フランクフルト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
とあることで約16年憧れ続けたドイツへの旅がようやく実現!<br />不安がないと言えば嘘になるけど、得るものの方が多いと1人旅を決断(失うものはお金だけ(〃▽〃;)<br />ドイツ語は皆無、英語も片言の自分が2週間を試行錯誤して<br />勢いと勘で乗り切った旅をまとめてみた~♪<br />行ってみたいけど一人旅は不安だな、と二の足を踏んでる方も<br />こんなやつが行けたんだから行ってみようと思えるはず?!<br />-------------------------------------------------------<br /><<スケジュール>><br />○2018/12/6<br />&lt;往路&gt;<br />15:20 羽田空港(LH717)→19:10 フランクフルト空港<br />20:30 フランクフルト空港(LH36)→21:35 ハンブルク空港<br />ハンブルクのホテルに宿泊<br />○2018/12/7<br />ハンブルク市内観光→ブレーメンへ移動、サッカー観戦(ブレーメンVSデュッセルドルフ)<br />●2018/12/8<br />フランクフルト市内観光<br />○2018/12/9<br />ハイデルベルク観光<br />○2018/12/10<br />ニュルンベルク観光、ローテンブルク観光<日本人ツアー利用><br />○2018/12/11<br />ミュンヘン市内観光<br />○2018/12/12<br />ホーエンシュバウガウ(ノイシュバンシュタイン城)観光、ヴィース教会、バート・テルツ観光<日本人ツアー利用><br />○2018/12/13<br />ドルトムント市内観光<br />○2018/12/14<br />デュッセルドルフ市内観光、ボーフム市内観光<br />○2018/12/15<br />ドルトムント市内観光、サッカー観戦(ドルトムントVSブレーメン)<br />○2018/12/16<br />ケルン市内観光、ボン市内観光<br />○2018/12/17<br />ブレーメン市内観光<br />○2018/12/18<br />ツェレ市内観光、ハノーファー市内観光<br />○2018/12/19<br />ブレーマーハーフェン市内観光、サッカー観戦(ブレーメンVSホッフェンハイム)<br />○2018/12/20<br />&lt;復路&gt;<br />13:20 ブレーメン空港(LH2111)→14:30 ミュンヘン空港<br />15:30 ミュンヘン空港(LH714)→10:55 羽田空港<br />-------------------------------------------------------<br />ドイツの中心都市、フランクフルトは都会!<br />高層ビルがいくつも存在しているのですが、少し歩けば良きドイツらしい町並みがあったり<br />のどかな川があったりと、ただ喧噪としているだけではなかったのが特徴<br />確かの他の都市と比較すると駅構内とかは多少の注意を払う必要があったりする部分も少なくともあるが、<br />特別に危険な目に会うことも少ないのではないかと思うので、一人旅でも安心の部類にはなります<br /><br />現地での食事については触れておくと、基本的にレストランでの食事はしなかった!(笑<br />というのも、特別入りたいお店もなく、また一人というのもあって、ドイツらしい食べ物を食べて<br />空腹を満たせれればいいや、という考えの基ではクリスマスマーケットは大変便利な催し<br />結果的に、パンにはさんだデカいソーセージは6、7回は食べたし、あとはカルトッフェルプッファーや、プレッツェルやら、<br />いかにもドイツらしい食べ物を食いつないでました!<br />確かに栄養の偏りとかはあるけど、レストランとかはなんだかんだ安くはなく、そういう意味では<br />ドイツよりバラエティに富み、ランチとかが500円とかの日本はすごいことだと思う!<br />でもドイツのソーセージはめちゃくちゃおいしかったし、プレッツェルもすごくおいしいから是非試してほしい!<br />でも基本的にパンとかは冷たいし、そのへんは現地人は無頓着なのかな、と思った(笑

憧れの地へ一人旅、ブンデスリーガ観戦と縦断観光2

6いいね!

