富士吉田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ついに、&quot;ワタシの正体&quot;を明かす時が来たヨ。<br />今回の場所は、ワタシにとってある意味実家ともいえるであろう場所。<br /><br />…ということで、ココで暮らす&quot;ファミリー&quot;が、<br />いよいよ今回のお話で明らかになるので、お楽しみに。<br /><br /><br />1日目:<br />https://4travel.jp/travelogue/11688165<br />2日目:<br />https://4travel.jp/travelogue/11697005

故郷の御山が恋しくて…! 富士・河口湖の春の景色を見に行くヨ! 3日目(最終日) #53

35いいね!

2021/04/12 - 2021/04/14

97位(同エリア857件中)

しちにのに<東京2020編>

しちにのに<東京2020編>さん

ついに、"ワタシの正体"を明かす時が来たヨ。
今回の場所は、ワタシにとってある意味実家ともいえるであろう場所。

…ということで、ココで暮らす"ファミリー"が、
いよいよ今回のお話で明らかになるので、お楽しみに。


1日目:
https://4travel.jp/travelogue/11688165
2日目:
https://4travel.jp/travelogue/11697005

PR

  • 4月14日、午前8時30分。<br />3日間お世話になった、お宿を出発したヨ。<br />ありがとうございました!

    4月14日、午前8時30分。
    3日間お世話になった、お宿を出発したヨ。
    ありがとうございました!

    @ホーム宿 ホテルベル鐘山 富士山リゾート&ビジネス 宿・ホテル

    2名1室合計 13,964円~

  • さて、次の目的地は。<br />今回のお宿から歩いて行ける場所にあるヨ。

    さて、次の目的地は。
    今回のお宿から歩いて行ける場所にあるヨ。

  • でもお、その前にちょっと寄り道。<br />ツツジの花が、いい感じに咲いていたヨ!

    でもお、その前にちょっと寄り道。
    ツツジの花が、いい感じに咲いていたヨ!

  • 途中にある「鐘山の滝」っていうのに、ちょっと興味があったからネ。<br />何でも、山中湖と忍野八海の水が流れて出来ている滝なんだっテ!

    途中にある「鐘山の滝」っていうのに、ちょっと興味があったからネ。
    何でも、山中湖と忍野八海の水が流れて出来ている滝なんだっテ!

    鐘山の滝(小佐野の滝) 自然・景勝地

  • 横長で撮ってみても、それっぽいヨ!<br />ココから先は、さすがに足場がないのでここで引き返すコトに。

    横長で撮ってみても、それっぽいヨ!
    ココから先は、さすがに足場がないのでここで引き返すコトに。

  • そして…、ついに…!<br />何を隠そう、ココは、私の実家です(元ネタ的な意味で)。

    そして…、ついに…!
    何を隠そう、ココは、私の実家です(元ネタ的な意味で)。

    道の駅 富士吉田 道の駅

  • …そして、ついにお目見えだヨ♪<br /><br />このコほど、エプロン姿の似合う女の子は、<br />日本にはいない、ってネ。

    …そして、ついにお目見えだヨ♪

    このコほど、エプロン姿の似合う女の子は、
    日本にはいない、ってネ。

  • そして、ついに! 満を持しての登場!!<br />このコこそが、美織ちゃんの実家で暮らしている双子の妹、<br />「桜織(さおり)ちゃん」なのでした!!<br />(&#x273F&#x3181&#x1D17&#x3181)/\(&gt;▽&lt;&#x273F)/<br /><br />(…でした?)<br /><br />…うン。<br />&quot;一旦普段着に着替えるから待ってて&quot;、だっテ。

    そして、ついに! 満を持しての登場!!
    このコこそが、美織ちゃんの実家で暮らしている双子の妹、
    「桜織(さおり)ちゃん」なのでした!!
    (✿ㆁᴗㆁ)/\(>▽<✿)/

    (…でした?)

    …うン。
    "一旦普段着に着替えるから待ってて"、だっテ。

  • そしてもう一人。<br />このコは桜織ちゃんと一緒にココで、<br />富士吉田市と、その郷土料理「吉田のうどん」をPRしている、<br />「吉田のうどんぶりちゃん」!!<br /><br />口癖は&quot;日本一&quot;、性格は&quot;こしが強くて粘り強い&quot;。<br />見た目では分からないかもしれないケド、3歳の女の子だヨ。

    そしてもう一人。
    このコは桜織ちゃんと一緒にココで、
    富士吉田市と、その郷土料理「吉田のうどん」をPRしている、
    「吉田のうどんぶりちゃん」!!

    口癖は"日本一"、性格は"こしが強くて粘り強い"。
    見た目では分からないかもしれないケド、3歳の女の子だヨ。

  • 「この子たちが、実家で暮らす&quot;ファミリー&quot;?<br /> ヘェ、みんな可愛いわね♪美織ちゃんよりも。」<br /><br />ひ、一言余計だヨォ! Σ(&gt;□&lt;;&#x273F)<br /><br />「…わたし? わたしは歌瀬吟(うたせぎん)。<br /> 上越高田から、はるばるココにやって来たの。<br /> よろしくね! 桜織ちゃん、うどんぶりちゃん♪」

    「この子たちが、実家で暮らす"ファミリー"?
     ヘェ、みんな可愛いわね♪美織ちゃんよりも。」

    ひ、一言余計だヨォ! Σ(>□<;✿)

    「…わたし? わたしは歌瀬吟(うたせぎん)。
     上越高田から、はるばるココにやって来たの。
     よろしくね! 桜織ちゃん、うどんぶりちゃん♪」

  • 物産館は、やっている…というか、<br />もう9時過ぎてたヨ。

    物産館は、やっている…というか、
    もう9時過ぎてたヨ。

  • 荷物は総合案内所のお姉さんに預かってもらえることに。<br />ここまで色々と買って、元々の荷物も合わせて重かったからネ…。

    荷物は総合案内所のお姉さんに預かってもらえることに。
    ここまで色々と買って、元々の荷物も合わせて重かったからネ…。

  • 富士吉田市ってどんなところ?…ていうと、こんなところ。<br />市内のどこからでも見える富士山、<br />富士山ゆかりの神社に、古き良き街並み。<br />それに「富士急ハイランド」「ふじやま織」「吉田のうどん」。<br />この辺りは、割と有名なんじゃないのかナ。

    富士吉田市ってどんなところ?…ていうと、こんなところ。
    市内のどこからでも見える富士山、
    富士山ゆかりの神社に、古き良き街並み。
    それに「富士急ハイランド」「ふじやま織」「吉田のうどん」。
    この辺りは、割と有名なんじゃないのかナ。

  • というわけで、「レーダードーム館」に行ってみるかネ。

    というわけで、「レーダードーム館」に行ってみるかネ。

    富士山レーダードーム館 美術館・博物館

  • 桜織<br />「…お姉ちゃん? 美織お姉ちゃんなの??<br /> 私、桜織よ。」<br /><br /><br />ヤア! はじm…ただいま、桜織!<br />(=&#x1D17=&#x273F)<br />ワタシ、美織(みおり)♪<br />キミの双子の姉…かどうかは定かではないヨ。<br /><br />桜織<br />「…?」

    桜織
    「…お姉ちゃん? 美織お姉ちゃんなの??
     私、桜織よ。」


    ヤア! はじm…ただいま、桜織!
    (=ᴗ=✿)
    ワタシ、美織(みおり)♪
    キミの双子の姉…かどうかは定かではないヨ。

    桜織
    「…?」

  • (&#x2579&#x25E1&#x2579&#x273F)<br />…でもネ、<br />なぜかワタシが今日ココにたどり着くことだけは、<br />運命のようだヨ。<br /><br />…そう、4年前の、あの春の日からネ。<br /><br />せっかくココに来れたんだから、<br />今からこの中を見て回って、思い出にひたろうと思うヨ!<br />というわけで、よろしくネ!\(^▽^&#x273F)

