バクー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
カタール航空で着いた、バクー。<br />あまりなじみがないかもしれませんが、アゼルバイジャンの首都です。<br />親日国家と言われるアゼルバイジャンは、日本人のビザ無料が嬉しいところ。<br />ビザ取得自体はしなければならないので、到着後、すぐ、空港で取得しました。<br /><br />ほぼ徹夜明けということで、少々疲れていましたが、夜までの限られた時間内でバクーを楽しもう!ということで、今回の旅で一番疲れた一日のお話です。

ジョージア、一人旅~ワンピースパッカーが行く②スタイリッシュ、バクー(アゼルバイジャン)

38いいね!

2019/06/07 - 2019/06/17

29位(同エリア204件中)

ラムロールちゃん

ラムロールちゃんさん

カタール航空で着いた、バクー。
あまりなじみがないかもしれませんが、アゼルバイジャンの首都です。
親日国家と言われるアゼルバイジャンは、日本人のビザ無料が嬉しいところ。
ビザ取得自体はしなければならないので、到着後、すぐ、空港で取得しました。

ほぼ徹夜明けということで、少々疲れていましたが、夜までの限られた時間内でバクーを楽しもう!ということで、今回の旅で一番疲れた一日のお話です。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
航空会社
カタール航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • まもなく、無事、ほぼ定刻にアゼルバイジャンへ。

    まもなく、無事、ほぼ定刻にアゼルバイジャンへ。

  • アゼルバイジャンの首都バクーは、ヘイダルアリエフ国際空港に到着。<br /><br />空港の建物に入ったら、早速、取得のための機械が何台か置かれているので、そこでビザを取得した。<br />わからなくて止まっていたりすると、職員さんが教えてくれるので、楽勝。

    アゼルバイジャンの首都バクーは、ヘイダルアリエフ国際空港に到着。

    空港の建物に入ったら、早速、取得のための機械が何台か置かれているので、そこでビザを取得した。
    わからなくて止まっていたりすると、職員さんが教えてくれるので、楽勝。

    ヘイダル アリエフ国際空港 (GYD) 空港

    アライバルビザは、無料で簡単 by ラムロールちゃんさん
  • そして、空港の出口(を、出て少し歩いてから振り返って撮った)。<br /><br />あ、バクーカード(Baki KART) の自販機がある!

    そして、空港の出口(を、出て少し歩いてから振り返って撮った)。

    あ、バクーカード(Baki KART) の自販機がある!

  • これ。<br />バクーで公共の乗り物を使うには、これが便利。<br />チャージして使えるものと、使い切りのものがある。<br />ただ、これを買う際には、小銭がないと、おつりが出てこないので要注意。<br /><br />市街へのバス、エアポートエクスプレスの乗車にも使える。<br />そのバスは、空港前、横断歩道を渡ったところにいた。<br />30分ほどで、28MAY駅近くに着く。

    これ。
    バクーで公共の乗り物を使うには、これが便利。
    チャージして使えるものと、使い切りのものがある。
    ただ、これを買う際には、小銭がないと、おつりが出てこないので要注意。

    市街へのバス、エアポートエクスプレスの乗車にも使える。
    そのバスは、空港前、横断歩道を渡ったところにいた。
    30分ほどで、28MAY駅近くに着く。

  • 28MAY駅から地下鉄。<br />さっきのバクーカードをピッといわせて、入る。<br />旧ソ連圏らしい、長い長いエスカレーター。<br />モスクワと同じだ。<br /><br />…なんていきなり書くと、スムーズにここまで来たようだが、それは違う。<br />実は、荷物を置いていくためのホテルが見つからなくて、炎天下、右往左往だったのだ。<br />ホテル予約サイトには電話番号が載っていなくて、しかも自分のサイトを持たない、もっと言えば建物も持たない、間借りの小さなホテル、探しても、電話番号が見つからなかった。<br />ま、住所がわかってるんだからいいや♪と高をくくっていた。<br /><br />が、タクシーに乗ったら、全く違った場所で降ろされ、その後、警察官他いろいろな人に住所を見せても、バラバラの場所を言われ、どうしてもたどり着けず、大きなスーツケースを転がしてウロウロ。<br />このままではらちが明かない!と、予約サイトに電話して尋ね、ホテルの電話番号をゲット、タクシー運転手に電話してもらって、ようやくたどり着けた。<br />あー、時間と体力のムダした…。<br />(この間、暑い中、必死だったので、写真なし…)<br /><br />教訓。<br />行きたい施設の電話番号は、必ずゲットしておこう。<br />アドレスがあっても、わからないことはある…。

