ロマンチック街道周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅<br /><br />期間 :2012年05月15日(火)~05月29日(火)15日間の旅<br /><br />≪HarburgハールブルクのDie Sage vom Huellenloch伝説・ヒューレンロッホ(ヒューレンの洞窟)≫<br /><br />Woernitzヴェルニッツ川(ドナウ川の支流)を臨む丘の上、海抜480mに立つハールブルク城は難攻不落の城として知られる名城である。<br />18世紀以来、Oettingen-Wallersteinエッティンゲン・ヴァラーシュタイン侯爵家の居城の一つになった。<br /><br />写真は難攻不落のハールブルク城とヴェルニッツ川沿いのハールブルクの町の俯瞰

≪30年戦争にまつわる伝説:その③ハールブルクに残る“悪魔と取引した羊飼い”のお話≫

16いいね!

2012/05/15 - 2012/05/29

173位(同エリア876件中)

旅行記グループ ドイツの伝説・民話その2

0

19

Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅

期間 :2012年05月15日(火)~05月29日(火)15日間の旅

≪HarburgハールブルクのDie Sage vom Huellenloch伝説・ヒューレンロッホ(ヒューレンの洞窟)≫

Woernitzヴェルニッツ川(ドナウ川の支流)を臨む丘の上、海抜480mに立つハールブルク城は難攻不落の城として知られる名城である。
18世紀以来、Oettingen-Wallersteinエッティンゲン・ヴァラーシュタイン侯爵家の居城の一つになった。

写真は難攻不落のハールブルク城とヴェルニッツ川沿いのハールブルクの町の俯瞰

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 南ドイツにおける、最も大きく、古く、12世紀からの中世の城郭がよく保存されている。長さ220m、幅120mの平面上の台地に建てられたシュタウフェン朝の皇帝の王城で、ネッカーの古城街道沿いにあるPfalz von Wimpfenヴィンプフェンの王城を凌ぐものと云われている。<br /><br />写真はハールブルク城と代々の紋章

    南ドイツにおける、最も大きく、古く、12世紀からの中世の城郭がよく保存されている。長さ220m、幅120mの平面上の台地に建てられたシュタウフェン朝の皇帝の王城で、ネッカーの古城街道沿いにあるPfalz von Wimpfenヴィンプフェンの王城を凌ぐものと云われている。

    写真はハールブルク城と代々の紋章

  • ヴェルニッツ川畔からの古城の眺めは実に絵画的で、素晴しい。<br /><br />写真は19~20世紀頃のハールブルク城とