サマルカンド 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

サマルカンド旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 28 件

  • Jahongir Guest House 口コミ 16

    • レギスタン広場まで徒歩10分
    • 素敵な部屋
  • B&B Bahodir 口コミ 16

    • 人と立地に救われている宿
    • チャイハナがある宿
    ホテルランク
  • Bibikhanum Hotel 口コミ 9

    • ビビハニム・ホテル付属のArt Cafe Norgisは居心地よし
    • 立地と眺望が最高

観光 クチコミ人気ランキング 23 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 20 件

  • プラタン 6

    • サマルカンドの高級店。 ひな鳥のグリル"ティラトブク"おすすめですよ!
    • 予約をしないと入りにくいようです
  • カリム ベック 4

    • メニューをもらうと値段が書いていない
    • 安くておいしい
  • ビビハニム ティーハウズ 4

    • お昼過ぎはプロフは売り切れ
    • 涼しくてゆったり過ごせます

ウズベキスタンでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 538 件

  • ウズベキスタンが誇る高速列車でブハラからサマルカンドに移動をしてきました。昨日のナイトトレインとの速さの違いにびっくり(ill゚д゚)オオオオの1時間半で到着の快適さ♪とうとう青の都、サマルカンドにやって来ましたよ!!ウズベキスタンで必ず訪れなくてはいけない街がサマルカンドです( ・`д・´)キリッサマルカンドブルーと呼ばれる、青の街が一番有名なのですが、実はサマルカンドといえば夜のライトアップも必見。特に有名なのはレギスタン広場のライトアップで、毎日夜20時からスタートするのです。夜は昼間とは、また違った幻想的な美しさを放ち、ただただため息が漏れる感激さ。ホントは毎週金曜日の夜のプロジェクシ... もっと見る(写真69枚)

  • 神秘的なブルーと素朴なサンドカラーが美しい東洋文化と西洋文化の交差路 in ウズベキスタン★2019 14 7日目【SKD】

    • 同行者:カップル・夫婦
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/08/09 -  2019/08/18 (約1年前)

      旅行7日目、後編。 シャーヒズィンダ廟群はサマルカンド隋一の聖地で、11-19世紀までの間に建てられたティムールにゆかりのある人々の霊廟が立ち並び、“死者の通り”と親しまれている。2度シャーヒズィンダ廟に礼拝に来ると、メッカに1度行ったのと同じだとみなされるほど神聖な場所なので、現在でも巡礼に訪れる人々が絶えない。午後に訪れたので残念ながら逆光に悩まされたけど、ため息が出るほど美しい霊廟群に心奪われた。帰路に再びシヨブ・バザールに立ち寄って、お気に入りのサマルカンド産ワイン:Bagizaganを購入し、すぐ隣のレストランでテイクアウトをしてホテルの部屋でゆっくり夜ゴハンを味わった。 もっと見る(写真77枚)

    • 神秘的なブルーと素朴なサンドカラーが美しい東洋文化と西洋文化の交差路 in ウズベキスタン★2019 13 7日目【SKD】

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/08/09 -  2019/08/18 (約1年前)

        旅行7日目、中編。  Bibikhanum Chayxana(ビビハニム ティーハウズ)でランチを食べた後は、すぐ隣のビビハニム・モスクへ。ビビハニム・モスクは1404年にティムールの命を受け建築されたイスラム世界最大のモスクで、国中から200人の職人や500人以上の労働者を集め、重たい材料を運ぶためにわざわざインドから95頭の象を動員し、僅か5年という短い歳月で完成させた。その焦りが仇となり完成後、年月を追うごとにボロボロと崩れはじめてしまい、礼拝中の信者に落下したレンガが直撃したりなど…事故が多発して、次第に信者の足も遠のくことになり、後に廃墟になってしまったそう。現在の姿は1974年以降... もっと見る(写真48枚)

      • 神秘的なブルーと素朴なサンドカラーが美しい東洋文化と西洋文化の交差路 in ウズベキスタン★2019 12 7日目【SKD】

        • 同行者:カップル・夫婦
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2019/08/09 -  2019/08/18 (約1年前)