    28MAY駅から地下鉄。
    さっきのバクーカードをピッといわせて、入る。
    旧ソ連圏らしい、長い長いエスカレーター。
    モスクワと同じだ。

    …なんていきなり書くと、スムーズにここまで来たようだが、それは違う。
    実は、荷物を置いていくためのホテルが見つからなくて、炎天下、右往左往だったのだ。
    ホテル予約サイトには電話番号が載っていなくて、しかも自分のサイトを持たない、もっと言えば建物も持たない、間借りの小さなホテル、探しても、電話番号が見つからなかった。
    ま、住所がわかってるんだからいいや♪と高をくくっていた。

    が、タクシーに乗ったら、全く違った場所で降ろされ、その後、警察官他いろいろな人に住所を見せても、バラバラの場所を言われ、どうしてもたどり着けず、大きなスーツケースを転がしてウロウロ。
    このままではらちが明かない!と、予約サイトに電話して尋ね、ホテルの電話番号をゲット、タクシー運転手に電話してもらって、ようやくたどり着けた。
    あー、時間と体力のムダした…。
    (この間、暑い中、必死だったので、写真なし…)

    教訓。
    行きたい施設の電話番号は、必ずゲットしておこう。
    アドレスがあっても、わからないことはある…。

  • ということで、とりあえず、ホテルにスーツケースを置いて、観光に出てきたわけだ。<br />Icharishahar駅。

    ということで、とりあえず、ホテルにスーツケースを置いて、観光に出てきたわけだ。
    Icharishahar駅。

  • 駅前で購入した、このドリンクに、癒された!<br />ほぼ一気飲み。<br />もう一度買って夜行列車に持ち込んだが、それは、さほど美味しく思えなかった。<br />常温になってしまっていたからだろう。

    駅前で購入した、このドリンクに、癒された!
    ほぼ一気飲み。
    もう一度買って夜行列車に持ち込んだが、それは、さほど美味しく思えなかった。
    常温になってしまっていたからだろう。

  • 旧ソ連らしい感じ。

    旧ソ連らしい感じ。

  • うろうろ迷ったせいもあり、バクーでは時間がないので、観光は、一ヶ所に絞った。<br />選んだのは、シルヴァンシャー宮殿。

    うろうろ迷ったせいもあり、バクーでは時間がないので、観光は、一ヶ所に絞った。
    選んだのは、シルヴァンシャー宮殿。

    城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔 史跡・遺跡

    コンパクトにまとまった観光地 by ラムロールちゃんさん
  • 中には、映像も取り入れた展示が。

    中には、映像も取り入れた展示が。

  • 旧市街から、スタイリッシュなフレイムタワーを望む。<br />そう、あのフレイムタワーが、一番観たかった。<br />とはいえ、近づいてしまうとあまり雰囲気がわからないか、ということで、あえて、旧市街から。

    旧市街から、スタイリッシュなフレイムタワーを望む。
    そう、あのフレイムタワーが、一番観たかった。
    とはいえ、近づいてしまうとあまり雰囲気がわからないか、ということで、あえて、旧市街から。

  • あー、夜の姿も見てみたかった!!!<br /><br />じゃあ、1泊すれば良かったのにって?<br />…そうなんだけど、予定がタイトで…

    あー、夜の姿も見てみたかった!!!

    じゃあ、1泊すれば良かったのにって?
    …そうなんだけど、予定がタイトで…

    フレーム タワーズ 建造物

    スタイリッシュな、バクーのシンボル by ラムロールちゃんさん
  • んっ?<br />拷問道具、って書いてるよね?

