エクス=アン=プロヴァンス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
セントヴィクトワール山 2014.10.23   17:17<br />Montagne Sainte-Victoire/Mont Sainte-Victoire<br /><br />スコットランド・フランスの旅2014<br />写真旅行記 Travel Photo Essay &quot;Scotland and France 2014&quot;<br />2014.10.13(月)〜10.27(月)15日間<br /><br />第17回 エクサン・プロヴァンスの一日観光 Enjoy Aix-en-Provence<br />10月23日(木)快晴<br />この日はエクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenと市内の街歩きとセントヴィクトワール山の観光で、遠出はしないので出発も9時過ぎとなった。<br /><br />最初に訪れたのは10キロほど離れた歴史のある美しい小さな村で、<br />そこまでの途中で背が高く優美な水道橋Aqueduc de Roquefavourを見た。<br />3層構造で、1,2層は縦長の8つのアーチからなり、高さはポン・デュ・ガールよりも高く見え、ポン・デュ・ガールにも劣らぬ美しさで、朝日を浴びて白く輝く姿に感動した。<br />デュランス川の水を80キロ離れたマルセイユまで送るために近代になって造られたもので、構造はローマ時代の水道橋と似ている。<br />建造1841−47 長さ393m、高さ82.65m<br />ポン・デュ・ガールは長さ(3層部)275m,高さ49m<br /><br />Ventabrenの街は人気が高いために家の価格が高く、有名人や金持ちでないと住めないそうだ。<br />Place Albert Poitevin<br />http://fr.geoview.info/place_albert_poitevin,66747285w<br /><br />エクス・アン・プロヴァンスは、マルセイユから北に30km程のところにある、噴水の多い静かな街。印象派の巨匠ポール・セザンヌの故郷としてもよく知られている。<br />街の中心にあり、緑の美しいミラボー大通りは、この街から選出され、フランス革命初期に活躍した地元の貴族ミラボー伯爵にちなんで名づけられた。<br />街はずれの丘の中腹には、セザンヌのアトリエがあり、郊外には、セザンヌが好んで描いたサント・ヴィクトワール山が横たわっている。<br />エクスの名の由来は、水の多いこの地を統括した総督「セクスチウス」の名を冠して、「アクエア・セクスティアエ」(セクスティウスの水)と呼ばれたことにある。<br />今も100以上の泉が町を潤し続けている。<br /><br />ミラボー通り<br />エクス・アン・プロヴァンスのメインストリート(17世紀に城壁を壊した跡につくった長さ約500mの通り)。樹齢500年といわれるプラタナスの並木が美しく、また、涼しい木陰を作っている。<br />通りの北側にはカフェが軒を連ねており、その背後には17世紀の城塞都市の名残を残す旧市街がある(城壁の内側に相当)。また、通りの南側は、貴族たちが豪邸を構えていたというマザラン地区。<br />19世紀の風景画家グラネの作品を中心に16〜20世紀のヨーロッパの画家の作品を納めたグラネ美術館のあるのもこの地区。セザンヌの油絵も8点ある。通りでは市も開かれていた。<br />ミラボー通りにある苔むした噴水。街の名が泉の多いことから名づけられたというだけあって、町中いたるところに噴水や泉がある。<br /><br />大噴水、ロトンド(エクス・アン・プロヴァンス)<br />ジェネラル・ド・ゴール広場:ミラボー通りの一方の端にある。1860年に建てられた大噴水、ロトンド。<br />中央に立つ3人の女神は、法律・農業・芸術を象徴。たまたま人や車がいないところを撮影できたが、朝から多くの人や車で、にぎわっている。<br />出典:http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phaixenprovence1.html<br /><br />写真の説明は詳しくできないので、簡単にしました。<br />南仏エクサン・プロヴァンスの秋の街並みをゆっくりとご覧ください。<br /><br />■旅行計画要約(毎回掲載します) <br />Abstract of the trip to Scotland and France<br />http://4travel.jp/travelogue/10935919<br /><br />イギリスは自動車会社Hの研究所勤務時に、1980年代初頭から90年代半ばまでローバーとの共同開発を含むjoint businessの機会に何度となく出張し、イギリス人から生きた英語を学んできたので、私にとっては学生時代に交流があったフランスとならび特別な親近感を抱く外国。<br /><br />しかしいつしか高齢となり、いつまで海外旅行ができるか分らなくなったため、一度も行ったことのないイングランドと地続きのスコットランドへ行ってみたくなり、半年ほど前に今年の旅行先に決めた。<br />先日のスコットランドの独立の是非を問う国民投票が公示される以前のことだ。<br />体質の関係で日本酒は全くダメだが、ウィスキーは好きで、最近は飲む機会が少ないが、昔はオールドパーのボトルキープができた古き良き時代もあった。水で割ってはせっかくの香りが薄まるのでロックがよい。<br />イギリスへ出張を繰り返していた80年代に、イギリス人に緑の三角形の瓶で知られたシングルモルト・ウィスキーの草分けグレンフィディックGlenfiddich(現在はサントリーが輸入・販売)を土産に奨められたこともあった。<br /><br />スコットランドからの帰りにヨークおよびハワースへ立ち寄るのも大きな目的。<br />ヨークは鉄道好きには聖地のような国立鉄道博物館がヨーク駅に隣接している。世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号を始め機関車103両、客車176両、日本の新幹線もあるそうだ。(ブルーガイド・イギリスによる)<br />ヨーク大聖堂や2000年の歴史を刻む城壁や城門も楽しみだ。<br /><br />「嵐が丘」を書いたエミリー、「ジェーン・エア」のシャーロッテ、「アグネス・グレイ」のアン(あまり知られていない)の3姉妹の生まれ育った荒野の中の小さな村で、シェークスピアが生まれたストラットフォード・アポン・エイボンと並ぶ「英国文学の聖地」ハワースは死ぬ前に訪れなくてはならない場所と思っていた。<br />私は女性ではないが、「ジェーン・エア」のあの性格(向上心・質実・努力・情熱・美的感覚・・・)に共感し、自分の人格形成に多くの示唆を与えてくれて何度も読んだ小説の生まれた自然背景に少しでも触れてみたい気持ちを生涯持ち続けてきたが、この歳になってようやく実現できそうで嬉しい気持ちでいっぱいだ。<br /><br />後半のフランス訪問については、<br />今年4月に1964年の東京オリンピックの直前の8月に日仏学生交流プログラムで来日したフランスの学生たち(3つの大学の内の1つ)が50年ぶりに再来日することになり、2日間の都内見学の計画づくりと案内に奔走した。<br />彼らがその後鎌倉・箱根・京都・広島・奈良・大阪を回り、帰国後のメールのやり取りでスコットランド旅行の計画を伝えたところ、その帰りにぜひフランスにも足を延ばして再会したいと言われ、誘いに乗ることになった。(7月)<br />リヨン、エクサンプロヴァンス、パリの3都市だが、いずれのお宅も部屋はたくさんあるのでホテルの手配は要らないと言ってくれているので助かる。<br />4月の受け入れ時にはコーディネーターを務めたので、奥様方を含め16人のメンバー全員と顔のつながりができているため、とても楽しみにしている。<br /><br />撮影 CANON EOS40D EF-S17/85 、EF-S10/22<br />PowerShot A2300<br /><br />スコットランド・フランスの旅2014 1.東京からエジンバラまで  http://4travel.jp/travelogue/10948376<br />スコットランド・フランスの旅2014 2.スコットランドの自然探訪<br />http://4travel.jp/travelogue/10949966<br />スコットランド・フランスの旅2014 3.スコッチウィスキー蒸留所ツアーhttp://4travel.jp/travelogue/10951228<br />スコットランド・フランスの旅2014 4.エジンバラの街歩き<br />http://4travel.jp/travelogue/10953587<br />スコットランド・フランスの旅2014 5.エジンバラ城<br />http://4travel.jp/travelogue/10958956<br />スコットランド・フランスの旅2014 6.ロイヤル・マイルとスコティッシュ・ダンス <br />http://4travel.jp/travelogue/10959995<br />スコットランド・フランスの旅2014 7.ヨークの国立鉄道博物館<br />http://4travel.jp/travelogue/10961797<br />スコットランド・フランスの旅2014 8.ヨーク大聖堂と街歩き<br />http://4travel.jp/travelogue/10961819<br />スコットランド・フランスの旅2014 9.ヨークからハワースへ<br />http://4travel.jp/travelogue/10971857<br />スコットランド・フランスの旅2014 10.ブロンテ姉妹の故郷ハワース<br />http://4travel.jp/travelogue/10973799<br />スコットランド・フランスの旅2014 11.ハワースからロンドンへ<br />http://4travel.jp/travelogue/10978481<br />スコットランド・フランスの旅2014 12.ロンドンの一夜 <br />http://4travel.jp/travelogue/10979590<br />スコットランド・フランスの旅2014 13.ロンドンからパリ経由リヨンへ<br />http://4travel.jp/travelogue/10987619<br />スコットランド・フランスの旅2014 14.ボジョレーのワイナリーを訪ねて<br />http://4travel.jp/travelogue/10994216<br />スコットランド・フランスの旅2014 15.リヨンの街歩き<br />http://4travel.jp/travelogue/10997552<br />スコットランド・フランスの旅2014 16.カマルグ自然保護地帯<br />http://4travel.jp/travelogue/10999512<br /><br />☆お気に入りブログ投票(クリック)お願い★<br />http://blog.with2.net/link.php?1581210

