シカゴ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 オークパークでは、フランク・ロイドン・ライトHome&amp;Studio見学ツアーの時間の合間を見て、他のロイド作品も見て回りました。ロイド邸の周辺には、たくさんのロイド設計の住宅が建っていて、世界遺産ユニティ・テンプルはやや離れたオークパーク中心部にありました。<br /> このオークパークの住宅は、かなり個性的デザインですが、プレーリースタイルの原点です。ライトのスタジオは有名で世界中から訪れる人も多いのですが、これは世界遺産には登録されていません。<br /><br /> ライトは、40歳の頃オークパークを離れますが、その後悲劇に襲われ、晩年「落水荘」を設計した後、再び黄金時代を迎えました。

ANA特典ファーストで行くニューヨーク・シカゴ、オークパークのフランク・ロイドン・ライト建築作品

12いいね!

2020/01/30 - 2020/02/04

275位(同エリア900件中)

kiyo

kiyoさん

 オークパークでは、フランク・ロイドン・ライトHome&Studio見学ツアーの時間の合間を見て、他のロイド作品も見て回りました。ロイド邸の周辺には、たくさんのロイド設計の住宅が建っていて、世界遺産ユニティ・テンプルはやや離れたオークパーク中心部にありました。
 このオークパークの住宅は、かなり個性的デザインですが、プレーリースタイルの原点です。ライトのスタジオは有名で世界中から訪れる人も多いのですが、これは世界遺産には登録されていません。

 ライトは、40歳の頃オークパークを離れますが、その後悲劇に襲われ、晩年「落水荘」を設計した後、再び黄金時代を迎えました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
タクシー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  ライト自身が”私の小さな宝石箱”と呼んだ、ユニティテンプル

     ライト自身が”私の小さな宝石箱”と呼んだ、ユニティテンプル

  •  この水平線を強調して跳ね出した庇が、プレーリースタイルだそうだ。教会なのに、塔がない。

     この水平線を強調して跳ね出した庇が、プレーリースタイルだそうだ。教会なのに、塔がない。

  •  世界遺産ユニティ・テンプルの見学案内。<br /> ガイドツアーとオーディオツアーがあるようです。

     世界遺産ユニティ・テンプルの見学案内。
     ガイドツアーとオーディオツアーがあるようです。

  •  ユニティテンプル入口。<br /> 2019年に「フランク・ロイドン・ライトの20世紀建築作品群」として世界遺産に登録されたばかり、という感じなので、この時は訪れる人もそれ程多くはありません。8つの登録された建築の中の一つ、ということも初めてしりました。

     ユニティテンプル入口。
     2019年に「フランク・ロイドン・ライトの20世紀建築作品群」として世界遺産に登録されたばかり、という感じなので、この時は訪れる人もそれ程多くはありません。8つの登録された建築の中の一つ、ということも初めてしりました。

  •  ファサードには品格を感じますが、落水荘のような挑戦的な雰囲気とはまた違った印象を与えます。

     ファサードには品格を感じますが、落水荘のような挑戦的な雰囲気とはまた違った印象を与えます。

  •  周辺の騒音を遮断するために、ライトは礼拝堂の高い部分に窓を付けました

     周辺の騒音を遮断するために、ライトは礼拝堂の高い部分に窓を付けました

  •  現役の教会としての、礼拝の案内

     現役の教会としての、礼拝の案内

  •  ユニティテンプルの道路を挟んで反対側にあるオーク・パーク合同教会。ユニティ・テンプルが近代的なキュービックなので、これも歴史ある教会のように思えた。<br /> ここで、ヘミングウェイの両親が結婚式を挙げたそうだ。ヘミングウェイも洗礼を受けている。

     ユニティテンプルの道路を挟んで反対側にあるオーク・パーク合同教会。ユニティ・テンプルが近代的なキュービックなので、これも歴史ある教会のように思えた。
     ここで、ヘミングウェイの両親が結婚式を挙げたそうだ。ヘミングウェイも洗礼を受けている。