          旅行7日目、前編。今日しかサマルカンド観光する時間が取れないのでスケジュールを組んで行動しようとしたところ、最初の目的地であるレギスタン広場では、イベント練習のために予定外の入場待機制限が行われていて、チケット販売のおばあさんに「あの子たちが終わらないとチケットは売れないし、時間もわからない」と教えられた。このまま待つべきか、先に別の場所を見学してから戻るべきか悩んだものの、その間にも事情を知らない観光客がどんどん増えてしまい、狭い入口通路は幾重にも人の層が押し寄せて下手に動けない状態だったので、せっかくチケット売り場最前列を陣取っているし、また並ぶのも嫌だから、最前列をキープしながらジリジリ... もっと見る(写真61枚)

        • 神秘的なブルーと素朴なサンドカラーが美しい東洋文化と西洋文化の交差路 in ウズベキスタン★2019 11 6日目【SKD】

          • 同行者:カップル・夫婦
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2019/08/09 -  2019/08/18 (約1年前)

            旅行6日目、後編。 レギスタン広場に向かうも18:00を過ぎていたため、見学時間がかかりそうだったから明日改めて再訪することにし、19:00まで開館しているアミール・ティムール廟を見ることに。アミール・ティムール廟は、ティムールをはじめとする息子のシャー・ルフ、孫のウルグ・ベクら…ティムールの一族が眠っている霊廟で、廟内全体が金の装飾で埋め尽くされていて、金の使用量はレギスタン広場のティラカリ・マドラサにも匹敵するのだとか。夜のレギスタン広場はライトアップされるため、徒歩でまたレギスタン広場まで戻ってみると、ウズベキスタン観光省主催の特別プログラムが行われていて(この歓迎プログラムは世界各国の... もっと見る(写真50枚)

          旅行記を投稿してみよう!

          旅行記を投稿する

          Q&A掲示板 19

          サマルカンドについて質問してみよう!

          行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

          dorothy

          よーべん

          aki

          しろくろ

          mondo

          Juniper Breeze

          ツッチー

          hhb00102

          worldhusiast

          Tamegai

          Miyatan

          wakabun

          まー

          にこちゃん

          蘭沙

          …他

          • 予防接種すぐに

            投稿:2019/11/08 回答:5

            buchi0731

            年末年始にタシュケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァを旅行予定です。ツアーではなく個人手配でホテルに泊まり、メジャーな場所を観光します。義務付けられた予防接種は特にないようなのですが、推奨されているトラベルワクチン(A型肝炎、破傷風、狂犬病など)はどの程度必要でしょうか?旅行経験ある方の、「予防接種なくても問題なかった!」「予防接種していけばよかった…」「このワクチンを予防接種して助かった!」など皆様の経験を教えていただけたら幸いです。 (もっと見る) by buchi0731 さん

            もが

            すでに約1年出入りしていますが、日常で予防接種の必要性を強く感じたことはないです。しいて言えば、料理に油が多く含まれているので、胃腸薬と正露丸。乾燥しているのでのど飴とのどぬーるスプレー、があると便利かと思います。困ったときは「dorixona」(=薬局)と書かれたお店に飛び込めば、調剤師が相談に乗ってくれます。また、相談者様が女性か男性かわかりかねますが、過去の医療行為(針の使いまわし)から肝炎に感染していたり出稼ぎ先で不特定多数と性行為をしたり、といったウズベキスタン人も... (もっと見る) by もが さん

            締切済

          • 街歩きにベストなホテル

            4.5 旅行時期:2018/08 (1ヶ月以内)

            てつやん

            てつやんさん(男性)

            Hotel Zarinaのクチコミ

            サマルカンドの一番人気のレギスタン広場に近く、観光と食事に便利な立地のホテル。宿泊費も私が泊まった時はUS30ドルで、トイレとバスルームが付いて朝食付き。部屋も大きく、プールまであった(入ってないですけど)ので、わりと良いレベルだと思います。他にもシャーヒズィンダ廟、ビビハニムモスクなど見所には全て徒歩で行ける。

          • ワインは詳しくないのですが、中央アジア産ワインとはどんな感じか気になり、立ち寄ってみました。ホブレンコワイン工場に隣接しており、ロシア統治時代の邸宅がそのままミニミュージアム兼テイスティング会場になっています。<予約有無>事前予約はなしでokです。電話で予約入れようとしたのですが全く応答が無く…。推測するに、展示案内やテイスティングをおじさん1人で対応していたので、常に電話に出れる状態でなかったのかなーと。団体客予約が重なっていなければ、待ち時間なしで対応してもらえます。因みに、建物に分かりやすい看板が無く、ぱっと見では分かりづらいので、勇気を持って扉を開けてみて下さい。<ミニミュージアム>サマルカンドワインの歴史を解説してもらえます。ワイン工場の創業は1986年。葡萄を国外から輸入して栽培を始め、1世紀以上の試行錯誤を経て品評会で賞を受賞するまでに至ったとのこと。年代物の樽や器具、エチケットなどが展示されており、歴史を感じることが出来ます。英語での説明、所要時間10~15分くらいでサクッと終わりました。<テイスティング>白、赤、コニャック、養命酒みたいな薬草酒の合計10種類。結構しっ...

          • 綺麗な外観の駅でした

            3.0 旅行時期:2019/07 (1ヶ月以内)

            Yu

            Yuさん(非公開)

            サマルカンド駅のクチコミ

            タシュケント ・サマルカンド 間を鉄道で往復しました。旧ソ連統治下の19世紀末頃に作られたせいかのでしょうか、駅舎の外観や内部造りはシベリア鉄道の駅とよく似ており、重厚な雰囲気を漂わせていました。駅舎に入る際はタシュケント駅と同じく、パスポート・乗車券・荷物のチェックを受けました。空港みたいに行列するくとはなく、一瞬で通過できました。駅舎に入ると広々とした待合スペースがあります。小さいながら両替店・キオスク・お土産屋さんもありました。ベンチはそれなりの数があるので、よほど混雑しない限りは座って待てるかと。駅の周りも広々としており緑に囲まれていますので、天気の良い日は写真映えすると思います。

          • 部屋は広々としており、虫に悩まされることもなく、シャワーはお湯もふんだんに使えました。2名2泊で1部屋150米ドルとお得な価格でしたので満足しています。<部屋>外は気温45度を上回る酷暑でしたので、冷房が効いた客室内は本当に天国でした。「中央アジアに来た!」的な室内装飾や浴室タイルは異国情緒を感じさせますし、清潔なせいか虫も出ることなく、快適に過ごすことが出来ました。<朝食>シンプルな感じです。フルーツジュースが美味しかったです。レギスタン広場周辺には外国人観光客も楽しめる美味しいレストランが沢山ありますので、朝食はがっつりホテルで食べれなくても特に問題無いと思います。<観光>すぐ隣がビビハニムモスクなので、昼も夜景も写真は凄く映えます。レギスタン広場には徒歩10分、またはトラム(片道2,000スム、約20円)で簡単にアクセス出来ます。酷暑の国の例に漏れず、サマルカンドも夜12時くらいまで子供も大人も広場で大騒ぎして遊ぶ感じです。このホテルや広場から少し距離があるので、夜でも騒音は全く気になりません。夜熟睡したい人にはおすすめです。

          • 観光客向けレストランです

            3.0 旅行時期:2019/07 (1ヶ月以内)

            Yu

            Yuさん(非公開)

            ラビゴールのクチコミ

            レギスタン広場の目の前にある観光客向けレストランです。プロフ、ラグマン、マンティなど有名なウズベキスタン料理は一通り揃っています。お皿もシルバーも綺麗でしたので衛生状態は特に問題無いと思います。強いて言えば、ビールはもう少し冷やして欲しかったですね。一皿のボリュームがそれなりにありますので、注文し過ぎには気をつけて下さい。料理は全体的に脂多め。お値段は観光客価格です。サマルカンド滞在初日の昼に、当地の食がどんな感じか把握するには便利かなと思いました。

          サマルカンド のクチコミ一覧(800)

          基本情報

          どんなとこ?

          天山山脈から流れ出たガラクシャン川の盆地に位置する中央アジア最古の都市のひとつ。14世紀後半から15世紀にかけての栄華の中で建てられた回教文化の粋を集めた建造物が手厚く保護されている。

          日本からのアクセス

          日本からの直行便は運航していないので、国外で数回乗り継ぐ。または韓国のソウルやロシアのモスクワなどで乗り継ぎタシケントから入り国内線に乗り継ぐ。

          時差

          日本との時差は-4時間。ウズベキスタンの方が遅れている。サマータイムはない。

          空港から市内へのアクセス

          サマルカンド空港(SAMARKAND AIRPORT:SKD)から6KM。

          市内電話料金

          サマルカンド 地図

          サマルカンドトラベラーランキング

          投稿数が多いトラベラー

          クチコミの多いトラベラー

          旅行記の多いトラベラー

          Q&A回答の多いトラベラー

          4Tポイントを貯めよう

          チャンスは一日一回。
          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

          4Tポイントとは?


          PAGE TOP