エレヴァン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。<br /><br />その12は、この度の最後の目的地、アルメニアの首都、エレヴァンです。残念ながら、アララト山の壮大な姿は見られませんでしたが、どこか素朴なアルメニアの景色に懐かしさを覚えました。いつかまた訪問し、その折にはアララト山も拝みたいものです。<br /><br />・夜遅くエレヴァンのホテル着<br />・ホテル付近、朝の散歩<br />・共和国広場と歴史博物館<br />・昼食に「クルジン」を食べる<br />・マテナダラン<br />・少しだけ見えたアラガツ山<br />・地元の人が行くスーパーへ<br />・夕食は民族音楽を演奏するお店へ<br />・夜の共和国広場<br />・帰国へ!<br /><br />表紙写真は、ライトアップされた夜の共和国広場。

2017GWコーカサス3国 その12~どこか素朴な景色が懐かしいエレヴァン

5いいね!

2017/05/04 - 2017/05/06

132位(同エリア176件中)

0

47

ROSARY

ROSARYさん

2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。

その12は、この度の最後の目的地、アルメニアの首都、エレヴァンです。残念ながら、アララト山の壮大な姿は見られませんでしたが、どこか素朴なアルメニアの景色に懐かしさを覚えました。いつかまた訪問し、その折にはアララト山も拝みたいものです。

・夜遅くエレヴァンのホテル着
・ホテル付近、朝の散歩
・共和国広場と歴史博物館
・昼食に「クルジン」を食べる
・マテナダラン
・少しだけ見えたアラガツ山
・地元の人が行くスーパーへ
・夕食は民族音楽を演奏するお店へ
・夜の共和国広場
・帰国へ!

表紙写真は、ライトアップされた夜の共和国広場。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
ユーラシア旅行社

PR

  • ジョージアから、ハフパト、サナヒン、セヴァンと修道院を巡りながらエレヴァンへ。<br /><br />ホテルに着いたのは夜10時過ぎ。

    ジョージアから、ハフパト、サナヒン、セヴァンと修道院を巡りながらエレヴァンへ。

    ホテルに着いたのは夜10時過ぎ。

    Grand Hotel Yerevan - Small Luxury Hotels of the World ホテル

    街の中心部にあって便利で快適なホテル by ROSARYさん
  • アトリウムを取り囲んで、客室が並ぶ形式。

    アトリウムを取り囲んで、客室が並ぶ形式。

  • ホテルの前は広場になっていました。<br /><br />茶色い建物がホテルです。朝、散歩に出てみましたがあいにくの曇り空。

    ホテルの前は広場になっていました。

    茶色い建物がホテルです。朝、散歩に出てみましたがあいにくの曇り空。

  • 広場には噴水もあって、その向こうは映画館。

    広場には噴水もあって、その向こうは映画館。

  • ホテルの朝食はここで。

    ホテルの朝食はここで。

  • 野菜とパン。

    野菜とパン。

  • ここでもたっぷりのヨーグルト。ジャムやナッツに、白いちじくの干したのもいれて。

    ここでもたっぷりのヨーグルト。ジャムやナッツに、白いちじくの干したのもいれて。

  • ホテルの前の道を真っ直ぐ行くと、共和国広場に出ます。正面の建物は州政府事務所。<br /><br />しばらくバスの車窓から。

    ホテルの前の道を真っ直ぐ行くと、共和国広場に出ます。正面の建物は州政府事務所。

    しばらくバスの車窓から。

    共和国広場 広場・公園

  • 黒っぽい建物は、エレヴァン市内に2つある、ブランデー工場のうちの一つ。

    黒っぽい建物は、エレヴァン市内に2つある、ブランデー工場のうちの一つ。

  • そしてもう一つの工場がこちら。アララトというブランドのものです。

    そしてもう一つの工場がこちら。アララトというブランドのものです。

  • 再び共和国広場。

    再び共和国広場。

  • 噴水のある池の正面に建つのが、アルメニア歴史博物館です。

    噴水のある池の正面に建つのが、アルメニア歴史博物館です。

    アルメニア歴史博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 中は残念ながら撮影禁止。<br /><br />紀元前3600年頃の革靴や、金細工など、見ごたえたっぷり。もっと時間をかけて見たかったなあ。

