倉吉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ゴールデンウィークの後半はとても天気がよさそうなので、前から行ってみたかった倉吉市の白壁の土蔵めぐりに行ってきました。<br />白壁土蔵は岡山の倉敷にもありますが、ここは比較的観光客も少ないためゆっくり自分のペースで回られるのがとても良かったです。<br />また古い街並み以外に倉吉レトロ館があり、昭和の懐かしい生活が再現されています。<br />倉吉市のそばには、有名な三朝温泉もありますので、出来ればそこに1泊してゆっくり見学したいものです。<br />

鳥取 倉吉市の白壁土蔵めぐり

15いいね!

2013/05/05 - 2013/05/05

82位(同エリア176件中)

旅行記グループ 島根・鳥取県の観光

0

24

旅好き長さん

旅好き長さんさん

ゴールデンウィークの後半はとても天気がよさそうなので、前から行ってみたかった倉吉市の白壁の土蔵めぐりに行ってきました。
白壁土蔵は岡山の倉敷にもありますが、ここは比較的観光客も少ないためゆっくり自分のペースで回られるのがとても良かったです。
また古い街並み以外に倉吉レトロ館があり、昭和の懐かしい生活が再現されています。
倉吉市のそばには、有名な三朝温泉もありますので、出来ればそこに1泊してゆっくり見学したいものです。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 家を8時過ぎに出発し、中国道を走って11時に到着。<br />倉吉博物館の無料駐車場に車を止め、打吹公園を散策。<br />園内はこの写真のようにつつじが咲き始めてとてもきれいでした。<br />市内には市営の無料駐車場が結構あり、観光にはとても便利です。

    家を8時過ぎに出発し、中国道を走って11時に到着。
    倉吉博物館の無料駐車場に車を止め、打吹公園を散策。
    園内はこの写真のようにつつじが咲き始めてとてもきれいでした。
    市内には市営の無料駐車場が結構あり、観光にはとても便利です。

  • これも打吹公園です。<br />小さな池があり、そこのつつじもとてもきれいでした。<br />ちなみにこの公園では、5月10日まで夜はボンボリに灯がともるそうです。<br />夜に散策するのもいいかと思います。

    これも打吹公園です。
    小さな池があり、そこのつつじもとてもきれいでした。
    ちなみにこの公園では、5月10日まで夜はボンボリに灯がともるそうです。
    夜に散策するのもいいかと思います。

  • まずは倉吉観光案内書に行きパンフレットを入手。<br />それを見ながら散策していくと素敵な写真の酒屋さんを発見。<br />このお店は、元帥酒造本店です。

    まずは倉吉観光案内書に行きパンフレットを入手。
    それを見ながら散策していくと素敵な写真の酒屋さんを発見。
    このお店は、元帥酒造本店です。

  • 酒屋さんの中に入ると原酒があり、思わず購入してしましました。<br />このお酒は、アルコール度20度の辛口の原酒で、家に帰って飲むととてもおいしかったです。<br />冷酒にすると最高です。<br />ただアルコール度数が高いので注意が必要。(ついつい飲みすぎてしまいます。)

    酒屋さんの中に入ると原酒があり、思わず購入してしましました。
    このお酒は、アルコール度20度の辛口の原酒で、家に帰って飲むととてもおいしかったです。
    冷酒にすると最高です。
    ただアルコール度数が高いので注意が必要。(ついつい飲みすぎてしまいます。)

  • その酒屋さんを別の角度から撮った写真です。<br />ここは観光パンフレットを見ると赤瓦七号館になっていました。<br />大きな杉玉がとても似合っています。

