札幌旅行記(ブログ) 一覧に戻る
出来れば毎年海外に行きたいところだが、<br />息子Aが中学生となり、部活>>>>>>>>家族旅行となること必至と予想。<br />一週間の休暇は無理っぽい。<br /><br />また、今後の出費も見据えて、<br />今年の夏は国内でキャンプにしよう!<br />って事にした。<br />ならば、以前より行きたかった、道北の旅にしようと、3月末に早々とAir、Hotel、レンタカーの予約を完了。<br /><br />で、バックパッカー・キャンパーになるべく、キャンプ・ギアを買い直ししたりしたら、結局、結構な金額に・・・・・・。<br />これなら、東南アジアなら行けたかも・・・・・・・・?<br /><br />でも、憧れの礼文島をトレッキングできて、<br />もしかしたら、最後の家族四人旅行(息子Aが家族旅行を卒業しちゃうかも・・・・)を目一杯、楽しんで来れて良かった。<br /><br />【旅程】<br />7月22日:羽田―(飛行機)→千歳―(レンタカー)→稚内<br />7月23日:稚内―(フェリー)→礼文島<br />7月24日:礼文島<br />7月25日:礼文島―(フェリー)→稚内―(レンタカー)→朱鞠内湖<br />7月26日:朱鞠内湖<br />7月27日:朱鞠内湖―(レンタカー)→札幌―(レンタカー)→千歳―(飛行機)→成田<br />

道北:キャンプと釣りの旅 六日目_初めての札幌

14いいね!

2016/07/22 - 2016/07/27

2206位(同エリア5517件中)

0

15

出来れば毎年海外に行きたいところだが、
息子Aが中学生となり、部活>>>>>>>>家族旅行となること必至と予想。
一週間の休暇は無理っぽい。

また、今後の出費も見据えて、
今年の夏は国内でキャンプにしよう!
って事にした。
ならば、以前より行きたかった、道北の旅にしようと、3月末に早々とAir、Hotel、レンタカーの予約を完了。

で、バックパッカー・キャンパーになるべく、キャンプ・ギアを買い直ししたりしたら、結局、結構な金額に・・・・・・。
これなら、東南アジアなら行けたかも・・・・・・・・?

でも、憧れの礼文島をトレッキングできて、
もしかしたら、最後の家族四人旅行(息子Aが家族旅行を卒業しちゃうかも・・・・)を目一杯、楽しんで来れて良かった。

【旅程】
7月22日:羽田―(飛行機)→千歳―(レンタカー)→稚内
7月23日:稚内―(フェリー)→礼文島
7月24日:礼文島
7月25日:礼文島―(フェリー)→稚内―(レンタカー)→朱鞠内湖
7月26日:朱鞠内湖
7月27日:朱鞠内湖―(レンタカー)→札幌―(レンタカー)→千歳―(飛行機)→成田

同行者
家族旅行
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー スカイマーク 私鉄 徒歩 バニラエア
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
3.0
観光
3.0
グルメ
3.0

