秋田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GWに8泊9日で秋田、青森、岩手、山形、福島へ行ってきました。<br />良質の温泉、秘湯温泉、湯治宿、混雑していない観光地に癒された東北周遊の忘備録です。<br /><br />~8泊9日の概要~<br />◆旅行目的: 温泉 7割/ 観光 3割 (大体)<br />◆移動手段: マイカー<br />◆走行距離: 3,332km<br />◆平均燃費: 24.2km<br />◆使用金額: 105,000円<br /><br />(1of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11137016<br />(2of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11137769<br />(3of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11137793<br />(4of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11137876<br />(5of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11138004<br />(6of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11138196<br />(7of7)<br />http://4travel.jp/travelogue/11138555<br /><br />【その③の内容】<br />5/2 <br />・青森市<br /> ↓<br />・藤七温泉@秋田県鹿角市<br /> ↓<br />・黒湯温泉 宿泊@秋田県仙北市

癒しの東北ドライブ一人旅/温泉7割,観光3割(3of7)

5いいね!

2016/04/29 - 2016/05/07

3332位(同エリア4820件中)

0

33

spa-driver

spa-driverさん

GWに8泊9日で秋田、青森、岩手、山形、福島へ行ってきました。
良質の温泉、秘湯温泉、湯治宿、混雑していない観光地に癒された東北周遊の忘備録です。

~8泊9日の概要~
◆旅行目的: 温泉 7割/ 観光 3割 (大体)
◆移動手段: マイカー
◆走行距離: 3,332km
◆平均燃費: 24.2km
◆使用金額: 105,000円

(1of7)
http://4travel.jp/travelogue/11137016
(2of7)
http://4travel.jp/travelogue/11137769
(3of7)
http://4travel.jp/travelogue/11137793
(4of7)
http://4travel.jp/travelogue/11137876
(5of7)
http://4travel.jp/travelogue/11138004
(6of7)
http://4travel.jp/travelogue/11138196
(7of7)
http://4travel.jp/travelogue/11138555

【その③の内容】
5/2 
・青森市
 ↓
・藤七温泉@秋田県鹿角市
 ↓
・黒湯温泉 宿泊@秋田県仙北市

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
自家用車

PR

  • 〜5/2 の概要〜<br />◆移動工程:<br /> ・06:30 起床<br /> ・07:40 【A】ビジネスホテル@青森 出発<br /> ・11:30 【B】藤七温泉 着<br /> ・15:30 【C】黒湯温泉(チェックイン)<br /> ・23:30 就寝<br />◆走行距離: 230km<br />◆高速料金: 0円<br />◆ガソリン: 給油無し<br />◆食  費: 2,259円<br />◆宿  泊: 3,500円(税別/素泊まり)  

    〜5/2 の概要〜
    ◆移動工程:
     ・06:30 起床
     ・07:40 【A】ビジネスホテル@青森 出発
     ・11:30 【B】藤七温泉 着
     ・15:30 【C】黒湯温泉(チェックイン)
     ・23:30 就寝
    ◆走行距離: 230km
    ◆高速料金: 0円
    ◆ガソリン: 給油無し
    ◆食  費: 2,259円
    ◆宿  泊: 3,500円(税別/素泊まり)  

  • さて、今日の宿は既に決まっています。<br />この旅で一番楽しみにしていた、乳頭温泉郷・黒湯温泉です。<br />自炊棟に素泊まりです。湯治というやつです。<br /><br />なので2日前に行った乳頭温泉へ向かいます(笑)<br />青森市から八幡平温泉方面は130km程です。<br /><br />その道中。。またしてもあの山です。<br />ほんとに存在感あります。<br />後で調べて分かったのですが、多分、岩木山だと思います。<br />違ってたらすみません(汗)<br /><br />途中、マックスバリューで今夜の食料と酒を調達しました。

    さて、今日の宿は既に決まっています。
    この旅で一番楽しみにしていた、乳頭温泉郷・黒湯温泉です。
    自炊棟に素泊まりです。湯治というやつです。

    なので2日前に行った乳頭温泉へ向かいます(笑)
    青森市から八幡平温泉方面は130km程です。

    その道中。。またしてもあの山です。
    ほんとに存在感あります。
    後で調べて分かったのですが、多分、岩木山だと思います。
    違ってたらすみません(汗)

