その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫<br />2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間<br /><br />目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。<br />(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)<br /><br />①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる<br />②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ<br />③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行<br />④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。<br />⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども<br />番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。<br />⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊<br />⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。<br />⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院<br />番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話<br /><br />写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼

ドイツの春:番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話

24いいね!

2018/05/10 - 2018/05/24

60位(同エリア226件中)

旅行記グループ ドイツ以外の伝説・民話

0

10

≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫
2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間

目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。
(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)

①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる
②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ
③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行
④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。
⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども
番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。
⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊
⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。
⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院
番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話

写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月15日(火): 晴 、 19.5℃、 141km<br /><br /><伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話><br />(ドイツ語:Franziskus von Assisi 、ラテン語:Franciscus de Assisio)<br /><br />Franziskus von Assisi アッシジのフランシスコ(フランチェスコとも云う:1182年~1226年)はフランシスコ会(フランチェスコ会)の創設者として知られるカトリック修道士である。<br />中世イタリアにおける最も著名な聖人のひとりであり、イタリアの守護聖人となっている。<br /><br />フランシスコは1181年もしくは1182年に、イタリア半島中部ウンブリア地方のアッシジで生まれた。1226年、アッシジに移送され、ポルツィウンコラで死去。遺体はサン・ジョルジョ聖堂に葬られる。<br /><br />写真は丘陵上に広がるアッシジの街 <br />山上の「岩」(ロッカ)の城は1198年の市民蜂起で破壊され、現在の城は14世紀から15世紀にかけて再建されたものである。<br />

    5月15日(火): 晴 、 19.5℃、 141km

    <伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話>
    (ドイツ語:Franziskus von Assisi 、ラテン語:Franciscus de Assisio)

    Franziskus von Assisi アッシジのフランシスコ(フランチェスコとも云う:1182年~1226年)はフランシスコ会(フランチェスコ会)の創設者として知られるカトリック修道士である。
    中世イタリアにおける最も著名な聖人のひとりであり、イタリアの守護聖人となっている。

    フランシスコは1181年もしくは1182年に、イタリア半島中部ウンブリア地方のアッシジで生まれた。1226年、アッシジに移送され、ポルツィウンコラで死去。遺体はサン・ジョルジョ聖堂に葬られる。

    写真は丘陵上に広がるアッシジの街
    山上の「岩」(ロッカ)の城は1198年の市民蜂起で破壊され、現在の城は14世紀から15世紀にかけて再建されたものである。

  • アッシジの聖フランシスコが残した様々な話(Wiki参照・抜粋)がある。<br />この絵はジョット(Giotto di Bondone、1267年頃-1337年1月8日)は中世後期のイタリア人画家、建築家)が書いた絵と云われている。<br /><br />父の不在中、フランシスコは商品を持ち出して近隣の町で売り払い、その代金をサン・ダミアノの下級司祭に差し出した。帰宅してそれを知った父親は怒り、家業の商売に背を向けて自分の道を進もうとする息子との間に確執を生むことになる。最後には、アッシジ司教の前で父子は対決するのだが、フランシスコは服を脱いで裸となり、「全てをお返しします」として衣服を父に差し出し、フランシスコにとっての父は「天の父=キリスト」だけだとして親子の縁を切った。<br /><br />写真は「着物を返すフランシスコ」(画:ジョット・ディ・ボンドーネ、1305年頃) 着ていたものを全部脱いで父に返し、世俗とのきずなを完全に絶ったフランシスコ。

    アッシジの聖フランシスコが残した様々な話(Wiki参照・抜粋)がある。
    この絵はジョット(Giotto di Bondone、1267年頃-1337年1月8日)は中世後期のイタリア人画家、建築家)が書いた絵と云われている。

