イスファハン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
イラン・イスファハーン滞在は2日目<br /><br />今日は朝から「アルメニア地区」へ行ってみる。ここはアルメニア人が多く住んでいる地域で、イランの中でも少し違った雰囲気をかもしだしている。<br />そもそも「アルメニア人」ってどんな人たちなんだ?てか、アルメニアってどんな国?<br /><br />結果的にイランにいるにも関わらず、アルメニアについてのいろんな知識がゲットできちゃった!<br /><br />さて、そこはどんな場所だったのか?<br /><br />本家HP<br />http://hornets.homeunix.org<br /><br />instagram<br />https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/<br /><br />twitter<br />https://twitter.com/hornets_ski_org<br /><br /><br />Day1 イスファハーンの観光スポットは「橋」?<br />http://4travel.jp/travelogue/11279790<br /><br />Day3 「世界の半分」と言われていたイスファハーンの広場は本当に「世界の半分」なのか?<br />http://4travel.jp/travelogue/11284673<br /><br />Day4 イランなのに「アルメニア人」について学んでみた!<br />http://4travel.jp/travelogue/11292235<br /><br />Day5 ヤズドの乾いた土地では果たしてどうやって水を確保するのかっ?<br />http://4travel.jp/travelogue/11296697<br /><br />Day6 ローカルバスで「ペルシャ」丸出しの世界遺産「ペルセポリス遺跡」に行ってみよう!<br />http://4travel.jp/travelogue/11301122<br /><br />Day7 シーラーズのフォトジェニックスポット「ピンクモスク」で知る「幻想的な写真」の理想と現実<br />http://4travel.jp/travelogue/11307707<br /><br />Day8 聖地マシャハドでイスラム教にどっぷり浸かってみた!<br />http://4travel.jp/travelogue/11311768<br /><br />Day9 【完結編】テヘランで知る「なぜイランはここまで世界で嫌われる?」その理由<br />http://4travel.jp/travelogue/11320758

おじさんぽ ~イランは本当に「悪の枢軸」なのか?を確かめる旅~ Day4 イランなのに「アルメニア人」について学んでみた!

311いいね!

2017/04/25 - 2017/05/05

3位(同エリア249件中)

    60

    イラン・イスファハーン滞在は2日目

    今日は朝から「アルメニア地区」へ行ってみる。ここはアルメニア人が多く住んでいる地域で、イランの中でも少し違った雰囲気をかもしだしている。
    そもそも「アルメニア人」ってどんな人たちなんだ?てか、アルメニアってどんな国?

    結果的にイランにいるにも関わらず、アルメニアについてのいろんな知識がゲットできちゃった!

    さて、そこはどんな場所だったのか?

    本家HP
    http://hornets.homeunix.org

    instagram
    https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/

    twitter
    https://twitter.com/hornets_ski_org


    Day1 イスファハーンの観光スポットは「橋」?
    http://4travel.jp/travelogue/11279790

    Day3 「世界の半分」と言われていたイスファハーンの広場は本当に「世界の半分」なのか?
    http://4travel.jp/travelogue/11284673

    Day4 イランなのに「アルメニア人」について学んでみた!
    http://4travel.jp/travelogue/11292235

    Day5 ヤズドの乾いた土地では果たしてどうやって水を確保するのかっ?
    http://4travel.jp/travelogue/11296697

    Day6 ローカルバスで「ペルシャ」丸出しの世界遺産「ペルセポリス遺跡」に行ってみよう!
    http://4travel.jp/travelogue/11301122

    Day7 シーラーズのフォトジェニックスポット「ピンクモスク」で知る「幻想的な写真」の理想と現実
    http://4travel.jp/travelogue/11307707

    Day8 聖地マシャハドでイスラム教にどっぷり浸かってみた!
    http://4travel.jp/travelogue/11311768

    Day9 【完結編】テヘランで知る「なぜイランはここまで世界で嫌われる?」その理由
    http://4travel.jp/travelogue/11320758

    同行者
    一人旅
    交通手段
    高速・路線バス 徒歩 飛行機
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    ホテル
    1.0
    グルメ
    3.0
    交通
    3.5

    PR

    • さて、本日はイスファハーン二日目となる。 <br /><br />昨日はイスファーン観光の目玉である「エマーム広場」とその周辺をブラブラしてみたのだが、本日は川を渡って南側の「ジョルファー地区」という場所に行ってみる。 <br /><br />ジョルファー地区へ行くには、バスに乗るのが便利。 バスはエンゲラーブ広場付近から出ていて、91番のバスに乗ると行ける。 ちなみにこの地図に書かれているバスの経路は「歩き方」に載っている「ハキーム・ネザーミ交差点」を通る経路とはちょっと違うので、注意が必要。 <br />

      さて、本日はイスファハーン二日目となる。

      昨日はイスファーン観光の目玉である「エマーム広場」とその周辺をブラブラしてみたのだが、本日は川を渡って南側の「ジョルファー地区」という場所に行ってみる。

      ジョルファー地区へ行くには、バスに乗るのが便利。 バスはエンゲラーブ広場付近から出ていて、91番のバスに乗ると行ける。 ちなみにこの地図に書かれているバスの経路は「歩き方」に載っている「ハキーム・ネザーミ交差点」を通る経路とはちょっと違うので、注意が必要。

    • 朝のエンゲラーブ広場はこんな感じ。 ここら辺からジョルファー地区へ行くバスに乗れるのだが、南バスターミナルに行く時にも同じ場所から乗れば良い。 <br /><br />バスの番号を「91」番と書いたが、これは自分がそこら辺の人に「南バスターミナルへ行きたいんだけど何番のバスに乗ればいい?」と聞いたら「91番だ」と教えてもらっただけなので、他の番号のバスでも行けるとは思う。 基本的にイラン人は親切なので、どんな人に聞いても教えてくれると思うので、聞いてみてくだされ。 聞かれた本人がわからなくても、その人がさらに他の人に聞いたりしてくれるので、確実に答えにたどり着けますよ。 <br /><br />

      朝のエンゲラーブ広場はこんな感じ。 ここら辺からジョルファー地区へ行くバスに乗れるのだが、南バスターミナルに行く時にも同じ場所から乗れば良い。

      バスの番号を「91」番と書いたが、これは自分がそこら辺の人に「南バスターミナルへ行きたいんだけど何番のバスに乗ればいい?」と聞いたら「91番だ」と教えてもらっただけなので、他の番号のバスでも行けるとは思う。 基本的にイラン人は親切なので、どんな人に聞いても教えてくれると思うので、聞いてみてくだされ。 聞かれた本人がわからなくても、その人がさらに他の人に聞いたりしてくれるので、確実に答えにたどり着けますよ。

    • 「Towhid St.」と「Eastern Nazar St.」との交差点付近でバスを降りると、ジョルファー地区付近となる。 ここからは歩いて「ヴァーンク教会」を目指す。 <br />

      「Towhid St.」と「Eastern Nazar St.」との交差点付近でバスを降りると、ジョルファー地区付近となる。 ここからは歩いて「ヴァーンク教会」を目指す。

    • 歩いてものの5分ぐらいで、ヴァーンク教会に到着。 <br /><br />ここら辺は住宅街のようになっていて、結構入り組んでいる。 そんな中突然大きな塔が出現する。 入り組んだ場所に高い塔なので、全体像の写真を撮るのがかなり困難。 <br />

      歩いてものの5分ぐらいで、ヴァーンク教会に到着。

      ここら辺は住宅街のようになっていて、結構入り組んでいる。 そんな中突然大きな塔が出現する。 入り組んだ場所に高い塔なので、全体像の写真を撮るのがかなり困難。

    • もっと広い敷地なのかと思ったら、敷地自体は広くない。 しかし、中庭みたいな場所がある構造で、それほど窮屈には感じない。 <br /><br />

      もっと広い敷地なのかと思ったら、敷地自体は広くない。 しかし、中庭みたいな場所がある構造で、それほど窮屈には感じない。

    • 入り口から右手に鐘楼が見える。 んで、その奥にあるのが「大聖堂」 <br /><br />

      入り口から右手に鐘楼が見える。 んで、その奥にあるのが「大聖堂」

    • 「大聖堂」というぐらいなので、かなり立派な建物かと思っていたら、結構こじんまり。 最初敷地内に入ったときには「あれ?大聖堂ってどこだ?」と思ってしまったほど。 他の建物と同じぐらいの大きさなので若干戸惑う。 <br />

      「大聖堂」というぐらいなので、かなり立派な建物かと思っていたら、結構こじんまり。 最初敷地内に入ったときには「あれ?大聖堂ってどこだ?」と思ってしまったほど。 他の建物と同じぐらいの大きさなので若干戸惑う。

    • そんな感じで存在感があまり大きくない大聖堂なのだが、中に入ってみると、そこはさすがに教会だけあって荘厳な雰囲気。 ジョルファー地区でのメインの見どころだけあって、たくさんの観光客が来ていた。 外国人も多いが、地元の人もそこそこいる。 <br />

