マーストリヒト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年 7/31(水)~8/7(水)「ベネルクス3ヵ国とドイツ・フランスの小さな美しい村を巡る8日間」トラピックス東京 <br />●5日目 8/5(月) 北ルクセンブルク→デュルビュイ散策→リエージュ観光→マーストリヒト観光&泊<br />【マース川を下ってマーストリヒトへ オランダの内陸部】<br /><br />9回目のヨーロッパ旅行です。アルザス地方にと決めていた今回は、以前からチェックしていたこれを選びました。長いタイトルですが、コンセプトをよく表しています。今年も東京発着ツアーです。<br /><br />6日目前半は https://4travel.jp/travelogue/11528741  <br />7日目は https://4travel.jp/travelogue/11529121   <br /><br />①関西空港→成田空港→デュッセルドルフ→フランクフルト泊<br />②→アシャッフェンブルク→ミッヒェルシュタット→ハイデルベルク→シュツットガルト泊<br />③→ホーエンツォレルン城→トリベルク→ストラスブール泊<br />④→コルマール→リクヴィル→ストラスブール泊<br />⑤→トリーア→ルクセンブルク→北ルクセンブルク泊<br />⑥→デュルビュイ→リエージュ→マーストリヒト泊<br />⑦⑧→トールン→ケルン→デュッセルドルフ→成田空港.成田山→関西空港

▲独仏ベネルクス ライン河右回り5ヶ国周遊 6日目後半▲

16いいね!

2019/07/31 - 2019/08/07

36位(同エリア108件中)

はなはなさん

2019年 7/31(水)~8/7(水)「ベネルクス3ヵ国とドイツ・フランスの小さな美しい村を巡る8日間」トラピックス東京 
●5日目 8/5(月) 北ルクセンブルク→デュルビュイ散策→リエージュ観光→マーストリヒト観光&泊
【マース川を下ってマーストリヒトへ オランダの内陸部】

9回目のヨーロッパ旅行です。アルザス地方にと決めていた今回は、以前からチェックしていたこれを選びました。長いタイトルですが、コンセプトをよく表しています。今年も東京発着ツアーです。

6日目前半は https://4travel.jp/travelogue/11528741  
7日目は https://4travel.jp/travelogue/11529121   

①関西空港→成田空港→デュッセルドルフ→フランクフルト泊
②→アシャッフェンブルク→ミッヒェルシュタット→ハイデルベルク→シュツットガルト泊
③→ホーエンツォレルン城→トリベルク→ストラスブール泊
④→コルマール→リクヴィル→ストラスブール泊
⑤→トリーア→ルクセンブルク→北ルクセンブルク泊
⑥→デュルビュイ→リエージュ→マーストリヒト泊
⑦⑧→トールン→ケルン→デュッセルドルフ→成田空港.成田山→関西空港

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 残念ながら、ベルギーオランダの国境表示が撮れませんでした。とにかく、5回目の国境でした。

