ルブリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ワルシャワから、車で2~3時間の所にある<br />中世の雰囲気を残した小さな街ルブリンの観光です。<br /><br />訪問したタイミングが週末だったからか、<br />大勢の観光客で賑わっており、多くの露店が出ていて、<br />広場ではイベントも行っていました。<br /><br />手作り?の木製露店で働く民族衣装を着た街の人たちは、<br />シャイですがサービス精神を発揮してくれました。<br />ルブリンは、ほのぼのとした雰囲気の漂う、<br />非常に温かみを感じる街でした。

ポーランド旅行②(ルブリン)

27いいね!

2014/08/15 - 2014/08/23

6位(同エリア16件中)

0

50

赤い彗星

赤い彗星さん

ワルシャワから、車で2~3時間の所にある
中世の雰囲気を残した小さな街ルブリンの観光です。

訪問したタイミングが週末だったからか、
大勢の観光客で賑わっており、多くの露店が出ていて、
広場ではイベントも行っていました。

手作り?の木製露店で働く民族衣装を着た街の人たちは、
シャイですがサービス精神を発揮してくれました。
ルブリンは、ほのぼのとした雰囲気の漂う、
非常に温かみを感じる街でした。

旅行の満足度
4.5

PR

  • ワルシャワから、ルブリンにやってきました。<br />小さな広場に面して、ルブリン城が聳えています。

    ワルシャワから、ルブリンにやってきました。
    小さな広場に面して、ルブリン城が聳えています。

  • 1943年から1955年の間に、ナチスや共産主義政権との戦いで犠牲になった兵士に捧げるために、2003年に建立されたモニュメントだそうです。

    1943年から1955年の間に、ナチスや共産主義政権との戦いで犠牲になった兵士に捧げるために、2003年に建立されたモニュメントだそうです。

  • ルブリン城とルブリン市街は、陸橋で結ばれています。

    ルブリン城とルブリン市街は、陸橋で結ばれています。

  • 14世紀のポーランド王カジミェシュ3世の時代に、ゴシック様式で建造された城郭です。1569年には「ルブリンの合同」(ポーランド王国とリトアニア大公国の連合国家が成立)の調印が行われています。<br />第二次大戦中は、ナチスが政治犯を収容するための牢獄として使用していたそうです。

    14世紀のポーランド王カジミェシュ3世の時代に、ゴシック様式で建造された城郭です。1569年には「ルブリンの合同」(ポーランド王国とリトアニア大公国の連合国家が成立)の調印が行われています。
    第二次大戦中は、ナチスが政治犯を収容するための牢獄として使用していたそうです。

