ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年11月末、オーストリア、ウィーンとドイツのケルン、マインツに出かけました。5度目のウィーンでは、美術館、教会、デメル、楽友協会の演奏会をメインに回りました。<br />2日間過ごした後、ルフトハンザでウィーンからフランクフルトへ移動。列車でケルンへ行きました。念願の大聖堂を見て、ワンコに出会い、クリスマスマーケットでグリューワインを飲んで、ちょっとゆっくり過ごしました。<br />列車でフランクフルトに戻り、マインツへ。シャガールの青いステンドグラスがあるザンクト・シュテファン教会がメインの目的です。お天気にも恵まれ、青い世界に包まれた素敵な時間を過ごしました。<br />フランクフルトは街は見られませんでしたが、空港でお買い物などして翌日の出発に備えました。<br />今回ドイツやオーストリアで印象に残ったのは、人の親切や優しさ、笑顔でした。例によって失敗もありましたが、なかなか楽しい旅でした!

初冬のウィーン・ケルン・マインツの旅~  ④ウィーン・フィル公開リハーサルと美術史美術館

36いいね!

2019/11/27 - 2019/11/29

567位(同エリア5866件中)

2

28

カッツェ

カッツェさん

2019年11月末、オーストリア、ウィーンとドイツのケルン、マインツに出かけました。5度目のウィーンでは、美術館、教会、デメル、楽友協会の演奏会をメインに回りました。
2日間過ごした後、ルフトハンザでウィーンからフランクフルトへ移動。列車でケルンへ行きました。念願の大聖堂を見て、ワンコに出会い、クリスマスマーケットでグリューワインを飲んで、ちょっとゆっくり過ごしました。
列車でフランクフルトに戻り、マインツへ。シャガールの青いステンドグラスがあるザンクト・シュテファン教会がメインの目的です。お天気にも恵まれ、青い世界に包まれた素敵な時間を過ごしました。
フランクフルトは街は見られませんでしたが、空港でお買い物などして翌日の出発に備えました。
今回ドイツやオーストリアで印象に残ったのは、人の親切や優しさ、笑顔でした。例によって失敗もありましたが、なかなか楽しい旅でした!

航空会社
ルフトハンザドイツ航空

PR

  • 午後、ホテルでひと休みして、今日も楽友協会へ。<br />ウィーンフィルの公開リハーサルを聴きに行きます。<br />カールス教会前のクリスマスマーケット。子供たちが動物たちと触れ合えるスペースのようだった。

    午後、ホテルでひと休みして、今日も楽友協会へ。
    ウィーンフィルの公開リハーサルを聴きに行きます。
    カールス教会前のクリスマスマーケット。子供たちが動物たちと触れ合えるスペースのようだった。

  • 午後3時開演。リハーサルなので、団員たちもラフなスタイル。3階席の正面左端を日本で予約。30ユーロでした。<br />当初、世界的指揮者マリス・ヤンソンス指揮の予定でしたが、健康上の理由から、<br />Jakub Hrusa という方に変更。曲目も3曲のうち、2曲が変更という連絡を事前に受けていました。<br />この日のプログラムは<br />序曲「謝肉祭」(ドヴォルザーク)、ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー)、管弦楽のための協奏曲(バルトーク)。<br />「謝肉祭」とチャイコフスキーのPコンは大好きな曲。<br />写真は、終演後。

    午後3時開演。リハーサルなので、団員たちもラフなスタイル。3階席の正面左端を日本で予約。30ユーロでした。
    当初、世界的指揮者マリス・ヤンソンス指揮の予定でしたが、健康上の理由から、
    Jakub Hrusa という方に変更。曲目も3曲のうち、2曲が変更という連絡を事前に受けていました。
    この日のプログラムは
    序曲「謝肉祭」(ドヴォルザーク)、ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー)、管弦楽のための協奏曲(バルトーク)。
    「謝肉祭」とチャイコフスキーのPコンは大好きな曲。
    写真は、終演後。

    楽友協会ホール 劇場・ホール・ショー

    美しく、響きも素晴らしい黄金のホール by カッツェさん
  • 初めて聴くウィーン・フィル。リハーサルとはいえ、ほとんど楽章の間以外はノンストップ。本番さながらの演奏でした。席もほぼ満席で、着物姿の日本人の方もいました。リハーサルなので、ラフなスタイル(ジーンズなど)の人も多く、コンサートのマナーを守って聞く分には、服装はあまり気にしなくても良いと思います。<br />うまく言えませんが、今まで聴いた、どのオーケストラとも明らかに違う音色。このホールで、なおかつウィーンフィルだからこそ生み出せる音なのかなあと思いました。とにかく素晴らしかった。いつか、本番の演奏を聴いてみたいです。

