グランドキャニオン周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2022年4月、2年ぶりの海外旅行ではアメリカ・メキシコへ出かけます。アメリカ滞在中の12日間のドライブ旅では、ルート66・グランドサークル・オフロード走行・アメリカ本土最高峰等が旅の目的です。秘境旅行が好きな私にとってグランドキャニオンなど有名観光地はあまり興味がありませんでした。しかし定番の観光地にて冒険旅行を感じる秘境のスポットを探しにグランドサークルを初めて訪れてみます。<br /><br />この旅行記の前半は、グランドキャニオンの定番観光地サウスリムにてサウスカイバブトレイルをトレッキングします。秘境スポットと呼べるかはわかりませんが、グランドキャニオンを360度一望できる天空のトレイルであることは間違いないです。<br /><br />旅行記の後半は、4WDでオフロードを走り2つのグランドキャニオンの秘境スポットを探検します。世界的に有名な観光地グランドキャニオンですが、観光地を離れて誰も知らない秘密の大自然に包まれたグランドキャニオンとコロラド川を探します。

グランドキャニオンの秘境スポットを4WDで探検 (Exploring wild Grand Canyon by 4WD)

27いいね!

2022/04/03 - 2022/04/04

171位(同エリア1527件中)

ノーーウォリーズ

ノーーウォリーズさん

2022年4月、2年ぶりの海外旅行ではアメリカ・メキシコへ出かけます。アメリカ滞在中の12日間のドライブ旅では、ルート66・グランドサークル・オフロード走行・アメリカ本土最高峰等が旅の目的です。秘境旅行が好きな私にとってグランドキャニオンなど有名観光地はあまり興味がありませんでした。しかし定番の観光地にて冒険旅行を感じる秘境のスポットを探しにグランドサークルを初めて訪れてみます。

この旅行記の前半は、グランドキャニオンの定番観光地サウスリムにてサウスカイバブトレイルをトレッキングします。秘境スポットと呼べるかはわかりませんが、グランドキャニオンを360度一望できる天空のトレイルであることは間違いないです。

旅行記の後半は、4WDでオフロードを走り2つのグランドキャニオンの秘境スポットを探検します。世界的に有名な観光地グランドキャニオンですが、観光地を離れて誰も知らない秘密の大自然に包まれたグランドキャニオンとコロラド川を探します。

旅行の満足度
5.0

PR

  • この旅行記は旅の3日目セドナから始まります。セドナからグランドキャニオンまで200マイルほどをドライブします。セドナの標高は4200Ftから道は高度を上げていきます。

    この旅行記は旅の3日目セドナから始まります。セドナからグランドキャニオンまで200マイルほどをドライブします。セドナの標高は4200Ftから道は高度を上げていきます。

  • フラグスタッフの北側にはアリゾナ州の最高峰があります。山の頂上は雪に覆われており4月上旬でもスキー場はぎりぎりオープンしている様です。

    フラグスタッフの北側にはアリゾナ州の最高峰があります。山の頂上は雪に覆われており4月上旬でもスキー場はぎりぎりオープンしている様です。

  • この辺り標高9000Ftでは道路脇に残雪が見られます。他にブライスキャニオン・マウントウィットニーとこの旅で3回雪に遭遇します。

    この辺り標高9000Ftでは道路脇に残雪が見られます。他にブライスキャニオン・マウントウィットニーとこの旅で3回雪に遭遇します。

  • グランドキャニオン国立公園の入口。丁度アメリカでもイースター休暇が始まっており、グランドキャニオンも大混雑です。今回の旅は6つの国立公園を巡る予定なので”America, The beautiful”パス($80で全米の国立公園に対して1年間有効)を、手前のウィリアムズのビジターセンター脇の自動販売機で予め購入しており、チケット保持者の列に行けたので待ち時間は10分ほどで済みます。<br /><br />公園内に入っても駐車場を探すのに苦労します。グランドキャニオン・ビジターセンター周辺は全て満車で2kmほど離れたビレッジに停めます。ここからシャトルバスで移動です。

    グランドキャニオン国立公園の入口。丁度アメリカでもイースター休暇が始まっており、グランドキャニオンも大混雑です。今回の旅は6つの国立公園を巡る予定なので”America, The beautiful”パス($80で全米の国立公園に対して1年間有効)を、手前のウィリアムズのビジターセンター脇の自動販売機で予め購入しており、チケット保持者の列に行けたので待ち時間は10分ほどで済みます。

    公園内に入っても駐車場を探すのに苦労します。グランドキャニオン・ビジターセンター周辺は全て満車で2kmほど離れたビレッジに停めます。ここからシャトルバスで移動です。