    父の不在中、フランシスコは商品を持ち出して近隣の町で売り払い、その代金をサン・ダミアノの下級司祭に差し出した。帰宅してそれを知った父親は怒り、家業の商売に背を向けて自分の道を進もうとする息子との間に確執を生むことになる。最後には、アッシジ司教の前で父子は対決するのだが、フランシスコは服を脱いで裸となり、「全てをお返しします」として衣服を父に差し出し、フランシスコにとっての父は「天の父=キリスト」だけだとして親子の縁を切った。

    写真は「着物を返すフランシスコ」(画:ジョット・ディ・ボンドーネ、1305年頃) 着ていたものを全部脱いで父に返し、世俗とのきずなを完全に絶ったフランシスコ。

  • フランシスコに関する文献資料は数多くあり、そのなかには師を偲ぶ弟子の修道士たちによって記された、『聖フランシスコの小さい花』(I Fioretti)と題する14世紀完成の伝記があり、多くの人に親しまれている。そこに記されたフランシスコの生き方は、まさに「托鉢修道士の鑑」である。 <br /><br />また、フランシスコの思想の性格をよくあらわしたものに、彼の死の床で歌われたという有名な「被造物の讃歌」がある。<br />この讃歌は、「もの皆こぞりて御神を讃えよ、光のはらから(同胞)なる日を讃えよ」という著名な一節から「(兄弟たる)太陽の讃歌」と呼ばれることもある。<br /><br />写真はフランシスコが「小鳥への説教」をした事で知られている(画:ジョット、1305年頃の作と云われる)。<br />

    フランシスコに関する文献資料は数多くあり、そのなかには師を偲ぶ弟子の修道士たちによって記された、『聖フランシスコの小さい花』(I Fioretti)と題する14世紀完成の伝記があり、多くの人に親しまれている。そこに記されたフランシスコの生き方は、まさに「托鉢修道士の鑑」である。

    また、フランシスコの思想の性格をよくあらわしたものに、彼の死の床で歌われたという有名な「被造物の讃歌」がある。
    この讃歌は、「もの皆こぞりて御神を讃えよ、光のはらから(同胞)なる日を讃えよ」という著名な一節から「(兄弟たる)太陽の讃歌」と呼ばれることもある。

    写真はフランシスコが「小鳥への説教」をした事で知られている(画:ジョット、1305年頃の作と云われる)。

  • フランシスコの修道生活に関する思想はフランシスコ会の会則によく現れている。フランシスコ会の会則は、当時のベネディクト会の会規とはきわめて質の異なるものである一方、深い部分では互いに共通する特徴を有しており、フランシスコ会士は、より徹底した従順・清貧・貞潔に生きた。<br /><br />フランシスコは貧しさを礼賛することにかけては徹底しており、物質的な豊かさのみならず、精神的ないし知的な豊かささえも認めなかった<br />フランシスコは、清貧の理想について、これを当時の騎士道と吟遊詩人の言葉をになぞらえて、「清貧の貴婦人」という擬人法で表現した。<br />つまり、騎士が貴婦人に慇懃に奉仕し、吟遊詩人が賛美の歌を貴婦人に捧げるように、フランシスコも清貧のために献身することこそ理想と考えたのである。 <br /><br />フランシスコはまた、人間にとって本当に必要なものは愛と平和だけであり、それ以外のものはすべて不要だと主張し、いさかいや対立は所有することに端を発すると説いたように、その清貧の思想は彼の平和主義と分かちがたく結びついていた(以上Wiki:抜粋)。<br /><br />写真はAuerbach_(Merian)アウエルバッハ(メリアン作)

    フランシスコの修道生活に関する思想はフランシスコ会の会則によく現れている。フランシスコ会の会則は、当時のベネディクト会の会規とはきわめて質の異なるものである一方、深い部分では互いに共通する特徴を有しており、フランシスコ会士は、より徹底した従順・清貧・貞潔に生きた。