    (╹◡╹✿)
    …でもネ、
    なぜかワタシが今日ココにたどり着くことだけは、
    運命のようだヨ。

    …そう、4年前の、あの春の日からネ。

    せっかくココに来れたんだから、
    今からこの中を見て回って、思い出にひたろうと思うヨ!
    というわけで、よろしくネ!\(^▽^✿)

  • 富士山の頂上に気象レーダーを建設する計画。<br />その頂上と言えば、1年中雪や氷によって閉ざされ、<br />風も強く、想像を絶する厳しい環境下だったというヨ。

    富士山の頂上に気象レーダーを建設する計画。
    その頂上と言えば、1年中雪や氷によって閉ざされ、
    風も強く、想像を絶する厳しい環境下だったというヨ。

  • 富士山レーダーは、<br />昭和40年(1965年)から平成11年(1999年)まで使われ、<br />北海道南部から九州北部に及ぶ広い空を観測できて、<br />天気予報や災害防止にも役立ったんだっテ。

    富士山レーダーは、
    昭和40年(1965年)から平成11年(1999年)まで使われ、
    北海道南部から九州北部に及ぶ広い空を観測できて、
    天気予報や災害防止にも役立ったんだっテ。

  • 富士山頂での気象観測自体は、それよりさらに昔、<br />120年以上も前から行われていたんだっテ!<br /><br />ナルホド、それはびっくりだヨ。

    富士山頂での気象観測自体は、それよりさらに昔、
    120年以上も前から行われていたんだっテ!

    ナルホド、それはびっくりだヨ。

  • こんな感じのジオラマがあったリ。<br />さりげにレーダードームの中も分かるネ。

    こんな感じのジオラマがあったリ。
    さりげにレーダードームの中も分かるネ。

  • フフッ、ココにも居た(^^♪<br />ここに来て、存分に楽しめたヨ!<br />これぐらい桜満開だったら最高だったヨ。

    フフッ、ココにも居た(^^♪
    ここに来て、存分に楽しめたヨ!
    これぐらい桜満開だったら最高だったヨ。

  • 富士山レーダーは昭和39年、日本で初めて開催されたオリンピック、<br />1964年の東京オリンピックと同じ年に完成したんだっテ!<br />日本の戦後復興の象徴とも言える大会だったようだケド、<br />奇しくも同じ年に生まれて、天気予報に進歩をもたらしたんだネ。

    富士山レーダーは昭和39年、日本で初めて開催されたオリンピック、
    1964年の東京オリンピックと同じ年に完成したんだっテ!
    日本の戦後復興の象徴とも言える大会だったようだケド、
    奇しくも同じ年に生まれて、天気予報に進歩をもたらしたんだネ。

  • そして、その役割を終えた後も、その功績をたたえ語り継ぐために、<br />気象観測レーダーをココに移設して、<br />このレーダードーム館が建てられたとのコトだヨ。

    そして、その役割を終えた後も、その功績をたたえ語り継ぐために、
    気象観測レーダーをココに移設して、
    このレーダードーム館が建てられたとのコトだヨ。

  • これはレーダーリレーアンテナ。<br />気象庁と交信するために使用されたマイクロ波電波塔を復元したもの。<br />…とのコト。

    これはレーダーリレーアンテナ。
    気象庁と交信するために使用されたマイクロ波電波塔を復元したもの。
    …とのコト。

  • コレが富士山頂に設置されていた、レーダードームだヨ。<br />残念ながら中には入れなかったヨ。

    コレが富士山頂に設置されていた、レーダードームだヨ。
    残念ながら中には入れなかったヨ。

  • 桜織って、こんなに大きかったんだネ。<br /><br />たまに抜けている所はあるケド、料理も接客も上手だし。<br /><br />…ワタシ? どれもからっきしダメだったヨ。<br /><br />ワタシ、桜織を見上げるように見ててサ。<br />あの富士山みたいに、大きくて、キレイでネ。<br />…なんかネ、首が痛くなってくるのも忘れてた。<br /><br /><br />桜織<br />「…お姉ちゃん?<br /> 本当に美織お姉ちゃんなの?<br /> こんなに小さくなって、…悲しいよ。」

