ドバイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回はドバイの古い町並みの残る地域に行きました。<br />街並みが残るというか、再現したという表現が正しいかもしれませんが…。<br />博物館をメインに回ったので食費を除いて、ドバイとは思えない程非常に安価に済みました。

2019.03ドバイ旅行<ドバイ・クリークと博物館巡り編>

5いいね!

2019/03/01 - 2019/03/01

2020位(同エリア3125件中)

旅行記グループ 2019.03ドバイ旅行

0

40

milalan

milalanさん

この旅行記のスケジュール

2019/03/01

この旅行記スケジュールを元に

今回はドバイの古い町並みの残る地域に行きました。
街並みが残るというか、再現したという表現が正しいかもしれませんが…。
博物館をメインに回ったので食費を除いて、ドバイとは思えない程非常に安価に済みました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルの最寄り駅Al-Rigga駅からメトロでAlーGhubaiba駅に向かいます。<br />メトロは端っこが女性・子供専用車両になっています。<br />比較的空いていて、やはり一人旅で気になる安全性が確保されるので乗りました。<br /><br />ほんとはAl-Ras駅で降りてアル・アハマディヤ・スクールという伝統的な学校の博物館(入場料無料)に行く予定だったのですが、周りは工事中の様子、ドアは閉まっていて、ドアをノックしたら、出てきたアラブ人のお兄さんに「残念だけど開いてないよ」と言われたので断念。定休日などは無さそうなので改装中だったのかも。<br />アル・アハマディヤ・スクールの紹介リンク:<br />https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/middle_east/united_arab_emirates/DXB/113164/index.html

    ホテルの最寄り駅Al-Rigga駅からメトロでAlーGhubaiba駅に向かいます。
    メトロは端っこが女性・子供専用車両になっています。
    比較的空いていて、やはり一人旅で気になる安全性が確保されるので乗りました。

    ほんとはAl-Ras駅で降りてアル・アハマディヤ・スクールという伝統的な学校の博物館(入場料無料)に行く予定だったのですが、周りは工事中の様子、ドアは閉まっていて、ドアをノックしたら、出てきたアラブ人のお兄さんに「残念だけど開いてないよ」と言われたので断念。定休日などは無さそうなので改装中だったのかも。
    アル・アハマディヤ・スクールの紹介リンク:
    https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/middle_east/united_arab_emirates/DXB/113164/index.html

  • AlーGhubaiba駅に着きました。<br />今回はクリーク側に向かいましたが、駅舎の反対側の方には長距離バスなどのバスターミナルがあります。

    AlーGhubaiba駅に着きました。
    今回はクリーク側に向かいましたが、駅舎の反対側の方には長距離バスなどのバスターミナルがあります。

    Al Ghubaiba Metro Station

  • ドバイは経済的に発展していて大量の高層ビルが立ち並んでいるイメージがありますが、まだまだ空き地や工事中のところも多いですね。<br />空き地にあるのが砂漠の砂というのもドバイらしい。

    ドバイは経済的に発展していて大量の高層ビルが立ち並んでいるイメージがありますが、まだまだ空き地や工事中のところも多いですね。
    空き地にあるのが砂漠の砂というのもドバイらしい。

  • 今回はクリーク側に行きたいので出口を出て真っ直ぐ進みます。<br />特に地図などはなく、何があるかは分かりませんが、感覚で進みます。

    今回はクリーク側に行きたいので出口を出て真っ直ぐ進みます。
    特に地図などはなく、何があるかは分かりませんが、感覚で進みます。

  • ドバイ・クリークが見えてきました。<br />運河というとそんなに綺麗なイメージは無かったのですが、想像以上に綺麗でした。<br />空の青とクリークの青、煌びやかで美しいのが遠目からでも分かります。

    ドバイ・クリークが見えてきました。
    運河というとそんなに綺麗なイメージは無かったのですが、想像以上に綺麗でした。
    空の青とクリークの青、煌びやかで美しいのが遠目からでも分かります。