スコットランド・フランスの旅2014 17.エクサン・プロヴァンス Aix-en-Provence  

33いいね!

2014/10/13 - 2014/10/27

26位(同エリア187件中)

0

155

yamada423

yamada423さん

セントヴィクトワール山 2014.10.23 17:17
Montagne Sainte-Victoire/Mont Sainte-Victoire

スコットランド・フランスの旅2014
写真旅行記 Travel Photo Essay "Scotland and France 2014"
2014.10.13(月)〜10.27(月)15日間

第17回 エクサン・プロヴァンスの一日観光 Enjoy Aix-en-Provence
10月23日(木)快晴
この日はエクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenと市内の街歩きとセントヴィクトワール山の観光で、遠出はしないので出発も9時過ぎとなった。

最初に訪れたのは10キロほど離れた歴史のある美しい小さな村で、
そこまでの途中で背が高く優美な水道橋Aqueduc de Roquefavourを見た。
3層構造で、1,2層は縦長の8つのアーチからなり、高さはポン・デュ・ガールよりも高く見え、ポン・デュ・ガールにも劣らぬ美しさで、朝日を浴びて白く輝く姿に感動した。
デュランス川の水を80キロ離れたマルセイユまで送るために近代になって造られたもので、構造はローマ時代の水道橋と似ている。
建造1841−47 長さ393m、高さ82.65m
ポン・デュ・ガールは長さ(3層部)275m,高さ49m

Ventabrenの街は人気が高いために家の価格が高く、有名人や金持ちでないと住めないそうだ。
Place Albert Poitevin
http://fr.geoview.info/place_albert_poitevin,66747285w

エクス・アン・プロヴァンスは、マルセイユから北に30km程のところにある、噴水の多い静かな街。印象派の巨匠ポール・セザンヌの故郷としてもよく知られている。
街の中心にあり、緑の美しいミラボー大通りは、この街から選出され、フランス革命初期に活躍した地元の貴族ミラボー伯爵にちなんで名づけられた。
街はずれの丘の中腹には、セザンヌのアトリエがあり、郊外には、セザンヌが好んで描いたサント・ヴィクトワール山が横たわっている。
エクスの名の由来は、水の多いこの地を統括した総督「セクスチウス」の名を冠して、「アクエア・セクスティアエ」(セクスティウスの水)と呼ばれたことにある。
今も100以上の泉が町を潤し続けている。

ミラボー通り
エクス・アン・プロヴァンスのメインストリート(17世紀に城壁を壊した跡につくった長さ約500mの通り)。樹齢500年といわれるプラタナスの並木が美しく、また、涼しい木陰を作っている。
通りの北側にはカフェが軒を連ねており、その背後には17世紀の城塞都市の名残を残す旧市街がある(城壁の内側に相当)。また、通りの南側は、貴族たちが豪邸を構えていたというマザラン地区。
19世紀の風景画家グラネの作品を中心に16〜20世紀のヨーロッパの画家の作品を納めたグラネ美術館のあるのもこの地区。セザンヌの油絵も8点ある。通りでは市も開かれていた。
ミラボー通りにある苔むした噴水。街の名が泉の多いことから名づけられたというだけあって、町中いたるところに噴水や泉がある。

大噴水、ロトンド(エクス・アン・プロヴァンス)
ジェネラル・ド・ゴール広場:ミラボー通りの一方の端にある。1860年に建てられた大噴水、ロトンド。
中央に立つ3人の女神は、法律・農業・芸術を象徴。たまたま人や車がいないところを撮影できたが、朝から多くの人や車で、にぎわっている。
出典:http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phaixenprovence1.html

写真の説明は詳しくできないので、簡単にしました。
南仏エクサン・プロヴァンスの秋の街並みをゆっくりとご覧ください。

■旅行計画要約(毎回掲載します) 
Abstract of the trip to Scotland and France
http://4travel.jp/travelogue/10935919

イギリスは自動車会社Hの研究所勤務時に、1980年代初頭から90年代半ばまでローバーとの共同開発を含むjoint businessの機会に何度となく出張し、イギリス人から生きた英語を学んできたので、私にとっては学生時代に交流があったフランスとならび特別な親近感を抱く外国。

しかしいつしか高齢となり、いつまで海外旅行ができるか分らなくなったため、一度も行ったことのないイングランドと地続きのスコットランドへ行ってみたくなり、半年ほど前に今年の旅行先に決めた。
先日のスコットランドの独立の是非を問う国民投票が公示される以前のことだ。
体質の関係で日本酒は全くダメだが、ウィスキーは好きで、最近は飲む機会が少ないが、昔はオールドパーのボトルキープができた古き良き時代もあった。水で割ってはせっかくの香りが薄まるのでロックがよい。
イギリスへ出張を繰り返していた80年代に、イギリス人に緑の三角形の瓶で知られたシングルモルト・ウィスキーの草分けグレンフィディックGlenfiddich(現在はサントリーが輸入・販売)を土産に奨められたこともあった。

スコットランドからの帰りにヨークおよびハワースへ立ち寄るのも大きな目的。
ヨークは鉄道好きには聖地のような国立鉄道博物館がヨーク駅に隣接している。世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号を始め機関車103両、客車176両、日本の新幹線もあるそうだ。(ブルーガイド・イギリスによる)
ヨーク大聖堂や2000年の歴史を刻む城壁や城門も楽しみだ。

「嵐が丘」を書いたエミリー、「ジェーン・エア」のシャーロッテ、「アグネス・グレイ」のアン(あまり知られていない)の3姉妹の生まれ育った荒野の中の小さな村で、シェークスピアが生まれたストラットフォード・アポン・エイボンと並ぶ「英国文学の聖地」ハワースは死ぬ前に訪れなくてはならない場所と思っていた。
私は女性ではないが、「ジェーン・エア」のあの性格(向上心・質実・努力・情熱・美的感覚・・・)に共感し、自分の人格形成に多くの示唆を与えてくれて何度も読んだ小説の生まれた自然背景に少しでも触れてみたい気持ちを生涯持ち続けてきたが、この歳になってようやく実現できそうで嬉しい気持ちでいっぱいだ。