    残念ながら、ベルギーオランダの国境表示が撮れませんでした。とにかく、5回目の国境でした。

  • 1538、フランス語の「ムーズ」からオランダ語の「マース」に名が変わった同じ川を渡りました。マーストリヒト到着です。

    1538、フランス語の「ムーズ」からオランダ語の「マース」に名が変わった同じ川を渡りました。マーストリヒト到着です。

  • 橋のたもとの駐車場で下車し、日本人ガイドさんと合流し、市内の観光がスタート。

    橋のたもとの駐車場で下車し、日本人ガイドさんと合流し、市内の観光がスタート。

  • まず、マーズ川のほとりに出ました。下流に来た分、川幅も少し大きくなった気がします。

    まず、マーズ川のほとりに出ました。下流に来た分、川幅も少し大きくなった気がします。

  • これは何でしょう?おもしろい形ですね。突き刺さってるラグビーボールに帽子をかぶせたみたいな。

    これは何でしょう?おもしろい形ですね。突き刺さってるラグビーボールに帽子をかぶせたみたいな。

  • 目指す旧市街はこちらの方角。

    目指す旧市街はこちらの方角。

  • 望遠で見てみます。

    望遠で見てみます。

  • オランダは家屋の窓がヨーロッパで一番大きいと聞きます。少ない日光をできるだけ取り入れるためだとか。北欧は寒さのため窓は小さくなっていくようです。

    オランダは家屋の窓がヨーロッパで一番大きいと聞きます。少ない日光をできるだけ取り入れるためだとか。北欧は寒さのため窓は小さくなっていくようです。

  • かつての城壁です。公園になっています。

    かつての城壁です。公園になっています。

  • 城壁の外は川の水を引き込んだ堀になっていたようです。

    城壁の外は川の水を引き込んだ堀になっていたようです。

  • どことなく、オランダに入るとオランダぽい建物のように思えるから不思議です。さっきいたリエージュとは雰囲気が異なります。

    どことなく、オランダに入るとオランダぽい建物のように思えるから不思議です。さっきいたリエージュとは雰囲気が異なります。

  • 城壁の内側へ入ります。

    城壁の内側へ入ります。

  • ある修道院だった建物で、現在は芸術を学ぶ若者たちに使ってもらっている施設・・・というような解説だったと思います。旅の予習復習ができるような手作りプリント(だいたいは絵地図に観光ポイント書き込み)は、今回一切無かったです。そういうこと、若い添乗員さんしかしないのかな。

    ある修道院だった建物で、現在は芸術を学ぶ若者たちに使ってもらっている施設・・・というような解説だったと思います。旅の予習復習ができるような手作りプリント(だいたいは絵地図に観光ポイント書き込み)は、今回一切無かったです。そういうこと、若い添乗員さんしかしないのかな。

