ドブロブニーク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
★クロアチア周辺1人旅13日間(個人旅行)★<br /><br />【周遊国】※5カ国<br />トルコ→スロベニア→クロアチア→ボスニアヘルツェゴビナ→モンテネグロ<br /><br />【周遊都市】※南下していくコース。<br />イスタンブール→ポストイナ →ブレッド→リュブリャナ→ザグレブ→プリトヴィッツェ→ザダル→シベニク→スプリット→トロギール →ドブロヴニク→メジュゴリエ→モスタル→ポチテリ→ペラスト→コトル→ブドヴァ <br /><br />【宿泊】<br />イスタンブール1泊(0.5?)・・・AKGUN<br />リュブリャナ2泊・・・Guesthouse Stari Tišler<br />ザグレブ2泊・・・Apartments ABA Zagreb<br />ザダル1泊・・・Guest House Renata<br />スプリット2泊・・・Luxury Room Kokola<br />ドブロヴニク3泊・・・Apartments Lucic peline13<br />※周遊マップは↓↓↓<br /><br />【飛行機】ターキッシュエアラインズ<br />行)成田→イスタンブール→リュブリャナ<br />帰)ドブロヴニク→イスタンブール→成田<br /><br />【きっかけ】<br />年内にもう一度旅行がしたい→「クロアチアがいいよ」と立て続けに耳にする→どうせ冬にしか行けない→ならばクリスマスを楽しみたい→ツアーを検討→ザグレブに昼間数時間だったり(クリスマスなので夜見たい)ドブロヴニクに半日だったり…1人部屋追加料金が高かったり、希望の航空会社じゃなかったり…<br /><br />そして極め付きは「12月1日から燃油サーチャージ2倍」(@_@)<br />もったいな過ぎるから11月中に自分で航空券を発券してしまった(ツアーより長く行って、かつ安く行ってやるっ!とやる気満々p(^_^)q)<br /><br />【VSツアー】※同内容ツアーと比較<br />〈メリット〉<br />・だいたい8泊10日前後→11泊13日へ延長<br />・だいたい総額25万円→総額20万円へ減額<br />・だいたい1泊ずつ移動→ほぼ連泊で予約<br />・各都市数時間→昼も夜も両方観光<br />・航空会社未定→航空会社も便も選べる。<br />・事前座席指定不可→座席指定OK,変更もOK<br />・常に時間に追われる→好きな時間に起きて、自由にのんびり行動できる。写真も撮り放題!<br />・配給のようにあてがわれる食事→自分で選んでオーダーできる楽しみがある。<br />・イスタンブール観光付き!<br />〈デメリット〉<br />・スーツケースを持っての移動が大変。<br />・日本語での説明は一切ない。<br />・入場料等団体割引もなく、その都度別途支払う。

☆・:*+2017クリスマス(13完)+*:・☆ in ドブロヴニク~アドリア海の真珠~絶景*\(^o^)/*

41いいね!

2017/12/19 - 2017/12/31

119位(同エリア1683件中)

8

120

花花まりん

花花まりんさん

★クロアチア周辺1人旅13日間(個人旅行)★

【周遊国】※5カ国
トルコ→スロベニア→クロアチア→ボスニアヘルツェゴビナ→モンテネグロ

【周遊都市】※南下していくコース。
イスタンブール→ポストイナ →ブレッド→リュブリャナ→ザグレブ→プリトヴィッツェ→ザダル→シベニク→スプリット→トロギール →ドブロヴニク→メジュゴリエ→モスタル→ポチテリ→ペラスト→コトル→ブドヴァ

【宿泊】
イスタンブール1泊(0.5?)・・・AKGUN
リュブリャナ2泊・・・Guesthouse Stari Tišler
ザグレブ2泊・・・Apartments ABA Zagreb
ザダル1泊・・・Guest House Renata
スプリット2泊・・・Luxury Room Kokola
ドブロヴニク3泊・・・Apartments Lucic peline13
※周遊マップは↓↓↓

【飛行機】ターキッシュエアラインズ
行)成田→イスタンブール→リュブリャナ
帰)ドブロヴニク→イスタンブール→成田

【きっかけ】
年内にもう一度旅行がしたい→「クロアチアがいいよ」と立て続けに耳にする→どうせ冬にしか行けない→ならばクリスマスを楽しみたい→ツアーを検討→ザグレブに昼間数時間だったり(クリスマスなので夜見たい)ドブロヴニクに半日だったり…1人部屋追加料金が高かったり、希望の航空会社じゃなかったり…

そして極め付きは「12月1日から燃油サーチャージ2倍」(@_@)
もったいな過ぎるから11月中に自分で航空券を発券してしまった(ツアーより長く行って、かつ安く行ってやるっ!とやる気満々p(^_^)q)

【VSツアー】※同内容ツアーと比較
〈メリット〉
・だいたい8泊10日前後→11泊13日へ延長
・だいたい総額25万円→総額20万円へ減額
・だいたい1泊ずつ移動→ほぼ連泊で予約
・各都市数時間→昼も夜も両方観光
・航空会社未定→航空会社も便も選べる。
・事前座席指定不可→座席指定OK,変更もOK
・常に時間に追われる→好きな時間に起きて、自由にのんびり行動できる。写真も撮り放題!
・配給のようにあてがわれる食事→自分で選んでオーダーできる楽しみがある。
・イスタンブール観光付き!
〈デメリット〉
・スーツケースを持っての移動が大変。
・日本語での説明は一切ない。
・入場料等団体割引もなく、その都度別途支払う。

同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
ターキッシュ エアラインズ
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
3.5

PR

  • 【12月27日(水)~30日(土)】<br />いよいよ、最終目的地『ドブロヴニク』まで辿り着きました!<br />とうとう、サンタも1番下まで進みましたね(^_-)<br />※実際は『ドゥブロヴニク』に近い発音です。<br /><br />そして、この旅行記も遂にラストを迎えました!<br />今回は『最終回拡大スペシャル☆』なので、写真が多めですが、素敵な街なので、是非ゆっくりご覧下さい(*^o^*)<br /><br />◆◇12月30日(土)のスケジュール◇◆<br />『日の出をみる』<br />             ↓<br />『ロープウェイでスルジ山へ登る』<br />             ↓<br />『旧市街の城壁内を散策』<br />             ↓<br />『ロヴリイェナツ要塞に登る』<br />             ↓<br />『バニェ・ビーチからサンセットを見る』<br />             ↓<br />『ドブロヴニク空港へ』<br /><br />サンライズからサンセットまで、終日ドブロヴニクを満喫し、19時15分の飛行機で帰国します(;_;)

    【12月27日(水)~30日(土)】
    いよいよ、最終目的地『ドブロヴニク』まで辿り着きました!
    とうとう、サンタも1番下まで進みましたね(^_-)
    ※実際は『ドゥブロヴニク』に近い発音です。

    そして、この旅行記も遂にラストを迎えました!
    今回は『最終回拡大スペシャル☆』なので、写真が多めですが、素敵な街なので、是非ゆっくりご覧下さい(*^o^*)

    ◆◇12月30日(土)のスケジュール◇◆
    『日の出をみる』

    『ロープウェイでスルジ山へ登る』

    『旧市街の城壁内を散策』

    『ロヴリイェナツ要塞に登る』

    『バニェ・ビーチからサンセットを見る』

    『ドブロヴニク空港へ』

    サンライズからサンセットまで、終日ドブロヴニクを満喫し、19時15分の飛行機で帰国します(;_;)

  • まず、ケーブルカーから撮った写真です。<br />上)上半分の城壁で囲まれた部分が旧市街<br />下)★マークの場所が宿泊先のルチチ<br /><br />この★マークの所から「ドブロヴニクのサンライズ」を4方向撮りました(^-^)v<br />※左方向からA,B,C,Dとなります。←重要!笑<br /><br />なんだか『定点観測』のようになってしまいましたが、時間ごとに違う表情を見せる「アドリア海&amp;旧市街」の景色をお楽しみ下さい♪

    まず、ケーブルカーから撮った写真です。
    上)上半分の城壁で囲まれた部分が旧市街
    下)★マークの場所が宿泊先のルチチ

    この★マークの所から「ドブロヴニクのサンライズ」を4方向撮りました(^-^)v
    ※左方向からA,B,C,Dとなります。←重要!笑

    なんだか『定点観測』のようになってしまいましたが、時間ごとに違う表情を見せる「アドリア海&旧市街」の景色をお楽しみ下さい♪

  • 〈6:45〉~お天気カメラAより~(笑)<br />まずは1番左の『A』夜明け前の城壁です。

    〈6:45〉~お天気カメラAより~(笑)
    まずは1番左の『A』夜明け前の城壁です。

  • 〈7:10〉~お天気カメラAより~<br />東の空がだんだん明るくなってきました。

    〈7:10〉~お天気カメラAより~
    東の空がだんだん明るくなってきました。

  • 〈7:30〉~お天気カメラAより~<br />日が昇りました\(^o^)/

    〈7:30〉~お天気カメラAより~
    日が昇りました\(^o^)/

  • 〈8:25〉~お天気カメラAより~<br />城壁とドミニコ会修道院の鐘楼です。

    〈8:25〉~お天気カメラAより~
    城壁とドミニコ会修道院の鐘楼です。

  • 〈6:40〉~お天気カメラBより~<br />次は少し右方向の『B』<br />昨日より、雲も薄く、美しい夜明けです★<br />ライトアップされた時計塔,大聖堂が輝いています!

    〈6:40〉~お天気カメラBより~
    次は少し右方向の『B』
    昨日より、雲も薄く、美しい夜明けです★
    ライトアップされた時計塔,大聖堂が輝いています!

  • 〈7:10〉~お天気カメラBより~<br />ロクルム島周辺が紅く染まり、絵画のような朝焼けでした。

    〈7:10〉~お天気カメラBより~
    ロクルム島周辺が紅く染まり、絵画のような朝焼けでした。

  • 〈7:15〉~お天気カメラBより~<br />左から、ベルタワー,聖ウラボ教会,ドブロヴニク大聖堂です。

    〈7:15〉~お天気カメラBより~
    左から、ベルタワー,聖ウラボ教会,ドブロヴニク大聖堂です。

  • 〈7:20〉~お天気カメラBより~<br />だいぶ明るくなりました。右奥には「聖イグナチオ教会」も見えます。

    〈7:20〉~お天気カメラBより~
    だいぶ明るくなりました。右奥には「聖イグナチオ教会」も見えます。

  • 〈7:30〉~お天気カメラBより~<br />日が昇りました\(^o^)/

    〈7:30〉~お天気カメラBより~
    日が昇りました\(^o^)/

  • 〈7:15〉~お天気カメラCより~<br />正面です『C』です。<br />吸い込まれてしまいそうな風景です。

    〈7:15〉~お天気カメラCより~
    正面です『C』です。
    吸い込まれてしまいそうな風景です。

  • 〈7:40〉~お天気カメラCより~<br />青とオレンジの空×青いアドリア海とオレンジの屋根の組み合わせが美しい .。.:*☆

    〈7:40〉~お天気カメラCより~
    青とオレンジの空×青いアドリア海とオレンジの屋根の組み合わせが美しい .。.:*☆

  • 〈8:20〉~お天気カメラCより~<br />だいぶ明るくなりました。日の出頃が一番きれいだったかな。

    〈8:20〉~お天気カメラCより~
    だいぶ明るくなりました。日の出頃が一番きれいだったかな。

  • 〈7:20〉~お天気カメラCより~<br />部屋からバルコニー越しに。

    〈7:20〉~お天気カメラCより~
    部屋からバルコニー越しに。

  • 〈8:20〉~お天気カメラCより~<br />バルコニー越し、その2。<br />最終日に美しいサンライズが見れて感動☆

    〈8:20〉~お天気カメラCより~
    バルコニー越し、その2。
    最終日に美しいサンライズが見れて感動☆

  • 〈6:50〉 ~お天気カメラDより~<br />最後は1番右方向『D』です。<br />高い塔はフランシスコ会修道院の鐘楼です。※あとで行きます。

    〈6:50〉 ~お天気カメラDより~
    最後は1番右方向『D』です。
    高い塔はフランシスコ会修道院の鐘楼です。※あとで行きます。

  • 〈7:40〉 ~お天気カメラDより~<br />日の出の少し後。オレンジの屋根に朝日が当たり、きれいでした☆彡

    〈7:40〉 ~お天気カメラDより~
    日の出の少し後。オレンジの屋根に朝日が当たり、きれいでした☆彡

  • 〈8:20〉 ~お天気カメラDより~<br />今日はいい天気o(^▽^)o<br />次はスルジ山へ行ってきまーす!

    〈8:20〉 ~お天気カメラDより~
    今日はいい天気o(^▽^)o
    次はスルジ山へ行ってきまーす!

  • 【8:55】<br />ブジャ門より、スルジ山を望む。<br />雲一つない「青空」o(^o^)o

    【8:55】
    ブジャ門より、スルジ山を望む。
    雲一つない「青空」o(^o^)o

  • 部屋から徒歩3分位です。<br />上)真ん中の「ATLAS」で帰りの空港シャトルを予約しました。<br />下)ケーブルカー乗り場

    部屋から徒歩3分位です。
    上)真ん中の「ATLAS」で帰りの空港シャトルを予約しました。
    下)ケーブルカー乗り場

  • 【9:00】<br />始発のケーブルカーに乗ります。<br />左上→右上→左下→右下の順に、どんどん高くなってます(笑)

    【9:00】
    始発のケーブルカーに乗ります。
    左上→右上→左下→右下の順に、どんどん高くなってます(笑)

  • 乗客は私と日本人男性の2名だけでした!<br />なので、写真も四方八方、撮り放題です(^^)v<br /><br />そう、スロベニアのポストイナ から約1週間,日本人は見掛けませんでしたが、ドブロヴニクに着くと、ちらほらお見掛けました。