    途中、マックスバリューで今夜の食料と酒を調達しました。

  • 黒湯温泉に向かう途中、八幡平エリアの温泉に立ち寄ります。<br />八幡平は秋田、岩手にまたがっており、この山域は十和田八幡平国立公園に指定されています。<br />国道341から八幡平アスピーテラインに入ったのが11時頃です。<br />ちょうど蒸ノ湯(ふけのゆ)から先の規制解除が11時からでしたので、グッドタイミングです。<br />まだこの時期、アスピーテラインは夜間通行止めですし、雪で日中閉鎖の可能性もあります。<br />ヨカッタヨカッタ。<br /><br />この写真はアスピーテラインからの蒸ノ湯温泉です。<br />先に蒸ノ湯へ行こうかとも思いましたが、後回しにして藤七温泉に向かいます。

    黒湯温泉に向かう途中、八幡平エリアの温泉に立ち寄ります。
    八幡平は秋田、岩手にまたがっており、この山域は十和田八幡平国立公園に指定されています。
    国道341から八幡平アスピーテラインに入ったのが11時頃です。
    ちょうど蒸ノ湯(ふけのゆ)から先の規制解除が11時からでしたので、グッドタイミングです。
    まだこの時期、アスピーテラインは夜間通行止めですし、雪で日中閉鎖の可能性もあります。
    ヨカッタヨカッタ。

    この写真はアスピーテラインからの蒸ノ湯温泉です。
    先に蒸ノ湯へ行こうかとも思いましたが、後回しにして藤七温泉に向かいます。

  • アスピーテラインを上り、八幡平山頂レストハウスで、藤七温泉方面へ曲がります。<br />絶景です。

    アスピーテラインを上り、八幡平山頂レストハウスで、藤七温泉方面へ曲がります。
    絶景です。

  • グーグルフォトが作ってくれたパノラマ写真です。<br />断続だった写真を勝手につなげてくれます。<br />すごいなぁ〜

    グーグルフォトが作ってくれたパノラマ写真です。
    断続だった写真を勝手につなげてくれます。
    すごいなぁ〜

  • 先ほどのパノラマ写真は、ここ大深沢展望台からのものです。<br />標高1560mです。

    先ほどのパノラマ写真は、ここ大深沢展望台からのものです。
    標高1560mです。

  • 藤七温泉の手前です。<br />見えている山は多分、岩手山です。

    藤七温泉の手前です。
    見えている山は多分、岩手山です。

  • うわあああ〜いい景色!<br /><br />そして写真に少し屋根が写っていますが、ここが目的地・・・

    うわあああ〜いい景色!

    そして写真に少し屋根が写っていますが、ここが目的地・・・

  • 藤七温泉です!(訪問2度目)<br /><br />★藤七温泉・彩雲荘<br /> http://www.toshichi.com/<br /> ● 日帰り入浴 600円<br /> ● 秘湯を守る会の宿<br /><br />コインロッカーは100円(戻り無し)です。脱衣所に貴重品はおすすめ出来ません。<br />宿の前の駐車場は狭く、止めるところがありませんでした。<br />この場合は100m下ったところにも駐車場がありますので、そちらに止めます。<br />ここの露天風呂は湯船の底から湧いています。<br />泡立っています。<br />湯船の底にはもちろん泥が溜まっています。<br />泥の粒子が非常に細かく、湯に混ざっている泥の量も多いです。<br />その為、上半身を出して風に当たり水分が乾くと、白粉を塗ったようになります。<br />ぬるめの適温なのでずっと居られます。<br />おそらく2時間弱居たと思います。<br />体の芯まで温まり、半袖のTシャツ1枚で全然寒くなかったです。<br /><br />服が汚れるのが嫌な方は、しっかり流して上がって下さい。<br />タオル1枚駄目にするつもりでいた方がいいです(笑)<br /><br />

    藤七温泉です!(訪問2度目)

    ★藤七温泉・彩雲荘
     http://www.toshichi.com/
     ● 日帰り入浴 600円
     ● 秘湯を守る会の宿

    コインロッカーは100円(戻り無し)です。脱衣所に貴重品はおすすめ出来ません。
    宿の前の駐車場は狭く、止めるところがありませんでした。
    この場合は100m下ったところにも駐車場がありますので、そちらに止めます。
    ここの露天風呂は湯船の底から湧いています。
    泡立っています。
    湯船の底にはもちろん泥が溜まっています。
    泥の粒子が非常に細かく、湯に混ざっている泥の量も多いです。
    その為、上半身を出して風に当たり水分が乾くと、白粉を塗ったようになります。
    ぬるめの適温なのでずっと居られます。
    おそらく2時間弱居たと思います。
    体の芯まで温まり、半袖のTシャツ1枚で全然寒くなかったです。

