サマルカンド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
予定外の長期休暇が取れたため、以前から興味のあった、トルクメニスタン・ウズベキスタンに一人で行ってきました。元々興味があったのは「地獄の門」でしたが、これにヤンギカラとサマルカンド他の入った個人向けのツアーで行きました。ガイドさん、運転手さん以外は私しかいませんから自由度は高いですが、行き先は元から決まっていて、興味の薄いところに連れて行かれることもしばしば。ストレスを感じることも多く、どんな形であるにせよ、ツアーはやはり苦手です。<br /><br />で、どうだったかと言うと、まあ色々ありましたが、トータルでは大満足の旅となりました。<br /><br />トルクメニスタンは、とても不思議&不自然な国でした。「地獄の門」といい、ヤンギカラといい、ワールドクラスの素晴らしい観光地であるにも関わらず、観光客はまばら。首都のアシハバードは大理石で出来た豪華なビルばかりで、夜はラスベガスと見間違うばかり。にもかかわらず、ゴーストタウンのように歩いている人はほとんどいない。とても不思議かつ不自然な国ですが、それがゆえに逆に不思議な魅力を感じる国でした。<br /><br />一方、ウズベキスタンは、これまで訪問した国の中でも最も対日感情の良い国だと感じました。ここまで心から歓迎されていると感じた国はありません。ビザも不要となり入国審査も簡単です。この数ヶ月で劇的に変化し、旅行しやすい国になりました。サマルカンドはとても綺麗な町です。是非沢山の日本人に訪れてもらいたいと思いました。<br /><br />1日目:仁川経由アシアナ航空でタシケントへ。タシケント泊。<br />2日目:早朝便で国境の町ヌクスへ。ヌクスより国境を越えトルクメニスタンへ。陸路で「地獄の門」へ移動。テント泊。<br />3日目:陸路アシハバードへ移動。アシハバード市内観光。アシハバード泊。<br />4日目:早朝便でカスピ海に面した町トルクメンバシへ。トルクメンバシより陸路ヤンギカラへ。トルクメンバシ泊。<br />5日目:早朝便でアシハバードへ。ニサ遺跡観光、アシハバード観光。アシハバード泊。<br />6日目:早朝便でマーリへ。メルブ遺跡観光。マーリ泊。<br />7日目:マーリから陸路、国境の町トルクメンアバードへ。国境を越えウズベキスタンへ。夕刻ブハラ観光。ブハラ泊。<br />8日目:早朝、鉄道にてサマルカンドへ。終日市内観光。サマルカンド泊。<br />9日目:早朝、鉄道にてタシケントへ。終日市内観光。夜の便で仁川経由成田へ。<br /><br />⑦は8日目の旅行記です。この日は早朝発のウズベキスタン版新幹線でブハラより、「青の都」サマルカンドに移動し、終日サマルカンド観光でした。<br /><br />サマルカンドと言うと、世界史上とても重要な町であることは覚えていたため、サマルカンドと聞くだけでロマンを掻き立てられました。また改めてガイドブックを見てみると、サマルカンド・ブルーと言われる、鮮やかな青の建造物が印象的で、行くのをとても楽しみにしていました。ところが、いざ行ってみると、どこもかしこも青い建物だらけで、美しい建物にもすぐに飽きてしまいました。その代わりというわけではないですが、サマルカンドの人々はとても親日的で日本人との相性も良いみたいです。体感的にはこれまで訪問した国の中で親日家度ナンバーワンでした。ウズベキスタンの印象がとても良いのは、そこで暮らす人々が感じの良い人たちだからでしょう。是非多くの日本人にウズベキスタンを訪れてもらいたいと思いました。<br /><br />この日の主なイベントは次の通りです:<br />●高速鉄道アフラシャブ号乗車<br />●グル・アミール廟見学<br />●シャーヒズィンダ廟群見学<br />●レジスタン広場観光<br />●シヨブバザール見学

トルクメニスタン・ウズベキスタン 一人旅⑦(サマルカンド)

13いいね!

