天白・笠寺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
名古屋市農業センターの枝垂梅の散り始めの光景の紹介です。この日を、枝垂梅見学の今年最後の日としました。枝垂梅は散り始めていましたが、満開の桜の花を目にすることができました。

2019春、農業センターの枝垂梅・散り始め(3:完):3月16日(3):白木蓮、日本水仙、満開の桜、花韮、雪柳

23いいね!

2019/03/16 - 2019/03/16

168位(同エリア549件中)

名古屋市農業センターの枝垂梅の散り始めの光景の紹介です。この日を、枝垂梅見学の今年最後の日としました。枝垂梅は散り始めていましたが、満開の桜の花を目にすることができました。

交通手段
徒歩

PR

  • 『白木蓮(ハクモクレン)』<br />モクレン科モクレン属<br />開花時期:4月<br />原産地:中国<br />日本への渡来:相当に古い時期

    イチオシ

    『白木蓮(ハクモクレン)』
    モクレン科モクレン属
    開花時期:4月
    原産地:中国
    日本への渡来:相当に古い時期

  • 『辛夷(コブシ)』<br />モクレン科モクレン属<br />開花時期:3月~5月<br />原産地:九州、本州、北海道および済州島に分布<br />

    『辛夷(コブシ)』
    モクレン科モクレン属
    開花時期:3月~5月
    原産地:九州、本州、北海道および済州島に分布

  • 『ホトケノザ(仏の座)』<br />シソ科オドリコソウ属の野草<br />別名:『サンガイグサ(三階草)』<br />

    『ホトケノザ(仏の座)』
    シソ科オドリコソウ属の野草
    別名:『サンガイグサ(三階草)』

  • 『ニホンズイセン(日本水仙)』<br />ヒガンバナ科スイセン属<br />原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域<br />日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

    『ニホンズイセン(日本水仙)』
    ヒガンバナ科スイセン属
    原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域
    日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

  • 『ニホンズイセン(日本水仙)』<br />ヒガンバナ科スイセン属<br />原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域<br />日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

    『ニホンズイセン(日本水仙)』
    ヒガンバナ科スイセン属
    原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域
    日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

  • 竹林をバックにした、枝垂れ梅林の光景です。左側に向かって傾斜した土地に梅林があります。

    竹林をバックにした、枝垂れ梅林の光景です。左側に向かって傾斜した土地に梅林があります。

  • 高くなった場所から見下ろした枝垂梅林の高家です。裳頃の時期と比較しますと、随分と色褪せてしまいました。

    イチオシ

    高くなった場所から見下ろした枝垂梅林の高家です。裳頃の時期と比較しますと、随分と色褪せてしまいました。

  • 『クレハシダレ(呉服枝垂)』を主とする紅梅枝垂れはほとんど散ってしまいましたが、『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』を主とする白梅枝垂れは、まだ見頃の木もありました。

    『クレハシダレ(呉服枝垂)』を主とする紅梅枝垂れはほとんど散ってしまいましたが、『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』を主とする白梅枝垂れは、まだ見頃の木もありました。

  • 枝垂梅林の中の脇道の光景です。例年ですと、まだ人出があるようですが、全く人気がありませんでした。

    枝垂梅林の中の脇道の光景です。例年ですと、まだ人出があるようですが、全く人気がありませんでした。

  • 『呉服枝垂(クレハシダレ):推定』<br />青軸性<br />開花時期:2月中旬~3月中旬<br />桃色・中輪・八重咲

    『呉服枝垂(クレハシダレ):推定』
    青軸性
    開花時期:2月中旬~3月中旬
    桃色・中輪・八重咲

  • 枝垂梅林の麓まで下ってきました。最後に、福寿草を見に立寄りましたが、思わぬ満開の桜の光景に出遭いました。この後紹介します。

    枝垂梅林の麓まで下ってきました。最後に、福寿草を見に立寄りましたが、思わぬ満開の桜の光景に出遭いました。この後紹介します。

  • 『サクラ(桜):染井吉野?』<br />バラ科モモ亜科スモモ属<br />開花期:3月下旬から4月半ば頃<br />(注)染井吉野にしては少し早過ぎる開花のようですが、山桜のように葉は出ていません。

    『サクラ(桜):染井吉野?』
    バラ科モモ亜科スモモ属
    開花期:3月下旬から4月半ば頃
    (注)染井吉野にしては少し早過ぎる開花のようですが、山桜のように葉は出ていません。