  • グランドキャニオンのサウスリムで秘境スポットと言えば、グランドキャニオンの崖を降りたコロラド川周辺でしょう。サウスリム頂上からコロラド川まで行くのは困難です。コロラド川へ歩いて降りるトラックは2つあり、地図の様に1周すると15.4マイル・標高差は4600Ftです。Google Mapでは徒歩7時間と表示されますがこれはほぼ不可能で、このトラックを日帰りしない様に警告されています。少なくともハーフマラソンを余裕で完走できる程の強靭な体力が必要そうです。またはコロラド川沿いにロッジとキャンプ場があり1泊2日のトレッキングも可能ですが、ロッジは大人気で1年前には予約・抽選に当たる必要があります。旅を計画したのは3週間前、どちらについても準備時間は全く足りません。

    グランドキャニオンのサウスリムで秘境スポットと言えば、グランドキャニオンの崖を降りたコロラド川周辺でしょう。サウスリム頂上からコロラド川まで行くのは困難です。コロラド川へ歩いて降りるトラックは2つあり、地図の様に1周すると15.4マイル・標高差は4600Ftです。Google Mapでは徒歩7時間と表示されますがこれはほぼ不可能で、このトラックを日帰りしない様に警告されています。少なくともハーフマラソンを余裕で完走できる程の強靭な体力が必要そうです。またはコロラド川沿いにロッジとキャンプ場があり1泊2日のトレッキングも可能ですが、ロッジは大人気で1年前には予約・抽選に当たる必要があります。旅を計画したのは3週間前、どちらについても準備時間は全く足りません。

  • 結局コロラド川行きはこの日は諦めて、上記地図の赤矢印のサウスカイバブトレイル South kaibab trailの中間地点のスケルトンポイントまでトレッキングします(往復5.4マイル・標高差2000Ft)。もうひとつのブライトエンジェルトレイルより眺めが良いのでこちらを選びます。

    結局コロラド川行きはこの日は諦めて、上記地図の赤矢印のサウスカイバブトレイル South kaibab trailの中間地点のスケルトンポイントまでトレッキングします(往復5.4マイル・標高差2000Ft)。もうひとつのブライトエンジェルトレイルより眺めが良いのでこちらを選びます。

  • これは登山口のトレイルヘッド、いきなりジグザグに急降下ます。他にも沢山の人がいて人気のトレイルの様です。

    これは登山口のトレイルヘッド、いきなりジグザグに急降下ます。他にも沢山の人がいて人気のトレイルの様です。

  • サウスカイバブトレイルは崖の上に張り付く様に伸びており、どこにいてもグランドキャニオンの景色を楽しめます。急勾配なのは、スタート地点周辺とゴール地点のコロラド川周辺で、真ん中は比較的穏やかな坂です。

    サウスカイバブトレイルは崖の上に張り付く様に伸びており、どこにいてもグランドキャニオンの景色を楽しめます。急勾配なのは、スタート地点周辺とゴール地点のコロラド川周辺で、真ん中は比較的穏やかな坂です。

  • 底にあるコロラド川のロッジに物資を運ぶためのミュールの列に遭遇します。この先はOoh Aah Point。思わず「うわ~!」と叫んでしまう絶景が名前の由来だそうです。

    底にあるコロラド川のロッジに物資を運ぶためのミュールの列に遭遇します。この先はOoh Aah Point。思わず「うわ~!」と叫んでしまう絶景が名前の由来だそうです。

  • サウスカイバブトレイルは左右両側が崖のパノラマが広がります。360度見渡す限りグランドキャニオンです。

    サウスカイバブトレイルは左右両側が崖のパノラマが広がります。360度見渡す限りグランドキャニオンです。

  • 右側(東)の展望です。緑の平地はグランドキャニオンの崖上とコロラド川の崖下の中間地点、それに近づいています。

    右側(東)の展望です。緑の平地はグランドキャニオンの崖上とコロラド川の崖下の中間地点、それに近づいています。

  • 左側(西)の展望です。出発地点のグランドキャニオンの頂上ははるかに上です。グランドキャニオンの崖をこの角度から見るのは珍しいのでは。

    左側(西)の展望です。出発地点のグランドキャニオンの頂上ははるかに上です。グランドキャニオンの崖をこの角度から見るのは珍しいのでは。

  • 目的地の中間地点スケルトンポイント Skeleton Pointです。ここまで来る人は僅かです。かなり降りて来たので高度感は少なくなります。ここからコロラド川は2500ft下、グランドキャニオンの頂上は2000Ft上です。

    目的地の中間地点スケルトンポイント Skeleton Pointです。ここまで来る人は僅かです。かなり降りて来たので高度感は少なくなります。ここからコロラド川は2500ft下、グランドキャニオンの頂上は2000Ft上です。