  • 水も透き通っていて綺麗ですね。<br />見えにくいですが、灰色の5センチくらいの魚もいました。<br />クリークは拡張されたり埋め立てられていて人工的なものなのですが、これだけ透き通っていて生き物もいるということはよく整備されているのでしょうね…。

    水も透き通っていて綺麗ですね。
    見えにくいですが、灰色の5センチくらいの魚もいました。
    クリークは拡張されたり埋め立てられていて人工的なものなのですが、これだけ透き通っていて生き物もいるということはよく整備されているのでしょうね…。

  • この辺のクリーク沿いには博物館があるのですが、かなり新しくできたみたいでGoogleマップにも載っていません。

    この辺のクリーク沿いには博物館があるのですが、かなり新しくできたみたいでGoogleマップにも載っていません。

  • 船はごく稀に見ました。<br />人通りは皆無でした。なので絶景を独り占めです。<br />ただ、クリークに足を浸ける勇気はありませんでした…。<br />それが出来そうな場所が無く、ちょっと出来そうだなとも思ったところも滑り落ちそう…と思ったので。

    船はごく稀に見ました。
    人通りは皆無でした。なので絶景を独り占めです。
    ただ、クリークに足を浸ける勇気はありませんでした…。
    それが出来そうな場所が無く、ちょっと出来そうだなとも思ったところも滑り落ちそう…と思ったので。

  • 空も綺麗です。<br />2種類の雲があるけれども、上は日本で言うと秋とかに見られる類で、下はなんだろう…よく見るthe雲って感じですね

    空も綺麗です。
    2種類の雲があるけれども、上は日本で言うと秋とかに見られる類で、下はなんだろう…よく見るthe雲って感じですね

  • 猫もいます(=・ω・=)にゃ~<br />人慣れしているのか、こっちに近づいて来ました。

    猫もいます(=・ω・=)にゃ~
    人慣れしているのか、こっちに近づいて来ました。

  • 通りがかりにPerfume博物館があったので入ります。<br />入場料は特に書いてありませんでしたが、受付の女性に5DHと言われました。<br /><br />Wi-Fi有り、写真OKでした。

    通りがかりにPerfume博物館があったので入ります。
    入場料は特に書いてありませんでしたが、受付の女性に5DHと言われました。

    Wi-Fi有り、写真OKでした。

  • アラブの香料についての展示がありました。<br />香水だけではなく、粉末などもあるので香料と表記します。<br /><br />どのように人々が身に着けたかなどが展示パネルで分かります。<br />写真は下にある適当なパネルを持ち上げるとそのパネルに関する映像がスクリーンに音とともに流れる仕組みになっていました。<br />人が全くいないので全部見て回りました。

    アラブの香料についての展示がありました。
    香水だけではなく、粉末などもあるので香料と表記します。

    どのように人々が身に着けたかなどが展示パネルで分かります。
    写真は下にある適当なパネルを持ち上げるとそのパネルに関する映像がスクリーンに音とともに流れる仕組みになっていました。
    人が全くいないので全部見て回りました。

  • ボタンを押すと円錐状のマイクのような部分からその匂いが出てきます。<br />麝香であったり、薔薇であったり、様々な匂いのものが置いてありました。<br /><br />この展示の前の部分で代表的な各香料の原料であったり、使える形に加工したものであったり、匂いを再現した化学的な結晶が置いてあったり、原産地やもたらされ方の映像などがありました。<br />匂い自体は知っていても原材料や原産地などは知らなかったので非常に勉強になりました。

    ボタンを押すと円錐状のマイクのような部分からその匂いが出てきます。
    麝香であったり、薔薇であったり、様々な匂いのものが置いてありました。

    この展示の前の部分で代表的な各香料の原料であったり、使える形に加工したものであったり、匂いを再現した化学的な結晶が置いてあったり、原産地やもたらされ方の映像などがありました。
    匂い自体は知っていても原材料や原産地などは知らなかったので非常に勉強になりました。

  • 本来は複数人でテーブルを囲むようにして見るものですが、人がいないので貸し切り状態で見ました。<br />香料は1種類だけでなく、複数を組み合わせて家庭の香りやお気に入りの香りを調合する際の手順の映像が見えます。<br />上から撮られていて、上から見るので臨場感があります。

