奈良市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
先般、おんまつりを拝見して、奈良は仏像だけじゃない。お祭りも意外に面白いということに気が付かされました。そして、さらに調べてみると節分もなんか凄いのがあるじゃないですか。これは行かないわけにはいきませんね。ということで、今年の節分は奈良で決まり。さっそく出かけてみることにしました。<br /><br />ただ、節分の日の奈良はイベントが目白押し。どこをどう見ればいいのやら。おおよその時間を考えて元興寺の「柴燈大護摩供」、東大寺の「豆まき」、興福寺の「追儺会」に最後は春日神社の「節分万燈籠」という順番にしましたが、元興寺の「柴燈大護摩供」と東大寺の「豆まき」は逆もあって、元興寺の「柴燈大護摩供」を重視するかどうかが考えどころでしょう。私は、元興寺を優先したので、結果的には東大寺の「豆まき」に行った時には、もう後片付けの最中でした。<br /><br />それはそれとして。イベントの中でも一番の注目はやはり興福寺の追儺会でしょうか。興福寺の東金堂の前に設けられた舞台では、法要の後に引き続いて、赤・青・黒の三匹の鬼が登場すると。。<br />悪の権化の鬼たちは、ガオー、ガオー。さっそく大声を出して周囲を威嚇します。そして、今度はやおら酒を飲んで酔いが回ってくると、松明を片手にますます激しく暴れ狂う。いったいどうなるんだあ。しかし、正義の味方、毘沙門天が現れ、鬼を一刀両断に退治すると福を呼ぶ大黒様が後を引き継いで、豆まきのサービス。勧善懲悪。ストーリーが単純明快な楽しい内容のイベントでした。<br />追儺会自体はあっという間のことでしたが、一方で、待ち時間の方はというと夕方4時半の開場から3時間ほども。我ながら寒い中でよく待ったものだと思いますが、かなりの辛抱も必要なことは申し添えておきたいと思います。<br /><br />続いての春日大社の万燈籠は、年に二回、合わせて三日間。お盆に二日とこの節分万燈籠の一日に行われる貴重なもの。<br />それにしても、暗闇の参道を手探りみたいな感じで歩いて行った先に神社が現れるとホッとしますね。周囲の燈籠に灯が入って、幻想的な光景。本殿や廻廊のライトアップと合わせて、これは一見の価値があるでしょう。ただ、見た瞬間にすごいという感じではなくて、じわじわその美しさが伝わってくるような。慌てず、じっくり拝観するのがお勧めです。

イベント目白押しの奈良の節分から京都冬の旅へ(一日目)~元興寺の「柴燈大護摩供」から東大寺の「豆まき」、興福寺の「追儺会」に最後は春日神社の「節分万燈籠」。上手に回ろうと思ってもそれは無理。とにかく一気呵成に攻めるしかありません~

147いいね!

2018/02/03 - 2018/02/03

31位(同エリア4458件中)

0

128

たびたび

たびたびさん

先般、おんまつりを拝見して、奈良は仏像だけじゃない。お祭りも意外に面白いということに気が付かされました。そして、さらに調べてみると節分もなんか凄いのがあるじゃないですか。これは行かないわけにはいきませんね。ということで、今年の節分は奈良で決まり。さっそく出かけてみることにしました。

ただ、節分の日の奈良はイベントが目白押し。どこをどう見ればいいのやら。おおよその時間を考えて元興寺の「柴燈大護摩供」、東大寺の「豆まき」、興福寺の「追儺会」に最後は春日神社の「節分万燈籠」という順番にしましたが、元興寺の「柴燈大護摩供」と東大寺の「豆まき」は逆もあって、元興寺の「柴燈大護摩供」を重視するかどうかが考えどころでしょう。私は、元興寺を優先したので、結果的には東大寺の「豆まき」に行った時には、もう後片付けの最中でした。

それはそれとして。イベントの中でも一番の注目はやはり興福寺の追儺会でしょうか。興福寺の東金堂の前に設けられた舞台では、法要の後に引き続いて、赤・青・黒の三匹の鬼が登場すると。。
悪の権化の鬼たちは、ガオー、ガオー。さっそく大声を出して周囲を威嚇します。そして、今度はやおら酒を飲んで酔いが回ってくると、松明を片手にますます激しく暴れ狂う。いったいどうなるんだあ。しかし、正義の味方、毘沙門天が現れ、鬼を一刀両断に退治すると福を呼ぶ大黒様が後を引き継いで、豆まきのサービス。勧善懲悪。ストーリーが単純明快な楽しい内容のイベントでした。
追儺会自体はあっという間のことでしたが、一方で、待ち時間の方はというと夕方4時半の開場から3時間ほども。我ながら寒い中でよく待ったものだと思いますが、かなりの辛抱も必要なことは申し添えておきたいと思います。