  •  ネイサン・G・ムーア邸<br /><br /> ライトには珍しいチューダー様式<br /> 1895年竣工

     ネイサン・G・ムーア邸

     ライトには珍しいチューダー様式
     1895年竣工

  •  ライト邸は、この右斜め前辺り。<br /> ライトの独立間もない時期に仕事がなかったが、その時友人で隣人のムーアが自宅の新築の仕事をもってきたという。

     ライト邸は、この右斜め前辺り。
     ライトの独立間もない時期に仕事がなかったが、その時友人で隣人のムーアが自宅の新築の仕事をもってきたという。

  •  ムーアの希望により、イギリス・チューダー王家のスタイルで建てられたため、プレーリースタイルのデザインは見られない

     ムーアの希望により、イギリス・チューダー王家のスタイルで建てられたため、プレーリースタイルのデザインは見られない

  •  2,3階部分は木造で、1922年に焼失。その後、再びライトが設計をして再建した。

     2,3階部分は木造で、1922年に焼失。その後、再びライトが設計をして再建した。

  •  1階周りにはブロックを多用している

     1階周りにはブロックを多用している

  •  アーサー・B・ヒュートレイ邸。<br /> 1902年竣工<br /><br /> ライト邸の並びにある、プレーリースタイル初期の代表作

     アーサー・B・ヒュートレイ邸。
     1902年竣工

     ライト邸の並びにある、プレーリースタイル初期の代表作

  •  このフォレストアベニューのヒュートレイ邸の数軒先が、ライト邸

     このフォレストアベニューのヒュートレイ邸の数軒先が、ライト邸

  •  この連続するリビングの窓は、これから先ライトの設計によく出てきます

     この連続するリビングの窓は、これから先ライトの設計によく出てきます

  •  このアーチの部分が玄関。

     このアーチの部分が玄関。

  •  エドワード・R・ヒルズ・デケイロ邸<br /> 1906年竣工<br /><br /> ムーア邸に隣接している

     エドワード・R・ヒルズ・デケイロ邸
     1906年竣工

     ムーア邸に隣接している

  •  歴史的建造物に指定されたという銘板

     歴史的建造物に指定されたという銘板

  •  玄関部分の屋根が独特な形

     玄関部分の屋根が独特な形

  •  2階部分の屋根も2段になっている

     2階部分の屋根も2段になっている

  •  ライトは地平線が強調されるような窓枠を採用

     ライトは地平線が強調されるような窓枠を採用

  •  窓もステンドグラス調

     窓もステンドグラス調

  •  トーマス・H・ゲイル邸<br /> 1892年竣工<br /><br /> 隣にあるパーカー邸とは特徴が似ている。これらを、サリバン事務所を通さずに設計して、解雇され独立することになったという経緯がある

     トーマス・H・ゲイル邸
     1892年竣工

     隣にあるパーカー邸とは特徴が似ている。これらを、サリバン事務所を通さずに設計して、解雇され独立することになったという経緯がある

  •  ゲイル邸も伝統的建物に選定された表示がありました

     ゲイル邸も伝統的建物に選定された表示がありました

  •  初期の作品で、ビクトリア調の造り

     初期の作品で、ビクトリア調の造り

  •  八角形の急勾配の屋根を持つ二つの部分を連結したスタイル。その後の建物ではあまり見かけない

     八角形の急勾配の屋根を持つ二つの部分を連結したスタイル。その後の建物ではあまり見かけない

  •  カラフルな色づかいも、プレーリー様式のライト作品とは全く違っていて面白い。当時、務めていた設計事務所の師匠の影響が大きい。

     カラフルな色づかいも、プレーリー様式のライト作品とは全く違っていて面白い。当時、務めていた設計事務所の師匠の影響が大きい。

  •  屋根も急勾配で、多角形の出窓も珍しい

     屋根も急勾配で、多角形の出窓も珍しい

  •  ゲイル邸玄関。裏口かも?

     ゲイル邸玄関。裏口かも?

