田沢湖・乳頭温泉郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東京ー宮城(仙台・松島・南三陸町)ー岩手(宮古市)ー青森(酸ヶ湯・八甲田山・十和田湖・黒石市)ー秋田(新玉川温泉・田沢湖・乳頭温泉)ー山形(鶴岡市)ー新潟(新潟港)…《佐渡汽船》…佐渡島(両津港・七浦海岸・二つ亀・両津港)…《佐渡汽船》…新潟(新潟港)ー群馬(みなかみ温泉)ー東京<br /><br />《2022年》<br />☆9/17東京ー仙台市【ホテルシンドバッド泊】<br />☆9/18仙台市ー松島ー南三陸町ー浄土ヶ浜ー宮古市【ホテル近江屋】<br />☆9/19宮古市ー酸ヶ湯ー八甲田山ー十和田湖【十和田プリンスホテル泊】<br />☆9/20十和田湖ー黒石市ー新玉川温泉【新玉川温泉泊】<br />★9/21新玉川温泉ー田沢湖ー乳頭温泉ー鶴岡市【亀や泊】<br />★9/22鶴岡市ー新潟市…《佐渡汽船》…佐渡島【七浦荘泊】<br />☆9/23佐渡島…《佐渡汽船》…新潟市ー群馬県みなかみ町【長生館泊】<br />☆9/24群馬ー埼玉ー東京<br /><br />2019年以降海外旅行には行けていなく、それなら47都道府県を行き尽くそうと、2年前から精力的に国内を旅して歩いている。<br />東北六県を制覇すると、残りは鳥取と山口である。<br />そんな訳で、2022年のシルバーウィークは東北を旅した。<br />後々回しになっていたが、いやいやその魅力に取り憑かれ、『すごいぞ!東北』って感じで感無量だ。

秋旅東北:新玉川温泉・乳頭温泉・日本海絶景ドライブ

21いいね!

2022/09/21 - 2022/09/22

290位(同エリア881件中)

旅行記グループ 秋旅東北一周2022

0

24

Maasholm

Maasholmさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

東京ー宮城(仙台・松島・南三陸町)ー岩手(宮古市)ー青森(酸ヶ湯・八甲田山・十和田湖・黒石市)ー秋田(新玉川温泉・田沢湖・乳頭温泉)ー山形(鶴岡市)ー新潟(新潟港)…《佐渡汽船》…佐渡島(両津港・七浦海岸・二つ亀・両津港)…《佐渡汽船》…新潟(新潟港)ー群馬(みなかみ温泉)ー東京

《2022年》
☆9/17東京ー仙台市【ホテルシンドバッド泊】
☆9/18仙台市ー松島ー南三陸町ー浄土ヶ浜ー宮古市【ホテル近江屋】
☆9/19宮古市ー酸ヶ湯ー八甲田山ー十和田湖【十和田プリンスホテル泊】
☆9/20十和田湖ー黒石市ー新玉川温泉【新玉川温泉泊】
★9/21新玉川温泉ー田沢湖ー乳頭温泉ー鶴岡市【亀や泊】
★9/22鶴岡市ー新潟市…《佐渡汽船》…佐渡島【七浦荘泊】
☆9/23佐渡島…《佐渡汽船》…新潟市ー群馬県みなかみ町【長生館泊】
☆9/24群馬ー埼玉ー東京

2019年以降海外旅行には行けていなく、それなら47都道府県を行き尽くそうと、2年前から精力的に国内を旅して歩いている。
東北六県を制覇すると、残りは鳥取と山口である。
そんな訳で、2022年のシルバーウィークは東北を旅した。
後々回しになっていたが、いやいやその魅力に取り憑かれ、『すごいぞ!東北』って感じで感無量だ。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車 徒歩

PR

  • 日本の山岳温泉リゾート『新玉川温泉』に来ました。<br />豊富な温泉の効能を最大限に引き出す様々な浴槽があり、源泉掛け流し100%のかつてない泉質を堪能しました。