    乗客は私と日本人男性の2名だけでした!
    なので、写真も四方八方、撮り放題です(^^)v

    そう、スロベニアのポストイナ から約1週間,日本人は見掛けませんでしたが、ドブロヴニクに着くと、ちらほらお見掛けました。

  • スルジ山頂上に到着しました!<br />洗車後で窓も車内もピカピカでした♪

    スルジ山頂上に到着しました!
    洗車後で窓も車内もピカピカでした♪

  • 標高412mの山で、わずか3分程で到着。<br />でも往復「140クーナ !」※2,500円位<br />素晴らしい景色だけど、高いっ(°_°)

    標高412mの山で、わずか3分程で到着。
    でも往復「140クーナ !」※2,500円位
    素晴らしい景色だけど、高いっ(°_°)

  • 右手方向に見えるのが、新市街方面です。<br />大型ホテルはだいたい新市街のラパッド地区にあります。(エクスカーションに参加した際、ほとんどの他参加者をラパッド地区でピックアップしました)<br />

    右手方向に見えるのが、新市街方面です。
    大型ホテルはだいたい新市街のラパッド地区にあります。(エクスカーションに参加した際、ほとんどの他参加者をラパッド地区でピックアップしました)

  • 展望台をぐるっと散策します。<br />山側の眺めもよかったですo(^▽^)o<br />犬の散歩をしてる方が1人いただけで、また「ほぼ貸切」でした!(麓から歩いて登ってきたらしい)

    展望台をぐるっと散策します。
    山側の眺めもよかったですo(^▽^)o
    犬の散歩をしてる方が1人いただけで、また「ほぼ貸切」でした!(麓から歩いて登ってきたらしい)

  • 。+ナポレオンから贈られた巨大な十字架+。

    。+ナポレオンから贈られた巨大な十字架+。

  • 「ロクルム島&amp;旧市街」

    「ロクルム島&旧市街」

  • 絶景だ♪───O(≧∇≦)O────♪

    絶景だ♪───O(≧∇≦)O────♪

  • 青空にたなびくクロアチア国旗と十字架。<br />最後に最高の天気に恵まれました\(^o^)/

    青空にたなびくクロアチア国旗と十字架。
    最後に最高の天気に恵まれました\(^o^)/

  • 一面、光り輝くアドリア海・:*+.\(^_^)/.:+<br /><br />「クロアチアよ、ありがとう!」という思いいっぱいで、ケーブルカーで下りました( ; _ ; )/~~~

    一面、光り輝くアドリア海・:*+.\(^_^)/.:+

    「クロアチアよ、ありがとう!」という思いいっぱいで、ケーブルカーで下りました( ; _ ; )/~~~

  • 『ルチチ peline13』<br />一旦、部屋に戻ります。<br />右下)2階の左の部屋に泊まりました。<br />右上)↑の窓です。窓から城壁の上を散歩してる人達が見えました。

    『ルチチ peline13』
    一旦、部屋に戻ります。
    右下)2階の左の部屋に泊まりました。
    右上)↑の窓です。窓から城壁の上を散歩してる人達が見えました。

  • 左上)城壁側の窓<br />右上)海側の窓 ※何度も登場済^^;<br />下)部屋は「普通」でした。<br />

    左上)城壁側の窓
    右上)海側の窓 ※何度も登場済^^;
    下)部屋は「普通」でした。

  • 〈10:45〉~お天気カメラBより~<br />最後なので、つい…(^^;)<br />これがさっき、スルジ山山頂から見えたロクルム島です!

    〈10:45〉~お天気カメラBより~
    最後なので、つい…(^^;)
    これがさっき、スルジ山山頂から見えたロクルム島です!

  • ~お天気カメラCより~<br />もう、日差しが強くて眩しかったです(ノ_<)

    ~お天気カメラCより~
    もう、日差しが強くて眩しかったです(ノ_<)

  • ~お天気カメラDより~<br />これで見納めとなります(^-^;<br />「以上、お天気カメラより中継でした」笑。

    ~お天気カメラDより~
    これで見納めとなります(^-^;
    「以上、お天気カメラより中継でした」笑。

  • この後、城壁の上を散策しようか迷ったのですが、部屋からもスルジ山からも、同じ方向からの『絶景』を見れたので、逆に右奥☆彡マークの「ロヴリイェナツ要塞の頂上からこちら方面を見てみよう!」と、あの星☆彡を目指す事にしましたp(^_^)q

    この後、城壁の上を散策しようか迷ったのですが、部屋からもスルジ山からも、同じ方向からの『絶景』を見れたので、逆に右奥☆彡マークの「ロヴリイェナツ要塞の頂上からこちら方面を見てみよう!」と、あの星☆彡を目指す事にしましたp(^_^)q

  • 『旧市街マップ』<br />ロヴリイェナツ要塞に向かう前に、旧市街内を散策しながら通り抜けます。<br />ただ、夜も散策した為、旧市街の中の写真は時系列でなく、★☆昼夜Mix☆★してみました。<br /><br />ここからは、昼☆と夜★で違う表情を見せるドブロヴニクの旧市街をお楽しみ下さい♪

    『旧市街マップ』
    ロヴリイェナツ要塞に向かう前に、旧市街内を散策しながら通り抜けます。
    ただ、夜も散策した為、旧市街の中の写真は時系列でなく、★☆昼夜Mix☆★してみました。

    ここからは、昼☆と夜★で違う表情を見せるドブロヴニクの旧市街をお楽しみ下さい♪

  • 『ピレ門』<br />旧市街の西側にあり、数世紀に渡ってメインの入口として使われていた門。

    『ピレ門』
    旧市街の西側にあり、数世紀に渡ってメインの入口として使われていた門。

  • 夜ver★<br />クリスマス仕様でした☆彡

    夜ver★
    クリスマス仕様でした☆彡

  • ピレ門周辺。

    ピレ門周辺。

  • ピレ門周辺 夜ver.

    ピレ門周辺 夜ver.

  • 『フランシスコ会修道院』<br />ピレ門のすぐ脇にある大きな修道院です。14世紀のロマネスク様式の回廊の壁には、病める人々を癒す修道僧の姿が描かれているそうです。<br />※カメラDから見えた鐘楼

    『フランシスコ会修道院』
    ピレ門のすぐ脇にある大きな修道院です。14世紀のロマネスク様式の回廊の壁には、病める人々を癒す修道僧の姿が描かれているそうです。
    ※カメラDから見えた鐘楼

  • 上)ピエタ像が施されている入口<br />下)大きなクリスマスツリー

    上)ピエタ像が施されている入口
    下)大きなクリスマスツリー

  • 修道院にあるマラ・ブラチャ薬局は世界で3番目に古い薬局だそうです(私が訪れた時は閉まってました)

    修道院にあるマラ・ブラチャ薬局は世界で3番目に古い薬局だそうです(私が訪れた時は閉まってました)

  • 教会内部には8つの祭壇や、地元の名士の墓所があるそうです。

    教会内部には8つの祭壇や、地元の名士の墓所があるそうです。

  • 「ドルチェ・ヴィタ」※緑◯マーク<br />プラツァ通りから、路地を上がった所にあるアイスクリーム店です。夏は行列ができる人気店だそうです(この日は待ち時間0)