続いての春日大社の万燈籠は、年に二回、合わせて三日間。お盆に二日とこの節分万燈籠の一日に行われる貴重なもの。
それにしても、暗闇の参道を手探りみたいな感じで歩いて行った先に神社が現れるとホッとしますね。周囲の燈籠に灯が入って、幻想的な光景。本殿や廻廊のライトアップと合わせて、これは一見の価値があるでしょう。ただ、見た瞬間にすごいという感じではなくて、じわじわその美しさが伝わってくるような。慌てず、じっくり拝観するのがお勧めです。

PR

  • 節分のイベントは午後からになるので、午前中は以前から気になっていた生駒の国宝、長弓寺辺りの散策からのスタートです。<br />白庭台駅から歩きますが、途中の川端風太朗。生駒ではかなりの人気店のようですね。ロードサイドに大型店舗を構えていました。

    節分のイベントは午後からになるので、午前中は以前から気になっていた生駒の国宝、長弓寺辺りの散策からのスタートです。
    白庭台駅から歩きますが、途中の川端風太朗。生駒ではかなりの人気店のようですね。ロードサイドに大型店舗を構えていました。

  • 店内に入ると正面にショーケースがありますが、その傍らにけっこう広いイートインスペースがあって、この木の香りがするような雰囲気も人気の理由の一つではないかと思います。<br />いただいたのは、シュークリーム。ちょっと大きめ。卵の香りがするような自然派のクリームです。

    店内に入ると正面にショーケースがありますが、その傍らにけっこう広いイートインスペースがあって、この木の香りがするような雰囲気も人気の理由の一つではないかと思います。
    いただいたのは、シュークリーム。ちょっと大きめ。卵の香りがするような自然派のクリームです。

  • ほどなく、長弓寺の山門です。<br />長弓寺の長弓は、聖武天皇に仕えた小野真弓長弓という人物のこと。聖武天皇の狩りに随行した際、息子の矢に当たって死んでしまうのですが、天皇はこれを憐れみ、行基に命じて一寺を建立したというのです。<br />

    ほどなく、長弓寺の山門です。
    長弓寺の長弓は、聖武天皇に仕えた小野真弓長弓という人物のこと。聖武天皇の狩りに随行した際、息子の矢に当たって死んでしまうのですが、天皇はこれを憐れみ、行基に命じて一寺を建立したというのです。

  • 生駒の山里といった感じの地区にあって、境内には塔頭がいくつも。ちょっとした寺院群を形成していて、そこそこの活気も感じます。

    生駒の山里といった感じの地区にあって、境内には塔頭がいくつも。ちょっとした寺院群を形成していて、そこそこの活気も感じます。

  • 塔頭の一つ、法華院です。ここは愛染明王を本尊としていて、山門に大書してありました。

    塔頭の一つ、法華院です。ここは愛染明王を本尊としていて、山門に大書してありました。

  • 拝観はどうかなと思ったのですが、境内に入ると道案内があって、それを辿るとそのままお堂の方へ上がれるようになっていました。特に拝観をお願いしなくても気軽に拝観できる。なかなか捌けた塔頭です。

    拝観はどうかなと思ったのですが、境内に入ると道案内があって、それを辿るとそのままお堂の方へ上がれるようになっていました。特に拝観をお願いしなくても気軽に拝観できる。なかなか捌けた塔頭です。

  • 続いての塔頭は、薬師院。境内に入るとすぐにお堂があって、十一面観音、勢至菩薩、阿弥陀如来といった仏像。

    続いての塔頭は、薬師院。境内に入るとすぐにお堂があって、十一面観音、勢至菩薩、阿弥陀如来といった仏像。

  • こちらも、お寺の人に特にお願いをしなくても拝観できまして。これは長弓寺の塔頭の特徴なんでしょうか。ありがたいことです。

    こちらも、お寺の人に特にお願いをしなくても拝観できまして。これは長弓寺の塔頭の特徴なんでしょうか。ありがたいことです。

  • そして、奥に進むとあれが長弓寺本堂ですね。<br />

    そして、奥に進むとあれが長弓寺本堂ですね。

  • 本堂は、入母屋造、檜皮葺、桁行5間、梁間6間の密教仏堂。鎌倉時代の寺院建築を代表する新和様であり、国宝となっています。<br />

    イチオシ

    本堂は、入母屋造、檜皮葺、桁行5間、梁間6間の密教仏堂。鎌倉時代の寺院建築を代表する新和様であり、国宝となっています。

  • 外観を拝見するだけでしたが、和様建築はカチッと整っているのが特徴。その分、逆に面白みには欠けるきらいがあって、ここもそんなところは否めない。

    外観を拝見するだけでしたが、和様建築はカチッと整っているのが特徴。その分、逆に面白みには欠けるきらいがあって、ここもそんなところは否めない。

  • かといって、大きさもさほどでもないし、

    かといって、大きさもさほどでもないし、

  • やっぱり内部を見ないとイマイチ感動は薄いような。これだけでは価値は分からないような気がします。<br />長年気になっていたのですが、まあ、こんなことはよくあることですね。

