イルクーツク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
コロナの影響で、夏休みの家族旅行がボツ。<br />でも、休みは取ってあって時間があるので、昔出かけた海外旅行記に取りかかっています。<br /><br />今回が第4弾。4回目の海外にして初めての1人旅です。<br /><br />で、その栄えある初1人海外の行き先というのが、なんとロシアでした。<br />本当は中央アジアに行きたかったんですね。そこで、近所の本屋さんにガイドブックを探しに行ったところ、たまたまその時中央アジア編がなかったんですね。<br />そこで、「あのあたりはかつてソ連だったところだから」というころで手にしたのがロシアのガイドブック。眺めているうちに、ロシアに行ってみようと思ったのが発端です。<br /><br />ロシアのスタンダードコースといえば首都モスクワと、ロシア帝国の首都があったサンクトペテルブルクですかね。<br />でも、最初に向かったのがシベリアの真ん中にあるイルクーツク。<br />当時、ここには新潟から定期便が飛んでおり、それに乗りたかったからというのが大きな理由でして(笑)<br /><br /><br />※今回もフィルムからデータを起こしました。<br /> 保存状態があまりよくなかったのか、画質が変ですけど、ご容赦下さい。

《メモリー》1999年9月 初めての1人海外・ロシアへ【その1】 新潟からイルクーツクに飛ぶ

52いいね!

1999/09/17 - 1999/09/25

5位(同エリア68件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

コロナの影響で、夏休みの家族旅行がボツ。
でも、休みは取ってあって時間があるので、昔出かけた海外旅行記に取りかかっています。

今回が第4弾。4回目の海外にして初めての1人旅です。

で、その栄えある初1人海外の行き先というのが、なんとロシアでした。
本当は中央アジアに行きたかったんですね。そこで、近所の本屋さんにガイドブックを探しに行ったところ、たまたまその時中央アジア編がなかったんですね。
そこで、「あのあたりはかつてソ連だったところだから」というころで手にしたのがロシアのガイドブック。眺めているうちに、ロシアに行ってみようと思ったのが発端です。

ロシアのスタンダードコースといえば首都モスクワと、ロシア帝国の首都があったサンクトペテルブルクですかね。
でも、最初に向かったのがシベリアの真ん中にあるイルクーツク。
当時、ここには新潟から定期便が飛んでおり、それに乗りたかったからというのが大きな理由でして(笑)


※今回もフィルムからデータを起こしました。
 保存状態があまりよくなかったのか、画質が変ですけど、ご容赦下さい。

同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 現在でも、ロシアに入国するときにはビザと、バウチャー(ホテルや交通機関の予約と支払をしたという証明書)が必要ですが、ビザが一部電子化されるなどの簡素化が図られている。<br /><br />でも、当時はまだまだ紙の時代。<br />上がビザの表面。有効期間は入国日から出国日までときっちりしていた。<br />下がバウチャー。旅行社が発行するもの。これがあって初めてビザが発給される。<br />バウチャーは、ホテルや交通機関ごとに発行されていて、この時は3枚発行された。現地ではこれを見せればいちいち名乗る必要がないので、楽といえば楽である。<br /><br />いずれも現地で取られてしまうので、出発前にコピーを取っておいた。

    現在でも、ロシアに入国するときにはビザと、バウチャー(ホテルや交通機関の予約と支払をしたという証明書)が必要ですが、ビザが一部電子化されるなどの簡素化が図られている。

    でも、当時はまだまだ紙の時代。
    上がビザの表面。有効期間は入国日から出国日までときっちりしていた。
    下がバウチャー。旅行社が発行するもの。これがあって初めてビザが発給される。
    バウチャーは、ホテルや交通機関ごとに発行されていて、この時は3枚発行された。現地ではこれを見せればいちいち名乗る必要がないので、楽といえば楽である。

    いずれも現地で取られてしまうので、出発前にコピーを取っておいた。

  • そして、今回の出発地点は新潟空港です ( ^o^)ノ<br />東京駅から上越新幹線に乗り、時間があったので万代バスセンターで昼食をとってバスに乗ってやってきた。<br /><br />この時で4回目の海外。<br />1回目は稚内港。<br />2回目は成田。<br />3回目は小牧。<br />そして、4回目は新潟空港です(笑)

    そして、今回の出発地点は新潟空港です ( ^o^)ノ
    東京駅から上越新幹線に乗り、時間があったので万代バスセンターで昼食をとってバスに乗ってやってきた。

    この時で4回目の海外。
    1回目は稚内港。
    2回目は成田。
    3回目は小牧。
    そして、4回目は新潟空港です(笑)

  • 新潟空港に来たのは、この時で2回目だった。<br />最初の時は、広島市民球場で野球を見るために、同じく東京駅から新幹線で新潟にやってきて、ここから広島西飛行場(広島市内にあった昔の広島空港)に飛びました(笑)

    新潟空港に来たのは、この時で2回目だった。
    最初の時は、広島市民球場で野球を見るために、同じく東京駅から新幹線で新潟にやってきて、ここから広島西飛行場(広島市内にあった昔の広島空港)に飛びました(笑)

  • 当時ロシア極東に行くときは、成田よりも新潟の方が便利だったという記憶がある。<br />国際線の出発案内。ハバロフスク行きとイルクーツク行きの表示がある。<br /><br />空港に着いたとき、ハバロフスク行きの搭乗手続きが行われており、混雑していた。<br />その後、イルクーツク行きの搭乗手続きが始まったが、今度は閑散。

    当時ロシア極東に行くときは、成田よりも新潟の方が便利だったという記憶がある。
    国際線の出発案内。ハバロフスク行きとイルクーツク行きの表示がある。

    空港に着いたとき、ハバロフスク行きの搭乗手続きが行われており、混雑していた。
    その後、イルクーツク行きの搭乗手続きが始まったが、今度は閑散。

  • 時間があるので展望デッキに行った。<br />ハバロフスク行きのダリアビア航空機(2006年にウラジオストク航空に譲渡された)が離陸していった。

    時間があるので展望デッキに行った。
    ハバロフスク行きのダリアビア航空機(2006年にウラジオストク航空に譲渡された)が離陸していった。

  • 引き続き、イルクーツク行きの飛行機がやってきた。<br />アエロフロートの、ツポレフ154です。<br /><br />後ろにはJASが写ってる~

    引き続き、イルクーツク行きの飛行機がやってきた。
    アエロフロートの、ツポレフ154です。

    後ろにはJASが写ってる~

  • 新潟空港のビル内。いよいよ出国手続き場へ。

    新潟空港のビル内。いよいよ出国手続き場へ。

  • イルクーツク行きは17:00発だった。<br />ハバロフスク行きはあんなに混雑していたのに、イルクーツク行きは閑散。結局、お客さんは10人しかいなかった。<br />ちなみに現在はこの航路はありません。

    イルクーツク行きは17:00発だった。
    ハバロフスク行きはあんなに混雑していたのに、イルクーツク行きは閑散。結局、お客さんは10人しかいなかった。
    ちなみに現在はこの航路はありません。

  • アエロフロートの航空券。意外とカッコイイ。<br />中身は、現在の航空券と同じように全フライトが束になった冊子状になっていた。

    アエロフロートの航空券。意外とカッコイイ。
    中身は、現在の航空券と同じように全フライトが束になった冊子状になっていた。

  • いよいよ搭乗。<br />と言っても当時は機内を撮るという習慣がなくて撮ってません。<br />乗客はたったの10人。そのほかに便乗の乗務員が何人も座っていて、正規の乗務員が何人いるのかよくわからなかった。<br /><br />席は11Aを指定されていたが、客室乗務員(全員ロシア人)曰く 「No Smokingですか。それならこのへんに適当に座って下さい」と言われて、結局15Aに座った。このあと共産圏の飛行機で何度かこういう経験をした。<br /><br />アエロフロートであっても日本発の機内食は日本製なので、違和感なく食べた。

    いよいよ搭乗。
    と言っても当時は機内を撮るという習慣がなくて撮ってません。
    乗客はたったの10人。そのほかに便乗の乗務員が何人も座っていて、正規の乗務員が何人いるのかよくわからなかった。

    席は11Aを指定されていたが、客室乗務員(全員ロシア人)曰く 「No Smokingですか。それならこのへんに適当に座って下さい」と言われて、結局15Aに座った。このあと共産圏の飛行機で何度かこういう経験をした。

    アエロフロートであっても日本発の機内食は日本製なので、違和感なく食べた。

  • この日は日本全国曇っていて、下の景色が見えなかなったのだが、いつの間にか雲がとれ、シベリアの原野が眼下に広がっていた。<br /><br />日本とイルクーツクとは時差がなく、21:30頃イルクーツク空港に着陸。<br />入念な入国審査のあと、薄暗い外に出る。出迎えに来ていたインツーリストの車に乗って、ホテルに向かった。<br /><br />1日目はこれで終わりです。

    この日は日本全国曇っていて、下の景色が見えなかなったのだが、いつの間にか雲がとれ、シベリアの原野が眼下に広がっていた。

    日本とイルクーツクとは時差がなく、21:30頃イルクーツク空港に着陸。
    入念な入国審査のあと、薄暗い外に出る。出迎えに来ていたインツーリストの車に乗って、ホテルに向かった。

    1日目はこれで終わりです。

  • 2日目の朝。ホテルの窓からの景色。<br />イルクーツクの町です。

    2日目の朝。ホテルの窓からの景色。
    イルクーツクの町です。

  • この町で泊まったインツーリストホテル。<br />現在は改装の上「イルクーツクホテル」と名称が変わっている。

    この町で泊まったインツーリストホテル。
    現在は改装の上「イルクーツクホテル」と名称が変わっている。

    イルクツスク ホテル ホテル

  • ホテルの目の前を流れるアンガラ川。<br />イルクーツクは三日月型をしたバイカル湖の近くにあり、この川はそのバイカル湖から流れ出てきた川。すでになかり川幅が広いが、さらにこれから3000kmも流れて北極海に注いでいる。

    ホテルの目の前を流れるアンガラ川。
    イルクーツクは三日月型をしたバイカル湖の近くにあり、この川はそのバイカル湖から流れ出てきた川。すでになかり川幅が広いが、さらにこれから3000kmも流れて北極海に注いでいる。

  • アンガラ川のほとりを散歩。<br />朝のうちは気温が低く(なんと2℃くらいだった)、散歩している人がちらほらいる程度だった。

    アンガラ川のほとりを散歩。
    朝のうちは気温が低く(なんと2℃くらいだった)、散歩している人がちらほらいる程度だった。

  • 川に面した公園内にある、シベリア鉄道のオベリスク(建設記念碑のようなもの)。

    川に面した公園内にある、シベリア鉄道のオベリスク(建設記念碑のようなもの)。

  • オベリスクのレリーフ。<br />ここで少し休憩。

    オベリスクのレリーフ。
    ここで少し休憩。

  • オベリスクのある公園のあたりから、市内に向かって歩く。<br />気分のよい散歩。

    オベリスクのある公園のあたりから、市内に向かって歩く。
    気分のよい散歩。

  • キーロフ広場というところに来た。

    キーロフ広場というところに来た。

    キーロフ広場 広場・公園

  • ここにある、イルクーツク州の州庁舎。

    ここにある、イルクーツク州の州庁舎。

  • ロシアと、イルクーツク州の旗が並んでいた。

    ロシアと、イルクーツク州の旗が並んでいた。

  • 州庁舎の裏にある「永遠の炎」。<br />第二次世界大戦の戦没者を祀っていて、護衛の人たちが立っていた。

    州庁舎の裏にある「永遠の炎」。
    第二次世界大戦の戦没者を祀っていて、護衛の人たちが立っていた。

  • そのとなりにあるスパスカヤ教会。内部を見学。<br />内部は教会というより資料館になっていた。

    そのとなりにあるスパスカヤ教会。内部を見学。
    内部は教会というより資料館になっていた。

    スパスカヤ教会 寺院・教会

  • 市内を適当に歩いて、中央市場のあるウリツキー通り。<br />ここはさすがに賑わっている。<br />メモによると、ここで昼食にピロシキを3つ買って食べたのだが、非常に脂っこくて最後は飽きてきて、スプライトで口直しと書いてある。

    市内を適当に歩いて、中央市場のあるウリツキー通り。
    ここはさすがに賑わっている。
    メモによると、ここで昼食にピロシキを3つ買って食べたのだが、非常に脂っこくて最後は飽きてきて、スプライトで口直しと書いてある。

  • 通りの突きあたりにあったデパート。

    通りの突きあたりにあったデパート。

  • デパート裏の市電乗り場から、シベリア鉄道のイルクーツク駅の方に行く路面電車に乗ってみた。<br /><br />イルクーツクには5つの市電の系統があり、そのうち2つの系統(今は3つになったらしい)が駅方面に行くようだった。

    デパート裏の市電乗り場から、シベリア鉄道のイルクーツク駅の方に行く路面電車に乗ってみた。

    イルクーツクには5つの市電の系統があり、そのうち2つの系統(今は3つになったらしい)が駅方面に行くようだった。

  • イルクーツク市内の路面電車の路線図。<br />イルクーツクの路面電車は終点の先にループ線があって、そこをぐるっと回って折り返す。よって電車はバスのように片方向にしか運転台がないし、座席はみんな前を向いている。<br />これくらいの路線網だったら、今なら乗りつぶししてるだろうなあ(笑)

    イルクーツク市内の路面電車の路線図。
    イルクーツクの路面電車は終点の先にループ線があって、そこをぐるっと回って折り返す。よって電車はバスのように片方向にしか運転台がないし、座席はみんな前を向いている。
    これくらいの路線網だったら、今なら乗りつぶししてるだろうなあ(笑)

  • 料金はどこまで乗っても当時2ルーブル(現在は15ルーブル)。<br />ピンク色が市電で、青色がトロリーバスの切符。これだけの回数乗りました。<br /><br />当時は車掌さんがこれを綴じたものを持っていて、代金と引き換えにそれを1枚づつはがして客に手渡していた。<br />どんなに混んでいてもそれをかき分けるように車掌(ほとんど女性。おばちゃん多し)が切符を売り歩いていた。車掌は私服なので慣れないと見分けがつかなかった。

    料金はどこまで乗っても当時2ルーブル(現在は15ルーブル)。
    ピンク色が市電で、青色がトロリーバスの切符。これだけの回数乗りました。

    当時は車掌さんがこれを綴じたものを持っていて、代金と引き換えにそれを1枚づつはがして客に手渡していた。
    どんなに混んでいてもそれをかき分けるように車掌(ほとんど女性。おばちゃん多し)が切符を売り歩いていた。車掌は私服なので慣れないと見分けがつかなかった。

  • 市の中心部とはアンガラ川を挟んで反対側にある、シベリア鉄道イルクーツク駅にやってきた。

    市の中心部とはアンガラ川を挟んで反対側にある、シベリア鉄道イルクーツク駅にやってきた。

    イルクーツク旅客駅

  • イルクーツク駅の入口。

    イルクーツク駅の入口。

  • 周りにはキオスクのような売店が並んでいた。

    周りにはキオスクのような売店が並んでいた。

  • 駅の内部、切符売り場。<br />基本的にロシアの鉄道は、現地時間ではなくモスクワ時間で運行している。<br />イルクーツクとモスクワでは5時間の時差があるので、ここでは午後1時を過ぎているのに、時計はまだ朝の8時過ぎになっていた。

    駅の内部、切符売り場。
    基本的にロシアの鉄道は、現地時間ではなくモスクワ時間で運行している。
    イルクーツクとモスクワでは5時間の時差があるので、ここでは午後1時を過ぎているのに、時計はまだ朝の8時過ぎになっていた。

  • ホームへは、地下通路がある。<br />ただ、線路を横切って行くこともできるようだった。

    ホームへは、地下通路がある。
    ただ、線路を横切って行くこともできるようだった。

  • ホームにやってきた。<br />何両つないでているか分からないぐらいの長大な列車が停まっていた。

    ホームにやってきた。
    何両つないでているか分からないぐらいの長大な列車が停まっていた。

  • いつの日か、ウラジオストクからモスクワまで、シベリア鉄道を通しで乗ってみたいものですね。

    いつの日か、ウラジオストクからモスクワまで、シベリア鉄道を通しで乗ってみたいものですね。

  • 駅構内。<br />広大な構内に、たくさんの車両がいた。

    駅構内。
    広大な構内に、たくさんの車両がいた。

  • そのあと、市内をブラブラ。<br />この写真に架線だけ写っているので、トロリーバスが走る道ですね。<br />トロリーバスにも乗っているんだけど、写真が残ってない。

    そのあと、市内をブラブラ。
    この写真に架線だけ写っているので、トロリーバスが走る道ですね。
    トロリーバスにも乗っているんだけど、写真が残ってない。

  • メモによると、国立総合博物館なども見学したと書いてある。

    メモによると、国立総合博物館なども見学したと書いてある。

  • トロリーバスのたまり場。<br /><br />写真に残ってないけど、このあとトロリーバスに乗って、昨日降りてきた空港に行ってみた。<br />多分メインと思われる建物に入ったが、困ったことにロシア語の表示しかなく、どこでチェックインするとかがまるで分からなかった。<br /><br />翌日知ったのだが、私が入ったその建物はロシア人専用の国内線ターミナルで、外国人用はそのとなりの建物であった(そのときは職員の事務所か何かだと思った)。あとで聞いた話では、ソ連時代はどこの空港もこんな感じだったようだ。

    トロリーバスのたまり場。

    写真に残ってないけど、このあとトロリーバスに乗って、昨日降りてきた空港に行ってみた。
    多分メインと思われる建物に入ったが、困ったことにロシア語の表示しかなく、どこでチェックインするとかがまるで分からなかった。

    翌日知ったのだが、私が入ったその建物はロシア人専用の国内線ターミナルで、外国人用はそのとなりの建物であった(そのときは職員の事務所か何かだと思った)。あとで聞いた話では、ソ連時代はどこの空港もこんな感じだったようだ。

  • 昼食を買って食べたウリツキー通り。<br />夕方が近くなり、通りの商店もそろそろ店じまいという感じだった。

    昼食を買って食べたウリツキー通り。
    夕方が近くなり、通りの商店もそろそろ店じまいという感じだった。

  • 朝通ったオベリスク。<br />オベリスクのあるアンガラ川の公園は、土曜日の夕方ということもあり、朝とはうって変わって人通りが多く、賑わっていた。

    朝通ったオベリスク。
    オベリスクのあるアンガラ川の公園は、土曜日の夕方ということもあり、朝とはうって変わって人通りが多く、賑わっていた。

  • 川の中州が公園のようになっており、しばらく散歩。

    川の中州が公園のようになっており、しばらく散歩。

  • アンガラ川沿いを歩く。<br />初めて1人で来た海外の町、イルクーツク。<br />楽しい町歩きの1日でした。

    アンガラ川沿いを歩く。
    初めて1人で来た海外の町、イルクーツク。
    楽しい町歩きの1日でした。

  • 夜8時、日の入り。<br />ホテルの前にあるアンガラ川のちょうど対面に日が沈んでいった。<br /><br />そのあと、ホテル内のレストランで夕食。<br />気をよくして、メニューにあった一番高いステーキを頼み、それにオームリという川魚の塩漬けにしたやつをつけ、さらに食後にコーヒーを注文したが、それでも日本円に換算して600円ちょっとであった。

    夜8時、日の入り。
    ホテルの前にあるアンガラ川のちょうど対面に日が沈んでいった。

    そのあと、ホテル内のレストランで夕食。
    気をよくして、メニューにあった一番高いステーキを頼み、それにオームリという川魚の塩漬けにしたやつをつけ、さらに食後にコーヒーを注文したが、それでも日本円に換算して600円ちょっとであった。

  • 3日目。<br />今日は、午前中の飛行機で首都モスクワに向かいます。<br /><br />【その2】につづく

    3日目。
    今日は、午前中の飛行機で首都モスクワに向かいます。

    【その2】につづく

    イルクーツク国際空港 (IKT) 空港

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • Kou chanさん 2020/10/13 04:40:24
    レアなツポレフ154に乗車されて羨ましい
    私もアンガラ川沿いや記念碑周辺
    あちこち歩き回りましたが
    街並みの構造自体はあまり大きく変化なさそうな気がします
    (道路沿いに植えられている緑も木造建築も)
    現在は、130地区ではレストランやショッピングモールで栄えています☆
    次回渡航するなら風が心地よい夏にします。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/10/13 22:48:01
    今思えば貴重でした

    Kou chanさま
    こんばんは

    この旅行記は、もう20年以上前の旅行記なので、街の様子などもかなり変わっていたり、あんまり変わっていなかったり、いろいろあるようですね。
    私が行ったのは9月下旬でしたが、朝晩はかなり冷え込みました。最初に着いたのが夜の10時過ぎだったのですが、この時点で2℃しかなかったのを覚えています。これが真冬になったらすごそうですね。アンガラ川が完全に凍ってしまうそうですからね。

    ツポレフ154は、たぶんまだロシア国内では飛んでると思いますが、日本発の国際線で乗れたのは貴重でした。旧共産圏の飛行機は、特に座席がマイクロバスみたいで座り心地がよくないんですよね。昔は成田−モスクワ線などの長距離路線でも飛んでたようでしたけど、ちょっと勘弁です(笑)

    ---
    Tagucyan
  • Akrさん 2020/08/18 09:58:06
    いろいろ隠しネタあるのですね
    Tagucyanさま

    おはようございます。Akrでございます。

    いやあ、いろいろ隠しネタお持ちなのですね。過去写真はこういう時役に立ちますね。

    初の海外一人旅がロシアとは。前に行かれたサハリンの影響も強いのでしょうか。
    それにしても写真から90年代の匂いがぷんぷんしますねえ。
    表紙写真のツポレフ154も懐かしいです。当時は、3発機が流行ってました。B727とかトライスターとか。3発機はスタイルが良くて好きです。ツポレフの後ろに写っている今は無き、日本エアシステム。これはDC9かMD80あたりでしょうか。国内地方路線といえばJASの受け持ちでした。JALグループになっちゃいましたけど。
    新潟空港に停まっている乗用車も90年代ですねえ。マークⅡ、セドリック、カローラが見えますね。どれも懐かしい。

    そして飛行機の座席は自由席??
    飛行機って離陸時の重量バランスとかで座席配分してるんですよね?でもロシアらしいといえばそうかも(笑)

    イルクーツク。
    聞いたことあるけどどこにあるのか。グーグルマップで確認したらすごい場所にあるんですね。バイカル湖の近く。バイカル湖もここにあったのか的な感じです。
    そんな初めての海外の街で路面電車に乗るTagucyanさま。当時から鉄のメンタルなのですね。

    海外旅行記は、未知の世界ばかりで観ていて楽しいです。次回もお待ちしております。

    -Akr-

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/08/18 11:48:45
    まだたくさんあります(笑)

    Akrさま
    こんにちは

    本当なら昨夜は道後温泉で泊まり、今頃松山道を走っていたはずの当方でございます(-_-)
    休みだけはしっかり取っていますので、昔の旅行記をほじくり返す作業に専念・・・ なんですけど、会社からメールやら電話やらがどんどん来るし(家にいるのがバレてる)。

    こういう昔の海外ネタ、まだたくさんありますので、折を見てアップしていきたいと思っています。
    概要にも書きましたが、最初違う場所に行こうとして、いろいろあって結局ロシア。初めての海外もサハリンでしたから、ロシアづいてますね。

    3発機のツポレフ154、絶対食いついてくると思ってました(笑) 今や日本に来ませんからね。その後ろのJASは、たぶんMD80ですね、あの細長い機体。
    JASにはレインボーシートという、今でいうJALのクラスJみたいなクラスがあって、よく利用しました。

    ツポレフ154も、当時のロシアを代表する飛行機でしたけど、中身はいかにも共産圏の造りでしたね。写真を撮っておけばよかったと思います。そして座席指定されたとおりに座らないのも、たぶんあのときはガラガラだったので、重量バランスを考えるほどのものでもなかったんだと思いますが、普通やらないですよね。

    このあとモスクワなどの大都市に行きますけど、その前にイルクーツクのような地方都市にも行ってよかったと思います。まあ、もっと田舎はサハリンで体験済みですし。
    現地で路面電車とかに乗るのも、路線図が貼ってあったのでどれに乗ればいいかわかりましたし、均一料金なので感覚として日本と変わらないですよ。
    と、考えてしまうのがフツウじゃないんですかね(汗)

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 487円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集