  • コロラド川の溝はとても深く、ここまで降りても最低地点コロラド川は僅かに見えるだけです。

    コロラド川の溝はとても深く、ここまで降りても最低地点コロラド川は僅かに見えるだけです。

  • ここで引き返します。見上げるグランドキャニオンの崖の高さに圧倒されますが、帰りはこれを登らなければいけません。

    ここで引き返します。見上げるグランドキャニオンの崖の高さに圧倒されますが、帰りはこれを登らなければいけません。

  • 高低差600mなのでハードではないですが、最近は運動不足で往復5.4マイル・4時間のトレッキングは結構疲れます。やはり今の私にはコロラド川一周は無謀で、サウスカイバブトレイルのスケルトンポイントまでのお手軽コースがちょうど良かったです。

    高低差600mなのでハードではないですが、最近は運動不足で往復5.4マイル・4時間のトレッキングは結構疲れます。やはり今の私にはコロラド川一周は無謀で、サウスカイバブトレイルのスケルトンポイントまでのお手軽コースがちょうど良かったです。

  • ここはコロラド川の底へのもう一つの道、ブライトエンジェルトレイル Bright angel trailの登山口です。この登山口はグランドキャニオン観光の中心地に位置するので知名度はサウスカイバブトレイルを上まります。

    ここはコロラド川の底へのもう一つの道、ブライトエンジェルトレイル Bright angel trailの登山口です。この登山口はグランドキャニオン観光の中心地に位置するので知名度はサウスカイバブトレイルを上まります。

  • しかしブライトエンジェルトレイルは最初に一気に下りその後は平坦な場所を歩くので、サウスカイバブトレイルより景色は劣ると思います。ただし中間地点にコロラド川を一望できるビューぽポイントがあります。どちらを選ぶかは個人の判断です。

    しかしブライトエンジェルトレイルは最初に一気に下りその後は平坦な場所を歩くので、サウスカイバブトレイルより景色は劣ると思います。ただし中間地点にコロラド川を一望できるビューぽポイントがあります。どちらを選ぶかは個人の判断です。

    ブライト エンジェル トレイル 山・渓谷

  • 日が暮れてきます。グランドキャニオンは徐々にその姿を変えていきます。

    日が暮れてきます。グランドキャニオンは徐々にその姿を変えていきます。

  • グランドキャニオンの夕日です。右下手前の日が隠れそうな丘に、先ほど歩いたサウスカイバブトレイルがあります。<br /><br />夕日は言葉には表せない絶景です。サウスリムがグランドキャニオンのベストスポットである事に疑いはなく、あえて地味な秘境を目指す必要はないかも知れません。しかし秘境を探すのは自分の使命の様に勝手に感じています。

    グランドキャニオンの夕日です。右下手前の日が隠れそうな丘に、先ほど歩いたサウスカイバブトレイルがあります。

    夕日は言葉には表せない絶景です。サウスリムがグランドキャニオンのベストスポットである事に疑いはなく、あえて地味な秘境を目指す必要はないかも知れません。しかし秘境を探すのは自分の使命の様に勝手に感じています。

  • ここからグランドキャニオンの秘境探しが始まります。旅の2日目(前日)にグランドキャニオンの最低地点コロラド川まで4WDで向かいます。この地図はグランドキャニオン全体の地図、およそ250km続くコロラド川に一般観光客がアクセスできる場所はわずか3箇所(サウスリム・ノースリム・ウェストリム)。<br /><br />他にもコロラド川へ行けるポイントがいくつかあり、今回はその内のひとつダイヤモンドクリーク Diamond Creekへと向かいます。最寄りの舗装道路ルート66があるピーチスプリングス Peach Springsから片道18マイルのダート道路です。一般の観光客が来る所ではないですが、一体何が見られるのか探しに行きます。

    ここからグランドキャニオンの秘境探しが始まります。旅の2日目(前日)にグランドキャニオンの最低地点コロラド川まで4WDで向かいます。この地図はグランドキャニオン全体の地図、およそ250km続くコロラド川に一般観光客がアクセスできる場所はわずか3箇所(サウスリム・ノースリム・ウェストリム)。

    他にもコロラド川へ行けるポイントがいくつかあり、今回はその内のひとつダイヤモンドクリーク Diamond Creekへと向かいます。最寄りの舗装道路ルート66があるピーチスプリングス Peach Springsから片道18マイルのダート道路です。一般の観光客が来る所ではないですが、一体何が見られるのか探しに行きます。