    やっぱり内部を見ないとイマイチ感動は薄いような。これだけでは価値は分からないような気がします。
    長年気になっていたのですが、まあ、こんなことはよくあることですね。

  • 伊弉諾神社は、本堂から回ってすぐ。この神社は長弓寺の鎮守で、創建は長弓寺と同じく天平18年(746年)。<br />

    伊弉諾神社は、本堂から回ってすぐ。この神社は長弓寺の鎮守で、創建は長弓寺と同じく天平18年(746年)。

  • 最初の境内から本殿に向かう石段には長屋門が参道にかぶさるように覆っていて、その先には石鳥居。何重にも守られたような構造がちょっと特徴的かなと思います。

    最初の境内から本殿に向かう石段には長屋門が参道にかぶさるように覆っていて、その先には石鳥居。何重にも守られたような構造がちょっと特徴的かなと思います。

  • 長弓寺は、なんかあっさり終わってしまいまして。ここから、松伯美術館まで歩いてみることにしました。もうかなり経ってしまいましたが、上村松園の「花がたみ」とか。できればまた見てみたいものですよね。<br /><br />さて、歩く道すがらですが、洋菓子店がいくつかありまして。<br />ドイツ菓子 ゲベックは、学園前駅から学研北生駒駅を結ぶバス道路沿い。開けた住宅地の中にあって、こんなところに?といった感じのずんぐり堂々とした店構えです。<br />

    長弓寺は、なんかあっさり終わってしまいまして。ここから、松伯美術館まで歩いてみることにしました。もうかなり経ってしまいましたが、上村松園の「花がたみ」とか。できればまた見てみたいものですよね。

    さて、歩く道すがらですが、洋菓子店がいくつかありまして。
    ドイツ菓子 ゲベックは、学園前駅から学研北生駒駅を結ぶバス道路沿い。開けた住宅地の中にあって、こんなところに?といった感じのずんぐり堂々とした店構えです。

  • いただいたのは、アップルパイ。シナモンの香りと甘い砂糖のハーモニーが上品なおいしさですね。格調も高くて、お店の雰囲気とぴったりです。学園前は、奈良の芦屋。さすがこの辺りのスイーツは、レベルが高そうです。

    いただいたのは、アップルパイ。シナモンの香りと甘い砂糖のハーモニーが上品なおいしさですね。格調も高くて、お店の雰囲気とぴったりです。学園前は、奈良の芦屋。さすがこの辺りのスイーツは、レベルが高そうです。

  • さらに進んで、これはジュ・イルド。開けた場所に建つしゃれたたたずまいのお店です。<br />ゲベックの存在感もいけてましたが、このジュ・イルドも負けていませんね。

    さらに進んで、これはジュ・イルド。開けた場所に建つしゃれたたたずまいのお店です。
    ゲベックの存在感もいけてましたが、このジュ・イルドも負けていませんね。

  • ナッツのパイをテイクアウトしましたが、奥では常連さんがモーニングティー。地域の文化にも貢献しているようなお店です。

    ナッツのパイをテイクアウトしましたが、奥では常連さんがモーニングティー。地域の文化にも貢献しているようなお店です。

  • さて、しばらく歩いて、松伯美術館に到着。なんだか本当に久しぶりの訪問です。<br />

    さて、しばらく歩いて、松伯美術館に到着。なんだか本当に久しぶりの訪問です。

  • 館内には、上村松園だけでなく、松篁、淳之三代の作品を展示。

    館内には、上村松園だけでなく、松篁、淳之三代の作品を展示。

  • ただ、申し訳ありませんが、だんだん格が落ちていくので、前回来た時は、特に淳之氏の作品は同列に並べるのはちょっと無理があるという感じでした。ただ、今回の印象では、その後の研鑽もあってか、まあまあなんとかかんとか恥ずかしくないようになっていて、少し安心しました。それはそれとして。。<br /><br />もう一度、松園の「花がたみ」を見たかったのですが、この日は他の作品。それでもやっぱり松園は松園。全体として穏やかに見えても、描く線の鋭さは師匠の栖鳳譲りでしょうね。改めて松園のすごさに触れたように思いました。これで、気分が一気に晴れやかになりましたよ~

    ただ、申し訳ありませんが、だんだん格が落ちていくので、前回来た時は、特に淳之氏の作品は同列に並べるのはちょっと無理があるという感じでした。ただ、今回の印象では、その後の研鑽もあってか、まあまあなんとかかんとか恥ずかしくないようになっていて、少し安心しました。それはそれとして。。

