松江・松江しんじ湖温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
自分史上最長となる4日間のひとり旅に行ってきました!主に鉄道を利用した、最初から最後までそこそこハードな長旅でした!自分史上最大規模のひとり旅になります!<br />その1は一日目の前半の大阪観光について、その2は、一日目の後半、山陰へ移動しただけでした。<br />翌、二日目の午前には松江に行ってきました。<br />その3は松江での様子を紹介します!しかし、早速第一の試練が!?

【第一の試練!?】16歳のひとり旅4日間!山陰東トレース旅! その3 水の都松江!

24いいね!

2019/12/26 - 2019/12/29

214位(同エリア964件中)

オレンジ0020

オレンジ0020さん

この旅行記のスケジュール

2019/12/27

  • ホテルアルファーワン→徒歩5分→法勝寺電車フ50

  • 法勝寺電車「フ50」→徒歩10分→米子駅

  • 米子駅8:11→スーパーまつかぜ1号→8:36(所定8:33)松江駅 ✳3分程遅延→回復→4分程遅延

  • 松江駅8:52→一畑交通八雲線→9:00国宝松江城県庁前

  • 松江城→徒歩10分(走ったので7分?)→大橋北詰バス停

  • 大橋北詰11:08→松江市営交通局第一路線→11:15松江駅

自分史上最長となる4日間のひとり旅に行ってきました!主に鉄道を利用した、最初から最後までそこそこハードな長旅でした!自分史上最大規模のひとり旅になります!
その1は一日目の前半の大阪観光について、その2は、一日目の後半、山陰へ移動しただけでした。
翌、二日目の午前には松江に行ってきました。
その3は松江での様子を紹介します!しかし、早速第一の試練が!?

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス JR特急 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 二日目の午前はこのようなルートです。米子から東へ行って、松江まで向かいます。<br />ちなみにこの日は最初は雪の予報でしたが、結局降ったのは小雨でした。雪見たかったなあ…。

    二日目の午前はこのようなルートです。米子から東へ行って、松江まで向かいます。
    ちなみにこの日は最初は雪の予報でしたが、結局降ったのは小雨でした。雪見たかったなあ…。

  • ホテルはアルファーワン米子でした。列車に乗る前に、1ヶ所、ホテルから近い場所に寄り道します。

    ホテルはアルファーワン米子でした。列車に乗る前に、1ヶ所、ホテルから近い場所に寄り道します。

    ホテルアルファーワン米子 宿・ホテル

    2名1室合計 9,800円~

    他のアルファーワン同様に良かった。 by オレンジ0020さん
  • ホテルから住宅街の中を歩くこと5分、法勝寺電車の客車、フ50が保存されています。日本最古の客車と紹介されています。

    ホテルから住宅街の中を歩くこと5分、法勝寺電車の客車、フ50が保存されています。日本最古の客車と紹介されています。

  • 法勝寺電車は、米子市から南へ進み、法勝寺町まで走っていた鉄道です。貨客混載列車は当たり前で、全国から年期の入った中古車を寄せ集めて運行していたそうです。保存されている客車は少し分かりにくい場所にありましたが、丁寧に保存されているので、一見の価値はあります。

    法勝寺電車は、米子市から南へ進み、法勝寺町まで走っていた鉄道です。貨客混載列車は当たり前で、全国から年期の入った中古車を寄せ集めて運行していたそうです。保存されている客車は少し分かりにくい場所にありましたが、丁寧に保存されているので、一見の価値はあります。

  • 法勝寺電車の保存場所から米子駅まで10分ほど歩きます。

    法勝寺電車の保存場所から米子駅まで10分ほど歩きます。

  • 時間がないので(少しだけ寝坊したなんて言えない…)特急スーパーまつかぜで松江へ向かいます。米子から出雲市の間は需要があるにも関わらず、快速や普通列車の本数がそこまで多くないので、特急の短距離利用の人は多かったです。<br />ちなみに到着の時点で3分ほど遅延していましたが、米子駅での停車時間が長かったのでほぼ定刻通りで発車できました。

    時間がないので(少しだけ寝坊したなんて言えない…)特急スーパーまつかぜで松江へ向かいます。米子から出雲市の間は需要があるにも関わらず、快速や普通列車の本数がそこまで多くないので、特急の短距離利用の人は多かったです。
    ちなみに到着の時点で3分ほど遅延していましたが、米子駅での停車時間が長かったのでほぼ定刻通りで発車できました。

  • 朝御飯は、昨日の姫路駅のホーム売店で買ったあなごめしです。あなごめしは、但馬牛の弁当と並ぶ姫路駅の駅弁を代表する弁当です。

    朝御飯は、昨日の姫路駅のホーム売店で買ったあなごめしです。あなごめしは、但馬牛の弁当と並ぶ姫路駅の駅弁を代表する弁当です。

  • 安来駅ですれ違う対向列車のスーパーまつかぜ4号が遅れていたため、せっかく米子駅で遅れを取り戻したのに、再び4分ほど遅れてしまいました。<br />しかし、山陰ではこのような遅れは日常茶飯事のようですね。この日だけでこの列車を遅らせた倒木の他に、もう1ヶ所で倒木があったようです。そして、これから3日間、毎日なんらかの理由で、乗車したほとんどの列車が遅れることになります。

    安来駅ですれ違う対向列車のスーパーまつかぜ4号が遅れていたため、せっかく米子駅で遅れを取り戻したのに、再び4分ほど遅れてしまいました。
    しかし、山陰ではこのような遅れは日常茶飯事のようですね。この日だけでこの列車を遅らせた倒木の他に、もう1ヶ所で倒木があったようです。そして、これから3日間、毎日なんらかの理由で、乗車したほとんどの列車が遅れることになります。

  • 松江駅で降ります。これからバスで松江城へ向かいます。ちなみに、この乗った列車を含めた山陰のほぼ全ての特急列車は、構造上非常に揺れますので、テーブルからものを落とさないように気をつけてください。

    松江駅で降ります。これからバスで松江城へ向かいます。ちなみに、この乗った列車を含めた山陰のほぼ全ての特急列車は、構造上非常に揺れますので、テーブルからものを落とさないように気をつけてください。

  • 松江城の近くのバス停に着きました。

    松江城の近くのバス停に着きました。

  • 松江の市街地に張り巡らしてある堀、松江堀川は汽水です。宍道湖と、松江から米子にかけて広がる中海は、一時期淡水化が行われていたようですが、水質が悪化するなどして汽水に戻されました。その結果、今は松江の堀には豊富な種類の魚が泳いでいます。

    松江の市街地に張り巡らしてある堀、松江堀川は汽水です。宍道湖と、松江から米子にかけて広がる中海は、一時期淡水化が行われていたようですが、水質が悪化するなどして汽水に戻されました。その結果、今は松江の堀には豊富な種類の魚が泳いでいます。

  • 松江城へ入ります。姫路城や彦根城等と同じく平城です。

    松江城へ入ります。姫路城や彦根城等と同じく平城です。

  • 明治時代に建てられた建物、興雲閣が松江城内にあります。

    明治時代に建てられた建物、興雲閣が松江城内にあります。

  • 真っ白な外観が特徴的ですね。

    真っ白な外観が特徴的ですね。

    興雲閣 美術館・博物館

  • 中もモダンな雰囲気がしっかりと残っています。

    中もモダンな雰囲気がしっかりと残っています。

  • 2階には貴顕室がありました。この建物は元々明治天皇の行在所として建てられたので、内外装ともにとても豪華です。

    2階には貴顕室がありました。この建物は元々明治天皇の行在所として建てられたので、内外装ともにとても豪華です。

  • 二階の大広間もかなり広いです!

    二階の大広間もかなり広いです!

