その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。<br /><br />その9は、首都エレヴァンから西に20kmほど離れた、エチミアジン大聖堂とその周辺の教会へ。リプシメ教会やズヴァルトノツ古代遺跡とあわせて、世界遺産に指定されています。特に、「四アプス形式」と壁の深いニッチの様子、四角形の上にドームを載せるための工夫など、アルメニア教会建築の特徴をよく残した、618年創建の聖リプシメ教会が印象的でした。<br /><br />・ズヴァルトノツの古代遺跡<br />・聖リプシメ教会<br />・エチミアジン大聖堂<br />・エチミアジンの宝物庫<br /><br />表紙写真は、花に囲まれた聖リプシメ教会の遠景。

2017GWコーカサス3国 その9~アルメニアの教会建築の典型リプシメ教会とエチミアジン大聖堂

5いいね!

2017/05/05 - 2017/05/05

72位(同エリア85件中)

    49

    2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。

    その9は、首都エレヴァンから西に20kmほど離れた、エチミアジン大聖堂とその周辺の教会へ。リプシメ教会やズヴァルトノツ古代遺跡とあわせて、世界遺産に指定されています。特に、「四アプス形式」と壁の深いニッチの様子、四角形の上にドームを載せるための工夫など、アルメニア教会建築の特徴をよく残した、618年創建の聖リプシメ教会が印象的でした。

    ・ズヴァルトノツの古代遺跡
    ・聖リプシメ教会
    ・エチミアジン大聖堂
    ・エチミアジンの宝物庫

    表紙写真は、花に囲まれた聖リプシメ教会の遠景。

    交通手段
    観光バス 徒歩
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5

    PR

    • エレヴァンから西へ。空港の名前にもなっているズヴァルトノツの遺跡です。

      エレヴァンから西へ。空港の名前にもなっているズヴァルトノツの遺跡です。

      スヴァルトノツ 史跡・遺跡

    • 643年から 652年にかけて建てられた教会。残念ながら10世紀の大地震で崩れてしまいました。

      643年から 652年にかけて建てられた教会。残念ながら10世紀の大地震で崩れてしまいました。

    • 4つのアプスを形作っていた列柱とその上のアーチ。

      イチオシ

      4つのアプスを形作っていた列柱とその上のアーチ。

    • 渦巻きとカゴメ模様の柱頭が特徴的です。

      渦巻きとカゴメ模様の柱頭が特徴的です。

    • 鷲を表した柱頭も。

      鷲を表した柱頭も。

    • 奥側からみたところ。<br /><br />四葉型の教会のまわりに円形の周歩廊が作られていた様子が分かります。

      奥側からみたところ。

      四葉型の教会のまわりに円形の周歩廊が作られていた様子が分かります。

    • 地震で崩れた石。

      地震で崩れた石。

    • アーチの向こうにアララト山が見えるはずなのですが…

      アーチの向こうにアララト山が見えるはずなのですが…

    • どんより曇った雲に下に、ちょっぴりだけアララト山の麓部分が見えました。

      どんより曇った雲に下に、ちょっぴりだけアララト山の麓部分が見えました。

    • 祭壇だったところ。

      祭壇だったところ。

    • ズヴァルトノツから、聖リプシメ教会に向かいます。<br /><br />その途中、啓蒙者グレゴリウスの右手をあらわすモニュメントがありました。

      ズヴァルトノツから、聖リプシメ教会に向かいます。

      その途中、啓蒙者グレゴリウスの右手をあらわすモニュメントがありました。

    • 聖リプシメ教会。618年に建立された当時の姿をとどめています。<br /><br />右側の鐘楼は17世紀に増設されたものです。

      聖リプシメ教会。618年に建立された当時の姿をとどめています。

      右側の鐘楼は17世紀に増設されたものです。

    • 四方に半円形のアプス、その周囲に四角い部屋を設けて、全体には長方形のプランになっています。<br /><br />そして、中央部に16角形のドラム、そしてドームが架けられています。

      四方に半円形のアプス、その周囲に四角い部屋を設けて、全体には長方形のプランになっています。

      そして、中央部に16角形のドラム、そしてドームが架けられています。

      リブシメ教会 寺院・教会

    • 鐘楼と入口。

      鐘楼と入口。

    • 扉の彫刻も繊細です。

      扉の彫刻も繊細です。

    • 中に入ると、驚くほど明るい。<br /><br />ドームから光が降り注いでいます。<br /><br />祭壇にはカーテンがあり、今も使われている教会であることがわかります。

      中に入ると、驚くほど明るい。

      ドームから光が降り注いでいます。

      祭壇にはカーテンがあり、今も使われている教会であることがわかります。

    • 祭壇のアップ。<br /><br />こんなにがっしりとした石組みなのに、高い天井を持つことが不思議です。

      祭壇のアップ。

      こんなにがっしりとした石組みなのに、高い天井を持つことが不思議です。

    • 12本のリブが残る天井のドーム。<br /><br />四角から八角にするために、ヒダヒダのスクィンチが据え付けられ、そこから16角に近づけようと、帆立貝のようなフィンがはめ込まれています。

      12本のリブが残る天井のドーム。

      四角から八角にするために、ヒダヒダのスクィンチが据え付けられ、そこから16角に近づけようと、帆立貝のようなフィンがはめ込まれています。

    • スクィンチとフィンのアップ。苦労のほどが忍ばれます。

      イチオシ

      スクィンチとフィンのアップ。苦労のほどが忍ばれます。

    • 聖堂内にあったハチュカル。

      聖堂内にあったハチュカル。

    1件目~20件目を表示(全49件中)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      その他の都市(アルメニア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集