    もう一度、松園の「花がたみ」を見たかったのですが、この日は他の作品。それでもやっぱり松園は松園。全体として穏やかに見えても、描く線の鋭さは師匠の栖鳳譲りでしょうね。改めて松園のすごさに触れたように思いました。これで、気分が一気に晴れやかになりましたよ~

  • 御岳山大和本宮は、ついでに寄ってみます。松伯美術館から歩いて10分くらいです。<br />入口には赤い欄干の橋が架かって、

    御岳山大和本宮は、ついでに寄ってみます。松伯美術館から歩いて10分くらいです。
    入口には赤い欄干の橋が架かって、

  • その向こうには三角屋根の巨大な本殿。面白いというか、ここまでくると何んというか大仰な仕掛けをした新興宗教みたいな構えです。この日は節分。ここでも、この後、催し物が行われるようでした。

    その向こうには三角屋根の巨大な本殿。面白いというか、ここまでくると何んというか大仰な仕掛けをした新興宗教みたいな構えです。この日は節分。ここでも、この後、催し物が行われるようでした。

  • ここから学園前駅にはバスで。本数が何本もあるので、とっても便利です。

    ここから学園前駅にはバスで。本数が何本もあるので、とっても便利です。

  • さて、近鉄奈良駅に到着して。昼飯は、粟 ならまち店。ぶらぶらと歩きながら向かいます。<br />しももちいどの中ほどで、献上三笠という看板があって、これは鶴屋徳満。老舗なんでしょうが、外から見た感じだと店内は雑然とした感じで今一つですけどね。<br />

    さて、近鉄奈良駅に到着して。昼飯は、粟 ならまち店。ぶらぶらと歩きながら向かいます。
    しももちいどの中ほどで、献上三笠という看板があって、これは鶴屋徳満。老舗なんでしょうが、外から見た感じだと店内は雑然とした感じで今一つですけどね。

  • それでもと思って、献上三笠を見せてもらうとかなりの大きさ。一方で普通サイズは普通の三笠と比べても少し小さめ。それでも300円というのはけっこうなお値段ですね。<br />昼飯前だし、さらに小さな小鹿というのがあって、それも同じ味だというのでそれにしてみました。するとこれ餡子と一緒にお餅が入っていて、これには意表を突かれました。ちょっと違和感がないことはないですが、手が込んでいてお高めだったんですね。味的にもまあまあありかなという感じです。

    それでもと思って、献上三笠を見せてもらうとかなりの大きさ。一方で普通サイズは普通の三笠と比べても少し小さめ。それでも300円というのはけっこうなお値段ですね。
    昼飯前だし、さらに小さな小鹿というのがあって、それも同じ味だというのでそれにしてみました。するとこれ餡子と一緒にお餅が入っていて、これには意表を突かれました。ちょっと違和感がないことはないですが、手が込んでいてお高めだったんですね。味的にもまあまあありかなという感じです。

  • 粟 ならまち店に到着。こちらは、完全予約の大和野菜のお店なので、予約をしておいたんです。<br />

    粟 ならまち店に到着。こちらは、完全予約の大和野菜のお店なので、予約をしておいたんです。

  • 屋根裏部屋みたいな席に案内されて、(これって、萬御菓子誂処 樫舎とほとんど同じですけどね。)<br />女性がここまで料理を順番に運んできます。<br />

    屋根裏部屋みたいな席に案内されて、(これって、萬御菓子誂処 樫舎とほとんど同じですけどね。)
    女性がここまで料理を順番に運んできます。

  • その度に、料理に使われた野菜のことを名前だけでなく、産地やまた実際にその野菜を持ってきて実物を見せながら詳しく説明してくれる。

    イチオシ

    その度に、料理に使われた野菜のことを名前だけでなく、産地やまた実際にその野菜を持ってきて実物を見せながら詳しく説明してくれる。

  • 大和野菜への強い愛を感じました。

    大和野菜への強い愛を感じました。

  • 野菜はとっても種類が多いので、その分、体にもいいのかなあと思って食べるとまた格別です。

    野菜はとっても種類が多いので、その分、体にもいいのかなあと思って食べるとまた格別です。

  • 今日は、夜まで長い一日。これでしっかり準備が整ったと思います。ごちそうさまでした。

    今日は、夜まで長い一日。これでしっかり準備が整ったと思います。ごちそうさまでした。

  • 気が付くと、隣りに昔はお店だったのに今はお店を閉めてしまったというような建物がありまして。初めは勘違いしたのですが、お客さんが出入りしているので、それでミアズ ブレッドという現役のパン屋さんであることが分かった次第。

    気が付くと、隣りに昔はお店だったのに今はお店を閉めてしまったというような建物がありまして。初めは勘違いしたのですが、お客さんが出入りしているので、それでミアズ ブレッドという現役のパン屋さんであることが分かった次第。