PR

  • 本日は、東京に戻る日。<br />朝食は、余った食材を全部使い切る為、色んな物が入った大量焼うどんと味噌汁。<br /> <br />そこで夫が作った味噌汁が・・・・・・・・・・、震えるほど、まずかったww<br />きゅうりを消費したく、うどんに入れるのを控えたのはよかったが、<br />味噌汁に乱切りの大きさのきゅうりを投入したため、ほぼ生状態。<br /> <br />モロきゅうは美味しいのだから、味噌ときゅうりのコラボは間違いないハズなのに、<br />あの恐ろしい味はなんなのだろう。<br />きゅうりの切り方が大きすぎて、皮が生暖かく、中身が冷たくて青臭いってのが、気持ち悪いんだろうな。<br />冷やし汁に入れる薄切りのきゅうりは旨いのに・・・・・。<br />兎に角、全員が絶句するぐらいまずい味噌汁で、「キャンプのおもひでの一品」の王座にかがやいたのは間違いない。<br />でも、ちゃんと完食した。<br /> <br />8時に出発の予定が、きゅうりの味噌汁の後遺症なのか、9時までバタバタしてしまった。<br />管理棟でチェックアウトして、いざ、札幌へ!<br />北海道5度目にして、初の札幌だよー!!<br /> <br />朝から雲が厚かったのだけれど、昨日もそんな感じで、9時頃からピーカンに変わった。<br />だから、本日もそんな感じなのかな?っと思っていた。<br /><br />しかし、士別剣淵(日本最北の料金所)から北海道縦貫自動車道にのって、旭川の手前から雨が降り出した。<br />そして、砂川のあたりで本降りとなった。<br />ウィンカーを入れるのにも、あせってしまうペーパーの私はSAで夫とドライバーを交換。<br />・・・・・・考えてみたら、雨の中で運転したのは、初めてだったかも?<br />って、どんだけのペーパーなんだ!

    本日は、東京に戻る日。
    朝食は、余った食材を全部使い切る為、色んな物が入った大量焼うどんと味噌汁。

    そこで夫が作った味噌汁が・・・・・・・・・・、震えるほど、まずかったww
    きゅうりを消費したく、うどんに入れるのを控えたのはよかったが、
    味噌汁に乱切りの大きさのきゅうりを投入したため、ほぼ生状態。

    モロきゅうは美味しいのだから、味噌ときゅうりのコラボは間違いないハズなのに、
    あの恐ろしい味はなんなのだろう。
    きゅうりの切り方が大きすぎて、皮が生暖かく、中身が冷たくて青臭いってのが、気持ち悪いんだろうな。
    冷やし汁に入れる薄切りのきゅうりは旨いのに・・・・・。
    兎に角、全員が絶句するぐらいまずい味噌汁で、「キャンプのおもひでの一品」の王座にかがやいたのは間違いない。
    でも、ちゃんと完食した。

    8時に出発の予定が、きゅうりの味噌汁の後遺症なのか、9時までバタバタしてしまった。
    管理棟でチェックアウトして、いざ、札幌へ!
    北海道5度目にして、初の札幌だよー!!

    朝から雲が厚かったのだけれど、昨日もそんな感じで、9時頃からピーカンに変わった。
    だから、本日もそんな感じなのかな?っと思っていた。

    しかし、士別剣淵(日本最北の料金所)から北海道縦貫自動車道にのって、旭川の手前から雨が降り出した。
    そして、砂川のあたりで本降りとなった。
    ウィンカーを入れるのにも、あせってしまうペーパーの私はSAで夫とドライバーを交換。
    ・・・・・・考えてみたら、雨の中で運転したのは、初めてだったかも?
    って、どんだけのペーパーなんだ!

    朱鞠内湖 自然・景勝地

    朱鞠内湖畔キャンプ場の口コミ by まめこはさん
  • 雨はどんどん強くなってきて、止む気配はない。<br />高速を降りて、雨の為か、よりグレーに見える札幌は、東京となんら変わらない風に見える都会だ。<br />札幌にやってきた目的は、「北海道大学」の見学。<br /> <br />子供たちも大好きな「動物のお医者さん」の舞台を見に行くのだ。<br /> <br />獣医学部の場所がわからないので、どちらにも動けるように、敷地の中央の門に近い駐車場に車をとめた。<br />雨合羽を羽織って、大学へ。<br />噂に聞いていたとおり、漫画に描いてあったとおり、広い。デカいぞ。

    雨はどんどん強くなってきて、止む気配はない。
    高速を降りて、雨の為か、よりグレーに見える札幌は、東京となんら変わらない風に見える都会だ。
    札幌にやってきた目的は、「北海道大学」の見学。