    桜織って、こんなに大きかったんだネ。

    たまに抜けている所はあるケド、料理も接客も上手だし。

    …ワタシ? どれもからっきしダメだったヨ。

    ワタシ、桜織を見上げるように見ててサ。
    あの富士山みたいに、大きくて、キレイでネ。
    …なんかネ、首が痛くなってくるのも忘れてた。


    桜織
    「…お姉ちゃん?
     本当に美織お姉ちゃんなの?
     こんなに小さくなって、…悲しいよ。」

  • でもネ、ワタシはこの小さい体を得て、<br />得したコトだっていくつかあるのヨ。<br /><br />ここを出てから4年間、いろんな場所に飛んで行けたし、<br />美味しいものもイッパイ食べられたからネ。<br /><br />それに、富士山は「大きいからこそ」でショ?<br />ワタシにとっては、故郷の御山のように、いつでも誇らしく見える。<br />…そんな妹ヨ。<br /><br />桜織<br />「そう思うのは、私だって同じよ!<br /> みんなが知っている青い富士山だけじゃない、<br /> 朝陽の光を浴びて、紅色に染まる富士山だってそう。<br /> 私にとっても、美織お姉ちゃんは、<br /> 故郷の御山のように誇らしいお姉ちゃんだよ!」<br /><br /><br />…フフッ、そう言ってくれてありがとう。<br />大きいあなたと、小さいワタシ。<br />これからも、それぞれの道を歩いて行こうネ。<br /><br />ありがとう、桜織! 元気でネ!!

    でもネ、ワタシはこの小さい体を得て、
    得したコトだっていくつかあるのヨ。

    ここを出てから4年間、いろんな場所に飛んで行けたし、
    美味しいものもイッパイ食べられたからネ。

    それに、富士山は「大きいからこそ」でショ?
    ワタシにとっては、故郷の御山のように、いつでも誇らしく見える。
    …そんな妹ヨ。

    桜織
    「そう思うのは、私だって同じよ!
     みんなが知っている青い富士山だけじゃない、
     朝陽の光を浴びて、紅色に染まる富士山だってそう。
     私にとっても、美織お姉ちゃんは、
     故郷の御山のように誇らしいお姉ちゃんだよ!」


    …フフッ、そう言ってくれてありがとう。
    大きいあなたと、小さいワタシ。
    これからも、それぞれの道を歩いて行こうネ。

    ありがとう、桜織! 元気でネ!!

  • なでしこちゃんと、リンちゃんもお元気で!<br />いつかまた遊びに行くからネ!!

    なでしこちゃんと、リンちゃんもお元気で!
    いつかまた遊びに行くからネ!!

  • さて、「桜織のりとるきっちん」。<br />桜織ちゃんは料理が上手! なので簡単な軽食ぐらいはお手の物だヨ!<br />ここで作ってくれる可愛いおまんじゅう「桜織まん」を見テ!

    さて、「桜織のりとるきっちん」。
    桜織ちゃんは料理が上手! なので簡単な軽食ぐらいはお手の物だヨ!
    ここで作ってくれる可愛いおまんじゅう「桜織まん」を見テ!

    桜織のりとるきっちん グルメ・レストラン

  •     山梨県サンシャインマスカット使用<br />どうぞ⇒<br /><br />中身は何のことは無く、豚肉だったヨ。<br />アンマンを期待してた…ていうのはナイショだヨ。

        山梨県サンシャインマスカット使用
    どうぞ⇒

    中身は何のことは無く、豚肉だったヨ。
    アンマンを期待してた…ていうのはナイショだヨ。

  • 「…お許しください桜織様、とっても美味しいです!<br /> そして道の駅スタッフの皆様!<br /> 美織ちゃんと旅を続けられて、わたし本当に幸せでした!」