    んっ?
    拷問道具、って書いてるよね?

  • 拷問道具の特別展。<br />この他、有名な鉄の処女もあったが、この旅行記を真夜中に見る方もいらっしゃるだろうから、自粛。<br />え?これ載せたら自粛になってない?<br />(←本人はこの手のものが全く怖くない…というかむしろ好きなので、時々、ノーマルな方を恐怖に陥れる・笑)

    拷問道具の特別展。
    この他、有名な鉄の処女もあったが、この旅行記を真夜中に見る方もいらっしゃるだろうから、自粛。
    え?これ載せたら自粛になってない?
    (←本人はこの手のものが全く怖くない…というかむしろ好きなので、時々、ノーマルな方を恐怖に陥れる・笑)

  • アゼルバイジャンの衣装をまとって、記念写真を。<br />何枚か撮影して気に入ったのを選ぶのだが、どんどん勧められたのもあるが、実際、2枚ほしくなって、これと、もう1枚購入した。<br />係りのお姉さんが、さっさと決めて!という感じで、あまり迷ってはいられなかった。<br />携帯触ってたところに声をかけて、やらせてもらったからかな…(笑)<br /><br />2枚で…<br />うーん…、いくらだったか思い出せない…ゴメンナサイ。<br />レシートが無かったものは、メモしていないと忘れてしまう。<br />びっくりするほど高額ではなかったが、決して安くはなかったという記憶。

    イチオシ

    アゼルバイジャンの衣装をまとって、記念写真を。
    何枚か撮影して気に入ったのを選ぶのだが、どんどん勧められたのもあるが、実際、2枚ほしくなって、これと、もう1枚購入した。
    係りのお姉さんが、さっさと決めて!という感じで、あまり迷ってはいられなかった。
    携帯触ってたところに声をかけて、やらせてもらったからかな…(笑)

    2枚で…
    うーん…、いくらだったか思い出せない…ゴメンナサイ。
    レシートが無かったものは、メモしていないと忘れてしまう。
    びっくりするほど高額ではなかったが、決して安くはなかったという記憶。

  • その後、目を付けていたお菓子屋さんで、夜行列車に持ち込むお菓子を買った。<br />去年乗ったロシアの夜行列車(赤い矢号)と違って、食事付きじゃないし。

    その後、目を付けていたお菓子屋さんで、夜行列車に持ち込むお菓子を買った。
    去年乗ったロシアの夜行列車(赤い矢号)と違って、食事付きじゃないし。

  • お土産屋さんでグラスを買う。<br />さあ、さっさと戻らないと、シャワー浴びてる時間がなくなるぞ。

    お土産屋さんでグラスを買う。
    さあ、さっさと戻らないと、シャワー浴びてる時間がなくなるぞ。

  • ということで、急いで地下鉄で、もとの場所、28MAY駅へ戻って来た。

    ということで、急いで地下鉄で、もとの場所、28MAY駅へ戻って来た。

  • 時間がないので、28モールというショッピングモールのフードコートで、ささっと。<br />それでも、できるだけアゼルバイジャンらしいものはないか…?

    時間がないので、28モールというショッピングモールのフードコートで、ささっと。
    それでも、できるだけアゼルバイジャンらしいものはないか…?

    28モール ショッピングセンター

    フードコートを利用しました by ラムロールちゃんさん
  • 結果、これをチョイスした。<br />アゼルバイジャンというより、トルコっぽい?<br />本当は、もっとちゃんとしたレストランで、食べたい名物料理もあったのだが、寝てないのと、かなり暑かったのとで、ちょっと疲れすぎていて、そういう気になれなくて。<br />そこは、心残りだ。<br /><br />今思えば、この時点でもう、キュウリとトマトが始まっていた(笑)<br />この後、キュウリとトマトばっかり食べることになるとは知らず…。

    結果、これをチョイスした。
    アゼルバイジャンというより、トルコっぽい?
    本当は、もっとちゃんとしたレストランで、食べたい名物料理もあったのだが、寝てないのと、かなり暑かったのとで、ちょっと疲れすぎていて、そういう気になれなくて。
    そこは、心残りだ。

    今思えば、この時点でもう、キュウリとトマトが始まっていた(笑)
    この後、キュウリとトマトばっかり食べることになるとは知らず…。

  • 昨夜は機内泊で入浴していないので、荷物を置くのと、シャワーを浴びるためだけに取ったホテル。<br />そこで、シャワーを浴びる前に、開いていたカーテンを閉めようとしたら、バチバチバチッ!と、カーテンが全て取れてしまった…!!<br />ど…、どういうこと?<br /><br />チェックアウト時、カーテンが取れたことを英語で説明、ジェスチャーで示しつつ、「バチバチバチッ!キャー!」と言ったら、フロントのお兄さんに「Why?」と笑われた。<br /><br />こちらこそ聞きたいわ。<br />Why!?(@_@;)<br /><br />…いや、カーテンやお兄さんと戯れている暇はない。<br />急がないと。

    昨夜は機内泊で入浴していないので、荷物を置くのと、シャワーを浴びるためだけに取ったホテル。
    そこで、シャワーを浴びる前に、開いていたカーテンを閉めようとしたら、バチバチバチッ!と、カーテンが全て取れてしまった…!!
    ど…、どういうこと?

    チェックアウト時、カーテンが取れたことを英語で説明、ジェスチャーで示しつつ、「バチバチバチッ!キャー!」と言ったら、フロントのお兄さんに「Why?」と笑われた。

    こちらこそ聞きたいわ。
    Why!?(@_@;)

    …いや、カーテンやお兄さんと戯れている暇はない。
    急がないと。

  • バクー駅。<br />急いだお蔭で、逆に余裕が出た。<br />奥に写っているのが、今夜乗る寝台車。<br />まだ入れてもらえないようなので、向かい側にいくつもある売店のうちの一つでお茶を飲みつつ、待つことにする。

    バクー駅。
    急いだお蔭で、逆に余裕が出た。
    奥に写っているのが、今夜乗る寝台車。
    まだ入れてもらえないようなので、向かい側にいくつもある売店のうちの一つでお茶を飲みつつ、待つことにする。

    バクー駅

    列車の横には、小さなお店が並んでいました by ラムロールちゃんさん
  • 時間が来て、パスポートチェックを受けて、中へ。<br />私が取ったのは、一等だ。<br /><br />さあ、こっちなっしよー。<br />ということで、お供梨と共に、廊下を進む。

    時間が来て、パスポートチェックを受けて、中へ。
    私が取ったのは、一等だ。

    さあ、こっちなっしよー。
    ということで、お供梨と共に、廊下を進む。

  • ここかー。<br />ここを、どなたかと2人で使う。<br />女性なら良いな…と思っていたら…<br /><br />…男性だった。<br /><br />が、そのアゼルバイジャンの男性は紳士的で、中に入って来ようとはされなかった。<br />しばらくその男性と車掌さん(女性)が相談、車掌さんから提案が(車掌さんは英語ができないので、その男性が通訳して)。<br />「別のコンパートメントに移ってもらえれば、相手は女性なのだけど、どうだろう?」<br />それは願ったりかなったり。<br />OKすると、ずっと真顔だった車掌さんが、ニコーッと笑ってくれた。

    ここかー。
    ここを、どなたかと2人で使う。
    女性なら良いな…と思っていたら…

    …男性だった。

    が、そのアゼルバイジャンの男性は紳士的で、中に入って来ようとはされなかった。
    しばらくその男性と車掌さん(女性)が相談、車掌さんから提案が(車掌さんは英語ができないので、その男性が通訳して)。
    「別のコンパートメントに移ってもらえれば、相手は女性なのだけど、どうだろう?」
    それは願ったりかなったり。
    OKすると、ずっと真顔だった車掌さんが、ニコーッと笑ってくれた。

  • ベッドメイキングは、セルフ。<br />スーツケースは下に置いて、ベッドをつくったら、ゆっくりしよう。<br /><br />…結局、もう1人の女性という方は、現れなかった。<br />私1人(と、1梨)でコンパートメント占有!<br />相部屋が苦手な私には、本当に好都合。<br />揺れてはいたが、疲れていたのもあり、ぐっすり眠った。

