ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ローマ再訪~古代ローマ遺跡三昧の旅<br /><br />2007年にローマを初めて訪れたときに古代ローマの魅力にはまり、それ以来いつかお膝元のローマの遺跡巡りをしたいと思っていました。<br />そして2018年のゴールデン・ウィーク、うまいこと休みが取れたので、急に思い立って念願のローマの遺跡巡りに出かけることにしました。<br />訪れた遺跡は全部で70個。古代ローマ遺跡まみれの4泊5日の旅です。<br />(調べるうちに知らない遺跡を気付かずに見ていたことがわかり数が増えました。)<br /><br />※今回訪れたローマ遺跡には【遺跡No.8】のように見た順に番号を振っています。<br /><br />∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ <br />【3】まだ明るいのでテルミニ駅近くの遺跡めぐり (2018/4/30)<br />ハドリアヌスの別荘の見物を終えてローマに戻り、まだ明るいのでテルミニ駅に近いマッジョーレ門とラテラノ大聖堂を回ります。<br />テルミニ駅に最近できたフードコートで、日本で普段見るのとはちょっと違うカルボナーラに出会いました。<br />ここまでで見たローマ遺跡の数は8個です。<br />∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ <br /><br /> 【1】ローマ到着~予想外の古代ローマ遺跡に遭遇 (2019/4/29)<br /> 【2】ハドリアヌスの別荘~静かにひっそり過ごす別荘だと思ったら・・・ (2018/4/30)<br />&gt;【3】まだ明るいのでテルミニ駅近くの遺跡めぐり (2018/4/30)<br /> 【4】ローマ市内遺跡めぐり~1日で42個の遺跡を一筆書きで歩いて巡る 【前編】(2018/5/1)<br /> 【5】ローマ市内遺跡めぐり~1日で42個の遺跡を一筆書きで歩いて巡る 【後編】(2018/5/1)<br />&gt;【6】アッピア街道~起点から4km、埃っぽいアッピア街道を歩く (2019/5/2)<br /> 【7】帰国 (2019/5/3-4)<br /><br />参考資料<br />・「とんぼの本 ローマ古代散歩」小森谷 慶子、小森谷 賢二<br />・「世界のオベリスク」 http://www.obelisks.org/

ローマ再訪~古代ローマ遺跡三昧の旅 【3】まだ明るいのでテルミニ駅近くの遺跡めぐり (2018/4/30)

6いいね!

2018/04/29 - 2018/05/04

3256位(同エリア6179件中)

ローマ再訪~古代ローマ遺跡三昧の旅

2007年にローマを初めて訪れたときに古代ローマの魅力にはまり、それ以来いつかお膝元のローマの遺跡巡りをしたいと思っていました。
そして2018年のゴールデン・ウィーク、うまいこと休みが取れたので、急に思い立って念願のローマの遺跡巡りに出かけることにしました。
訪れた遺跡は全部で70個。古代ローマ遺跡まみれの4泊5日の旅です。
(調べるうちに知らない遺跡を気付かずに見ていたことがわかり数が増えました。)

※今回訪れたローマ遺跡には【遺跡No.8】のように見た順に番号を振っています。

∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ 
【3】まだ明るいのでテルミニ駅近くの遺跡めぐり (2018/4/30)
ハドリアヌスの別荘の見物を終えてローマに戻り、まだ明るいのでテルミニ駅に近いマッジョーレ門とラテラノ大聖堂を回ります。
テルミニ駅に最近できたフードコートで、日本で普段見るのとはちょっと違うカルボナーラに出会いました。
ここまでで見たローマ遺跡の数は8個です。
∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ ∴∵ 

 【1】ローマ到着~予想外の古代ローマ遺跡に遭遇 (2019/4/29)
 【2】ハドリアヌスの別荘~静かにひっそり過ごす別荘だと思ったら・・・ (2018/4/30)
>【3】まだ明るいのでテルミニ駅近くの遺跡めぐり (2018/4/30)
 【4】ローマ市内遺跡めぐり~1日で42個の遺跡を一筆書きで歩いて巡る 【前編】(2018/5/1)
 【5】ローマ市内遺跡めぐり~1日で42個の遺跡を一筆書きで歩いて巡る 【後編】(2018/5/1)
>【6】アッピア街道~起点から4km、埃っぽいアッピア街道を歩く (2019/5/2)
 【7】帰国 (2019/5/3-4)

