /><br />モアイから少し離れたところに岩絵がたくさんあります。

    帰る人もチラホラ。
    私たちもモアイの前から離れてちょっとお散歩。

    モアイから少し離れたところに岩絵がたくさんあります。

  • 「パパ・タタク・ポキ(PAPA TATAKU POKZ)」<br /><br />ここの岩に彫られた絵は全部神や化身。<br />15体も並ぶモアイの前は、きっと神聖な広場だったはず。<br />行事が行われていたのかなぁ?

    「パパ・タタク・ポキ(PAPA TATAKU POKZ)」

    ここの岩に彫られた絵は全部神や化身。
    15体も並ぶモアイの前は、きっと神聖な広場だったはず。
    行事が行われていたのかなぁ?

  • ダンナさんはすっかり朝日を諦めて、さらに向こうで放牧されているお馬ちゃんのトコへ。

    ダンナさんはすっかり朝日を諦めて、さらに向こうで放牧されているお馬ちゃんのトコへ。

  • 私一人でモアイの前へ。<br /><br />んっ(; ゚ ロ゚)ナン!(<br /><br />8:15!<br />太陽が出てきた!<br />え?<br />まだ昇ってなかったんだ(・_・;<br /><br />すごい。すごいっ!<br /><br />ダンナさん…あぁ気付かずにお馬さんと遊んでる。<br />こっち振り向いて~<br />教えに行きたいケド、写真撮りたい。<br />気付け~っヾ(´ε`;)ゝ

    私一人でモアイの前へ。

    んっ(; ゚ ロ゚)ナン!(

    8:15!
    太陽が出てきた!
    え?
    まだ昇ってなかったんだ(・_・;

    すごい。すごいっ!

    ダンナさん…あぁ気付かずにお馬さんと遊んでる。
    こっち振り向いて~
    教えに行きたいケド、写真撮りたい。
    気付け~っヾ(´ε`;)ゝ

  • うわ~っ!

    うわ~っ!

  • 一刻一刻と太陽の光の強さが増して、見る角度によっても全然違って見えます。

    一刻一刻と太陽の光の強さが増して、見る角度によっても全然違って見えます。

  • やっとダンナさんが気付いて合流!!<br /><br />

    やっとダンナさんが気付いて合流!!

  • 神々しいっ。<br />

    神々しいっ。

  • 朝日は出てきましたが、実は私たちの頭上は小雨…<br /><br />振り返ると虹がっ!!<br /><br />右に少し写っている山が「ラノ・ララク」。<br />ここでほとんどのモアイが造られました。<br />この「アフ・トンガリキ」まで、あの山から運ばれました。

    朝日は出てきましたが、実は私たちの頭上は小雨…

    振り返ると虹がっ!!

    右に少し写っている山が「ラノ・ララク」。
    ここでほとんどのモアイが造られました。
    この「アフ・トンガリキ」まで、あの山から運ばれました。

  • 車に戻って、今日も車の中で朝食。<br /><br />今日は、クリームパンと(私は)ワイン!<br /><br />キレイな朝日が見れて良かったね~

    車に戻って、今日も車の中で朝食。

    今日は、クリームパンと(私は)ワイン!

    キレイな朝日が見れて良かったね~

  • あっという間に青空に!<br />今のうちだっ!<br />車から降りて、もう一度アフ・トンガリキへ!

    あっという間に青空に!
    今のうちだっ!
    車から降りて、もう一度アフ・トンガリキへ!

  • 裏側にまわってみます。

    裏側にまわってみます。

  • かなり風化していますが、少しだけ背中に模様が残っていました。

    かなり風化していますが、少しだけ背中に模様が残っていました。

  • 手前の丸い石もアフ(土台。祭壇です)の一部。<br />全長600m、幅6mのアフは最大です。

    手前の丸い石もアフ(土台。祭壇です)の一部。
    全長600m、幅6mのアフは最大です。

  • もう周りには誰もいなくて…<br /><br />モアイを独り占め!

    もう周りには誰もいなくて…

    モアイを独り占め!