  • これが私の冒険のパートナー日産パスファインダー Nissan Pathfinderです。全長5m越、全幅2m近くとランドクルーザーとほぼ同じ大きさの4WDです。今回のオフロード走行で最も重要なのは車の地上高で、パスファインダーは地上高30cmほどあります。しかし車の前面下に黒いバンパーがあり、ここだけ20cmの最低地上高で走行に非常に邪魔です。これがあるため地上高の高い車に見えません。<br /><br />なお一般の人にもわかりやすい様に、このパスファインダーを4WDと呼びますが、この車にローレンジギアもデフロックもなく本格的な四駆ではありません。また厳密にはオフロード走行とは公道ではない道なき道を走る事ですが、ここでは未舗装の公道を走る事を指します。

    これが私の冒険のパートナー日産パスファインダー Nissan Pathfinderです。全長5m越、全幅2m近くとランドクルーザーとほぼ同じ大きさの4WDです。今回のオフロード走行で最も重要なのは車の地上高で、パスファインダーは地上高30cmほどあります。しかし車の前面下に黒いバンパーがあり、ここだけ20cmの最低地上高で走行に非常に邪魔です。これがあるため地上高の高い車に見えません。

    なお一般の人にもわかりやすい様に、このパスファインダーを4WDと呼びますが、この車にローレンジギアもデフロックもなく本格的な四駆ではありません。また厳密にはオフロード走行とは公道ではない道なき道を走る事ですが、ここでは未舗装の公道を走る事を指します。

  • 目的地ダイヤモンドクリークはグランドキャニオン国立公園内ではなく、少数民族ワラパイ族 Hualapai Tribe の保護区です。国立公園パスは必要ないですが、ワラパイ族の許可が必要です。許可証を得るのは簡単で、この写真の Hualapai Tribe Game &amp; Fish事務所で出発前に申請するだけです(費用$16)。問題はいつオープンしているか不定期で、私が訪れた日曜日の朝はオープンでしたが、帰ってきた昼頃にはクローズでした。<br /><br />許可証の申請の際に、地上高の高い車に乗っているかと訊かれます。あの車だと私のパスファインダーを指差すと、あの小さな車か?と言われますが、まあ大丈夫だろうとOKもらえます。周りの車はトラックみたいな車高の高い車ばかりなので少し不安はありますが、一応「小型車」でも行けそうです。アリゾナ州ではランクルサイズの車でも「小型車」と呼ばれる事には驚きましたが。

    目的地ダイヤモンドクリークはグランドキャニオン国立公園内ではなく、少数民族ワラパイ族 Hualapai Tribe の保護区です。国立公園パスは必要ないですが、ワラパイ族の許可が必要です。許可証を得るのは簡単で、この写真の Hualapai Tribe Game & Fish事務所で出発前に申請するだけです(費用$16)。問題はいつオープンしているか不定期で、私が訪れた日曜日の朝はオープンでしたが、帰ってきた昼頃にはクローズでした。

    許可証の申請の際に、地上高の高い車に乗っているかと訊かれます。あの車だと私のパスファインダーを指差すと、あの小さな車か?と言われますが、まあ大丈夫だろうとOKもらえます。周りの車はトラックみたいな車高の高い車ばかりなので少し不安はありますが、一応「小型車」でも行けそうです。アリゾナ州ではランクルサイズの車でも「小型車」と呼ばれる事には驚きましたが。

  • ピーチスプリングスは少数民族ワラパイ族の拠点となっている街。この日はワラパイ族ミュージアムはクローズでしたが、出発前にワラパイロッジで少数民族ワラパイのアートを鑑賞します。またウェストリムはワラパイ族が所有するグランドキャニオンの観光地です。

    ピーチスプリングスは少数民族ワラパイ族の拠点となっている街。この日はワラパイ族ミュージアムはクローズでしたが、出発前にワラパイロッジで少数民族ワラパイのアートを鑑賞します。またウェストリムはワラパイ族が所有するグランドキャニオンの観光地です。

    ウォーロパイ ロッジ ホテル

  • オフロード走行の前に、タイヤの空気を抜き推奨33psiから28psi(走行前のタイヤの状態で)まで落とします。パンク防止とグリップ向上の為の儀式の様なものです。帰ってきたら空気を入れる必要がありますが、この街のガソリンスタンドの空気入れは全て壊れていて7マイル西に行けば空気入れを借りられると、地元の人から教わります。アメリカの多くの州ではガソリンスタンドには空気入れを備えることを法律で決められていますが、実際は壊れていて使えない事が多いです。クレジットカードが使える有料($2位)の空気入れは動作する確率が高いです。

