イスファハン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
イスファハーンといえば、かつて「世界の半分」と言われた「エマーム広場」が有名。<br /><br />でも「世界の半分」ってどうゆうこと?<br /><br />実は、当時の王様は「政治」「経済」「宗教」の全てをこのエマーム広場に集結しようとしたらしい。<br /><br />そんなエマーム広場は本当に世界の半分なのか? 実際に行って確かめてみますよ。<br /><br />エマーム広場なんかをブラブラしながら、イラン独特のグルメ(スイーツ)なんかをレポートしてみますよ!<br /><br />本家HP<br />http://hornets.homeunix.org<br /><br />instagram<br />https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/<br /><br />twitter<br />https://twitter.com/hornets_ski_org<br /><br /><br />Day1 イスファハーンの観光スポットは「橋」?<br />http://4travel.jp/travelogue/11279790<br /><br />Day3 「世界の半分」と言われていたイスファハーンの広場は本当に「世界の半分」なのか?<br />http://4travel.jp/travelogue/11284673<br /><br />Day4 イランなのに「アルメニア人」について学んでみた!<br />http://4travel.jp/travelogue/11292235<br /><br />Day5 ヤズドの乾いた土地では果たしてどうやって水を確保するのかっ?<br />http://4travel.jp/travelogue/11296697<br /><br />Day6 ローカルバスで「ペルシャ」丸出しの世界遺産「ペルセポリス遺跡」に行ってみよう!<br />http://4travel.jp/travelogue/11301122<br /><br />Day7 シーラーズのフォトジェニックスポット「ピンクモスク」で知る「幻想的な写真」の理想と現実<br />http://4travel.jp/travelogue/11307707<br /><br />Day8 聖地マシャハドでイスラム教にどっぷり浸かってみた!<br />http://4travel.jp/travelogue/11311768<br /><br />Day9 【完結編】テヘランで知る「なぜイランはここまで世界で嫌われる?」その理由<br />http://4travel.jp/travelogue/11320758<br />

おじさんぽ ~イランは本当に「悪の枢軸」なのか?を確かめる旅~ Day3 「世界の半分」と言われていたイスファハーンの広場は本当に「世界の半分」なのか?

416いいね!

2017/04/25 - 2017/05/05

1位(同エリア249件中)

    91

    イスファハーンといえば、かつて「世界の半分」と言われた「エマーム広場」が有名。

    でも「世界の半分」ってどうゆうこと?

    実は、当時の王様は「政治」「経済」「宗教」の全てをこのエマーム広場に集結しようとしたらしい。

    そんなエマーム広場は本当に世界の半分なのか? 実際に行って確かめてみますよ。

    エマーム広場なんかをブラブラしながら、イラン独特のグルメ(スイーツ)なんかをレポートしてみますよ!

    本家HP
    http://hornets.homeunix.org

    instagram
    https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/

    twitter
    https://twitter.com/hornets_ski_org


    Day1 イスファハーンの観光スポットは「橋」?
    http://4travel.jp/travelogue/11279790

    Day3 「世界の半分」と言われていたイスファハーンの広場は本当に「世界の半分」なのか?
    http://4travel.jp/travelogue/11284673

    Day4 イランなのに「アルメニア人」について学んでみた!
    http://4travel.jp/travelogue/11292235

    Day5 ヤズドの乾いた土地では果たしてどうやって水を確保するのかっ?
    http://4travel.jp/travelogue/11296697

    Day6 ローカルバスで「ペルシャ」丸出しの世界遺産「ペルセポリス遺跡」に行ってみよう!
    http://4travel.jp/travelogue/11301122

    Day7 シーラーズのフォトジェニックスポット「ピンクモスク」で知る「幻想的な写真」の理想と現実
    http://4travel.jp/travelogue/11307707

    Day8 聖地マシャハドでイスラム教にどっぷり浸かってみた!
    http://4travel.jp/travelogue/11311768

    Day9 【完結編】テヘランで知る「なぜイランはここまで世界で嫌われる?」その理由
    http://4travel.jp/travelogue/11320758

    同行者
    一人旅
    交通手段
    高速・路線バス 徒歩 飛行機
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0
    ホテル
    1.0
    グルメ
    3.0
    交通
    4.0

    PR

    • さて旅は3日目に突入。 と言ってもまだほとんど観光はできておらず、今日からが本番といったところ。 <br /><br />そんな感じなのに、本日はこのイラン旅のメインとも言える、イスファハーンのエマーム広場へ朝から向かう。 かつて「世界の半分」と言われたエマーム広場は、政治・経済・信仰の場をここ一ヶ所に集めようとした場所なのだ。 <br /><br />

      さて旅は3日目に突入。 と言ってもまだほとんど観光はできておらず、今日からが本番といったところ。

      そんな感じなのに、本日はこのイラン旅のメインとも言える、イスファハーンのエマーム広場へ朝から向かう。 かつて「世界の半分」と言われたエマーム広場は、政治・経済・信仰の場をここ一ヶ所に集めようとした場所なのだ。

    • 街にはたまにこんな感じの看板を見かける。 ペルシャ語が読めないので、細かくはわからないが、多分英語に関する看板だと予想できる。 <br /><br />「反米」というイメージが先行するイランだが、現地の人は意外と英語を喋りたいと思っているのか? <br /><br />

      街にはたまにこんな感じの看板を見かける。 ペルシャ語が読めないので、細かくはわからないが、多分英語に関する看板だと予想できる。

      「反米」というイメージが先行するイランだが、現地の人は意外と英語を喋りたいと思っているのか?

    • そんなこんなで、エマーム広場へ到着。 まあ、アクセスした方向にもよると思うのだが、自分は西側の入り口からいきなり広場の中心にアクセス。 <br />

      そんなこんなで、エマーム広場へ到着。 まあ、アクセスした方向にもよると思うのだが、自分は西側の入り口からいきなり広場の中心にアクセス。

    • イスファハーンの街はちょっとゴミゴミしているのだが、そんな中、エマーム広場に入るといきなり広~い広場が現れて、思わず「お~!」と声を出しそうになる。 <br /><br />確かにかつて「世界の半分」と言われただけの感じはある。 <br /><br />

      イスファハーンの街はちょっとゴミゴミしているのだが、そんな中、エマーム広場に入るといきなり広~い広場が現れて、思わず「お~!」と声を出しそうになる。

      確かにかつて「世界の半分」と言われただけの感じはある。

    • 広場をぐるっと取り囲むように並ぶイラン国旗。 「あ~、イランに来たんだなぁ~」と実感する瞬間だ。 <br /><br />

      広場をぐるっと取り囲むように並ぶイラン国旗。 「あ~、イランに来たんだなぁ~」と実感する瞬間だ。

    • そんなエマーム広場の一番南側にある「マスジャデ・エマーム」へ、最初に向かってみることにする。 <br /><br />

      そんなエマーム広場の一番南側にある「マスジャデ・エマーム」へ、最初に向かってみることにする。

    • マスジャデ・エマームの入り口には立派なエイヴァーンがそびえ立つ。 <br />

      マスジャデ・エマームの入り口には立派なエイヴァーンがそびえ立つ。

    • マスジャデ・エマームの見学にはお金が必要。 入り口横の小さな窓口でチケットを買う。 <br /><br />まあ、こういった観光地では当たり前なのかもしれないが、地元民と外国人ではチケットの料金が違う。 ちなみに地元民は約100円。外国人は約600円とかなりの違い。 やらしいのは、それだけ値段が違うのがそうやすやすとわかってしまうと、外国人の不満が募ってしまう。 ということで、外国人がペルシャ語読めないのをいいことに、地元民の料金はペルシャ語(ペルシャ数字)での表記。 そして、外国人向けの料金は英語表記なのだ。 ずるいぞ! イラン人!。 <br /><br />今後、この「入場料の高さ」がこの旅を苦しめることになる。 <br /><br />

      マスジャデ・エマームの見学にはお金が必要。 入り口横の小さな窓口でチケットを買う。

      まあ、こういった観光地では当たり前なのかもしれないが、地元民と外国人ではチケットの料金が違う。 ちなみに地元民は約100円。外国人は約600円とかなりの違い。 やらしいのは、それだけ値段が違うのがそうやすやすとわかってしまうと、外国人の不満が募ってしまう。 ということで、外国人がペルシャ語読めないのをいいことに、地元民の料金はペルシャ語(ペルシャ数字)での表記。 そして、外国人向けの料金は英語表記なのだ。 ずるいぞ! イラン人!。

      今後、この「入場料の高さ」がこの旅を苦しめることになる。

    • 入場料の違いに不満が募りつつも、とりあえずマスジャデ・エマームを見学する。 <br /><br />マズジャデ・エマームは、アッバース1世の命令で作られたものなのだが、完成には26年もの歳月がかかっているかなりの大作。 <br /><br />入り口のエイヴァーンだけでも5年もの歳月をかけて作られたそうだ。 まあ、そんな長い歳月がかかったのも納得な、イスラム教独特の美しい模様で埋め尽くされている。 <br />

      入場料の違いに不満が募りつつも、とりあえずマスジャデ・エマームを見学する。

      マズジャデ・エマームは、アッバース1世の命令で作られたものなのだが、完成には26年もの歳月がかかっているかなりの大作。

      入り口のエイヴァーンだけでも5年もの歳月をかけて作られたそうだ。 まあ、そんな長い歳月がかかったのも納得な、イスラム教独特の美しい模様で埋め尽くされている。

    • そんなエイヴァーンから中に入り、短いが暗い回廊を抜けると… <br /><br />

      そんなエイヴァーンから中に入り、短いが暗い回廊を抜けると…

    • ど~ん!と中央礼拝堂が現れる。 もう「立派」との一言に尽きる。 <br /><br />

      ど~ん!と中央礼拝堂が現れる。 もう「立派」との一言に尽きる。

    • 当たり前だが、こちらの建物もびっしりとイスラム独特の模様で埋め尽くされている。 かなり綺麗。 <br /><br />

      当たり前だが、こちらの建物もびっしりとイスラム独特の模様で埋め尽くされている。 かなり綺麗。

    • イスラム教は偶像崇拝を禁止しているので、中に入っても「仏像」みたいなものは何もなく、ただの空間でしかない。(厳密に言えば、偶像崇拝についての考え方はイランのような「シーア派」と他の国の「スンニ派」とでは若干違う。イランでは偶像崇拝に対しての考えは若干緩い) <br /><br />しかしながら、それだけでは荘厳な空気が醸し出せないからか?とにかく、壁や天井をなんとも言えない幾何学模様で飾るのだ。 <br /><br />当然上を見上げると、天井の模様も吸い込まれそうな感じだ。 <br /><br />

      イスラム教は偶像崇拝を禁止しているので、中に入っても「仏像」みたいなものは何もなく、ただの空間でしかない。(厳密に言えば、偶像崇拝についての考え方はイランのような「シーア派」と他の国の「スンニ派」とでは若干違う。イランでは偶像崇拝に対しての考えは若干緩い)

      しかしながら、それだけでは荘厳な空気が醸し出せないからか?とにかく、壁や天井をなんとも言えない幾何学模様で飾るのだ。

      当然上を見上げると、天井の模様も吸い込まれそうな感じだ。

    • 「頑張らない」風土の土地などでは、「外観だけ立派」という観光ポイントも少なくはないのだが、さすがに信仰の場として力を入れた場所だけあって、イランであっても内部に手抜きは無く美しい。 <br /><br />

      「頑張らない」風土の土地などでは、「外観だけ立派」という観光ポイントも少なくはないのだが、さすがに信仰の場として力を入れた場所だけあって、イランであっても内部に手抜きは無く美しい。

    • この礼拝堂はかなりの大きさなのだが、写真にかすかに写る人の大きさと比べてみても、建物の大きさは容易にわかるだろう。 <br />

      この礼拝堂はかなりの大きさなのだが、写真にかすかに写る人の大きさと比べてみても、建物の大きさは容易にわかるだろう。

    • 壁面を覆った幾何学模様のタイルだけでは無く、建物の造り自体も美しい。 アジアでもヨーロッパでもない中東的なデザインが独特(イランは中東ぢゃなく、正確には「西アジア」なのかもしれないが…) <br /><br />

      壁面を覆った幾何学模様のタイルだけでは無く、建物の造り自体も美しい。 アジアでもヨーロッパでもない中東的なデザインが独特(イランは中東ぢゃなく、正確には「西アジア」なのかもしれないが…)

    • さて続いては広場東側中央付近にある「マスジャデ・シェイフ・ロトゥフォッラー」へ。 <br /><br />

      さて続いては広場東側中央付近にある「マスジャデ・シェイフ・ロトゥフォッラー」へ。

    • 広場はかなり広いので、広場内をぐるっと一周移動できる馬車のサービスもあって、特に子供連れの家族なんかがよく利用していた。 <br />

      広場はかなり広いので、広場内をぐるっと一周移動できる馬車のサービスもあって、特に子供連れの家族なんかがよく利用していた。

    • マスジャデ・シェイフ・ロトゥフォッラーの外観はこんな感じ。 こちらもモスクだ。 <br />

      マスジャデ・シェイフ・ロトゥフォッラーの外観はこんな感じ。 こちらもモスクだ。

    • 先ほどのマスジャデ・エマームほどの大きさはないが、こちらも入り口が綺麗。 <br />

      先ほどのマスジャデ・エマームほどの大きさはないが、こちらも入り口が綺麗。

    1件目~20件目を表示(全91件中)

    この旅行記のタグ

      416いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (1)

      開く

      閉じる

      hornets.homeunix.orgさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      イスファハン(イラン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集