  • モアイと並んで、16・17体目のモアイになりきりっ!<br /><br />…この写真、実は何十枚も撮って、大きさや角度やポーズを調整した渾身の一枚!<br />何十分間も占拠できるくらい、日が昇っちゃうと 、がら空きになります。

    モアイと並んで、16・17体目のモアイになりきりっ!

    …この写真、実は何十枚も撮って、大きさや角度やポーズを調整した渾身の一枚!
    何十分間も占拠できるくらい、日が昇っちゃうと 、がら空きになります。

  • と、さっきまで遠くにいたお馬さんが、急に走り出してきました!<br /><br />牧羊犬ならぬ、牧馬犬が追っています。<br /><br />運動させているのかな?

    と、さっきまで遠くにいたお馬さんが、急に走り出してきました!

    牧羊犬ならぬ、牧馬犬が追っています。

    運動させているのかな?

  • 「モアイ・ホトゥ・イティ(MOAI HOTU ITI)」<br /><br />1982年にエキスポランド(大阪)で開催された「謎のイースター島巨石像展」で日本にも来たことがあります。<br />他にも、他国への渡航経験もあり。<br />通称「トラベルモアイ」。

    「モアイ・ホトゥ・イティ(MOAI HOTU ITI)」

    1982年にエキスポランド(大阪)で開催された「謎のイースター島巨石像展」で日本にも来たことがあります。
    他にも、他国への渡航経験もあり。
    通称「トラベルモアイ」。

  • ホントは近くにある「ラノ・ララク」に行きたいのですが、ラノ・ララクの山の上にはどんより雲が…<br />あの雲がいなくなったら行こうか。<br /><br />昨日も一昨日も午後から晴れたから、今日も午後から晴れるんじゃないかな?<br />それまでの間は、行っていないトコを見て回ろう!<br /><br />アフ・トンガリキ~ハンガロア間の道沿いに「アフ・アカハンガ(AHU AKAHANGA)」を発見!<br /><br />入口では、ホトゥマトゥア王の木像が!

    ホントは近くにある「ラノ・ララク」に行きたいのですが、ラノ・ララクの山の上にはどんより雲が…
    あの雲がいなくなったら行こうか。

    昨日も一昨日も午後から晴れたから、今日も午後から晴れるんじゃないかな?
    それまでの間は、行っていないトコを見て回ろう!

    アフ・トンガリキ~ハンガロア間の道沿いに「アフ・アカハンガ(AHU AKAHANGA)」を発見!

    入口では、ホトゥマトゥア王の木像が!

  • ここに、3,000人ほどの部族が住んでいたそう。<br /><br />倒れたモアイとプカオが散乱しています。

    ここに、3,000人ほどの部族が住んでいたそう。

    倒れたモアイとプカオが散乱しています。

  • 古い時代のモアイの頭が…<br /><br />頭に生えている草が髪の毛みたい(^。^)

    古い時代のモアイの頭が…

    頭に生えている草が髪の毛みたい(^。^)

  • (薄いケド)虹だ~!<br /><br />さっきから小雨が降ったり止んだり。

    (薄いケド)虹だ~!

    さっきから小雨が降ったり止んだり。

  • 「アフ・ハンガ・テエ(AHU HANGA TEE)」<br /><br />ここでは、8体のモアイがモアイ倒し戦争(フリ・モアイ)でうつ伏せに倒されています。<br />赤いプカオ(マゲ)も転がっています。<br /><br />モアイ倒し戦争とは、1000年~1500年代にかけてモアイ造りや運搬の為に島中の木を伐採しましました。<br />そのため森が無くなり、土壌も悪くなり作物が育たなくなって…。<br />それなのに人口が増加し、食料危機に∑(゚Д゚)<br />当時、10の部族に10,000人の人がいたと言われています。<br /><br />周囲を海に囲まれた絶海の孤島イースター島で、逃げ場のない人達が残された資源を争って戦争を始めました。<br />それが「モアイ倒し戦争」です。<br /><br />「相手の部族の象徴であるモアイを倒す。」<br />モアイの目には霊力(マナ)が宿ると信じられていたので、顔が見えないようにうつぶせに倒され、目は粉々に砕かれました。

    「アフ・ハンガ・テエ(AHU HANGA TEE)」

    ここでは、8体のモアイがモアイ倒し戦争(フリ・モアイ)でうつ伏せに倒されています。
    赤いプカオ(マゲ)も転がっています。

    モアイ倒し戦争とは、1000年~1500年代にかけてモアイ造りや運搬の為に島中の木を伐採しましました。
    そのため森が無くなり、土壌も悪くなり作物が育たなくなって…。
    それなのに人口が増加し、食料危機に∑(゚Д゚)
    当時、10の部族に10,000人の人がいたと言われています。

    周囲を海に囲まれた絶海の孤島イースター島で、逃げ場のない人達が残された資源を争って戦争を始めました。
    それが「モアイ倒し戦争」です。

    「相手の部族の象徴であるモアイを倒す。」
    モアイの目には霊力(マナ)が宿ると信じられていたので、顔が見えないようにうつぶせに倒され、目は粉々に砕かれました。

  • お馬ちゃん。<br />とっても大人しい~

    お馬ちゃん。
    とっても大人しい~

  • 藁でできた住居<br /><br />ここではかつてのラパヌイの人達の暮らしが、忠実に再現されています。

    藁でできた住居

    ここではかつてのラパヌイの人達の暮らしが、忠実に再現されています。

  • 住居の中。<br /><br />屋根を支えている主柱は、石に彫られた穴にはめて固定されています。

    住居の中。

    屋根を支えている主柱は、石に彫られた穴にはめて固定されています。

  • ニワトリ小屋(ハレモア)<br /><br />下の方にニワトリが出入りするための出入口があります。<br />大事なニワトリを石垣で守っていました。<br />ニワトリは物物交換にも使われる、お金と同じ財産でした。

    ニワトリ小屋(ハレモア)

    下の方にニワトリが出入りするための出入口があります。
    大事なニワトリを石垣で守っていました。
    ニワトリは物物交換にも使われる、お金と同じ財産でした。

  • あ、ニワトリだ!

    あ、ニワトリだ!

  • 野菜畑<br /><br />イースター島は溶岩でできた島なので、食物が育たない環境でしたが、僅かな土に食物を植えて、上に岩を置くことで、土の水分の蒸発を防いだほか、夜には太陽を浴びた岩による保温の効果もありました。<br /><br />ラパヌイ独特の畑の在り方、ものすごい知恵が集まって、生活が成り立っていました。

    野菜畑

    イースター島は溶岩でできた島なので、食物が育たない環境でしたが、僅かな土に食物を植えて、上に岩を置くことで、土の水分の蒸発を防いだほか、夜には太陽を浴びた岩による保温の効果もありました。

    ラパヌイ独特の畑の在り方、ものすごい知恵が集まって、生活が成り立っていました。

  • 牛や馬に道を塞がれることは当たり前の光景。<br /><br />近づくと、ちゃんと避けてくれます。

    牛や馬に道を塞がれることは当たり前の光景。

    近づくと、ちゃんと避けてくれます。

  • 「ラノ・ララク(RANO A RARAKU)」<br /><br />ここは、イースター島で最大の見どころの一つです!<br /><br />滞在中一度しか入れない(チケット1枚につき1回限り)ので、コロコロと変わる天気をじっくり見て、今だ!と入場。

    「ラノ・ララク(RANO A RARAKU)」

    ここは、イースター島で最大の見どころの一つです!

    滞在中一度しか入れない(チケット1枚につき1回限り)ので、コロコロと変わる天気をじっくり見て、今だ!と入場。

  • 山の裾野にポツポツと見える黒い点はモアイ!<br /><br />ラノ・ララクは、モアイの製造工場。<br />およそ400体ものの作りかけの(?)モアイがここにいます。<br />イースター島に点在するモアイは全てがここで造られ、各所に運ばれたと言われています。

    山の裾野にポツポツと見える黒い点はモアイ!