後半のフランス訪問については、
今年4月に1964年の東京オリンピックの直前の8月に日仏学生交流プログラムで来日したフランスの学生たち(3つの大学の内の1つ)が50年ぶりに再来日することになり、2日間の都内見学の計画づくりと案内に奔走した。
彼らがその後鎌倉・箱根・京都・広島・奈良・大阪を回り、帰国後のメールのやり取りでスコットランド旅行の計画を伝えたところ、その帰りにぜひフランスにも足を延ばして再会したいと言われ、誘いに乗ることになった。(7月)
リヨン、エクサンプロヴァンス、パリの3都市だが、いずれのお宅も部屋はたくさんあるのでホテルの手配は要らないと言ってくれているので助かる。
4月の受け入れ時にはコーディネーターを務めたので、奥様方を含め16人のメンバー全員と顔のつながりができているため、とても楽しみにしている。

撮影 CANON EOS40D EF-S17/85 、EF-S10/22
PowerShot A2300

スコットランド・フランスの旅2014 1.東京からエジンバラまで  http://4travel.jp/travelogue/10948376
スコットランド・フランスの旅2014 2.スコットランドの自然探訪
http://4travel.jp/travelogue/10949966
スコットランド・フランスの旅2014 3.スコッチウィスキー蒸留所ツアーhttp://4travel.jp/travelogue/10951228
スコットランド・フランスの旅2014 4.エジンバラの街歩き
http://4travel.jp/travelogue/10953587
スコットランド・フランスの旅2014 5.エジンバラ城
http://4travel.jp/travelogue/10958956
スコットランド・フランスの旅2014 6.ロイヤル・マイルとスコティッシュ・ダンス 
http://4travel.jp/travelogue/10959995
スコットランド・フランスの旅2014 7.ヨークの国立鉄道博物館
http://4travel.jp/travelogue/10961797
スコットランド・フランスの旅2014 8.ヨーク大聖堂と街歩き
http://4travel.jp/travelogue/10961819
スコットランド・フランスの旅2014 9.ヨークからハワースへ
http://4travel.jp/travelogue/10971857
スコットランド・フランスの旅2014 10.ブロンテ姉妹の故郷ハワース
http://4travel.jp/travelogue/10973799
スコットランド・フランスの旅2014 11.ハワースからロンドンへ
http://4travel.jp/travelogue/10978481
スコットランド・フランスの旅2014 12.ロンドンの一夜
http://4travel.jp/travelogue/10979590
スコットランド・フランスの旅2014 13.ロンドンからパリ経由リヨンへ
http://4travel.jp/travelogue/10987619
スコットランド・フランスの旅2014 14.ボジョレーのワイナリーを訪ねて
http://4travel.jp/travelogue/10994216
スコットランド・フランスの旅2014 15.リヨンの街歩き
http://4travel.jp/travelogue/10997552
スコットランド・フランスの旅2014 16.カマルグ自然保護地帯
http://4travel.jp/travelogue/10999512

☆お気に入りブログ投票(クリック)お願い★
http://blog.with2.net/link.php?1581210

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道
航空会社
フィンランド航空
利用旅行会社
JTB

PR

  • 2014年10月23日(木)快晴<br />この日はエクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenと市内の街歩きとセントヴィクトワール山の観光で、遠出はしないので出発も9時過ぎとなった。<br /><br />この日も友人の車の助手席(右側)に乗り、走行中の撮影もできました。

    2014年10月23日(木)快晴
    この日はエクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenと市内の街歩きとセントヴィクトワール山の観光で、遠出はしないので出発も9時過ぎとなった。

    この日も友人の車の助手席(右側)に乗り、走行中の撮影もできました。

  • 遠くに水道橋が見えてきました。9:25<br /><br />最初に訪れたのは10キロほど離れた歴史のある美しい小さな村で、<br />そこまでの途中で背が高く優美な水道橋Aqueduc de Roquefavourを見た。<br />

    遠くに水道橋が見えてきました。9:25

    最初に訪れたのは10キロほど離れた歴史のある美しい小さな村で、
    そこまでの途中で背が高く優美な水道橋Aqueduc de Roquefavourを見た。

  • Aqueduc de Roquefavourは3層構造で、1,2層は縦長の8つのアーチからなり、高さはポン・デュ・ガールよりも高く見え、ポン・デュ・ガールにも劣らぬ美しさで、朝日を浴びて白く輝く姿に感動した。<br />デュランス川の水を80キロ離れたマルセイユまで送るために近代になって造られたもので、構造はローマ時代の水道橋と似ている。<br />建造1841−47 長さ393m、高さ82.65m<br />ポン・デュ・ガールは長さ(3層部)275m,高さ49m

