松山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年11月8日(金)~11月11日(月)で10月に中断した旅の続きへ出かけてきました。<br /><br />時間が取れたので10月の予定にはなかった佐世保へ行き、四国へは広島から新たに登場したフェリー”シーパセオ”を利用しました。マンモスにも会いました。<br /><br />詳細はWebで。<br /><br />「シーパセオにも乗るよ!九州・佐世保と四国・南予の旅」で検索。カチッ。

【2日目】シーパセオにも乗るよ!九州・佐世保と四国・南予の旅

4いいね!

2019/11/08 - 2019/11/11

943位(同エリア1256件中)

0

73

ナカコッチ

ナカコッチさん

2019年11月8日(金)~11月11日(月)で10月に中断した旅の続きへ出かけてきました。

時間が取れたので10月の予定にはなかった佐世保へ行き、四国へは広島から新たに登場したフェリー”シーパセオ”を利用しました。マンモスにも会いました。

詳細はWebで。

「シーパセオにも乗るよ!九州・佐世保と四国・南予の旅」で検索。カチッ。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • おはよぉぉぉございます!<br /><br />2日目、朝、おはよぉぉぉございます!!<br /><br />ホテルの部屋から見た小倉駅新幹線ホームです。

    おはよぉぉぉございます!

    2日目、朝、おはよぉぉぉございます!!

    ホテルの部屋から見た小倉駅新幹線ホームです。

  • これが今回泊まったシングルルームです。<br /><br />コンパクトですが使い勝手はよかったです。

    これが今回泊まったシングルルームです。

    コンパクトですが使い勝手はよかったです。

    JR九州ホテル小倉 宿・ホテル

    2名1室合計 8,000円~

    さすがJR九州ホテル by ナカコッチさん
  • まずは、新幹線に乗って移動します。<br /><br />ピクトグラムは、700系でした。

    まずは、新幹線に乗って移動します。

    ピクトグラムは、700系でした。

    小倉駅 (福岡県)

  • 上から3番目の「みずほ600号」へ乗って、広島へ向かいます。<br /><br />昨日の朝に高速バスで降り立ったばかりですが、また戻ります。

    上から3番目の「みずほ600号」へ乗って、広島へ向かいます。

    昨日の朝に高速バスで降り立ったばかりですが、また戻ります。

    N700系 みずほ 乗り物

  • はい、広島に着きました。<br /><br />ここから、路面電車で広島港へ向かいます。<br /><br />広島港へ向かう路線は2つありますが、最短で行ける比治山下経由の5号線へ乗ります。

    はい、広島に着きました。

    ここから、路面電車で広島港へ向かいます。

    広島港へ向かう路線は2つありますが、最短で行ける比治山下経由の5号線へ乗ります。

    広島駅電停 (広島電鉄)

  • 車両は「GREEN MOVER LEX」でした。<br /><br />一番前に座れましたが、こんな感じで視界は狭いです。

    車両は「GREEN MOVER LEX」でした。

    一番前に座れましたが、こんな感じで視界は狭いです。

    広島電鉄 (電車) 乗り物

  • 終点の「広島港・宇品」へ着きました。<br /><br />ここで、松山へ向かうフェリーへ乗り換えです。

    終点の「広島港・宇品」へ着きました。

    ここで、松山へ向かうフェリーへ乗り換えです。

    広島港停留場 (宇品)

  • 乗ってきた車両はこれです。<br /><br />このGREEN MOVER LEXは、通常のGREEN MOVERよりも編成が短いです。

    乗ってきた車両はこれです。

    このGREEN MOVER LEXは、通常のGREEN MOVERよりも編成が短いです。

  • 副駅名は「宇品」です。

    副駅名は「宇品」です。

  • 松山行きのスーパージェットは予約できるのですが、フェリーは先着順なので1時間前に来ました。<br /><br />無事買えました。

    松山行きのスーパージェットは予約できるのですが、フェリーは先着順なので1時間前に来ました。

    無事買えました。

  • 上から2番目の11:20発のフェリーへ乗ります。

    上から2番目の11:20発のフェリーへ乗ります。

  • 広電の広島港は、写真の通り大きな屋根に覆われています。<br /><br />そして、車両は縦列駐車です。

    広電の広島港は、写真の通り大きな屋根に覆われています。

    そして、車両は縦列駐車です。

  • 写真手前の船が先発の松山観光港直行のスーパージェットです。<br /><br />呉へ寄港する便もあります。

    写真手前の船が先発の松山観光港直行のスーパージェットです。

    呉へ寄港する便もあります。

  • 広島港から見える景色の案内板です。

    広島港から見える景色の案内板です。

  • フェリーの乗り場が少し離れたところにあったので、移動します。<br /><br />移動した先から路面電車を撮ってみました。

    フェリーの乗り場が少し離れたところにあったので、移動します。

    移動した先から路面電車を撮ってみました。

  • 松山観光港行きのフェリーは”10番のりば”だそうです。

    松山観光港行きのフェリーは”10番のりば”だそうです。

  • はい、のりばで少し待ちまして、今から乗るフェリーが入ってきました。

    はい、のりばで少し待ちまして、今から乗るフェリーが入ってきました。

  • バックで入港するため、方向転換しています。

    バックで入港するため、方向転換しています。

  • はい、新造船の”シーパセオ”です!<br /><br />2019年8月に就航し、乗船したのが11月なのでまだまだ各所が新品でした!

    はい、新造船の”シーパセオ”です!

    2019年8月に就航し、乗船したのが11月なのでまだまだ各所が新品でした!

  • 瀬戸内海汽船です。

    瀬戸内海汽船です。

    瀬戸内海汽船 乗り物

  • 全席自由席ですので、早い者勝ちです。<br /><br />今回は、OZASEKI(おざせき)という靴を脱いで利用できるところを選びました。

    全席自由席ですので、早い者勝ちです。

    今回は、OZASEKI(おざせき)という靴を脱いで利用できるところを選びました。

  • 一つ前の席は、パノラマ・ソファという名称です。

    一つ前の席は、パノラマ・ソファという名称です。

  • パノラマ・ソファの座席が階段状になっているので、自分の席からも何も問題なく前の景色が見えます。

    パノラマ・ソファの座席が階段状になっているので、自分の席からも何も問題なく前の景色が見えます。

  • OZASEKIは船の右側にいくつかあります。

    OZASEKIは船の右側にいくつかあります。

  • 後ろのデッキに来てみました。<br /><br />柱のデザインもいい感じです。

    後ろのデッキに来てみました。

    柱のデザインもいい感じです。

  • デッキは2層になっているので、上の方へ上ってきました。<br /><br />シャイン・デッキというそうです。

    デッキは2層になっているので、上の方へ上ってきました。

    シャイン・デッキというそうです。

  • こういうスペースもいくつかあります。<br /><br />ただ、場所によっては風が強く当たります。

    こういうスペースもいくつかあります。

    ただ、場所によっては風が強く当たります。

  • 広島が遠ざかります。

    広島が遠ざかります。

  • 円形の部分があり、少し海の上へ飛び出しているので、なかなか面白い写真が撮れます。

    円形の部分があり、少し海の上へ飛び出しているので、なかなか面白い写真が撮れます。

  • 一旦中に戻り、売店へ行ってみます。

    一旦中に戻り、売店へ行ってみます。

  • シーパセオそよかぜカクテル(ノンアル)のポンカシス<br />と<br />シーパセオひきなみパフェ(坊ちゃん団子添え)です。<br /><br />ポンカシスはポンジュースにカシスシロップ?を加えてありました。<br /><br />両方おいしかったですが、パフェのコーンフレークをもう少し減らしてほしいです。<br /><br />え、それコーンフレークちゃうか?<br />それ、コーンフレークやね!←

    シーパセオそよかぜカクテル(ノンアル)のポンカシス

    シーパセオひきなみパフェ(坊ちゃん団子添え)です。

    ポンカシスはポンジュースにカシスシロップ?を加えてありました。

    両方おいしかったですが、パフェのコーンフレークをもう少し減らしてほしいです。

    え、それコーンフレークちゃうか?
    それ、コーンフレークやね!←

  • のんびり食ったり飲んだりしていますと、呉に到着です。<br /><br />目の前に見えるのが、「大和ミュージアム」です。

    のんびり食ったり飲んだりしていますと、呉に到着です。

    目の前に見えるのが、「大和ミュージアム」です。

  • また、デッキへ上ってきました。<br /><br />こういう人工芝の部分もあり、ゴロゴロすることができます。

    また、デッキへ上ってきました。

    こういう人工芝の部分もあり、ゴロゴロすることができます。

  • 軍港巡りの船(左の小さいやつ)と護衛艦”あぶくま”(左奥)、護衛艦”いなづま(右奥)、”補給船”とわだ”(右手前)です。

    軍港巡りの船(左の小さいやつ)と護衛艦”あぶくま”(左奥)、護衛艦”いなづま(右奥)、”補給船”とわだ”(右手前)です。

    呉港 乗り物

  • 松山観光港からのスーパージェットとすれ違いです。

    松山観光港からのスーパージェットとすれ違いです。

  • おしゃんてぃな名称をいろんなものに付けてます。

    おしゃんてぃな名称をいろんなものに付けてます。

  • 奥でおじさんがゴロンゴロンしてます。

    奥でおじさんがゴロンゴロンしてます。

  • 音戸の瀬戸が近づいてきました!<br /><br />以前は陸からでしたが、今回は海の上から見ます!

    音戸の瀬戸が近づいてきました!

    以前は陸からでしたが、今回は海の上から見ます!

    音戸の瀬戸 自然・景勝地

  • 音戸大橋を過ぎると、すぐ右に見える「清盛塚」です。

    音戸大橋を過ぎると、すぐ右に見える「清盛塚」です。

    清盛塚 名所・史跡

  • 音戸大橋をくぐりました~。<br /><br />少し前まで晴れてましたが、曇ってきてしまいました。

    音戸大橋をくぐりました~。

    少し前まで晴れてましたが、曇ってきてしまいました。

  • 音戸大橋以降は瀬戸内海をのんびり航行するだけなので、自席で瞑想していました。(昼寝)<br /><br />起きると、松山観光港はすごそこです。

    音戸大橋以降は瀬戸内海をのんびり航行するだけなので、自席で瞑想していました。(昼寝)

    起きると、松山観光港はすごそこです。

    松山観光港フェリーターミナル 乗り物

  • 下船しました~。<br /><br />今日は定番の道後温泉へ泊まります。<br />直通の路線バスもありますが、伊予鉄道の郊外線に乗りたいので、乗り継ぎで行きます。<br /><br />まずは、バスで3分程のところにある伊予鉄道”高浜駅”へ行きます。

    下船しました~。

    今日は定番の道後温泉へ泊まります。
    直通の路線バスもありますが、伊予鉄道の郊外線に乗りたいので、乗り継ぎで行きます。

    まずは、バスで3分程のところにある伊予鉄道”高浜駅”へ行きます。

  • オレンジ一色の車体の短いバスに揺られること3分。<br /><br />高浜駅に着きました。

    オレンジ一色の車体の短いバスに揺られること3分。

    高浜駅に着きました。

  • 高浜駅です。<br /><br />一応、駅名標に松山観光港も書かれています。

    高浜駅です。

    一応、駅名標に松山観光港も書かれています。

    高浜駅

  • 列車もオレンジ一色です。<br /><br />車両は昔の京王井の頭線のものです。

    列車もオレンジ一色です。

    車両は昔の京王井の頭線のものです。

    伊予鉄道 (電車) 乗り物

  • 井の頭線では直流1500Vでの運用でしたが、お引越ししてからはその半分の直流750Vで動いています。<br /><br />さらに、この高浜線はそれよりも低い直流600Vです。

    井の頭線では直流1500Vでの運用でしたが、お引越ししてからはその半分の直流750Vで動いています。

    さらに、この高浜線はそれよりも低い直流600Vです。

  • 梅津寺付近からは、海が良く見えます。<br /><br />「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった駅ですね。

    梅津寺付近からは、海が良く見えます。

    「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった駅ですね。

    梅津寺駅

  • 途中の古町で市内電車に乗り換えまして、JR松山駅までやってきました。<br /><br />ここはいつ来ても、昭和の雰囲気満載です。

    途中の古町で市内電車に乗り換えまして、JR松山駅までやってきました。

    ここはいつ来ても、昭和の雰囲気満載です。

    松山駅 (愛媛県)

  • みどりの窓口で「下灘駅記念乗車券」を買う用事を済ませまして、道後温泉へ向かいます。

    みどりの窓口で「下灘駅記念乗車券」を買う用事を済ませまして、道後温泉へ向かいます。

  • 道後温泉行きは日中10分間隔です。

    道後温泉行きは日中10分間隔です。

  • 折り返しの電車が来ました。

    折り返しの電車が来ました。

    伊予鉄道 (電車) 乗り物

  • 道後温泉行きの木の札が輝いてます。

    道後温泉行きの木の札が輝いてます。

  • 路面電車ってほんと楽しいですよね。

    路面電車ってほんと楽しいですよね。

  • 時刻表上はJR松山駅前から道後温泉まで25分です。

    時刻表上はJR松山駅前から道後温泉まで25分です。

  • 途中、坊ちゃん列車とすれ違いました。

    途中、坊ちゃん列車とすれ違いました。

    坊っちゃん列車 (伊予鉄道) 乗り物

  • 道後温泉へ着きました。

    道後温泉へ着きました。

  • 駅舎は改装されて、新たにスタバが入りました。

    駅舎は改装されて、新たにスタバが入りました。

    道後温泉駅

  • 宿へ向かって、道後商店街を抜けます。

    宿へ向かって、道後商店街を抜けます。

    道後ハイカラ通り (道後商店街) 市場・商店街

  • ジャジャン!!<br /><br />本日のお宿は昨年と同じ「道後やや」さんです。

    ジャジャン!!

    本日のお宿は昨年と同じ「道後やや」さんです。

    道後 やや 宿・ホテル

    2名1室合計 9,000円~

    みかんジュースの蛇口があるホテル by ナカコッチさん
  • 中へ入ると真っ先に目に入る「みかんジュース」の蛇口は健在です。<br /><br />ただ、泊まる時期が毎年同じなので、みかんジュースの種類も毎年同じです。<br /><br />不知火と清見の2種類。

    中へ入ると真っ先に目に入る「みかんジュース」の蛇口は健在です。

    ただ、泊まる時期が毎年同じなので、みかんジュースの種類も毎年同じです。

    不知火と清見の2種類。

  • さらに、無料でいただける「おもてなしデスク」が去年とは変わっており、鯛めしおにぎりがなくなって、「鯛めし茶漬け」になっていました!<br /><br />これは食いに行かねば!( ゚д゚)

    さらに、無料でいただける「おもてなしデスク」が去年とは変わっており、鯛めしおにぎりがなくなって、「鯛めし茶漬け」になっていました!

    これは食いに行かねば!( ゚д゚)

  • 部屋で少し休んで、夕食にします。<br /><br />定番の鯛めしを食べるべく、今年も「かどや」さんです。

    部屋で少し休んで、夕食にします。

    定番の鯛めしを食べるべく、今年も「かどや」さんです。

    かどや 道後椿坂店 グルメ・レストラン

  • 鯛めしのセットとみかんハイボールです。<br /><br />最高にうまい。

    鯛めしのセットとみかんハイボールです。

    最高にうまい。

  • ご飯の後はお風呂です。<br /><br />ホテルは温泉ではないので、飛鳥乃温泉(あすかのゆ)へ来ました。<br /><br />いやぁー、さっぱり。

    ご飯の後はお風呂です。

    ホテルは温泉ではないので、飛鳥乃温泉(あすかのゆ)へ来ました。

    いやぁー、さっぱり。

    道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 温泉

  • そして、風呂上りは道路商店街を散策し、ホテルで貰った割引券が使える「10FACTORY」さんへ。

    そして、風呂上りは道路商店街を散策し、ホテルで貰った割引券が使える「10FACTORY」さんへ。

    10ファクトリー グルメ・レストラン

  • みかんジュース3種飲み比べセットとみかんジェラートをいただきました。<br /><br />みかんジュースは、手前から”清見”、”温州”、”伊予柑”です。

    みかんジュース3種飲み比べセットとみかんジェラートをいただきました。

    みかんジュースは、手前から”清見”、”温州”、”伊予柑”です。

  • 食べて飲んでの後は、道後温泉駅です。<br /><br />昼間とは雰囲気が全然違います。

    食べて飲んでの後は、道後温泉駅です。

    昼間とは雰囲気が全然違います。

  • 坊っちゃん列車も1日の運行を終えて、展示線でお休み中です。

    坊っちゃん列車も1日の運行を終えて、展示線でお休み中です。

  • ホテルへ戻る途中、脇道へ入ってみたら「射的」の看板が!<br /><br />さすが温泉街ですね、まだあるんですねぇ~。

    ホテルへ戻る途中、脇道へ入ってみたら「射的」の看板が!

    さすが温泉街ですね、まだあるんですねぇ~。

  • そして、道後温泉本館です。<br /><br />2019年から本格的な保存工事に入りました。<br /><br />確か、利用できるのは「神の湯」だけになっていたと思います。

    そして、道後温泉本館です。

    2019年から本格的な保存工事に入りました。

    確か、利用できるのは「神の湯」だけになっていたと思います。

    道後温泉本館 温泉

  • 道後商店街です。<br /><br />屋根がずっと続いているので、雨でもまったく濡れません。

    道後商店街です。

    屋根がずっと続いているので、雨でもまったく濡れません。

  • 「道後の町屋」さんでコーヒーをいただきました。<br /><br />おいしかったです!!

    「道後の町屋」さんでコーヒーをいただきました。

    おいしかったです!!

  • ホテルに戻ってからは、例の鯛めし茶漬けをいただきました。<br /><br />おいしかったです。<br /><br />明日は南予を巡ります。<br /><br />おやすみなさい。

    ホテルに戻ってからは、例の鯛めし茶漬けをいただきました。

    おいしかったです。

    明日は南予を巡ります。

    おやすみなさい。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

松山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集