    ラノ・ララクは、モアイの製造工場。
    およそ400体ものの作りかけの(?)モアイがここにいます。
    イースター島に点在するモアイは全てがここで造られ、各所に運ばれたと言われています。

  • ラノ・ララクの入口を入ると、大きな横たわったモアイが…

    ラノ・ララクの入口を入ると、大きな横たわったモアイが…

  • 山からは、ニョキニョキとモアイが…

    山からは、ニョキニョキとモアイが…

  • ラノ・ララクは遊歩道になっていて、道なりに歩いて行くと一周ぐるりと回ることができます。

    ラノ・ララクは遊歩道になっていて、道なりに歩いて行くと一周ぐるりと回ることができます。

  • モアイ、モアイ、モアイ…<br /><br />何でこんなにたくさんのモアイが、作りかけのままにされちゃったんだろう?

    モアイ、モアイ、モアイ…

    何でこんなにたくさんのモアイが、作りかけのままにされちゃったんだろう?

  • 正面を向いたり、空を見上げたり、下を向いたり…

    正面を向いたり、空を見上げたり、下を向いたり…

  • 持っていったガイドブックの表紙と同じアングルで!<br /><br />このガイドブック、とっても詳しくて、イースター島観光では大活躍でした!

    持っていったガイドブックの表紙と同じアングルで!

    このガイドブック、とっても詳しくて、イースター島観光では大活躍でした!

  • どこを見ても、モアイ!

    どこを見ても、モアイ!

  • 造りかけのモアイ(2体)。<br /><br />モアイはこうやって彫り進めて、最後に背中を彫って岩から切り出したんだそう。

    造りかけのモアイ(2体)。

    モアイはこうやって彫り進めて、最後に背中を彫って岩から切り出したんだそう。

  • ここで、約800年間にもわたりモアイ造りが続きました。<br />でも、一体何のためになのかは未だに謎。<br />

    ここで、約800年間にもわたりモアイ造りが続きました。
    でも、一体何のためになのかは未だに謎。

  • ラノ・ララクの人気者「モアイ・ピロ・ピロ」の背中。<br /><br />全長12m!<br />耳も立派!<br />でも身体は土の中に埋もれてます。<br /><br />…なぜか正面のお顔を撮り忘れちゃいました(・_・;

    ラノ・ララクの人気者「モアイ・ピロ・ピロ」の背中。

    全長12m!
    耳も立派!
    でも身体は土の中に埋もれてます。

    …なぜか正面のお顔を撮り忘れちゃいました(・_・;

  • 「モアイ・テトカンガ・ア・ラノ」<br /><br />造りかけですが、最大のモアイ~<br />21.6mもあります!<br /><br />完成したとしても、どうやってアフに立てるつもりだったんだろ?

    「モアイ・テトカンガ・ア・ラノ」

    造りかけですが、最大のモアイ~
    21.6mもあります!

    完成したとしても、どうやってアフに立てるつもりだったんだろ?

  • 横から見るとこんな感じ。<br />赤丸で囲った部分が、「モアイ・テトカンガ・ア・ラノ」です。<br />ホント巨大っ!

    横から見るとこんな感じ。
    赤丸で囲った部分が、「モアイ・テトカンガ・ア・ラノ」です。
    ホント巨大っ!

  • 思いっきり仰向けで…<br />気持ち良さそ~

    思いっきり仰向けで…
    気持ち良さそ~

  • 石階段の突き当りにも、数体のモアイを製造中。

    石階段の突き当りにも、数体のモアイを製造中。

  • ちょっと登り道。<br />敷地の一番端へ。<br /><br />見上げると…<br />チョコンとモアイが。

    ちょっと登り道。
    敷地の一番端へ。

    見上げると…
    チョコンとモアイが。

  • 「モアイ・トゥク・トゥリ」<br /><br />唯一の正座のスタイルで、かつ唯一足のあるモアイが。<br /><br />初期のモアイ。<br />ここからアフ・トンガリキが見下ろせます。<br />

    「モアイ・トゥク・トゥリ」

    唯一の正座のスタイルで、かつ唯一足のあるモアイが。

    初期のモアイ。
    ここからアフ・トンガリキが見下ろせます。

  • ホントに正座。

    ホントに正座。

  • ここからは「アフ・トンガリキ」が小さく見えます!<br /><br />ここ、ラノ・ララクの山から15体のモアイが運ばれました。

    ここからは「アフ・トンガリキ」が小さく見えます!