  • 愛嬌のある顔をしたライオンの像ですね。

    愛嬌のある顔をしたライオンの像ですね。

  • ルブリン城前の広場です。ルブリン市街観光のための駐車場になっているようです。

    ルブリン城前の広場です。ルブリン市街観光のための駐車場になっているようです。

  • ルブリン城の建物内には入りませんでしたが、中庭を見学します。

    ルブリン城の建物内には入りませんでしたが、中庭を見学します。

  • ルブリン城中庭の井戸です。

    ルブリン城中庭の井戸です。

  • 中庭にある塔です。通常建物の隅に塔があるかと思うのですが、この城は面白い造りですね。

    中庭にある塔です。通常建物の隅に塔があるかと思うのですが、この城は面白い造りですね。

  • 社会科見学の子供たち?も中庭見学中でした。<br />色々な場所で社会科見学している集団を見かけましたが、座学だけではなく実地学習が多いのはいい事ですね。

    社会科見学の子供たち?も中庭見学中でした。
    色々な場所で社会科見学している集団を見かけましたが、座学だけではなく実地学習が多いのはいい事ですね。

  • ブドウと山羊の紋章です。

    ブドウと山羊の紋章です。

  • 大砲というより、大筒といった感じの兵器も飾られています。

    大砲というより、大筒といった感じの兵器も飾られています。

  • 屋根の上には、斧のモニュメントが。<br />避雷針・・・ではなさそうですね。。

    屋根の上には、斧のモニュメントが。
    避雷針・・・ではなさそうですね。。

  • ルブリン城から、陸橋を渡って旧市街に向かいます。

    ルブリン城から、陸橋を渡って旧市街に向かいます。

  • 城壁とともに14世紀に建てられたGrodzka門から、旧市街に入ります。<br />ルブリンの街も城壁で囲まれた都市だったようです。

    城壁とともに14世紀に建てられたGrodzka門から、旧市街に入ります。
    ルブリンの街も城壁で囲まれた都市だったようです。

  • まるでバイクのような形の古い自転車ですね。

    まるでバイクのような形の古い自転車ですね。

  • 通りも広くなく小さな街ですが、それが却って街の魅力になっているように感じます。

    通りも広くなく小さな街ですが、それが却って街の魅力になっているように感じます。

  • かなり繁盛しているパン屋さんですね。

    かなり繁盛しているパン屋さんですね。

  • 豪快に串焼きをしていたので、写真を取ろうとカメラを取り出すと、重そうな串焼きをこちらに向けてくれました。<br />これフォークと呼ばれる農具に肉刺して焼いていますね〜。

    豪快に串焼きをしていたので、写真を取ろうとカメラを取り出すと、重そうな串焼きをこちらに向けてくれました。
    これフォークと呼ばれる農具に肉刺して焼いていますね〜。

  • 説明聞いたけど忘れちゃいましたが、教会跡と言っていたような。<br />建物の基礎部分だけが、残っていました。

    説明聞いたけど忘れちゃいましたが、教会跡と言っていたような。
    建物の基礎部分だけが、残っていました。

  • ここは見晴らしのいい高台になっていて、正面にルブリン城の全景を見る事が出来ます。<br />やはり塔は、城壁内部に建っています。

    ここは見晴らしのいい高台になっていて、正面にルブリン城の全景を見る事が出来ます。
    やはり塔は、城壁内部に建っています。

  • 宗教画の露店が並んでいます。<br />カラフルで可愛らしい商品が並んでいますね。

    宗教画の露店が並んでいます。
    カラフルで可愛らしい商品が並んでいますね。

  • 小さな広場では、イベントもやっていました。

    小さな広場では、イベントもやっていました。

  • 海に面していない城塞都市ですが、身なりが海賊風ですね。<br />もしかしたら民族衣装なのかも知れませんが。

    海に面していない城塞都市ですが、身なりが海賊風ですね。
    もしかしたら民族衣装なのかも知れませんが。

  • 謎の迫力ある鳥の模型が置かれていました。<br />首に掛けられた看板には、「鳥の上に乗ったり座ったりしないで!」と書かれています。

    謎の迫力ある鳥の模型が置かれていました。
    首に掛けられた看板には、「鳥の上に乗ったり座ったりしないで!」と書かれています。

  • マーケット広場の周りには、美しい町並みが広がっています。

    マーケット広場の周りには、美しい町並みが広がっています。

  • クラクフ門です。クラクフ方面の入り口に当たる門のため、この名前があります。

    クラクフ門です。クラクフ方面の入り口に当たる門のため、この名前があります。

  • クラクフ門から、市外に出ました。

    クラクフ門から、市外に出ました。

  • おじいさん、顔色悪いよ。少し休んだ方が。。。

    おじいさん、顔色悪いよ。少し休んだ方が。。。

  • 飾りなのか、タオルなのか分りませんが、布と木型が売られています。

    飾りなのか、タオルなのか分りませんが、布と木型が売られています。

  • 投石機が飾ってありました。

    投石機が飾ってありました。

  • ひまわりの花束は、日本ではあまり見ない気がします。<br />日本にもあるのかな?

    ひまわりの花束は、日本ではあまり見ない気がします。
    日本にもあるのかな?

