その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。<br /><br />その7は、この旅で最も楽しみにしていた、アルメニアの世界遺産、ハフパトとサナヒンの修道院巡りです。ロリ地方、デベド渓谷の断崖上にある二つの修道院。10世紀の終わりごろ、父と子がそれぞれの修道院を競うように建てたそうです。世界遺産に登録されています。<br /><br />アルメニアは世界で初めて、キリスト教を国教とした国。そしてアルメニアといえば、ハチュカル。装飾的な十字架を彫った石で、墓石などとして使われています。すぐ南のペルシャやトルコ、東ローマ帝国やロシアなどから常に脅かされてきたアルメニア人にとって、ハチュカルが民族の精神的支えとなってきたと言われています。ハフパト修道院には、磔刑のキリストが彫られた、珍しいハチュカルがあり、これをぜひこの目でみたかったのです。<br /><br />・ジョージアからサダフロ国教を越えてアルメニア入国<br />・ハフパト修道院の複雑なコンプレックスとたくさんのハチュカル<br />・お昼は、これも世界遺産になっている、ラヴァシュと呼ばれるうすいパン、そしてBBQ<br />・デベド川のほとりのアラヴェルディ<br />・サナヒン修道院<br />・デベド渓谷の台地<br /><br />表紙写真は、たくさんの建物が複雑に組み合わされている、ハフパト修道院の様子。

2017GWコーカサス3国 その7~ハチュカルに会いにハフパト・サナヒン両修道院へ

11いいね!

2017/05/04 - 2017/05/04

38位(同エリア84件中)

    74

    2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。

    その7は、この旅で最も楽しみにしていた、アルメニアの世界遺産、ハフパトとサナヒンの修道院巡りです。ロリ地方、デベド渓谷の断崖上にある二つの修道院。10世紀の終わりごろ、父と子がそれぞれの修道院を競うように建てたそうです。世界遺産に登録されています。

    アルメニアは世界で初めて、キリスト教を国教とした国。そしてアルメニアといえば、ハチュカル。装飾的な十字架を彫った石で、墓石などとして使われています。すぐ南のペルシャやトルコ、東ローマ帝国やロシアなどから常に脅かされてきたアルメニア人にとって、ハチュカルが民族の精神的支えとなってきたと言われています。ハフパト修道院には、磔刑のキリストが彫られた、珍しいハチュカルがあり、これをぜひこの目でみたかったのです。

    ・ジョージアからサダフロ国教を越えてアルメニア入国
    ・ハフパト修道院の複雑なコンプレックスとたくさんのハチュカル
    ・お昼は、これも世界遺産になっている、ラヴァシュと呼ばれるうすいパン、そしてBBQ
    ・デベド川のほとりのアラヴェルディ
    ・サナヒン修道院
    ・デベド渓谷の台地

    表紙写真は、たくさんの建物が複雑に組み合わされている、ハフパト修道院の様子。

    交通手段
    観光バス 徒歩
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    グルメ
    3.5
    交通
    2.5

    PR

    • ジョージア、アルメニア国境、サダフロ。ジョージア側を出たところです。<br /><br />アルメニアのパスコントロールまでの間、バスで走ります。雨だったので歩かずに済んでほんとによかった。

