パリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
周知のようにパリは人が住みだした<br />セーヌの中之島シテ島あたりから始まる。<br />カロリング朝の9世紀に周囲に城壁ができ、以後6回にわたり<br />外側に城壁を作り中の城壁は壊される。<br />だからパリの街は基本的に同心円状に広がっていった。<br />現在城壁は存在しないが 1845年までに作られた、<br />全長 33キロのティエールの城壁が、ほぼ現在の20区の境になる。<br />そしてパリはシテ島中心に右回りに区の番号が螺旋状に付けられ<br />エスカルゴとも称せられる。<br />当然 城壁には複数の関所(通用門)があったので、<br />現在も周辺部には Porte (門) という地名が多く残っている。<br />(少なくと 35はあるようだ)<br /><br />ということで、今回はシテ島からパリ中心部をメインに。<br />写真はシテ島の西の先端に架かるパリで一番古い新橋こと、<br />ポン・ヌフで橋の北側には 19世紀から競い合うように<br />2つの老舗百貨店が向かい合っていた。<br />右の Belle Jardinière (1878-1972:衣料品店創業は1824年) と<br />左の Samaritaine (1870-2005)、こちらは 2001年からは<br />LVMH (Louis Vuitton Moët Hennessy) グループの所有で<br />さらに Belle Jardinière も傘下に入れたが、現在は<br />Darty-Habitat グループの Conforama という店になっている。<br /><br />ちなみに『ポン・ヌフの恋人(91)』でも Samaritaine はあるが、<br />すでに Belle Jardinière の姿はない。 また Samaritaine は<br />『ホーリー・モータース(12)』の主要舞台でもある。<br />カラックスはポン・ヌフがお好き?

1977年 パリ 男だけど "an・an" のツアーに 2/4 :パリはシテ島、サン・ルイ島に始まる

12いいね!

1977/07/07 - 1977/07/16

5522位(同エリア15798件中)

旅行記グループ 1977年パリ

0

53

milouchat

milouchatさん

周知のようにパリは人が住みだした
セーヌの中之島シテ島あたりから始まる。
カロリング朝の9世紀に周囲に城壁ができ、以後6回にわたり
外側に城壁を作り中の城壁は壊される。
だからパリの街は基本的に同心円状に広がっていった。
現在城壁は存在しないが 1845年までに作られた、
全長 33キロのティエールの城壁が、ほぼ現在の20区の境になる。
そしてパリはシテ島中心に右回りに区の番号が螺旋状に付けられ
エスカルゴとも称せられる。
当然 城壁には複数の関所(通用門)があったので、
現在も周辺部には Porte (門) という地名が多く残っている。
(少なくと 35はあるようだ)

ということで、今回はシテ島からパリ中心部をメインに。
写真はシテ島の西の先端に架かるパリで一番古い新橋こと、
ポン・ヌフで橋の北側には 19世紀から競い合うように
2つの老舗百貨店が向かい合っていた。
右の Belle Jardinière (1878-1972:衣料品店創業は1824年) と
左の Samaritaine (1870-2005)、こちらは 2001年からは
LVMH (Louis Vuitton Moët Hennessy) グループの所有で
さらに Belle Jardinière も傘下に入れたが、現在は
Darty-Habitat グループの Conforama という店になっている。

ちなみに『ポン・ヌフの恋人(91)』でも Samaritaine はあるが、
すでに Belle Jardinière の姿はない。 また Samaritaine は
『ホーリー・モータース(12)』の主要舞台でもある。
カラックスはポン・ヌフがお好き?