    日本の山岳温泉リゾート『新玉川温泉』に来ました。
    豊富な温泉の効能を最大限に引き出す様々な浴槽があり、源泉掛け流し100%のかつてない泉質を堪能しました。

    新玉川温泉 宿・ホテル

    源泉100%の湯を堪能 by Maasholmさん
  • 源泉は、塩酸を主成分とする強酸性のph1.2。1分間に9,000リットルを放出するという。<br />日本で唯一の天然岩盤浴と湯治にも名高い湯を心ゆくまで味わえました。<br />最初に温泉の入り方などレクチャーされ、源泉100%の湯では長湯は禁物。<br />2分位が良いという。

    源泉は、塩酸を主成分とする強酸性のph1.2。1分間に9,000リットルを放出するという。
    日本で唯一の天然岩盤浴と湯治にも名高い湯を心ゆくまで味わえました。
    最初に温泉の入り方などレクチャーされ、源泉100%の湯では長湯は禁物。
    2分位が良いという。

  • 温泉内も薄暗く、目を瞑りながら非常に落ち着いた気分になる。<br />蒸気が出る箱湯が気に入った。<br />顔までスチームをあてて、肌がツヤツヤになった気がする。<br />心も体もリラックスされて、緊張感が取れました。<br />食事も良かったし、とても良いお宿でした。

    温泉内も薄暗く、目を瞑りながら非常に落ち着いた気分になる。
    蒸気が出る箱湯が気に入った。
    顔までスチームをあてて、肌がツヤツヤになった気がする。
    心も体もリラックスされて、緊張感が取れました。
    食事も良かったし、とても良いお宿でした。

  • 田沢湖に来ました。<br />飛行機で北海道から羽田空港に向かう時、右側(K)に座ると下北半島を過ぎて十和田湖が見えたら次に田沢湖が真下に丸く見えてくる。<br />いつもどんな湖だろう、いつか行ってみたいと思いを馳せていた。<br />

    田沢湖に来ました。
    飛行機で北海道から羽田空港に向かう時、右側(K)に座ると下北半島を過ぎて十和田湖が見えたら次に田沢湖が真下に丸く見えてくる。
    いつもどんな湖だろう、いつか行ってみたいと思いを馳せていた。

    田沢湖 自然・景勝地

  • 水深423.4mで日本一の深さだという。<br />神秘的な雰囲気をたたえた湖は、四季折々で豊かな表情を見せてくれる。

    水深423.4mで日本一の深さだという。
    神秘的な雰囲気をたたえた湖は、四季折々で豊かな表情を見せてくれる。

  • 湖畔には、歴史ある名所・旧跡のほか、レジャースポーツも充実していて、様々な楽しみ方ができる。<br />トレッキングをしようと思っていたが、天気も今イチだし登山口も見つけられなかった。

    湖畔には、歴史ある名所・旧跡のほか、レジャースポーツも充実していて、様々な楽しみ方ができる。
    トレッキングをしようと思っていたが、天気も今イチだし登山口も見つけられなかった。

  • 晴れた日には湖面が瑠璃色に輝き、東北の厳しい冬でも凍ることはないと言われている。<br />湖の胡神となった美少女伝説の金色に輝く『たつこ像』・・見るの忘れちゃったなぁ。<br /><br />

    晴れた日には湖面が瑠璃色に輝き、東北の厳しい冬でも凍ることはないと言われている。
    湖の胡神となった美少女伝説の金色に輝く『たつこ像』・・見るの忘れちゃったなぁ。

  • ここは、標高800mの田沢湖高原の奥、乳頭山西麓の渓流沿いに湧く鶴の湯温泉。<br />元禄元年(1688年)ごろから湯宿としての経営の記録が残ってるというから凄い!<br />

    ここは、標高800mの田沢湖高原の奥、乳頭山西麓の渓流沿いに湧く鶴の湯温泉。
    元禄元年(1688年)ごろから湯宿としての経営の記録が残ってるというから凄い!

    乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯温泉 宿・ホテル

    秘湯中の秘湯! by Maasholmさん
  • 新玉川温泉の帰りに、乳頭温泉も寄ってみるか、位の軽い気持ちで行ったが、それが良かった。<br />手つかずの自然が残っていて、途中で何度も引き返したくなる様な獣道が続く。<br />車同士も容易にすれ違えない。

    新玉川温泉の帰りに、乳頭温泉も寄ってみるか、位の軽い気持ちで行ったが、それが良かった。
    手つかずの自然が残っていて、途中で何度も引き返したくなる様な獣道が続く。
    車同士も容易にすれ違えない。

  • しかし、その先に見えた温泉宿は映画のセットか?と思わせる古い渋い趣きのある佇まいだった。<br />どこで服を脱ぐのか、どこから入るのか分かりにくかったが、暖簾をくぐると脱衣所があり内湯・露天風呂と続く。

    しかし、その先に見えた温泉宿は映画のセットか?と思わせる古い渋い趣きのある佇まいだった。
    どこで服を脱ぐのか、どこから入るのか分かりにくかったが、暖簾をくぐると脱衣所があり内湯・露天風呂と続く。

  • 露天風呂の下は丸石が敷き詰められており、足裏マッサージにも効果的。<br />温度も丁度良くて、空を仰ぎ見ながらしばし寛ぐと、とても癒やされた。<br />ここぞ秘湯!という感じだ。<br />都会の喧騒から逃れる様にここに来て、お風呂に入り宿泊し、英気を養うのも良いかもしれない。<br />次は泊まりたい!

    露天風呂の下は丸石が敷き詰められており、足裏マッサージにも効果的。
    温度も丁度良くて、空を仰ぎ見ながらしばし寛ぐと、とても癒やされた。
    ここぞ秘湯!という感じだ。
    都会の喧騒から逃れる様にここに来て、お風呂に入り宿泊し、英気を養うのも良いかもしれない。
    次は泊まりたい!

  • 乳頭温泉に浸かって心も体も温まったら、次に山形県鶴岡市に向かう。<br />日本海側の道路は、美しいシービューロードだ。<br />どこまでも続く青い海、反対側には遠く山並みが見渡せる。<br />ただひたすら車を走らせるだけで、いつのまにか絶景に囲まれているというワクワク感が募る。

    乳頭温泉に浸かって心も体も温まったら、次に山形県鶴岡市に向かう。
    日本海側の道路は、美しいシービューロードだ。
    どこまでも続く青い海、反対側には遠く山並みが見渡せる。
    ただひたすら車を走らせるだけで、いつのまにか絶景に囲まれているというワクワク感が募る。

  • 宿泊したホテルは、文化十(1813)年創業の湯野浜温泉『亀や』<br />

    宿泊したホテルは、文化十(1813)年創業の湯野浜温泉『亀や』

    湯野浜温泉 亀や 宿・ホテル

  • 伝統を守りつつ、進化を重ねながら、『亀や』らしさを大切にしているという。<br />日本海に沈む夕陽が美しいというクチコミを読んで予約しました。

    伝統を守りつつ、進化を重ねながら、『亀や』らしさを大切にしているという。
    日本海に沈む夕陽が美しいというクチコミを読んで予約しました。

  • 風格のある入口から手入れの行き届いた庭を通りフロントに辿り着くと、今では珍しい和服姿の女性が出迎えてくれました。<br />館内も、あちらこちらに工夫をこらした展示や調度品があり、眺めて回るのも楽しかった。<br />

    風格のある入口から手入れの行き届いた庭を通りフロントに辿り着くと、今では珍しい和服姿の女性が出迎えてくれました。
    館内も、あちらこちらに工夫をこらした展示や調度品があり、眺めて回るのも楽しかった。

  • 朝食会場のレストランは、海の見える場所にあり、景色を眺めながらゆっくりいただく事が出来ました。<br />ブッフェスタイルではなく、一人一人にお膳で提供されるので落ち着いて食べる事が出来たのが良かった。<br />

