ヘルシンキ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
改元に伴う10連休の前にさらに結婚休暇として5連休を職場からもらい、17連休いただきました。<br /><br />今回の旅行は、新婚旅行の位置づけだったのですが、<br />①せっかくの連休なので、ある程度遠いところ、<br />②メジャー過ぎず、マイナー過ぎないところ<br />③配偶者が初の海外なので、交通・通信等が整っており個人旅行の難易度が低いところ<br />④私自身がかねてから行きたいと思っていたところ<br />等々を考慮して、北欧周遊旅行を決行いたしました。<br /><br />滞在中スカンジナビア航空のストライキに出くわすなど、ちょっとしたトラブルもありましたが、昔から行きたかったところを見て回ることができ、とても楽しい旅行となりました。<br /><br /><br />〇日程<br />日程は以下のとおりです。<br /><br />4/22<br />羽田→北京<br /><br />4/23<br />北京→ミュンヘン→ヘルシンキ観光  ←今回の旅行記はここまで<br /><br /><br />4/24<br />ヘルシンキ観光→トゥルク→ヴァイキングライン乗船<br /><br />4/25<br />→ストックホルム観光<br /><br />4/26<br />ストックホルム観光<br /><br />4/27<br />ストックホルム→ヘルシングボリ→エルシノア(クロンボー城)→コペンハーゲン<br /><br />4/28<br />コペンハーゲン(市内・郊外)観光<br /><br />4/29<br />コペンハーゲン脱出失敗・もう一日コペンハーゲン観光<br /><br />4/30<br />コペンハーゲン→ベルゲン市内観光<br /><br />5/1<br />ベルゲン→フィヨルド観光→オスロ<br /><br />5/2<br />オスロ市内観光<br /><br />5/3<br />オスロ観光→オスロ空港→ストックホルム空港→<br /><br />5/4<br />北京空港→羽田空港<br /><br />【4/23の概要】<br />ヘルシンキ到着は12:00の予定であったので、あまり遠出や時間のかかるところは観光できないだろうと思われました。<br />また、私も初めての街ですし、妻も初めての海外旅行ということもあって、まずは、街の雰囲気や大まかな観光名所の配置を把握したほうが良いように思われました。<br /><br />一方で翌日には、夕方とはいえ、ヘルシンキから離れたトゥルクからストックホルムに移動することもあり、トータルの滞在時間は28時間ほど。<br /><br />そこで、限られた時間で無理はせず、かつ、要所は押さえるという方針の下、23日はまず中央駅、マーケット広場、エスプラナーディ通りといった、エリア間の距離感覚をつかみつつ、その周囲にある鉄板的な名所は回ってしまおうという作戦を採用しました。<br />そして、スオメンリンナ,野外博物館やマリメッコ本社等の市内中心部から少し離れた名所は市内の出発地がどのくらいの距離感かを把握した上で、翌日に回すことにしました。<br /><br />23日の行程は具体的には、トラムに乗ってみること、ヘルシンキ大聖堂・ウスペンスキー大聖堂に行ってみること、エスプラナーディ通りを端から端まで歩いてみることを目標としました。<br /><br />ヨーロッパでは○○パスや○○カードといった、公共交通機関・観光名所フリーパスのようなものが有るのは承知していましたが、このように考えを整理をすると、公共交通機関はそれなりに利用することはあっても、入場料を要する観光地はあまり行かない(時間的に行けない)ことが分かったので、49ユーロするヘルシンキカードは元が取れないだろうと言うことで、市内公共交通機関の1dayチケットのみ購入することとしました。

1/10 10連休+前倒し休暇で行く北欧4か国10泊13日(出国・ヘルシンキ①)

19いいね!

2019/04/22 - 2019/04/23

793位(同エリア3541件中)

旅行記グループ 2019GW北欧4か国周遊の旅

0

25

改元に伴う10連休の前にさらに結婚休暇として5連休を職場からもらい、17連休いただきました。

今回の旅行は、新婚旅行の位置づけだったのですが、
①せっかくの連休なので、ある程度遠いところ、
②メジャー過ぎず、マイナー過ぎないところ
③配偶者が初の海外なので、交通・通信等が整っており個人旅行の難易度が低いところ
④私自身がかねてから行きたいと思っていたところ
等々を考慮して、北欧周遊旅行を決行いたしました。

滞在中スカンジナビア航空のストライキに出くわすなど、ちょっとしたトラブルもありましたが、昔から行きたかったところを見て回ることができ、とても楽しい旅行となりました。


〇日程
日程は以下のとおりです。

4/22
羽田→北京

4/23
北京→ミュンヘン→ヘルシンキ観光  ←今回の旅行記はここまで


4/24
ヘルシンキ観光→トゥルク→ヴァイキングライン乗船

4/25
→ストックホルム観光

4/26
ストックホルム観光

4/27
ストックホルム→ヘルシングボリ→エルシノア(クロンボー城)→コペンハーゲン

4/28
コペンハーゲン(市内・郊外)観光

4/29
コペンハーゲン脱出失敗・もう一日コペンハーゲン観光

4/30
コペンハーゲン→ベルゲン市内観光

5/1
ベルゲン→フィヨルド観光→オスロ

5/2
オスロ市内観光

5/3
オスロ観光→オスロ空港→ストックホルム空港→

5/4
北京空港→羽田空港

【4/23の概要】
ヘルシンキ到着は12:00の予定であったので、あまり遠出や時間のかかるところは観光できないだろうと思われました。
また、私も初めての街ですし、妻も初めての海外旅行ということもあって、まずは、街の雰囲気や大まかな観光名所の配置を把握したほうが良いように思われました。

一方で翌日には、夕方とはいえ、ヘルシンキから離れたトゥルクからストックホルムに移動することもあり、トータルの滞在時間は28時間ほど。

そこで、限られた時間で無理はせず、かつ、要所は押さえるという方針の下、23日はまず中央駅、マーケット広場、エスプラナーディ通りといった、エリア間の距離感覚をつかみつつ、その周囲にある鉄板的な名所は回ってしまおうという作戦を採用しました。
そして、スオメンリンナ,野外博物館やマリメッコ本社等の市内中心部から少し離れた名所は市内の出発地がどのくらいの距離感かを把握した上で、翌日に回すことにしました。

23日の行程は具体的には、トラムに乗ってみること、ヘルシンキ大聖堂・ウスペンスキー大聖堂に行ってみること、エスプラナーディ通りを端から端まで歩いてみることを目標としました。

ヨーロッパでは○○パスや○○カードといった、公共交通機関・観光名所フリーパスのようなものが有るのは承知していましたが、このように考えを整理をすると、公共交通機関はそれなりに利用することはあっても、入場料を要する観光地はあまり行かない(時間的に行けない)ことが分かったので、49ユーロするヘルシンキカードは元が取れないだろうと言うことで、市内公共交通機関の1dayチケットのみ購入することとしました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 旅は羽田空港からスタートです。<br />19:40分羽田発の北京行きにのります。<br /><br /><br />長距離フライトなので、直行便が望ましいのですが、羽田→ヘルシンキ、オスロ→羽田が104,000円(諸税・燃油込み)の魅力には勝てず、乗り継ぎの中国国際航空のお世話になることとしました。

    旅は羽田空港からスタートです。
    19:40分羽田発の北京行きにのります。


    長距離フライトなので、直行便が望ましいのですが、羽田→ヘルシンキ、オスロ→羽田が104,000円(諸税・燃油込み)の魅力には勝てず、乗り継ぎの中国国際航空のお世話になることとしました。