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.5
同行者
友人
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • ということで、今はない<br />Belle Jardinière の勇姿を お忘れなく

    ということで、今はない
    Belle Jardinière の勇姿を お忘れなく

  • さて、メトロはシテ駅の出入口。<br />写真はないがシテ駅の構内は階段が面白い。<br />セーヌの下を通るので深さが 20メートルはあり、<br />長い階段の途中から眺めるのもオツなもの

    さて、メトロはシテ駅の出入口。
    写真はないがシテ駅の構内は階段が面白い。
    セーヌの下を通るので深さが 20メートルはあり、
    長い階段の途中から眺めるのもオツなもの

  • 階段から外に出ると花市場がある

    階段から外に出ると花市場がある

  • 同じく花市場の一角

    同じく花市場の一角

  • シテ島 Quai de l&#39;Horloge と<br />Rue de Harlay の角から西、<br />かすかに見える橋がポン・ヌフ。<br />SVでは消えているが立っている箱(?)は<br />手前が警察、赤いのが消防の緊急用電話。<br />そして少し戻れば…

    シテ島 Quai de l'Horloge と
    Rue de Harlay の角から西、
    かすかに見える橋がポン・ヌフ。
    SVでは消えているが立っている箱(?)は
    手前が警察、赤いのが消防の緊急用電話。
    そして少し戻れば…

  • コンシェルジュリーの切符売り場、と思ったら<br />ここは売り場じゃないよ、少し先ですよ、という表示

    コンシェルジュリーの切符売り場、と思ったら
    ここは売り場じゃないよ、少し先ですよ、という表示

  • こちらがコンシエルジュリー。<br />多分 入ったのは、この年のはずだが写真はない。<br />マリー・アントワネットの日記に<br />面白い文章がありメモしたが紛失

    こちらがコンシエルジュリー。
    多分 入ったのは、この年のはずだが写真はない。
    マリー・アントワネットの日記に
    面白い文章がありメモしたが紛失

  • ポン・ヌフの真ん中にはアンリ4世の騎馬像がある。<br />その左の橋桁だと思うが、下に 181? という数字が見える。<br />アンリ4世像が建てられたのは 1618年だが 1792年に破壊され<br />1818年に再建されたことに関係あるのかも…

    ポン・ヌフの真ん中にはアンリ4世の騎馬像がある。
    その左の橋桁だと思うが、下に 181? という数字が見える。
    アンリ4世像が建てられたのは 1618年だが 1792年に破壊され
    1818年に再建されたことに関係あるのかも…

  • アンリ4世騎馬像の向かいでは<br />電話拡張工事中

    アンリ4世騎馬像の向かいでは
    電話拡張工事中

  • アンリ4世像の真ん前の通り<br />Rue Henri Robert にある<br />有名な Papetrie Gaubert は<br />1830年創業の老舗製紙・文具業者

    アンリ4世像の真ん前の通り
    Rue Henri Robert にある
    有名な Papetrie Gaubert は
    1830年創業の老舗製紙・文具業者

  • 飛び入りになるがレ・アールにも写真右の Papetrie Gaubert が<br />あったが、1979年頃に閉めたもよう。<br />その向こう隣り、フランスには変な名前の店も多いが<br />ネオンがある店はブラスリー Au pied de cochon (豚のしっぽ)。<br />オープンは 1947年だが旧中央市場の側だったので<br />フランス初の 24時間営業・年中無休を始めた店。<br />現在は Papetrie Gaubert の場所まで<br />Au pied de cochon が取得し拡張されている。<br />この店の前を通るシーンが『シャレード』にある

    飛び入りになるがレ・アールにも写真右の Papetrie Gaubert が
    あったが、1979年頃に閉めたもよう。
    その向こう隣り、フランスには変な名前の店も多いが
    ネオンがある店はブラスリー Au pied de cochon (豚のしっぽ)。
    オープンは 1947年だが旧中央市場の側だったので
    フランス初の 24時間営業・年中無休を始めた店。
    現在は Papetrie Gaubert の場所まで
    Au pied de cochon が取得し拡張されている。
    この店の前を通るシーンが『シャレード』にある

  • さて次は、シテ島の隣サン・ルイ島 Quai Orléans 西方向。<br />かすかな記憶で『個人教授』のロベール・オッセンの家では?<br />と撮ったが、あとで調べると外れだった。<br />突き当たりにはノートルダムが見える

    さて次は、シテ島の隣サン・ルイ島 Quai Orléans 西方向。
    かすかな記憶で『個人教授』のロベール・オッセンの家では?
    と撮ったが、あとで調べると外れだった。
    突き当たりにはノートルダムが見える