    初めて聴くウィーン・フィル。リハーサルとはいえ、ほとんど楽章の間以外はノンストップ。本番さながらの演奏でした。席もほぼ満席で、着物姿の日本人の方もいました。リハーサルなので、ラフなスタイル(ジーンズなど)の人も多く、コンサートのマナーを守って聞く分には、服装はあまり気にしなくても良いと思います。
    うまく言えませんが、今まで聴いた、どのオーケストラとも明らかに違う音色。このホールで、なおかつウィーンフィルだからこそ生み出せる音なのかなあと思いました。とにかく素晴らしかった。いつか、本番の演奏を聴いてみたいです。

  • この日の2日後、11月30日、指揮者マリス・ヤンソンス氏は亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。

    この日の2日後、11月30日、指揮者マリス・ヤンソンス氏は亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。

  • ウィーン・フィルの余韻にひたりながら、トラムの乗り場へ。おなじみの体重計。

    ウィーン・フィルの余韻にひたりながら、トラムの乗り場へ。おなじみの体重計。

  • 美術史美術館へ向かいました。木曜日は夜間開館の日です。

    美術史美術館へ向かいました。木曜日は夜間開館の日です。

    美術史美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • マリアテレジア広場をはさんで、自然史博物館と向かい合っています。

    マリアテレジア広場をはさんで、自然史博物館と向かい合っています。

  • この広場で、クリスマスマーケット開催中。

    この広場で、クリスマスマーケット開催中。

  • 美術史美術館へ初めて行きました。木曜日なので、21時までの夜間開館日でした。この時は、「カラヴァッジョ&ベルニーニ展」を開催中。<br />せっかくなので、特別展も見られる入場券にしました。

    美術史美術館へ初めて行きました。木曜日なので、21時までの夜間開館日でした。この時は、「カラヴァッジョ&ベルニーニ展」を開催中。
    せっかくなので、特別展も見られる入場券にしました。

  • 常設展だけなら16ユーロ、カラヴァッジョ展の入場もつけると5ユーロ追加の<br />21ユーロでした。特別展はタイムスロットという入場時間指定されます。夜間だったので比較的すいており、10分後の入場でした。<br />カラヴァッジョは、正直、そんなに好きな画家ではないのですが、静寂に包まれた薄暗い展示室で見る絵はなにか不思議と引き込まれるものがありました。

    常設展だけなら16ユーロ、カラヴァッジョ展の入場もつけると5ユーロ追加の
    21ユーロでした。特別展はタイムスロットという入場時間指定されます。夜間だったので比較的すいており、10分後の入場でした。
    カラヴァッジョは、正直、そんなに好きな画家ではないのですが、静寂に包まれた薄暗い展示室で見る絵はなにか不思議と引き込まれるものがありました。

  • それにしても、豪華なつくりです。

    それにしても、豪華なつくりです。

  • 正面はクリムトの絵。<br />美しいカフェで有名な「ゲルストナー」は貸切でした。残念・・・。

    正面はクリムトの絵。
    美しいカフェで有名な「ゲルストナー」は貸切でした。残念・・・。

  • 常設展示のスペースに来ました。<br />フェルメールの「絵画芸術」。独り占め状態。素敵な絵です。

    常設展示のスペースに来ました。
    フェルメールの「絵画芸術」。独り占め状態。素敵な絵です。

  • ブリューゲル「雪中の狩人」。教科書とかで見た。<br />*2020年元旦にNHKのEテレ見てたら、「びじゅチューン」という番組で、この絵について、おもしろいアニメで紹介していました。題して「雪中のフォーメーション〈山〉」<br />氷をはっている池の岸で、何か狩人たちに合図を送っている人や、14匹の犬たちに、フォーメーションを作って獲物を追うように命令する狩人、狩りを早く終わらせて遊んだり、暖かいところで休みたいので、頑張るけど、失敗に終わる犬たちを軽快な?音楽に載せてユーモラスに描いています。このアニメを見たら、ブリューゲルさん、笑ってくれるでしょうか?1枚の絵で、ここまで想像できるって面白い。あまり興味のなかったこの絵ですが、ちょっと気になってきました。

    ブリューゲル「雪中の狩人」。教科書とかで見た。
    *2020年元旦にNHKのEテレ見てたら、「びじゅチューン」という番組で、この絵について、おもしろいアニメで紹介していました。題して「雪中のフォーメーション〈山〉」
    氷をはっている池の岸で、何か狩人たちに合図を送っている人や、14匹の犬たちに、フォーメーションを作って獲物を追うように命令する狩人、狩りを早く終わらせて遊んだり、暖かいところで休みたいので、頑張るけど、失敗に終わる犬たちを軽快な?音楽に載せてユーモラスに描いています。このアニメを見たら、ブリューゲルさん、笑ってくれるでしょうか?1枚の絵で、ここまで想像できるって面白い。あまり興味のなかったこの絵ですが、ちょっと気になってきました。