    Aqueduc de Roquefavourは3層構造で、1,2層は縦長の8つのアーチからなり、高さはポン・デュ・ガールよりも高く見え、ポン・デュ・ガールにも劣らぬ美しさで、朝日を浴びて白く輝く姿に感動した。
    デュランス川の水を80キロ離れたマルセイユまで送るために近代になって造られたもので、構造はローマ時代の水道橋と似ている。
    建造1841−47 長さ393m、高さ82.65m
    ポン・デュ・ガールは長さ(3層部)275m,高さ49m

  • 南仏の黒松

    南仏の黒松

  • エクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenの昔の学校(寄宿舎?)9:42<br /><br />こちら半分は男子でGARÇON(ギャルソン)の文字が残る。

    エクサン・プロヴァンス周辺の小さな村Ventabrenの昔の学校(寄宿舎?)9:42

    こちら半分は男子でGARÇON(ギャルソン)の文字が残る。

  • こちら半分は女子でFILLES<br />

    こちら半分は女子でFILLES

  • 内部がどうなっているのか興味深い。

    内部がどうなっているのか興味深い。

  • 古い街並みの説明は特にありません。9:47

    古い街並みの説明は特にありません。9:47

  • 犬の糞の処理ボックス<br /> <br />Ensemble, préservons nos espaces de vie. <br />私達の生活空間を一緒に護りましょう。<br /><br />上からビニール袋を引っ張りだして処理する。

    犬の糞の処理ボックス

    Ensemble, préservons nos espaces de vie. 
    私達の生活空間を一緒に護りましょう。

    上からビニール袋を引っ張りだして処理する。

  • MAIRIE  町役場

    MAIRIE  町役場

  • 町役場の時計塔

    町役場の時計塔

  • chat noir シャ・ノワール(黒猫)<br /><br />職場が有った虎ノ門にはシャ・ノアール(株)が展開しているカフェ・ヴェローチェがいくつもありました。<br />

    chat noir シャ・ノワール(黒猫)

    職場が有った虎ノ門にはシャ・ノアール(株)が展開しているカフェ・ヴェローチェがいくつもありました。

  • ゴッホの絵でよく見られる糸杉ですが、枝葉はねじれてはいません。<br />9:59<br />ゴッホの精神がねじれていた(鬱屈していた)のです。

    ゴッホの絵でよく見られる糸杉ですが、枝葉はねじれてはいません。
    9:59
    ゴッホの精神がねじれていた(鬱屈していた)のです。

  • 郵便局

    郵便局

  • 町を後にしてエクサン・プロヴァンスへ戻ります。10:05

    町を後にしてエクサン・プロヴァンスへ戻ります。10:05

  • エクサン・プロヴァンス市内のプラタナスの並木 10:23

    エクサン・プロヴァンス市内のプラタナスの並木 10:23

  • GRAND THEATRE DE PROVENCE<br />プロヴァンス大劇場<br /><br />GTPのロゴがオシャレ

    GRAND THEATRE DE PROVENCE
    プロヴァンス大劇場

    GTPのロゴがオシャレ

  • カジノCasino

    カジノCasino

  • 地下駐車場の誘導灯<br /><br />非常時の停電に備えたものでしょう。<br />日本で見たことはありません。

    地下駐車場の誘導灯

    非常時の停電に備えたものでしょう。
    日本で見たことはありません。

  • 映画館<br /><br />3salles 3室(3スクリーン)

    映画館

    3salles 3室(3スクリーン)

  • 映画のポスター

    映画のポスター

  • 監視カメラ  10:43<br /><br />設置の理由がいろいろ書かれています。<br />保安・車の流れ・駐車管理・・・

    監視カメラ  10:43

    設置の理由がいろいろ書かれています。
    保安・車の流れ・駐車管理・・・

  • ミラボー大通りCOURS MIRABEAUのお店 10:44

    ミラボー大通りCOURS MIRABEAUのお店 10:44

  • L&#39;OCCITANE EN PROVENCE<br /><br />ロクシタンはプロヴァンス生まれの自然派化粧品

    L'OCCITANE EN PROVENCE

    ロクシタンはプロヴァンス生まれの自然派化粧品

  • 観光ミニバス  11:01

    観光ミニバス  11:01

  • 2輪車駐車所<br /><br />P 2 ROUES

    2輪車駐車所

    P 2 ROUES

  • 2台使いのオジサン

    2台使いのオジサン

  • パンチカード式手回しオルガン師 11:08

    パンチカード式手回しオルガン師 11:08

  • マンゴウ 1個2.5ユーロ(350円)

    マンゴウ 1個2.5ユーロ(350円)

  • パエリア 11:08

    パエリア 11:08

  • 赤ピーマンとアンチョビーの漬物<br /><br />29.9ユーロ/Kg

    赤ピーマンとアンチョビーの漬物

    29.9ユーロ/Kg

  • タラ

    タラ

  • ドライフルーツの店

    ドライフルーツの店

  • アーティチョーク、ズッキーニなどフランスでよく見かける野菜が並んでいます。<br />ナスやカボチャは日本で見慣れています。

    アーティチョーク、ズッキーニなどフランスでよく見かける野菜が並んでいます。
    ナスやカボチャは日本で見慣れています。

  • プレシュール広場の記念塔?

    プレシュール広場の記念塔?

  • Rue Rifle Rafle, Aix-en-Provence, France<br />リフル・ラフレ通り

    Rue Rifle Rafle, Aix-en-Provence, France
    リフル・ラフレ通り

  • HONDA VFR1200?

    HONDA VFR1200?

  • Cour D&#39;APPEL控訴院(高等裁判所)11:46<br />

    Cour D'APPEL控訴院(高等裁判所)11:46

  • 魚屋にもトレイにパックしたものはありません。11:53

    魚屋にもトレイにパックしたものはありません。11:53

  • Maquereau鯖<br /><br />Saure真鯵<br /><br />Mulet 鯔ボラ

    Maquereau鯖

    Saure真鯵

    Mulet 鯔ボラ

  • Moule ムール貝 4.5ユーロ/Kg

    Moule ムール貝 4.5ユーロ/Kg

  • 缶詰・瓶詰

    缶詰・瓶詰

  • ミニバス Aコース

    ミニバス Aコース

  • 北斎の茶器・鉄瓶

    北斎の茶器・鉄瓶

  • 白黴が生えたソーセージ<br /><br />7.5ユーロ/300g<br />2個買いました。12.5ユーロでした。<br />

    白黴が生えたソーセージ

    7.5ユーロ/300g
    2個買いました。12.5ユーロでした。

  • この店のソーセージは1個5ユーロ、2個9ユーロ、3個12ユーロ<br /><br />

    この店のソーセージは1個5ユーロ、2個9ユーロ、3個12ユーロ

  • プレシュール広場

    プレシュール広場

  • HOTREL DE VILLE  12:20<br />市庁舎

    HOTREL DE VILLE  12:20
    市庁舎

  • 市庁舎の時計塔 12:23

    市庁舎の時計塔 12:23

  • 石鹸の量り売り店

    石鹸の量り売り店

  • カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。<br />高さはおよそ胃のあたりです。

    カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。
    高さはおよそ胃のあたりです。

  • エクス=アン=プロヴァンス政治学院<br />Institut d&#39;études politiques d&#39;Aix-en-Provence<br /><br />1956年3月27日、法令によってプロヴァンス=エクス=マルセイユ大学政治学研究所として、プロヴァンス=エクス=マルセイユ大学の法学部建物であった18世紀の邸宅を本拠地として発足した。1969年1月18日の法令により、現在の名称となった。<br />2007年、モナコの国務大臣であるジャン=ポール・プルーストに代わってフィリップ・セガンが学長(取締役会長)に選出された。2010年4月にセガンが急死したため、同年7月に同校の卒業生でもあるクリスティーヌ・ラガルドが学長として選出された。

    エクス=アン=プロヴァンス政治学院
    Institut d'études politiques d'Aix-en-Provence

    1956年3月27日、法令によってプロヴァンス=エクス=マルセイユ大学政治学研究所として、プロヴァンス=エクス=マルセイユ大学の法学部建物であった18世紀の邸宅を本拠地として発足した。1969年1月18日の法令により、現在の名称となった。
    2007年、モナコの国務大臣であるジャン=ポール・プルーストに代わってフィリップ・セガンが学長(取締役会長)に選出された。2010年4月にセガンが急死したため、同年7月に同校の卒業生でもあるクリスティーヌ・ラガルドが学長として選出された。

  • 政治学院Institut d&#39;études politiques d&#39;Aix-en-Provence向かいの教会

    政治学院Institut d'études politiques d'Aix-en-Provence向かいの教会

  • 政治学院出身のクリスティーヌ・ラガルドがIMF(国際通貨基金)の専務理事に就いたとの話を友人がしていたら、全く偶然にもそのクリスティーヌ・ラガルド(右の白髪の女性)が夫君に伴われて学院を訪れたのにはびっくりでした。<br /><br />クリスティーヌ・ラガルド女史はギリシャの債務返済問題などの金融関係の主要な国際会議に出席する姿をテレビでよく見かけます。<br />シンクロナイズドスィミングのフランス代表の経歴が姿勢の良さに現れています。<br /><br /> Christine Madeleine Odette Lagarde、1956年1月1日 -

    政治学院出身のクリスティーヌ・ラガルドがIMF(国際通貨基金)の専務理事に就いたとの話を友人がしていたら、全く偶然にもそのクリスティーヌ・ラガルド(右の白髪の女性)が夫君に伴われて学院を訪れたのにはびっくりでした。

    クリスティーヌ・ラガルド女史はギリシャの債務返済問題などの金融関係の主要な国際会議に出席する姿をテレビでよく見かけます。
    シンクロナイズドスィミングのフランス代表の経歴が姿勢の良さに現れています。

    Christine Madeleine Odette Lagarde、1956年1月1日 -

  • カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。<br />高さはおよそ胃のあたりです。

    カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。
    高さはおよそ胃のあたりです。

  • 昼食に選んだムール貝 13:24<br /><br />White wine, onions and parsley 白ワイン、オニオン、パセリ

    昼食に選んだムール貝 13:24

    White wine, onions and parsley 白ワイン、オニオン、パセリ

  • ムール貝のメニューだけで8種類もあります。

    ムール貝のメニューだけで8種類もあります。

  • 昼食のレストランのマダム(店員)<br /><br />$のペンダントが目立つ明るい女性です。

    昼食のレストランのマダム(店員)

