ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ボンジョルノイタリアグランド紀行のDay-8&amp;9 ローマ編 (10/11-12)です。長々とお付き合いありがとうございます。<br /><br />Day-1&amp;2 (ミラノ&ベネチア編)はこちら。<br />https://4travel.jp/travelogue/11562658<br />Day-3&amp;4 (フィレンチェ編)はこちらに<br />https://4travel.jp/travelogue/11562820<br />Day-5&amp;6 (カプリ島&アマルフィ編)はこちらに<br />https://4travel.jp/travelogue/11564328<br />Day-7 (ポンペイ遺跡編)はこちらに<br />https://4travel.jp/travelogue/11565573<br /><br />お付き合い頂き、ありがとうございました。<br />これで終わりかと思いきや、、<br />結局この後、ツアー全日程終了後に、ローマで6日間も足止めになったのでありました。<br />「フィレンチェでスマホ盗られ事件」と「ローマ延長編」は、こちらのブログ「Dogwoodの池上日記」に書いています。よろしかったらこちらもどうぞ。<br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/24/230345<br /><br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/21/214331<br /><br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/22/205323

Dogwoodのイタリア旅日記 10日間+α Day-8&9 (ファイナル)

18いいね!

2019/10/04 - 2019/10/18

1507位(同エリア6540件中)

Dogwood

Dogwoodさん

ボンジョルノイタリアグランド紀行のDay-8&9 ローマ編 (10/11-12)です。長々とお付き合いありがとうございます。

Day-1&2 (ミラノ&ベネチア編)はこちら。
https://4travel.jp/travelogue/11562658
Day-3&4 (フィレンチェ編)はこちらに
https://4travel.jp/travelogue/11562820
Day-5&6 (カプリ島&アマルフィ編)はこちらに
https://4travel.jp/travelogue/11564328
Day-7 (ポンペイ遺跡編)はこちらに
https://4travel.jp/travelogue/11565573

お付き合い頂き、ありがとうございました。
これで終わりかと思いきや、、
結局この後、ツアー全日程終了後に、ローマで6日間も足止めになったのでありました。
「フィレンチェでスマホ盗られ事件」と「ローマ延長編」は、こちらのブログ「Dogwoodの池上日記」に書いています。よろしかったらこちらもどうぞ。
https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/24/230345

https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/21/214331

https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/22/205323

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
観光バス

PR

  • ツアーも大詰め、8日目となりました。しっかり朝食をとってローマの1日が始まります。

    ツアーも大詰め、8日目となりました。しっかり朝食をとってローマの1日が始まります。

  • 朝8時にホテルを出発して、バチカン美術館へ。

    朝8時にホテルを出発して、バチカン美術館へ。

  • 周囲は厳重な警備が。

    周囲は厳重な警備が。

  • 長い行列ですが、チケットは取れていたのでスイスイと。この彫刻はミケランジェロによるものだとか。

    長い行列ですが、チケットは取れていたのでスイスイと。この彫刻はミケランジェロによるものだとか。

  • 入り口が見えてきました。

    入り口が見えてきました。

  • MUSEI VATICANI!

    MUSEI VATICANI!

