鎌倉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 鎌倉の鶴岡八幡宮は江戸時代までは鶴岡八幡宮寺という名の寺であった。今でもその名残を残しているものを探すことができる。1つは、雪ノ下の御谷(おやつ)とよばれる一帯にその名を残す鶴岡二十五坊の地名である。2つは、楼門の額である。「八幡宮」の文字(「八」の字は、八幡の神使の鳩が二羽)が書かれているが、元々額には「八幡宮寺」の文字が書かれていたが明治の神仏分離の際に下の1文字「寺」を切り取ったものである。そう言われると少し寸足らずな感じがするし宮の字も小さくて全体に纏まりがない。「寺」は「宮」よりも少し大き目に書かれていたのだろう。3つは、白旗神社手水舎にある。ここでは、石の下に蓮の彫刻を施した蓮華座のある基礎石(輪蔵の軸受石だったらしい)を手水鉢として使用している。<br /> 明治維新の廃仏毀釈でこの鶴岡八幡宮寺もご多分に漏れず、徳川二代将軍秀忠が建立した大塔を始めとする全ての仏教施設が廃棄された。大石段を上った上宮(本宮)の立派な建物を見れば、下宮の今は無き建物や仏像の立派であったことが想像できよう。<br /> 余談ではあるが、秀忠が建立した五重塔が池上本門寺に残っている。<br />

鎌倉鶴岡八幡宮寺

1いいね!

2009/10 - 2009/10

4971位(同エリア5836件中)

0

7

 鎌倉の鶴岡八幡宮は江戸時代までは鶴岡八幡宮寺という名の寺であった。今でもその名残を残しているものを探すことができる。1つは、雪ノ下の御谷(おやつ)とよばれる一帯にその名を残す鶴岡二十五坊の地名である。2つは、楼門の額である。「八幡宮」の文字(「八」の字は、八幡の神使の鳩が二羽)が書かれているが、元々額には「八幡宮寺」の文字が書かれていたが明治の神仏分離の際に下の1文字「寺」を切り取ったものである。そう言われると少し寸足らずな感じがするし宮の字も小さくて全体に纏まりがない。「寺」は「宮」よりも少し大き目に書かれていたのだろう。3つは、白旗神社手水舎にある。ここでは、石の下に蓮の彫刻を施した蓮華座のある基礎石(輪蔵の軸受石だったらしい)を手水鉢として使用している。
 明治維新の廃仏毀釈でこの鶴岡八幡宮寺もご多分に漏れず、徳川二代将軍秀忠が建立した大塔を始めとする全ての仏教施設が廃棄された。大石段を上った上宮(本宮)の立派な建物を見れば、下宮の今は無き建物や仏像の立派であったことが想像できよう。
 余談ではあるが、秀忠が建立した五重塔が池上本門寺に残っている。

PR

  • 大正7年建立「二十五坊旧蹟」の史跡碑。

    大正7年建立「二十五坊旧蹟」の史跡碑。

  • 二十五坊跡地に立つ古都保存法発祥の地の看板と石碑。

    二十五坊跡地に立つ古都保存法発祥の地の看板と石碑。

  • 楼門の「八幡宮」の額。(「八」の字は、八幡の神使の鳩が二羽。鎌倉銘菓「鳩サブレー」はここから。)

    楼門の「八幡宮」の額。(「八」の字は、八幡の神使の鳩が二羽。鎌倉銘菓「鳩サブレー」はここから。)

  • 白旗神社手水舎。

    白旗神社手水舎。

  • 蓮華紋が彫られた手水鉢下部。経蔵に納められる輪蔵の軸受石であるという。よほど立派な輪蔵であったのだろう。

    蓮華紋が彫られた手水鉢下部。経蔵に納められる輪蔵の軸受石であるという。よほど立派な輪蔵であったのだろう。

  • 二十五坊側の(丸山稲荷社横の階段を降りたところ)の手水舎鉢。<br />

    二十五坊側の(丸山稲荷社横の階段を降りたところ)の手水舎鉢。

  • 手水鉢には、「奉寄進水盤鶴岡八幡宮(寺)元禄十年八月十五日江戸新橋吉野屋」(元禄10年8月15日は1697年)と彫られている。下側を波形に削って「寺」の字を消しているようにも見える。

    手水鉢には、「奉寄進水盤鶴岡八幡宮(寺)元禄十年八月十五日江戸新橋吉野屋」(元禄10年8月15日は1697年)と彫られている。下側を波形に削って「寺」の字を消しているようにも見える。

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ドクターキムルさんの関連旅行記

ドクターキムルさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集