2018/12/06 - 2018/12/21

1663位(同エリア2504件中)

旅行記グループ ドイツ2018

0

20

taikialpha

taikialphaさん

とあることで約16年憧れ続けたドイツへの旅がようやく実現!
不安がないと言えば嘘になるけど、得るものの方が多いと1人旅を決断(失うものはお金だけ(〃▽〃;)
ドイツ語は皆無、英語も片言の自分が2週間を試行錯誤して
勢いと勘で乗り切った旅をまとめてみた~♪
行ってみたいけど一人旅は不安だな、と二の足を踏んでる方も
こんなやつが行けたんだから行ってみようと思えるはず?!
-------------------------------------------------------
<<スケジュール>>
○2018/12/6
<往路>
15:20 羽田空港(LH717)→19:10 フランクフルト空港
20:30 フランクフルト空港(LH36)→21:35 ハンブルク空港
ハンブルクのホテルに宿泊
○2018/12/7
ハンブルク市内観光→ブレーメンへ移動、サッカー観戦(ブレーメンVSデュッセルドルフ)
●2018/12/8
フランクフルト市内観光
○2018/12/9
ハイデルベルク観光
○2018/12/10
ニュルンベルク観光、ローテンブルク観光<日本人ツアー利用>
○2018/12/11
ミュンヘン市内観光
○2018/12/12
ホーエンシュバウガウ(ノイシュバンシュタイン城)観光、ヴィース教会、バート・テルツ観光<日本人ツアー利用>
○2018/12/13
ドルトムント市内観光
○2018/12/14
デュッセルドルフ市内観光、ボーフム市内観光
○2018/12/15
ドルトムント市内観光、サッカー観戦(ドルトムントVSブレーメン)
○2018/12/16
ケルン市内観光、ボン市内観光
○2018/12/17
ブレーメン市内観光
○2018/12/18
ツェレ市内観光、ハノーファー市内観光
○2018/12/19
ブレーマーハーフェン市内観光、サッカー観戦(ブレーメンVSホッフェンハイム)
○2018/12/20
<復路>
13:20 ブレーメン空港(LH2111)→14:30 ミュンヘン空港
15:30 ミュンヘン空港(LH714)→10:55 羽田空港
-------------------------------------------------------
ドイツの中心都市、フランクフルトは都会!
高層ビルがいくつも存在しているのですが、少し歩けば良きドイツらしい町並みがあったり
のどかな川があったりと、ただ喧噪としているだけではなかったのが特徴
確かの他の都市と比較すると駅構内とかは多少の注意を払う必要があったりする部分も少なくともあるが、
特別に危険な目に会うことも少ないのではないかと思うので、一人旅でも安心の部類にはなります

現地での食事については触れておくと、基本的にレストランでの食事はしなかった!(笑
というのも、特別入りたいお店もなく、また一人というのもあって、ドイツらしい食べ物を食べて
空腹を満たせれればいいや、という考えの基ではクリスマスマーケットは大変便利な催し
結果的に、パンにはさんだデカいソーセージは6、7回は食べたし、あとはカルトッフェルプッファーや、プレッツェルやら、
いかにもドイツらしい食べ物を食いつないでました!
確かに栄養の偏りとかはあるけど、レストランとかはなんだかんだ安くはなく、そういう意味では
ドイツよりバラエティに富み、ランチとかが500円とかの日本はすごいことだと思う!
でもドイツのソーセージはめちゃくちゃおいしかったし、プレッツェルもすごくおいしいから是非試してほしい!
でも基本的にパンとかは冷たいし、そのへんは現地人は無頓着なのかな、と思った(笑

旅行の満足度
3.5
観光
3.0
ホテル
3.5
ショッピング
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩

PR

  • ブレーメンからICEを乗り継いで約4時間、フランクフルトへ到着<br />ICE(新幹線的な)を使用し、ブレーメンからハノーファーへ、そこからフランクフルトのルートをとってます<br />さて、フランクフルトといえば、誰もがピンとくるドイツの1つの都市だけど、<br />正式名称はフランクフルトアムマイン(Frankfurt am Main)<br />というのも、フランクフルトという名前の街が他にもあって、そちらはフランクフルト・アン・デア・オーダー(Frankfurt an der Oder)<br />wikiによると人口58000人程度の可哀そうな街(可哀そうって言うな)<br />まぁ日の目を見ない街だけど、このフランクフルトも人口で言えば、ドイツ内では5位、<br />しかも100万人満たず、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンの順番だそう<br /><br />そのフランクフルトの滞在ホテルを出て駅とは反対方向に向かうと都市名の由来になっているマイン川に到着<br />なんてことはない川だけど、大都市にもこういうとこがあるのか、と一息つける場所<br />写真で遠くに見えるのは、恐らくDreikönigs教会

    ブレーメンからICEを乗り継いで約4時間、フランクフルトへ到着
    ICE(新幹線的な)を使用し、ブレーメンからハノーファーへ、そこからフランクフルトのルートをとってます
    さて、フランクフルトといえば、誰もがピンとくるドイツの1つの都市だけど、
    正式名称はフランクフルトアムマイン(Frankfurt am Main)
    というのも、フランクフルトという名前の街が他にもあって、そちらはフランクフルト・アン・デア・オーダー(Frankfurt an der Oder)
    wikiによると人口58000人程度の可哀そうな街(可哀そうって言うな)
    まぁ日の目を見ない街だけど、このフランクフルトも人口で言えば、ドイツ内では5位、
    しかも100万人満たず、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンの順番だそう

    そのフランクフルトの滞在ホテルを出て駅とは反対方向に向かうと都市名の由来になっているマイン川に到着
    なんてことはない川だけど、大都市にもこういうとこがあるのか、と一息つける場所
    写真で遠くに見えるのは、恐らくDreikönigs教会

    マイン川 滝・河川・湖

  • 川沿いに沿って敷いてある線路<br />今も利用しているかは不明だけど何だかのどかな気分にさせてくれる

    川沿いに沿って敷いてある線路
    今も利用しているかは不明だけど何だかのどかな気分にさせてくれる

  • 船も通れるくらい大きめの川<br />ちょっと寒そうではあるけど雰囲気は良さそう

    船も通れるくらい大きめの川
    ちょっと寒そうではあるけど雰囲気は良さそう

  • 野鳥もあまり逃げずに川沿いに結構いたりする

    野鳥もあまり逃げずに川沿いに結構いたりする

  • 川沿いを歩き、鉄の橋まで来たところで街へ入るとクリスマスマーケット<br />すぐ近くにレーマー広場にあって割とこちらも賑わってる感じ<br />

    川沿いを歩き、鉄の橋まで来たところで街へ入るとクリスマスマーケット
    すぐ近くにレーマー広場にあって割とこちらも賑わってる感じ

  • 上記と同じ広場のクリスマスマーケット<br />売っているものはある程度どこも同じだけど、その地域でしか売っていないもの、食べれないものもたまにあってそういうのに出会うと嬉しい<br />フランクフルトにも、フランクフルター・ヴルスト(そのまんま)っていうソーセージがあるけど、初めて来た人にとってはどれがそうなのかはわかりにくい<br />けど、おいしいから問題ない<br />ちなみにソーセージを食べる時にケチャップ、マスタードは自分でかける方式<br />屋台の外に置いてあるけど、マスタードは英語で、ドイツ語ではsenf<br />これは覚えておくといいかも<br />まぁ、でもボトルの色でわかるか(笑

    上記と同じ広場のクリスマスマーケット
    売っているものはある程度どこも同じだけど、その地域でしか売っていないもの、食べれないものもたまにあってそういうのに出会うと嬉しい
    フランクフルトにも、フランクフルター・ヴルスト(そのまんま)っていうソーセージがあるけど、初めて来た人にとってはどれがそうなのかはわかりにくい
    けど、おいしいから問題ない
    ちなみにソーセージを食べる時にケチャップ、マスタードは自分でかける方式
    屋台の外に置いてあるけど、マスタードは英語で、ドイツ語ではsenf
    これは覚えておくといいかも
    まぁ、でもボトルの色でわかるか(笑

  • これがめっちゃおいしかった、カルトッフェルプッファー<br />ソースはなんとアップル<br />えー?おいしいの?って思っちゃうけど、現地に来たからには現地のものを食べずして判断はよくない、ということで食べてみたら意外と合う!<br />ジャガイモの揚げ焼きなんだけど、シンプルに美味しい<br />ちなみに1ピースから注文できるから小腹が減ったときもgood

    これがめっちゃおいしかった、カルトッフェルプッファー
    ソースはなんとアップル
    えー?おいしいの?って思っちゃうけど、現地に来たからには現地のものを食べずして判断はよくない、ということで食べてみたら意外と合う!
    ジャガイモの揚げ焼きなんだけど、シンプルに美味しい
    ちなみに1ピースから注文できるから小腹が減ったときもgood