    フランシスコは貧しさを礼賛することにかけては徹底しており、物質的な豊かさのみならず、精神的ないし知的な豊かささえも認めなかった
    フランシスコは、清貧の理想について、これを当時の騎士道と吟遊詩人の言葉をになぞらえて、「清貧の貴婦人」という擬人法で表現した。
    つまり、騎士が貴婦人に慇懃に奉仕し、吟遊詩人が賛美の歌を貴婦人に捧げるように、フランシスコも清貧のために献身することこそ理想と考えたのである。

    フランシスコはまた、人間にとって本当に必要なものは愛と平和だけであり、それ以外のものはすべて不要だと主張し、いさかいや対立は所有することに端を発すると説いたように、その清貧の思想は彼の平和主義と分かちがたく結びついていた(以上Wiki:抜粋)。

    写真はAuerbach_(Merian)アウエルバッハ(メリアン作)

  • ニュルンベルクの北東45kmにあるAuerbach in der Oberpfalzアウエルバッハ・オーバープファルツ(人口8900人)と、その周辺地域は20世紀末まで長年高品質の鉄鉱石を産出してきた。そうした町や村を繋ぐDie Bayerische Eisenstrasseバイエルン鉄街道と言う観光街道がある。豊かな地域だけにこうした文化財が残ったのだろう。<br /><br />アウエルバッハのMichelfeldミッシェルフェルト地区にBischof Otto I. von Bambergバンベルクの司教オットー1世が(1189 年に列聖された)1119年に創立したベネディクト派のKloster Michelfeldミッシェルフェルト修道院がある。<br /><br />後期バロック様式のPfarrkirche St. Johannes Evangelista聖ヨハネ・エバンジェリスタ教区教会の聖堂は兄のCosmas Damian Asamコスマス・ダミアン・アザム(1686~1739年:油絵とフレスコ画を得意とした) と、弟のEgid Quirin Asamエギット・クウィリン・アザム(1692~1750年:彫刻とスタッコ細工を得意とした)が造営(1717年~)したもので、一見の価値あると云われているのを知り、こうしてやって来た。<br /><br />残念にも聖堂内は鉄柵が施錠されたままで、入ることができなかった。それでも聖堂をズームアップして写真を何とか撮ってみた。<br /><br />写真はKloster Michelfeldミッシェルフェルト修道院:1900年頃の絵

    ニュルンベルクの北東45kmにあるAuerbach in der Oberpfalzアウエルバッハ・オーバープファルツ(人口8900人)と、その周辺地域は20世紀末まで長年高品質の鉄鉱石を産出してきた。そうした町や村を繋ぐDie Bayerische Eisenstrasseバイエルン鉄街道と言う観光街道がある。豊かな地域だけにこうした文化財が残ったのだろう。

    アウエルバッハのMichelfeldミッシェルフェルト地区にBischof Otto I. von Bambergバンベルクの司教オットー1世が(1189 年に列聖された)1119年に創立したベネディクト派のKloster Michelfeldミッシェルフェルト修道院がある。

    後期バロック様式のPfarrkirche St. Johannes Evangelista聖ヨハネ・エバンジェリスタ教区教会の聖堂は兄のCosmas Damian Asamコスマス・ダミアン・アザム(1686~1739年:油絵とフレスコ画を得意とした) と、弟のEgid Quirin Asamエギット・クウィリン・アザム(1692~1750年:彫刻とスタッコ細工を得意とした)が造営(1717年~)したもので、一見の価値あると云われているのを知り、こうしてやって来た。

    残念にも聖堂内は鉄柵が施錠されたままで、入ることができなかった。それでも聖堂をズームアップして写真を何とか撮ってみた。

    写真はKloster Michelfeldミッシェルフェルト修道院:1900年頃の絵

  • 中庭には伝説「聖フランシスコと狼の像」が置かれていた。<br />像の横に説明分があったので写真に撮って、日本で調べてみた。<br /><br />その伝説は「アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話」としてFioretti di San Francesco21(前述:聖フランシスコの小さき花 第二十一章)にある話だった。<br /><br />写真はミッシェルフェルト修道院はフランシスコ会に属する:<br />D-91275 Auerbach‐Michelfeld 、Hauptstrasse2 