    $のペンダントが目立つ明るい女性です。

  • 隣の席の客を店員と一緒に撮りました。14:27<br />私の表情は皆さんに映っているので想像してください。<br />私が一緒になって撮ってもらうと、このような表情にはならないと思います。<br /><br />画像をクリックすると2倍に拡大します。

    イチオシ

    隣の席の客を店員と一緒に撮りました。14:27
    私の表情は皆さんに映っているので想像してください。
    私が一緒になって撮ってもらうと、このような表情にはならないと思います。

    画像をクリックすると2倍に拡大します。

  • 持ち帰り飲み物の価格表<br /><br />「持ち帰り」を日本人英語ではテイクアウト(Take Out)ですが、英語ではテイクアウェイ(Take Away)です。

    持ち帰り飲み物の価格表

    「持ち帰り」を日本人英語ではテイクアウト(Take Out)ですが、英語ではテイクアウェイ(Take Away)です。

  • 干し草にカボチャの組み合わせの意味は?

    干し草にカボチャの組み合わせの意味は?

  • HONDA Africa Twin

    HONDA Africa Twin

  • 買って帰るわけにはいきませんね。

    買って帰るわけにはいきませんね。

  • 呼び出しボタン

    呼び出しボタン

  • 車の進入を規制するポール(柱)の制御装置

    車の進入を規制するポール(柱)の制御装置

  • プレシュール広場の記念塔

    プレシュール広場の記念塔

  • キヨスク(新聞・雑誌・DVD・・・)

    キヨスク(新聞・雑誌・DVD・・・)

  • 午後の陽を浴びた広場のカフェは賑わっています。15:01

    午後の陽を浴びた広場のカフェは賑わっています。15:01

  • ミニバスのコース案内図

    ミニバスのコース案内図

  • HONDA NC700

    HONDA NC700

  • 写真館 15:12

    写真館 15:12

  • パッサージュ入口 PASSAGE AGARD

    パッサージュ入口 PASSAGE AGARD

  • ミラボー通りにある苔むした噴水。街の名が泉の多いことから名づけられたというだけあって、町中いたるところに噴水や泉がある。

    ミラボー通りにある苔むした噴水。街の名が泉の多いことから名づけられたというだけあって、町中いたるところに噴水や泉がある。

  • フランアのよく知られたスーパー<br />モノプリMONOPRIX

    フランアのよく知られたスーパー
    モノプリMONOPRIX

  • 不動産屋の店先<br /><br />上の物件は3800000ユーロ(5億3千万円)<br />2軒で340m2<br />主屋 240m2(生活空間)<br />ゲストハウス又はオフィス100m2<br />土地6000m2<br />プール12×6m 小屋付

    不動産屋の店先

    上の物件は3800000ユーロ(5億3千万円)
    2軒で340m2
    主屋 240m2(生活空間)
    ゲストハウス又はオフィス100m2
    土地6000m2
    プール12×6m 小屋付

  • 22℃は快適な気温です。

    22℃は快適な気温です。

  • Statue Allégorique du Cours Mirabeau ミラボー通りの偶像郡<br /><br />ARTS ET SCIENCES 芸術と科学<br /><br />Elle représente un groupe allégorique des Arts,des Sciences et des Industries. Elle est composée de deux angelots dont l&#39;un tient un cahier de justice ou bien un cahier d&#39;Art, et le grand personnage qui représente l&#39;Industrie et les Sciences ...

    Statue Allégorique du Cours Mirabeau ミラボー通りの偶像郡

    ARTS ET SCIENCES 芸術と科学

    Elle représente un groupe allégorique des Arts,des Sciences et des Industries. Elle est composée de deux angelots dont l'un tient un cahier de justice ou bien un cahier d'Art, et le grand personnage qui représente l'Industrie et les Sciences ...

  • INDUSTRIES ET ARTS DECORATIFS 工業と装飾芸術<br /><br />Elle représente un groupe allégorique des Arts,des Sciences et des Industries. Elle est composée de deux angelots dont l&#39;un tient un cahier de justice ou bien un cahier d&#39;Art, et le grand personnage qui représente l&#39;Industrie et les Sciences ...

    INDUSTRIES ET ARTS DECORATIFS 工業と装飾芸術

    Elle représente un groupe allégorique des Arts,des Sciences et des Industries. Elle est composée de deux angelots dont l'un tient un cahier de justice ou bien un cahier d'Art, et le grand personnage qui représente l'Industrie et les Sciences ...