  • フランクフルトのクリスマスマーケットのメイン会場、レーマー広場<br />有名なのもあって、まぁ人が多い<br />よって人の流れが悪くなかなか進まない<br />人が多いってことはスリとかも多いから気を付けて、とガイドブックには書いてあった<br />町並みも落ち着いて見たいけど、この混雑さではなかなかに厳しい。。。<br /><br />後ろに見えるのが大聖堂<br />結構な迫力

    フランクフルトのクリスマスマーケットのメイン会場、レーマー広場
    有名なのもあって、まぁ人が多い
    よって人の流れが悪くなかなか進まない
    人が多いってことはスリとかも多いから気を付けて、とガイドブックには書いてあった
    町並みも落ち着いて見たいけど、この混雑さではなかなかに厳しい。。。

    後ろに見えるのが大聖堂
    結構な迫力

    レーマー広場 広場・公園

  • レーマー広場を離れて、北上すると途中にある、クレインマルクトハレ<br />所謂、屋内市場でこっちはクリスマス関係なしで賑わってる市場<br />生野菜、生魚売ってたり、コーヒー売ってたりと、見てるだけでも割と飽きない

    レーマー広場を離れて、北上すると途中にある、クレインマルクトハレ
    所謂、屋内市場でこっちはクリスマス関係なしで賑わってる市場
    生野菜、生魚売ってたり、コーヒー売ってたりと、見てるだけでも割と飽きない

    屋内市場 市場

  • クレインマルクトハレを更に北上するとツァイル通りに出る<br />歩行者天国になってて、結構な人で賑わってる中に、マイツァイルていう、所謂デパートがある<br />この通りには、ドイツに来るとよく見かけるデパート、カールスタットとかもあって、買い物をするには便利な通り<br />けど、ドイツの歴史的建造物とかに興味がある人には特に用事はなさそう<br />デパートで売っている衣料品なども下手すりゃ日本のほうが安い気もする<br />ので、わざわざドイツで買わんでも、っていうものが多々ある<br />それでもC&amp;A(ドイツメーカーではないけど)とか、日本のしむむら的立ち位置の洋服屋は日本にはないので、まだありかな、と

    クレインマルクトハレを更に北上するとツァイル通りに出る
    歩行者天国になってて、結構な人で賑わってる中に、マイツァイルていう、所謂デパートがある
    この通りには、ドイツに来るとよく見かけるデパート、カールスタットとかもあって、買い物をするには便利な通り
    けど、ドイツの歴史的建造物とかに興味がある人には特に用事はなさそう
    デパートで売っている衣料品なども下手すりゃ日本のほうが安い気もする
    ので、わざわざドイツで買わんでも、っていうものが多々ある
    それでもC&A(ドイツメーカーではないけど)とか、日本のしむむら的立ち位置の洋服屋は日本にはないので、まだありかな、と

    マイ ツァイル ショッピングセンター

  • 『地球の歩き方』に掲載されてたコーヒー屋、Wacker’s Kaffee<br />行列も出来てて、1杯注文して、店の外でサクッと飲むことも可能<br />?2しないくらいで美味しいコーヒーが飲めた<br />コーヒー豆も購入できるし、割とオススメ<br />っていうか、ドイツでコーヒー?って気がするかもだけど、実は世界的にもコーヒー消費量は高く、ドリップコーヒーの起源もドイツらしい<br />ビールだけ飲んでるわけじゃないんやで!

    『地球の歩き方』に掲載されてたコーヒー屋、Wacker’s Kaffee
    行列も出来てて、1杯注文して、店の外でサクッと飲むことも可能
    ?2しないくらいで美味しいコーヒーが飲めた
    コーヒー豆も購入できるし、割とオススメ
    っていうか、ドイツでコーヒー?って気がするかもだけど、実は世界的にもコーヒー消費量は高く、ドリップコーヒーの起源もドイツらしい
    ビールだけ飲んでるわけじゃないんやで!