    「ドルチェ・ヴィタ」※緑◯マーク
    プラツァ通りから、路地を上がった所にあるアイスクリーム店です。夏は行列ができる人気店だそうです(この日は待ち時間0)

  • 『オノフリオの大噴水』<br />1438年にナポリのオノフリオ・デッラ・カヴァが造った噴水。

    『オノフリオの大噴水』
    1438年にナポリのオノフリオ・デッラ・カヴァが造った噴水。

  • 16面の顔のレリーフ。<br />口から水道管が通り、水が吹き出てました(笑)

    16面の顔のレリーフ。
    口から水道管が通り、水が吹き出てました(笑)

  • 『オノフリオの小噴水』<br />プラツァ通りの反対側には小噴水も。

    『オノフリオの小噴水』
    プラツァ通りの反対側には小噴水も。

  • 『プラツァ通り』<br />旧市街のメインストリート。全長300mの間にカフェや商店が並ぶ。

    『プラツァ通り』
    旧市街のメインストリート。全長300mの間にカフェや商店が並ぶ。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 『Bell Tower』時計塔<br />1444年に完成した高さ31mの鐘楼。プラツァ通りの東端にあるルジャ広場に立っています。

    『Bell Tower』時計塔
    1444年に完成した高さ31mの鐘楼。プラツァ通りの東端にあるルジャ広場に立っています。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 『スポンザ宮殿』<br />1516年に建てられた中世ラグーサ共和国の税関や保税倉庫として貿易の中枢を担っていた機関。<br />17世紀以降、学者や知識人の集まる文化サロンへ変わっていった。

    『スポンザ宮殿』
    1516年に建てられた中世ラグーサ共和国の税関や保税倉庫として貿易の中枢を担っていた機関。
    17世紀以降、学者や知識人の集まる文化サロンへ変わっていった。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 『旧総督邸』<br />ドブロヴニクがラグーサ共和国だった頃の総督の邸宅。

    『旧総督邸』
    ドブロヴニクがラグーサ共和国だった頃の総督の邸宅。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 「ルジャ広場」<br />プラツァ通りの東端にある旧市街の中心的な広場。

    「ルジャ広場」
    プラツァ通りの東端にある旧市街の中心的な広場。

  • 『聖ヴラホ教会』<br />ルジャ広場に面して立つ教会。<br />1715年にバロック様式で再建された。

    『聖ヴラホ教会』
    ルジャ広場に面して立つ教会。
    1715年にバロック様式で再建された。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 左上)路地から見る聖ヴラホ教会<br />下)教会内。

    左上)路地から見る聖ヴラホ教会
    下)教会内。

  • 「プラツァ通り北側の路地」<br />プラツァ通りの北側は丘になっていて、急な階段が続きます(^^;

    「プラツァ通り北側の路地」
    プラツァ通りの北側は丘になっていて、急な階段が続きます(^^;

  • 夜ver.<br />私の泊まった「ルチチ peline13」は、この階段の1番上。景色は最高だけど、辛かった(^^;;

    夜ver.
    私の泊まった「ルチチ peline13」は、この階段の1番上。景色は最高だけど、辛かった(^^;;

  • 「ロザリオ」※緑◯マーク<br />プリェコ通りにある隠れ家レストラン。<br />エビのリゾット・・・99クーナ (1,800円)<br />ミネラルウオーターとチップで計2,500円位。<br /><br />おいしかったですが、ドブロヴニクはザグレブやスプリットに比べると物価が高い気がしました。

    「ロザリオ」※緑◯マーク
    プリェコ通りにある隠れ家レストラン。
    エビのリゾット・・・99クーナ (1,800円)
    ミネラルウオーターとチップで計2,500円位。

    おいしかったですが、ドブロヴニクはザグレブやスプリットに比べると物価が高い気がしました。

  • 『Little Church of St. Nicholas』<br />聖ニコラ教会 ※アパートメントの近く

    『Little Church of St. Nicholas』
    聖ニコラ教会 ※アパートメントの近く

  • 『ドミニコ会修道院』<br />1225年にドブロヴニクにやってきたドミニコ会により、14世紀に建てられた修道院。現在、内部は宗教画や聖遺物を展示する宗教美術館となっています。<br />※カメラAから見えた鐘楼

    『ドミニコ会修道院』
    1225年にドブロヴニクにやってきたドミニコ会により、14世紀に建てられた修道院。現在、内部は宗教画や聖遺物を展示する宗教美術館となっています。
    ※カメラAから見えた鐘楼

  • クリスマスムード満点の夜の旧市街★

    クリスマスムード満点の夜の旧市街★

  • 「グンドゥリッチ広場」<br />上)ニュルンベルク,トロギールで見た窓!<br />下)怖い位、大群の鳩(@_@)

    「グンドゥリッチ広場」
    上)ニュルンベルク,トロギールで見た窓!
    下)怖い位、大群の鳩(@_@)

  • 「カメニツェ」※緑◯マーク<br />カキの養殖で有名なストンの自家養殖場から直送されたカキの専門店。

    「カメニツェ」※緑◯マーク
    カキの養殖で有名なストンの自家養殖場から直送されたカキの専門店。

  • 「エビのタリアテッレとカキ」<br />カキ1個・・・13クーナ (230円)×6<br />パスタ・・・88クーナ  チップ込 計3,300円<br />レシート見て気が付きました。1人で食べるにはカキが多過ぎました(^_^;)<br />※1皿でなく1個単位でも注文できるみたい

    「エビのタリアテッレとカキ」
    カキ1個・・・13クーナ (230円)×6
    パスタ・・・88クーナ チップ込 計3,300円
    レシート見て気が付きました。1人で食べるにはカキが多過ぎました(^_^;)
    ※1皿でなく1個単位でも注文できるみたい

  • 『被昇天大聖堂』※ドゥブロヴニク大聖堂<br />1667年の震災後に再建されたバロック様式の建物。ルジャ広場の南端に立っている。

    『被昇天大聖堂』※ドゥブロヴニク大聖堂
    1667年の震災後に再建されたバロック様式の建物。ルジャ広場の南端に立っている。

  • 夜ver★

    夜ver★

  • 大聖堂正面。<br />私が通った時は閉まっていましたが、宝物室などに入場できるようです。

    大聖堂正面。
    私が通った時は閉まっていましたが、宝物室などに入場できるようです。

  • 大聖堂前のツリー★

    大聖堂前のツリー★

  • ここから一旦、海側に出て、城壁の外側を散策してみます。

    ここから一旦、海側に出て、城壁の外側を散策してみます。

  • 「旧港」<br />洋国家だったドゥブロヴニクの交易を支えた港。南北を要塞に囲まれ、多くの交易船が往来していた。

    「旧港」
    洋国家だったドゥブロヴニクの交易を支えた港。南北を要塞に囲まれ、多くの交易船が往来していた。

  • 現在はロクルム島やグラスボートなど観光ボートの発着所となっているそうです。

    現在はロクルム島やグラスボートなど観光ボートの発着所となっているそうです。

  • 上)旧港よりスルジ山を望む

    上)旧港よりスルジ山を望む

  • 「聖イヴァン要塞」<br />旧港を守るように立つ大きな要塞。<br />海に面した部分は丸く、旧港側は垂直の壁面になっている。

    「聖イヴァン要塞」
    旧港を守るように立つ大きな要塞。
    海に面した部分は丸く、旧港側は垂直の壁面になっている。

  • 確かに「冬晴れ」で暖かい1日でしたが、海パン一丁で過ごせるような陽気ではなかったです(°_°)<br />※左端のおじさん(@_@)

