東山・祇園・北白川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
次は1月28日、日曜日。<br />27日は奈良を後にして、宿泊は京都。<br />夕食は祇園の前にいったことのある創作割烹のお店にしたかったんですが、前日同様、この時点で20時を過ぎていたので、そのお店も断念。<br />探したところ烏丸御池付近に感じの良さそうな居酒屋?さんを見つけたので、そこで食事をしました。<br />28日は琵琶湖疎水跡から南禅寺、永観堂禅林寺を拝観して哲学の道を散策、銀閣寺を見て終了です。

2018 奈良・京都めぐり②

16いいね!

2018/01/28 - 2018/01/28

1539位(同エリア5051件中)

次は1月28日、日曜日。
27日は奈良を後にして、宿泊は京都。
夕食は祇園の前にいったことのある創作割烹のお店にしたかったんですが、前日同様、この時点で20時を過ぎていたので、そのお店も断念。
探したところ烏丸御池付近に感じの良さそうな居酒屋?さんを見つけたので、そこで食事をしました。
28日は琵琶湖疎水跡から南禅寺、永観堂禅林寺を拝観して哲学の道を散策、銀閣寺を見て終了です。

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 私鉄 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
3.0

PR

  • 土曜日の夕食は烏丸御池にある亀甲屋で。<br />カウンター席もあるので一人でも大丈夫、というのと、もう一つは引き上げ湯葉。<br />やってみたいと思っていたけど、なかなか1人で入れる店では見つけることができなかったので、見つけてすぐに電話。<br />時間も時間だから大丈夫だろう、予約しなくても・・・と思いましたが、行ってみるとかなり混雑していて、予約なしでは厳しかったと思います。<br /><br />引き上げ湯葉は豆乳に湯葉がはるまで少々時間がかかるので、一番最初に頼んで、その他、京都のおばんさいや刺身などを頼みます。<br />店員さんがみなさんとてもいい人で、どれも一人だと量が多いけど、言ってもらえれば一人用にアレンジしますよー、刺身も盛り合わせにしますからお好きなものを言ってくださいね、ということで結構次々に注文。<br />刺身は最初はマグロとひらめにしたものの、店員さんがブリを一緒に入れますよ、と言ってくれて、3点盛りに。<br />やっぱりこの時期の寒ブリは美味しいの一言。もし食べそびれていたらかなり後悔するところでした。<br />あとは生麩。普通に田楽にしてもらったものの他に、串揚げにしてもらったんですが、これがもちもちしていて美味しい。<br /><br />このほかにも、レンコンもちの揚げだし、カニと小カブの酢の物、鰆の西京味噌、ちりめん山椒ごはんなんかを注文。<br />他にもいっぱい気になるものがあったけど、さすがに全部を食べる訳にもいかないし、何より引き上げ湯葉が楽しくてしょうがない。<br /><br />お店の人も「引き上げ湯葉はどちらかというと男性の方が楽しそうに湯葉がはるところを待ってますね~」と。<br />最後はにがりを入れておぼろ豆腐に。<br />これもまた美味しかったです。<br /><br />それとお酒。<br />日本酒飲み比べセットなるものがあって、自分も聞いたことのないようなお酒の飲み比べができるようだったので、やってみたいと思いつつ、でもそれをやってしまうと食べられなくなってしまうので、今回は梅酒に。<br />その梅酒も種類が豊富で選ぶのがなかなか大変でした。<br /><br />最終的には2時間ちょっと居て、梅酒も3杯程度飲んで、お会計は7,500円くらい。<br />予定していた祇園のお店だと1万円は軽く越えていたので、全然満足でした。<br /><br />出るころにはカウンターはほぼ常連のお客さんばかり。<br />一人だけいちげんさんみたいな感じでしたが、お店の皆さんも気を遣ってくれ、自分はどちらかというと常連さんに囲まれるというそういう雰囲気も嫌いじゃないので、なんとなく楽しい気持ちでお店を後にしました。<br />最後は女将さんがいってらっしゃい、としばらく見送ってくれました。<br /><br />また京都にお気に入りのお店が1つ増えました。

    土曜日の夕食は烏丸御池にある亀甲屋で。
    カウンター席もあるので一人でも大丈夫、というのと、もう一つは引き上げ湯葉。
    やってみたいと思っていたけど、なかなか1人で入れる店では見つけることができなかったので、見つけてすぐに電話。
    時間も時間だから大丈夫だろう、予約しなくても・・・と思いましたが、行ってみるとかなり混雑していて、予約なしでは厳しかったと思います。