    「…お許しください桜織様、とっても美味しいです!
     そして道の駅スタッフの皆様!
     美織ちゃんと旅を続けられて、わたし本当に幸せでした!」

  • でもって次は、一番のお目当てだった「吉田のうどん」!<br />硬すぎとまではいわないケド、歯ごたえは、それなりにあるヨ。<br />そこいらのモロモロした柔らかいうどんとは、若干ちがう気がするヨ。

    でもって次は、一番のお目当てだった「吉田のうどん」!
    硬すぎとまではいわないケド、歯ごたえは、それなりにあるヨ。
    そこいらのモロモロした柔らかいうどんとは、若干ちがう気がするヨ。

  • 桜織ちゃんと、うどんぶりちゃんの2ショットが嬉しい!<br />どうせなら、ワタシも一緒に撮ってくれればよかったのにネ。<br />…何やってんだか。

    桜織ちゃんと、うどんぶりちゃんの2ショットが嬉しい!
    どうせなら、ワタシも一緒に撮ってくれればよかったのにネ。
    …何やってんだか。

  • この後は、お土産も色々買ったヨ。<br />そして桜織ちゃんのグッズに紛れて、ワタシも紛れ込んでいるので。<br />…見て、笑えばいいと思うヨ。

    この後は、お土産も色々買ったヨ。
    そして桜織ちゃんのグッズに紛れて、ワタシも紛れ込んでいるので。
    …見て、笑えばいいと思うヨ。

  • ココで願いが叶ったというのかナ。<br />富士山が、半分だけだケド、その姿を見せてくれたヨ。

    ココで願いが叶ったというのかナ。
    富士山が、半分だけだケド、その姿を見せてくれたヨ。

  • <ここから追記><br />この後は、ふじっこ号(緑色のバス)にのって富士山駅へ。<br />赤い鳥居型の入り口が目印だヨ。

    <ここから追記>
    この後は、ふじっこ号(緑色のバス)にのって富士山駅へ。
    赤い鳥居型の入り口が目印だヨ。

    富士山駅

  • この後、駅周辺を少しだけ散策してみる。<br />向こうに見えるのは、有名なテーマパーク「富士急ハイランド」だヨ。<br />今は、入園だけなら無料(アトラクションは別料金)で、<br />自由に回れるとのコトだヨ。

    この後、駅周辺を少しだけ散策してみる。
    向こうに見えるのは、有名なテーマパーク「富士急ハイランド」だヨ。
    今は、入園だけなら無料(アトラクションは別料金)で、
    自由に回れるとのコトだヨ。

  • リーダーが、この車両を見おぼえがあると言ってたケド、<br />これ自体が昔に京王線で走っていたもので、<br />当時の姿をそのまま再現しているみたいだったヨ。

    リーダーが、この車両を見おぼえがあると言ってたケド、
    これ自体が昔に京王線で走っていたもので、
    当時の姿をそのまま再現しているみたいだったヨ。

  • 町のシンボルともいえる「金鳥居(かなどりい)」。<br />富士山登山道の初めの門でもあリ、<br />文字通リ「富士山信仰の入り口」として親しまれているヨ。

    町のシンボルともいえる「金鳥居(かなどりい)」。
    富士山登山道の初めの門でもあリ、
    文字通リ「富士山信仰の入り口」として親しまれているヨ。

    金鳥居 名所・史跡

  • そういえば、この日は東京オリンピック開催まで、ちょうど100日!<br />鳥居を抜けた先、<br />雲におおわれながらも、あの富士山が姿を現してくれたように、<br /><br />東京オリンピックが、故郷の御山のように、<br />誇らしく美しく、ワタシ達にその姿を見せてくれることを、<br /><br />心の底から願っているヨ!!<br /><br />(その100日後、願い通り開催され、無事に完走しました。)

    そういえば、この日は東京オリンピック開催まで、ちょうど100日!
    鳥居を抜けた先、
    雲におおわれながらも、あの富士山が姿を現してくれたように、

    東京オリンピックが、故郷の御山のように、
    誇らしく美しく、ワタシ達にその姿を見せてくれることを、

    心の底から願っているヨ!!