    子供たちも大好きな「動物のお医者さん」の舞台を見に行くのだ。

    獣医学部の場所がわからないので、どちらにも動けるように、敷地の中央の門に近い駐車場に車をとめた。
    雨合羽を羽織って、大学へ。
    噂に聞いていたとおり、漫画に描いてあったとおり、広い。デカいぞ。

    北海道大学 名所・史跡

  • 夫がトイレを借りた学食の建物の中にあった、COOPのパン屋さん。<br />一般に開放しているのが不明だったので、購入せず。<br /><br />(その後、調べたら一般の人も問題なく購入できるようだ。)

    夫がトイレを借りた学食の建物の中にあった、COOPのパン屋さん。
    一般に開放しているのが不明だったので、購入せず。

    (その後、調べたら一般の人も問題なく購入できるようだ。)

  • 「あ、これ、知ってる!」と子供が指差したのは、<br />「日本初人工雪」の記念碑。<br />どらえもんの科学雑誌でみたことあるってさ。

    「あ、これ、知ってる!」と子供が指差したのは、
    「日本初人工雪」の記念碑。
    どらえもんの科学雑誌でみたことあるってさ。

  • 雨がざんざん降っていて、スマホで確認するのが大変なので、人に聞きながら、獣医学部を目指す。

    雨がざんざん降っていて、スマホで確認するのが大変なので、人に聞きながら、獣医学部を目指す。

  • あった、あったー!<br /><br />おいおい、本当に敷地の端っこなんだなww<br />ハムテルたちのぼやきの意味を身をもって理解したよ。

    あった、あったー!

    おいおい、本当に敷地の端っこなんだなww
    ハムテルたちのぼやきの意味を身をもって理解したよ。

  • なんか、結構綺麗な建物。

    なんか、結構綺麗な建物。

  • 入口から建物まで結構な距離。<br />

    入口から建物まで結構な距離。

  • この木にももちゃん(エゾモモンガ)、住んでいないかな?<br /><br />てか、こんな都会にエゾモモンガって生息してんの????

    この木にももちゃん(エゾモモンガ)、住んでいないかな?

    てか、こんな都会にエゾモモンガって生息してんの????

  • 「菱沼さんが雪にはまった近道ってどこだろう。」<br />「あそこの屋根で漆原教授がスケートしたのかな?」とか、色々確認したかったのだけれど、<br />兎に角雨がすごいので、後は「北海道大学農学部(旧東北帝国大学農科大学)第二農場」をちらりと見学して、終わりとした。<br />

    「菱沼さんが雪にはまった近道ってどこだろう。」
    「あそこの屋根で漆原教授がスケートしたのかな?」とか、色々確認したかったのだけれど、
    兎に角雨がすごいので、後は「北海道大学農学部(旧東北帝国大学農科大学)第二農場」をちらりと見学して、終わりとした。

  • 本当に敷地が広い大学だ。<br />海外並み。

    本当に敷地が広い大学だ。
    海外並み。

  • 建物の中は、資料館となっていて、クラーク博士の時代からの北海道における畜産業全体の歴史資料が展示されている。<br /><br />夫いわく、トラクターマニアにとっては垂涎のコレクションだな。と。<br /><br />日本全国津々浦々にトラクターマニアの方がどのくらいいるかはわかりませんが、<br />是非、お越しください。<br />