  • 『サクラ(桜):染井吉野?』<br />バラ科モモ亜科スモモ属<br />開花期:3月下旬から4月半ば頃

    『サクラ(桜):染井吉野?』
    バラ科モモ亜科スモモ属
    開花期:3月下旬から4月半ば頃

  • 『サクラ(桜):染井吉野?』<br />バラ科モモ亜科スモモ属<br />開花期:3月下旬から4月半ば頃

    『サクラ(桜):染井吉野?』
    バラ科モモ亜科スモモ属
    開花期:3月下旬から4月半ば頃

  • 『サクラ(桜):染井吉野?』<br />バラ科モモ亜科スモモ属<br />開花期:3月下旬から4月半ば頃

    イチオシ

    『サクラ(桜):染井吉野?』
    バラ科モモ亜科スモモ属
    開花期:3月下旬から4月半ば頃

  • 『サクラ(桜):染井吉野?』<br />バラ科モモ亜科スモモ属<br />開花期:3月下旬から4月半ば頃

    『サクラ(桜):染井吉野?』
    バラ科モモ亜科スモモ属
    開花期:3月下旬から4月半ば頃

  • 『フクジュソウ(福寿草)』<br />キンポウゲ科フクジュソウ属<br />花期:春<br />その他:福寿草が植栽されている一角です。僅かばかりの咲き残りがありました。

    『フクジュソウ(福寿草)』
    キンポウゲ科フクジュソウ属
    花期:春
    その他:福寿草が植栽されている一角です。僅かばかりの咲き残りがありました。

  • 竹林をバックにした名古屋市農業センターの枝垂れ梅林光景です。700本ほどの内、いちばん多い白梅は『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』、一番多い勾配は『クレハシダレ(呉服枝垂)』です。

    竹林をバックにした名古屋市農業センターの枝垂れ梅林光景です。700本ほどの内、いちばん多い白梅は『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』、一番多い勾配は『クレハシダレ(呉服枝垂)』です。

  • 『緑顎枝垂(リョクガクシダレ):推定』<br />青軸性<br />開花時期:2月中旬~3月中旬<br />淡黄白色・中輪・八重咲

    『緑顎枝垂(リョクガクシダレ):推定』
    青軸性
    開花時期:2月中旬~3月中旬
    淡黄白色・中輪・八重咲

  • 『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星<br />ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草<br />開花時期:春<br />原産地: アルゼンチン<br />日本への帰化:明治時代

    『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星
    ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草
    開花時期:春
    原産地: アルゼンチン
    日本への帰化:明治時代

  • 『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星<br />ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草<br />開花時期:春<br />原産地: アルゼンチン<br />日本への帰化:明治時代

    『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星
    ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草
    開花時期:春
    原産地: アルゼンチン
    日本への帰化:明治時代

  • 『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星<br />ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草<br />開花時期:春<br />原産地: アルゼンチン<br />日本への帰化:明治時代

    『ハナニラ(花韮)』別名:ベツレヘムの星
    ヒガンバナ科ネギ亜科ハナニラ属の野草
    開花時期:春
    原産地: アルゼンチン
    日本への帰化:明治時代

  • 『品種不明』<br />開花期:3月中旬<br />淡紅・中輪・八重咲<br />蕾が残っていて、これからが満開の時期です。

    イチオシ

    『品種不明』
    開花期:3月中旬
    淡紅・中輪・八重咲
    蕾が残っていて、これからが満開の時期です。

  • 散り始めた、白梅枝垂れと紅梅枝垂れの光景です。推定ですが、左が『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』右が『クレハシダレ(呉服枝垂)』のようです。

    散り始めた、白梅枝垂れと紅梅枝垂れの光景です。推定ですが、左が『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』右が『クレハシダレ(呉服枝垂)』のようです。

  • 『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』<br />青軸性<br />花期:2月下旬~3月下旬<br />淡黄白色・中輪・一重<br />写真がピンボケですが、花が散った緑顎部分の紹介です。

    『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』
    青軸性
    花期:2月下旬~3月下旬
    淡黄白色・中輪・一重
    写真がピンボケですが、花が散った緑顎部分の紹介です。

  • 『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』の説明プレートの光景です。『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』はたくさん植栽されていますが、『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』は数本だけです。

    『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』の説明プレートの光景です。『緑顎枝垂(リョクガクシダレ)』はたくさん植栽されていますが、『ヒトエリョクガクシダレ(一重緑顎枝垂)』は数本だけです。