  • これは、たぶん何かの学校です。生徒たちの写真が赤い電車の窓に張り付けてありました。

    これは、たぶん何かの学校です。生徒たちの写真が赤い電車の窓に張り付けてありました。

  • 「Helpoort(地獄の門)」です。オランダ語って、同じ文字が続く単語がとても多いですね。

    「Helpoort(地獄の門)」です。オランダ語って、同じ文字が続く単語がとても多いですね。

  • 横位置で画面内で収めるには、ここまで離れなければならなかったです。

    横位置で画面内で収めるには、ここまで離れなければならなかったです。

  • 大砲の砲身が置いてありました。

    大砲の砲身が置いてありました。

  • ミッヒェルシュタットで見かけた黄色いのと同じ車種です。インド製かもしれません、以前日本のTVで見たような記憶が…。

    ミッヒェルシュタットで見かけた黄色いのと同じ車種です。インド製かもしれません、以前日本のTVで見たような記憶が…。

  • 地獄の門の裏側です。門の横の階段を上がっていきます。

    地獄の門の裏側です。門の横の階段を上がっていきます。

  • マーズ川にかかるこの橋は渡りません。

    マーズ川にかかるこの橋は渡りません。

  • 川沿いの堤防?の上を歩いていきます。

    川沿いの堤防?の上を歩いていきます。

  • すぐにまた階段をおりました。こんなものがありましたが、行列はどんどん進みます。どうせまた教会の説明をするんでしょう。

    すぐにまた階段をおりました。こんなものがありましたが、行列はどんどん進みます。どうせまた教会の説明をするんでしょう。

  • これから入場する「聖母教会」が見えてきました。これは後ろ側ですが、後ろ側の方が素敵です。

    これから入場する「聖母教会」が見えてきました。これは後ろ側ですが、後ろ側の方が素敵です。

  • 正面にまわってきました。ものすごい壁のような壁です。iphone のパノラマもちょびっとだけにすると、違和感少なくなります。

    正面にまわってきました。ものすごい壁のような壁です。iphone のパノラマもちょびっとだけにすると、違和感少なくなります。

  • 中に入るようです。

    中に入るようです。

  • 中はこんな感じです。ろうそくがいっぱい。

    中はこんな感じです。ろうそくがいっぱい。

  • 反対側はこんな感じです。青色がキレイ。

    反対側はこんな感じです。青色がキレイ。

  • パイプオルガンも立派なのがちゃんとあります。

    パイプオルガンも立派なのがちゃんとあります。

  • パイプオルガンの練習をしている人がいました。まだ若い人でした。

    パイプオルガンの練習をしている人がいました。まだ若い人でした。

  • こんなミニチュアもありました。

    こんなミニチュアもありました。

  • なんかへんてこな彫刻

    なんかへんてこな彫刻

  • ローマ時代の浴場の痕跡ということですが、こんなもの見たい人いるんでしょうか。

    ローマ時代の浴場の痕跡ということですが、こんなもの見たい人いるんでしょうか。

  • 市街地を移動します。日がずいぶん低くなっています。日影がうれしいです。

    市街地を移動します。日がずいぶん低くなっています。日影がうれしいです。

  • この町一番の通りです。

    この町一番の通りです。

  • ちょっと怖いですね。

    ちょっと怖いですね。

  • また見かけました。小さな3輪のバン。

    また見かけました。小さな3輪のバン。

  • 1548、「フライトホフ広場」到着。向かって左が「聖ヤンス教会」右が「聖セルファース教会」です。左の赤い塔が有名です。

    1548、「フライトホフ広場」到着。向かって左が「聖ヤンス教会」右が「聖セルファース教会」です。左の赤い塔が有名です。

  • おもしろいものがありました。

    おもしろいものがありました。

  • 二つの教会の間を進みます。

    二つの教会の間を進みます。

  • 同じ所からiphone のパノラマを縦にして撮ったのがコレ。

    同じ所からiphone のパノラマを縦にして撮ったのがコレ。

  • 別に横位置でもいい具合です。夕食のレストランの場所まで移動開始です。

    別に横位置でもいい具合です。夕食のレストランの場所まで移動開始です。

  • ブロンドで長身の女性が通っていきました。バックのお屋敷とセットでオランダらしい。。

    ブロンドで長身の女性が通っていきました。バックのお屋敷とセットでオランダらしい。。

  • 樹木で目隠しされているみたいです。教会の正面の「ライトホフ広場」に戻ってきました。

    樹木で目隠しされているみたいです。教会の正面の「ライトホフ広場」に戻ってきました。

  • ハイネケンの看板のレストランが。

    ハイネケンの看板のレストランが。

  • 夕食で街がにぎわい始めているようでした。

    夕食で街がにぎわい始めているようでした。

  • この先があの世界で一番美しい本屋の外観です。正式には「Boekhandel Dominicanen(ブックハンデル ドミニカネン)」というみたいです。後で絶対来ようと思いました。

    この先があの世界で一番美しい本屋の外観です。正式には「Boekhandel Dominicanen(ブックハンデル ドミニカネン)」というみたいです。後で絶対来ようと思いました。

  • 1710、この美しい市庁舎がある「マルクト広場」に到着。夕食のレストランはこの広場に面した所でした。

    イチオシ

    1710、この美しい市庁舎がある「マルクト広場」に到着。夕食のレストランはこの広場に面した所でした。

  • 夕食時刻まで自由時間になりました。さっき通ってきた「世界一美しい本屋さん」に直行。このには無料WCもあります。元は教会だった建築ですね。

    夕食時刻まで自由時間になりました。さっき通ってきた「世界一美しい本屋さん」に直行。このには無料WCもあります。元は教会だった建築ですね。

  • 見ての通り、教会そのまんまです。

    見ての通り、教会そのまんまです。

  • 記念に何かと思い、フェルメールの絵画のカレンダーなどを買いました。

    記念に何かと思い、フェルメールの絵画のカレンダーなどを買いました。

  • そこからにぎやかな通りに出てぶらぶら。正面の背の高い建物の1Fは、インフォメーションになっていました。この街は土産物店が少なかったように思います。ほとんどの商店は18時で閉店します。こんなに日が長い夏場でも。急がなくては。

    そこからにぎやかな通りに出てぶらぶら。正面の背の高い建物の1Fは、インフォメーションになっていました。この街は土産物店が少なかったように思います。ほとんどの商店は18時で閉店します。こんなに日が長い夏場でも。急がなくては。

  • マルクト広場にも品ぞろえ良さそうなお店があったのですが、間に合いませんでした。

    マルクト広場にも品ぞろえ良さそうなお店があったのですが、間に合いませんでした。

  • マルクト広場に出ていたチーズの出店です。

    マルクト広場に出ていたチーズの出店です。

  • 端正なデザインで素晴らしいと思います。

    端正なデザインで素晴らしいと思います。

  • 1800から夕食でした。前菜です。質素倹約な食文化オランダの中でも、マーストリヒトはフランス食文化圏のベルギーに近いので、食事は美味しいらしいですが、まったくその通りでした。