  • 同じくルノー・ヴェルレーがモビレットで<br />入って行った場所かな、と思って撮った入口

    同じくルノー・ヴェルレーがモビレットで
    入って行った場所かな、と思って撮った入口

  • Quai Orléans を東に行けば Pont Sully の手前<br />Rue Bretonvilliers 突き当たりには 1642年に<br />建てられた Hôtel de Bretonvilliers のアーチが見える<br />(もちろんホテルじゃなく貴族の館)

    Quai Orléans を東に行けば Pont Sully の手前
    Rue Bretonvilliers 突き当たりには 1642年に
    建てられた Hôtel de Bretonvilliers のアーチが見える
    (もちろんホテルじゃなく貴族の館)

  • そのアーチを通り抜け、左を見ると、<br />その名も &quot;サン・ルイ島&quot; 1726年完成の<br />Saint-Louis-en-l&#39;Île 教会の尖塔が見える

    そのアーチを通り抜け、左を見ると、
    その名も "サン・ルイ島" 1726年完成の
    Saint-Louis-en-l'Île 教会の尖塔が見える

  • 塔を見上げると時計があるが、壁面ではなく<br />外に吊り下げられている。<br />両面にあるということは、2つの時計なのか<br />1つの仕掛けで2つが逆回転するのか…

    塔を見上げると時計があるが、壁面ではなく
    外に吊り下げられている。
    両面にあるということは、2つの時計なのか
    1つの仕掛けで2つが逆回転するのか…

  • 塔の下の立派な扉

    塔の下の立派な扉

  • 塔の右下には 男子小学校の表示が

    塔の右下には 男子小学校の表示が

  • 教会の向かいには L&#39;Orangerie と言う店がある。<br />控えめ(?)でレストランには見えないが<br />ジャン=クロード・ブリアリの店です

    教会の向かいには L'Orangerie と言う店がある。
    控えめ(?)でレストランには見えないが
    ジャン=クロード・ブリアリの店です

  • サン・ルイ島の西の方 Quai d&#39;Orléans から河岸に降りる坂。<br />向こうの橋は Pont Saint-Louis 。<br />かすかにサン・ジャックの塔が見える。<br />左の建物の左がノートルダム<br />(よおく見れば左端にかすかに見えている)

    サン・ルイ島の西の方 Quai d'Orléans から河岸に降りる坂。
    向こうの橋は Pont Saint-Louis 。
    かすかにサン・ジャックの塔が見える。
    左の建物の左がノートルダム
    (よおく見れば左端にかすかに見えている)

  • 逆にサン・ルイ島の東の先端、Square Barye 南から<br />西方向の河岸に降りる階段。 見えている橋は Pont Sully 。<br />パリは水辺まで降りられるのが気持ちいい

    逆にサン・ルイ島の東の先端、Square Barye 南から
    西方向の河岸に降りる階段。 見えている橋は Pont Sully 。
    パリは水辺まで降りられるのが気持ちいい

  • その Pont Sully (中之島北側) の上から見えるランベール館。<br />2013年の修復工事中に火災に遭った

    その Pont Sully (中之島北側) の上から見えるランベール館。
    2013年の修復工事中に火災に遭った

  • Pont Sully を渡った北側の<br />20 Boulevard Henri IV には立派な警察署がある。<br />と言っても、いわゆる Police ではなく<br />共和国衛兵隊 (Garde Republicaine) で<br />国家憲兵隊 (Gendarmerie National) の一部<br />

    Pont Sully を渡った北側の
    20 Boulevard Henri IV には立派な警察署がある。
    と言っても、いわゆる Police ではなく
    共和国衛兵隊 (Garde Republicaine) で
    国家憲兵隊 (Gendarmerie National) の一部