    オフロード走行の前に、タイヤの空気を抜き推奨33psiから28psi(走行前のタイヤの状態で)まで落とします。パンク防止とグリップ向上の為の儀式の様なものです。帰ってきたら空気を入れる必要がありますが、この街のガソリンスタンドの空気入れは全て壊れていて7マイル西に行けば空気入れを借りられると、地元の人から教わります。アメリカの多くの州ではガソリンスタンドには空気入れを備えることを法律で決められていますが、実際は壊れていて使えない事が多いです。クレジットカードが使える有料($2位)の空気入れは動作する確率が高いです。

  • それでは出発です。ピーチスプリングスの街を出て北に向かうとすぐに未舗装のダート道路が始まります。ご覧の看板にはワラパイ族の許可書が必要と書かれていますが、既に取得済みなので心配なく先に進めます。この地点ではグランドキャニオンの雰囲気は全くありません。

    それでは出発です。ピーチスプリングスの街を出て北に向かうとすぐに未舗装のダート道路が始まります。ご覧の看板にはワラパイ族の許可書が必要と書かれていますが、既に取得済みなので心配なく先に進めます。この地点ではグランドキャニオンの雰囲気は全くありません。

  • ダート道路はこんな感じで定期的にメンテナンスされた走りやすいです。

    ダート道路はこんな感じで定期的にメンテナンスされた走りやすいです。

  • 道は徐々に下っていきます。高度を下げていくと谷間に入りグランドキャニオンの感じが出てきます。

    道は徐々に下っていきます。高度を下げていくと谷間に入りグランドキャニオンの感じが出てきます。

  • オフロード走行は崖のすぐ下を縫う様に進みます。

    オフロード走行は崖のすぐ下を縫う様に進みます。

  • 道には大きな石も増えてきますが、ゆっくり走れば全く問題なし。悪路ではなく、難しい箇所はありません。

    道には大きな石も増えてきますが、ゆっくり走れば全く問題なし。悪路ではなく、難しい箇所はありません。

  • 途中すれ違ったのは1台で、ご覧のバス。こんな所でバス?と思いますがその疑問は後で簡単に解決します。あと1台の4WDに追い抜かれます。交通量はごく僅かですが、全くの無人地帯ではありません。

    途中すれ違ったのは1台で、ご覧のバス。こんな所でバス?と思いますがその疑問は後で簡単に解決します。あと1台の4WDに追い抜かれます。交通量はごく僅かですが、全くの無人地帯ではありません。

  • 谷間も深くなってきます。崖の頂上は遥か上です。

    谷間も深くなってきます。崖の頂上は遥か上です。

  • 最後の数マイルは道と川が合流して、川の上を走る感じで運転に注意がいります。ご覧の様に道の上に水が流れていますが、一番深い窪みの深さは20センチあったかどうか。砂利道なのでタイヤがスタックすることは無いでしょう。ただし直前に雨が降っていれば谷間は一瞬で増水しますんで、そんな時は引き返した方が良いです。

    最後の数マイルは道と川が合流して、川の上を走る感じで運転に注意がいります。ご覧の様に道の上に水が流れていますが、一番深い窪みの深さは20センチあったかどうか。砂利道なのでタイヤがスタックすることは無いでしょう。ただし直前に雨が降っていれば谷間は一瞬で増水しますんで、そんな時は引き返した方が良いです。

  • 18マイルの距離を1時間ほどでダイヤモンドクリークに到着。広いピクニックとキャンプ用のスペースがあります。ワラパイ族のレンジャーが待機しており許可書のチェックで迎えてくれます。最高地点のグランドキャニオン頂上からコロラド川が見えないのと同様、最低地点のコロラド川からはグランドキャニオン頂上は高すぎて見えません。

    18マイルの距離を1時間ほどでダイヤモンドクリークに到着。広いピクニックとキャンプ用のスペースがあります。ワラパイ族のレンジャーが待機しており許可書のチェックで迎えてくれます。最高地点のグランドキャニオン頂上からコロラド川が見えないのと同様、最低地点のコロラド川からはグランドキャニオン頂上は高すぎて見えません。

  • コロラド川の上流からはラフティングのボートが次々と到着します。彼らにとっては文明と隔離された大自然の川下りを楽しんで、ダイヤモンドクリークが数日ぶりの文明への帰還でしょう。ここはラフティング旅のゴール地点で、先ほどのバスはこの人たちを送迎する為に来ています。

    コロラド川の上流からはラフティングのボートが次々と到着します。彼らにとっては文明と隔離された大自然の川下りを楽しんで、ダイヤモンドクリークが数日ぶりの文明への帰還でしょう。ここはラフティング旅のゴール地点で、先ほどのバスはこの人たちを送迎する為に来ています。

