富山市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
富山県は以前氷見と雨森海岸へ行ったことはあったが、富山市を訪ねるのは初めてであった。先に訪れた金沢市に比べると、富山市はそんなに観光するところは多くなく、小生の関心テーマである歴史的近代建築も少ないようであった。<br /><br />そんな中でもいくつかの興味のある場所を見つけ、訪ねてみた。それらは郷土博物館(旧富山城)、水墨美術館、池田屋安兵衛商店、港町岩瀬等で、いずれも今回富山に来て初めて知ったスポットばかりである。<br /><br />さらに興味を覚えたのは市内を走る路面電車である。全国的に路面電車は廃止されたところが多いが、富山市では廃止されるどころか大いに活用されている。

富山を歩く ー 名所旧跡は少ないが、落ち着いた街並みに満足

45いいね!

2017/04/25 - 2017/04/28

48位(同エリア741件中)

    65

    富山県は以前氷見と雨森海岸へ行ったことはあったが、富山市を訪ねるのは初めてであった。先に訪れた金沢市に比べると、富山市はそんなに観光するところは多くなく、小生の関心テーマである歴史的近代建築も少ないようであった。

    そんな中でもいくつかの興味のある場所を見つけ、訪ねてみた。それらは郷土博物館(旧富山城)、水墨美術館、池田屋安兵衛商店、港町岩瀬等で、いずれも今回富山に来て初めて知ったスポットばかりである。

    さらに興味を覚えたのは市内を走る路面電車である。全国的に路面電車は廃止されたところが多いが、富山市では廃止されるどころか大いに活用されている。

    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • 富山で宿泊したのはマンテンホテル富山である。富山駅から歩くと12分ほどかかり、少々不便であったが、市内電車に乗ると3分位で来ることが出来る。

      富山で宿泊したのはマンテンホテル富山である。富山駅から歩くと12分ほどかかり、少々不便であったが、市内電車に乗ると3分位で来ることが出来る。

    • このホテルの最上階(11階)には大浴場があり、雄大な立山連峰を見ながら湯船に浸かることが出来、大いにリラックスし、疲れをとることが出来た。

      このホテルの最上階(11階)には大浴場があり、雄大な立山連峰を見ながら湯船に浸かることが出来、大いにリラックスし、疲れをとることが出来た。

    • 富山の特徴は市内電車(路面電車)が走っていることで、けっこうあちこちに出かけるのに便利で、しかも効率的で、何度か利用した。日本では路面電車が走る都市は多くないが、次々と廃止されてきた中で富山市は路面電車が成功している例だと言える。<br /><br />1回の乗車券は200円であるが、滞在していたホテルで割引券をいただいて、何度も100円で乗車することが出来た。<br /><br />富山市には3種類の路面電車が走っている。この画像の電車は富山地方鉄道の7000形電車である。

      富山の特徴は市内電車(路面電車)が走っていることで、けっこうあちこちに出かけるのに便利で、しかも効率的で、何度か利用した。日本では路面電車が走る都市は多くないが、次々と廃止されてきた中で富山市は路面電車が成功している例だと言える。

      1回の乗車券は200円であるが、滞在していたホテルで割引券をいただいて、何度も100円で乗車することが出来た。

      富山市には3種類の路面電車が走っている。この画像の電車は富山地方鉄道の7000形電車である。

    • 富山に着いてまず気が付いたことは、市内電車が街を走っていることであった。この電車は8000形で、7000形と同様にかなり古い電車である。

      富山に着いてまず気が付いたことは、市内電車が街を走っていることであった。この電車は8000形で、7000形と同様にかなり古い電車である。

    • 昼間、電車に乗ると、利用者が少なく、のんびりした雰囲気が漂っていた。朝夕の混雑した時でも立っている人はわずかで、東京の混雑ぶりに比べると、全く天国みたいな感じである。

      昼間、電車に乗ると、利用者が少なく、のんびりした雰囲気が漂っていた。朝夕の混雑した時でも立っている人はわずかで、東京の混雑ぶりに比べると、全く天国みたいな感じである。

    • この電車はセントラム(CENTRAM)で、9000形電車である。<br />

      この電車はセントラム(CENTRAM)で、9000形電車である。

    • T100形のセントラムである。

      T100形のセントラムである。

    • 最新型のこちらはポートラム(PORTRAM)で、北口から出ている電車である。

      最新型のこちらはポートラム(PORTRAM)で、北口から出ている電車である。

    • 富山のやや外れたところに位置する港のある岩瀬に行く際この路面電車を利用した。ちょうど菜の花が咲き乱れ、うまい具合に一緒に写真を撮ることが出来た。

      富山のやや外れたところに位置する港のある岩瀬に行く際この路面電車を利用した。ちょうど菜の花が咲き乱れ、うまい具合に一緒に写真を撮ることが出来た。

    • 歩道に設置されたプレートには富山市内を走る電車が描かれている。

      歩道に設置されたプレートには富山市内を走る電車が描かれている。

    • こちらも富山のシンボルともいうべき、雷鳥と立山が描かれている。

      こちらも富山のシンボルともいうべき、雷鳥と立山が描かれている。

    • かつての富山城が今は富山城趾公園として整備され、市民の憩いの場となっている。

      かつての富山城が今は富山城趾公園として整備され、市民の憩いの場となっている。

    • 城の周りにある堀割りにはたくさんの金魚が放たれ、堀の周囲には四季の花が咲き乱れている。

      城の周りにある堀割りにはたくさんの金魚が放たれ、堀の周囲には四季の花が咲き乱れている。

    • 「千歳御門」

      「千歳御門」

    • 富山城は小規模ながら形の整った姿をしていて、美しい城郭と言えるだろう。

      富山城は小規模ながら形の整った姿をしていて、美しい城郭と言えるだろう。

    • 珍しい記念碑を見つけた。1940年(昭和15)の空襲でも生き残った「殉職警坊団員之碑」が建っている。

      珍しい記念碑を見つけた。1940年(昭和15)の空襲でも生き残った「殉職警坊団員之碑」が建っている。

    • 富山城は1945年(昭和20)の8月の大空襲で焼け落ち、崩壊したが、その後再建された。本丸跡には今は郷土博物館があり、富山城の歴史を紹介している。

      富山城は1945年(昭和20)の8月の大空襲で焼け落ち、崩壊したが、その後再建された。本丸跡には今は郷土博物館があり、富山城の歴史を紹介している。

    1件目~20件目を表示(全65件中)

    この旅行記のタグ

      45いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      富山市(富山) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集