    中庭には伝説「聖フランシスコと狼の像」が置かれていた。
    像の横に説明分があったので写真に撮って、日本で調べてみた。

    その伝説は「アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話」としてFioretti di San Francesco21(前述:聖フランシスコの小さき花 第二十一章)にある話だった。

    写真はミッシェルフェルト修道院はフランシスコ会に属する:
    D-91275 Auerbach‐Michelfeld 、Hauptstrasse2 

  • <伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話><br /><br /><St.Franziskus und der Wolf von Gubbio<br />聖フランシスコとグッビオのオオカミ><br /><br />聖フランシスコ(死後に列聖)がグッビオの町に滞在していたとき、そのあたりの野に非常に大きな、たけだけしい狼が現れて、家畜ばかりか人までも襲ったので、町の人はみな大いに恐れていた。<br /><br />というのは、その狼は時々町の近くまで来ることがあったからである。みな町を出る時には戦争にでも行くように、武装して出て行った。それでもひとりでそ<br />の狼に出会うと、身を守ることができないほどであった。それでその狼の恐ろしさに、思い切って町を出る者もないようになってしまった。<br /><br />で、フランシスコは住民たちに同情して、町の人々が諌めるのもきかず、その狼に出会いたいと思い、聖い十字架のしるしをして、神に全くの信頼をかけつつ、同志たちと町の外へ出掛けたが、ほかの人々は途中で行くことをためらったので、フランシスコはひとり狼のすみかの方へ、道を歩き続けた。<br /><br />写真はミッシェルフェルト修道院:城のような大きな修道院

    <伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話>

    <St.Franziskus und der Wolf von Gubbio
    聖フランシスコとグッビオのオオカミ>

    聖フランシスコ(死後に列聖)がグッビオの町に滞在していたとき、そのあたりの野に非常に大きな、たけだけしい狼が現れて、家畜ばかりか人までも襲ったので、町の人はみな大いに恐れていた。

    というのは、その狼は時々町の近くまで来ることがあったからである。みな町を出る時には戦争にでも行くように、武装して出て行った。それでもひとりでそ
    の狼に出会うと、身を守ることができないほどであった。それでその狼の恐ろしさに、思い切って町を出る者もないようになってしまった。

    で、フランシスコは住民たちに同情して、町の人々が諌めるのもきかず、その狼に出会いたいと思い、聖い十字架のしるしをして、神に全くの信頼をかけつつ、同志たちと町の外へ出掛けたが、ほかの人々は途中で行くことをためらったので、フランシスコはひとり狼のすみかの方へ、道を歩き続けた。

    写真はミッシェルフェルト修道院:城のような大きな修道院

  • ところが見よ、奇跡を見ようとやってきた町の人々は、あの狼が大口あけてフランシスコに飛びかかるのを目撃した。しかし狼が近くへ来ると、フランシスコはそれに向かって十字架のしるしをし、呼びよせてこう言った。<br /><br />「兄弟オオカミよ、こちらに来なさい。わたしはキリストのみ名によって命令する、おまえはわたしにもほかのだれにも、害を加えてはならない。」するとふしぎにも、フランシスコが十字架のしるしをするやいなや、恐ろしい狼は口を閉じて、走るのをやめた。そして命令に従い、小羊のようにおとなしくなって、フランシスコの足許にひれふした。<br /><br />そこでフランシスコは言った。「兄弟オオカミよ、おまえはこの辺りで多くの害を働いた。神の造られたものを害したり殺したりして、おまえは大きな罪を犯した。家畜を殺して食べたばかりでなく、神の姿に似せて造られた人間までも殺すような、だいそれたことをした。だからおまえは、強盗や恥ずかしい人殺しのように、絞首台に送られて当然なのだ。また人々はみなおまえをののしり、おまえを責めて、町中こぞっておまえの敵だ。<br /><br />しかし兄弟オオカミよ、わたしはおまえと町の人とを和睦させようと思う。それには、おまえの方で町の人に近よらず、町の人の方でおまえの過去の罪をことごとくゆるし、人も犬もこれからおまえをいじめないようにしよう。」<br /><br />このことばを聞くと狼は、からだや尾や耳を動かし頭をさげて、フランシスコの申し出を受け入れ、それを守るつもりということを表わした。フランシスコはさらに言った。「兄弟オオカミよ、おまえは和睦を結び、かつ守ることに同意した。だからわたしはおまえに約束しよう。すなわちおまえがもうひもじい思いをしないですむように、おまえの生きている間、町の人に食べものを与えてもらうようにしよう。なぜかと言えば、わたしはおまえが悪さをするのは、みな空腹のためだとよく知っているからだ。けれどもわたしがおまえにこの恵みを与えるからには、兄弟オオカミよ、おまえも今後はもう人にも家畜にも、決して危害を加えないと約束してくれなければこまる。わたしにその約束をしてくれるか。」狼は頭をさげて、その約束をするつもりであることを明らかに示した。<br /><br />フランシスコは言った。「兄弟オオカミよ、おまえはその約束をするという証拠を見せてくれなければならぬ、わたしがそれを信じることができるように。」そしてフランシスコが証拠を求めて手をさし出すと、狼は前足をあげて、なれなれしくフランシスコの手にのせ、それで自分にできる保証のしるしを示した。<br /><br />写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼の銅像

    ところが見よ、奇跡を見ようとやってきた町の人々は、あの狼が大口あけてフランシスコに飛びかかるのを目撃した。しかし狼が近くへ来ると、フランシスコはそれに向かって十字架のしるしをし、呼びよせてこう言った。

    「兄弟オオカミよ、こちらに来なさい。わたしはキリストのみ名によって命令する、おまえはわたしにもほかのだれにも、害を加えてはならない。」するとふしぎにも、フランシスコが十字架のしるしをするやいなや、恐ろしい狼は口を閉じて、走るのをやめた。そして命令に従い、小羊のようにおとなしくなって、フランシスコの足許にひれふした。

    そこでフランシスコは言った。「兄弟オオカミよ、おまえはこの辺りで多くの害を働いた。神の造られたものを害したり殺したりして、おまえは大きな罪を犯した。家畜を殺して食べたばかりでなく、神の姿に似せて造られた人間までも殺すような、だいそれたことをした。だからおまえは、強盗や恥ずかしい人殺しのように、絞首台に送られて当然なのだ。また人々はみなおまえをののしり、おまえを責めて、町中こぞっておまえの敵だ。

    しかし兄弟オオカミよ、わたしはおまえと町の人とを和睦させようと思う。それには、おまえの方で町の人に近よらず、町の人の方でおまえの過去の罪をことごとくゆるし、人も犬もこれからおまえをいじめないようにしよう。」

    このことばを聞くと狼は、からだや尾や耳を動かし頭をさげて、フランシスコの申し出を受け入れ、それを守るつもりということを表わした。フランシスコはさらに言った。「兄弟オオカミよ、おまえは和睦を結び、かつ守ることに同意した。だからわたしはおまえに約束しよう。すなわちおまえがもうひもじい思いをしないですむように、おまえの生きている間、町の人に食べものを与えてもらうようにしよう。なぜかと言えば、わたしはおまえが悪さをするのは、みな空腹のためだとよく知っているからだ。けれどもわたしがおまえにこの恵みを与えるからには、兄弟オオカミよ、おまえも今後はもう人にも家畜にも、決して危害を加えないと約束してくれなければこまる。わたしにその約束をしてくれるか。」狼は頭をさげて、その約束をするつもりであることを明らかに示した。

    フランシスコは言った。「兄弟オオカミよ、おまえはその約束をするという証拠を見せてくれなければならぬ、わたしがそれを信じることができるように。」そしてフランシスコが証拠を求めて手をさし出すと、狼は前足をあげて、なれなれしくフランシスコの手にのせ、それで自分にできる保証のしるしを示した。