    確かに「冬晴れ」で暖かい1日でしたが、海パン一丁で過ごせるような陽気ではなかったです(°_°)
    ※左端のおじさん(@_@)

  • 行き止まりになったので、再び城壁内を散策します。<br />右上)城壁の上を歩いている人達がいます。

    行き止まりになったので、再び城壁内を散策します。
    右上)城壁の上を歩いている人達がいます。

  • 『聖イグナチオ教会』<br />1725年にローマのイグナチオ教会をモデルにして建てられた大聖堂の西側(海側)にある教会。<br />※カメラB &amp;Cの1番奥

    『聖イグナチオ教会』
    1725年にローマのイグナチオ教会をモデルにして建てられた大聖堂の西側(海側)にある教会。
    ※カメラB &Cの1番奥

  • 大理石の祭壇と、スペイン人画家ガエタノ・ガルシアによるフレスコ画の天井が美しい教会です。

    大理石の祭壇と、スペイン人画家ガエタノ・ガルシアによるフレスコ画の天井が美しい教会です。

  • ドイツの「ヴィース教会」を彷彿させるような素敵な教会でした・:*+.(^_^).:+<br />※今までで1番感動した教会です(中欧10♪)

    ドイツの「ヴィース教会」を彷彿させるような素敵な教会でした・:*+.(^_^).:+
    ※今までで1番感動した教会です(中欧10♪)

  • 城壁を抜けた先には「ブジャ」というカフェがありました。

    城壁を抜けた先には「ブジャ」というカフェがありました。

  • さて、いよいよピレ門から旧市街を出て、部屋からも☆彡マークを付けた「ロヴリイェナツ要塞」へ向かいます。<br />その後、城壁の外側を時計回りにぐるっと回り、バニェ・ビーチでサンセットを見る予定です。

    さて、いよいよピレ門から旧市街を出て、部屋からも☆彡マークを付けた「ロヴリイェナツ要塞」へ向かいます。
    その後、城壁の外側を時計回りにぐるっと回り、バニェ・ビーチでサンセットを見る予定です。

  • 【14:30】「ロヴリイェナツ要塞」<br />部屋から☆彡マークを付けたロヴリイェナツ要塞の頂上が近付いてきました!

    【14:30】「ロヴリイェナツ要塞」
    部屋から☆彡マークを付けたロヴリイェナツ要塞の頂上が近付いてきました!

  • 「ボカール要塞」<br />こちらはロヴリイェナツ要塞の対岸にある、海に突き出すように立つ要塞。街の西の入口であるピレ門を守った要塞で、現在は夏の祭典の会場としても使われているそうです。

    「ボカール要塞」
    こちらはロヴリイェナツ要塞の対岸にある、海に突き出すように立つ要塞。街の西の入口であるピレ門を守った要塞で、現在は夏の祭典の会場としても使われているそうです。

  • ~ロヴリイェナツ要塞とボカール要塞の間~<br />ここで30代の中国人女性から「シャッター押して」と頼まれ、撮ったら「もっと左を入れて」「足元はこんなに入れないで」など注文を受け、やり直しました(-。-;<br /><br />『インスタにでもUPするのかなぁ…しかも両脇に要塞があるのに、なぜこの方向???』と、渋々撮りました(ーー;)<br />でもその後、「もっと横向いて」など指示を受けつつ、私も撮ってもらいました^^;<br /><br />中国人の方々の写真撮影への情熱というか「決めポーズ」にはいつも驚かされます。だいたい「早くどいて~ ~ ~!」と思ってますが(-。-;<br /><br />なんだかんだ結局、私も「インスタ映え、なるほど!」と、UPしてしまいました(^^;;

    ~ロヴリイェナツ要塞とボカール要塞の間~
    ここで30代の中国人女性から「シャッター押して」と頼まれ、撮ったら「もっと左を入れて」「足元はこんなに入れないで」など注文を受け、やり直しました(-。-;

    『インスタにでもUPするのかなぁ…しかも両脇に要塞があるのに、なぜこの方向???』と、渋々撮りました(ーー;)
    でもその後、「もっと横向いて」など指示を受けつつ、私も撮ってもらいました^^;

    中国人の方々の写真撮影への情熱というか「決めポーズ」にはいつも驚かされます。だいたい「早くどいて~ ~ ~!」と思ってますが(-。-;

    なんだかんだ結局、私も「インスタ映え、なるほど!」と、UPしてしまいました(^^;;

  • これがさっきの写真の左方向、旧市街の右端です。<br />紺碧のアドリア海が美しかったです*・゜゚・*:.。

    これがさっきの写真の左方向、旧市街の右端です。
    紺碧のアドリア海が美しかったです*・゜゚・*:.。

  • さて、右の階段から要塞頂上(☆彡マーク)目指して登ります!

    さて、右の階段から要塞頂上(☆彡マーク)目指して登ります!

  • 「sulic beach」<br />頂上までの途中、要塞の奥(入口の反対側)も湾になっていました。リーフですが、ビーチのようです。

    「sulic beach」
    頂上までの途中、要塞の奥(入口の反対側)も湾になっていました。リーフですが、ビーチのようです。

  • 要塞の入口前です。<br />ここから先はチケットが必要です。※50クーナ (900円位)

    要塞の入口前です。
    ここから先はチケットが必要です。※50クーナ (900円位)

  • 【14:50】<br />入場しました。小窓が並んでいて、アドリア海が一望できます。<br />更にもう一段上がって、頂上に行きます!

    【14:50】
    入場しました。小窓が並んでいて、アドリア海が一望できます。
    更にもう一段上がって、頂上に行きます!