    建物の中は、資料館となっていて、クラーク博士の時代からの北海道における畜産業全体の歴史資料が展示されている。

    夫いわく、トラクターマニアにとっては垂涎のコレクションだな。と。

    日本全国津々浦々にトラクターマニアの方がどのくらいいるかはわかりませんが、
    是非、お越しください。

  • 本当は、もっとじっくり見学したかった。<br />ポプラ並木、見たかったのにな。<br /> <br />それから、次の目的地までは徒歩で行ける距離。<br />夫には、車をピックアップしてもらって、現地で集合。<br /> <br />クラーク博士の銅像の前で写真をとって(二階堂の鹿児島の従妹との待ち合わせ場所)、<br />COOPで北海道大学グッズを購入して、<br />次の目的地の「六花亭 札幌本店」へ。<br /><br />地図によると徒歩10分ぐらいのはず。<br />だが、スマホの画面が雨に反応してしまって、画像が安定しない。<br />(傘をさしていないから)<br /><br />三井ガーデンホテルのあたりでうろうろして、歩行者の方に聞いたら、「あそこよ」と対面のビルを指さして教えてくれた。<br />北海道大学から、すごく近かった(クラーク博士像から正面門ではなく、クラーク会館やCOOPPの図書部の出口からしばらく歩き、高架を抜けて直ぐ)。<br />YAMAHAのビルの1・2F。

    本当は、もっとじっくり見学したかった。
    ポプラ並木、見たかったのにな。

    それから、次の目的地までは徒歩で行ける距離。
    夫には、車をピックアップしてもらって、現地で集合。

    クラーク博士の銅像の前で写真をとって(二階堂の鹿児島の従妹との待ち合わせ場所)、
    COOPで北海道大学グッズを購入して、
    次の目的地の「六花亭 札幌本店」へ。

    地図によると徒歩10分ぐらいのはず。
    だが、スマホの画面が雨に反応してしまって、画像が安定しない。
    (傘をさしていないから)

    三井ガーデンホテルのあたりでうろうろして、歩行者の方に聞いたら、「あそこよ」と対面のビルを指さして教えてくれた。
    北海道大学から、すごく近かった(クラーク博士像から正面門ではなく、クラーク会館やCOOPPの図書部の出口からしばらく歩き、高架を抜けて直ぐ)。
    YAMAHAのビルの1・2F。

  • 13時過ぎだったからか、雨だからなのか、2Fのカフェは空いていて、すぐに着席できた。<br />お値段が安心価格なので、躊躇なく、オーダー。<br />チーズケーキが美味しかった。<br />・・・・・・・・・が、いつまでたっても夫が来ないので、電話してみたら、すごい剣幕で怒ってる。<br /> <br />まず、<br />1.「六花亭本店」とカーナビに指示すると、「帯広」につれていかれそうになった。<br /><br />2.電話しても全く出ない → 私はガラケーとPADの二台持ち。マナーモードなうえに雨だったから、バッグに携帯を入れていたので、全然気づかず。<br /><br />3.スマホを持ってない → 息子Aが「ポケモンGo!」をやっていた。<br /><br />4.道で人に聞くと、全然違う場所の六花亭を教えられる → オープンして1年だから、まだ、札幌市民に浸透していない?<br /><br />って、事でどこに行けばいいのか全然わからなかったと。<br /> <br />とりあえず、三井ガーデンホテルを目指して、YAMAHAのビルがあったら、そこの2F。<br />隣のビルがモータープールだから、そこに停めて。<br />と指示したが、やはりなかなかこない。<br /> <br />やっと着いたのが、14時半すぎ。<br />超ぶりぶり怒ってた。<br />一切れずつ残しておいたのを食べ終わったのが、15時頃。

    13時過ぎだったからか、雨だからなのか、2Fのカフェは空いていて、すぐに着席できた。
    お値段が安心価格なので、躊躇なく、オーダー。
    チーズケーキが美味しかった。
    ・・・・・・・・・が、いつまでたっても夫が来ないので、電話してみたら、すごい剣幕で怒ってる。

    まず、
    1.「六花亭本店」とカーナビに指示すると、「帯広」につれていかれそうになった。

    2.電話しても全く出ない → 私はガラケーとPADの二台持ち。マナーモードなうえに雨だったから、バッグに携帯を入れていたので、全然気づかず。

    3.スマホを持ってない → 息子Aが「ポケモンGo!」をやっていた。

    4.道で人に聞くと、全然違う場所の六花亭を教えられる → オープンして1年だから、まだ、札幌市民に浸透していない?