    (その100日後、願い通り開催され、無事に完走しました。)

  • さて、「富士山ビュー特急」に乗って大月駅まで行くヨ。

    さて、「富士山ビュー特急」に乗って大月駅まで行くヨ。

    富士山ビュー特急 乗り物

  • 車内はこんな感じ。<br />もちろん、水戸岡鋭治さんによるデザインだヨ。

    車内はこんな感じ。
    もちろん、水戸岡鋭治さんによるデザインだヨ。

  • 上が今ワタシ達の乗っている3号車で、<br />下が2号車だヨ。<br />座席の色がそれぞれちがうのが分かるネ♪<br />1号車は特別車両(指定席)で、<br />座席に空きがあれば、発車前に当日予約も可能だヨ。

    上が今ワタシ達の乗っている3号車で、
    下が2号車だヨ。
    座席の色がそれぞれちがうのが分かるネ♪
    1号車は特別車両(指定席)で、
    座席に空きがあれば、発車前に当日予約も可能だヨ。

  • こうして出発。<br />富士急ハイランドを横目に…。

    こうして出発。
    富士急ハイランドを横目に…。

  • 富士山ともまた、しばしのお別れ。<br />次にココに来られるのは、いつ頃になるのかナ…。<br />(ノ_・、&#x273F)

    富士山ともまた、しばしのお別れ。
    次にココに来られるのは、いつ頃になるのかナ…。
    (ノ_・、✿)

  • リニアの実験線だヨ。<br />東京・名古屋・大阪を1時間弱で走る、<br />「リニア中央新幹線」が計画されているケド、<br />全線開通は早くとも2037年ということで、まだまだ当分先だヨ…。

    リニアの実験線だヨ。
    東京・名古屋・大阪を1時間弱で走る、
    「リニア中央新幹線」が計画されているケド、
    全線開通は早くとも2037年ということで、まだまだ当分先だヨ…。

  • 大月駅に、とうちゃく。

    大月駅に、とうちゃく。

    大月駅

  • この後は、かいじ27号に乗って甲府駅へ。<br />このタイプの車両に乗るのは初めてだヨ。

    この後は、かいじ27号に乗って甲府駅へ。
    このタイプの車両に乗るのは初めてだヨ。

  • 席上ランプの表示:<br />赤…空席です。<br />黄…もうすぐ、その席の予約者が座ります。<br />  (席を空けなければならない)<br />緑…予約済みです。(着席不可)

    席上ランプの表示:
    赤…空席です。
    黄…もうすぐ、その席の予約者が座ります。
      (席を空けなければならない)
    緑…予約済みです。(着席不可)

  • 甲府駅で、あずさ29号に乗り換えるヨ。

    甲府駅で、あずさ29号に乗り換えるヨ。

    甲府駅

  • 杏寿郎さんの信玄餅がいい。<br />個人的に、杏寿郎さんと武田信玄って、<br />どことなく似ていると思うヨ。

    杏寿郎さんの信玄餅がいい。
    個人的に、杏寿郎さんと武田信玄って、
    どことなく似ていると思うヨ。

  • 15時26分の、あずさ29号で、<br />私は私はあなたから、旅立ちます。

    15時26分の、あずさ29号で、
    私は私はあなたから、旅立ちます。

  • 松本駅で、しなの17号に乗り換えて、

    松本駅で、しなの17号に乗り換えて、

    松本駅

  • そこから長野で新幹線に乗り換えて、帰路へ。<br /><br />…と、ここまで来てようやく気付いたことが。<br />今日のお話で、トキちゃんが全く出てきてなかったコトを。<br /><br />もしかして、卒業するのって、トキちゃんの方だった!?<br /><br />い…いやだァ。そんなのヤダ。<br /><br />ウワァァァァァァァン、トキチャアアアァァァァーーーーーーん!!!<br />お別れなんて、ヤダアアアアァァアアーーーーーーー!!!<br />(T□T;)ウワアァァァ-----ンン!!!