2018/08/21 - 2018/08/30

187位(同エリア489件中)

0

44

予定外の長期休暇が取れたため、以前から興味のあった、トルクメニスタン・ウズベキスタンに一人で行ってきました。元々興味があったのは「地獄の門」でしたが、これにヤンギカラとサマルカンド他の入った個人向けのツアーで行きました。ガイドさん、運転手さん以外は私しかいませんから自由度は高いですが、行き先は元から決まっていて、興味の薄いところに連れて行かれることもしばしば。ストレスを感じることも多く、どんな形であるにせよ、ツアーはやはり苦手です。

で、どうだったかと言うと、まあ色々ありましたが、トータルでは大満足の旅となりました。

トルクメニスタンは、とても不思議&不自然な国でした。「地獄の門」といい、ヤンギカラといい、ワールドクラスの素晴らしい観光地であるにも関わらず、観光客はまばら。首都のアシハバードは大理石で出来た豪華なビルばかりで、夜はラスベガスと見間違うばかり。にもかかわらず、ゴーストタウンのように歩いている人はほとんどいない。とても不思議かつ不自然な国ですが、それがゆえに逆に不思議な魅力を感じる国でした。

一方、ウズベキスタンは、これまで訪問した国の中でも最も対日感情の良い国だと感じました。ここまで心から歓迎されていると感じた国はありません。ビザも不要となり入国審査も簡単です。この数ヶ月で劇的に変化し、旅行しやすい国になりました。サマルカンドはとても綺麗な町です。是非沢山の日本人に訪れてもらいたいと思いました。

1日目:仁川経由アシアナ航空でタシケントへ。タシケント泊。
2日目:早朝便で国境の町ヌクスへ。ヌクスより国境を越えトルクメニスタンへ。陸路で「地獄の門」へ移動。テント泊。
3日目:陸路アシハバードへ移動。アシハバード市内観光。アシハバード泊。
4日目:早朝便でカスピ海に面した町トルクメンバシへ。トルクメンバシより陸路ヤンギカラへ。トルクメンバシ泊。
5日目:早朝便でアシハバードへ。ニサ遺跡観光、アシハバード観光。アシハバード泊。
6日目:早朝便でマーリへ。メルブ遺跡観光。マーリ泊。
7日目:マーリから陸路、国境の町トルクメンアバードへ。国境を越えウズベキスタンへ。夕刻ブハラ観光。ブハラ泊。
8日目:早朝、鉄道にてサマルカンドへ。終日市内観光。サマルカンド泊。
9日目:早朝、鉄道にてタシケントへ。終日市内観光。夜の便で仁川経由成田へ。

⑦は8日目の旅行記です。この日は早朝発のウズベキスタン版新幹線でブハラより、「青の都」サマルカンドに移動し、終日サマルカンド観光でした。

サマルカンドと言うと、世界史上とても重要な町であることは覚えていたため、サマルカンドと聞くだけでロマンを掻き立てられました。また改めてガイドブックを見てみると、サマルカンド・ブルーと言われる、鮮やかな青の建造物が印象的で、行くのをとても楽しみにしていました。ところが、いざ行ってみると、どこもかしこも青い建物だらけで、美しい建物にもすぐに飽きてしまいました。その代わりというわけではないですが、サマルカンドの人々はとても親日的で日本人との相性も良いみたいです。体感的にはこれまで訪問した国の中で親日家度ナンバーワンでした。ウズベキスタンの印象がとても良いのは、そこで暮らす人々が感じの良い人たちだからでしょう。是非多くの日本人にウズベキスタンを訪れてもらいたいと思いました。

この日の主なイベントは次の通りです:
●高速鉄道アフラシャブ号乗車
●グル・アミール廟見学
●シャーヒズィンダ廟群見学
●レジスタン広場観光
●シヨブバザール見学

PR

  • この日は5:00発の高速鉄道・アフラシャブ号に乗るため、3:50にホテルの受付でガイドさんと待ち合わせ、ブハラ駅に向かいました。<br /><br />朝方は日中とは打って変わって肌寒いくらいの気温でしたが、ガイドのニソさん、長袖にダウンのベストを着てきてビックリでした。やっぱ、暑い国の人は、寒さには弱いのかな?<br /><br />

    この日は5:00発の高速鉄道・アフラシャブ号に乗るため、3:50にホテルの受付でガイドさんと待ち合わせ、ブハラ駅に向かいました。

    朝方は日中とは打って変わって肌寒いくらいの気温でしたが、ガイドのニソさん、長袖にダウンのベストを着てきてビックリでした。やっぱ、暑い国の人は、寒さには弱いのかな?

  • アフラシャブ号のチケットです。驚いたのは、電車のチケットであるにも拘わらず、氏名とかパスポート番号まで記載されていることです。改札ではパスポートのチェックがありましたが、私だけでなくガイドのニソさんもパスポートを提示していました。普通の国内便なのに、長距離列車は自国の人もパスポートが必要とのことでした。駅に入るのに荷物チェックもありましたので、国際線の飛行機に乗るのと全く同じでした。

    アフラシャブ号のチケットです。驚いたのは、電車のチケットであるにも拘わらず、氏名とかパスポート番号まで記載されていることです。改札ではパスポートのチェックがありましたが、私だけでなくガイドのニソさんもパスポートを提示していました。普通の国内便なのに、長距離列車は自国の人もパスポートが必要とのことでした。駅に入るのに荷物チェックもありましたので、国際線の飛行機に乗るのと全く同じでした。

  • スペインのTALGOをそのまま持ち込んだようです。学生時代にTALGOは何回か乗りましたが、今はこんな格好しているんですね。

    スペインのTALGOをそのまま持ち込んだようです。学生時代にTALGOは何回か乗りましたが、今はこんな格好しているんですね。

  • アフラシャブ号の社内です。早朝ということもあり、空席が目立ちました。<br /><br />他の方の感想を見ると、静かとか乗り心地がいいとかいう声がありましたので、どんなだか興味を持って乗りましたが、結論から言うと、「うるさい、遅い、乗り心地が悪い」でした。<br /><br />極端に言うと、馬にでも乗っている感じでした!? 線路に凹凸でもあるのか、突き上げというか、気になる上下動がありました。それからカタコト音というより、ドンドンと言う音がもろに室内に入ってきて、結構うるさかったです。最高速度は200キロを越えるようですが、ずっと速度計を見ていると、200キロを越えたのはほんの短い間で、通常は160キロ近辺のスピードで進んでいました。たまたま状態の良くない地域を走ったためなのでしょう。まあ人によって感じ方は違いますので、あくまでご参考ということで。

    アフラシャブ号の社内です。早朝ということもあり、空席が目立ちました。

    他の方の感想を見ると、静かとか乗り心地がいいとかいう声がありましたので、どんなだか興味を持って乗りましたが、結論から言うと、「うるさい、遅い、乗り心地が悪い」でした。

    極端に言うと、馬にでも乗っている感じでした!? 線路に凹凸でもあるのか、突き上げというか、気になる上下動がありました。それからカタコト音というより、ドンドンと言う音がもろに室内に入ってきて、結構うるさかったです。最高速度は200キロを越えるようですが、ずっと速度計を見ていると、200キロを越えたのはほんの短い間で、通常は160キロ近辺のスピードで進んでいました。たまたま状態の良くない地域を走ったためなのでしょう。まあ人によって感じ方は違いますので、あくまでご参考ということで。

  • 車内販売もありました。

    車内販売もありました。

  • 乗車する前に、チケットの確認がありました。これも飛行機に乗る時と同じですね。<br /><br />写真は、サマルカンド駅に到着した時に撮ったものです。

    乗車する前に、チケットの確認がありました。これも飛行機に乗る時と同じですね。

    写真は、サマルカンド駅に到着した時に撮ったものです。

  • サマルカンド駅です。この日も朝から快晴でした。

    サマルカンド駅です。この日も朝から快晴でした。

  • サマルカンド駅の写真を撮ろうと思い、ガイドさんに断って一人で駅前の公園を歩いていたら、3人連れの女子中高生が近づいてきて、「日本人ですか?」と聞かれて、「はい」と答えると、何と「写真一緒に写って下さい!」と予想外のお言葉。こんなことは2度とないと思い、ついでに私のスマホでも撮って貰っちゃいました(^_^)v<br /><br />余りに唐突であったため、最初は理解できませんでした。てっきり夏休みの宿題か何かで、「日本人と写真を撮る!」っていう課題でもあるんだと勝手に納得していましたが、ウズベキスタン滞在中、同じようなことが相次ぎました。シャーヒズィンダ廟群でオジサンに声を掛けられ写真を撮ったり、レジスタン広場でも、ビビハニムモスク前でも、タシケントでも。ガイドさんに聞くと、おしんの影響etc.で日本人の評判はとても良いとのこと。滞在中、一人で行動することが多かったですが、ウズベキスタンの皆さんからとても親切にしてもらい、好感度MAXでした。

    サマルカンド駅の写真を撮ろうと思い、ガイドさんに断って一人で駅前の公園を歩いていたら、3人連れの女子中高生が近づいてきて、「日本人ですか?」と聞かれて、「はい」と答えると、何と「写真一緒に写って下さい!」と予想外のお言葉。こんなことは2度とないと思い、ついでに私のスマホでも撮って貰っちゃいました(^_^)v

    余りに唐突であったため、最初は理解できませんでした。てっきり夏休みの宿題か何かで、「日本人と写真を撮る!」っていう課題でもあるんだと勝手に納得していましたが、ウズベキスタン滞在中、同じようなことが相次ぎました。シャーヒズィンダ廟群でオジサンに声を掛けられ写真を撮ったり、レジスタン広場でも、ビビハニムモスク前でも、タシケントでも。ガイドさんに聞くと、おしんの影響etc.で日本人の評判はとても良いとのこと。滞在中、一人で行動することが多かったですが、ウズベキスタンの皆さんからとても親切にしてもらい、好感度MAXでした。

  • サマルカンド駅に着いた後、すぐにホテルに向かいました。朝方であったため、当然チェックインは出来ず、ロビーのソファーで小一時間仮眠を取った後、市内観光に出掛けました。<br /><br />最初に行ったのはティムール像です。見て、はい終わりで良かったんですが、丁寧に色々教えてもらいました。

    サマルカンド駅に着いた後、すぐにホテルに向かいました。朝方であったため、当然チェックインは出来ず、ロビーのソファーで小一時間仮眠を取った後、市内観光に出掛けました。

    最初に行ったのはティムール像です。見て、はい終わりで良かったんですが、丁寧に色々教えてもらいました。

  • 次に、ティムールが眠っているグル・アミール廟に行きました。

    次に、ティムールが眠っているグル・アミール廟に行きました。

  • グル・アミール廟の中です。黒いのがティムールのお墓です。中は涼しくて居心地が良かったため、椅子に座って暫くの間、建物内を眺めたり、中を行き来する人たちを観察していました。<br /><br />ところで、ガイドのニソさん、座ったところにバッグを置きっぱなしにして、その場を離れてしまうことしばしば。バック持っていかれるんじゃないかとヒヤヒヤでしたが、指摘しても全く気に留めてないようでした。色んな国の観光客が出入りしているから、危ないと思うんだけどなあ。

    グル・アミール廟の中です。黒いのがティムールのお墓です。中は涼しくて居心地が良かったため、椅子に座って暫くの間、建物内を眺めたり、中を行き来する人たちを観察していました。

    ところで、ガイドのニソさん、座ったところにバッグを置きっぱなしにして、その場を離れてしまうことしばしば。バック持っていかれるんじゃないかとヒヤヒヤでしたが、指摘しても全く気に留めてないようでした。色んな国の観光客が出入りしているから、危ないと思うんだけどなあ。

  • 次に行ったのが、写真のウルグベク天文台跡です。更に次はアフラシャブの丘に行きました。定番の観光コースのようですが、余り関心がなかったにも関わらず、丁寧に説明を受けていたため、フラストレーションがピークに達していました。

    次に行ったのが、写真のウルグベク天文台跡です。更に次はアフラシャブの丘に行きました。定番の観光コースのようですが、余り関心がなかったにも関わらず、丁寧に説明を受けていたため、フラストレーションがピークに達していました。

  • 次に向かったのが、シャーヒズィンダ廟群です。写真はその入り口の門です。この階段を数えながら上り、その数が行きも帰りも同じだったら天国に行けるそうです。行きは数を数えましたが、帰りは数えなかったような…。<br /><br />

    次に向かったのが、シャーヒズィンダ廟群です。写真はその入り口の門です。この階段を数えながら上り、その数が行きも帰りも同じだったら天国に行けるそうです。行きは数を数えましたが、帰りは数えなかったような…。

  • シャーヒズィンダ廟群です。じっと説明を聞いているのも堪えられなくなったため、ここでは1時間、自由行動にしてもらいました。<br /><br />サマルカンドブルーに魅せられ、サマルカンドに来たものの、ブハラから青い建造物が続いたため、流石に飽き始めていましたが、シャーヒズィンダ廟群では、これでもかとまた青い霊廟が続きました。そのため、1時間でさえ持て余してしまい、途中から日影のベンチに腰掛けて、ずっと人間観察をしていました。<br /><br />そんな中で驚いたのは、今度はとても人に声を掛けそうにない、30~40歳台くらいの愛想のないオジサン二人組に声を掛けられ、写真を一緒に撮ったことでした。何が目的なのだろうというより、ホントに日本人は評判いいんだと思いました。

    シャーヒズィンダ廟群です。じっと説明を聞いているのも堪えられなくなったため、ここでは1時間、自由行動にしてもらいました。

    サマルカンドブルーに魅せられ、サマルカンドに来たものの、ブハラから青い建造物が続いたため、流石に飽き始めていましたが、シャーヒズィンダ廟群では、これでもかとまた青い霊廟が続きました。そのため、1時間でさえ持て余してしまい、途中から日影のベンチに腰掛けて、ずっと人間観察をしていました。

    そんな中で驚いたのは、今度はとても人に声を掛けそうにない、30~40歳台くらいの愛想のないオジサン二人組に声を掛けられ、写真を一緒に撮ったことでした。何が目的なのだろうというより、ホントに日本人は評判いいんだと思いました。

  • 観光の後はランチでした。写真は定番のサムサです。かまどの壁に手で貼り付けて行くのを見せてもらいました。

    観光の後はランチでした。写真は定番のサムサです。かまどの壁に手で貼り付けて行くのを見せてもらいました。

  • サムサを一つ頂きましたが、例によってお腹の調子が良くなかったため、少しかじって残しました。中には肉とタマネギが入っていましたが、脂っこい感じでした。今見ると美味しそうですので、食べられなかったのが悔やまれます。

    サムサを一つ頂きましたが、例によってお腹の調子が良くなかったため、少しかじって残しました。中には肉とタマネギが入っていましたが、脂っこい感じでした。今見ると美味しそうですので、食べられなかったのが悔やまれます。

  • こちらも定番料理のプロフです。大きな鍋で作って、とてもダイナミックに盛っていました。

    こちらも定番料理のプロフです。大きな鍋で作って、とてもダイナミックに盛っていました。

  • 下がプロフで左上がサマルカンド・ナンです。ナンの王様と言われるサマルカンド・ナンですので楽しみにしていましたが、食べ方が良くなかったのか、イマイチな感じでした。ここのお店のサマルカンド・ナンがイマイチなのか、またはサマルカンド・ナン自体が口に合ってないのか? 個人的にはインドのナンの方が美味しいと思いました。固いのはいいんですが、トルクメニスタンで食べたナンと一緒で、噛んでも甘みが出てこないんです。

    下がプロフで左上がサマルカンド・ナンです。ナンの王様と言われるサマルカンド・ナンですので楽しみにしていましたが、食べ方が良くなかったのか、イマイチな感じでした。ここのお店のサマルカンド・ナンがイマイチなのか、またはサマルカンド・ナン自体が口に合ってないのか? 個人的にはインドのナンの方が美味しいと思いました。固いのはいいんですが、トルクメニスタンで食べたナンと一緒で、噛んでも甘みが出てこないんです。

  • 昼食後、一旦ホテルに戻り、チェックインしました。宿泊したのは、シティという3つ星ホテルでした。離れの部屋でしたが、狭くてイマイチでした。

    昼食後、一旦ホテルに戻り、チェックインしました。宿泊したのは、シティという3つ星ホテルでした。離れの部屋でしたが、狭くてイマイチでした。

  • ホテルで一休みした後、本日のメイン、レジスタン広場に行きました。3つのカラフルな建物は古くからある神学校だそうです。夕刻ホテル待ち合わせにして、完全な自由行動にしてもらいました。

    ホテルで一休みした後、本日のメイン、レジスタン広場に行きました。3つのカラフルな建物は古くからある神学校だそうです。夕刻ホテル待ち合わせにして、完全な自由行動にしてもらいました。