  • ついでに場所は不明だが別の Garde Republicaine

    ついでに場所は不明だが別の Garde Republicaine

  • こっちは Police のほうでシテ島のど真ん中<br />Rue de la cité には、俗に言うパリ警視庁の入口がある

    こっちは Police のほうでシテ島のど真ん中
    Rue de la cité には、俗に言うパリ警視庁の入口がある

  • これも飛び入りで、左岸だが、警察と言えば犯罪取り締まり、<br />右に警備の警官が見える (雨だから箱から出ない、2人とも?)。<br />異常なほど高く大きい入口の扉と塀、と言えば?<br />そう、アルセーヌ・ルパンも脱獄したサンテ刑務所です!<br />面会の人が並んでいる。 場所は翌 78年に泊まった<br />モンパルナスのホテル PLM サン・ジャックのすぐ側、<br />その名も Rue de la Santé にある。<br />ちなみにルパンが脱獄に使った同じ手口を<br />ルパン三世も『オー!』のベルモンドも使っていた

    これも飛び入りで、左岸だが、警察と言えば犯罪取り締まり、
    右に警備の警官が見える (雨だから箱から出ない、2人とも?)。
    異常なほど高く大きい入口の扉と塀、と言えば?
    そう、アルセーヌ・ルパンも脱獄したサンテ刑務所です!
    面会の人が並んでいる。 場所は翌 78年に泊まった
    モンパルナスのホテル PLM サン・ジャックのすぐ側、
    その名も Rue de la Santé にある。
    ちなみにルパンが脱獄に使った同じ手口を
    ルパン三世も『オー!』のベルモンドも使っていた

  • 当時は刑務所の正門前にカフェ La Santé があった。<br />その店内で門が開くのを待ち続け張り込み?<br />『ベルモンドの怪盗二十面相』では出所後、<br />即 このカフェに入り電話をする。<br />ほかの映画でも見たが思い出せない…

    当時は刑務所の正門前にカフェ La Santé があった。
    その店内で門が開くのを待ち続け張り込み?
    『ベルモンドの怪盗二十面相』では出所後、
    即 このカフェに入り電話をする。
    ほかの映画でも見たが思い出せない…

  • 右岸に戻って、サン・ルイ島からセーヌを渡った北側は<br />日本人にも人気の高いマレ地区。<br />そしてカルナヴァレ博物館の向かい、24 Rue Pavée にある<br />1969年にオープンした歴史図書館。<br />元は Hôtel de Lamoignon

    右岸に戻って、サン・ルイ島からセーヌを渡った北側は
    日本人にも人気の高いマレ地区。
    そしてカルナヴァレ博物館の向かい、24 Rue Pavée にある
    1969年にオープンした歴史図書館。
    元は Hôtel de Lamoignon

  • これは 1997-98年版だが<br />マレと隣のバスチーユ地区に特化した地図。<br />右は裏面だが、その一番下。<br />BOY&#39;Z BAZAAR というメンズ・ショップの広告だが<br />下には VIDEO STORE とある、つまり…<br />ゲイ向けのポルノなども売る結構大きい店。<br />マレからバスティーユはゲイに好意的な地区として有名で<br />ゲイバーやゲイ (LGBTQ)に関連する店が多い。 興味があれば…

    これは 1997-98年版だが
    マレと隣のバスチーユ地区に特化した地図。
    右は裏面だが、その一番下。
    BOY'Z BAZAAR というメンズ・ショップの広告だが
    下には VIDEO STORE とある、つまり…
    ゲイ向けのポルノなども売る結構大きい店。
    マレからバスティーユはゲイに好意的な地区として有名で
    ゲイバーやゲイ (LGBTQ)に関連する店が多い。 興味があれば…

  • 少し東には、これも有名なヴォージュ広場がある。<br />Rue Saint-Antoine から見た入口

    少し東には、これも有名なヴォージュ広場がある。
    Rue Saint-Antoine から見た入口

  • 通り角の店に 100年ほど前の<br />絵ハガキがあったが、ほぼ昔のまま

    通り角の店に 100年ほど前の
    絵ハガキがあったが、ほぼ昔のまま

  • ヴォージュ広場には噴水が4つある。<br />周囲の建物も含め、ほとんど同じ景色なので<br />どの噴水か分からない。設計は<br />Jean-Pierre Cortot 。 コローと言っても<br />画家のコロー Jean-Baptiste Camille Corot ではない<br />[よく見たらコローじゃなくコルトーだ]

    ヴォージュ広場には噴水が4つある。
    周囲の建物も含め、ほとんど同じ景色なので
    どの噴水か分からない。設計は
    Jean-Pierre Cortot 。 コローと言っても
    画家のコロー Jean-Baptiste Camille Corot ではない
    [よく見たらコローじゃなくコルトーだ]

  • ヴォージュ広場まで来れば<br />バスティーユ広場もすぐ

    ヴォージュ広場まで来れば
    バスティーユ広場もすぐ

  • 意図は不明だが広場には<br />OKINAWA と落書きが、塗料切れか<br />最後だけ黒で、Aの頭が白い

    意図は不明だが広場には
    OKINAWA と落書きが、塗料切れか
    最後だけ黒で、Aの頭が白い

  • La Tour D&#39;Argent と言う店があった。<br />僕ですら名前は知っているので写真を撮ったが、<br />超有名な店とは違うようだ。支店なら別だが<br />同名の店があるはずはないのだが…<br />場所はバスティーユ広場 2 Rue de Charenton 。<br />(現在の SVでは スポーツクラブ CMG)<br />でも建物前に歴史的建造物を示す Pelles Starck があり<br />調べると 1725年ごろ建てられ 1857年頃から 1985年まで<br />1,2階が La Tour D&#39;Argent だった。有名店との関係は不明…<br />左の看板はゴダールでおなじみ(?) タイガーを お車に、の Esso<br /><br />

    La Tour D'Argent と言う店があった。
    僕ですら名前は知っているので写真を撮ったが、
    超有名な店とは違うようだ。支店なら別だが
    同名の店があるはずはないのだが…
    場所はバスティーユ広場 2 Rue de Charenton 。
    (現在の SVでは スポーツクラブ CMG)
    でも建物前に歴史的建造物を示す Pelles Starck があり
    調べると 1725年ごろ建てられ 1857年頃から 1985年まで
    1,2階が La Tour D'Argent だった。有名店との関係は不明…
    左の看板はゴダールでおなじみ(?) タイガーを お車に、の Esso

  • 11区 Rue du Faubourg St.Antoine と<br />Rue de Charonne の角に立派な建物がある<br />(写ってない上部)<br />95年に歴史的建造物に指定された<br />1721年建造の Fontaine Trogneux 、<br />SVを見ると2枚の道路標示が外されている!<br />このあたりは初海外の 1974年に<br />近くに1ヶ月住んだので、よく歩き回った…

    11区 Rue du Faubourg St.Antoine と
    Rue de Charonne の角に立派な建物がある
    (写ってない上部)
    95年に歴史的建造物に指定された
    1721年建造の Fontaine Trogneux 、
    SVを見ると2枚の道路標示が外されている!
    このあたりは初海外の 1974年に
    近くに1ヶ月住んだので、よく歩き回った…

  • 同じく Passage Thière と Passage Louis Philippe の角。<br />現在 SV では左の角はスーパーになっている。 このあたりも<br />昔 歩き回った所で別に何のいわれもない場所だが、<br />僕が 1974年に1か月いて歩き回ったあたりで<br />『猫が行方不明(96)』という映画の舞台が<br />この近辺なので見たときは懐かしかった…<br />調べると、ここは主人公の家の隣の通りだった。<br />1ヶ月滞在したホテルは2つほど北の Rue Sedaine<br />無意識のうちに同じ道を通っている…

    同じく Passage Thière と Passage Louis Philippe の角。
    現在 SV では左の角はスーパーになっている。 このあたりも
    昔 歩き回った所で別に何のいわれもない場所だが、
    僕が 1974年に1か月いて歩き回ったあたりで
    『猫が行方不明(96)』という映画の舞台が
    この近辺なので見たときは懐かしかった…
    調べると、ここは主人公の家の隣の通りだった。
    1ヶ月滞在したホテルは2つほど北の Rue Sedaine
    無意識のうちに同じ道を通っている…