  • つられてはいってみると、店内はなかなか雰囲気がある。いただいたパンもしっくりした柔らかさ。いいじゃないですか。丁寧な造りを窺わせています。

    つられてはいってみると、店内はなかなか雰囲気がある。いただいたパンもしっくりした柔らかさ。いいじゃないですか。丁寧な造りを窺わせています。

  • さて、ここからがイベント巡りの始まり。<br />事前の情報でも迫力ある内容のようでしたし、ここがいちばん近いこともあって、まずは元興寺から訪ねます。

    さて、ここからがイベント巡りの始まり。
    事前の情報でも迫力ある内容のようでしたし、ここがいちばん近いこともあって、まずは元興寺から訪ねます。

  • 節分会柴燈大護摩供は、立像と坐像二体の不動明王を本堂で供養する一方、境内では山伏による柴燈大護摩と火生三昧秘儀(火渡り行)を行うもの。<br />すでに、護摩壇が組まれて、周囲は黒山の人だかりです。

    節分会柴燈大護摩供は、立像と坐像二体の不動明王を本堂で供養する一方、境内では山伏による柴燈大護摩と火生三昧秘儀(火渡り行)を行うもの。
    すでに、護摩壇が組まれて、周囲は黒山の人だかりです。

  • ちょっと出遅れてしまった感もありましたが、少しずつ前の方に潜り込んで、これならまあまあのポジションかな。 <br />やおら火がつけられると

    ちょっと出遅れてしまった感もありましたが、少しずつ前の方に潜り込んで、これならまあまあのポジションかな。 
    やおら火がつけられると

  • もくもく白い煙がたってきて、

    もくもく白い煙がたってきて、

  • 油をたっぷり含んだ杉の葉が勢いよく燃え盛り始めます。

    油をたっぷり含んだ杉の葉が勢いよく燃え盛り始めます。

  • もともと元興寺は、南都七大寺の1つで南都六宗の三論宗と法相宗の寺だったのですが、今は真言宗律派。<br />この大仕掛けの演出は、加持祈祷を重んじる真言密教の姿そのものでしょう。

    もともと元興寺は、南都七大寺の1つで南都六宗の三論宗と法相宗の寺だったのですが、今は真言宗律派。
    この大仕掛けの演出は、加持祈祷を重んじる真言密教の姿そのものでしょう。

  • そして、火の加減を見極めると、山伏姿の法師は、次々と護摩木を投げ入れ始める。

    そして、火の加減を見極めると、山伏姿の法師は、次々と護摩木を投げ入れ始める。

  • えーい。そりゃー。<br />ドサドサ投げ込んでますよ~

    イチオシ

    えーい。そりゃー。
    ドサドサ投げ込んでますよ~

  • あらかた燃えたところで、解体作業。

    あらかた燃えたところで、解体作業。

  • くすぶっている炭をかき出して

    くすぶっている炭をかき出して

  • 一面に広げました。

    一面に広げました。

  • そこに燃え残った丸太を並べて、これで火渡りの準備完了。

    そこに燃え残った丸太を並べて、これで火渡りの準備完了。

  • まずは、導師自らが火渡りを行い、安全を確かめる。

    まずは、導師自らが火渡りを行い、安全を確かめる。

  • そして、今度は一般の参加者。料金は500円だったかな。

    そして、今度は一般の参加者。料金は500円だったかな。

  • 勇気を出して申し込んだ人たちです。次々、渡って、はいこれで無病息災間違いなしというところでしょう。<br />なるほど、一見の価値ありのイベントですね。

    勇気を出して申し込んだ人たちです。次々、渡って、はいこれで無病息災間違いなしというところでしょう。
    なるほど、一見の価値ありのイベントですね。

  • 元興寺を後にして。<br />元興寺の門前にある末廣堂さんでは豆餅をいただきました。

    元興寺を後にして。
    元興寺の門前にある末廣堂さんでは豆餅をいただきました。

  • ラップに包んであって、いかにも今朝作りましたっていう感じがいいですね。赤エンドウの色合いも美しいです。餡子は奈良の特徴、どっしりとした甘さ。奈良はこうじゃないといけません。期待通りのおいしさに満足です。

    ラップに包んであって、いかにも今朝作りましたっていう感じがいいですね。赤エンドウの色合いも美しいです。餡子は奈良の特徴、どっしりとした甘さ。奈良はこうじゃないといけません。期待通りのおいしさに満足です。