    って、事でどこに行けばいいのか全然わからなかったと。

    とりあえず、三井ガーデンホテルを目指して、YAMAHAのビルがあったら、そこの2F。
    隣のビルがモータープールだから、そこに停めて。
    と指示したが、やはりなかなかこない。

    やっと着いたのが、14時半すぎ。
    超ぶりぶり怒ってた。
    一切れずつ残しておいたのを食べ終わったのが、15時頃。

    六花亭 札幌本店 専門店

    安心して、北海道スイーツを堪能できる by まめこはさん
  • 「!」<br />いかーーーん!!<br />こんな時間!!<br /> <br />慌てて、1Fでお土産を購入し、車に飛び乗って、札幌を後にする。<br />荷物を家に送る為、「7-11」を探しつつ(クロネコメンバーなもので)、<br />車窓から、「大通り公園」「北海道庁」「時計台」を見学。<br /> <br />反対車線にはあるものの、なかなかこちら側になかった「セブン」を高速に乗る前にみつけて、<br />荷物をふたつ預けた。<br /> <br />どしゃぶりの中、高速をぶっとばし、千歳でおりて、<br />レンタカー会社指定のGSでレジュラ―満タン。<br />レンタカー会社についたのは、離陸時刻の50分前。<br /> <br />返却手続きは問題なくできて、ここからバスで空港に向かう。<br />時間がかかるのなら、タクシーで向かおうかと思ったが、5分で戻ってくるとのことなので、待ってみる。<br />その通りで、5分程度で空港からお客を連れて戻ってきた。<br />すぐに出発してくれるというが、この状況の私の直ぐとドライバーの直ぐは違うのよね。<br />「早く、早く」と祈りながら、待っているとしばらくして出発。<br />そして、再確認の為に予約確認メールを見て、驚愕!!<br /> <br />最終チェックインタイムが20分前でなくて、30分前だった!!!<br /> <br />行きは羽田からスカイマークで20分前。<br />帰りはバニラエアで30分前だったのだ!<br /><br />そっか、スカイマークはLCCじゃなかったんだ!!<br />行きの時間と同じと思い込んでいた私。やっちまったー。<br />時間は今、17時10分。<br />出発の35分前、あと5分。<br /> <br />やばい、やばい。LCCは待ってくれないよ。<br />っと、中腰でハラハラしながら、バスがターミナルについたのが、15分。<br />他の3人に荷物を預けて、ひとりでダッシュ。<br />幸い、バニラのカウンターは降りた側の一番端だった。<br /> <br />並んでいる列の最後尾に着いたとき、「バニラエア910便の搭乗手続きをこれで終了致します。」の放送が流れた。<br />もう、並んでいては駄目だ!<br />「すみませーーん!!」と大声で地上乗務員の方に声をかけて、割り込ませて頂いた。<br />前に並んでいた人たち、すみません。<br />時計をちらりと確認したけれど、手続きをしてくれた。そこに、荷物を引きづりながら、夫たちが到着した。<br />客室乗務員の方の引率で、自分たちで荷物チェックをして、無事にチェックイン終了。<br />間に合ったーーー。ふぅぅ。<br /> <br />汗びっちょりで搭乗ゲートへ。<br />どうやら、この悪天候で機体が揺れて、成田までトイレに立てないかもしれないから、今のうちにトイレを済ませて欲しいとのこと。<br />長蛇の列のトイレにならぶ。<br /> <br />確か千歳には、温泉やチョコレート工場やアミューズメントパークがあるんじゃなかったっけ?<br />私が知っている千歳は、トイレだけだったよ。<br /> <br />無事にバニラエアは離陸した。<br />トイレが怖かったので、私はビールは我慢。<br />夫は飲んだ。<br />息子Aは、六花亭で最後にパフェが食べたかったのに時間がなくて、却下されたのが悔しかったのか、パスタを食べた。<br />美味しかったそうだ。<br /> <br />そして、成田第三ターミナルに到着。<br />バニラエアは二回目だけれど、その時はまだT3はなかったから、初めて。<br />やっぱ東京(成田)は暑いな、歩くのは嫌だなって思って、連絡バスに乗った。<br />T1についたのは、07:50<br />次のスカイアクセスは08:30発。これに乗った場合、自宅に着くのは23時の予定。<br />昼間のスカイアクセスなら、時間がかかるけれど、乗り換え1回で最寄駅まで着く。<br />乗り心地は良くないけれど、スカイライナーや成田EXPの半額で成田まで行くことができるのだ。<br />が、このスカイアクセスは青砥で乗り換えが必要だし、あまり魅力がない。後40分も待つし。<br /> <br />と、リムジンの出発電動掲示板を見ると、「07:55」発新宿行がある。<br />子供も疲れ切っているし、こっちに変更。<br />ベンチで伸びている3人に、リムジンに乗るから外で待っといてと声をかけて、チケットを買う。<br />ちなみに息子Aは学割で購入できた(要身分証明書)。<br /> <br />で、走って乗り場に行くと夫がいない。<br />トイレに行ったと。<br />なに~!!T3で荷物で出てくるのを待っている時にもトイレにいったのに!!<br />機内で飲んだビールのせいだな!<br /> <br />出発時間になっても夫は来ず・・・・・・・・・。<br />「次の便に乗ってください」と係りの人に促されて、「すみません。そうします。」と立ち去ろうとしたときに、夫、登場。<br />もぎりの方は、拒否しようとしたけれど、荷物を入れる人が私たちの荷物を入れてくれたので、乗れることになった。<br />重ね重ね、すみません。<br /> <br />バスに乗って、座ったとたん子供たちは寝落ち。<br />バスにはコンセントが付いているので、充電しながら、うとうとしていたら、新宿に到着した。<br />私鉄とタクシーで家に着いたのが、10時過ぎ。<br />予定よりも早く帰宅できて、留守番の猫たちに早くごはんをあげられて、良かった。<br />(いない間はキャットシッターに来てもらってる)<br /> <br />しかし、今回の旅はいつもいつも時間に追われていた。<br />コンダクターの私のスケジュールが頂けなかったのは間違いない。<br />国内ってことで油断してしまったのもあるけれど、やはりキャンプは色々時間がかかるなぁ、と改めて思った。