    羽田空港(東京国際空港) 空港

  • 現地12:30頃<br />ヘルシンキ・ヴァンター空港に何とか到着。<br />14ユーロで、HSLが運営する地下鉄、トラム、フェリー、近郊列車、バス等に乗れる一日券(Regional:ヘルシンキ市内だけでなく、近郊の市町も含む)を購入。<br /><br />ヘルシンキ市内に向かいます。<br /><br />※4/27から、ヘルシンキの公共交通機関の料金体系が変わったようです。<br />首都圏がAからDのゾーンに分けられ、どのゾーンで使用するかによって料金が異なるようです。<br />ヴァンター空港からの移動と市内中心部のみ観光するのであればABCゾーンの切符となり、12ユーロであるので、従来より得となりそうです。<br /><br />間違いが無いようHSLのホームページ等を確認するといいと思います。

    現地12:30頃
    ヘルシンキ・ヴァンター空港に何とか到着。
    14ユーロで、HSLが運営する地下鉄、トラム、フェリー、近郊列車、バス等に乗れる一日券(Regional:ヘルシンキ市内だけでなく、近郊の市町も含む)を購入。

    ヘルシンキ市内に向かいます。

    ※4/27から、ヘルシンキの公共交通機関の料金体系が変わったようです。
    首都圏がAからDのゾーンに分けられ、どのゾーンで使用するかによって料金が異なるようです。
    ヴァンター空港からの移動と市内中心部のみ観光するのであればABCゾーンの切符となり、12ユーロであるので、従来より得となりそうです。

    間違いが無いようHSLのホームページ等を確認するといいと思います。

    ヘルシンキ空港駅

  • 空港駅のホーム。<br />画面左にあるのが券売機です。<br /><br />環状線なのでどちら向きでもヘルシンキ中央駅に着きますが、P線が若干早いようです。

    空港駅のホーム。
    画面左にあるのが券売機です。

    環状線なのでどちら向きでもヘルシンキ中央駅に着きますが、P線が若干早いようです。

    ヘルシンキ空港駅

  • 車内は電光掲示板があり、現在地のほか、目的地までの時間、速度などがわかりました。<br />車内放送は基本フィンランド語とスウェーデン語だけなのでよくわかりませんが、主たる駅では英語でのアナウンスもありました。<br /><br />席には充電設備などもあり快適です。

    車内は電光掲示板があり、現在地のほか、目的地までの時間、速度などがわかりました。
    車内放送は基本フィンランド語とスウェーデン語だけなのでよくわかりませんが、主たる駅では英語でのアナウンスもありました。

    席には充電設備などもあり快適です。

  • 13:10頃、ヘルシンキ駅ホームに到着。<br />これまでのフライトと重い荷物でフラフラです。<br /><br />急いでホテルに向かいます。<br />

    13:10頃、ヘルシンキ駅ホームに到着。
    これまでのフライトと重い荷物でフラフラです。

    急いでホテルに向かいます。

    ヘルシンキ中央駅

  • ホテルに到着。<br />お世話になるホテルは Hotel Finn<br /><br /><br />2人で116ユーロとおおよそ15,000円ほどでした。<br />物価が高い北欧。日本と比べれば高い気もしますが、清潔さ、利便性を考えると十分安いお値段でした。<br />

    ホテルに到着。
    お世話になるホテルは Hotel Finn


    2人で116ユーロとおおよそ15,000円ほどでした。
    物価が高い北欧。日本と比べれば高い気もしますが、清潔さ、利便性を考えると十分安いお値段でした。

    ホテル フィン ホテル

    必要にして十分 by たいじろうさん
  • ホテルの廊下。<br />ビルの1階がフロントで、5階、6階部分がホテルです。<br />朝食なし、サービスはセルフの格安ホテルですが、清潔感とおしゃれさはさすがです。<br />なお、チェックアウト後も5,6階にあるロッカーで荷物を預かってもらえます。