  • 興雲閣の隣にある松江神社にも参拝します。松平長政を祀っており、葵の御紋が使われています。

    興雲閣の隣にある松江神社にも参拝します。松平長政を祀っており、葵の御紋が使われています。

    松江神社 寺・神社

  • 松江城の天守閣に入ります!松江城の天守閣は現存12天守の一つです。天守の中に井戸を持つのは、その中では松江城だけなのだそうです。

    松江城の天守閣に入ります!松江城の天守閣は現存12天守の一つです。天守の中に井戸を持つのは、その中では松江城だけなのだそうです。

    松江城 (千鳥城) 名所・史跡

  • 城内に入ってすぐ、天守の上に置かれていた鯱がありました。今のものに昭和の間に交代されたそうです。

    城内に入ってすぐ、天守の上に置かれていた鯱がありました。今のものに昭和の間に交代されたそうです。

  • 後藤又兵衛が使用したとされる甲冑と銃がありました。

    後藤又兵衛が使用したとされる甲冑と銃がありました。

  • 松平長政の大阪冬の陣での初陣の様子を彫った像がありました。

    松平長政の大阪冬の陣での初陣の様子を彫った像がありました。

  • この階段を登れば天守閣の一番上の階に着きます。

    この階段を登れば天守閣の一番上の階に着きます。

  • 少し小さめの最上階です。

    少し小さめの最上階です。

  • 写真では伝わりにくいのですが、天守閣からは宍道湖がよく見えました。宍道湖は、琵琶湖を見たときと同じように、海かと間違えそうなくらい大きく見えます。

    写真では伝わりにくいのですが、天守閣からは宍道湖がよく見えました。宍道湖は、琵琶湖を見たときと同じように、海かと間違えそうなくらい大きく見えます。

  • 城の入り口に戻ってきました。ここから堀川めぐりの舟に乗ります。

    城の入り口に戻ってきました。ここから堀川めぐりの舟に乗ります。

  • 松江城の周りや松江の市街地を廻っていきます。

    松江城の周りや松江の市街地を廻っていきます。

  • 左側の武家屋敷が並ぶ所が塩見縄手です。暴れん坊将軍で江戸城内として使われるなど、数々の時代劇でロケ地になってきた場所です。

    左側の武家屋敷が並ぶ所が塩見縄手です。暴れん坊将軍で江戸城内として使われるなど、数々の時代劇でロケ地になってきた場所です。

  • のんびりと松江を50分かけて廻ります。今回はこたつ舟でしたので、寒がることなく松江を楽しめました!

    のんびりと松江を50分かけて廻ります。今回はこたつ舟でしたので、寒がることなく松江を楽しめました!

  • 四ヶ所の橋では屋根を下げます。かなり下がるので、顔をこたつの上にくっつけないといけませんでした。

    四ヶ所の橋では屋根を下げます。かなり下がるので、顔をこたつの上にくっつけないといけませんでした。

  • 古い街並みの残った地域を通りますが、他にも松江の住宅街の中も通りました。水路は松江の町中に張り巡らしてあるので、松江市内には1000を越える数の橋があるそうです。

    古い街並みの残った地域を通りますが、他にも松江の住宅街の中も通りました。水路は松江の町中に張り巡らしてあるので、松江市内には1000を越える数の橋があるそうです。

  • 舟はかなりの頻度で運行されていました。

    イチオシ

    舟はかなりの頻度で運行されていました。

    ぐるっと松江堀川めぐり 乗り物

  • 一周50分…というよりは45分ほどで回ってこれました。いろいろな松江を見られてとても良かったです。

    一周50分…というよりは45分ほどで回ってこれました。いろいろな松江を見られてとても良かったです。

  • このあとバスに乗って松江駅に戻るのですが…バス停が見つかりません!歩いて戻ったら間に合わない!というわけで、走って探しまわり、なんとか松江駅寄りの大橋北詰バス停にたどり着きました。

    このあとバスに乗って松江駅に戻るのですが…バス停が見つかりません!歩いて戻ったら間に合わない!というわけで、走って探しまわり、なんとか松江駅寄りの大橋北詰バス停にたどり着きました。

  • 先程の紙にも書いたとおり、松江城の近くに国宝松江城県庁前のバス停がありました。この松江城の辺りはバスのルートが少々複雑になっているようです。

    先程の紙にも書いたとおり、松江城の近くに国宝松江城県庁前のバス停がありました。この松江城の辺りはバスのルートが少々複雑になっているようです。

  • 結局この距離を走ったので7分ほど探し回ったわけです。松江駅方向のバス停の位置を調べてくるべきでした…。

    結局この距離を走ったので7分ほど探し回ったわけです。松江駅方向のバス停の位置を調べてくるべきでした…。

  • 乗る列車の10分ほど前に松江駅に着きました。第一の試練?はなんとかなりました。こうして、安心して松江を離れることができました。<br /><br /><br />ですが、このあと、この程度では済まない、大変なことがたて続けに待っているとは思いもよりませんでした…。<br />その1 https://4travel.jp/travelogue/11602180<br />その2 https://4travel.jp/travelogue/11581859<br />その4 https://4travel.jp/travelogue/11582499<br />投稿者の同い年の友人(つまり高2)の、夏休みを利用したバルカン半島33日の旅行記 https://note.com/morohei_yeah