  • コロラド川の下流の様子。ここから下流に進むラフティングのグループもあります。奥には高く聳えるグランドキャニオンの崖が見えます。なお次回の旅行記では、別の場所ですが私もコロラド川のラフティングを体験します。

    コロラド川の下流の様子。ここから下流に進むラフティングのグループもあります。奥には高く聳えるグランドキャニオンの崖が見えます。なお次回の旅行記では、別の場所ですが私もコロラド川のラフティングを体験します。

  • グランドキャニオンのサウスリムからコロラド川までは、最初に説明したとおりハードなトレッキングでしか辿り着けません。しかしダイヤモンドクリークというコロラド川の秘密スポットへは車で比較的簡単に到達できます。この車パスファインダーも大きな仕事をやり遂げました。

    グランドキャニオンのサウスリムからコロラド川までは、最初に説明したとおりハードなトレッキングでしか辿り着けません。しかしダイヤモンドクリークというコロラド川の秘密スポットへは車で比較的簡単に到達できます。この車パスファインダーも大きな仕事をやり遂げました。

  • グランドキャニオンの秘境探しはまだまだ続きます。3箇所目は旅の9日目にグランドキャニオン北部を4WDで探検してみます。これはグランドキャニオン全体の地図、グランドキャニオンの半径100kmに舗装道路はほぼ無い空白地帯です。世界的に有名な観光地グランドキャニオンでも未開発な地域は多く、私の様な冒険好きにはここに何があるのか知りたくなります。<br /><br />グランドキャニオン北部のコロラドシティ Cororado Cityからトロウィープ展望台 Torowerp lookoutまで、片道60マイルのダート道路をドライブします。

    グランドキャニオンの秘境探しはまだまだ続きます。3箇所目は旅の9日目にグランドキャニオン北部を4WDで探検してみます。これはグランドキャニオン全体の地図、グランドキャニオンの半径100kmに舗装道路はほぼ無い空白地帯です。世界的に有名な観光地グランドキャニオンでも未開発な地域は多く、私の様な冒険好きにはここに何があるのか知りたくなります。

    グランドキャニオン北部のコロラドシティ Cororado Cityからトロウィープ展望台 Torowerp lookoutまで、片道60マイルのダート道路をドライブします。

  • コロラドシティでガソリンと食料を補給して出発です。街を出るとすぐに未舗装のダート道路が始まります。グランドキャニオンを示す看板は一切なく、この先オフロードという警告の看板のみ。本当にこの道で正しいか不安になります。

    コロラドシティでガソリンと食料を補給して出発です。街を出るとすぐに未舗装のダート道路が始まります。グランドキャニオンを示す看板は一切なく、この先オフロードという警告の看板のみ。本当にこの道で正しいか不安になります。

  • こんな感じで平坦な半砂漠に入ります。前半は大体はこんな感じで真っ直ぐな道です。ダート道ですがよく整備されており、前半は時速50マイルで安定して走れます。これがグランドキャニオンの空白地帯の姿です。もしかしたら貴重種のカルフォルニア・コンドルに会えるかも。

    こんな感じで平坦な半砂漠に入ります。前半は大体はこんな感じで真っ直ぐな道です。ダート道ですがよく整備されており、前半は時速50マイルで安定して走れます。これがグランドキャニオンの空白地帯の姿です。もしかしたら貴重種のカルフォルニア・コンドルに会えるかも。

  • 時々水のない川渡りと急な傾斜がありますが、路面が乾燥していれば全く問題はありません。

    時々水のない川渡りと急な傾斜がありますが、路面が乾燥していれば全く問題はありません。

  • 砂漠の中の一本道ではなく時々分岐もありますが、看板もあり枝道はひどい路面なので迷う事はないでしょう。もちろんGPSナビを使用しています。トロウィープ Torowerpまであと半分の34マイル、グランドキャニオンの文字はまだありません。

    砂漠の中の一本道ではなく時々分岐もありますが、看板もあり枝道はひどい路面なので迷う事はないでしょう。もちろんGPSナビを使用しています。トロウィープ Torowerpまであと半分の34マイル、グランドキャニオンの文字はまだありません。

  • 後半は低い山が見えてきます。野生動物は残念ながら見つけられず、その代わり牛と道路上で遭遇します。この辺りは半砂漠の牧場なのです。牛にとって車は珍しいものがいるという感じで怖がらないので衝突しない様に注意がいります。

    後半は低い山が見えてきます。野生動物は残念ながら見つけられず、その代わり牛と道路上で遭遇します。この辺りは半砂漠の牧場なのです。牛にとって車は珍しいものがいるという感じで怖がらないので衝突しない様に注意がいります。