  • タイトルがわかりませんが、鹿狩りの絵。猟犬もいる。

    タイトルがわかりませんが、鹿狩りの絵。猟犬もいる。

  • オランダ・フラマン・ドイツ絵画のコーナーですよ~という看板。

    オランダ・フラマン・ドイツ絵画のコーナーですよ~という看板。

  • こちらは、イタリア絵画コーナー。ティツィアーノの絵がたくさん、ありました。

    こちらは、イタリア絵画コーナー。ティツィアーノの絵がたくさん、ありました。

  • アンチンボルド「夏」という絵だったんですね。(ガイドブックで確認)

    アンチンボルド「夏」という絵だったんですね。(ガイドブックで確認)

  • こちらは全部、魚。ちょっと気味が悪いけど面白い。タイトルがわかりませんが、さっきのが「夏」なら「冬」とかなのかな?あとで調べてみよう。

    こちらは全部、魚。ちょっと気味が悪いけど面白い。タイトルがわかりませんが、さっきのが「夏」なら「冬」とかなのかな?あとで調べてみよう。

  • 夜はニシンの酢漬けサンドとスタバのコーヒーをテイクアウェイ。ケルントナー通りのスタバのお姉さんがめちゃくちゃ、日本好きらしく、私の下の名前を聞いてきて「Oh!日本の名前!いい名前!ありがとうございます!!」とテンション高かった。でも、こんな会話もうれしいですね。

    夜はニシンの酢漬けサンドとスタバのコーヒーをテイクアウェイ。ケルントナー通りのスタバのお姉さんがめちゃくちゃ、日本好きらしく、私の下の名前を聞いてきて「Oh!日本の名前!いい名前!ありがとうございます!!」とテンション高かった。でも、こんな会話もうれしいですね。

  • 朝食です。昨日、混んでいて席見つけるのに苦労したので、今日は早めに行きました。一番のりでした。

    朝食です。昨日、混んでいて席見つけるのに苦労したので、今日は早めに行きました。一番のりでした。

  • 今日もあんずヨーグルト。チョコクロワッサンも。

    今日もあんずヨーグルト。チョコクロワッサンも。

  • 夜はバーになる。

    夜はバーになる。

  • 空港。今日は午前の便でフランクフルトへ。<br />やはり2日間では、見たかったところ、買いたかったものを、すべて満たすことはできませんでした。また来ないと・・・。

    空港。今日は午前の便でフランクフルトへ。
    やはり2日間では、見たかったところ、買いたかったものを、すべて満たすことはできませんでした。また来ないと・・・。

    ウィーン国際空港 (VIE) 空港

  • 空港。

    空港。

  • ルフトハンザ、定刻通り、出発。

    ルフトハンザ、定刻通り、出発。

  • ウィーン、また来るよ~

    ウィーン、また来るよ~

  • パンがでました。うれしい。

    パンがでました。うれしい。

36いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • blumentalさん 2022/05/21 21:21:00
    もしや好みが。。。
    カッツェさん、
     始めまして。私のウィーン旅行記への訪問ありがとうございます。カッツェさんの旅行記リストを拝見したところ、ウィーンの旅行記がたくさんで、きっとかなりのウィーン通でいらっしゃるのだと想像しております。
     まずは美術史美術館の旅行記を拝見しました。私の旅行記には、数多い美術史美術館のコレクションのお気に入り3作を掲載したのですが、こちらの旅行記でもその3作が登場しており、もしや同じ好みではと、うれしく思いました。
     話は変わりますが、実は2日前に山形市を初めて訪れる機会があり(全くの知識なしだったものですから)4トラ旅行記で情報収集でもしようかと思っていたところ、カッツェさんの旅行記の扉写真が目に留まり、山形市郷土館に行ってきました。建築も素晴らしい上に、充実した内容の展示物に大変満足しました。城好きなものですから、山形城はターゲットになっていましたが、カッツェさんの旅行記を拝見しなければ郷土館まで訪れていなかったと思います。儲けたような気になりました。ありがとうございます。
     他にも魅力的なタイトルの旅行記がたくさんありますね。また訪問させていただきます。
         blumental

    カッツェ

    カッツェさん からの返信 2022/05/22 21:49:40
    たぶん好みが。。。似ています!
    blumental 様
    こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    blumentalさんの旅行記、時々、拝見させていただいております。ドイツ語圏やベネルクス3国へ多く旅していらっしゃるのですね。本当に好みが似ていると思いました。
    わたしもドイツやオランダ、行ってみたい所がたくさんありまして、blumentalさんの日記を読んで、行った気になって楽しんでおります。
    山形の旅行記、旅の参考にしていただいたとのこと、お役に立ててうれしいです。郷土館は私もノーマークだったので、偶然、立ち寄ってみて得した気持ちになりました(笑)
    私もまたblumentalさんの旅行記、読ませていただきますね。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    カッツェ

カッツェさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集