  • ミラボー通り<br />エクス・アン・プロヴァンスのメインストリート(17世紀に城壁を壊した跡につくった長さ約500mの通り)。樹齢500年といわれるプラタナスの並木が美しく、また、涼しい木陰を作っている。<br />通りの北側にはカフェが軒を連ねており、その背後には17世紀の城塞都市の名残を残す旧市街がある(城壁の内側に相当)。また、通りの南側は、貴族たちが豪邸を構えていたというマザラン地区。<br />19世紀の風景画家グラネの作品を中心に16〜20世紀のヨーロッパの画家の作品を納めたグラネ美術館のあるのもこの地区。セザンヌの油絵も8点ある。通りでは市も開かれていた。<br /><br />通りの中央部分が狭い車道で、両側にこのような歩道があります。<br /><br />カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。<br />高さはおよそ胃のあたりです。<br />

    ミラボー通り
    エクス・アン・プロヴァンスのメインストリート(17世紀に城壁を壊した跡につくった長さ約500mの通り)。樹齢500年といわれるプラタナスの並木が美しく、また、涼しい木陰を作っている。
    通りの北側にはカフェが軒を連ねており、その背後には17世紀の城塞都市の名残を残す旧市街がある(城壁の内側に相当)。また、通りの南側は、貴族たちが豪邸を構えていたというマザラン地区。
    19世紀の風景画家グラネの作品を中心に16〜20世紀のヨーロッパの画家の作品を納めたグラネ美術館のあるのもこの地区。セザンヌの油絵も8点ある。通りでは市も開かれていた。

    通りの中央部分が狭い車道で、両側にこのような歩道があります。

    カメラをストラップで首から下げた状態でファインダーを見ずに撮っています。
    高さはおよそ胃のあたりです。

  • 大噴水、ロトンド(エクス・アン・プロヴァンス)<br />ジェネラル・ド・ゴール広場:ミラボー通りの一方の端にある。1860年に建てられた大噴水、ロトンドFontaine de la Rotonde。<br />中央に立つ3人の女神は、法律・農業・芸術を象徴。たまたま人や車がいないところを撮影できたが、朝から多くの人や車で、にぎわっている。<br />出典:http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phaixenprovence1.html

    大噴水、ロトンド(エクス・アン・プロヴァンス)
    ジェネラル・ド・ゴール広場:ミラボー通りの一方の端にある。1860年に建てられた大噴水、ロトンドFontaine de la Rotonde。
    中央に立つ3人の女神は、法律・農業・芸術を象徴。たまたま人や車がいないところを撮影できたが、朝から多くの人や車で、にぎわっている。
    出典:http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phaixenprovence1.html

  • Les THEATRE

    Les THEATRE

  • セグウェイ

    セグウェイ

  • これからこの日の最後の見どころであるサント・ヴィクトワール山を見に行きます。16:42<br /><br />3月24日のジャーマンウイングス9525便墜落事故の現場であるフランス南東部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県はここから北北東約130Km付近です。<br /><br />ジャーマンウイングス9525便墜落事故(ジャーマンウイングス9525びんついらくじこ、ドイツ語: Germanwings-Flug 9525)は、2015年3月24日に西・バルセロナから独・デュッセルドルフに向けて飛行していたドイツの格安航空会社(LCC)・ジャーマンウイングスの定期便がフランス南東部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県に墜落した航空事故である。<br /><br /><br /><br />

    これからこの日の最後の見どころであるサント・ヴィクトワール山を見に行きます。16:42

    3月24日のジャーマンウイングス9525便墜落事故の現場であるフランス南東部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県はここから北北東約130Km付近です。

    ジャーマンウイングス9525便墜落事故(ジャーマンウイングス9525びんついらくじこ、ドイツ語: Germanwings-Flug 9525)は、2015年3月24日に西・バルセロナから独・デュッセルドルフに向けて飛行していたドイツの格安航空会社(LCC)・ジャーマンウイングスの定期便がフランス南東部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県に墜落した航空事故である。



  • あっ! 見えてきました。16:52

    あっ! 見えてきました。16:52

  • セザンヌの絵でとても有名な山です。<br /><br />参考サイト<br />http://www.ze.em-net.ne.jp/~allmountain/houkoku/zenkoutei/zenkiroku.files/vistoare.pdf<br />http://www.bs-tbs.co.jp/meiga/p02_4.html<br />http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/73/

    セザンヌの絵でとても有名な山です。

    参考サイト
    http://www.ze.em-net.ne.jp/~allmountain/houkoku/zenkoutei/zenkiroku.files/vistoare.pdf
    http://www.bs-tbs.co.jp/meiga/p02_4.html
    http://www.bridgestone-museum.gr.jp/collection/works/73/

  • あまり近づくと山の形がよく分からないので、少し離れることにしました。<br /><br />サント・ヴィクトワール山は標高が1011mでハイキングも楽しめるそうです。<br /><br />参考サイト<br />http://informative.seesaa.net/article/112177189.html

    あまり近づくと山の形がよく分からないので、少し離れることにしました。

    サント・ヴィクトワール山は標高が1011mでハイキングも楽しめるそうです。

    参考サイト
    http://informative.seesaa.net/article/112177189.html

  • 見納めのサント・ヴィクトワール山 17:26

    見納めのサント・ヴィクトワール山 17:26

  • 盛りだくさんのエクサンプロヴァンスの一日観光を終えて、友人宅に帰り、門を入った時には陽がだいぶ傾いていました。18:06

    盛りだくさんのエクサンプロヴァンスの一日観光を終えて、友人宅に帰り、門を入った時には陽がだいぶ傾いていました。18:06

この旅行記のタグ

関連タグ

33いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集