  • 「ロヴリイェナツ要塞頂上☆彡」<br />部屋から見た☆彡マーク、到着\(^o^)/<br />海抜37mの岩山上に立ち、海と陸の双方から街を守る役目を果たしたそうです。

    「ロヴリイェナツ要塞頂上☆彡」
    部屋から見た☆彡マーク、到着\(^o^)/
    海抜37mの岩山上に立ち、海と陸の双方から街を守る役目を果たしたそうです。

  • 頂上をぐるっと周ります。<br />中)ロクルム島<br />下)要塞より更に奥、西側のアドリア海<br />アドリア海をぐるっと見渡せ、絶景でした☆彡

    頂上をぐるっと周ります。
    中)ロクルム島
    下)要塞より更に奥、西側のアドリア海
    アドリア海をぐるっと見渡せ、絶景でした☆彡

  • ちょうど向かいの鐘楼の先辺り(左から3分の1位)が、朝、散々写真を撮った定点観測地点です(=部屋、笑)<br /><br />うっとり眺めてたら、係のおじさんが「もう閉めるから出て」と(*_*)

    ちょうど向かいの鐘楼の先辺り(左から3分の1位)が、朝、散々写真を撮った定点観測地点です(=部屋、笑)

    うっとり眺めてたら、係のおじさんが「もう閉めるから出て」と(*_*)

  • まだ10分しかいないのに(-_-)zzz<br />15時クローズだなんて早過ぎる(※季節によるそう)『10分,900円の景色』もったいないから、もう2ショット載せときます(^^;)

    まだ10分しかいないのに(-_-)zzz
    15時クローズだなんて早過ぎる(※季節によるそう)『10分,900円の景色』もったいないから、もう2ショット載せときます(^^;)

  • 退場しました(私しかいなかったので、追い出された形^^;)<br />ここは「無料エリア」です。<br />なんだか頂上より少し低いだけで、あまり変わらないかも…(&gt;_&lt;)<br />むしろ、要塞のてっぺんは西日を遮るものがなく、超・眩しいですが、入口前は要塞の陰になって見易いかも(・・?)<br />

    退場しました(私しかいなかったので、追い出された形^^;)
    ここは「無料エリア」です。
    なんだか頂上より少し低いだけで、あまり変わらないかも…(>_<)
    むしろ、要塞のてっぺんは西日を遮るものがなく、超・眩しいですが、入口前は要塞の陰になって見易いかも(・・?)

  • 再び「sulic beach」<br />斜面に段々と連なった石造りの家が、独特の雰囲気を醸し出しています。岩場ですが、エメラルドグリーンのきれいなビーチです。

    再び「sulic beach」
    斜面に段々と連なった石造りの家が、独特の雰囲気を醸し出しています。岩場ですが、エメラルドグリーンのきれいなビーチです。

  • 【15:20】<br />ボカール要塞前まで戻ってきました。1時間違うだけで、海の色も違って見えます。

    【15:20】
    ボカール要塞前まで戻ってきました。1時間違うだけで、海の色も違って見えます。

  • 本当に美しい*・゜゚・*:。.:*・(*&#x27;▽&#x27;*)&#x27;・.。.:*・゜゚・*<br />『アドリア海の真珠』納得!

    本当に美しい*・゜゚・*:。.:*・(*'▽'*)'・.。.:*・゜゚・*
    『アドリア海の真珠』納得!

  • 【15:50】<br />いよいよ締めくくりの「サンセット」です!<br />ピレ門前から城壁外側を時計回りに進み、バニェ・ビーチへ向かいます。<br />左上)ロヴリイェナツ要塞~ピレ門より~<br />右上)ミンチェタ要塞<br />右下)レヴリン要塞<br />左下)プロチェ門の橋より

    【15:50】
    いよいよ締めくくりの「サンセット」です!
    ピレ門前から城壁外側を時計回りに進み、バニェ・ビーチへ向かいます。
    左上)ロヴリイェナツ要塞~ピレ門より~
    右上)ミンチェタ要塞
    右下)レヴリン要塞
    左下)プロチェ門の橋より

  • 「プロチェ門」<br />街の東端にある入口。外門と内門の2つからなり、外門に通じるこの石橋は15世紀に架けられたそうです。

    「プロチェ門」
    街の東端にある入口。外門と内門の2つからなり、外門に通じるこの石橋は15世紀に架けられたそうです。

  • 【16:05】「バニェ・ビーチ」※カメラA方向<br />旧市街の東側にある公共ビーチ。<br />左上)バニェ・ビーチ入口<br />右上)階段を下りて海岸へ。<br />下)さよなら、ロクルム島(ToT)/~~~

    【16:05】「バニェ・ビーチ」※カメラA方向
    旧市街の東側にある公共ビーチ。
    左上)バニェ・ビーチ入口
    右上)階段を下りて海岸へ。
    下)さよなら、ロクルム島(ToT)/~~~

  • 「エクセルシオール」※バニェビーチ東側 <br />手前にちらっと見えるのが、★★★★★ホテルのエクセルシオールです。泊まってみたかったのですが、1人だし、ほとんど外出するのでもったいなくて(※1泊15,000円位より~)<br /><br />最終日の1泊だけ移動しようかなぁ?とも考えたけど、やっぱり面倒で^^;<br /><br />次回、誰かと一緒だったら「エクセルシオール」に泊まりたいなぁ。。。1人だったら、また「ルチチ」にしますo(^_-)O

    「エクセルシオール」※バニェビーチ東側
    手前にちらっと見えるのが、★★★★★ホテルのエクセルシオールです。泊まってみたかったのですが、1人だし、ほとんど外出するのでもったいなくて(※1泊15,000円位より~)

    最終日の1泊だけ移動しようかなぁ?とも考えたけど、やっぱり面倒で^^;

    次回、誰かと一緒だったら「エクセルシオール」に泊まりたいなぁ。。。1人だったら、また「ルチチ」にしますo(^_-)O

  • 【16:08】<br />旧市街方面です。間もなく日が沈みます。<br />さよなら、ドゥブロヴニク(ToT)/~~~<br />さよなら、クロアチア( ; _ ; )/~~~

    【16:08】
    旧市街方面です。間もなく日が沈みます。
    さよなら、ドゥブロヴニク(ToT)/~~~
    さよなら、クロアチア( ; _ ; )/~~~

  • 【16:30】~バニェビーチの上の道路より~<br />夕日が沈んだのを見届け、帰ります。<br />この辺りからの景色も、よくガイドブック等に載っています(^^)<br /><br />午後だと逆光だから、朝、スルジ山に行った帰りにでも寄ってみればよかったな(&gt;_&lt;)

    【16:30】~バニェビーチの上の道路より~
    夕日が沈んだのを見届け、帰ります。
    この辺りからの景色も、よくガイドブック等に載っています(^^)

    午後だと逆光だから、朝、スルジ山に行った帰りにでも寄ってみればよかったな(>_<)

  • 旧市街方面へ。<br />なんて表現していいか分からない位、美しい夕焼けでした。実際は写真の100倍、美しかったです。<br />※カメラAのドミニコ会修道院の鐘楼。

    旧市街方面へ。
    なんて表現していいか分からない位、美しい夕焼けでした。実際は写真の100倍、美しかったです。
    ※カメラAのドミニコ会修道院の鐘楼。

  • 「レヴリン要塞」<br />城壁外にある独立した要塞。<br />15世紀に完成し、16世紀に堅固なものへ補強された街の東側を守る役割の要塞。

    「レヴリン要塞」
    城壁外にある独立した要塞。
    15世紀に完成し、16世紀に堅固なものへ補強された街の東側を守る役割の要塞。

  • プロチェ門より、スタラ湾を望む。<br />南国リゾートの雰囲気満載!

    プロチェ門より、スタラ湾を望む。
    南国リゾートの雰囲気満載!