    本来は複数人でテーブルを囲むようにして見るものですが、人がいないので貸し切り状態で見ました。
    香料は1種類だけでなく、複数を組み合わせて家庭の香りやお気に入りの香りを調合する際の手順の映像が見えます。
    上から撮られていて、上から見るので臨場感があります。

  • ミュージアムショップもあります。<br />本と香水がメインかな。<br />タイミングが合えばお気に入りの香料を調合してくれるみたいです。

    ミュージアムショップもあります。
    本と香水がメインかな。
    タイミングが合えばお気に入りの香料を調合してくれるみたいです。

  • 続いて香料博物館の隣にある博物館に、ドアのところにいたお兄さんに「入りなよ入りなよ、無料だよ」と言われて入りました。<br />Googleマップに香料博物館が無いので何という場所か謎です。<br />Googleマップにに無いし、よく分からないです。<br />こじんまりとした施設で5部屋くらいしかなかったかな。<br />2階もありましたが、上がれないとのことでした。<br />

    続いて香料博物館の隣にある博物館に、ドアのところにいたお兄さんに「入りなよ入りなよ、無料だよ」と言われて入りました。
    Googleマップに香料博物館が無いので何という場所か謎です。
    Googleマップにに無いし、よく分からないです。
    こじんまりとした施設で5部屋くらいしかなかったかな。
    2階もありましたが、上がれないとのことでした。

  • ただ、内容はドバイの発展の歴史に関するものの展示でした。<br />証書の類とか、コインなども展示されていました。

    ただ、内容はドバイの発展の歴史に関するものの展示でした。
    証書の類とか、コインなども展示されていました。

  • 地図に日本がちょびっとあって嬉しくなりました。

    地図に日本がちょびっとあって嬉しくなりました。

  • 博物館を出て散策します<br />モスクがあるのですが、奥まったところに女性用の礼拝室があります。<br />ちょっと分かりにくい位置にありますが…。

    博物館を出て散策します
    モスクがあるのですが、奥まったところに女性用の礼拝室があります。
    ちょっと分かりにくい位置にありますが…。

  • Saruq Al Hadid Archaeology Museumを見つけました。<br />入場料が20DHと高く、正直開いているかどうかも分からず、入るのは断念しました…。

    Saruq Al Hadid Archaeology Museumを見つけました。
    入場料が20DHと高く、正直開いているかどうかも分からず、入るのは断念しました…。

  • 入場料と開館についてです

    入場料と開館についてです

  • House of Sheikh Saeed Al Maktoumという博物館です<br />扉が解放されていて、入場無料でした。<br />係りのお兄さんが一人スマホいじりながら座っていて、「自由に見ていきな」といってくれました。写真も撮ってくれました。

    House of Sheikh Saeed Al Maktoumという博物館です
    扉が解放されていて、入場無料でした。
    係りのお兄さんが一人スマホいじりながら座っていて、「自由に見ていきな」といってくれました。写真も撮ってくれました。

  • 中身は家財とかでした。<br />座りたい衝動に駆られました。(抑えた)

    中身は家財とかでした。
    座りたい衝動に駆られました。(抑えた)