  • 元興寺から東大寺の豆まきに向かいますが、途中の興福寺。<br />東金堂では、今夜の「追儺会」の舞台ができていました。

    元興寺から東大寺の豆まきに向かいますが、途中の興福寺。
    東金堂では、今夜の「追儺会」の舞台ができていました。

  • 今だと入れるので、ちょっと拝見。

    今だと入れるので、ちょっと拝見。

  • なるほど。こんな風になっているんですね。<br />あとから来ますからね~

    なるほど。こんな風になっているんですね。
    あとから来ますからね~

  • 東大寺の南大門から、

    東大寺の南大門から、

  • 豆まきの行われる二月堂の前にやってきましたが。<br />もう後片付けですか。さっき元興寺では、東大寺の豆まきに寄ってから来たという人がいましたが、そっちの方が正解だったんでしょうかねえ。ただ、それだと、護摩行の全体は見れなかったでしょうし、やっぱり二つをうまく見るのは難しいかもしれません。

    豆まきの行われる二月堂の前にやってきましたが。
    もう後片付けですか。さっき元興寺では、東大寺の豆まきに寄ってから来たという人がいましたが、そっちの方が正解だったんでしょうかねえ。ただ、それだと、護摩行の全体は見れなかったでしょうし、やっぱり二つをうまく見るのは難しいかもしれません。

  • ところで、二月堂の縁をぐるりと回った先に北の茶所という無料の休憩所があります。中はちょっと薄暗いのですが、しっかりした広さもあるし、ちょっと腰かけるところもあるんですよね。

    ところで、二月堂の縁をぐるりと回った先に北の茶所という無料の休憩所があります。中はちょっと薄暗いのですが、しっかりした広さもあるし、ちょっと腰かけるところもあるんですよね。

  • 次は、興福寺の「追儺会」なんですが、まだ時間もあるし、ここでセルフサービスのお茶をいただきながら、時間を調整しました。<br />それにしても、ここでサービスのお茶を水筒に入れる人がいるんですよね。それはちょっとやりすぎ。控えてほしいと思います。

    次は、興福寺の「追儺会」なんですが、まだ時間もあるし、ここでセルフサービスのお茶をいただきながら、時間を調整しました。
    それにしても、ここでサービスのお茶を水筒に入れる人がいるんですよね。それはちょっとやりすぎ。控えてほしいと思います。

  • 東金堂に戻ってきました。<br />夕方4時半の開場と同時に中に入りましたが、実は開場前にもかなりの行列を待つ必要がありました。<br />そして、追儺会が始まるのは7時半。開場からでも、さらに3時間を待たないといけないんです。たまたま隣りに地元の人がいて、いろいろ情報をもらいながら待ちましたが、いずれにしても、けっこう寒いし、3時間は正直長い。これはかなり酷な条件かなとは思います。

    東金堂に戻ってきました。
    夕方4時半の開場と同時に中に入りましたが、実は開場前にもかなりの行列を待つ必要がありました。
    そして、追儺会が始まるのは7時半。開場からでも、さらに3時間を待たないといけないんです。たまたま隣りに地元の人がいて、いろいろ情報をもらいながら待ちましたが、いずれにしても、けっこう寒いし、3時間は正直長い。これはかなり酷な条件かなとは思います。

  • まずは、法要から。

    まずは、法要から。

  • たくさんの僧侶に檀家代表でしょうか。かなりの人数が堂内に入っていきます。

    たくさんの僧侶に檀家代表でしょうか。かなりの人数が堂内に入っていきます。

  • これはミス奈良?<br />彼女たちが混じると華やかな雰囲気になりますね。

    これはミス奈良?
    彼女たちが混じると華やかな雰囲気になりますね。

  • 法要が始まりましたが、

    法要が始まりましたが、

  • これも長い。ここまでずいぶん待ちましたが、極端な話、それと同じくらい長く感じます。<br />あれだけ多い人が順番に儀式をするので、長くかかるのは道理なんですがね。

    これも長い。ここまでずいぶん待ちましたが、極端な話、それと同じくらい長く感じます。
    あれだけ多い人が順番に儀式をするので、長くかかるのは道理なんですがね。

  • 法要がやっと終わったところで、みなさん堂前にせい揃い。

    法要がやっと終わったところで、みなさん堂前にせい揃い。

  • ミス奈良も追儺会を待ち構えます。

    ミス奈良も追儺会を待ち構えます。

  • いよいよ追儺会ですが、役員の方が追儺会の意味や見物時の注意点などをくだけた調子で説明してくれます。<br />「鬼はどこまでも悪い奴。退治されている姿を見ても、けっしてかわいそうになったり、応援したりしないように!」<br />そう言われれば、そうかも。なかなか面白い指摘です。<br />

    いよいよ追儺会ですが、役員の方が追儺会の意味や見物時の注意点などをくだけた調子で説明してくれます。
    「鬼はどこまでも悪い奴。退治されている姿を見ても、けっしてかわいそうになったり、応援したりしないように!」
    そう言われれば、そうかも。なかなか面白い指摘です。

  • さて、<br />堂の奥から現れましたよ~

    さて、
    堂の奥から現れましたよ~

  • 先頭は青鬼ですね。

    先頭は青鬼ですね。

  • これは、黒鬼。

    イチオシ

    これは、黒鬼。

  • 広い舞台をあっちこっち動き回る。<br />待ってましたあ。近くに来てくれえ。

    広い舞台をあっちこっち動き回る。
    待ってましたあ。近くに来てくれえ。

  • ガオーガオー。大きな声を出しながら、こちらを威嚇してきます。

    ガオーガオー。大きな声を出しながら、こちらを威嚇してきます。

  • これには大興奮。必死でシャッターを押し続けます。

    これには大興奮。必死でシャッターを押し続けます。

  • ただ、鬼の動きはけっこう速いし、

    イチオシ

    ただ、鬼の動きはけっこう速いし、

  • カメラはフラッシュの充電時間がかかってもどかしい。<br />早く早くう~

    カメラはフラッシュの充電時間がかかってもどかしい。
    早く早くう~

  • これでは、せっかくのシャッターチャンスを逃しちゃいますよ。

    イチオシ

    これでは、せっかくのシャッターチャンスを逃しちゃいますよ。

  • でも、なんとか撮れていなくもないかな。やれやれ、ひと安心。

    でも、なんとか撮れていなくもないかな。やれやれ、ひと安心。

  • さて、暴れまわった鬼たちは、べったり座り込んで

    さて、暴れまわった鬼たちは、べったり座り込んで

  • なんでしょう。

    なんでしょう。

  • ははあ。<br />大胆にも酒を要求しているんですね。

    ははあ。
    大胆にも酒を要求しているんですね。

  • しかたなく、要求にこたえて、酒を与えると

    しかたなく、要求にこたえて、酒を与えると

  • 鬼たちは

    鬼たちは

  • 大満足。

    大満足。

  • ぐびぐび飲んでいい気分。

    ぐびぐび飲んでいい気分。

  • しかし、酔いが回ると、

    しかし、酔いが回ると、

  • その凶暴な本性がまたいっそうパワーアップされて、

    その凶暴な本性がまたいっそうパワーアップされて、

  • ガオー、ガオー

    ガオー、ガオー

  • いっそう激しく暴れ始めます。

    いっそう激しく暴れ始めます。

  • 松明を持った青鬼。

    松明を持った青鬼。

  • 近くにやってきて、

    近くにやってきて、

  • 観衆を睨み付けています。

    イチオシ

    観衆を睨み付けています。

  • 赤鬼もガオー。<br />鬼たちはもうやりたい放題、し放題です。<br />一体どうなるんだあ。

    赤鬼もガオー。
    鬼たちはもうやりたい放題、し放題です。
    一体どうなるんだあ。

  • そこへ登場したのが、毘沙門天。<br />鬼の好き放題にはあっせないぞ。

    そこへ登場したのが、毘沙門天。
    鬼の好き放題にはあっせないぞ。

  • えいやー

    えいやー

  • とー

    とー

  • バッサバッサと

    バッサバッサと

  • 鬼をやっつけていく。<br />強い、強い。

    イチオシ

    鬼をやっつけていく。
    強い、強い。

  • 痛めつけられた鬼は平謝り。

    痛めつけられた鬼は平謝り。

  • 毘沙門天に連れられて、去って行きました。<br />めでたしめでたし。

    毘沙門天に連れられて、去って行きました。
    めでたしめでたし。

  • 毘沙門天の後を受けて登場したのは、大黒様。

    イチオシ

    毘沙門天の後を受けて登場したのは、大黒様。

  • 大きな袋を抱えています。

    大きな袋を抱えています。

  • 取り出した袋からは、皆さんに向けて豆まき。<br />しかし、それを巡ってえらいことになりましたあ。<br />私は、ここらで退散。春日大社の万燈籠に向かいます。

    取り出した袋からは、皆さんに向けて豆まき。
    しかし、それを巡ってえらいことになりましたあ。
    私は、ここらで退散。春日大社の万燈籠に向かいます。

  • 会場では、まだ賑わいが続いていますが、

    会場では、まだ賑わいが続いていますが、

  • それでは、さらばです。

    それでは、さらばです。

  • 春日神社の参道です。

    春日神社の参道です。

  • 入口辺りでは、参道の脇に灯籠が灯っていい感じだったのですが、それは最初の方だけ。途中からは目をつぶって歩くような暗闇になってしまって、厳しい状況。<br />この前のおん祭りでもそうでしたが、奈良は暗いことをなんとも思っていないような。この扱いに慣れていない人はかなり戸惑うかもしれませんね。

    入口辺りでは、参道の脇に灯籠が灯っていい感じだったのですが、それは最初の方だけ。途中からは目をつぶって歩くような暗闇になってしまって、厳しい状況。
    この前のおん祭りでもそうでしたが、奈良は暗いことをなんとも思っていないような。この扱いに慣れていない人はかなり戸惑うかもしれませんね。