    その酒屋さんを別の角度から撮った写真です。
    ここは観光パンフレットを見ると赤瓦七号館になっていました。
    大きな杉玉がとても似合っています。

  • さらに散策していくと、このように玉川沿いに白壁の土蔵が続いています。<br />この小川には大きな鯉も泳いでいます。<br />とてもいい雰囲気です。

    さらに散策していくと、このように玉川沿いに白壁の土蔵が続いています。
    この小川には大きな鯉も泳いでいます。
    とてもいい雰囲気です。

  • またこの土蔵の中にも入ることができ、このように立派な木彫りの布袋さんもあります。

    またこの土蔵の中にも入ることができ、このように立派な木彫りの布袋さんもあります。

  • また別の建物中には、二つ並んだ白壁の土蔵も見学することができます。

    また別の建物中には、二つ並んだ白壁の土蔵も見学することができます。

  • この日は、ゴールデンウィークの真っただ中なのに観光客はあまり来ていませんでした。<br />ここは穴場的な所です。

    この日は、ゴールデンウィークの真っただ中なのに観光客はあまり来ていませんでした。
    ここは穴場的な所です。

  • また白壁群から少し離れた所の公園には、鉄道祈念館があり、その前にはこの写真のC11蒸気機関車も展示されていました。

    また白壁群から少し離れた所の公園には、鉄道祈念館があり、その前にはこの写真のC11蒸気機関車も展示されていました。

  • その機関車の運転席にも入ることができ、その中はこの写真のようになっています。

    その機関車の運転席にも入ることができ、その中はこの写真のようになっています。

  • 再度白壁土蔵群に戻って散策すると、今度はこの写真のような黒壁の建物もあります。

    再度白壁土蔵群に戻って散策すると、今度はこの写真のような黒壁の建物もあります。

  • 街中を散策しているとちょっといい感じの通りを発見。<br />ここは、大蓮寺の参道になっています。

    街中を散策しているとちょっといい感じの通りを発見。
    ここは、大蓮寺の参道になっています。

  • その参道を進んでいくと大蓮寺の三門に突き当たります。<br />立派な三門です。

    その参道を進んでいくと大蓮寺の三門に突き当たります。
    立派な三門です。

  • 三門をくぐると、びっくり。<br />これが大蓮寺の本堂です。<br />鉄筋コンクリート造りの台湾にあるようなお寺です。

    三門をくぐると、びっくり。
    これが大蓮寺の本堂です。
    鉄筋コンクリート造りの台湾にあるようなお寺です。

  • またこのように昔の古い街並みもあります。

    またこのように昔の古い街並みもあります。

  • さらに進んでいくと、この写真のような懐かしい建物を発見。<br />ここは昔、人形店だったようで、今では倉吉レトロ館になっています。<br />もちろん入館無料です。

    さらに進んでいくと、この写真のような懐かしい建物を発見。
    ここは昔、人形店だったようで、今では倉吉レトロ館になっています。
    もちろん入館無料です。

  • 中に入ると、このような昭和の雰囲気が漂う居間が再現されています。<br />これを見ると、アニメの巨人の星を思い出し、思わずちゃぶ台をひっくり返したくなります。

    中に入ると、このような昭和の雰囲気が漂う居間が再現されています。
    これを見ると、アニメの巨人の星を思い出し、思わずちゃぶ台をひっくり返したくなります。

  • この建物は、明治33年に建てられた豊田家の家です。<br />切り妻造りの木造2階建てになっており、倉吉の伝統的な町屋形式を保持しています。<br />ただ、2階のひさしの看板が建物を台無しにしています。(もう少し考えてほしいものです、)

    この建物は、明治33年に建てられた豊田家の家です。
    切り妻造りの木造2階建てになっており、倉吉の伝統的な町屋形式を保持しています。
    ただ、2階のひさしの看板が建物を台無しにしています。(もう少し考えてほしいものです、)

  • 次にここは、昔ながらの銭湯です。<br />男湯と女湯に分かれており、思わず入ってみたくなります。<br />ここ大社湯は、あの永六輔も絶賛したそうで、明治40年に建てられた建物です。

    次にここは、昔ながらの銭湯です。
    男湯と女湯に分かれており、思わず入ってみたくなります。
    ここ大社湯は、あの永六輔も絶賛したそうで、明治40年に建てられた建物です。

  • 西町から魚町にかけて約600mがレトロストリートになっています。<br />この写真のように昔懐かしい看板があがっています。

    西町から魚町にかけて約600mがレトロストリートになっています。
    この写真のように昔懐かしい看板があがっています。

  • ここは通りのはずれにある大岳院です。<br />このお寺は、1605年に開創された曹洞宗の名刹で境内には、南総里見八犬伝のモデルとなった安房国 館山城最後の城主、里見安房守忠義と8人の家臣が葬られています。<br />城主の忠義は、29歳の若さでこの世を去りましたが、倉吉には8年間在住したそうです。<br />倉吉が、南総里見八犬伝にゆかりがあるとは初めて知りました。<br />そのため、街中にはNHKの大河ドラマに南総里見八犬伝が採用されるようにとの看板がありました。

    ここは通りのはずれにある大岳院です。
    このお寺は、1605年に開創された曹洞宗の名刹で境内には、南総里見八犬伝のモデルとなった安房国 館山城最後の城主、里見安房守忠義と8人の家臣が葬られています。
    城主の忠義は、29歳の若さでこの世を去りましたが、倉吉には8年間在住したそうです。
    倉吉が、南総里見八犬伝にゆかりがあるとは初めて知りました。
    そのため、街中にはNHKの大河ドラマに南総里見八犬伝が採用されるようにとの看板がありました。

  • この建物は、明治41年に建てられた擬洋風建築だそうで、今では白壁倶楽部としてレストランになっています。

    この建物は、明治41年に建てられた擬洋風建築だそうで、今では白壁倶楽部としてレストランになっています。

  • 最後にこれは、倉吉出身の横綱 琴桜の銅像です。<br />街中には、琴桜の資料館もあります。(入館無料です)<br />白壁土蔵は岡山の倉敷にもありますが、こちらは比較的観光客も少ないためゆっくり自分のペースで回られるのがとてもいいです。<br />倉吉市のそばには、有名な三朝温泉もありますので、出来ればそこに1泊してゆっくり見学したいものです。<br />

    最後にこれは、倉吉出身の横綱 琴桜の銅像です。
    街中には、琴桜の資料館もあります。(入館無料です)
    白壁土蔵は岡山の倉敷にもありますが、こちらは比較的観光客も少ないためゆっくり自分のペースで回られるのがとてもいいです。
    倉吉市のそばには、有名な三朝温泉もありますので、出来ればそこに1泊してゆっくり見学したいものです。

この旅行記のタグ

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

倉吉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集