  • 再度、マーケット広場に戻ってきました。

    再度、マーケット広場に戻ってきました。

  • 広場は、大勢の観光客で賑わっています。

    広場は、大勢の観光客で賑わっています。

  • ウイスキーのCMにでも出てきそうな、渋いおやっさんですねえ。<br />「撮っていい?」と聞くと無言で頷いてくれましたが、表情一つ変わりません。

    ウイスキーのCMにでも出てきそうな、渋いおやっさんですねえ。
    「撮っていい?」と聞くと無言で頷いてくれましたが、表情一つ変わりません。

  • マーケット広場には、小さな屋台がたくさん出店しています。<br />手作り感のある木製の屋台が、中世の雰囲気を醸し出していますね。

    マーケット広場には、小さな屋台がたくさん出店しています。
    手作り感のある木製の屋台が、中世の雰囲気を醸し出していますね。

  • キリスト教に関係する置物ですね。木像に着色したもののようです。

    キリスト教に関係する置物ですね。木像に着色したもののようです。

  • 先ほどの鳥の全身像です。結構大きなモニュメントです。

    先ほどの鳥の全身像です。結構大きなモニュメントです。

  • レストランの軒先に置かれていた木像。

    レストランの軒先に置かれていた木像。

  • 藁で出来た人形の前で3人姉弟が、記念撮影中でした。<br />お母さんとお祖母さんが、アングルについてやんややんや議論していましたが、その間もおとなしくじーっと待っている素直な子供たちでした。

    藁で出来た人形の前で3人姉弟が、記念撮影中でした。
    お母さんとお祖母さんが、アングルについてやんややんや議論していましたが、その間もおとなしくじーっと待っている素直な子供たちでした。

  • 民族衣装のきれいなお姉さんに「撮ってもいい?」と聞くと、<br />はにかみながらもきっちりとポーズを取ってくれました。<br />この街の人たちは、非常にサービス精神が旺盛です。

    民族衣装のきれいなお姉さんに「撮ってもいい?」と聞くと、
    はにかみながらもきっちりとポーズを取ってくれました。
    この街の人たちは、非常にサービス精神が旺盛です。

  • はちみつ屋さんですね。

    はちみつ屋さんですね。

  • 屋台で色々な料理が作られていました。郷土料理かも知れませんね。

    屋台で色々な料理が作られていました。郷土料理かも知れませんね。

  • 煮込み料理が美味しそうですねえ。

    煮込み料理が美味しそうですねえ。

  • 楽器隊の皆さんが、休憩中でした。<br />撮影していいか聞くと、「OK!OK!」とノリノリで答えてくれました。<br />左の人が、「はい、みんなカメラ見て〜。」といった感じで仕切ってくれていましたが、右の人は少し恥ずかしがっていたようです。

    楽器隊の皆さんが、休憩中でした。
    撮影していいか聞くと、「OK!OK!」とノリノリで答えてくれました。
    左の人が、「はい、みんなカメラ見て〜。」といった感じで仕切ってくれていましたが、右の人は少し恥ずかしがっていたようです。

  • 先ほどの教会跡に建っていた、教会の復元模型でしょうね。

    先ほどの教会跡に建っていた、教会の復元模型でしょうね。

  • ルブリンから、ザモシチに移動途中にあるマイダネク強制収容所です。<br />大きなモニュメントが建てられていました。

    ルブリンから、ザモシチに移動途中にあるマイダネク強制収容所です。
    大きなモニュメントが建てられていました。

  • 見学はしないので遠景のみです。

    見学はしないので遠景のみです。

  • 強制労働のために、一時的に殺害を免れたユダヤ人を主に収容していました。<br />アウシュヴィッツ=ビルケナウの次に大きな収容所だったそうです。

    強制労働のために、一時的に殺害を免れたユダヤ人を主に収容していました。
    アウシュヴィッツ=ビルケナウの次に大きな収容所だったそうです。

この旅行記のタグ

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ポーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポーランド最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集