    ここ、ラノ・ララクの山から15体のモアイが運ばれました。

  • 360度見渡してもモアイ~!

    360度見渡してもモアイ~!

  • ダイナミックにずっこけています(・_・;)<br /><br />前のモアイ…無視。<br />「いつまで何やってんだろ」って思ってるのかな?<br />

    ダイナミックにずっこけています(・_・;)

    前のモアイ…無視。
    「いつまで何やってんだろ」って思ってるのかな?

  • 見応えたっぷりのラノ・ララク。<br />黄色の花が咲いていました!

    見応えたっぷりのラノ・ララク。
    黄色の花が咲いていました!

  • 何と、ここで悲劇が…(T-T)<br /><br />ラノ・ララクの前で二人で写真を撮ろうと三脚を立てたら、突風に煽られて三脚が倒れ、カメラが壊れてしまいました。<br />5月のタスマニア旅行でカメラを壊し、その後新調したばかりのカメラ。<br />強風のイースター島では、特に気を付けていたのですが、突然の風にやられてしまいました…<br /><br />今後の撮影に関しては、スマホもあるし、もう一台デジカメを持ってきているので、それで何とかなりそうですが~<br />ただ、この壊れたカメラちゃん。<br />少しズームになったままのレンズを戻すことも出来ず、どうやって持って帰ろうか…

    何と、ここで悲劇が…(T-T)

    ラノ・ララクの前で二人で写真を撮ろうと三脚を立てたら、突風に煽られて三脚が倒れ、カメラが壊れてしまいました。
    5月のタスマニア旅行でカメラを壊し、その後新調したばかりのカメラ。
    強風のイースター島では、特に気を付けていたのですが、突然の風にやられてしまいました…

    今後の撮影に関しては、スマホもあるし、もう一台デジカメを持ってきているので、それで何とかなりそうですが~
    ただ、この壊れたカメラちゃん。
    少しズームになったままのレンズを戻すことも出来ず、どうやって持って帰ろうか…

  • 落胆の中、ラノ・ララクを出発。<br /><br />横切る牛さんに気を付けて…

    落胆の中、ラノ・ララクを出発。

    横切る牛さんに気を付けて…

  • 一度ホテルに戻ってランチ。<br /><br />ガーリックスパゲティとウインナーとスープ。<br />落ち込んでいる私をよそに、ササッと作ってくれました!

    一度ホテルに戻ってランチ。

    ガーリックスパゲティとウインナーとスープ。
    落ち込んでいる私をよそに、ササッと作ってくれました!

  • ランチの後、「オロンゴ儀式村(ORONGO)」へ。<br /><br />ここではかつて「鳥人儀礼」という神聖な儀式が行われていました。<br />村といっても、その儀式の期間中だけ人が住んでいたんだそう~<br /><br />

    ランチの後、「オロンゴ儀式村(ORONGO)」へ。

    ここではかつて「鳥人儀礼」という神聖な儀式が行われていました。
    村といっても、その儀式の期間中だけ人が住んでいたんだそう~

  • 何と、強風のためクローズ。<br /><br />いつも強風なのですが、今日は人が飛んでしまうほどの危険なレベルとのこと。<br /><br />晴れているからキレイな景色が見えると思ったのにぃ~<br />残念。