    1800から夕食でした。前菜です。質素倹約な食文化オランダの中でも、マーストリヒトはフランス食文化圏のベルギーに近いので、食事は美味しいらしいですが、まったくその通りでした。

  • メインは撮り忘れました。デザートもちょっとおしゃれなものが出てきました。

    メインは撮り忘れました。デザートもちょっとおしゃれなものが出てきました。

  • 1915、レストランを出ました。さてこれからどうなるのかなと思っていたら、バスを下りた駐車場まで、歩いて行きましょう。ということでした。

    1915、レストランを出ました。さてこれからどうなるのかなと思っていたら、バスを下りた駐車場まで、歩いて行きましょう。ということでした。

  • 日はずいぶん傾いていて涼しかったです。マース川の川岸をまっすぐ行ったら着きます、とのこと。マルクト広場からすぐの所にカジノがありました。

    日はずいぶん傾いていて涼しかったです。マース川の川岸をまっすぐ行ったら着きます、とのこと。マルクト広場からすぐの所にカジノがありました。

  • マース川に出てきました。川風が気持ち良かったです。

    マース川に出てきました。川風が気持ち良かったです。

  • 川を見て右に進みます。この旅行最後の晩です。明日はもう帰国です。

    イチオシ

    川を見て右に進みます。この旅行最後の晩です。明日はもう帰国です。

  • 「聖セルファース橋」に来ました。渡った先に中央駅があるのですが、ちょっと無理かな、あきらめます。またいつの日か、リエージュの駅とセットで鉄道で行きます。

    「聖セルファース橋」に来ました。渡った先に中央駅があるのですが、ちょっと無理かな、あきらめます。またいつの日か、リエージュの駅とセットで鉄道で行きます。

  • 対岸の家並みも美しいです。

    対岸の家並みも美しいです。

  • オランダの鳩です。

    オランダの鳩です。

  • さようならマーストリヒト。

    イチオシ

    さようならマーストリヒト。

  • やはりもの町も時間不足でした。せめてホテルがこの近くなら…。

    やはりもの町も時間不足でした。せめてホテルがこの近くなら…。

  • 対岸にあるこれは、「クラウンプラザ マーストリヒト」です。利用ホテルのリストにあったので、このホテルならいいのにな~とずっと思っていました。

    対岸にあるこれは、「クラウンプラザ マーストリヒト」です。利用ホテルのリストにあったので、このホテルならいいのにな~とずっと思っていました。

  • これは「ホーゲ橋」といって、歩行者と自転車だけの橋です。

    これは「ホーゲ橋」といって、歩行者と自転車だけの橋です。

  • 対岸にモダンな建物が。

    対岸にモダンな建物が。

  • 1950、ホテルに向けて発車しました。約10分で着く所です。片道20分くらい歩けば中央駅に行けるのですが、知らない土地で日が暮れてから出歩くのは良くないです。

    1950、ホテルに向けて発車しました。約10分で着く所です。片道20分くらい歩けば中央駅に行けるのですが、知らない土地で日が暮れてから出歩くのは良くないです。

  • 2020、部屋に到着。

    2020、部屋に到着。

  • こんな感じです。珍しくTVの左右がクローゼットになっていました。

    こんな感じです。珍しくTVの左右がクローゼットになっていました。

  • バストイレは普通かな。

    バストイレは普通かな。

  • 部屋の窓から。日が落ちてしばらくするとら雨になりました。この旅初めての雨です。中央駅なんて行かなくてよかった、夜に雨で道に迷ったらえらいことです。

    部屋の窓から。日が落ちてしばらくするとら雨になりました。この旅初めての雨です。中央駅なんて行かなくてよかった、夜に雨で道に迷ったらえらいことです。

  • オランダのチャンネルでやっていたドラマのワンシーンです。<br />いよいよ明日は帰国。その前にトールンとケルンを楽しみます。<br /><br />7日目は https://4travel.jp/travelogue/11529121  

    オランダのチャンネルでやっていたドラマのワンシーンです。
    いよいよ明日は帰国。その前にトールンとケルンを楽しみます。

    7日目は https://4travel.jp/travelogue/11529121  

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集