  • 『ユキヤナギ(雪柳)』<br />バラ科シモツケ属<br />原産地:中国または日本<br />開花時期:3月~5月

    『ユキヤナギ(雪柳)』
    バラ科シモツケ属
    原産地:中国または日本
    開花時期:3月~5月

  • 『ユキヤナギ(雪柳)』<br />バラ科シモツケ属<br />原産地:中国または日本<br />開花時期:3月~5月

    『ユキヤナギ(雪柳)』
    バラ科シモツケ属
    原産地:中国または日本
    開花時期:3月~5月

  • 『ユキヤナギ(雪柳)』<br />バラ科シモツケ属<br />原産地:中国または日本<br />開花時期:3月~5月

    『ユキヤナギ(雪柳)』
    バラ科シモツケ属
    原産地:中国または日本
    開花時期:3月~5月

  • 『トサミズキ(土佐水木)』<br />マンサク科トサミズキ属<br />原産地:日本<br />花期:早春

    『トサミズキ(土佐水木)』
    マンサク科トサミズキ属
    原産地:日本
    花期:早春

  • 『ヒヤシンス』<br />キジカクシ科ヒヤシンス属<br />開花時期:3月~4月<br />原産地:ギリシャ、シリア、小アジア

    『ヒヤシンス』
    キジカクシ科ヒヤシンス属
    開花時期:3月~4月
    原産地:ギリシャ、シリア、小アジア

  • 名古屋市農業センターの園内光景です。この方角に名古屋コーチンなどの鶏舎やホルスタインの牛舎があります。

    名古屋市農業センターの園内光景です。この方角に名古屋コーチンなどの鶏舎やホルスタインの牛舎があります。

  • 枝垂れ梅祭りの時期の大道芸の光景です。

    枝垂れ梅祭りの時期の大道芸の光景です。

  • 枝垂れ梅祭りの時期の出店の光景です。今年は、人出が少なかったようです。天候の影響で、開花時期などがはっきりしませんでした。出店の人達は、残念ながら手持無沙汰だったかも知れません。

    枝垂れ梅祭りの時期の出店の光景です。今年は、人出が少なかったようです。天候の影響で、開花時期などがはっきりしませんでした。出店の人達は、残念ながら手持無沙汰だったかも知れません。

  • 『ツバキ(椿)』藪椿?<br />ツバキ科ツバキ属<br />花期;冬から春<br />原産地:ヤブツバキ(藪椿)』は日本原産

    『ツバキ(椿)』藪椿?
    ツバキ科ツバキ属
    花期;冬から春
    原産地:ヤブツバキ(藪椿)』は日本原産

  • 『ツバキ(椿)』:藪椿?<br />ツバキ科ツバキ属<br />花期;冬から春<br />原産地:ヤブツバキ(藪椿)』は日本原産

    『ツバキ(椿)』:藪椿?
    ツバキ科ツバキ属
    花期;冬から春
    原産地:ヤブツバキ(藪椿)』は日本原産

  • 花壇越しに眺めた、名古屋市農業センターのお土産店の光景です。花壇の花は、毎年パンジーが多いようです。

    花壇越しに眺めた、名古屋市農業センターのお土産店の光景です。花壇の花は、毎年パンジーが多いようです。

  • 『タンポポ(蒲公英)』<br />キク科タンポポ属<br />在来種と外来種(帰化種):現在は外来種(帰化種)が優勢<br />その他:古典園芸植物の一つで、江戸時代幕末には園芸化<br />

    『タンポポ(蒲公英)』
    キク科タンポポ属
    在来種と外来種(帰化種):現在は外来種(帰化種)が優勢
    その他:古典園芸植物の一つで、江戸時代幕末には園芸化

  • 『キズイセン(黄水仙)』<br />ヒガンバナ科スイセン属<br />原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域<br />日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

    『キズイセン(黄水仙)』
    ヒガンバナ科スイセン属
    原産地:主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域
    日本への渡来:古くに中国を経由して渡来

  • 『ローズマリー』:和名『マンネンロウ』<br />シソ科マンネンロウ属のハーブ<br />花期:冬から春<br />その他:キリストの生涯を象徴し、多くの伝説で聖母マリアと結びついています。

    『ローズマリー』:和名『マンネンロウ』
    シソ科マンネンロウ属のハーブ
    花期:冬から春
    その他:キリストの生涯を象徴し、多くの伝説で聖母マリアと結びついています。

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

天白・笠寺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集