    何と、強風のためクローズ。

    いつも強風なのですが、今日は人が飛んでしまうほどの危険なレベルとのこと。

    晴れているからキレイな景色が見えると思ったのにぃ~
    残念。

  • 「鳥人儀礼」を解説したパネルがありました。<br /><br />鳥人儀礼とは、各部族の首長たちが、それぞれ自分の部族から1名を指名して、1.5キロ離れた小島から鳥の卵を取ってくるというもので、一番初めに取ってきた者の部族の首長が、宗教的・政治的な実権を一年間握ったそうです(頑張った本人ではない…)。<br /><br />この鳥人儀礼は過酷な競争で、まず200m下の崖を降り、サメがいる荒波の中を泳ぎ、やっと島に辿り着いてから小さな卵を探し、まだ卵を産んでいなければ産むまで待ち、しっかりと落とさないようにして泳いで戻らなくてはいけません。<br /><br />ライバル同士殺し合ったり、生きて戻れても敗者だと何名かが生贄になるので、「それならここで…」と無人の島で命が終わるのを待つ者もいたんだそう…。<br />

    「鳥人儀礼」を解説したパネルがありました。

    鳥人儀礼とは、各部族の首長たちが、それぞれ自分の部族から1名を指名して、1.5キロ離れた小島から鳥の卵を取ってくるというもので、一番初めに取ってきた者の部族の首長が、宗教的・政治的な実権を一年間握ったそうです(頑張った本人ではない…)。

    この鳥人儀礼は過酷な競争で、まず200m下の崖を降り、サメがいる荒波の中を泳ぎ、やっと島に辿り着いてから小さな卵を探し、まだ卵を産んでいなければ産むまで待ち、しっかりと落とさないようにして泳いで戻らなくてはいけません。

    ライバル同士殺し合ったり、生きて戻れても敗者だと何名かが生贄になるので、「それならここで…」と無人の島で命が終わるのを待つ者もいたんだそう…。

  • オロンゴ儀式村の駐車場からも、ラノ・カウのカルデラ湖が見えました。<br /><br />でも、ここからよりも「ラノ・カウ展望台」からの方が、アングルがいいしキレイに見えるね!

    オロンゴ儀式村の駐車場からも、ラノ・カウのカルデラ湖が見えました。

    でも、ここからよりも「ラノ・カウ展望台」からの方が、アングルがいいしキレイに見えるね!

  • 「アナ・カイ・タンガタ(Ana Kai Tangata)」<br /><br />空港の近くにあるアナ・カイ・タンガタへ。<br />階段で崖の下まで降ります。<br />結構、急な階段(・_・;

    「アナ・カイ・タンガタ(Ana Kai Tangata)」

    空港の近くにあるアナ・カイ・タンガタへ。
    階段で崖の下まで降ります。
    結構、急な階段(・_・;

  • 下まで降りると洞窟がありました。<br /><br />ここの見どころは、モアイではなく洞窟に描かれた絵。<br /><br />「アナ・カイ・タンガタ」は、「アナ」=洞窟、「カイ」=食べる、「タンガタ」=人という意味。<br />つまり、「食人洞窟」という意味なんですΣ(゚д゚lll)<br /><br />さっきの、オロンゴ儀式村での鳥人儀式の卵取りの勝者が、ここで食人の儀式をしました。<br />で、卵取りの敗者の何人かがその生贄に…

    下まで降りると洞窟がありました。

    ここの見どころは、モアイではなく洞窟に描かれた絵。

    「アナ・カイ・タンガタ」は、「アナ」=洞窟、「カイ」=食べる、「タンガタ」=人という意味。
    つまり、「食人洞窟」という意味なんですΣ(゚д゚lll)

    さっきの、オロンゴ儀式村での鳥人儀式の卵取りの勝者が、ここで食人の儀式をしました。
    で、卵取りの敗者の何人かがその生贄に…

  • でも、「食人洞窟」と呼ばれていますが、海に面していることなどから、舟を造る場所だったとも考えられています。

    でも、「食人洞窟」と呼ばれていますが、海に面していることなどから、舟を造る場所だったとも考えられています。

  • 洞窟の入口。<br />奥行きは5mほど。<br />でも、中に入ることはできません。

    洞窟の入口。
    奥行きは5mほど。
    でも、中に入ることはできません。

  • 洞窟の天井には、神聖なマヌ・タラ(グンカン鳥)と呼ばれる渡り鳥が描かれています。<br /><br />鳥人儀礼では、このマヌ・タラの卵を求めて競争しました。<br /><br />

    洞窟の天井には、神聖なマヌ・タラ(グンカン鳥)と呼ばれる渡り鳥が描かれています。

    鳥人儀礼では、このマヌ・タラの卵を求めて競争しました。

  • 僅かに色が残っています。<br /><br />1000年前に、白い色は植物、茶色は土で作った絵の具で描かれました。<br />

    僅かに色が残っています。

    1000年前に、白い色は植物、茶色は土で作った絵の具で描かれました。

  • 薄い岩が重なったもろい岩盤のため、天井の絵も剥がれ落ちてきています。<br /><br />何とか色鮮やかな壁画を保護できないのかなぁ。<br /><br />イースター島には、守るべき遺跡がたくさんあります。

    薄い岩が重なったもろい岩盤のため、天井の絵も剥がれ落ちてきています。

    何とか色鮮やかな壁画を保護できないのかなぁ。

    イースター島には、守るべき遺跡がたくさんあります。

  • ハンガ・ロアの村にある郵便局へ。<br /><br />毎回恒例の、お互いの両親と私の祖母へポストカードを送るため、切手を買いに来ました!

    ハンガ・ロアの村にある郵便局へ。

    毎回恒例の、お互いの両親と私の祖母へポストカードを送るため、切手を買いに来ました!

  • 何人か待って、「切手を3枚ください」と覚えたスペイン語で伝えると、何と、チリペソの現金のみ(1枚1,000ペソ)とのこと。<br /><br />え~<br />実は、両替をしていなかったので、チリペソの待ち合わせがなく…<br />仕方なく断念することに。<br /><br />イースター島に来て、ずっとカードかUSドルで通用していたのに、ここにきて…<br />はぁ、ショック。<br /><br />

    何人か待って、「切手を3枚ください」と覚えたスペイン語で伝えると、何と、チリペソの現金のみ(1枚1,000ペソ)とのこと。

    え~
    実は、両替をしていなかったので、チリペソの待ち合わせがなく…
    仕方なく断念することに。

    イースター島に来て、ずっとカードかUSドルで通用していたのに、ここにきて…
    はぁ、ショック。

  • で、もう一つ、郵便局でやりたかったことが「モアイのスタンプ」を押してもらうコト。<br />でも、スタンプはここには置いてないそうで「観光案内所」にあるとのこと。<br />幸い、郵便局から歩いても5分くらいのところ。<br /><br />「観光案内所」にはスタッフが一人だけ。<br />「スタンプが欲しい」って言うと「ここにあるよ!押してあげるから貸して!」と。<br />「たくさんあるから自分で押してもいい?」と聞くと「OK」とのこと。<br /><br />送るのを諦めたポストカード・パスポート・持ってきた真っ白のシールに押しまくり!<br />でも、こんなに押してどうしよう??<br />

    で、もう一つ、郵便局でやりたかったことが「モアイのスタンプ」を押してもらうコト。
    でも、スタンプはここには置いてないそうで「観光案内所」にあるとのこと。
    幸い、郵便局から歩いても5分くらいのところ。

    「観光案内所」にはスタッフが一人だけ。
    「スタンプが欲しい」って言うと「ここにあるよ!押してあげるから貸して!」と。
    「たくさんあるから自分で押してもいい?」と聞くと「OK」とのこと。

    送るのを諦めたポストカード・パスポート・持ってきた真っ白のシールに押しまくり!
    でも、こんなに押してどうしよう??