  • グランドキャニオン・パラシャント Grand Canyon-Parashantの看板がようやく現れます。後半は一部に大きな石が落ちている路面があり、平均時速20-30マイルのゆっくり運転です。急いでパンクしたら時間のロスは何倍にもなるので慎重に走ります。LonelyPlanetガイドブックには25%の車がパンクする超過酷な道と警告されていますが、タイヤ性能に合わせたスピードで走れば問題ないです。パンクの原因の大部分はスピードの出し過ぎだそうです。

    グランドキャニオン・パラシャント Grand Canyon-Parashantの看板がようやく現れます。後半は一部に大きな石が落ちている路面があり、平均時速20-30マイルのゆっくり運転です。急いでパンクしたら時間のロスは何倍にもなるので慎重に走ります。LonelyPlanetガイドブックには25%の車がパンクする超過酷な道と警告されていますが、タイヤ性能に合わせたスピードで走れば問題ないです。パンクの原因の大部分はスピードの出し過ぎだそうです。

  • グランドキャニオン・パラシャント国立公園の入口、こんな辺境の国立公園にもレンジャーが常駐しています。入場料を徴収するのかと思いましたが、入場無料で親切にも車のチェックをしてくれます。私の車パスファインダー(本格的な四駆ではない)は、この先最後の3マイルを無事走行できるかは微妙で、Up to youと言われます。

    グランドキャニオン・パラシャント国立公園の入口、こんな辺境の国立公園にもレンジャーが常駐しています。入場料を徴収するのかと思いましたが、入場無料で親切にも車のチェックをしてくれます。私の車パスファインダー(本格的な四駆ではない)は、この先最後の3マイルを無事走行できるかは微妙で、Up to youと言われます。

  • 国立公園内は砂の路面です。ここまで2時間45分、すれ違った車は4WDの1台とオフロードバイクのグループが1組、無人地帯ではないですが交通量は極少なめ。

    国立公園内は砂の路面です。ここまで2時間45分、すれ違った車は4WDの1台とオフロードバイクのグループが1組、無人地帯ではないですが交通量は極少なめ。

  • ここから先トロウィープまで3マイルは悪路という看板があり、小さな駐車場があります。迷った場合は保守的な判断をして、ここで車を停めて最後の3マイルを歩くことにします。この写真は車の背面、砂漠地帯のオフロード走行中は背後は埃が巻き上がりますが、乾いた砂はすぐ落ちて車はあまり汚れていません。

    ここから先トロウィープまで3マイルは悪路という看板があり、小さな駐車場があります。迷った場合は保守的な判断をして、ここで車を停めて最後の3マイルを歩くことにします。この写真は車の背面、砂漠地帯のオフロード走行中は背後は埃が巻き上がりますが、乾いた砂はすぐ落ちて車はあまり汚れていません。

  • 最後の3マイルのオフロードはこんな感じの路面。高さ30センチほどの段差があり、私の車パスファインダーの地上高30センチ(前面バンパーのみ20センチ)では運転テクニック次第ですが確かに微妙です。多少のバンパーの傷は気にしないなら行けそうですが。段差が大きいだけでローレンジギアやデフロックを使う悪路ではありません(路面が乾燥していれば)。

    最後の3マイルのオフロードはこんな感じの路面。高さ30センチほどの段差があり、私の車パスファインダーの地上高30センチ(前面バンパーのみ20センチ)では運転テクニック次第ですが確かに微妙です。多少のバンパーの傷は気にしないなら行けそうですが。段差が大きいだけでローレンジギアやデフロックを使う悪路ではありません(路面が乾燥していれば)。

  • 最後の3マイルを歩いている間は沢山の車に追い越されます。この車高をあげたピックアップ車から、

    最後の3マイルを歩いている間は沢山の車に追い越されます。この車高をあげたピックアップ車から、

  • ATVバギーまで砂を上げて疾走しています。この区間だけはかなりの交通量です。

    ATVバギーまで砂を上げて疾走しています。この区間だけはかなりの交通量です。

  • 開けた場所に着きます。向こう側にグランドキャニオンの大きな谷間がありそうです。さあ楽しみです。

    開けた場所に着きます。向こう側にグランドキャニオンの大きな谷間がありそうです。さあ楽しみです。

  • 45分歩いて着きました、トロウィープ展望台 Torowerp lookoutです。誰もいない大自然の無人地帯を予想していましたが、オフロードバイクやATVバギーで来た20人以上が集まっています。グランドキャニオン・パラシャント国立公園の辺境地は、一般の観光客が来る場所ではありませんが、オフロードマニアの天国である事を発見します。