    「!」
    いかーーーん!!
    こんな時間!!

    慌てて、1Fでお土産を購入し、車に飛び乗って、札幌を後にする。
    荷物を家に送る為、「7-11」を探しつつ(クロネコメンバーなもので)、
    車窓から、「大通り公園」「北海道庁」「時計台」を見学。

    反対車線にはあるものの、なかなかこちら側になかった「セブン」を高速に乗る前にみつけて、
    荷物をふたつ預けた。

    どしゃぶりの中、高速をぶっとばし、千歳でおりて、
    レンタカー会社指定のGSでレジュラ―満タン。
    レンタカー会社についたのは、離陸時刻の50分前。

    返却手続きは問題なくできて、ここからバスで空港に向かう。
    時間がかかるのなら、タクシーで向かおうかと思ったが、5分で戻ってくるとのことなので、待ってみる。
    その通りで、5分程度で空港からお客を連れて戻ってきた。
    すぐに出発してくれるというが、この状況の私の直ぐとドライバーの直ぐは違うのよね。
    「早く、早く」と祈りながら、待っているとしばらくして出発。
    そして、再確認の為に予約確認メールを見て、驚愕!!

    最終チェックインタイムが20分前でなくて、30分前だった!!!

    行きは羽田からスカイマークで20分前。
    帰りはバニラエアで30分前だったのだ!