  • あ、少し雨が降ってきた。<br /><br />ワイパーワイパー…<br /><br />「ワイパーかけると余計汚くなる」という謎の現象… (・_・;

    あ、少し雨が降ってきた。

    ワイパーワイパー…

    「ワイパーかけると余計汚くなる」という謎の現象… (・_・;

  • スーパーで、今夜の食材を調達。<br />ゴロンと売っているものが多いので、1回で使える量の食材となると、結構限定されてきます。<br /><br />お肉はパックでは売っていないので、店員さんに指を指してケースから出してもらいます。<br /><br />今夜はチキンにしよ~

    スーパーで、今夜の食材を調達。
    ゴロンと売っているものが多いので、1回で使える量の食材となると、結構限定されてきます。

    お肉はパックでは売っていないので、店員さんに指を指してケースから出してもらいます。

    今夜はチキンにしよ~

  • ブーゲンビリアがキレイ!<br /><br />一度ホテルに戻って、夕方まで休憩です。

    ブーゲンビリアがキレイ!

    一度ホテルに戻って、夕方まで休憩です。

  • 19時半。タハイ儀式村へ。<br />う~ん。雲だらけ…。<br /><br />石で円になっている部分は、住居だった『ハレ・バカ』と呼ばれるボートハウス跡。<br />ラパヌイ語で「ハレ」が住居、「バカ」がカヌーを意味します。<br />カヌーを逆さまにして住居にしていましたが、その基礎というか土台部分が残っています。

    19時半。タハイ儀式村へ。
    う~ん。雲だらけ…。

    石で円になっている部分は、住居だった『ハレ・バカ』と呼ばれるボートハウス跡。
    ラパヌイ語で「ハレ」が住居、「バカ」がカヌーを意味します。
    カヌーを逆さまにして住居にしていましたが、その基礎というか土台部分が残っています。

  • 残念ながら、曇っていて夕日は見ることができず。<br /><br />しかも、本降りの雨が降ってきました(゚o゚;;<br />急いで車に避難です。

    残念ながら、曇っていて夕日は見ることができず。

    しかも、本降りの雨が降ってきました(゚o゚;;
    急いで車に避難です。

  • 今夜のメニューは、<br />・チキンのグリル<br />・玉ねぎとマッシュルーム炒め<br />・目玉焼き<br />・インスタントラーメン<br />・ヒマワリの種入り食パンwithクリームチーズ<br />と、モアイラベルの「MAHINA」ビール!<br /><br />明日は車を返さなきゃね~<br />お天気良ければいいね(*^-^*)<br />お天気良いバージョンと、悪いバージョンで明日の予定について作戦会議★

    今夜のメニューは、
    ・チキンのグリル
    ・玉ねぎとマッシュルーム炒め
    ・目玉焼き
    ・インスタントラーメン
    ・ヒマワリの種入り食パンwithクリームチーズ
    と、モアイラベルの「MAHINA」ビール!

    明日は車を返さなきゃね~
    お天気良ければいいね(*^-^*)
    お天気良いバージョンと、悪いバージョンで明日の予定について作戦会議★

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • unotvxqさん 2020/03/04 08:16:10
    良い写真が、撮れましたねえ!
     来月行く予定でしたが、勇気が無くて取り消ししました。
    9月に変更しましたが、行けるかな・・?

    かぴうさ

    かぴうささん からの返信 2020/03/04 12:52:42
    Re: 良い写真が、撮れましたねえ!
    コメントありがとうございます(^O^)

    イースター島に行く予定があるだなんて羨ましいっっっ!
    確かに来月なら、ちょっと不安ですよね。
    9月でしたら、独立記念日に気を付けてくださいね!お店、ほとんど閉まっちゃいます…。

    イースター島、朝晩はとっても寒くて、ダウンを持って行けば良かったと思うほどでした(周りの観光客の皆さんは、ダウンや冬物のコート・マフラー姿の人が多かったです)。
    荷物になるかもしれませんが、防寒対策をしていくことをお勧めします!

    わ~ホント羨ましいです!
    ステキな旅行をしてくださいね!

    unotvxq

    unotvxqさん からの返信 2020/03/04 18:27:52
    RE: Re: 良い写真が、撮れましたねえ!
    アドバイス有難うございます。
    取り消したツアーは、3月16日発でした。

かぴうささんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

チリで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チリ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チリの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集