戸塚・いずみ野・港南台 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 横浜市戸塚区舞岡町古御堂には薬師堂が建てられ、その参道には廃寺となった東光寺から移設された六地蔵、2体のお地蔵さま、石仏、宝篋印塔、石碑の22基と不動明王が祀られている。薬師堂の中には厨子があり、10月12日に開帳されるそうだ。<br /> 舞岡公園からの小川コミュニティを上って行くと長福寺からの道とが1つになるところで、ここを上った尾根が舞岡公園の入り口となっている。このあたりの谷戸は古御堂という地名であり、舞岡町には長福寺がある桜堂や、桜堂交差点と上倉田町の小田急団地入り口との中間あたりに「熊の堂」の地名が残っている。古御堂は古くからそう呼ばれている地域でお堂跡と伝承されている場所がある訳ではないそうだ。桜堂にはお堂があったと伝承されている。「熊の堂」は熊野権現を祀るお堂でもあったのであろう。<br /> かつては谷戸の周りは山ばかりで、その尾根から鎌倉道やその間道が伸びていた村の様子も昭和40年代に開発された南舞岡の団地などに変貌してしまったが、こうした歴史を少しばかり偲ばせる場所が存在しているのだ。<br />(表紙写真は薬師堂と参道に並ぶお地蔵さま、石仏、石碑群)

薬師堂(横浜市戸塚区舞岡町)

1いいね!

2011/01/10 - 2011/01/10

795位(同エリア998件中)

 横浜市戸塚区舞岡町古御堂には薬師堂が建てられ、その参道には廃寺となった東光寺から移設された六地蔵、2体のお地蔵さま、石仏、宝篋印塔、石碑の22基と不動明王が祀られている。薬師堂の中には厨子があり、10月12日に開帳されるそうだ。
 舞岡公園からの小川コミュニティを上って行くと長福寺からの道とが1つになるところで、ここを上った尾根が舞岡公園の入り口となっている。このあたりの谷戸は古御堂という地名であり、舞岡町には長福寺がある桜堂や、桜堂交差点と上倉田町の小田急団地入り口との中間あたりに「熊の堂」の地名が残っている。古御堂は古くからそう呼ばれている地域でお堂跡と伝承されている場所がある訳ではないそうだ。桜堂にはお堂があったと伝承されている。「熊の堂」は熊野権現を祀るお堂でもあったのであろう。
 かつては谷戸の周りは山ばかりで、その尾根から鎌倉道やその間道が伸びていた村の様子も昭和40年代に開発された南舞岡の団地などに変貌してしまったが、こうした歴史を少しばかり偲ばせる場所が存在しているのだ。
(表紙写真は薬師堂と参道に並ぶお地蔵さま、石仏、石碑群)

PR

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

戸塚・いずみ野・港南台(神奈川) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集