    服が汚れるのが嫌な方は、しっかり流して上がって下さい。
    タオル1枚駄目にするつもりでいた方がいいです(笑)

  • しかし本当に絶景です。<br />このとおり雪深いので営業は4月下旬からです。<br /><br />本当は泊まってみたいのですが、この目的の95%が露天風呂の宿を予約するには勇気が要ります。<br />私はつい雨が降ったら・・・と考えてしまいます。。<br /><br />でも本当にいい湯です。

    しかし本当に絶景です。
    このとおり雪深いので営業は4月下旬からです。

    本当は泊まってみたいのですが、この目的の95%が露天風呂の宿を予約するには勇気が要ります。
    私はつい雨が降ったら・・・と考えてしまいます。。

    でも本当にいい湯です。

  • アスピーテラインの雪の回廊です。<br />すげー!

    アスピーテラインの雪の回廊です。
    すげー!

  • さて、乳頭温泉郷・黒湯温泉に向かいましょう。<br />藤七温泉から約80km程です。<br />早くチェックインして明るいうちからビールを飲んで温泉に入りたいので、蒸ノ湯は明日にします!

    さて、乳頭温泉郷・黒湯温泉に向かいましょう。
    藤七温泉から約80km程です。
    早くチェックインして明るいうちからビールを飲んで温泉に入りたいので、蒸ノ湯は明日にします!

  • 八幡平山頂付近です。

    八幡平山頂付近です。

  • 八幡平レストハウスで名物!?のカレーを昼食に食べたかったのですが、売り切れ><<br />他のメニューという気にもなれず、昼食抜きで黒湯温泉に向かいました。

    八幡平レストハウスで名物!?のカレーを昼食に食べたかったのですが、売り切れ><
    他のメニューという気にもなれず、昼食抜きで黒湯温泉に向かいました。

  • 途中、玉川温泉の前を通るのですが、日帰り用の駐車場が満車になって国道まで車があふれていました。<br />人気なんですね〜<br /><br />到着しました、黒湯温泉。<br />こちらも2度目の訪問、宿泊は初めてです。<br />今のところ、5年前に行った温泉をトレースしています。。<br />でも、いい温泉はいい!ので何度でも入りたいのです。

    途中、玉川温泉の前を通るのですが、日帰り用の駐車場が満車になって国道まで車があふれていました。
    人気なんですね〜

    到着しました、黒湯温泉。
    こちらも2度目の訪問、宿泊は初めてです。
    今のところ、5年前に行った温泉をトレースしています。。
    でも、いい温泉はいい!ので何度でも入りたいのです。

  • 駐車場に車を止めて坂を下ります。

    駐車場に車を止めて坂を下ります。

  • ここで曲がる。といっても道なりです(笑)

    ここで曲がる。といっても道なりです(笑)

  • そして下ると宿です。<br /><br />そう、今日は藤七温泉と黒湯温泉で終わりです。

    そして下ると宿です。

    そう、今日は藤七温泉と黒湯温泉で終わりです。

  • 受付です。<br /><br />★黒湯温泉<br /> http://www.kuroyu.com/<br /> ● 日帰り入浴 600円

    受付です。

    ★黒湯温泉
     http://www.kuroyu.com/
     ● 日帰り入浴 600円

  • 旅館部の建物をこえて、、

    旅館部の建物をこえて、、

  • 自炊棟です。<br />泊まるのは左の建物です。

    自炊棟です。
    泊まるのは左の建物です。

  • この部屋に泊まりました。<br />広いです!<br />ストーブがあります。<br /><br />テレビはもちろんありません。<br />鍵は内側から掛ける昔ながらの鍵です。<br />なので部屋を出るときは鍵は掛けれません。<br />コンセントもありません。<br />携帯の電波も届きません(au)<br />もちろんwi-fiもないです。<br /><br />最高の環境です!<br /><br />飛ぶ系の虫も部屋に入ってきます。<br />体調は1.5cm程です。<br />名前は分かりませんが、刺すタイプでも無さそうだし、羽音もしません。<br />しかも基本あまり飛びません。<br />全然オッケーです^-^<br /><br />財布はフロントに預けました。<br />あと携帯もフロントで充電してもらいました。<br />宿の方はみんな親切な対応をしてくださいます。

    この部屋に泊まりました。
    広いです!
    ストーブがあります。

    テレビはもちろんありません。
    鍵は内側から掛ける昔ながらの鍵です。
    なので部屋を出るときは鍵は掛けれません。
    コンセントもありません。
    携帯の電波も届きません(au)
    もちろんwi-fiもないです。

    最高の環境です!