    イチオシ

    ベッドメイキングは、セルフ。
    スーツケースは下に置いて、ベッドをつくったら、ゆっくりしよう。

    …結局、もう1人の女性という方は、現れなかった。
    私1人(と、1梨)でコンパートメント占有!
    相部屋が苦手な私には、本当に好都合。
    揺れてはいたが、疲れていたのもあり、ぐっすり眠った。

  • そして、朝。<br />バクーで買った郷土菓子を、朝食代わりに。<br /><br />さあ、ジョージアの首都トビリシまで、あと少し。

    そして、朝。
    バクーで買った郷土菓子を、朝食代わりに。

    さあ、ジョージアの首都トビリシまで、あと少し。

38いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • kobapyさん 2019/08/17 17:35:53
    ペンギンに見えてしょうがない(笑)
    ラムちゃん、こんばんは。

    アゼルバイジャンのバクーの旅行記拝見しました。
    フレイムタワーって奇抜な形状をしてますね。
    私にはペンギンに見えてしょうがないんです(^^;

    それにしても民族衣装、お似合いですぅ~。
    テーマはアゼルバイジャン的ブドウ売りの少女?(^^)

    ”キュウリとトマト”の写真に一緒に写っているメインの料理が気になります。
    煮込みハンバーグの塊にも見えますが、実際はなにもの?
    良かったら教えてくださいませ。

    ではでは。続編も楽しみにしております。
    kobapy

    ラムロールちゃん

    ラムロールちゃんさん からの返信 2019/08/17 19:25:22
    確かに(笑)
    kobapyさん、こんばんは♪
    書き込み、ありがとうございます。

    > フレイムタワーって奇抜な形状をしてますね。
    > 私にはペンギンに見えてしょうがないんです(^^;

    まさに、私もそう思ってました!(^_-)
    どう見てもそうですよね、あの形。

    > それにしても民族衣装、お似合いですぅ〜。
    > テーマはアゼルバイジャン的ブドウ売りの少女?(^^)

    ありがとうございます☆
    そう、大正解!
    ブドウ売りの少女!…って、そんなこと言ったら、ハリセンで後頭部叩かれるか(≧▽≦)

    > 煮込みハンバーグの塊にも見えますが、実際はなにもの?
    > 良かったら教えてくださいませ。

    トマト味の、肉肉しいハンバーグ的なものでした。
    この時、ほんとに疲れてて、あんまり食欲なかったので、1つ、って言ったのに、2つ入れられてしまった〜〜(*_*)

    ラムロール
  • まむーとさん 2019/08/13 16:00:38
    さすがラムちゃん!似合ってる!
    ラムちゃん、こんにちは!

    夏休みと時差ボケとアルバイトの関係で生活リズムが狂って変な感じで、暑いし台風が来てるし、性格が悪いクチコミをガンガンしています。。。

    私も宿にたどり着かなかったり、カーテンが外れたり同じ!と思いました!
    宿にたどり着くのは謎解き。。
    この前も悲壮な感じでスーツケースを二つ夜に石畳の中転がして夜逃げみたいな感じで。見かねたアレッポの男の子が助けてくれてスマホで電話かけてくれて助かりました。萬田さんと同じ年くらいで、、頑張ってトルコに来たんだなと。萬田さんが持っていないスマホを持っていたので嬉しかったです。

    民族衣装似合ってる!よく民族衣装写真館があり横目でみるけどほぼ似合ってなくてお笑いみたいけど、ラムちゃんは似合ってるわ! 素敵!