    乗る列車の10分ほど前に松江駅に着きました。第一の試練?はなんとかなりました。こうして、安心して松江を離れることができました。


    ですが、このあと、この程度では済まない、大変なことがたて続けに待っているとは思いもよりませんでした…。
    その1 https://4travel.jp/travelogue/11602180
    その2 https://4travel.jp/travelogue/11581859
    その4 https://4travel.jp/travelogue/11582499
    投稿者の同い年の友人(つまり高2)の、夏休みを利用したバルカン半島33日の旅行記 https://note.com/morohei_yeah

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ねもさん 2020/06/21 17:31:09
    山陰の旅
    オレンジ0020さん あちらにご返信ありがとうございます。
    思い出しました、松江の堀川遊覧の旅行記を見ているうちに、オレンジ0020さんにたどり着いたことを。松江はなんかゆっくりした気分を味わえる街でした。
    お若いのに山陰とは渋いですね。だいたい旅行好きが最後まで残すのが、山陰と四国のように思います。

    私は今や絶滅危惧種の運転免許なしなので、結構JRに乗りますし、たまにはオレンジ0020さんのような複雑な経路の切符を買いますが、正直あまり歓迎されないように感じます。ベテランの駅員によると、若い世代の駅員はマニアックな鉄道旅にそんなに興味がないそう(だから複雑な切符を求められると困惑)
    交通機関の遅れや見物時間が長引いて後の予定に支障が……は、私もよく経験しました。でも、人はそうやって旅行能力を身につけていくのだと思います。もっとも、これが鬱陶しいから、旅行はマイカーオンリーという人も少なくないですが(苦笑)

    来春以降はあちこち行きたい放題(+滑り放題、笑)ですね。期待しています。
    PS もうご存知かもしれませんが、私の一番お気に入りの鉄道紀行作家が宮脇俊三さんです。オレンジ0020さんの旅好きとも波長が近いように思います。

    オレンジ0020

    オレンジ0020さん からの返信 2020/06/21 19:42:49
    Re: 山陰の旅
    ねも様、コメントありがとうございます。

    こちらの山陰の旅行記で僕のことを知っていただいたのですね!ありがとうございます!旅行記の中にも書きましたが、この旅は旅仲間の同級生の海外33日間ひとり旅に触発されて、相等意気込んで行ってきた旅です。また、長旅に行くなら旅行記を書こう!…という感じで、4トラを始めるきっかけにもなった旅です。おそらく僕の中では一生忘れられない旅の1つになると思います。

    そんな山陰の旅行で発行した乗車券、確かに駅員さんにはちょっと迷惑をかけてしまいました。僕自身初めての複雑な経路の切符の発行だったので、結構窓口で緊張してしまいました。安くなるとはいえ、グリーン車も乗車経験があまりなく、毎回怯えながら車内に入るほどでしたし笑 他にもいろいろな面で、これまでの親と一緒の長旅では分からなかった旅行の大変な面を痛感した旅でしたね。旅行に関しての経験値を大きく上げられた旅でした。

    山陰と四国は旅の目的地としては、個人的にトップクラスのホットスポットです。どんだけ行っても心残りが出来てしまいますからね。この旅も、予定が合えばもう一日伸ばして出雲市の方まで行こうと思っていたのですが、またの機会になってしまいました。他にも岩美町、香美町、豊岡市等を中心に、もっと行きたかったなと思っているスポットが多いです。

    宮脇俊三さん…読んだことはありませんが、名前なら聞いたことがあります。時間ができたときに是非読んでみますね。

    それと…ねも様ってもしかして静岡県中部在住ですか?旅行記を読んでいて初めはなんか静岡の旅行記が多いなあ…ぐらいにしか思っていなかったのですが、もしかしてと思い質問してしまいました。あまり個人情報に関わる話はよくないかもしれませんが、ちょっとだけ親近感を覚えてしまいました。ちなみに僕は静岡市の東側在住です。あと、スキーもかなりのレベルのようで…僕はまだ上級コースに十分に行けない上、パラレルターンも満足にできない中級者以下のスキーヤーです笑

    いずれにせよ、来春以降雪マジ19や若者向けのチケット、その他割引券等を活用して、安く充実した旅を実現していけるようにしたいです!

オレンジ0020さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

松江・松江しんじ湖温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集