    そこから長野で新幹線に乗り換えて、帰路へ。

    …と、ここまで来てようやく気付いたことが。
    今日のお話で、トキちゃんが全く出てきてなかったコトを。

    もしかして、卒業するのって、トキちゃんの方だった!?

    い…いやだァ。そんなのヤダ。

    ウワァァァァァァァン、トキチャアアアァァァァーーーーーーん!!!
    お別れなんて、ヤダアアアアァァアアーーーーーーー!!!
    (T□T;)ウワアァァァ-----ンン!!!

    長野駅 (JR東日本)

  • って、コラ! 勝手に卒業さすでない!!<br />もちろんわたし達のお話は、まだまだこれからも続くよ。<br />次回をお楽しみに♪<br /><br />…美織ちゃん、後でトキちゃんに謝りなさい。<br /><br />リーダーもよ!!<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

    って、コラ! 勝手に卒業さすでない!!
    もちろんわたし達のお話は、まだまだこれからも続くよ。
    次回をお楽しみに♪

    …美織ちゃん、後でトキちゃんに謝りなさい。

    リーダーもよ!!











  • <おまけ><br />実は新倉山浅間公園は、4年前(2017年)の同時期に一度訪れました。<br />当時の写真が手元にないので旅行記には出来ませんが、<br />桜の開花が異例の遅さだったため、桜も全然咲いておらず、<br />一日中曇り空で富士山も全く見られないという残念な有様でした。<br /><br />そのため、今回のお話で一応はそのリベンジを果たすことができました。<br /><br />ここで、1日目の旅行記で載せそびれた写真を3点ほど紹介します。<br />具体的には、今日までお世話になった「旅するキャラクター」たちを、<br />記念に撮影したものです。

    <おまけ>
    実は新倉山浅間公園は、4年前(2017年)の同時期に一度訪れました。
    当時の写真が手元にないので旅行記には出来ませんが、
    桜の開花が異例の遅さだったため、桜も全然咲いておらず、
    一日中曇り空で富士山も全く見られないという残念な有様でした。

    そのため、今回のお話で一応はそのリベンジを果たすことができました。

    ここで、1日目の旅行記で載せそびれた写真を3点ほど紹介します。
    具体的には、今日までお世話になった「旅するキャラクター」たちを、
    記念に撮影したものです。

  • 「トキちゃん」<br /><br />置ける場所が無く、この子自身の足腰も弱いので、<br />手で持って撮影。<br />この子との出会いは、2017年秋の佐渡島で、<br />美織ちゃんの一番最初のお出かけ場所でもありました。<br />その少し前に4travelを始めましたが、実はこの時点でも、<br />いつどこへ行くかの、3年分の大まかな道筋は建てていました。

    「トキちゃん」

    置ける場所が無く、この子自身の足腰も弱いので、
    手で持って撮影。
    この子との出会いは、2017年秋の佐渡島で、
    美織ちゃんの一番最初のお出かけ場所でもありました。
    その少し前に4travelを始めましたが、実はこの時点でも、
    いつどこへ行くかの、3年分の大まかな道筋は建てていました。

  • 「歌瀬吟(うたせぎん)ちゃん」<br /><br />新潟県上越市で開催される某お祭りのマスコットキャラクター…でした。<br />この子との出会いは、秋の佐渡島旅行の半月後の事でした。<br />当初は、美織ちゃんとトキちゃんを陰から見守る後見人、<br />というポジションの予定でしたが、<br />そのポジションには私自身が回るようになり、<br />この子も美織ちゃん&トキちゃんと並ぶ「旅するキャラクター」として、<br />活躍するようになりました。<br /><br />というよりただ撮影するだけなら、この子の方が、<br />ぬいぐるみ二人よりもよっぽどやりやすいです。<br />小さいし持ち運びもしやすいし、<br />何なら、旅行記に載せていないだけで、<br />旅先での撮影枚数ならば、この子の方が多いということも。<br /><br />そして…、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