    ヴァッカーズカフェ (コルンマルクト店) カフェ

  • ルーテル教会近くのクリスマスマーケット<br />それなりに大きい会場だとメリーゴーランド、観覧車が登場する

    ルーテル教会近くのクリスマスマーケット
    それなりに大きい会場だとメリーゴーランド、観覧車が登場する

  • 装飾用のクッキーの作成中<br />

    装飾用のクッキーの作成中

  • クリスマスマーケットの風物詩の1つとして、グリューワインがあるけど<br />そのグラスは各町によって異なっていて、それを記念に持ち帰る人もしばしば<br />町毎にデザインは全然異なるのでお気に入りを見つけたら持ち帰ってもOK<br />ただし、グリューワインにはそのグラス代も含まれてて、返還すればその分は帰ってくる<br />確か?2くらいだったかな<br />これはフランクフルトのだけど、正直そんな可愛くなく普通<br />透明のタイプや、なんかの模様が立体的に浮き出てる凝ったものもあった<br /><br />ただ他の投稿者の方々のを見ると耐久性はあまりないようで、取っ手がとれたというのも見たりするのでお気をつけて

    クリスマスマーケットの風物詩の1つとして、グリューワインがあるけど
    そのグラスは各町によって異なっていて、それを記念に持ち帰る人もしばしば
    町毎にデザインは全然異なるのでお気に入りを見つけたら持ち帰ってもOK
    ただし、グリューワインにはそのグラス代も含まれてて、返還すればその分は帰ってくる
    確か?2くらいだったかな
    これはフランクフルトのだけど、正直そんな可愛くなく普通
    透明のタイプや、なんかの模様が立体的に浮き出てる凝ったものもあった

    ただ他の投稿者の方々のを見ると耐久性はあまりないようで、取っ手がとれたというのも見たりするのでお気をつけて

  • お肉の量り売りかな?<br />かなりの種類があって何が何か、全然わからない。。。<br />ソーセージを土産にしたくても個人では基本的に手続きとか面倒なんで<br />ドイツに行ったらたらふくソーセージを食べてください(笑

    お肉の量り売りかな?
    かなりの種類があって何が何か、全然わからない。。。
    ソーセージを土産にしたくても個人では基本的に手続きとか面倒なんで
    ドイツに行ったらたらふくソーセージを食べてください(笑

  • クリスマスマーケットのこれまた風物詩ソーセージは、バーナーで焼いているのと<br />これみたいに薪で焼いてるのがあって、こっちのほうが断然おいしかった<br />あと、はさんでくれるパンは基本冷たいんだけど、たまにこの鉄板の上とか近くに置いてあるのがあって、それはパンも暖かいしより美味しい

    クリスマスマーケットのこれまた風物詩ソーセージは、バーナーで焼いているのと
    これみたいに薪で焼いてるのがあって、こっちのほうが断然おいしかった
    あと、はさんでくれるパンは基本冷たいんだけど、たまにこの鉄板の上とか近くに置いてあるのがあって、それはパンも暖かいしより美味しい

  • パンよりはるかに大きいソーセージ<br />どこで食べても基本的には美味しくて毎日食べれるくらい飽きない<br />パンは断ることも出来たみたいだけどそれの注文方法がわからなかった。。。<br />けどお腹もふくれていいんだけど!

    パンよりはるかに大きいソーセージ
    どこで食べても基本的には美味しくて毎日食べれるくらい飽きない
    パンは断ることも出来たみたいだけどそれの注文方法がわからなかった。。。
    けどお腹もふくれていいんだけど!

  • ホテルに戻る際に、欧州中央銀行があり、?マークがドーンと鎮座してる<br />記念写真を撮ってる人も多々<br />欧州の中心国なんだな、と改めて教えてくれる場所<br />一眼レフのクロスフィルタも相まって、余計に輝いて見える

    ホテルに戻る際に、欧州中央銀行があり、?マークがドーンと鎮座してる
    記念写真を撮ってる人も多々
    欧州の中心国なんだな、と改めて教えてくれる場所
    一眼レフのクロスフィルタも相まって、余計に輝いて見える

    ユーロタワー 建造物

  • どこの駅でも街の中心駅は、「hauptbahnhof」と書かれているけど<br />それが何ていう町の中心駅なのかはあまり書かれていない印象<br />だから、意識朦朧で、ようやく駅に辿り着いた放浪人が、ここはどこなんだー?!って叫ぶことは間違いない(いや、ない)

    どこの駅でも街の中心駅は、「hauptbahnhof」と書かれているけど
    それが何ていう町の中心駅なのかはあまり書かれていない印象
    だから、意識朦朧で、ようやく駅に辿り着いた放浪人が、ここはどこなんだー?!って叫ぶことは間違いない(いや、ない)

    フランクフルト中央駅

  • 駅構内も少しクリスマスしてる

    駅構内も少しクリスマスしてる

    フランクフルト中央駅

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ドイツ2018

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集