  • 中も凄い人の数。迷子にだけはならないように現地ガイドさんについて行きます。

    中も凄い人の数。迷子にだけはならないように現地ガイドさんについて行きます。

  • 無線のオーディオガイドが役に立ちますね。

    無線のオーディオガイドが役に立ちますね。

  • これがバチカン美術館の入場券。左がプラトン、右がアリストテレスなのだそう(後から知りました)。

    これがバチカン美術館の入場券。左がプラトン、右がアリストテレスなのだそう(後から知りました)。

  • 中庭に出てきました。

    中庭に出てきました。

  • ここでガイドさんの説明を聞きます。

    ここでガイドさんの説明を聞きます。

  • システィーナ礼拝堂内は、撮影禁止(&私語厳禁)なのです。

    システィーナ礼拝堂内は、撮影禁止(&私語厳禁)なのです。

  • なので、先にここで絵の説明をしてくれるのがありがたい。これは天井画かな。アダムの創造もこの中に。

    なので、先にここで絵の説明をしてくれるのがありがたい。これは天井画かな。アダムの創造もこの中に。

  • こちらは、ミケランジェロ作「最後の審判」。この中にはミケランジェロの自画像(皮だけなんですが)も描かれているのです。

    こちらは、ミケランジェロ作「最後の審判」。この中にはミケランジェロの自画像(皮だけなんですが)も描かれているのです。

  • そしていざ、内部へ。

    そしていざ、内部へ。

  • しかし、ここからが長かった。いや、見所が多過ぎると言った方が正しいですね。

    しかし、ここからが長かった。いや、見所が多過ぎると言った方が正しいですね。

  • こんな彫刻や

    こんな彫刻や

  • あんな彫刻も。

    あんな彫刻も。

  • どれも素晴らしくて、、

    どれも素晴らしくて、、

  • 言葉が出ません。

    言葉が出ません。

  • もう首が痛くなるほど。

    もう首が痛くなるほど。

  • もう、絵の名前はわかりませんが(地図の間?)

    もう、絵の名前はわかりませんが(地図の間?)

  • 上を向いて歩く方が楽だったりして(笑)

    上を向いて歩く方が楽だったりして(笑)

  • それだけ天井画が凄いのです。

    それだけ天井画が凄いのです。

  • そしてサンピエトロ大聖堂のアトリウム(前室)へ。

    そしてサンピエトロ大聖堂のアトリウム(前室)へ。

  • ミケランジェロ作「ピエタ像」。十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリア像なのだそう。

    ミケランジェロ作「ピエタ像」。十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリア像なのだそう。

  • もう、どこにいても圧倒されます。

    もう、どこにいても圧倒されます。

  • ベルニーニ作「聖ペトロの司教座」。教皇だけが腰掛けることができ、中央の椅子は、神学の基礎を築いた4人の博士たちによって支えられています。

    ベルニーニ作「聖ペトロの司教座」。教皇だけが腰掛けることができ、中央の椅子は、神学の基礎を築いた4人の博士たちによって支えられています。

  • ここ、教会だったんですね。

    ここ、教会だったんですね。

  • 恐らく有名な画家が描いた絵なのでしょうけど、名前がわかりません。

    恐らく有名な画家が描いた絵なのでしょうけど、名前がわかりません。

  • そう、とりあえず撮ってます。

    そう、とりあえず撮ってます。

  • 外に出ると、スイス傭兵が。

    外に出ると、スイス傭兵が。

  • バチカン市国は、代々スイス人衛兵によってローマ法王庁の警備が行われています。<br />特徴のある制服を着ていますが、この制服をデザインしたのはミケランジェロだとか。

    バチカン市国は、代々スイス人衛兵によってローマ法王庁の警備が行われています。
    特徴のある制服を着ていますが、この制服をデザインしたのはミケランジェロだとか。

  • 広場には椅子が沢山並んでいました。

    広場には椅子が沢山並んでいました。

  • 大きなミサがあるのでしょうか。

    大きなミサがあるのでしょうか。

  • さっきまでこの中にいたとは感慨深いですね。

    さっきまでこの中にいたとは感慨深いですね。

  • 広場でしばし自由時間を。サンピエトロ大聖堂をバックに写真を撮りました。「くれぐれも、ふざけた態度で撮らないように」との注意がありました。もちろんしませんよ(笑)

    広場でしばし自由時間を。サンピエトロ大聖堂をバックに写真を撮りました。「くれぐれも、ふざけた態度で撮らないように」との注意がありました。もちろんしませんよ(笑)

  • その後は、ミニバスに乗り換えてローマ市内観光を。これは、サンタンジェロ城を遠目に通過。

    その後は、ミニバスに乗り換えてローマ市内観光を。これは、サンタンジェロ城を遠目に通過。

  • コロッセオに到着。

    コロッセオに到着。

  • 中には入らず、外から写真を撮るだけ。

    中には入らず、外から写真を撮るだけ。

  • しばしの自由時間は、写真を撮るしかないですね。凱旋門の向こうに「フォロロマーノ」があるはずだけど、そこも行かないのか。

    しばしの自由時間は、写真を撮るしかないですね。凱旋門の向こうに「フォロロマーノ」があるはずだけど、そこも行かないのか。

  • 物乞いが多いのが、世界的な観光地の特徴なのかな。

    物乞いが多いのが、世界的な観光地の特徴なのかな。

  • コロッセオ、中に入りたかったなあ。(実はローマに6日間足止めになったので、コロッセオには入ったのです)

    コロッセオ、中に入りたかったなあ。(実はローマに6日間足止めになったので、コロッセオには入ったのです)

  • 凱旋門の近くのフォロロマーノにもね。それは「延長編」でお届けします。

    凱旋門の近くのフォロロマーノにもね。それは「延長編」でお届けします。

  • その後、ミニバスはスペイン坂へ(それは渋谷だろ)、いやスペイン階段へ。

    その後、ミニバスはスペイン坂へ(それは渋谷だろ)、いやスペイン階段へ。

  • 「スペイン広場」の中にある135段ある階段は、1725年に完成したのだそう。階段を下りたところに在パチカンスペイン大使館があるからその名前が付いたのだそうです。ローマの休日でアン王女がジェラートを食べたところで有名です。

    「スペイン広場」の中にある135段ある階段は、1725年に完成したのだそう。階段を下りたところに在パチカンスペイン大使館があるからその名前が付いたのだそうです。ローマの休日でアン王女がジェラートを食べたところで有名です。

  • その後は、定番のトレビの泉へ。スペイン広場もここも、凄い人・ひと・ヒト!ガイドさんが「あの娘はスリだから気をつけて!」を連発するので、緊張の連続でした。

    その後は、定番のトレビの泉へ。スペイン広場もここも、凄い人・ひと・ヒト!ガイドさんが「あの娘はスリだから気をつけて!」を連発するので、緊張の連続でした。

  • お昼は、トレビの泉近くの小さなお店「Fontana Di Venere」でカルボナーラを。

    お昼は、トレビの泉近くの小さなお店「Fontana Di Venere」でカルボナーラを。

  • ガイドさんおススメのジェラートも。ああ、美味しかった。

    ガイドさんおススメのジェラートも。ああ、美味しかった。

  • お昼の後は、自由時間。トレビの泉近くで解散することになりました。さあ、どこに行こうかな。<br />

    お昼の後は、自由時間。トレビの泉近くで解散することになりました。さあ、どこに行こうかな。

  • 戦勝記念碑の脇を通って、、

    戦勝記念碑の脇を通って、、

  • サンタマリアインコスメディン教会の入り口にある、、

    サンタマリアインコスメディン教会の入り口にある、、

  • 「真実の口」へ。<br />その時の話は、下記ブログ「Dogwoodの池上日記」へ良かったらどうぞ。<br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/25/233811<br />

    「真実の口」へ。
    その時の話は、下記ブログ「Dogwoodの池上日記」へ良かったらどうぞ。
    https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/25/233811

  • そこから歩いてホテルへ戻ります。

    そこから歩いてホテルへ戻ります。

  • 「パンテオン」に寄って。

    「パンテオン」に寄って。

  • 夕食はホテル近くのレストランで。

    夕食はホテル近くのレストランで。

  • 焼き魚(シーバス)とパスタを。

    焼き魚(シーバス)とパスタを。

  • 治安さえ良ければ、ローマは本当に雰囲気のある良い街なんですけどね。こんな石畳の狭い道に路面電車が走るなんて、映画を観てる気分になりました。

    治安さえ良ければ、ローマは本当に雰囲気のある良い街なんですけどね。こんな石畳の狭い道に路面電車が走るなんて、映画を観てる気分になりました。

  • 途中のお店でビールと。

    途中のお店でビールと。

  • ワインの小瓶を買ってホテルで乾杯。

    ワインの小瓶を買ってホテルで乾杯。

  • さあ、今日は帰国する日。「最後の晩餐」ならぬ「最後の朝食」を。

    さあ、今日は帰国する日。「最後の晩餐」ならぬ「最後の朝食」を。

  • ホテルから近い「共和国広場」を散歩。

    ホテルから近い「共和国広場」を散歩。

  • 天使の聖母教会へ。

    天使の聖母教会へ。

  • この教会は、ミケランジェロ設計なのだそう。入り口の脇に、シスターの格好をした物乞いが。

    この教会は、ミケランジェロ設計なのだそう。入り口の脇に、シスターの格好をした物乞いが。

  • 無視して中へ入るとそこは、何度となくイタリアで見た素晴らしい教会。目に焼き付けておこう。(外に出てホテルに帰る時、入り口にいたシスターも歩きタバコで帰るところでした)

    無視して中へ入るとそこは、何度となくイタリアで見た素晴らしい教会。目に焼き付けておこう。(外に出てホテルに帰る時、入り口にいたシスターも歩きタバコで帰るところでした)