  •  この家はライトのデザイン的要素よりも、サリバン事務所から独立して最初に手がけた仕事という意味での彼の歴史的重要性を持っています。

     この家はライトのデザイン的要素よりも、サリバン事務所から独立して最初に手がけた仕事という意味での彼の歴史的重要性を持っています。

  •  ロバート・P・パーカー邸<br /> 1892年竣工<br /><br /> ゲイル邸に形はそっくり

     ロバート・P・パーカー邸
     1892年竣工

     ゲイル邸に形はそっくり

  •  屋根の勾配が2段になっていて、これもライト作品かと思ったのですが、当時このような屋根の形が流行っていたそうで、ガイドさん曰く「ライトの設計ではないかも」

     屋根の勾配が2段になっていて、これもライト作品かと思ったのですが、当時このような屋根の形が流行っていたそうで、ガイドさん曰く「ライトの設計ではないかも」

  •  右の木の後ろ側がゲイル邸。実は左にパーカー邸があって、その2軒に挟まれていました。

     右の木の後ろ側がゲイル邸。実は左にパーカー邸があって、その2軒に挟まれていました。

  •  F.ピーター邸

     F.ピーター邸

  •  連続するリビングの窓が水平に並ぶ形、ライトらしいデザイン

     連続するリビングの窓が水平に並ぶ形、ライトらしいデザイン

  •  ピーター邸は新築ではなく改修らしい

     ピーター邸は新築ではなく改修らしい

  •  ピーター邸北面・西面ファサード。<br /> こちらも、ライト邸と並びにありました。

     ピーター邸北面・西面ファサード。
     こちらも、ライト邸と並びにありました。

  •  フランク・W・トーマス邸<br /> 1906年竣工<br /><br /> ライト第1号のプレーリースタイル

     フランク・W・トーマス邸
     1906年竣工

     ライト第1号のプレーリースタイル

  •  プレーリースタイルでありながら、漆喰で仕上げられた家でもある

     プレーリースタイルでありながら、漆喰で仕上げられた家でもある

  •  道路側から見ると玄関のようでもあるが、家族のプライバシーのためにさらに階段を上がっていった奥に玄関は造られている

     道路側から見ると玄関のようでもあるが、家族のプライバシーのためにさらに階段を上がっていった奥に玄関は造られている

  •  この深い水平な軒先などがプレーリースタイルの表現の一部らしい

     この深い水平な軒先などがプレーリースタイルの表現の一部らしい

  •  ウイリアム・H・コペランド邸<br /> 1909年竣工<br /><br /> ライトの原案はもっとプレーリースタイルだったが、コスト縮減のためにシンプルにして建築されたとのこと

     ウイリアム・H・コペランド邸
     1909年竣工

     ライトの原案はもっとプレーリースタイルだったが、コスト縮減のためにシンプルにして建築されたとのこと

  •  ライト作品の中に存在していた。ガイドさん曰く、ライトの設計ではない、らしい。

     ライト作品の中に存在していた。ガイドさん曰く、ライトの設計ではない、らしい。

  •  ヘミングウェイの生家。<br /><br /> オークパークのライト邸に近い。一般公開されている。

     ヘミングウェイの生家。

     オークパークのライト邸に近い。一般公開されている。

  •  観光を終えて、シカゴ・オヘア空港に帰ってきました。ヒルトンホテルの看板だけ管制塔の右に見えていますが、手前のでっかい建物は空港駐車場です。

     観光を終えて、シカゴ・オヘア空港に帰ってきました。ヒルトンホテルの看板だけ管制塔の右に見えていますが、手前のでっかい建物は空港駐車場です。

  •  ヒルトン・ホヘア・エアポート ロビー。<br /> 空港内なので、豪華な造りではない印象を受けました。部屋も質素ですが、値段は結構するので、できれば市内へ宿泊した方がお薦めです。

     ヒルトン・ホヘア・エアポート ロビー。
     空港内なので、豪華な造りではない印象を受けました。部屋も質素ですが、値段は結構するので、できれば市内へ宿泊した方がお薦めです。

  •  部屋の窓からの風景。<br /> ホテルはグルリと滑走路および空港施設に囲まれたエリアにあります。その分、とても便利と言えば便利です。<br /><br /> 目の前は立体駐車場。

     部屋の窓からの風景。
     ホテルはグルリと滑走路および空港施設に囲まれたエリアにあります。その分、とても便利と言えば便利です。

     目の前は立体駐車場。

  •  いよいよこれで日本へ帰るだけになりました。<br /><br /> 夕食はホテルのレストランで食べることにしました。しかし、メニューの内容がちょっと、という感じで、ルームサービスでも良かったくらいのものしかないです。値段は何でも高いのですが、なかなか納得できるものかというと、そうでないのが困ったものでした。<br /><br /> 翌朝の飛行機で、新型コロナを気にしながら日本へ向かいます。

     いよいよこれで日本へ帰るだけになりました。

     夕食はホテルのレストランで食べることにしました。しかし、メニューの内容がちょっと、という感じで、ルームサービスでも良かったくらいのものしかないです。値段は何でも高いのですが、なかなか納得できるものかというと、そうでないのが困ったものでした。

     翌朝の飛行機で、新型コロナを気にしながら日本へ向かいます。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 537円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集