    中は残念ながら撮影禁止。

    紀元前3600年頃の革靴や、金細工など、見ごたえたっぷり。もっと時間をかけて見たかったなあ。

  • 博物館前のギャラリー。

    博物館前のギャラリー。

  • ギャラリーの反対側。

    ギャラリーの反対側。

  • お昼はエレヴァン市内のレストランで。

    お昼はエレヴァン市内のレストランで。

  • サラダには、薄いパンを揚げたものかな。

    サラダには、薄いパンを揚げたものかな。

  • そして、うすいパンに野菜や肉の煮込みを包んだもの。

    そして、うすいパンに野菜や肉の煮込みを包んだもの。

  • クルジンという名前のお料理だそうです。<br /><br />世界遺産のうすいパン、活躍していますね。

    クルジンという名前のお料理だそうです。

    世界遺産のうすいパン、活躍していますね。

  • マテナダランの上に見えるのは、アルメニアの母の像。

    マテナダランの上に見えるのは、アルメニアの母の像。

  • マテナダラン。古文書館です。<br /><br />古代アルメニア語を作ったメスロプ・マシュトツの名前が冠されています。階段の下の彫像が、メスロプ・マシュトツなのだそう。<br /><br />現在の建物は、1959年に作られたもの。

    イチオシ

    地図を見る

    マテナダラン。古文書館です。

    古代アルメニア語を作ったメスロプ・マシュトツの名前が冠されています。階段の下の彫像が、メスロプ・マシュトツなのだそう。

    現在の建物は、1959年に作られたもの。

    マテナダラン(古文書保管所) 観光名所

  • 入口の周囲には、レリーフの断片も。

    入口の周囲には、レリーフの断片も。

  • ハチュカルもありました。

    ハチュカルもありました。

  • 入口を入った所。

    入口を入った所。

    マテナダラン(古文書保管所) 観光名所

  • 左右の展示室には、たくさんの古い書物が。<br /><br />これは13世紀の写本。

    左右の展示室には、たくさんの古い書物が。

    これは13世紀の写本。

  • こちらは14世紀のもの。

    こちらは14世紀のもの。

  • 人体の構造?を記した写本もありました。

    人体の構造?を記した写本もありました。

  • アルメニアの植物からとれる色素の展示も。

    アルメニアの植物からとれる色素の展示も。

  • マテナダラン前のテラスから、左手にアララト山が。<br /><br />雲と同化しているので、ほとんど見分けがつきませんね。

    マテナダラン前のテラスから、左手にアララト山が。

    雲と同化しているので、ほとんど見分けがつきませんね。

  • ガルニ神殿の方に向かう途中の、エレヴァン市内。桃の花かな。

    ガルニ神殿の方に向かう途中の、エレヴァン市内。桃の花かな。

  • ゲハルト修道院からの帰り道、エレヴァン市内に戻る途中。<br /><br />アラガツ山らしい雪山。

    ゲハルト修道院からの帰り道、エレヴァン市内に戻る途中。

    アラガツ山らしい雪山。

  • この時期のアルメニアは、冬の間の融雪剤で道がガタガタなんです。<br /><br />雨季が終わってから補修するため、穴ぼこだらけ。

    この時期のアルメニアは、冬の間の融雪剤で道がガタガタなんです。

    雨季が終わってから補修するため、穴ぼこだらけ。

  • アラガツ山。前の写真よりもよく見えるかな。<br /><br />現在、アルメニアでの最高峰。4つの峰があり、主峰は4090m。

    アラガツ山。前の写真よりもよく見えるかな。

    現在、アルメニアでの最高峰。4つの峰があり、主峰は4090m。

  • 途中で地元の人が行くスーパーに立ち寄りました。

    途中で地元の人が行くスーパーに立ち寄りました。

  • クラッカーなどが量り売りで売られているのが印象的。<br /><br />一袋数十円という感じで、地元の方が買っていっていました。<br /><br />平均的な月収が150ドルというアルメニア。少量の量り売りの需要がまだまだありそうです。

    クラッカーなどが量り売りで売られているのが印象的。

    一袋数十円という感じで、地元の方が買っていっていました。

    平均的な月収が150ドルというアルメニア。少量の量り売りの需要がまだまだありそうです。

  • こちらは観光客しか買わないと思われる、ブランデー、アララト。しかも10年もの。<br /><br />1ドラム=0.2円くらいですので、1本9000円!

    こちらは観光客しか買わないと思われる、ブランデー、アララト。しかも10年もの。

    1ドラム=0.2円くらいですので、1本9000円!

  • エレヴァン市街は帰宅ラッシュで渋滞していました。<br /><br />通りの向こう、雲の中はアララト山。<br /><br />くっきりした姿は結局見ず仕舞いでした。残念。

    エレヴァン市街は帰宅ラッシュで渋滞していました。

    通りの向こう、雲の中はアララト山。

    くっきりした姿は結局見ず仕舞いでした。残念。

  • アルメニアのお土産でおすすめは、Grand Candyのチョコやクッキー。<br /><br />街にはカフェ併設のお店もありました。

    アルメニアのお土産でおすすめは、Grand Candyのチョコやクッキー。

    街にはカフェ併設のお店もありました。

  • 日が暮れてきました。<br /><br />今回の旅、最後の夕食です。

    日が暮れてきました。

    今回の旅、最後の夕食です。

    パンドク エレヴァン 地元の料理

    民族音楽をやっているけど、地元の人で賑わうレストラン。 by ROSARYさん
  • 民族音楽を聞きながら。

    民族音楽を聞きながら。

  • テーブルの風景。<br /><br />すでにサラダとチーズがセッティングされています。<br /><br />ピッチャーに入ったワインも。

    テーブルの風景。

    すでにサラダとチーズがセッティングされています。

    ピッチャーに入ったワインも。

  • メインは巨大なマスのグリル。<br /><br />総じて、コーカサスのお料理はシンプルな味付けで、食べやすかったです。<br />何より、毎食たっぷり生野菜を食べられるのがうれしい。

    メインは巨大なマスのグリル。

    総じて、コーカサスのお料理はシンプルな味付けで、食べやすかったです。
    何より、毎食たっぷり生野菜を食べられるのがうれしい。

  • 飛び入りでお客さんもダンス。<br /><br />女子5人で誕生日を祝っていた地元の若い女性たち。<br />外で女子会ができる国はそれだけでいいなあ、と思います。

    飛び入りでお客さんもダンス。

    女子5人で誕生日を祝っていた地元の若い女性たち。
    外で女子会ができる国はそれだけでいいなあ、と思います。

  • 夜の共和国広場。

    夜の共和国広場。

  • 噴水も夜のほうが風情があっていいですね。

    イチオシ

    噴水も夜のほうが風情があっていいですね。

  • さて、これこそ最後の食事。翌日の昼食です。<br /><br />今回の旅で一番おしゃれなレストランだったかも。エレヴァン市内のTumanyan Tavernです。<br /><br />前菜の盛り合わせ。味もとってもよかったですよ。

    さて、これこそ最後の食事。翌日の昼食です。

    今回の旅で一番おしゃれなレストランだったかも。エレヴァン市内のTumanyan Tavernです。

    前菜の盛り合わせ。味もとってもよかったですよ。

  • アエロフロートで、モスクワへ。そこから北京経由で羽田まで。<br /><br />盛りだくさんで、あっというまの9日間(といっても往復にかかった時間もかなり長い)でした。

    アエロフロートで、モスクワへ。そこから北京経由で羽田まで。

    盛りだくさんで、あっというまの9日間(といっても往復にかかった時間もかなり長い)でした。

この旅行記のタグ

関連タグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アルメニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アルメニア最安 1,760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アルメニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集