  • 多分 Bd.Richard Lenoir の 38番地あたり…<br />かなり広い道路で真ん中に緑地帯があるから。<br />青い水が流れているのが気になり撮った。<br />ちなみに 32番地はロベール・デスノスの生家

    多分 Bd.Richard Lenoir の 38番地あたり…
    かなり広い道路で真ん中に緑地帯があるから。
    青い水が流れているのが気になり撮った。
    ちなみに 32番地はロベール・デスノスの生家

  • 逆方向。 もしそうならバスティーユの塔が<br />見えるはずだが…<br />上の青い水は工事関係の塗料だったのかも

    逆方向。 もしそうならバスティーユの塔が
    見えるはずだが…
    上の青い水は工事関係の塗料だったのかも

  • ということで 当然メトロ最寄り駅は Richard Lenoir 。<br />右手の屋根が丸い建物は健在だが<br />SV では半円形の部分にも新しく窓が造られている。<br />左隣は大工事中で現在の景色とかなり違う。<br />バスティーユあたりも昔は家具職人の多い下町だったが<br />現在はオシャレ地区に変貌…<br />

    ということで 当然メトロ最寄り駅は Richard Lenoir 。
    右手の屋根が丸い建物は健在だが
    SV では半円形の部分にも新しく窓が造られている。
    左隣は大工事中で現在の景色とかなり違う。
    バスティーユあたりも昔は家具職人の多い下町だったが
    現在はオシャレ地区に変貌…

  • 道路反対側の3つの建物は<br />今も同じようだ

    道路反対側の3つの建物は
    今も同じようだ

  • これも近辺だと思うが、まだ特定できない。<br />貼ってある掲示から見ると公的な建物かな…

    これも近辺だと思うが、まだ特定できない。
    貼ってある掲示から見ると公的な建物かな…

  • これも場所は分からないが黄色い郵便ポスト。<br />パリとそれ以外の区別のみ

    これも場所は分からないが黄色い郵便ポスト。
    パリとそれ以外の区別のみ

  • 黄色はフランス郵便のメインカラーだが<br />左の黄色いのはポストではなく切手の自動販売機。<br />ポストはその右の男性が投函している壁の穴、<br />つまり郵便局壁面で、投函すれば箱か何かに直接入るわけです

    黄色はフランス郵便のメインカラーだが
    左の黄色いのはポストではなく切手の自動販売機。
    ポストはその右の男性が投函している壁の穴、
    つまり郵便局壁面で、投函すれば箱か何かに直接入るわけです

  • これは、誰かの家の郵便受けではない。<br />よく見ると下に Correspondances Pneumatiques<br />とある。 つまり圧縮空気で管を疾走する気送郵便のポスト。<br />パリでは 1866年からパリの全郵便局が結ばれ数十分で<br />配達されるので、昔の書簡集などを見ると1日に何回も<br />手紙でやりとりをしている。 1984年まで使われたらしい。<br />撮った場所は不明だが、多分ヴォージュ広場あたり

    これは、誰かの家の郵便受けではない。
    よく見ると下に Correspondances Pneumatiques
    とある。 つまり圧縮空気で管を疾走する気送郵便のポスト。
    パリでは 1866年からパリの全郵便局が結ばれ数十分で
    配達されるので、昔の書簡集などを見ると1日に何回も
    手紙でやりとりをしている。 1984年まで使われたらしい。
    撮った場所は不明だが、多分ヴォージュ広場あたり

  • どこかの郵便局内。<br />前に並んでいる BOTTIN は電話帳、<br />昔は郵便局の中に電話ボックスがあった。<br />だから PTT (Postes, télégraphes et téléphones) ね<br />『幸福』や『アルファヴィル』に出てくる

    どこかの郵便局内。
    前に並んでいる BOTTIN は電話帳、
    昔は郵便局の中に電話ボックスがあった。
    だから PTT (Postes, télégraphes et téléphones) ね
    『幸福』や『アルファヴィル』に出てくる

  • ルーヴルからチュイルリーは素通りしてヴァンドーム広場に。<br />『昼下りの情事』冒頭を思い出させるオステルリッツ戦勝記念の<br />円柱が広場の真ん中に立っている

    ルーヴルからチュイルリーは素通りしてヴァンドーム広場に。
    『昼下りの情事』冒頭を思い出させるオステルリッツ戦勝記念の
    円柱が広場の真ん中に立っている

  • 右の白いテントは同じく『昼下りの情事』に登場する<br />リッツ・ホテルだが、女性が何を撮ってるか分かるかな?<br />一応 車の側ににいる彼氏(?)を撮ってるんだけど、可哀相な彼…

    右の白いテントは同じく『昼下りの情事』に登場する
    リッツ・ホテルだが、女性が何を撮ってるか分かるかな?
    一応 車の側ににいる彼氏(?)を撮ってるんだけど、可哀相な彼…

  • リッツの左隣はフランス司法省。<br />別にいいけど国旗の数が凄い

    リッツの左隣はフランス司法省。
    別にいいけど国旗の数が凄い

  • そして広場を出て西に行けばコンコルド広場。<br />広場の4つの角には2つずつ8つの都市の女神像がある。<br />これは西南の角右側のナント、遠くにエッフェル塔が見える。<br />ちなみに8つの都市は、ナントから反時計回りにボルドー、<br />マルセイユ、リヨン、ストラスブール、リール、ルーアン、ブレスト。<br />ちなみにルーアン、ブレストは、またしても(?)<br />ヴォージュ広場の噴水と同じ Jean-Pierre Cortot 作 。<br />ついでに、ここでギロチンに掛けられたのは、有名な2人を除いて<br />学校で習っただろう名前はダントン(34)、ロベスピエール(36)、<br />サン=ジュスト(27)、シャーロット・コルディ(24)、ラヴォアジェ(50)など<br />1,000人以上。 ()の数字はもちろん死んだときの年齢

    そして広場を出て西に行けばコンコルド広場。
    広場の4つの角には2つずつ8つの都市の女神像がある。
    これは西南の角右側のナント、遠くにエッフェル塔が見える。
    ちなみに8つの都市は、ナントから反時計回りにボルドー、
    マルセイユ、リヨン、ストラスブール、リール、ルーアン、ブレスト。
    ちなみにルーアン、ブレストは、またしても(?)
    ヴォージュ広場の噴水と同じ Jean-Pierre Cortot 作 。
    ついでに、ここでギロチンに掛けられたのは、有名な2人を除いて
    学校で習っただろう名前はダントン(34)、ロベスピエール(36)、
    サン=ジュスト(27)、シャーロット・コルディ(24)、ラヴォアジェ(50)など
    1,000人以上。 ()の数字はもちろん死んだときの年齢

  • コンコルド広場の東端、<br />チュイルリーに入る門の前だが、右上を見て!<br />ペガサスの像に人がよじ登っている。<br />売っているのはスイカです

    コンコルド広場の東端、
    チュイルリーに入る門の前だが、右上を見て!
    ペガサスの像に人がよじ登っている。
    売っているのはスイカです

  • 売っているアイスクリームの MIKO と言えば<br />映画館での CM を思い出す。<br />後ろは一瞬ヴァンドーム広場の円柱かと思ったが、<br />そうではなくコンコルド広場の西の端。<br />向こうに見える建物は<br />Hôtel Grimod de La Reynière だった

    売っているアイスクリームの MIKO と言えば
    映画館での CM を思い出す。
    後ろは一瞬ヴァンドーム広場の円柱かと思ったが、
    そうではなくコンコルド広場の西の端。
    向こうに見える建物は
    Hôtel Grimod de La Reynière だった

  • コンコルド橋から。<br />アレクサンドル3世橋が見える。<br />少し左にはエッフェル塔があるが写っていない。<br />河岸は現在と ほぼ一緒だが何本も立っている<br />青い杭のようなものはないね…

    コンコルド橋から。
    アレクサンドル3世橋が見える。
    少し左にはエッフェル塔があるが写っていない。
    河岸は現在と ほぼ一緒だが何本も立っている
    青い杭のようなものはないね…

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集