  • まだ午前中ですが、バスにて空港へ。いろいろあった旅でした。

    まだ午前中ですが、バスにて空港へ。いろいろあった旅でした。

  • 空港が見えてきた~

    空港が見えてきた~

  • 最後のアマトリチャーナを空港で。

    最後のアマトリチャーナを空港で。

  • Venchiで最後のジェラートも

    Venchiで最後のジェラートも

  • 美味しくいただきました。

    美味しくいただきました。

  • そして、いよいよ搭乗。

    そして、いよいよ搭乗。

  • 窓際の席に座って、、

    窓際の席に座って、、

  • さあ、日本へ帰るぞ~。

    さあ、日本へ帰るぞ~。

  • と乗ってから10分。機内アナウンスがあって、日本の台風19号の影響で10時間遅れるとの情報が。全員飛行機から降ろされてしまいました。

    と乗ってから10分。機内アナウンスがあって、日本の台風19号の影響で10時間遅れるとの情報が。全員飛行機から降ろされてしまいました。

  • その後、ゲート付近で無料の食事と飲み物が出ましたが、結局フライトはキャンセルされました。

    その後、ゲート付近で無料の食事と飲み物が出ましたが、結局フライトはキャンセルされました。

  • 途方に暮れていたら、数時間後、ローマ郊外のホテルに泊まることになり、全員で移動することに。

    途方に暮れていたら、数時間後、ローマ郊外のホテルに泊まることになり、全員で移動することに。

  • 結局、10日間のツアー全日程終了後に、ローマ郊外で6日間も足止めになったのでありました。HOTELのHとEしかついてない看板のホテルに到着。<br />

    結局、10日間のツアー全日程終了後に、ローマ郊外で6日間も足止めになったのでありました。HOTELのHとEしかついてない看板のホテルに到着。

  • 本当に4つ星?

    本当に4つ星?

  • 「ローマ延長編」と「フィレンチェでスマホ盗られ事件」は、こちらのブログ「Dogwoodの池上日記」に書いています。よろしかったらこちらもどうぞ。<br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/24/230345<br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/21/214331<br />https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/22/205323<br /><br />長々お付き合い頂き、ありがとうございました。

    「ローマ延長編」と「フィレンチェでスマホ盗られ事件」は、こちらのブログ「Dogwoodの池上日記」に書いています。よろしかったらこちらもどうぞ。
    https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/24/230345
    https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/21/214331
    https://www.ikegamiblog.com/entry/2019/10/22/205323

    長々お付き合い頂き、ありがとうございました。

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • salsaladyさん 2020/03/22 11:44:00
    ヴァチカン市国にコロナは?
    ☆昨年は台風被害でフライトcancelが相次ぎ、今年はコロナcancel?

    ☆ヴァチカンでのコロナ情報は今の処聞きませんが、勿論入場不可でしょうからね。

    ☆あの、シルクドソレイユみたいな門番の制服をミケランジェロが発案した?

    ☆7年前に訪れたときは、滅茶苦茶ガードが厳しくて、一言も話してはならぬ!と黙々と行進して仰々しい絵画と彫刻に呆れつつ通過した経験があります。何故かガイド女史がガードマンに目をつけられて追い出されたことも。。。

    ☆イタリアへは暫く行けないけれど、あちらも日本へ行きたくないよ!と~

    Dogwood

    Dogwoodさん からの返信 2020/03/22 13:30:52
    RE: ヴァチカン市国にコロナは?
    こんにちは、コメントありがとうございました。
    7年前にイタリア行かれたんですね。今大変なことになっているイタリア、、、
    心が痛みますが、終息したらいつかまた行ってみたい国です。
    ヴァチカンの警備はそれほど厳しくは無かったような気がします。
    今後とも宜しくお願い致します。
  • ももであさん 2019/12/11 09:06:26
    スマホちゃん
    Dogwoodさん♪
    元祖中華つけ麺大王 蒲田店を愛するももであです。

    まごうことなく...その男女2人組はグルですね。
    奥さんのバッグに気を取られグルグル巻にされましたね(ΦωΦ)
    保険が使えるとのことで不幸中の幸いでした。

    オラも中国の駅にスマホを忘れたまま電車に乗っちゃいました。
    がグルグル巻から脱出し2時間後スマホちゃん戻ってきました。

    戻って来なくても戻って来ても強烈な思い出になる。
    それが旅なのでしょうね。

Dogwoodさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集