  • 暗い闇を抜けて。<br />本殿に近づいてくると、やっと明るさが戻ってきましたよ。ほっとしますね。

    暗い闇を抜けて。
    本殿に近づいてくると、やっと明るさが戻ってきましたよ。ほっとしますね。

  • 楼門を入って、

    楼門を入って、

  • 奥の万燈籠のエリアに入って行きます。<br />この前、万燈籠再現の藤浪之屋でそれなりに見ていた光景なんですが、やっぱり本物は違いますね。

    奥の万燈籠のエリアに入って行きます。
    この前、万燈籠再現の藤浪之屋でそれなりに見ていた光景なんですが、やっぱり本物は違いますね。

  • 数多くの燈籠ですが、一つ一つにはそれぞれ祈願者の思いが込められている。

    数多くの燈籠ですが、一つ一つにはそれぞれ祈願者の思いが込められている。

  • 思いを燈籠という形にして、

    思いを燈籠という形にして、

  • そのことだけでも、もしかしたら大きな安らぎが得られたかもしれません。

    そのことだけでも、もしかしたら大きな安らぎが得られたかもしれません。

  • そして、祈願者の思いを感じながらそれを拝見するこちら側にとっても、

    イチオシ

    そして、祈願者の思いを感じながらそれを拝見するこちら側にとっても、

  • やはりなにか安らぎを感じてしまう。

    やはりなにか安らぎを感じてしまう。

  • 本社本殿の方も鮮やかにライトアップされていて、

    本社本殿の方も鮮やかにライトアップされていて、

  • 本殿の前には

    本殿の前には

  • 祭壇も設けられていました。ここは、ひと際、明るい一角です。

    祭壇も設けられていました。ここは、ひと際、明るい一角です。

  • そこを過ぎると、

    そこを過ぎると、

  • また静かな燈籠の世界。

    また静かな燈籠の世界。

  • 幾重にも重なって

    幾重にも重なって

  • どこかにいざなってくれるかのよう。

    どこかにいざなってくれるかのよう。

  • 見る角度によっても

    見る角度によっても

  • 印象が変わって行くし、 

    印象が変わって行くし、 

  • いろんな表情を見せてくれるのがまた一興です。<br />閉門まで30分くらいでしたが、だんだん目線があってきて、気持ちが落ち着くにはまあまあ十分な時間だったかなと思います。追儺会を早めに抜け出したおかげで、こちらもなんとか無事に拝見できました。よかった、よかった。

    いろんな表情を見せてくれるのがまた一興です。
    閉門まで30分くらいでしたが、だんだん目線があってきて、気持ちが落ち着くにはまあまあ十分な時間だったかなと思います。追儺会を早めに抜け出したおかげで、こちらもなんとか無事に拝見できました。よかった、よかった。

  • 市街に帰ってきて、遅い晩飯。奈良の店は閉まるのが早いので、こうした時に頼りになるのはやっぱり東向商店街ですね。<br />飛天は、東向商店街の中ほどにあるカジュアルな中華料理店。二階にあって、この日はちょっとした団体さんも入っていました。

    市街に帰ってきて、遅い晩飯。奈良の店は閉まるのが早いので、こうした時に頼りになるのはやっぱり東向商店街ですね。
    飛天は、東向商店街の中ほどにあるカジュアルな中華料理店。二階にあって、この日はちょっとした団体さんも入っていました。

  • いただいたのは、海鮮あんかけの炒飯。少し固めの炒飯が噛みしめながら味わうとまたいい感じ。これで、ひといきついた感じですね

    いただいたのは、海鮮あんかけの炒飯。少し固めの炒飯が噛みしめながら味わうとまたいい感じ。これで、ひといきついた感じですね

  • 今日の泊まりは、オークホステル奈良。東向北商店街の中ほどにあって、かなり立地はいいですね。広いロビーが外からも見えて、これもポイント高いでしょう。<br />で、宿泊はドミトリー。二段ベッドが並ぶカプセルホテルみたいでしたが、皆さん床いっぱいに荷物を広げて、自由気まま。自分ちみたいに寛いでいるのが印象的でした。なお、ロビーでは自由にお茶もできるし、これも便利です。<br />さて、奈良は今日でおしまい。明日は京都に入ります。

    今日の泊まりは、オークホステル奈良。東向北商店街の中ほどにあって、かなり立地はいいですね。広いロビーが外からも見えて、これもポイント高いでしょう。
    で、宿泊はドミトリー。二段ベッドが並ぶカプセルホテルみたいでしたが、皆さん床いっぱいに荷物を広げて、自由気まま。自分ちみたいに寛いでいるのが印象的でした。なお、ロビーでは自由にお茶もできるし、これも便利です。
    さて、奈良は今日でおしまい。明日は京都に入ります。

147いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

奈良市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集