    引き上げ湯葉は豆乳に湯葉がはるまで少々時間がかかるので、一番最初に頼んで、その他、京都のおばんさいや刺身などを頼みます。
    店員さんがみなさんとてもいい人で、どれも一人だと量が多いけど、言ってもらえれば一人用にアレンジしますよー、刺身も盛り合わせにしますからお好きなものを言ってくださいね、ということで結構次々に注文。
    刺身は最初はマグロとひらめにしたものの、店員さんがブリを一緒に入れますよ、と言ってくれて、3点盛りに。
    やっぱりこの時期の寒ブリは美味しいの一言。もし食べそびれていたらかなり後悔するところでした。
    あとは生麩。普通に田楽にしてもらったものの他に、串揚げにしてもらったんですが、これがもちもちしていて美味しい。

    このほかにも、レンコンもちの揚げだし、カニと小カブの酢の物、鰆の西京味噌、ちりめん山椒ごはんなんかを注文。
    他にもいっぱい気になるものがあったけど、さすがに全部を食べる訳にもいかないし、何より引き上げ湯葉が楽しくてしょうがない。

    お店の人も「引き上げ湯葉はどちらかというと男性の方が楽しそうに湯葉がはるところを待ってますね~」と。
    最後はにがりを入れておぼろ豆腐に。
    これもまた美味しかったです。

    それとお酒。
    日本酒飲み比べセットなるものがあって、自分も聞いたことのないようなお酒の飲み比べができるようだったので、やってみたいと思いつつ、でもそれをやってしまうと食べられなくなってしまうので、今回は梅酒に。
    その梅酒も種類が豊富で選ぶのがなかなか大変でした。

    最終的には2時間ちょっと居て、梅酒も3杯程度飲んで、お会計は7,500円くらい。
    予定していた祇園のお店だと1万円は軽く越えていたので、全然満足でした。

    出るころにはカウンターはほぼ常連のお客さんばかり。
    一人だけいちげんさんみたいな感じでしたが、お店の皆さんも気を遣ってくれ、自分はどちらかというと常連さんに囲まれるというそういう雰囲気も嫌いじゃないので、なんとなく楽しい気持ちでお店を後にしました。
    最後は女将さんがいってらっしゃい、としばらく見送ってくれました。

    また京都にお気に入りのお店が1つ増えました。

    亀甲屋 グルメ・レストラン

  • 翌日はホテルをチェックアウト時間11時ぎりぎりに後にして、蹴上インクラインから南禅寺へ向かいます。<br /><br />ここ、春はさくらがきれいなんですよね。

    翌日はホテルをチェックアウト時間11時ぎりぎりに後にして、蹴上インクラインから南禅寺へ向かいます。

    ここ、春はさくらがきれいなんですよね。

    インクライン 名所・史跡

  • 南禅寺です。<br /><br />まだ1月だからなのか?三門の前では着物を着た皆さんで記念撮影をしています。<br /><br />三門は別途拝観料を払うと絶景の上層部に上がることが出来ますが、今回は特に登りませんでした。

    南禅寺です。

    まだ1月だからなのか?三門の前では着物を着た皆さんで記念撮影をしています。

    三門は別途拝観料を払うと絶景の上層部に上がることが出来ますが、今回は特に登りませんでした。

    南禅寺 三門 名所・史跡

  • 法堂では昨日に引き続きお参りを。

    法堂では昨日に引き続きお参りを。

    南禅寺 法堂 寺・神社

  • この日も朝からとても寒かったんですが、それがわかる写真。<br />これは聴松院というお寺のお庭にあったもの。<br /><br />ここまで凍りますか。

    この日も朝からとても寒かったんですが、それがわかる写真。
    これは聴松院というお寺のお庭にあったもの。

    ここまで凍りますか。

    南禅寺 聴松院 寺・神社

  • 琵琶湖から流れてくる水は本当にきれいです。<br />今日の目的はとりあえず哲学の道の散策。<br />なので、南禅寺の方丈もすっ飛ばして次へ向かいます。<br /><br />多分、今年もう1回は南禅寺に来る予感がしています。

    琵琶湖から流れてくる水は本当にきれいです。
    今日の目的はとりあえず哲学の道の散策。
    なので、南禅寺の方丈もすっ飛ばして次へ向かいます。

    多分、今年もう1回は南禅寺に来る予感がしています。

  • 哲学の道に向かう際に通った永観堂禅林寺。<br /><br />岡寺と一緒で、あれ?ここ入った?となったので、拝観することにしました。<br />本堂については撮影禁止ので写真はありませんが、ここでは阿弥陀堂にいらっしゃる「見かえり阿弥陀」さまは必見。<br />阿弥陀さまが首を左に振り向いている仏像です。<br /><br />みるとやっぱり来たことあるかも・・・と。<br /><br />ただ、永観堂禅林寺も境内が広いので、歩くだけでも気持ちがいいです。

    哲学の道に向かう際に通った永観堂禅林寺。

    岡寺と一緒で、あれ?ここ入った?となったので、拝観することにしました。
    本堂については撮影禁止ので写真はありませんが、ここでは阿弥陀堂にいらっしゃる「見かえり阿弥陀」さまは必見。
    阿弥陀さまが首を左に振り向いている仏像です。

    みるとやっぱり来たことあるかも・・・と。

    ただ、永観堂禅林寺も境内が広いので、歩くだけでも気持ちがいいです。

    永観堂(禅林寺) 寺・神社

  • こちらは多宝堂。<br />下層は方形、上層は円形という珍しい塔。

    こちらは多宝堂。
    下層は方形、上層は円形という珍しい塔。

  • 多宝堂まで上がると、京都の街が一望できます。<br />自分はよく鈴虫寺など嵯峨・嵐山方面に伺うので、西側から東側を望むのは結構見るんですが、東側から西側を見るのは、せいぜい清水寺に行った時くらい。<br /><br />京都市役所とか、ホテルオークラとかがよく見えています。

    多宝堂まで上がると、京都の街が一望できます。
    自分はよく鈴虫寺など嵯峨・嵐山方面に伺うので、西側から東側を望むのは結構見るんですが、東側から西側を見るのは、せいぜい清水寺に行った時くらい。

    京都市役所とか、ホテルオークラとかがよく見えています。

  • 宝生池をくるっとまわって、拝観は終了。<br />写真にはない釈迦堂のふすま絵、唐門、非田梅とか三鈷の松とかを見ているうちに、すっかりお昼の時間に。

    宝生池をくるっとまわって、拝観は終了。
    写真にはない釈迦堂のふすま絵、唐門、非田梅とか三鈷の松とかを見ているうちに、すっかりお昼の時間に。

  • お昼は永観堂禅林寺を出てすぐ目の前のおそば屋さんにしました。<br />久しぶりのにしんそばです。

    お昼は永観堂禅林寺を出てすぐ目の前のおそば屋さんにしました。
    久しぶりのにしんそばです。

    山源 グルメ・レストラン

  • そうして、いよいよ哲学の道。<br />本当はゆっくりいろいろと見ながら歩きたいところ。<br /><br />でも、なんだか雲行きが怪しいということで、一路銀閣寺を目指して、みたいな感じで進みます。<br />時期も時期なだけに、あまり開いているお店も多くなかった感じ。<br /><br />なんかただ、1つだけ気になったのが、えらくファンシーっぽそうなお店の店員さんがかなりなおじさんだったところ。<br />あれは一体なんのお店だったんだろう・・・

    そうして、いよいよ哲学の道。
    本当はゆっくりいろいろと見ながら歩きたいところ。

    でも、なんだか雲行きが怪しいということで、一路銀閣寺を目指して、みたいな感じで進みます。
    時期も時期なだけに、あまり開いているお店も多くなかった感じ。

    なんかただ、1つだけ気になったのが、えらくファンシーっぽそうなお店の店員さんがかなりなおじさんだったところ。
    あれは一体なんのお店だったんだろう・・・

    哲学の道 名所・史跡

  • そうこうしているうちに、銀閣寺到着。<br />正式名称が慈照寺銀閣ということはみなさん周知のことでしょう。<br /><br />この頃には雪もかなり降ってきていました。<br />(まだ写真にはそこまで写っていません)<br /><br />でも、雪の降る銀閣。<br />金閣に雪、というのも似合いますが、銀閣と雪、というのもなんとも言えず日本らしい風景のような気がします。

    そうこうしているうちに、銀閣寺到着。
    正式名称が慈照寺銀閣ということはみなさん周知のことでしょう。

    この頃には雪もかなり降ってきていました。
    (まだ写真にはそこまで写っていません)

    でも、雪の降る銀閣。
    金閣に雪、というのも似合いますが、銀閣と雪、というのもなんとも言えず日本らしい風景のような気がします。

    銀閣寺 観音殿(銀閣) 名所・史跡

  • 水も冷たそう。

    水も冷たそう。

  • 方丈と東求堂です。<br />方丈は普段は拝観できませんが、今やっている「京の冬の旅」という特別期間中の市内観光バスでは特別コースが設定されているようで、団体さまが方丈の中に入っていっていました。<br /><br />団体っていうのはこういうとき強いんですよね。