    アゼルバイジャンのティカップもトルコと同じスタイルね♪
    (あの形のコップ12個買った)

    ラムロールちゃん

    ラムロールちゃんさん からの返信 2019/08/13 16:43:21
    ありがとう〜(≧▽≦)
    まむーとさん、こんにちは〜(^o^)丿

    生活リズムが狂うと、しんどいですよね〜(~_~;)
    私も、夜更かししたり、出かけて暑さにヤラレたりで、体調不良…

    性格が悪いクチコミ?
    それは、"貴重なご意見"だと思いますよ〜☆
    私は、クチコミは、悪いものを重点的にチェックしますね。
    悪いことがあって、それをお店側はリカバリーしたのかとか、それを上回る魅力がありそうかとか(^_-)

    欠点があっても、納得の上で行けば良いんですから、ダメなクチコミは消してしまうらしい某お食事系サイトは、なんかなー…と、私は思います。

    > 私も宿にたどり着かなかったり、カーテンが外れたり同じ!と思いました!

    カーテンって、そんなにあちこちで外れてるのか…(^_^;)
    それはともかく、場所がわからないことってありますよね!
    地図が不正確なこともあるし。

    アレッポの男の子、素晴らしい♪♪
    スーツケースがあると、ツライ気持ちが倍増するから、やさしくされると、嬉しさも倍ですね〜。

    > アゼルバイジャンのティカップもトルコと同じスタイルね♪
    > (あの形のコップ12個買った)

    12個!?それはすごい!
    私なんか、1個。
    せめて2個買え!
    それこそ性格悪いわ(笑)←っていうか、淋しいやつ?

    ラムロール
  • fuzzさん 2019/08/06 23:07:09
    良い事もあれば悪い事もあるね
    ラムちゃん、こんなっし~

    アゼルバイジャン、今とぉつぁんに聞いてみますた。
    世界一バブルな都市だと・・・ふ~ん。

    しかしいつも女性一人旅でしかもナカナカ聞いたことない所へ出かけられて・・・
    あのラムちゃんが、大人しそうで可愛らしいラムちゃんが・・・
    このギャップにやられます~(*^^)v

    ホテルどこやねん。大変でしたね。暑い中・・・
    想像して気が遠くなりました~・・・
    電話番号も書いてないとか、ありえないですね。
    でも無事について良かった~

    コスプレ写真、やっぱ赤いドレスをチョイスしたんですね♪
    お似合いなのは間違いなし!
    私も挑戦したいな~

    カーテン全部取れた(笑)これ、昨年息子んちのカーテンがそうなりました。
    カーテンのフックがプラスチック製だと劣化しちゃうんですよね。
    状況が手に取る様に伝わりました。

    夜行列車、あやうく見知らぬ男性と一夜を過ごす事になりましたね。
    紳士で良かった~
    私は「寝っ屁」をしちゃわないかと新婚の頃、恐怖で寝れませんでした(笑)
    見知らぬ男性と一夜を過ごして屁ったれだとバレるのも嫌ですよね(*‘ω‘ *)
    ラムちゃんに限ってオナラなどする訳がない!そーだそーだ( `ー´)ノ

    fuzz

    ラムロールちゃん

    ラムロールちゃんさん からの返信 2019/08/07 12:55:01
    ほんとにそうです
    fuzzさん、こんなっし〜(^o^)丿

    世界一バブルな都市。
    確かに、あんなビル見ちゃったら、納得です!

    けど、周りからは、「変なとこばっかり行く」と、あまり良い顔されません(^_^;)
    怖がりだし、慎重派なので、危険なところに飛び込んで行ったりはしないんですけどねぇ。

    > コスプレ写真、やっぱ赤いドレスをチョイスしたんですね♪

    チョイスがあんまり無かったとも言う(笑)
    fuzzさんも、ぜひトライしてみてくださいな♪
    映えると思いますよ〜(^_-)

    > カーテン全部取れた(笑)これ、昨年息子んちのカーテンがそうなりました。

    えっ!!!
    まさかの同じ経験!?
    そんなこと、あるんですね。
    そうか、劣化してたのか…(-_-;)

    > 私は「寝っ屁」をしちゃわないかと新婚の頃、恐怖で寝れませんでした(笑)

    あはは!
    fuzzさん、なんて可愛いんだ!
    それこそ、ヤラレた〜〜!!
    私は、そんな想像してみたことがない…(^_^;)
    よって、実態は知りません(笑)

    ラムロール

ラムロールちゃんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アゼルバイジャンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アゼルバイジャン最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アゼルバイジャンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集