ポストイナ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年トラピックスのツアーにキャンセル待ちで申し込んだものの、キャンセルがなく断念。<br />そのため今年は半年以上前にツアーを申し込み、念願叶ってやっと出かけることが出来ました。<br />スロベニア・クロアチアは、6月から天候も安定し、観光客も比較的少ないこの時期がベストシーズンとのことで出かけることにしました。<br />そのせいか、5月は雨ばかりだったにもかかわらず、今回は珍しく天候に恵まれ、古い街並みときれいな渓谷美を堪能してきました。<br />今回の旅程は、<br />5月31日(金):関空よりフィンランド航空でヘルシンキ経由リトアニアのリュブリヤーナに宿泊<br />6月1日(土):ブレッド湖とボヒニュ湖の散策・観光<br />6月2日(日):リュブリヤーナ市内とポストイナ鍾乳洞観光後、クロアチアのオパテイアに宿泊<br />6月3日(月):イストラ半島のポレッチ・ロヴィニ・プーラの観光<br />6月4日(火):プリトヴィッツェに移動し、下湖群を観光<br />6月5日(水):プリトヴィッツェの上湖群観光後、ザダルを観光してドゥーゴポリュに宿泊<br />6月6日(木):トロギール・スプリット観光後、ドゥヴロヴニクのそばに宿泊<br />6月7日(金):ドゥヴロヴニク終日観光<br />6月8日(土):ドゥヴロヴニク空港からヘルシンキ経由関空へ<br />6月9日(日):朝9時に関空着し、帰宅<br />10日間の長い旅行でしたが、絶景の連続であっという間に過ぎてしまいました。<br />ただ今回のツアーは朝9時出発のゆったりした旅でしたが、古い街並や湖などの散策が多かったせいか1日の平均歩数が何と約15000歩。<br />結構ハードな旅でした。<br />今回は沢山の写真を撮りましたので、15回に分けて旅行の様子を紹介させていただきます。<br />今回は、3日目の午前中に観光したリュブリヤーナ市内を紹介します。<br />表紙の『龍の橋』のドラゴンは今にも飛立ちそうで、とても素敵でした。

陽光きらめくスロベニア・クロアチアの旅その2(リュブリヤーナ市内観光)

21いいね!

2019/05/31 - 2019/06/09

31位(同エリア98件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

昨年トラピックスのツアーにキャンセル待ちで申し込んだものの、キャンセルがなく断念。
そのため今年は半年以上前にツアーを申し込み、念願叶ってやっと出かけることが出来ました。
スロベニア・クロアチアは、6月から天候も安定し、観光客も比較的少ないこの時期がベストシーズンとのことで出かけることにしました。
そのせいか、5月は雨ばかりだったにもかかわらず、今回は珍しく天候に恵まれ、古い街並みときれいな渓谷美を堪能してきました。
今回の旅程は、
5月31日(金):関空よりフィンランド航空でヘルシンキ経由リトアニアのリュブリヤーナに宿泊
6月1日(土):ブレッド湖とボヒニュ湖の散策・観光
6月2日(日):リュブリヤーナ市内とポストイナ鍾乳洞観光後、クロアチアのオパテイアに宿泊
6月3日(月):イストラ半島のポレッチ・ロヴィニ・プーラの観光
6月4日(火):プリトヴィッツェに移動し、下湖群を観光
6月5日(水):プリトヴィッツェの上湖群観光後、ザダルを観光してドゥーゴポリュに宿泊
6月6日(木):トロギール・スプリット観光後、ドゥヴロヴニクのそばに宿泊
6月7日(金):ドゥヴロヴニク終日観光
6月8日(土):ドゥヴロヴニク空港からヘルシンキ経由関空へ
6月9日(日):朝9時に関空着し、帰宅
10日間の長い旅行でしたが、絶景の連続であっという間に過ぎてしまいました。
ただ今回のツアーは朝9時出発のゆったりした旅でしたが、古い街並や湖などの散策が多かったせいか1日の平均歩数が何と約15000歩。
結構ハードな旅でした。
今回は沢山の写真を撮りましたので、15回に分けて旅行の様子を紹介させていただきます。
今回は、3日目の午前中に観光したリュブリヤーナ市内を紹介します。
表紙の『龍の橋』のドラゴンは今にも飛立ちそうで、とても素敵でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
航空会社
フィンランド航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 6月2日(土)、旅行3日目。<br />リュブリヤーナ近郊のフォーポインツ・バイシェラトン・リュブリャナモンスのホテルに連泊したのですが、昨晩は最悪。<br />前日に結婚式の披露宴がこのホテルで行われ、夜の11時に終わるのかと思ったのが大間違い。<br />結局終わったのが朝の4時過ぎ。<br />それまで私たちが宿泊した部屋の真ん前の広場でどんちゃん騒ぎ。<br />時差ボケで寝不足になっているのに、今日もほとんど寝られませんでした。<br />とりあえず眠い目をこすって朝食をいただきます。<br />寝不足ながら、それでも結構いただきました。<br />今回も食べすぎかな?

    6月2日(土)、旅行3日目。
    リュブリヤーナ近郊のフォーポインツ・バイシェラトン・リュブリャナモンスのホテルに連泊したのですが、昨晩は最悪。
    前日に結婚式の披露宴がこのホテルで行われ、夜の11時に終わるのかと思ったのが大間違い。
    結局終わったのが朝の4時過ぎ。
    それまで私たちが宿泊した部屋の真ん前の広場でどんちゃん騒ぎ。
    時差ボケで寝不足になっているのに、今日もほとんど寝られませんでした。
    とりあえず眠い目をこすって朝食をいただきます。
    寝不足ながら、それでも結構いただきました。
    今回も食べすぎかな?

  • ホテルを9時に出発し、リュブリヤーナ市内にバスで向かいます。<br />ここで現地ガイドさんと合流して旧市街を散策します。<br />まず行ったのがこのケーブルカーに乗ってリュブリヤーナ城を目指します。

    ホテルを9時に出発し、リュブリヤーナ市内にバスで向かいます。
    ここで現地ガイドさんと合流して旧市街を散策します。
    まず行ったのがこのケーブルカーに乗ってリュブリヤーナ城を目指します。

  • ケーブルカーは全面ガラス張りになっていて、ケーブルカーの中から外を眺めることが出来ます。

    ケーブルカーは全面ガラス張りになっていて、ケーブルカーの中から外を眺めることが出来ます。

  • ケーブルカーを降りると市内を一望できます。<br />遠くの山にはまだうっすらと雪が残っています。

    ケーブルカーを降りると市内を一望できます。
    遠くの山にはまだうっすらと雪が残っています。

  • これがリュブリヤーナ城で、今は市に買収され見本市や礼拝堂では結婚式が行われているそうです。<br />こうやって見るとお城のような感じがしません。

    これがリュブリヤーナ城で、今は市に買収され見本市や礼拝堂では結婚式が行われているそうです。
    こうやって見るとお城のような感じがしません。

  • ただここからの景色は絶景です。

    ただここからの景色は絶景です。

  • リュブリヤーナ市内を一望できます。<br />こちらは旧市街エリアです。

    リュブリヤーナ市内を一望できます。
    こちらは旧市街エリアです。

  • 城の見張り塔は1848年より見張り番が住み込み、火事の警告や重要な来訪者や出来事を大砲で知らせる義務が有り、それらは今でも続いているそうです。

    城の見張り塔は1848年より見張り番が住み込み、火事の警告や重要な来訪者や出来事を大砲で知らせる義務が有り、それらは今でも続いているそうです。

  • 遠くの雪をいただいた山はイタリアとの国境にあるユリアンアルプスかな?

    遠くの雪をいただいた山はイタリアとの国境にあるユリアンアルプスかな?