  • 【17:20】<br />上)城壁の上にきれいな月が!<br />左下)プロチェ門<br />右下)ブジャ門<br /><br />アパートメントにスーツケースを置いておけたのが便利でした。「ルチチ13」は立地とバルコニーからの景色は最高です!<br /><br />ブジャ門を後に、とうとうスルジ山ケーブルカー前からシャトルバスに乗り、ドブロヴニク空港へ向かいますヽ(;▽;)

    【17:20】
    上)城壁の上にきれいな月が!
    左下)プロチェ門
    右下)ブジャ門

    アパートメントにスーツケースを置いておけたのが便利でした。「ルチチ13」は立地とバルコニーからの景色は最高です!

    ブジャ門を後に、とうとうスルジ山ケーブルカー前からシャトルバスに乗り、ドブロヴニク空港へ向かいますヽ(;▽;)

  • 【17:50】<br />ドブロヴニク空港到着。<br />椰子の木のライトアップがパイナップルみたいで可愛い(╹◡╹)♡

    【17:50】
    ドブロヴニク空港到着。
    椰子の木のライトアップがパイナップルみたいで可愛い(╹◡╹)♡

  • ちょっとパイナップルの写真を撮ってたら、空港の1階にはもう誰もいませんでしたʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ<br /><br />空港なのにワンフロア、誰もいない光景に遭遇する事は後にも先にもないでしょう…激・レア!<br /><br />最後の最後、空港まで「貸切?」と思うくらい空いてましたが、もちろん、2階の出発ゲートには人がいました。

    ちょっとパイナップルの写真を撮ってたら、空港の1階にはもう誰もいませんでしたʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ

    空港なのにワンフロア、誰もいない光景に遭遇する事は後にも先にもないでしょう…激・レア!

    最後の最後、空港まで「貸切?」と思うくらい空いてましたが、もちろん、2階の出発ゲートには人がいました。

  • 「空港内の撮影スポット」<br />微動だにしないので、最初は気が付きませんでしたが、猫の指定席となっていました(^o^)<br />空港内に猫が迷い込んでいるのもレア!<br />ほのぼのした光景に心がほっこりしました♡

    「空港内の撮影スポット」
    微動だにしないので、最初は気が付きませんでしたが、猫の指定席となっていました(^o^)
    空港内に猫が迷い込んでいるのもレア!
    ほのぼのした光景に心がほっこりしました♡

  • 「19:15ドブロヴニク→23:00イスタンブール」<br />このサンドウィッチのチーズがすごくおいしかったです(^o^)<br />※時差が2時間あるので飛行時間は2時間弱<br />

    「19:15ドブロヴニク→23:00イスタンブール」
    このサンドウィッチのチーズがすごくおいしかったです(^o^)
    ※時差が2時間あるので飛行時間は2時間弱

  • 「2:10」※深夜<br />イスタンブール→成田へ。<br />上)1度目の機内食。3:30 ですが夕飯?<br />下)2度目の機内食。日本時間で17:20<br /><br />イスタンブールの「アタテュルク国際空港」はすごく広い空港ですが、深夜でも座れる椅子を探した位『激混み』でした(ーー;)<br /><br />機内からは「日の出だ!」と思って眺めていたら、どんどん小さくなり「日の入か!」と思ったり^^;<br />(ほとんど寝てましたzzz)<br /><br />ドブロヴニクの写真が大量だったので、機内食のみで、その他は割愛させて頂きます^^;<br />その後、定刻通り、20時成田到着!<br /><br />12月31日の成田空港到着ゲートはびっくりする程空いていて、21時過ぎに帰宅(※千葉県民)<br />2017年の年越しにも間に合い、無事新年を迎える事できました(^-^)<br />よい一年でした♪

    「2:10」※深夜
    イスタンブール→成田へ。
    上)1度目の機内食。3:30 ですが夕飯?
    下)2度目の機内食。日本時間で17:20

    イスタンブールの「アタテュルク国際空港」はすごく広い空港ですが、深夜でも座れる椅子を探した位『激混み』でした(ーー;)

    機内からは「日の出だ!」と思って眺めていたら、どんどん小さくなり「日の入か!」と思ったり^^;
    (ほとんど寝てましたzzz)

    ドブロヴニクの写真が大量だったので、機内食のみで、その他は割愛させて頂きます^^;
    その後、定刻通り、20時成田到着!

    12月31日の成田空港到着ゲートはびっくりする程空いていて、21時過ぎに帰宅(※千葉県民)
    2017年の年越しにも間に合い、無事新年を迎える事できました(^-^)
    よい一年でした♪

  • 【まとめ】<br />この旅は、自分への「ご褒美」だと思える位、有意義で充実した旅でした☆彡<br /><br />1人で無事、クロアチア(&amp;周辺)旅行を満喫する事ができたのも、4トラの皆様の旅行記を参考にさせて頂けたおかげだと思っていますm(*^o^*)m<br /><br />なので、私のこの旅行記も思い出を残すと共に「どなたかの参考になれば…」という思いを込めて書いてみました。<br /><br />また、特にクロアチアは『最高』に素敵☆なので、「いい所だなぁ…」と共感して頂けたり、「行ってみたいなぁ…」と思って頂けたら幸いです♪<br /><br />2017.8より、時間に余裕ができたので、立て続けに「旅行記」UPしてきましたが、この「2017クリスマス(13)in ドゥブロヴニク」が、この半年間の『集大成』となります。<br />最終回にふさわしい「天気」&「絶景スポット」に恵まれ、よかったなぁ…と、感謝の気持ちでいっぱいです☆*:.。. o<br /><br />ご覧下さった方々、「いいね」して下さった方々も、ありがとうございました(*^_^*)<br />(9月の中欧♪シリーズの最後にもお伝えしましたが、あの時はこのクロアチア旅行、まったく予定してなかったので…^^;)<br /><br />またいつの日か、ヨーロッパを数ヶ月掛けて周遊するのが夢であり、目標ですp(^_^)q<br /><br />「しばらく海外は難しいかな…?」と、思いますが「隙あらば行きたい」です(^_^;)<br />それまで、みなさんの旅行記を楽しみに拝見させて頂きます!<br />See you soon(^^)/~~~ 2018.2 まりん♪

    【まとめ】
    この旅は、自分への「ご褒美」だと思える位、有意義で充実した旅でした☆彡

    1人で無事、クロアチア(&周辺)旅行を満喫する事ができたのも、4トラの皆様の旅行記を参考にさせて頂けたおかげだと思っていますm(*^o^*)m

    なので、私のこの旅行記も思い出を残すと共に「どなたかの参考になれば…」という思いを込めて書いてみました。

    また、特にクロアチアは『最高』に素敵☆なので、「いい所だなぁ…」と共感して頂けたり、「行ってみたいなぁ…」と思って頂けたら幸いです♪

    2017.8より、時間に余裕ができたので、立て続けに「旅行記」UPしてきましたが、この「2017クリスマス(13)in ドゥブロヴニク」が、この半年間の『集大成』となります。
    最終回にふさわしい「天気」&「絶景スポット」に恵まれ、よかったなぁ…と、感謝の気持ちでいっぱいです☆*:.。. o

    ご覧下さった方々、「いいね」して下さった方々も、ありがとうございました(*^_^*)
    (9月の中欧♪シリーズの最後にもお伝えしましたが、あの時はこのクロアチア旅行、まったく予定してなかったので…^^;)

    またいつの日か、ヨーロッパを数ヶ月掛けて周遊するのが夢であり、目標ですp(^_^)q

    「しばらく海外は難しいかな…?」と、思いますが「隙あらば行きたい」です(^_^;)
    それまで、みなさんの旅行記を楽しみに拝見させて頂きます!
    See you soon(^^)/~~~ 2018.2 まりん♪

41いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • ももであさん 2018/02/13 18:49:36
    自由の街
    ふぅ.....。
    すべてを読むのに18時間もかかりました。
    間違えました。18分でした。

    まるでドゥブロヴニク町内会観光局の回し者のようですね。
    これでまた日本人観光客が18万人は増えることでしょう。
    少なく見積もっても18人は!?