    方丈と東求堂です。
    方丈は普段は拝観できませんが、今やっている「京の冬の旅」という特別期間中の市内観光バスでは特別コースが設定されているようで、団体さまが方丈の中に入っていっていました。

    団体っていうのはこういうとき強いんですよね。

    銀閣寺 東求堂 名所・史跡

  • お庭を巡ると銀閣や方丈、東求堂、さらに街並みを望めるところに出ます。<br /><br />天気が良かったら、遠くまで見通せるんだけどなぁ・・・という感じです。

    お庭を巡ると銀閣や方丈、東求堂、さらに街並みを望めるところに出ます。

    天気が良かったら、遠くまで見通せるんだけどなぁ・・・という感じです。

  • 段々と雪は強くなってきて、最後、お土産を売っているところまでたどり着いた時には結構な強い振り方に。<br />落ち着く頃を見計らって外に出たものの、結局すぐに降ってきたりと、雪が降ったり止んだりという状況。<br />寒さも手伝って、バス停までに焼きおにぎり屋さんなんかを寄り道して進みます。<br /><br />それと、雪もちょっと心配になるような天気になってきたので、そろそろこの辺りで観光を切り上げることに。<br />祇園の花見小路にある不老庵でいつも買うちりめん山椒を買って、駅では阿闍梨餅を買い、辻利の抹茶ラテを飲んで、京都を後にします。

    段々と雪は強くなってきて、最後、お土産を売っているところまでたどり着いた時には結構な強い振り方に。
    落ち着く頃を見計らって外に出たものの、結局すぐに降ってきたりと、雪が降ったり止んだりという状況。
    寒さも手伝って、バス停までに焼きおにぎり屋さんなんかを寄り道して進みます。

    それと、雪もちょっと心配になるような天気になってきたので、そろそろこの辺りで観光を切り上げることに。
    祇園の花見小路にある不老庵でいつも買うちりめん山椒を買って、駅では阿闍梨餅を買い、辻利の抹茶ラテを飲んで、京都を後にします。

    御米司ふみや グルメ・レストラン

  • そして向かうは大阪。<br />今回、まだたこ焼きを食べていないので戻ってきました。<br />やっぱりたこ焼きは大阪じゃないと、ということでいつも行く、なんばのわなかさんに向かいます。<br /><br />何気にGoogle Mapsを見ていると、どうやらなんばの丸井の近くにもお店があるよう。<br />いつも行くのは吉本のなんばグランド花月の前にあるお店なんですが、今回は丸井の近くのお店にします。<br /><br />ここ最近は塩で食べることが多かったんですけど、今回は醤油とねぎたっぷりで。<br />これがなかなか美味しかったです。

    そして向かうは大阪。
    今回、まだたこ焼きを食べていないので戻ってきました。
    やっぱりたこ焼きは大阪じゃないと、ということでいつも行く、なんばのわなかさんに向かいます。

    何気にGoogle Mapsを見ていると、どうやらなんばの丸井の近くにもお店があるよう。
    いつも行くのは吉本のなんばグランド花月の前にあるお店なんですが、今回は丸井の近くのお店にします。

    ここ最近は塩で食べることが多かったんですけど、今回は醤油とねぎたっぷりで。
    これがなかなか美味しかったです。

    たこ焼道楽 わなか なんば店 グルメ・レストラン

  • 最後は新大阪駅で551蓬莱の肉まんとシュウマイを買い込んで新幹線に乗り込みました。<br />さすがにたこ焼きとシュウマイを食べたら肉まんが入る場所はなくなってしまったので、肉まんはお持ち帰り。<br /><br />今回はしばらく行っていなかった奈良に行ったりして、久しぶりにリフレッシュできました。<br /><br />翌週は福岡に初上陸?します!

    最後は新大阪駅で551蓬莱の肉まんとシュウマイを買い込んで新幹線に乗り込みました。
    さすがにたこ焼きとシュウマイを食べたら肉まんが入る場所はなくなってしまったので、肉まんはお持ち帰り。

    今回はしばらく行っていなかった奈良に行ったりして、久しぶりにリフレッシュできました。

    翌週は福岡に初上陸?します!

    551蓬莱 JR新大阪駅中央口店 グルメ・レストラン

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

東山・祇園・北白川(京都) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集