  • ここは龍の橋です。<br />よく見ると橋の欄干に龍の像が見えます。

    ここは龍の橋です。
    よく見ると橋の欄干に龍の像が見えます。

  • この日も天気が良さそうです。

    この日も天気が良さそうです。

  • お城の観光後、ケーブルカーで地上に降ります。

    お城の観光後、ケーブルカーで地上に降ります。

  • ここはケーブルカー乗り場の隣にある、人形劇場だったと思います。

    ここはケーブルカー乗り場の隣にある、人形劇場だったと思います。

  • ここはリュブリヤーナの観光協会です。<br />ここから先ほどリュブリヤーナ城から見た、龍の橋を目指します。

    ここはリュブリヤーナの観光協会です。
    ここから先ほどリュブリヤーナ城から見た、龍の橋を目指します。

  • ここはクレコフ広場で正面の教会は、リュブリヤーナ大聖堂です。

    ここはクレコフ広場で正面の教会は、リュブリヤーナ大聖堂です。

  • そしてこちらが龍の橋。<br />ギリシャ神話の英雄イアソン王子が龍と戦った場所だという伝説が残るリュブリヤーナ。<br />そのいわれから作られた橋かな?

    そしてこちらが龍の橋。
    ギリシャ神話の英雄イアソン王子が龍と戦った場所だという伝説が残るリュブリヤーナ。
    そのいわれから作られた橋かな?

  • 橋の欄干に建つ龍の銅像は、リュブリャナのシンボルとして愛されています。<br />橋の両岸にある欄干の4ヶ所にそれぞれ龍の像があります。

    橋の欄干に建つ龍の銅像は、リュブリャナのシンボルとして愛されています。
    橋の両岸にある欄干の4ヶ所にそれぞれ龍の像があります。

  • 龍の橋を遠くから眺めるとこんな感じです。<br />両岸の4ヶ所の欄干に龍の像があります。

    龍の橋を遠くから眺めるとこんな感じです。
    両岸の4ヶ所の欄干に龍の像があります。

  • そしてこちらは肉屋の橋です。<br />2010年に開通した比較的新しい橋で、恋人達のデートスポットになっているそうです。

    そしてこちらは肉屋の橋です。
    2010年に開通した比較的新しい橋で、恋人達のデートスポットになっているそうです。

  • そのため橋の両側のワイヤーには『永遠の愛』を誓い合う恋人達によって掛けられた南京錠がずらりと並んでいます。<br />そしてこの写真ではわかりにくいですが、橋の一部はガラス張りになっていて下の川を見ることが出来ます。

    そのため橋の両側のワイヤーには『永遠の愛』を誓い合う恋人達によって掛けられた南京錠がずらりと並んでいます。
    そしてこの写真ではわかりにくいですが、橋の一部はガラス張りになっていて下の川を見ることが出来ます。

  • それにしても沢山の南京錠が掛かっています。<br />向こう側の建物はリュブリヤーナ大聖堂です。

    それにしても沢山の南京錠が掛かっています。
    向こう側の建物はリュブリヤーナ大聖堂です。

  • リュブリヤーナ大聖堂の手前の城壁のようなところは、レストランやおみやげ屋さんになっていました。<br />ギリシャ風のしゃれた建物です。

    リュブリヤーナ大聖堂の手前の城壁のようなところは、レストランやおみやげ屋さんになっていました。
    ギリシャ風のしゃれた建物です。

  • そしてこの先の橋が新市街と旧市街を結ぶ3本橋です。<br />

    そしてこの先の橋が新市街と旧市街を結ぶ3本橋です。

  • この橋は中世より何度か改修されたそうで、1930年代に建築家ヨジョ・プレチュニク氏により歩行者用に2本の橋が付け足され、3本橋になったそうです。<br />ちなみに3本橋の両側の橋にはそれぞれ男女別の有料公衆トイレが有り、たしか料金は0.5ユーロくらいだったと思います。

    この橋は中世より何度か改修されたそうで、1930年代に建築家ヨジョ・プレチュニク氏により歩行者用に2本の橋が付け足され、3本橋になったそうです。
    ちなみに3本橋の両側の橋にはそれぞれ男女別の有料公衆トイレが有り、たしか料金は0.5ユーロくらいだったと思います。

  • そしてここがリュブリヤーナの中心に当たるプレシェーレノフ広場で、19世紀の詩人フランツェ・プレシェーレンの銅像が建っています。<br />この詩人はスロベニア国家の作詞者だそうです。<br />その向こう側のピンク色の建物がフランシスコ会教会です。

    そしてここがリュブリヤーナの中心に当たるプレシェーレノフ広場で、19世紀の詩人フランツェ・プレシェーレンの銅像が建っています。
    この詩人はスロベニア国家の作詞者だそうです。
    その向こう側のピンク色の建物がフランシスコ会教会です。

  • そしてここは旧市街側にある市庁舎前の広場です。<br />オベリスクの噴水が一際目立ちます。<br />そしてここから自由行動になります。

    そしてここは旧市街側にある市庁舎前の広場です。
    オベリスクの噴水が一際目立ちます。
    そしてここから自由行動になります。

  • リュッブリヤーナと言えば、私的には龍の橋。<br />ということで再度ここに向かいました。<br />この龍の像、生きているみたいで凜々しい。<br />ここから飛んでいきそうな感じです。

    イチオシ

    リュッブリヤーナと言えば、私的には龍の橋。
    ということで再度ここに向かいました。
    この龍の像、生きているみたいで凜々しい。
    ここから飛んでいきそうな感じです。

  • ここも先ほど行った肉屋の橋。<br />南京錠も多いけれど、ここからの景色も絵になります。

    ここも先ほど行った肉屋の橋。
    南京錠も多いけれど、ここからの景色も絵になります。

  • 路地を眺めると、落書きがあるものの何となくこの景色に合います。

    路地を眺めると、落書きがあるものの何となくこの景色に合います。

  • そしてフランシスコ会教会。<br />小さな旧市街ですので、あっという間に観光スポットを回れます。<br />教会の中に入りましたが、日曜日のミサ中のため早々に教会を後にしました。<br />写真を撮りませんでしたが、教会の中の装飾品はとても豪華でした。

    そしてフランシスコ会教会。
    小さな旧市街ですので、あっという間に観光スポットを回れます。
    教会の中に入りましたが、日曜日のミサ中のため早々に教会を後にしました。
    写真を撮りませんでしたが、教会の中の装飾品はとても豪華でした。

  • 自由行動の後、リュブリャーナ大聖堂に案内してもらえるものと勘違いして、大聖堂の中に入らなかったのが失敗。<br />写真撮影に気を取られ、添乗員さんの話を良く聞いていないと駄目ですね。<br />結局大聖堂の中に入ることができませんでした。(残念です)<br />ここでもこのような観光バスが市内を走っていました。

    自由行動の後、リュブリャーナ大聖堂に案内してもらえるものと勘違いして、大聖堂の中に入らなかったのが失敗。
    写真撮影に気を取られ、添乗員さんの話を良く聞いていないと駄目ですね。
    結局大聖堂の中に入ることができませんでした。(残念です)
    ここでもこのような観光バスが市内を走っていました。

  • 小さな街ですので、リュブリャーナ市内観光も2時間足らずで終了。<br />500年にわたる神聖ローマ帝国の支配の後、オーストリア・ハンガリー帝国に組み込まれ、ハプスブルク家の元で発展を遂げてきた街ともこれでお別れ。<br />ここからポストイナ鍾乳洞へバスで移動します。<br />ここからは次の旅行記で紹介させていただきます。

    小さな街ですので、リュブリャーナ市内観光も2時間足らずで終了。
    500年にわたる神聖ローマ帝国の支配の後、オーストリア・ハンガリー帝国に組み込まれ、ハプスブルク家の元で発展を遂げてきた街ともこれでお別れ。
    ここからポストイナ鍾乳洞へバスで移動します。
    ここからは次の旅行記で紹介させていただきます。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スロベニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スロベニア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スロベニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集