      そんな感じで存在感があまり大きくない大聖堂なのだが、中に入ってみると、そこはさすがに教会だけあって荘厳な雰囲気。 ジョルファー地区でのメインの見どころだけあって、たくさんの観光客が来ていた。 外国人も多いが、地元の人もそこそこいる。

    • 内部は壁一面にいろいろな壁画が描かれていて、それこそヨーロッパの教会を思い浮かべる。 イスラム教の国で、モスクばかり見て来ただけあって、新鮮に感じる。 <br />

      内部は壁一面にいろいろな壁画が描かれていて、それこそヨーロッパの教会を思い浮かべる。 イスラム教の国で、モスクばかり見て来ただけあって、新鮮に感じる。

    • とはいえ、遠くから見るとヨーロッパ的な壁画なのだが、近くに寄って絵のテイストを確認して見ると、ヨーロッパのそれとは異なり、結構独特のテイスト。 むしろちょっとおかしく感じてくるぐらいなのだ。 <br />

      とはいえ、遠くから見るとヨーロッパ的な壁画なのだが、近くに寄って絵のテイストを確認して見ると、ヨーロッパのそれとは異なり、結構独特のテイスト。 むしろちょっとおかしく感じてくるぐらいなのだ。

    • 建物の構造もなんとなくモスクっぽいところもあって、ちょっと不思議。 <br />

      建物の構造もなんとなくモスクっぽいところもあって、ちょっと不思議。

    • 壁という壁全てに絵が描かれていて、柱にも描かれている。 とにかく絵と模様で埋め尽くされた教会なのだ。 神聖な場所に人物像(偶像)を描くなんて、イスラム教ではありえないので、イランではなかなか貴重な光景。 <br />

      壁という壁全てに絵が描かれていて、柱にも描かれている。 とにかく絵と模様で埋め尽くされた教会なのだ。 神聖な場所に人物像(偶像)を描くなんて、イスラム教ではありえないので、イランではなかなか貴重な光景。

    • ヴァーンク協会にはアルメニア博物館も併設されているので見てみることに。 博物館は敷地の北東側に位置する。 <br />

      ヴァーンク協会にはアルメニア博物館も併設されているので見てみることに。 博物館は敷地の北東側に位置する。

    • そんなに広くないのに、ちゃんと案内板があるので、それに従って向かうと博物館がある。 <br />

      そんなに広くないのに、ちゃんと案内板があるので、それに従って向かうと博物館がある。

    • 中に入って見ると、こんな感じで古い聖書なんかがたくさん展示されていたりする。 <br />

      中に入って見ると、こんな感じで古い聖書なんかがたくさん展示されていたりする。

    • 「歩き方」にも紹介されている、世界最小の聖書。 これ作ってどうすんだろ? <br /><br />

      「歩き方」にも紹介されている、世界最小の聖書。 これ作ってどうすんだろ?

    • 博物館内部はこんな感じ。 大聖堂より広いんぢゃね?というぐらいの吹き抜け2階建構造。 <br />

      博物館内部はこんな感じ。 大聖堂より広いんぢゃね?というぐらいの吹き抜け2階建構造。

    • 顕微鏡が置かれている場所があって、熱心にのぞいている人がいた。 その後ろにも顕微鏡を覗くのを待っている人がいたので「なんだろ?」と思って、自分も覗いてみた。 <br /><br />さすがに顕微鏡で見えるものを写真には撮れなかったのだが、覗いてみると、一本の細い線に文字が書いてあった。 これは聖書の言葉を髪の毛に書いてあるそうなのだが、個人的には「お~!すげぇ!」と思うより、むしろ「なんでこんなことしたんだろ?」と思う。 そうすることで何らかのご利益があるのか? <br /><br />

      顕微鏡が置かれている場所があって、熱心にのぞいている人がいた。 その後ろにも顕微鏡を覗くのを待っている人がいたので「なんだろ?」と思って、自分も覗いてみた。

      さすがに顕微鏡で見えるものを写真には撮れなかったのだが、覗いてみると、一本の細い線に文字が書いてあった。 これは聖書の言葉を髪の毛に書いてあるそうなのだが、個人的には「お~!すげぇ!」と思うより、むしろ「なんでこんなことしたんだろ?」と思う。 そうすることで何らかのご利益があるのか?

    • 博物館の中には先ほど見た大聖堂の内部の絵もある。 結構忠実な絵だった。 <br />

      博物館の中には先ほど見た大聖堂の内部の絵もある。 結構忠実な絵だった。

    • そして印刷機 <br /><br />

      そして印刷機

    1件目~20件目を表示(全60件中)

    この旅行記のタグ

      311いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      イスファハン(イラン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集