    飛ぶ系の虫も部屋に入ってきます。
    体調は1.5cm程です。
    名前は分かりませんが、刺すタイプでも無さそうだし、羽音もしません。
    しかも基本あまり飛びません。
    全然オッケーです^-^

    財布はフロントに預けました。
    あと携帯もフロントで充電してもらいました。
    宿の方はみんな親切な対応をしてくださいます。

  • さて、とりあえず布団を引きます。<br /><br />ここからは「風呂→飲酒→読書→ゴロ寝→」のループです。<br />ほんとにゆっくり出来ます。<br />なんだか腐ってしまいそうな生活です。<br />でもそれもいいなと思います。<br />健康な人が湯治に来たら蕩児になるんですね。

    さて、とりあえず布団を引きます。

    ここからは「風呂→飲酒→読書→ゴロ寝→」のループです。
    ほんとにゆっくり出来ます。
    なんだか腐ってしまいそうな生活です。
    でもそれもいいなと思います。
    健康な人が湯治に来たら蕩児になるんですね。

  • 今日の晩飯です。<br />中央の空いた皿はお好み焼きです。<br />昼食抜いたのでチェックインしてすぐに食べました。<br /><br />昨日青森で食べた煮干ラーメンが美味しかったので、煮干ラーメンのカップ麺を買いました。<br />

    今日の晩飯です。
    中央の空いた皿はお好み焼きです。
    昼食抜いたのでチェックインしてすぐに食べました。

    昨日青森で食べた煮干ラーメンが美味しかったので、煮干ラーメンのカップ麺を買いました。

  • フロントで売っている黒たまごです。60円です。<br />真っ黒!<br />タオルは350円。<br />自炊棟ですので、もちろんアメニティは一切無しです。

    フロントで売っている黒たまごです。60円です。
    真っ黒!
    タオルは350円。
    自炊棟ですので、もちろんアメニティは一切無しです。

  • 日も暮れました。<br /><br />ここは混浴露天が一番いいです。<br />ロケーション(開放感)、長湯できる温度が最高です。<br />男湯の露天は開放感無く、温度は熱めです。<br />男湯の内風呂はやや熱めですが良かったです。<br /><br />混浴露天と混浴内風呂、男湯内風呂に繰り返し入りました。

    日も暮れました。

    ここは混浴露天が一番いいです。
    ロケーション(開放感)、長湯できる温度が最高です。
    男湯の露天は開放感無く、温度は熱めです。
    男湯の内風呂はやや熱めですが良かったです。

    混浴露天と混浴内風呂、男湯内風呂に繰り返し入りました。

  • 夜のフロントです。

    夜のフロントです。

  • 自炊棟

    自炊棟

  • 自炊棟

    自炊棟

  • 湯畑もあります。

    湯畑もあります。

  • ここが男女別の内湯と露天風呂そして左は打たせ湯です。

    ここが男女別の内湯と露天風呂そして左は打たせ湯です。

  • 自炊棟の共同キッチンです。<br />皿は自由に使えます。

    自炊棟の共同キッチンです。
    皿は自由に使えます。

  • 冷蔵庫は共同です。<br />名前を書いて入れておきます。<br />ガスも自由です。<br />鍋、やかんもあります。<br /><br />私の自炊はお湯を沸かしただけでした。<br />夜中のカップラーメンと朝のインスタントコーヒーw<br /><br />そんなこんなで、思いのほか時間が早く過ぎてしまいました。<br />今日はここまでです。<br /><br />→ 4of7へ続く<br />  http://4travel.jp/travelogue/11137876

    冷蔵庫は共同です。
    名前を書いて入れておきます。
    ガスも自由です。
    鍋、やかんもあります。

    私の自炊はお湯を沸かしただけでした。
    夜中のカップラーメンと朝のインスタントコーヒーw

    そんなこんなで、思いのほか時間が早く過ぎてしまいました。
    今日はここまでです。

    → 4of7へ続く
      http://4travel.jp/travelogue/11137876

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

秋田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集