  • 二階部分もあるのですが、行けませんでした。<br />行けたら見晴らしが良さそう。

    二階部分もあるのですが、行けませんでした。
    行けたら見晴らしが良さそう。

  • 全体像です。回廊沿いに部屋があって展示がありました。<br />こういう伝統的な建物に泊ってみたいですね…。

    全体像です。回廊沿いに部屋があって展示がありました。
    こういう伝統的な建物に泊ってみたいですね…。

  • これは何の建物だろう…?<br />説明書きを読めばよかったですね…。

    これは何の建物だろう…?
    説明書きを読めばよかったですね…。

  • 方角的にドバイ国際空港があるので飛行機が見えます

    方角的にドバイ国際空港があるので飛行機が見えます

  • 暑いし、博物館で立ちっぱだったので休憩します。<br />TheCafeというカフェでした。<br />

    暑いし、博物館で立ちっぱだったので休憩します。
    TheCafeというカフェでした。

  • アイスモカにしました。<br />ヘーゼルナッツシロップも追加しました。<br />

    アイスモカにしました。
    ヘーゼルナッツシロップも追加しました。

  • メニューはこちら

    メニューはこちら

  • クリークを臨みながらドリンクを飲みます。<br />ベンチがあるので日射しを気にしなければ快適です。

    クリークを臨みながらドリンクを飲みます。
    ベンチがあるので日射しを気にしなければ快適です。

  • カフェの外観です<br />クリーク博物館に併設されています。

    カフェの外観です
    クリーク博物館に併設されています。

  • クリーク博物館に行きます。<br />こちらも新しくできた博物館みたいで、Googleマップに載っていません。<br />先ほどの香料博物館のチケットを見せると入れます。<br />中が真っ黒ですが、近づくと自動ドアが開きました。

    クリーク博物館に行きます。
    こちらも新しくできた博物館みたいで、Googleマップに載っていません。
    先ほどの香料博物館のチケットを見せると入れます。
    中が真っ黒ですが、近づくと自動ドアが開きました。

  • ドバイは元来クリークから発展していったので、クリークの歴史を知ることはドバイの歴史を知ることになります。<br />現在の発展したドバイの姿を見て興奮するのもいいですが、原点を見つめ直してドバイの本質を知ることも大事ですね。<br /><br />ちなみにこれが何を示しているかは結局よく分かりませんでした。<br />ボタンを押すと光るのですが、恐らく模式的にクリークを表したもの…かな。

    ドバイは元来クリークから発展していったので、クリークの歴史を知ることはドバイの歴史を知ることになります。
    現在の発展したドバイの姿を見て興奮するのもいいですが、原点を見つめ直してドバイの本質を知ることも大事ですね。

    ちなみにこれが何を示しているかは結局よく分かりませんでした。
    ボタンを押すと光るのですが、恐らく模式的にクリークを表したもの…かな。

  • 元来クリークでは天然真珠の採取が主な産業で、その他に漁業などを行っていたのですが、その漁業のゲームなどが出来ました。<br />魚をタッチすると捕れるという仕組みでした。

    元来クリークでは天然真珠の採取が主な産業で、その他に漁業などを行っていたのですが、その漁業のゲームなどが出来ました。
    魚をタッチすると捕れるという仕組みでした。

  • ドバイのクリークの発展の様子についていくつかの視点から映像を見ていく施設です。<br />ブラウン管のようなスクリーンに枠がついています。<br />枠は金属製で握ると自動で映像が流れ始める仕組みなのですが、すごいすごいと歓喜していました。<br />当時の工事の様子など、貴重な映像が分かります。

    ドバイのクリークの発展の様子についていくつかの視点から映像を見ていく施設です。
    ブラウン管のようなスクリーンに枠がついています。
    枠は金属製で握ると自動で映像が流れ始める仕組みなのですが、すごいすごいと歓喜していました。
    当時の工事の様子など、貴重な映像が分かります。

  • 工事で使われた道具や採取されていたものなどが展示されています。

    工事で使われた道具や採取されていたものなどが展示されています。

  • シアターなどもありました。<br />360度(270度かも)に映し出されているので船に乗っているような演出で、面白いです。<br />歴史を流れで分かります。

    シアターなどもありました。
    360度(270度かも)に映し出されているので船に乗っているような演出で、面白いです。
    歴史を流れで分かります。

  • 左右には窓があり、窓が開いて船を横から見て仕事を窺うような仕組みになっていて、面白かったです。<br />日本のミキモトの真珠養殖の影響でドバイの真珠産業が打撃を受けたという内容も触れられていました。

    左右には窓があり、窓が開いて船を横から見て仕事を窺うような仕組みになっていて、面白かったです。
    日本のミキモトの真珠養殖の影響でドバイの真珠産業が打撃を受けたという内容も触れられていました。

  • それではメトロに乗ってファヒディ地区に向かいます。

    それではメトロに乗ってファヒディ地区に向かいます。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アラブ首長国連邦で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アラブ首長国連邦最安 760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アラブ首長国連邦の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集