その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
行程<br />1日目 ベトナム・ハノイからラオス・ルアンパバーン(Luang Prabang)へ移動<br />2日目 ルアンパバーン観光<br />3日目 ルアンパバーンからラオス・ルアンナムタ(Luang Namtha)へ移動<br />4日目 ラオス・ボーテン(Borten)から中国・モーハンへ日帰り陸路国境越え ■今回の旅行記■<br />5日目 ルアンナムタでトレッキング<br />6日目 ルアンナムタからタイ・チェンライ(Chiang Rai)へ移動<br />7日目 タイ・メーサーイ(Mae Sai)からミャンマー・タチレイ(Tachileik)への日帰り国境越えとゴールデントライアングル観光<br />8日目 タイ・バンコクへの移動<br />9日目 タイ・カンチャナブリ(Kanchanaburi)へ移動、泰緬鉄道・戦場に架ける橋観光<br />10日目 カンチャナブリ観光、バンコクへ移動<br />11日目 ハノイへ移動<br /><br />⇒:空路 →:バス --&gt;:鉄道<br />ハノイ⇒ルアンパバーン→ルアンナムタ→ボーテン・モーハン国境→ルアンナムタ→ファイサイ・チェーンコーン国境→チェンライ→メーサーイ・タチレイ国境→ゴールデントライアングル→チェンライ⇒バンコク--&gt;カンチャナブリ→バンコク⇒ハノイ<br /><br />目的<br />インドシナ半島の縦横断と陸路国境越え<br />中国が主導する南北回廊ラオス北部の状況視察<br />ゴールデントライアングル観光<br />泰緬鉄道乗車<br /><br /><br />中国・モーハンへの日帰り国境越えにあたりルアンナムタ市内近くのバスターミナルに行きました。<br />遠方行きバスターミナルは市内からかなり遠いですが、近郊行きターミナルは中心部から歩いて10分程です。<br /><br />十数人乗りのバスが止まっていましたが、人数が集まるまで出発しないと言われました。<br />一人で行くなら150USD程度で吹っ掛けられたと思います。<br />日帰り国境越えで時間も限られていたので待つ時間がもったいなく、ツアーデスクに引き返し、バイクタクシーを一日チャーターして国境の街ボーテンに向かうことにしました。<br /><br />ボーテンの街中は3つに分類できると思いました。<br />・昔から存在するローカルの建物<br />・2012年頃までに中国の投資で建てられた建物<br />・最近になって中国の投資で建てられた建物<br /><br />ボーテンは数年前に一度中国の投資でカジノなどが作られました。<br />売春・殺人・覚醒剤などあまりにも治安が悪化しすぎて数年前にラオス政府によってお取りつぶしになっていましたが、<br />ここ数年になってまた中国による投資ラッシュが始まっています。<br />中国の一帯一路構想の一部である南北回廊の重要拠点です。<br />

インドシナ縦横断の旅 ―ラオス ボーテン、中国 磨憨― 廃墟とカジノが混在する街

10いいね!

2018/02/14 - 2018/02/25

218位(同エリア462件中)

旅行記グループ インドシナ縦横断の旅

0

36

ベトナム太郎

ベトナム太郎さん

行程
1日目 ベトナム・ハノイからラオス・ルアンパバーン(Luang Prabang)へ移動
2日目 ルアンパバーン観光
3日目 ルアンパバーンからラオス・ルアンナムタ(Luang Namtha)へ移動
4日目 ラオス・ボーテン(Borten)から中国・モーハンへ日帰り陸路国境越え ■今回の旅行記■
5日目 ルアンナムタでトレッキング
6日目 ルアンナムタからタイ・チェンライ(Chiang Rai)へ移動
7日目 タイ・メーサーイ(Mae Sai)からミャンマー・タチレイ(Tachileik)への日帰り国境越えとゴールデントライアングル観光
8日目 タイ・バンコクへの移動
9日目 タイ・カンチャナブリ(Kanchanaburi)へ移動、泰緬鉄道・戦場に架ける橋観光
10日目 カンチャナブリ観光、バンコクへ移動
11日目 ハノイへ移動

⇒:空路 →:バス -->:鉄道
ハノイ⇒ルアンパバーン→ルアンナムタ→ボーテン・モーハン国境→ルアンナムタ→ファイサイ・チェーンコーン国境→チェンライ→メーサーイ・タチレイ国境→ゴールデントライアングル→チェンライ⇒バンコク-->カンチャナブリ→バンコク⇒ハノイ

目的
インドシナ半島の縦横断と陸路国境越え
中国が主導する南北回廊ラオス北部の状況視察
ゴールデントライアングル観光
泰緬鉄道乗車


中国・モーハンへの日帰り国境越えにあたりルアンナムタ市内近くのバスターミナルに行きました。
遠方行きバスターミナルは市内からかなり遠いですが、近郊行きターミナルは中心部から歩いて10分程です。

十数人乗りのバスが止まっていましたが、人数が集まるまで出発しないと言われました。
一人で行くなら150USD程度で吹っ掛けられたと思います。
日帰り国境越えで時間も限られていたので待つ時間がもったいなく、ツアーデスクに引き返し、バイクタクシーを一日チャーターして国境の街ボーテンに向かうことにしました。

ボーテンの街中は3つに分類できると思いました。
・昔から存在するローカルの建物
・2012年頃までに中国の投資で建てられた建物
・最近になって中国の投資で建てられた建物

ボーテンは数年前に一度中国の投資でカジノなどが作られました。
売春・殺人・覚醒剤などあまりにも治安が悪化しすぎて数年前にラオス政府によってお取りつぶしになっていましたが、
ここ数年になってまた中国による投資ラッシュが始まっています。
中国の一帯一路構想の一部である南北回廊の重要拠点です。

旅行の満足度
5.0
観光
4.0
ホテル
3.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
徒歩 バイク
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回の移動ルートです。

    今回の移動ルートです。

  • 冬のルアンナムタの朝はかなり寒く、バイク移動はさらに厳しいです。<br />この写真の時点ではかなり晴れていますが、早朝のルアンナムタは霧に覆われていてとても写真が撮れる状態ではありませんでした。<br /><br />ボーテンまで2時間、あまりにも寒く中間地点のNatueyという町で休憩しました。<br /><br />写真に写っているバイクで移動です。<br />Natueyから北に向かうと中国か主導する南北回廊に入ります。

    冬のルアンナムタの朝はかなり寒く、バイク移動はさらに厳しいです。
    この写真の時点ではかなり晴れていますが、早朝のルアンナムタは霧に覆われていてとても写真が撮れる状態ではありませんでした。

    ボーテンまで2時間、あまりにも寒く中間地点のNatueyという町で休憩しました。

    写真に写っているバイクで移動です。
    Natueyから北に向かうと中国か主導する南北回廊に入ります。

  • 南北回廊に入ると、道中このような看板が至るところに見られます。<br />バイクをおりて見たいところですが、詳細は帰りに見ることにします。

    南北回廊に入ると、道中このような看板が至るところに見られます。
    バイクをおりて見たいところですが、詳細は帰りに見ることにします。

  • ラオス側のゲートが見えてきました。<br />このころには猛暑です。10時過ぎくらいだったと思います。

    ラオス側のゲートが見えてきました。
    このころには猛暑です。10時過ぎくらいだったと思います。

  • バイクのお兄ちゃんに中入るからちょっと待っててと伝えます。<br />え?!<br />という表情をされましたが、数時間で戻るという雰囲気ジェスチャーで伝えます。

    バイクのお兄ちゃんに中入るからちょっと待っててと伝えます。
    え?!
    という表情をされましたが、数時間で戻るという雰囲気ジェスチャーで伝えます。

  • ラオス出国<br />比較的簡単に通過できました。<br />反対側は中国人の団体ツアーが押し寄せていました。<br /><br />国境間を歩きます。<br />10分程度くらい。

    ラオス出国
    比較的簡単に通過できました。
    反対側は中国人の団体ツアーが押し寄せていました。

    国境間を歩きます。
    10分程度くらい。

  • 中国入国<br />毎度中国への陸路入国は少し時間がかかります。

    中国入国
    毎度中国への陸路入国は少し時間がかかります。

  • イミグレ正面から

    イミグレ正面から

  • 貨物ターミナルです。<br />こういうも好きなのでマジマジと眺めました。

    貨物ターミナルです。
    こういうも好きなのでマジマジと眺めました。

  • イミグレ前の商業施設

    イミグレ前の商業施設

  • 写真右奥にバスターミナルがあって観光客が押し寄せていました。

    写真右奥にバスターミナルがあって観光客が押し寄せていました。

  • 中国への入国後改めて気づいたのですが、当日は旧正月の元旦でした。<br />街のいたるところに爆竹の残骸が散らばってます。<br />お店の多くはさすがに閉まっています。<br />

    中国への入国後改めて気づいたのですが、当日は旧正月の元旦でした。
    街のいたるところに爆竹の残骸が散らばってます。
    お店の多くはさすがに閉まっています。

  • 爆竹だらけ

    爆竹だらけ

  • こちらも

    こちらも

  • こういう表示を見ても中国の一帯一路構想の中でモーハンが重要な拠点であることがうかがえます。

    こういう表示を見ても中国の一帯一路構想の中でモーハンが重要な拠点であることがうかがえます。

  • ハリボテのような人工感満載の街並みがより興味を掻き立ててくれます。

    ハリボテのような人工感満載の街並みがより興味を掻き立ててくれます。

  • 社会主義国のこういったプロパガンダ的なものも大好物です。

    社会主義国のこういったプロパガンダ的なものも大好物です。

  • このあたりくらいしか空いていなかったのでお昼をとります。

    このあたりくらいしか空いていなかったのでお昼をとります。

  • 作り間違えか嫌がらせかわかりませんが、塩辛すぎて食べられませんでした。

    作り間違えか嫌がらせかわかりませんが、塩辛すぎて食べられませんでした。

  • この地図ではすでに南北回廊の鉄道が開通しているのです。

    この地図ではすでに南北回廊の鉄道が開通しているのです。

  • 中国出国<br />あまりバイクのお兄ちゃんを待たせていられないので出国。

    中国出国
    あまりバイクのお兄ちゃんを待たせていられないので出国。

  • ラオス入国<br />こちらもスムーズに入国。<br /><br />バイタクのお兄ちゃんに追加でチップを払ってボーテンの街中をウロチョロしてもらいます。<br /><br />このハリボテ感に興味を掻き立てられます。<br />

    ラオス入国
    こちらもスムーズに入国。

    バイタクのお兄ちゃんに追加でチップを払ってボーテンの街中をウロチョロしてもらいます。

    このハリボテ感に興味を掻き立てられます。

  • 近くに野生のイノシシがいました。

    近くに野生のイノシシがいました。

  • これはラオス政府によってお取りつぶしになる前に建てられた建物でしょうか。<br />廃墟と化しています。

    これはラオス政府によってお取りつぶしになる前に建てられた建物でしょうか。
    廃墟と化しています。

  • こちらも廃墟。

    こちらも廃墟。

  • こういういかがわしいお店もちらほら。<br />また増えるのでしょうね。

    こういういかがわしいお店もちらほら。
    また増えるのでしょうね。

  • これは最近になって作られた百貨店でしょうか。<br />人っ子ひとりいません。<br />そこに汚らしい恰好でカメラを持った人間が入ってきたものだから、みんな露骨に怪訝な表情をしてこちらを見ています。<br />失礼しました。

    これは最近になって作られた百貨店でしょうか。
    人っ子ひとりいません。
    そこに汚らしい恰好でカメラを持った人間が入ってきたものだから、みんな露骨に怪訝な表情をしてこちらを見ています。
    失礼しました。

  • 上の写真の施設ことでしょうか。

    上の写真の施設ことでしょうか。

  • 建設中。

    建設中。

  • おもちゃのようです。

    おもちゃのようです。

  • これは昔からあるであろうローカルの建物群。

    これは昔からあるであろうローカルの建物群。

  • お兄ちゃんも猛暑で疲れ気味です。

    お兄ちゃんも猛暑で疲れ気味です。

  • 国境付近からルアンナムタ方面へ戻ります。<br />山を削りまくっています。

    国境付近からルアンナムタ方面へ戻ります。
    山を削りまくっています。

  • ボーダー手前にあるチェックゲート。<br />こちらは素通りです。貨物車のみチェックされる模様。

    ボーダー手前にあるチェックゲート。
    こちらは素通りです。貨物車のみチェックされる模様。

  • 旧正月休みで人がいなかったので近くまで行って写真が撮れました。<br />南北回廊のためのこれは隧道でしょうか。

    旧正月休みで人がいなかったので近くまで行って写真が撮れました。
    南北回廊のためのこれは隧道でしょうか。

  • 改めてラオスの北部は中国の植民地化が進んでいるという印象を受けました。<br />かなり興味深い旅となりました。

    改めてラオスの北部は中国の植民地化が進んでいるという印象を受けました。
    かなり興味深い旅となりました。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

インドシナ縦横断の旅

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集