    ホテルの廊下。
    ビルの1階がフロントで、5階、6階部分がホテルです。
    朝食なし、サービスはセルフの格安ホテルですが、清潔感とおしゃれさはさすがです。
    なお、チェックアウト後も5,6階にあるロッカーで荷物を預かってもらえます。

    ホテル フィン ホテル

    必要にして十分 by たいじろうさん
  • 14:40頃<br />少し休んだ後、市内観光に繰り出します。<br /><br />早速トラムを利用。<br />トラムではチケットは購入できないので注意です。<br />無賃乗車はやめましょう。<br />

    14:40頃
    少し休んだ後、市内観光に繰り出します。

    早速トラムを利用。
    トラムではチケットは購入できないので注意です。
    無賃乗車はやめましょう。

    ラシパラッチ駅

  • 早速ウスペンスキー寺院へ。<br />フィンランド正教会の総本山の寺院のようです。<br /><br />フィンランドは福音ルテール派と正教会が国教として、国家予算を投入される等の保護を受けているようです。

    早速ウスペンスキー寺院へ。
    フィンランド正教会の総本山の寺院のようです。

    フィンランドは福音ルテール派と正教会が国教として、国家予算を投入される等の保護を受けているようです。

    ウスペンスキー寺院 寺院・教会

    荘厳な正教会の寺院 by たいじろうさん
  • 内部の様子<br /><br />正教会はその沿革から偶像崇拝を嫌い、平面的なイコン画が描かれたと説明されますが、確かにそのような印象を受けました。<br /><br />祭壇や壁面は豪華絢爛で驚くばかりです。

    内部の様子

    正教会はその沿革から偶像崇拝を嫌い、平面的なイコン画が描かれたと説明されますが、確かにそのような印象を受けました。

    祭壇や壁面は豪華絢爛で驚くばかりです。

    ウスペンスキー寺院 寺院・教会

    荘厳な正教会の寺院 by たいじろうさん
  • ドームには星がいっぱいに描かれていました。

    ドームには星がいっぱいに描かれていました。

    ウスペンスキー寺院 寺院・教会

    荘厳な正教会の寺院 by たいじろうさん
  • マーケット広場にやってきました。<br />時間も15:30頃と遅かったので、屋台もまばらです。<br />

    マーケット広場にやってきました。
    時間も15:30頃と遅かったので、屋台もまばらです。

    マーケット広場 (ヘルシンキ) 広場・公園

  • 同一敷地内のマーケットホールへ。<br />小腹が空いてきたので、軽食を探し回りますが、まだ北欧価格になじんでいないせいか、どれもコスパが悪く見えて、二の足を踏んでしまいます。

    同一敷地内のマーケットホールへ。
    小腹が空いてきたので、軽食を探し回りますが、まだ北欧価格になじんでいないせいか、どれもコスパが悪く見えて、二の足を踏んでしまいます。

    オールド マーケット屋内市場 市場

  • 結局、屋台が一番コスパがいいように思われました。<br /><br />サーモンスープとニシンのフライをいただきましたが、なかなかのボリューム。完全に軽食の域を超えていますが、お味はおいしかったです。<br />合わせて24ユーロ。<br /><br /><br />屋根がオレンジ色だったせいか食べ物の色合いが赤いですが、本物はもっとおいしそうです。

    結局、屋台が一番コスパがいいように思われました。

    サーモンスープとニシンのフライをいただきましたが、なかなかのボリューム。完全に軽食の域を超えていますが、お味はおいしかったです。
    合わせて24ユーロ。


    屋根がオレンジ色だったせいか食べ物の色合いが赤いですが、本物はもっとおいしそうです。

    マーケット広場 (ヘルシンキ) 広場・公園

  • 19:00にビュッフェを予約しているというのに、16:00前にがっつり食べてしまうという。。。<br /><br />せめて歩こうということで、お次の名所はヘルシンキ大聖堂。<br />ルーテール派の教会です。<br /><br />大聖堂前の広場にはたくさんの市民と観光客がくつろいでおりました。<br /><br />ここで、初日本人。ツアーの皆さんでした。<br />写真を撮りたいお客さんと時間を管理する添乗員さんのバトル。<br />そりゃこんないい天気にロケーション。<br />写真も撮りたくなるもんですよね。

    19:00にビュッフェを予約しているというのに、16:00前にがっつり食べてしまうという。。。

    せめて歩こうということで、お次の名所はヘルシンキ大聖堂。
    ルーテール派の教会です。

    大聖堂前の広場にはたくさんの市民と観光客がくつろいでおりました。

    ここで、初日本人。ツアーの皆さんでした。
    写真を撮りたいお客さんと時間を管理する添乗員さんのバトル。
    そりゃこんないい天気にロケーション。
    写真も撮りたくなるもんですよね。

    ヘルシンキ大聖堂 寺院・教会

  • 中は質素でありながらも荘厳な感じです。<br />外のにぎやかな様子とは大違い。

    中は質素でありながらも荘厳な感じです。
    外のにぎやかな様子とは大違い。

    ヘルシンキ大聖堂 寺院・教会

  • 次にエスプラナーディ通りを散策します。<br /><br />通りの真ん中を公園が貫いており、ここでも多くの市民がくつろいでいました。<br />平日なのに、ゆっくりした時間を過ごす人が多く、お国柄が違うとはいえ、精神的に豊か(に見える。)な暮らしぶりにあこがれを抱いてしまいます。<br /><br />子づれのお父さんもよく見かけました。

    次にエスプラナーディ通りを散策します。

    通りの真ん中を公園が貫いており、ここでも多くの市民がくつろいでいました。
    平日なのに、ゆっくりした時間を過ごす人が多く、お国柄が違うとはいえ、精神的に豊か(に見える。)な暮らしぶりにあこがれを抱いてしまいます。

    子づれのお父さんもよく見かけました。

    エスプラナーディ公園 広場・公園

  • ほとんど冷やかしですが、有名な店を見て回る。<br /><br />陶器などで有名なイッタラです。<br />妻が行こうか迷っていたので、行ったら?と後押しをしました(お約束

    ほとんど冷やかしですが、有名な店を見て回る。

    陶器などで有名なイッタラです。
    妻が行こうか迷っていたので、行ったら?と後押しをしました(お約束

    イッタラ ストア (エスプラナーディ店)  その他の店舗

  • いわずと知れたマリメッコ・・・<br /><br />などといっていますが、北欧旅行を計画した当初、私は知りませんでした。<br />名前も覚えられず、まりもっこりみたいな・・・といった具合。<br /><br />この辺は、ずっと妻のターンですが、私も異国のお店を回るのは、名所を回っているような感覚で、なかなか楽しいです。<br /><br />ほかにアカデミア書店や雑貨屋さんものぞいてみました。

    いわずと知れたマリメッコ・・・

    などといっていますが、北欧旅行を計画した当初、私は知りませんでした。
    名前も覚えられず、まりもっこりみたいな・・・といった具合。

    この辺は、ずっと妻のターンですが、私も異国のお店を回るのは、名所を回っているような感覚で、なかなか楽しいです。

    ほかにアカデミア書店や雑貨屋さんものぞいてみました。

    マリメッコ (マリクルマ店) その他の店舗

  • ホテルで少し休憩後、予約していた「コンスタン・モルヤ」へ。<br />地元の人が多くいて、一瞬アウェー感がありましたが、女性店員さんのおもてなしが素敵で、すぐに空気になじめました。<br /><br />彼女は日本への留学経験もあり、日本語も少し喋れるとのことでした。<br />

    ホテルで少し休憩後、予約していた「コンスタン・モルヤ」へ。
    地元の人が多くいて、一瞬アウェー感がありましたが、女性店員さんのおもてなしが素敵で、すぐに空気になじめました。

    彼女は日本への留学経験もあり、日本語も少し喋れるとのことでした。

    コンスタン モルヤ 地元の料理

  • 店内の様子。<br /><br />写真右側のところに料理が並んでいます。<br />19:30頃からすごい数の人(多分学生?)がやってきました。<br />席の予約をお勧めします。

    店内の様子。

    写真右側のところに料理が並んでいます。
    19:30頃からすごい数の人(多分学生?)がやってきました。
    席の予約をお勧めします。

    コンスタン モルヤ 地元の料理

  • 例の女性店員さんが基本的な食べ方を教えてくれます。<br /><br />最初は冷菜、特にニシンを先に食べるようです。<br /><br />ニシンのほかに、サーモン、野菜の煮込み、付け合わせの芋を持ってきました。

    例の女性店員さんが基本的な食べ方を教えてくれます。

    最初は冷菜、特にニシンを先に食べるようです。

    ニシンのほかに、サーモン、野菜の煮込み、付け合わせの芋を持ってきました。

    コンスタン モルヤ 地元の料理

  • 二皿目は肉料理を持ってきました。<br /><br />チキンは、日本人的にも癖がなくおいしく食べやすい。<br />トナカイの煮込みとカレー味をつけたものもいただきました。<br /><br />煮込みは、味付けはおいしいものの若干の獣臭さも感じましたが、リンゴベリーのソースがいい働きをしてくれます。<br /><br />甘いソースと合うのだろうか?という疑問がありましたが、一発で解消です。<br /><br />そして、昼というか夕方のサーモンスープ、ニシンのフライがここで効いてきます。<br />せっかくのおいしいビュッフェ。まだまだ食べたいのですが、あとサーモンを少し食べるので僕らは限界を迎えました。<br /><br />飲み物含めて二人で51ユーロ。<br />決して安価ではないですが、北欧ではなかなかのコスパです。<br />おいしいのでおなかをすかせての訪問をお勧めします。

    二皿目は肉料理を持ってきました。

    チキンは、日本人的にも癖がなくおいしく食べやすい。
    トナカイの煮込みとカレー味をつけたものもいただきました。

    煮込みは、味付けはおいしいものの若干の獣臭さも感じましたが、リンゴベリーのソースがいい働きをしてくれます。

    甘いソースと合うのだろうか?という疑問がありましたが、一発で解消です。

    そして、昼というか夕方のサーモンスープ、ニシンのフライがここで効いてきます。
    せっかくのおいしいビュッフェ。まだまだ食べたいのですが、あとサーモンを少し食べるので僕らは限界を迎えました。

    飲み物含めて二人で51ユーロ。
    決して安価ではないですが、北欧ではなかなかのコスパです。
    おいしいのでおなかをすかせての訪問をお勧めします。

    コンスタン モルヤ 地元の料理

  • 満腹と疲労でフラフラになりながらも少しお散歩。<br /><br />カンピ礼拝堂です。<br />こんなに明るくても20:40<br />中はさすがに開いていませんでしたが、そとからでも満足。

    満腹と疲労でフラフラになりながらも少しお散歩。

    カンピ礼拝堂です。
    こんなに明るくても20:40
    中はさすがに開いていませんでしたが、そとからでも満足。

    カンピ礼拝堂 寺院・教会

  • 21:00を前にホテルに帰ってきました。<br />ようやく暗くなってきました。<br /><br />この後は、シャワーを浴び、寝よう!と思う間もなく寝てしまいました。<br /><br />長かった初日も終了です。

    21:00を前にホテルに帰ってきました。
    ようやく暗くなってきました。

    この後は、シャワーを浴び、寝よう!と思う間もなく寝てしまいました。

    長かった初日も終了です。

    ホテル フィン ホテル

    必要にして十分 by たいじろうさん
19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019GW北欧4か国周遊の旅

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フィンランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フィンランド最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フィンランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集