      ジョージア、アルメニア国境、サダフロ。ジョージア側を出たところです。

      アルメニアのパスコントロールまでの間、バスで走ります。雨だったので歩かずに済んでほんとによかった。

    • 国境の川。

      国境の川。

    • こちらがアルメニア側のパスコントロール。いよいよアルメニアに入りました。

      こちらがアルメニア側のパスコントロール。いよいよアルメニアに入りました。

    • 2時間近くかけてハフパト修道院へ。<br /><br />976年に創建され、13世紀にかけて建てられた修道院です。

      2時間近くかけてハフパト修道院へ。

      976年に創建され、13世紀にかけて建てられた修道院です。

      ハフパトとサナヒンの修道院群  史跡・遺跡

      訪問するなら夏がおすすめ。5月は悪路が続きますby ROSARYさん
    • 世界遺産の表示。

      世界遺産の表示。

    • 雨のハフパト修道院。<br /><br />聖ヌシャン聖堂に続く、ガヴィット。

      雨のハフパト修道院。

      聖ヌシャン聖堂に続く、ガヴィット。

    • ガヴィット。大きなアーチがかかり、上から光が差し込んでいます。<br /><br />その奥が聖ヌシャン聖堂。

      ガヴィット。大きなアーチがかかり、上から光が差し込んでいます。

      その奥が聖ヌシャン聖堂。

    • ガヴィットの壁のハチュカル。

      ガヴィットの壁のハチュカル。

    • ガヴィットの柱はとても重厚。

      ガヴィットの柱はとても重厚。

    • ガヴィットの床。ガヴィットは前室とも言われますが、教会の中には葬ることができない庶民の墓が床一面に収められています。

      ガヴィットの床。ガヴィットは前室とも言われますが、教会の中には葬ることができない庶民の墓が床一面に収められています。

    • 聖堂に入りました。<br /><br />イコノスタシスがないので、正教の教会でないことが一目瞭然。アルメニア使徒教会と呼ばれています。キリストの弟子、タダイとバルトロメオが直々に宣教したことを誇りとしているのです。<br /><br />祭壇にカーテンがかかっているのは、今も使われている(生きている)教会である証。

      聖堂に入りました。

      イコノスタシスがないので、正教の教会でないことが一目瞭然。アルメニア使徒教会と呼ばれています。キリストの弟子、タダイとバルトロメオが直々に宣教したことを誇りとしているのです。

      祭壇にカーテンがかかっているのは、今も使われている(生きている)教会である証。

    • 祭壇。

      祭壇。

    • 祭壇上のアプスには13世紀のフレスコが残っています。<br /><br />キリストと十二使徒が描かれているとのこと。

      祭壇上のアプスには13世紀のフレスコが残っています。

      キリストと十二使徒が描かれているとのこと。

    • 横の壁にもフレスコが残っています。

      横の壁にもフレスコが残っています。

    • 入口側には、二階がしつらえています。ハフパト修道院はバグラト朝のアショット3世の二人の息子のために造られた寺院。王様はここからミサに列席したのでしょうか。

      入口側には、二階がしつらえています。ハフパト修道院はバグラト朝のアショット3世の二人の息子のために造られた寺院。王様はここからミサに列席したのでしょうか。

    • 聖ヌシャン聖堂のガヴィット前から、聖堂方向をみたところ。

      聖ヌシャン聖堂のガヴィット前から、聖堂方向をみたところ。

    • 左手に歩くと、複雑にからみあうたくさんの建物が見えてきます。<br /><br />右のドームが聖ヌシャン聖堂。左の小さなお堂がアストヴァシャシン聖堂です。<br />その左奥には、聖ハマザップ聖堂。

      左手に歩くと、複雑にからみあうたくさんの建物が見えてきます。

      右のドームが聖ヌシャン聖堂。左の小さなお堂がアストヴァシャシン聖堂です。
      その左奥には、聖ハマザップ聖堂。

    • アストヴァシャシン聖堂。

      アストヴァシャシン聖堂。

    • 聖ヌシャン聖堂と、聖ハマザップ聖堂の間のギャラリーに、そのハチュカルはありました。<br /><br />キリストの磔刑が彫られた、「アメナプルキチュ」と呼ばれるハチュカルです。<br /><br />ハフパトの語源は、「強い壁」。二つの聖堂を支え合う、まさに強い壁を感じさせる場所でもあります。

      イチオシ

      聖ヌシャン聖堂と、聖ハマザップ聖堂の間のギャラリーに、そのハチュカルはありました。

      キリストの磔刑が彫られた、「アメナプルキチュ」と呼ばれるハチュカルです。

      ハフパトの語源は、「強い壁」。二つの聖堂を支え合う、まさに強い壁を感じさせる場所でもあります。

    • アメナプルキチュのアップ。精巧な彫刻が施されています。<br /><br />この石に逢いたくて、アルメニアまでやってきたのです。<br /><br />最上部中央には神、左右には2人づつの天使。磔刑のキリストの下には聖母マリア、左右には十二使徒が彫られています。<br /><br />素朴だけれど、心に沁みる表現です。

      イチオシ

      アメナプルキチュのアップ。精巧な彫刻が施されています。

      この石に逢いたくて、アルメニアまでやってきたのです。

      最上部中央には神、左右には2人づつの天使。磔刑のキリストの下には聖母マリア、左右には十二使徒が彫られています。

      素朴だけれど、心に沁みる表現です。

    1件目~20件目を表示(全74件中)

    この旅行記のタグ

      11いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      その他の都市(アルメニア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集