    スミマセン
    何が言いたいかというと、やっぱりドゥブロヴニクは良いですね~と、
    素晴らしい、ブログでしたってことです♪

    花花まりん

    花花まりんさんからの返信 2018/02/13 20:59:08
    Re: 自由の街
    ももであさん。
    ご完読、ありがとうございました!

    18分も掛けて、読んで下さっただなんて…( ; ; )

    今回は集大成なので気合い入れました


    それこそドゥブロヴニクの旅行記は完成までに18時間以上は費やしましたよp(^_^)q
    なにせパソコン壊れてて、4.7インチのiPhoneで作ってるので…(^◇^;)

    ももであさんの旅行記も拝見しました。ももであさんこそ、回し者?って(笑)合成の猫の写真から、びっくりです。すごい写真の枚数ですね(*_*)
  • salsaladyさん 2018/02/12 15:24:58
    猫と洗濯物~
    ☆丁度,コトルの城壁に上がるとき,正にその光景を見たので(クルーズの旅編)懐かしく思いました。本当に猫が多くて,日本人は皆『可愛い』なんて行って写真を撮りますが,無駄に増え過ぎって感じです。人々が寛容なのかもね。~see you~

    花花まりん

    花花まりんさんからの返信 2018/02/13 21:20:09
    Re: 猫と洗濯物~
    こんばんは☆
    salsaladyさんの、コトルの旅行記拝見させていただきました!

    救世聖女教会、行ってみたかったのですが、雷を伴う豪雨で、旧市街から見上げただけだったので、中の様子が分かってよかったです。結構、登るの大変なんですね。

    洗濯物と一緒に猫もぶら下がっていて笑えますね!

  • ねもさん 2018/02/08 21:39:53
    ついに完結!
    まりんさん 充実の旅行記お疲れさま、というより、ありがとうございますかな。
    お天気にも恵まれてドブロブニク満喫ですね。画像がとてもきれいで懐かしく拝見しました。また訪ねてみたいと思います。
    わが家も行きましたよ、カメニッツェとロベリエナツ要塞。どちらも良かったですが、ロ要塞が旧市街の喧騒と反対に静かで、ゆっくりできたのがうれしかったです。4トラベルでも行く人は多くないようですね。

    まりんさんのクロアチアは、人、自然、街並み……すべてに恵まれて最高でしたね。当たり前でしょうが、自分の足で好きなところを歩かれているのもgoodです。何だか旅行記のまとめ方も一段と上手になって感動が素直に伝わってきます。
    これほどの力作の後では書きにくいかもしれませんが(笑)、「次」のまりんワールドも楽しみにお待ちしています。

    花花まりん

    花花まりんさんからの返信 2018/02/09 18:23:04
    Re: やっと完結です\(^o^)/
    ねもさん、こんばんは☆
    イスタンブールから、ドブロブニクまでの長編、お読み下さりありがとうございました(^-^)

    ねもさんのスルジ山から撮った写真も私がクロアチアに行くきっかけになったひとつです♪

    ツアーで行くか、個人で行くか迷ってた時、個人で!と後押しとなったのもねもさんの助言のおかげです!

    今となっては、本当に個人で行ってよかったなぁ…と思います。やはりツアーだと現地の方々との触れ合いが少ないし、慌ただしいし(^◇^;)

    自由気ままに旅するほうが向いてました(^o^)

    これから、しばらく読者に専念しますね~今度は私がコメントするかも?(笑)

    ねも

    ねもさんからの返信 2018/02/09 22:19:35
    お役に立ててうれしい(^o^)
    まりんさん ご返信ありがとうございます。
    まりんさんくらいの旅行能力があればパックツアーはないでしょ!!と内心思っていました(笑)
    前にも同じようなことを書きましたが、名所旧跡も良いですが旅で一番忘れられないのは困っている旅行者を助けてくれる現地の名前も知らない人々の親切や思いやりじゃないでしょうか。

    百もご承知かと思いますが、旧ユーゴスラビア紛争のとき(1991年)に、クロアチアの独立に反対するユーゴスラビア連邦軍はスルジ山に陣取り、旧市街を大砲で攻撃したそうです。旧市街は破壊され多くの犠牲者も。
    当然スルジ山のロープウェイも粉々になり数年前までは、歩いて登るか車でだったようです。『地球の歩き方』には、ドブロブニク市民の街への誇りは非常に高いとありますが、なるほどと思います。

    ちょっと深刻な話になりましたが、まりんさんは市民のカラフルな洗濯物やかわいい猫は見ませんでしか? 私は、街並みとのコントラストもドブロブニクの魅力のひとつでは?と思います。
    いやぁ訪ねてみたい国ばかりで…… まさしく人生は短い!

    花花まりん

    花花まりんさんからの返信 2018/02/11 08:12:44
    猫と洗濯物。
    おはようございます!
    ドブロヴニクの街も、30年前に紛争があったとは思えない程、平和な街に様変わりしましたね。

    これから、益々、観光地として発展していきそうですね。冬でも人が増えてくるように思います。

    そうなんです!
    旅行前に、みなさんの旅行記で猫がたくさんいる光景を拝見していたのですが、12月末は旧市街の中では1匹も見掛けませんでした。『冬眠?』なんて思いました(笑)←暖かい所で、寝てただけでしょうが…

    犬の散歩をしてる方はちらほらお見掛けしましたが、猫は空港の椅子で見掛けただけです(゚o゚;;

    洗濯物も、バルコニーの柵に掛けていた家があっただけで、旗のように干してる光景は見受けられませんでした。(実は私の旅行記に洗濯物の写真、小さく、小さ~く1つだけあります笑。それが珍しくて写真撮ったくらい…)

    ほんと、夏と冬では、雰囲気が違いますね!
    いつか花がきれいで、少し空いてる6月頃に再訪したいと思っています♪違いが楽しみです(^-^)

花花まりんさんのトラベラーページ

花花まりんさんの関連旅行記

花花まりんさんの旅行記一覧

クロアチアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
クロアチア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

クロアチアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ドブロブニーク(クロアチア) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集