    そっか、スカイマークはLCCじゃなかったんだ!!
    行きの時間と同じと思い込んでいた私。やっちまったー。
    時間は今、17時10分。
    出発の35分前、あと5分。

    やばい、やばい。LCCは待ってくれないよ。
    っと、中腰でハラハラしながら、バスがターミナルについたのが、15分。
    他の3人に荷物を預けて、ひとりでダッシュ。
    幸い、バニラのカウンターは降りた側の一番端だった。

    並んでいる列の最後尾に着いたとき、「バニラエア910便の搭乗手続きをこれで終了致します。」の放送が流れた。
    もう、並んでいては駄目だ!
    「すみませーーん!!」と大声で地上乗務員の方に声をかけて、割り込ませて頂いた。
    前に並んでいた人たち、すみません。
    時計をちらりと確認したけれど、手続きをしてくれた。そこに、荷物を引きづりながら、夫たちが到着した。
    客室乗務員の方の引率で、自分たちで荷物チェックをして、無事にチェックイン終了。
    間に合ったーーー。ふぅぅ。

    汗びっちょりで搭乗ゲートへ。
    どうやら、この悪天候で機体が揺れて、成田までトイレに立てないかもしれないから、今のうちにトイレを済ませて欲しいとのこと。
    長蛇の列のトイレにならぶ。

    確か千歳には、温泉やチョコレート工場やアミューズメントパークがあるんじゃなかったっけ?
    私が知っている千歳は、トイレだけだったよ。

    無事にバニラエアは離陸した。
    トイレが怖かったので、私はビールは我慢。
    夫は飲んだ。
    息子Aは、六花亭で最後にパフェが食べたかったのに時間がなくて、却下されたのが悔しかったのか、パスタを食べた。
    美味しかったそうだ。

    そして、成田第三ターミナルに到着。
    バニラエアは二回目だけれど、その時はまだT3はなかったから、初めて。
    やっぱ東京(成田)は暑いな、歩くのは嫌だなって思って、連絡バスに乗った。
    T1についたのは、07:50
    次のスカイアクセスは08:30発。これに乗った場合、自宅に着くのは23時の予定。
    昼間のスカイアクセスなら、時間がかかるけれど、乗り換え1回で最寄駅まで着く。
    乗り心地は良くないけれど、スカイライナーや成田EXPの半額で成田まで行くことができるのだ。
    が、このスカイアクセスは青砥で乗り換えが必要だし、あまり魅力がない。後40分も待つし。

    と、リムジンの出発電動掲示板を見ると、「07:55」発新宿行がある。
    子供も疲れ切っているし、こっちに変更。
    ベンチで伸びている3人に、リムジンに乗るから外で待っといてと声をかけて、チケットを買う。
    ちなみに息子Aは学割で購入できた(要身分証明書)。

    で、走って乗り場に行くと夫がいない。
    トイレに行ったと。
    なに~!!T3で荷物で出てくるのを待っている時にもトイレにいったのに!!
    機内で飲んだビールのせいだな!

    出発時間になっても夫は来ず・・・・・・・・・。
    「次の便に乗ってください」と係りの人に促されて、「すみません。そうします。」と立ち去ろうとしたときに、夫、登場。
    もぎりの方は、拒否しようとしたけれど、荷物を入れる人が私たちの荷物を入れてくれたので、乗れることになった。
    重ね重ね、すみません。

    バスに乗って、座ったとたん子供たちは寝落ち。
    バスにはコンセントが付いているので、充電しながら、うとうとしていたら、新宿に到着した。
    私鉄とタクシーで家に着いたのが、10時過ぎ。
    予定よりも早く帰宅できて、留守番の猫たちに早くごはんをあげられて、良かった。
    (いない間はキャットシッターに来てもらってる)

    しかし、今回の旅はいつもいつも時間に追われていた。
    コンダクターの私のスケジュールが頂けなかったのは間違いない。
    国内ってことで油断してしまったのもあるけれど、やはりキャンプは色々時間がかかるなぁ、と改めて思った。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集