  • 至るところでウェディングドレス姿で記念撮影をしていました。

    至るところでウェディングドレス姿で記念撮影をしていました。

  • 向かって左側のウルグベク・メドレセの前ですが、ここでも新婚カップルが、色んなポーズを取って記念撮影をしていました。<br />

    向かって左側のウルグベク・メドレセの前ですが、ここでも新婚カップルが、色んなポーズを取って記念撮影をしていました。

  • サマルカンドの美男・美女。写真を撮ってもいいですかと声を掛けてみたら、気持ちよく応じてくれて、ポーズまで取ってくれました。ウズベキスタンの人、みんな感じ良かったです。

    サマルカンドの美男・美女。写真を撮ってもいいですかと声を掛けてみたら、気持ちよく応じてくれて、ポーズまで取ってくれました。ウズベキスタンの人、みんな感じ良かったです。

  • こちらは、向かって右側のシェルドル・メドレセです。

    こちらは、向かって右側のシェルドル・メドレセです。

  • 良く見ると、右側のミナレットのてっぺんに人が<br />! ちょっと見づらいですが、上の写真だと二人いるのがわかります。

    良く見ると、右側のミナレットのてっぺんに人が
    ! ちょっと見づらいですが、上の写真だと二人いるのがわかります。

  • 向かって正面のティラカリ・メドレセです。どれも大きくて立派なんですが、みんな同じに見えます。

    向かって正面のティラカリ・メドレセです。どれも大きくて立派なんですが、みんな同じに見えます。

  • ティラカリ・メドレセの中ですが、見とれてしまうほどの美しさでした。こんなデザインの絨毯があったら欲しいかも。

    ティラカリ・メドレセの中ですが、見とれてしまうほどの美しさでした。こんなデザインの絨毯があったら欲しいかも。

  • 壁の装飾も素晴らしいの一言でした。

    壁の装飾も素晴らしいの一言でした。

  • 中央アジア最大のモスク、ビビハニム・モスクの入口です。レジスタン広場の奥の方角にあるんですが、レジスタン広場の奥からうまいこと外に抜ける出口がなく、結局レジスタン広場の入り口まで戻って一旦外に出てから、またレジスタン広場の奥まで外側を通って行きました。<br /><br />ビビハニム・モスクの入口を前にして、疲れていたため日影に座って少しうとうとしてしまいました。

    中央アジア最大のモスク、ビビハニム・モスクの入口です。レジスタン広場の奥の方角にあるんですが、レジスタン広場の奥からうまいこと外に抜ける出口がなく、結局レジスタン広場の入り口まで戻って一旦外に出てから、またレジスタン広場の奥まで外側を通って行きました。

    ビビハニム・モスクの入口を前にして、疲れていたため日影に座って少しうとうとしてしまいました。

  • ビビハニム・モスクの受付です。<br /><br />受付を少し行った辺りで、またウズベキスタンのお兄さんに捕まり、一緒に写真撮影をしました。せっかく一緒に写るなら、若い日本人のお姉さんの方がいいのにね。

    ビビハニム・モスクの受付です。

    受付を少し行った辺りで、またウズベキスタンのお兄さんに捕まり、一緒に写真撮影をしました。せっかく一緒に写るなら、若い日本人のお姉さんの方がいいのにね。

  • とても大きなモスクのため、後ろに下がっても全部入り切りませんでした。おまけに凄い逆光でした。

    とても大きなモスクのため、後ろに下がっても全部入り切りませんでした。おまけに凄い逆光でした。

  • ビビハニム・モスクからちょっと行ったところにある、シヨブ・バザールというバザールの入り口です。マーケットに行くとなぜかワクワクします。

    ビビハニム・モスクからちょっと行ったところにある、シヨブ・バザールというバザールの入り口です。マーケットに行くとなぜかワクワクします。

  • 思ったよりも整然としていて綺麗でしたが、トルクメニスタンで見たマーケットと比べると、広くて活気がありました。

    思ったよりも整然としていて綺麗でしたが、トルクメニスタンで見たマーケットと比べると、広くて活気がありました。

  • マーケットに行くとどこにでもある、香辛料を売るお店

    マーケットに行くとどこにでもある、香辛料を売るお店

  • お菓子売りのお姉さん。興味深そうに見ていたところ、食べてみたらと勧められ、一個食べたついでに写真をお願いしたら、快く受けてくれました。

    お菓子売りのお姉さん。興味深そうに見ていたところ、食べてみたらと勧められ、一個食べたついでに写真をお願いしたら、快く受けてくれました。

  • マーケットから出てレジスタン広場の方に戻る途中に立ち寄ったお土産屋。エコバッグをお買い上げして、ついでにお店のお嬢さんとツーショット写真を撮ってもらいました。

    マーケットから出てレジスタン広場の方に戻る途中に立ち寄ったお土産屋。エコバッグをお買い上げして、ついでにお店のお嬢さんとツーショット写真を撮ってもらいました。

  • ホテルでガイドさんと待ち合わせし、夕食に行きました。この日はなぜかイタリアンでした。

    ホテルでガイドさんと待ち合わせし、夕食に行きました。この日はなぜかイタリアンでした。

  • 一通り出てきましたが、夕食時もお腹の調子が戻らずで、ほんの少し手を付けただけで、ほとんど残してしまいました。

    一通り出てきましたが、夕食時もお腹の調子が戻らずで、ほんの少し手を付けただけで、ほとんど残してしまいました。

  • お腹の調子が悪いと言っていたので、ガイドのニソさんが気を利かせてくれて、インスタントの味噌汁と水筒にお湯を持ってきてくれてました。日本から来たお客さんに貰ったそうです。<br /><br />出された料理をほとんど残しておきながら、味噌汁だけ飲むのも気が引けたんですが、ついついお言葉に甘えて飲んでしまいました。美味しかったのは言うまでもありませんが、その心遣いにとても感激しました。

    お腹の調子が悪いと言っていたので、ガイドのニソさんが気を利かせてくれて、インスタントの味噌汁と水筒にお湯を持ってきてくれてました。日本から来たお客さんに貰ったそうです。

    出された料理をほとんど残しておきながら、味噌汁だけ飲むのも気が引けたんですが、ついついお言葉に甘えて飲んでしまいました。美味しかったのは言うまでもありませんが、その心遣いにとても感激しました。

  • 近くで結婚式をやっているけど覗いてみないかと言われ、是非ともということで覗いてみることに。ところが、ドアを開けた瞬間、参加の皆さんから大注目を浴びてしまい、まあまあ中に入れと言われ、中に入ることに。すると今度は席に座れと言われて、無理やり座らされると、次はテーブルに料理が並んでしまうほどの大歓迎ぶり!

    近くで結婚式をやっているけど覗いてみないかと言われ、是非ともということで覗いてみることに。ところが、ドアを開けた瞬間、参加の皆さんから大注目を浴びてしまい、まあまあ中に入れと言われ、中に入ることに。すると今度は席に座れと言われて、無理やり座らされると、次はテーブルに料理が並んでしまうほどの大歓迎ぶり!

  • 食べたいのはやまやまでしたが、ホントにお腹の調子が良くなかったため、絶対に食べたらやばいと思い、ちょっとだけ口を付けて、この後予定があるからと振り切って出ました。

    食べたいのはやまやまでしたが、ホントにお腹の調子が良くなかったため、絶対に食べたらやばいと思い、ちょっとだけ口を付けて、この後予定があるからと振り切って出ました。

  • ホテルに戻る前にグル・アミール廟に寄ってくれました。ライトアップされたグル・アミール廟は、しっとりとしていて、昼間に増して美しく見えました。

    ホテルに戻る前にグル・アミール廟に寄ってくれました。ライトアップされたグル・アミール廟は、しっとりとしていて、昼間に増して美しく見えました。

  • 開業時間内であったため、中に入るには入場料が必要とのことでしたが、ちょっとそこまで行って写真を撮りたいだけと言ったら、ガイドさんのコネで中まで入れてくれました。

    開業時間内であったため、中に入るには入場料が必要とのことでしたが、ちょっとそこまで行って写真を撮りたいだけと言ったら、ガイドさんのコネで中まで入れてくれました。

  • その後、ライトアップされたレジスタン広場まで行き、ガイドのニソさんとツーショット写真を撮ってもらいました。<br /><br />ウズベキスタンには3日間滞在しましたが、ウズベキスタンの印象がとても良かった、その理由の一つが、ニソさんにとても良くしてもらったことだ思っています。

    その後、ライトアップされたレジスタン広場まで行き、ガイドのニソさんとツーショット写真を撮ってもらいました。

    ウズベキスタンには3日間滞在しましたが、ウズベキスタンの印象がとても良かった、その理由の一つが、ニソさんにとても良くしてもらったことだ思っています。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

タブラオさんの関連旅行記

タブラオさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集