    「歌瀬吟(うたせぎん)ちゃん」

    新潟県上越市で開催される某お祭りのマスコットキャラクター…でした。
    この子との出会いは、秋の佐渡島旅行の半月後の事でした。
    当初は、美織ちゃんとトキちゃんを陰から見守る後見人、
    というポジションの予定でしたが、
    そのポジションには私自身が回るようになり、
    この子も美織ちゃん&トキちゃんと並ぶ「旅するキャラクター」として、
    活躍するようになりました。

    というよりただ撮影するだけなら、この子の方が、
    ぬいぐるみ二人よりもよっぽどやりやすいです。
    小さいし持ち運びもしやすいし、
    何なら、旅行記に載せていないだけで、
    旅先での撮影枚数ならば、この子の方が多いということも。

    そして…、






  • 「美織(みおり)ちゃん」<br />でした!!<br /><br />この子が最後の方で&quot;卒業&quot;というワードを出しましたが。実は、<br />「もし万が一にでも東京オリンピックの中止が決まったら<br /> 当旅行記は強制的に打ち切りとし、美織ちゃんは卒業(クビ)にする。」<br />ということを決めていました。<br /><br />それぐらいに、東京オリンピックに関してのめり込んでいて、<br />何なら、4travelを始める前のリオオリンピック以降から応援していて、<br />「全4travelユーザーの中で一番、東京オリンピックを支持している。」<br />と自負できるぐらいのものでした。<br /><br />結果は知っての通り、開催され、完走と相成りましたので、<br />美織ちゃんは、ここで卒業にはならず続投となりました。<br /><br />やったね!!

    「美織(みおり)ちゃん」
    でした!!

    この子が最後の方で"卒業"というワードを出しましたが。実は、
    「もし万が一にでも東京オリンピックの中止が決まったら
     当旅行記は強制的に打ち切りとし、美織ちゃんは卒業(クビ)にする。」
    ということを決めていました。

    それぐらいに、東京オリンピックに関してのめり込んでいて、
    何なら、4travelを始める前のリオオリンピック以降から応援していて、
    「全4travelユーザーの中で一番、東京オリンピックを支持している。」
    と自負できるぐらいのものでした。

    結果は知っての通り、開催され、完走と相成りましたので、
    美織ちゃんは、ここで卒業にはならず続投となりました。

    やったね!!

  • というわけで、美織ちゃんにとっては念願の里帰りも果たせた、<br />「富士・河口湖編」のお話なのでした!<br /><br />次のお話は、もちろん「東京オリンピック」に関する内容のものです。<br /><br />それでは、次回をお楽しみに。<br /><br />最後までご覧いただき、ありがとうございました!

    というわけで、美織ちゃんにとっては念願の里帰りも果たせた、
    「富士・河口湖編」のお話なのでした!

    次のお話は、もちろん「東京オリンピック」に関する内容のものです。

    それでは、次回をお楽しみに。

    最後までご覧いただき、ありがとうございました!

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ふわっくまさん 2021/07/27 08:03:43
    ちょうど・・
    しちにのに<富士・河口湖編>さん、おはようございます。
    ちょうど7月中旬過ぎに、念願の忍野八海に行ってきました!
    とてもステキな光景に巡り合えて、後々の思い出に残りそうです(^_-)-☆

    そして桜織ちゃんって、富士山のイメージにピッタリですね。
    ・・美しく、包み込むような雄大な感じに思いました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。 ふわっくま

    しちにのに<東京2020編>

    しちにのに<東京2020編>さん からの返信 2021/09/15 18:51:44
    RE: ちょうど・・
    夏の忍野八海ですね。
    清々しいぐらいの青空に富士山が映えて、
    素晴らしい景色でした。

    これぞ日本の原風景! と思える場所が、この辺りには色々とあります。

    桜織ちゃんも、今回のお話で念願の登場となりました。
    4travelを始めた当初から、
    いつかはコレを必ずやりたい! と思っておりましたので。

    次のお話に関してですが、今月中には必ず公開する予定でいます。
    個人的には、結構な自信作なので、
    ぜひともご覧いただければ幸いです。

    こちらこそ、今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


    しちにのに

しちにのに<東京2020編>さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

富士吉田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集