    写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼の銅像

  • フランシスコはさらに言った。「兄弟オオカミよ、わたしはイエズス・キリストのみ名によっておまえに命令する。こわがらず、わたしといっしょに来なさい、わたしたちは神のみ名によってこの仲直りをしようと思うから。」狼は馴れた小羊のように従順に、かれについて来た。<br /><br />町の人々はそれを見て大いにおどろきそのめずらしい話はたちまち町中に知れわたった。それで男も女も、若者も老人もみな、フランシスコと狼を見ようと、広場に集まって来た。<br />人々がことごとくそこに集まると、フランシスコは立ちあがってかれらに説教し、その時ことに神が罪のためにこういう災いを許されたことを力説した。「のろわれた者を責める永遠に消えない地獄の火は、からだのほかは殺すことのできない狼の猛威よりも、はるかに恐ろしいものである。小さな野獣の口ひとつに対してさえ、これほど大勢の人が不安と恐れをおぼえるならば、まして地獄の深い淵はどれほど恐ろしいことであろうか。<br /><br />愛するみなさん。神の許に立ち帰って、自分の罪にふさわしいつぐないをしなさい。そうすれば神は、この世では狼から、のちの世では永遠の火から、みなさんを救ってくださるだろう。」その説教がすむと、フランシスコは言葉をつぎ、「愛する兄弟たちよ、聞きなさい。みなさんの前にある兄弟オオカミは、みなさんがかれに命をつなぐ必要な物を与えると約束すれば、みなさんと仲直りし、これから決してみなさんに、どんな危害も加えないことを約束し、わたしにそれを保証している。で、わたしもオオカミが和睦の約束を必ず守るであろうことを、オオカミのために保証する」と言った。・・・・・・・・・・・<br /><br />町の人々はみな声をそろえて、その狼にいつでも食べものを与えると約束した。<br />フランシスコはそれからすべての人の前で、狼に尋ねて言った、「兄弟オオカミよ、おまえも町の人々に対して、人も家畜もそのほかの被造物も、害しないという和睦の条件を守ると約束するか。」すると狼はひざまずいて頭をさげ、からだや尾や耳をできるだけ動かし、その約束を守るつもりであることを明らかにした。<br /><br />フランシスコがなおも「兄弟オオカミよ、おまえは町の門前でわたしにこの約束を保証したように、こんどはここの人々の前で、わたしがおまえのためにしてやった保証を、ほごにしないというしるしを、わたしに与えてくれなければならない」と言うと、オオカミは右の前足をあげて、フランシスコの手の中においた。このこと、および前に述べたできごとについて、あるいは聖人の敬虔さにより、あるいはその奇跡のめずらしさにより、またあるいは狼と仲よくなったということにより、すべての人の間に非常なおどろきと喜びが生じ、一同天に向かって叫び、神をほめたたえた。主がフランシスコをかれらのもとに遣わされ、かれはその功徳によって、町の人々を残酷な野獣から救ったからである。<br /><br />グッビオの狼はまだ二年の間生きていた。<br />そして親しげに家々を戸毎にまわり、だれにも害を加えず、またなんの虐待も受けなかった。人々はかれをこころよく養い、かれがそのように町を歩く時は、一ぴきの犬もそのうしろからほえなかった。<br /><br />ついに二年ののち、その狼が老衰して死ぬと、町の人々はひどくなげき悲しんだ。それはかれがおとなしく町の中を行くのを見ると、それだけよく聖フランシスコの徳や尊さが思い出せたからである。<br /><br />・・・・・・・・・・キリストの賛美のために。アーメン<br />*Fioretti di San Francesco, 21聖フランシスコの小さき花 第二十一章 光明社より<br /><br />XXXXX<br /><br />写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼

    フランシスコはさらに言った。「兄弟オオカミよ、わたしはイエズス・キリストのみ名によっておまえに命令する。こわがらず、わたしといっしょに来なさい、わたしたちは神のみ名によってこの仲直りをしようと思うから。」狼は馴れた小羊のように従順に、かれについて来た。

    町の人々はそれを見て大いにおどろきそのめずらしい話はたちまち町中に知れわたった。それで男も女も、若者も老人もみな、フランシスコと狼を見ようと、広場に集まって来た。
    人々がことごとくそこに集まると、フランシスコは立ちあがってかれらに説教し、その時ことに神が罪のためにこういう災いを許されたことを力説した。「のろわれた者を責める永遠に消えない地獄の火は、からだのほかは殺すことのできない狼の猛威よりも、はるかに恐ろしいものである。小さな野獣の口ひとつに対してさえ、これほど大勢の人が不安と恐れをおぼえるならば、まして地獄の深い淵はどれほど恐ろしいことであろうか。

    愛するみなさん。神の許に立ち帰って、自分の罪にふさわしいつぐないをしなさい。そうすれば神は、この世では狼から、のちの世では永遠の火から、みなさんを救ってくださるだろう。」その説教がすむと、フランシスコは言葉をつぎ、「愛する兄弟たちよ、聞きなさい。みなさんの前にある兄弟オオカミは、みなさんがかれに命をつなぐ必要な物を与えると約束すれば、みなさんと仲直りし、これから決してみなさんに、どんな危害も加えないことを約束し、わたしにそれを保証している。で、わたしもオオカミが和睦の約束を必ず守るであろうことを、オオカミのために保証する」と言った。・・・・・・・・・・・

    町の人々はみな声をそろえて、その狼にいつでも食べものを与えると約束した。
    フランシスコはそれからすべての人の前で、狼に尋ねて言った、「兄弟オオカミよ、おまえも町の人々に対して、人も家畜もそのほかの被造物も、害しないという和睦の条件を守ると約束するか。」すると狼はひざまずいて頭をさげ、からだや尾や耳をできるだけ動かし、その約束を守るつもりであることを明らかにした。

    フランシスコがなおも「兄弟オオカミよ、おまえは町の門前でわたしにこの約束を保証したように、こんどはここの人々の前で、わたしがおまえのためにしてやった保証を、ほごにしないというしるしを、わたしに与えてくれなければならない」と言うと、オオカミは右の前足をあげて、フランシスコの手の中においた。このこと、および前に述べたできごとについて、あるいは聖人の敬虔さにより、あるいはその奇跡のめずらしさにより、またあるいは狼と仲よくなったということにより、すべての人の間に非常なおどろきと喜びが生じ、一同天に向かって叫び、神をほめたたえた。主がフランシスコをかれらのもとに遣わされ、かれはその功徳によって、町の人々を残酷な野獣から救ったからである。

    グッビオの狼はまだ二年の間生きていた。
    そして親しげに家々を戸毎にまわり、だれにも害を加えず、またなんの虐待も受けなかった。人々はかれをこころよく養い、かれがそのように町を歩く時は、一ぴきの犬もそのうしろからほえなかった。

    ついに二年ののち、その狼が老衰して死ぬと、町の人々はひどくなげき悲しんだ。それはかれがおとなしく町の中を行くのを見ると、それだけよく聖フランシスコの徳や尊さが思い出せたからである。

    ・・・・・・・・・・キリストの賛美のために。アーメン
    *Fioretti di San Francesco, 21聖フランシスコの小さき花 第二十一章 光明社より

    XXXXX

    写真はミッシェルフェルト修道院:聖フランシスコと狼

  • 写真はミッシェルフェルト修道院:アザム兄弟の傑作作品<br /><br />参考:<br />2018年ドイツの春:⑧懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院<br />https://4travel.jp/travelogue/11380795

    写真はミッシェルフェルト修道院:アザム兄弟の傑作作品

    参考:
    2018年ドイツの春:⑧懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院
    https://4travel.jp/travelogue/11380795

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集