    45分歩いて着きました、トロウィープ展望台 Torowerp lookoutです。誰もいない大自然の無人地帯を予想していましたが、オフロードバイクやATVバギーで来た20人以上が集まっています。グランドキャニオン・パラシャント国立公園の辺境地は、一般の観光客が来る場所ではありませんが、オフロードマニアの天国である事を発見します。

  • トロウィープ展望台からは、知られざるグランドキャニオンの絶景が見られます。2500Ft崖下にはコロラド川。柵もない崖の上から慎重に体を出して、絶景を写真に収めます。これは東側のコロラド川の上流側。遥か下にはラフティングのボート?の様な人工物が小さく見えます。

    トロウィープ展望台からは、知られざるグランドキャニオンの絶景が見られます。2500Ft崖下にはコロラド川。柵もない崖の上から慎重に体を出して、絶景を写真に収めます。これは東側のコロラド川の上流側。遥か下にはラフティングのボート?の様な人工物が小さく見えます。

  • これは西側のコロラド川の下流側。この写真を撮るのも命懸け。トロウィープはそんな価値があるグランドキャニオンの秘密スポットです。

    これは西側のコロラド川の下流側。この写真を撮るのも命懸け。トロウィープはそんな価値があるグランドキャニオンの秘密スポットです。

  • 帰りは同じ道を引き返します。60マイルのオフロードを行きは3時間半(歩き時間45分含む)、帰りは3時間で戻ります。コロラドシティはご覧の山の麓にあり40km先から見えます。遠くからもゴール地点が良く分かり、近づくにつれて達成感を感じます。辺境のグランドキャニオン・パラシャント国立公園から無事に文明に帰ることができて秘境探検家の任務完了です。<br /><br />次回からの旅行記でも、コロラド川ラフティング・断崖絶壁4WD走行・雪山登山など、グランドサークルの秘境スポットを目指す探検が続きます。

    帰りは同じ道を引き返します。60マイルのオフロードを行きは3時間半(歩き時間45分含む)、帰りは3時間で戻ります。コロラドシティはご覧の山の麓にあり40km先から見えます。遠くからもゴール地点が良く分かり、近づくにつれて達成感を感じます。辺境のグランドキャニオン・パラシャント国立公園から無事に文明に帰ることができて秘境探検家の任務完了です。

    次回からの旅行記でも、コロラド川ラフティング・断崖絶壁4WD走行・雪山登山など、グランドサークルの秘境スポットを目指す探検が続きます。

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • travelさん 2022/05/15 08:39:14
    グランドキャニオン
    ノ--ウォリ-ズさん、レンタカ-でのグランドサ-クルは自由に移動出来るのでいいですね。
    グランドキャニオンは初一人旅訪問地だったので懐かしく旅行記を見させて頂きました。
    風景は数年経過しても変化しないのが嬉しいです。
    私はもう一方のブライトエンジェルトレイルを途中まで下りて引き返しましたが6月下旬だったので暑くて暑くて上りは少しヘロヘロ状態になりましたがいい思い出です。
    グランドキャニオンを眺めていると小さな悩みは吹っ飛んでいくような気がしますね。
    自然は雄大、特にグランドキャニオンは気持ちをおおらかにしてくれます。
    ラスベガスからヘリでコロラド川に降り立ったり、グランドキャニオン空港からパピヨンヘリでグランドキャニオン上空を飛んだりと私にとってはほんと思い出深い旅先でした。

    グリンデルワルトの旅行記に訪問頂き有難うございます。
    今年の夏季はスイスに旅立つ旅行者も増えるのではないかと思います。

      travel

    ノーーウォリーズ

    ノーーウォリーズさん からの返信 2022/05/16 00:22:48
    RE: グランドキャニオン
    travelさん、こんにちは、

    初めての一人旅がグランドキャニオンなら、思い出も沢山残っているでしょう。
    私の場合、50回以上は海外旅行していますが、有名観光地のグランドキャニオンは初めてでした。評判通りの素晴らしい場所でした。国立公園は保護されていますので、今後ずっとこの景色は変わらないのかと。

    ブライトエンジェルトレイルは私は頂上から見ただけですが、実際どうなんでしょう。こちらの方が有名ですし、もしかしたらこちらにも素晴らしい絶景ポイントがあるのかな、と気になります。

    ヘリコプターでコロラド川へ行く方法があったとは、知りませんでした。ミュール(ロバ)に乗ってコロラド川に降りる事もできる様ですし、色々な方法がありますね。

    グリンデルワルトはいつか行きたい候補地のひとつです(子供の頃に一度行ったので、厳密には再訪ですが)。Haute Routeなど、アルプスのあまり知られていない秘境探しにトレッキングしてみたいですね。travelさんも、もうすぐ海外へ行かれるのでは?

ノーーウォリーズさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 593円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集