参考資料
・「とんぼの本 ローマ古代散歩」小森谷 慶子、小森谷 賢二
・「世界のオベリスク」 http://www.obelisks.org/

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.5
交通
4.0
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
フィンランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 17:04、ティヴォリのハドリアヌスの別荘の見物を終え、このオンボロ電車でテルミニ駅に帰ってきました。<br />まだ明るいのでもう少し遺跡を巡るつもりです。

    17:04、ティヴォリのハドリアヌスの別荘の見物を終え、このオンボロ電車でテルミニ駅に帰ってきました。
    まだ明るいのでもう少し遺跡を巡るつもりです。

  • でも昼食を食べていないので、最近できたテルミニ駅のフードコート Il Mercato Centrale で早めの晩ごはんを食べてから行くことにします。

    でも昼食を食べていないので、最近できたテルミニ駅のフードコート Il Mercato Centrale で早めの晩ごはんを食べてから行くことにします。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 一通り回ってみました。<br />惹かれるものはいろいろありますが、パスタを食べることにします。イタリアですからね。<br />パスタの麺の店がやっているというパスタ屋です。いろんな麺を売っていて、上級者なら自分で麺を選んで調理してもらうこともできるようです。

    一通り回ってみました。
    惹かれるものはいろいろありますが、パスタを食べることにします。イタリアですからね。
    パスタの麺の店がやっているというパスタ屋です。いろんな麺を売っていて、上級者なら自分で麺を選んで調理してもらうこともできるようです。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • もちろんメニューから選ぶこともできます。<br />でもほとんどわかりません。しょうがないので上から分かる言葉がないか、iPhoneの辞書もひきながら探してみます。<br />上から2つ目に CARBONARA とあるのはカルボナーラですよね?カルボナーラは好きなのでこれにすることにします。

    もちろんメニューから選ぶこともできます。
    でもほとんどわかりません。しょうがないので上から分かる言葉がないか、iPhoneの辞書もひきながら探してみます。
    上から2つ目に CARBONARA とあるのはカルボナーラですよね?カルボナーラは好きなのでこれにすることにします。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 「カルボナーラ」とはっきり言ってみたら通じました。<br />レジの後ろにもメニュー表が貼ってあるので、念のため指さして確認しました。

    「カルボナーラ」とはっきり言ってみたら通じました。
    レジの後ろにもメニュー表が貼ってあるので、念のため指さして確認しました。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 1個1個ちゃんと作っています。

    1個1個ちゃんと作っています。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 見ているだけで食欲をそそります。

    見ているだけで食欲をそそります。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 日本でよく見るカルボナーラとはだいぶ違います。<br />麺はかなりコシがあって、ソースが濃厚です。チーズの香りにコショウも効いていてとても美味しい。

    イチオシ

    地図を見る

    日本でよく見るカルボナーラとはだいぶ違います。
    麺はかなりコシがあって、ソースが濃厚です。チーズの香りにコショウも効いていてとても美味しい。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • 【遺跡No.5】アウレリアヌス城壁 Mura aureliane<br />炭水化物で力をつけたので、これからテルミニ駅の南のエリアを巡ります。<br />テルミニ駅に沿って南に向かうと移民らしき人が多く行き交い、雑然とした店や大声で呼び込みをしてくる店もあってちょっと荒れ気味な感じです。<br />そんなエリアをスタスタ急ぎ足で歩いてマッジョーレ門のところまでやってきました。<br />アウレリアヌス城壁越しにテルミニ駅に出入りする列車が見えます。昨日レオナルド・エクスプレスに乗って通ったところですね。

    【遺跡No.5】アウレリアヌス城壁 Mura aureliane
    炭水化物で力をつけたので、これからテルミニ駅の南のエリアを巡ります。
    テルミニ駅に沿って南に向かうと移民らしき人が多く行き交い、雑然とした店や大声で呼び込みをしてくる店もあってちょっと荒れ気味な感じです。
    そんなエリアをスタスタ急ぎ足で歩いてマッジョーレ門のところまでやってきました。
    アウレリアヌス城壁越しにテルミニ駅に出入りする列車が見えます。昨日レオナルド・エクスプレスに乗って通ったところですね。

  • 【遺跡No.2】マッジョーレ門 Porta Maggiore<br />昨日電車から見えたマッジョーレ門。これは北側から見た姿です。<br />もともとは紀元52年に2つの水道が2つの街道をまたぐところに造られたものです。その後3世紀にアウレリアヌス城壁ができたときに、水道橋ともども城壁に再利用されて今の姿になりました。

    【遺跡No.2】マッジョーレ門 Porta Maggiore
    昨日電車から見えたマッジョーレ門。これは北側から見た姿です。
    もともとは紀元52年に2つの水道が2つの街道をまたぐところに造られたものです。その後3世紀にアウレリアヌス城壁ができたときに、水道橋ともども城壁に再利用されて今の姿になりました。

    SHG ホテル ポルタマッジョーレ ホテル

  • 上部の四角い穴が上下2段になっているのがクラウディア水道と新アニオ水道です。<br />門の下を通っていたのはプラエネスティーナ街道とラビカナ街道で、起点のセルウィウス城壁のエスクイリーナ門からここまでは共用でした。

    上部の四角い穴が上下2段になっているのがクラウディア水道と新アニオ水道です。
    門の下を通っていたのはプラエネスティーナ街道とラビカナ街道で、起点のセルウィウス城壁のエスクイリーナ門からここまでは共用でした。

  • 【遺跡No.6】パン屋エウリサケスの墓 Tomb of Eurysaces the Baker<br />マッジョーレ門の南側には9つの穴が空いたようなものが建っていますが、これはお墓です。<br />古代ローマ人はよく街道沿いにお墓を建てました。今も各地に数多く残っています。<br />この墓の被葬者はマルクス・ウェルギリウス・エウリュサケスという人で、解放奴隷のパン屋でした。こういう人のお墓がこんな一等地に建っているというのも古代ローマの開放的なところや自由なところがうかがえて面白く感じます。

    イチオシ

    地図を見る

    【遺跡No.6】パン屋エウリサケスの墓 Tomb of Eurysaces the Baker
    マッジョーレ門の南側には9つの穴が空いたようなものが建っていますが、これはお墓です。
    古代ローマ人はよく街道沿いにお墓を建てました。今も各地に数多く残っています。
    この墓の被葬者はマルクス・ウェルギリウス・エウリュサケスという人で、解放奴隷のパン屋でした。こういう人のお墓がこんな一等地に建っているというのも古代ローマの開放的なところや自由なところがうかがえて面白く感じます。

  • お墓の上の部分にはパン屋の光景が浮彫りされています。<br />これはポンペイなどに実物がある石臼で小麦を粉に挽いているところです。

    お墓の上の部分にはパン屋の光景が浮彫りされています。
    これはポンペイなどに実物がある石臼で小麦を粉に挽いているところです。

  • こちらは窯にパンを出し入れしています。<br />この丸い穴のようなものは、パン生地をこねる容器か小麦粉を図る容器を模したものと考えられているそうです。<br /><br />古代ローマのパン屋についてはこちらもご覧ください。<br />http://roman-ruins.com/bakery/

    こちらは窯にパンを出し入れしています。
    この丸い穴のようなものは、パン生地をこねる容器か小麦粉を図る容器を模したものと考えられているそうです。

    古代ローマのパン屋についてはこちらもご覧ください。
    http://roman-ruins.com/bakery/

  • 路面電車が城壁に開けられた穴の中を通っています。<br />この周辺で線路が合流・分岐していて、北上するとテルミニ駅のフードコードのすぐ南側にある駅につながっています。左上に分岐する線路は今朝ホテルからサンタ・マリア・マッジョーレ教会に行く途中で見かけた路線で、その先はテルミニ駅前に至ります。

    路面電車が城壁に開けられた穴の中を通っています。
    この周辺で線路が合流・分岐していて、北上するとテルミニ駅のフードコードのすぐ南側にある駅につながっています。左上に分岐する線路は今朝ホテルからサンタ・マリア・マッジョーレ教会に行く途中で見かけた路線で、その先はテルミニ駅前に至ります。

  • 【遺跡No.7】クラウディア水道 Aqua Claudia<br />次はラテラノ大聖堂に向かいます。<br />マッジョーレ門から西南西の方角、スタティア通り Via Santa の坂道を登っていきます。<br />道に並行してクラウディア水道の遺構が所々残っています。

    【遺跡No.7】クラウディア水道 Aqua Claudia
    次はラテラノ大聖堂に向かいます。
    マッジョーレ門から西南西の方角、スタティア通り Via Santa の坂道を登っていきます。
    道に並行してクラウディア水道の遺構が所々残っています。

  • 【遺跡No.8】ラテラノオベリスク Lateran Obelisk<br />サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の裏手の広場に出ました。<br />中央に建っているのはオベリスクで、もとはエジプトのカルナック神殿に建っていたものです。<br />357年に皇帝コンスタンティウス2世がローマに運んでチルコ・マッシモに建て、その後埋もれていたものを、1588年にローマ法王シクストゥス5世がここに持ってきて建てました。

    イチオシ

    地図を見る

    【遺跡No.8】ラテラノオベリスク Lateran Obelisk
    サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の裏手の広場に出ました。
    中央に建っているのはオベリスクで、もとはエジプトのカルナック神殿に建っていたものです。
    357年に皇帝コンスタンティウス2世がローマに運んでチルコ・マッシモに建て、その後埋もれていたものを、1588年にローマ法王シクストゥス5世がここに持ってきて建てました。

  • 警官の詰め所にはS.P.Q.R.の文字。<br />古代ローマそのものを表す Senatus Populusque Romanus の略語です。

    警官の詰め所にはS.P.Q.R.の文字。
    古代ローマそのものを表す Senatus Populusque Romanus の略語です。

  • オベリスクの建つ広場に面した八角形の建物は、キリスト教徒になった最初のローマ皇帝であるコンスタンティヌス帝が洗礼を受けたという伝承の残る場所に建てられた洗礼堂です。<br />コンスタンティヌスはキリスト教を認めたのでキリスト教徒から聖人扱いされていますが、伝承は後付けで作られたものが多く、この場所も胡散臭く感じてしまいます。

    オベリスクの建つ広場に面した八角形の建物は、キリスト教徒になった最初のローマ皇帝であるコンスタンティヌス帝が洗礼を受けたという伝承の残る場所に建てられた洗礼堂です。
    コンスタンティヌスはキリスト教を認めたのでキリスト教徒から聖人扱いされていますが、伝承は後付けで作られたものが多く、この場所も胡散臭く感じてしまいます。

    ラテラーノ洗礼堂バッティステロ 史跡・遺跡

  • 白いのが大聖堂の裏口、左の茶色の建物が元の宮殿で、今は博物館になっています。<br />もともとここには古代ローマの貴族の館であるドムスがありました。これを4世紀始めにローマ皇帝コンスタンティヌス1世がローマ教皇に与え、アヴィニョンに移るまで教皇が住んでいました。

    白いのが大聖堂の裏口、左の茶色の建物が元の宮殿で、今は博物館になっています。
    もともとここには古代ローマの貴族の館であるドムスがありました。これを4世紀始めにローマ皇帝コンスタンティヌス1世がローマ教皇に与え、アヴィニョンに移るまで教皇が住んでいました。

    サン ジョヴァンニ イン ラテラーノ大聖堂 寺院・教会

  • ラテラノ大聖堂の正面に回ります。<br />屋根の上には、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂と同じように聖人の像が並んでいます。<br />ここは今朝訪れたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂と同じくローマの四大バシリカ Major basilica の一つです。<br />ローマ教皇14世紀が南フランスのアヴィニョンに移り、その後は荒れて教皇がここに戻ることはありませんでしたが、16世紀以降に修復されて今の姿になりました。

    ラテラノ大聖堂の正面に回ります。
    屋根の上には、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂と同じように聖人の像が並んでいます。
    ここは今朝訪れたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂と同じくローマの四大バシリカ Major basilica の一つです。
    ローマ教皇14世紀が南フランスのアヴィニョンに移り、その後は荒れて教皇がここに戻ることはありませんでしたが、16世紀以降に修復されて今の姿になりました。

    サン ジョヴァンニ イン ラテラーノ大聖堂 寺院・教会

  • ラテラノ大聖堂正面の広場に舞台が造られています。<br />ロックコンサートが開催されるようです。

    ラテラノ大聖堂正面の広場に舞台が造られています。
    ロックコンサートが開催されるようです。

    サン ジョヴァンニ イン ラテラーノ大聖堂 寺院・教会

  • 【遺跡No.5】アウレリアヌス城壁 Mura aureliane<br />南に坂を下るとマッジョーレ門につながるアウレリアヌス城壁が道路を横断しています。<br />西に行けばアッピア街道が通るサン・セバスティアーノ門やピラミッド型の墓、ピラミデがあります。

    【遺跡No.5】アウレリアヌス城壁 Mura aureliane
    南に坂を下るとマッジョーレ門につながるアウレリアヌス城壁が道路を横断しています。
    西に行けばアッピア街道が通るサン・セバスティアーノ門やピラミッド型の墓、ピラミデがあります。

  • 道路の中央に古そうな門がありますが、これはサン・ジョヴァンニ門 Porta S. Giovanni といって1574年に造られたものです。<br />今回この旅行記を書くにあたって調べていて、このとき立っていた場所のすぐ背後にアジナリア門 Porta Asinaria という古代ローマ時代の門が残っていることを知りました。4世紀ころに造られた門で、せっかくここまで行ったのに見落とすなんて不覚でした。

    道路の中央に古そうな門がありますが、これはサン・ジョヴァンニ門 Porta S. Giovanni といって1574年に造られたものです。
    今回この旅行記を書くにあたって調べていて、このとき立っていた場所のすぐ背後にアジナリア門 Porta Asinaria という古代ローマ時代の門が残っていることを知りました。4世紀ころに造られた門で、せっかくここまで行ったのに見落とすなんて不覚でした。

  • 背後でロックコンサートが始まったラテラノ大聖堂前からバスに乗ってテルミニ駅まで戻りました。<br />再びフードコートに入りカフェでカプチーノと水を買います。

    背後でロックコンサートが始まったラテラノ大聖堂前からバスに乗ってテルミニ駅まで戻りました。
    再びフードコートに入りカフェでカプチーノと水を買います。

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • カプチーノは2ユーロでした。<br />イタリアはジュースはもちろん水でさえコーヒーより高いのです。<br />こういう安くコーヒーを飲める店が街のいたるところにあるのですから、スターバックス・コーヒーがイタリアに進出できないのは当然ですね。(2018年にミラノに1号店でできたそうですが。)

    カプチーノは2ユーロでした。
    イタリアはジュースはもちろん水でさえコーヒーより高いのです。
    こういう安くコーヒーを飲める店が街のいたるところにあるのですから、スターバックス・コーヒーがイタリアに進出できないのは当然ですね。(2018年にミラノに1号店でできたそうですが。)

    メルカート チェントラーレ ローマ イタリアン

  • その後寄ったのはテルミニ駅地下のジェラート店。<br />日本だとジェラートは女性のイメージですが、イタリアのジェラート屋では男性客が女性客と同じくらいいて、しかも年配の男性もたくさんいます。<br />チョコレートを頼む人の割合が多いようですね。

    その後寄ったのはテルミニ駅地下のジェラート店。
    日本だとジェラートは女性のイメージですが、イタリアのジェラート屋では男性客が女性客と同じくらいいて、しかも年配の男性もたくさんいます。
    チョコレートを頼む人の割合が多いようですね。

  • ミルクとヨーグルトのジュエラーと。色が同じなので見た目が地味になってしまいました。さっぱりしていて美味しい。

    ミルクとヨーグルトのジュエラーと。色が同じなので見た目が地味になってしまいました。さっぱりしていて美味しい。

  • この日歩いた距離は20.4km、27,630歩<br />だいぶ歩いたとは思ったけれど想像以上でした。<br />ハドリアヌスの別荘で上り下りがあったので登った階数も14階。<br />どうりで疲れているはずです。<br />今日新たに見たローマ遺跡は6個。累計8個になりました。

    この日歩いた距離は20.4km、27,630歩
    だいぶ歩いたとは思ったけれど想像以上でした。
    ハドリアヌスの別荘で上り下りがあったので登った階数も14階。
    どうりで疲れているはずです。
    今日新たに見たローマ遺跡は6個。累計8個になりました。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集