    朝食会場のレストランは、海の見える場所にあり、景色を眺めながらゆっくりいただく事が出来ました。
    ブッフェスタイルではなく、一人一人にお膳で提供されるので落ち着いて食べる事が出来たのが良かった。

  • ホテル前は日本海!!<br />わぁーい!<br />誰かが作った砂のピラミッド。<br />

    ホテル前は日本海!!
    わぁーい!
    誰かが作った砂のピラミッド。

  • 雲は多いが水平線に沈む夕陽が見られそうだ。<br />1日に1回しか見られないこんな美しい光景に、どうして人っ子一人いないんだろう。<br />みんな、出ておいでよ!!<br />見て!見て!

    雲は多いが水平線に沈む夕陽が見られそうだ。
    1日に1回しか見られないこんな美しい光景に、どうして人っ子一人いないんだろう。
    みんな、出ておいでよ!!
    見て!見て!

  • こういう瞬間に、この場を立ち去るなんてあり得ない。<br />普段の生活では、海に沈む夕陽なんて見る事が出来ないので、このひとときは貴重だ。<br />旅先で、何度見たかなぁ?

    こういう瞬間に、この場を立ち去るなんてあり得ない。
    普段の生活では、海に沈む夕陽なんて見る事が出来ないので、このひとときは貴重だ。
    旅先で、何度見たかなぁ?

  • 美しいねぇ・・。<br />丸ではなく、四角にも五角形にも、「てんどんまん」にも見える。<br />良い感じに波も立っている。<br />

    美しいねぇ・・。
    丸ではなく、四角にも五角形にも、「てんどんまん」にも見える。
    良い感じに波も立っている。

  • 「そこで横向いて、クラーク博士の様に手をあげてごらん」と言われて写真を撮って、出来たのがアイコンになった。<br />完全に日が沈むまで、かなりの時間ここで遊んでいた。

    「そこで横向いて、クラーク博士の様に手をあげてごらん」と言われて写真を撮って、出来たのがアイコンになった。
    完全に日が沈むまで、かなりの時間ここで遊んでいた。

  • 夕食は、焼肉が食べたいという事になり、検索して『焼肉いわじ』に行きました。<br />狭いお店で人気店だったので予約しました。<br />駐車場もあって良かった。<br />

    夕食は、焼肉が食べたいという事になり、検索して『焼肉いわじ』に行きました。
    狭いお店で人気店だったので予約しました。
    駐車場もあって良かった。

    焼肉いわじ グルメ・レストラン

  • 厳選された山形牛A5ランクを味わえる焼肉店という事で、楽しみ楽しみ。<br />お肉の質が良く、種類豊富。<br />色々な部位が食べられて大満足。<br />ビールと赤ワインも美味しくいただきました。

    厳選された山形牛A5ランクを味わえる焼肉店という事で、楽しみ楽しみ。
    お肉の質が良く、種類豊富。
    色々な部位が食べられて大満足。
    ビールと赤ワインも美味しくいただきました。

  • 最近、旅先でご当地牛を食べるのが楽しみになっています。<br />全国各地で○○牛というブランド牛が食べられます。<br />家では殆ど豚肉か鶏肉なので、旅に出たら牛肉が食べられる。<br />これも醍醐味の一つです。<br /><br />続いては、佐渡汽船に乗って佐渡島に渡ります。<br />ここで、いきなり私達の無知が露呈する。<br />旅して学ぶこと多し。

    最近、旅先でご当地牛を食べるのが楽しみになっています。
    全国各地で○○牛というブランド牛が食べられます。
    家では殆ど豚肉か鶏肉なので、旅に出たら牛肉が食べられる。
    これも醍醐味の一つです。

    続いては、佐渡汽船に乗って佐渡島に渡ります。
    ここで、いきなり私達の無知が露呈する。
    旅して学ぶこと多し。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP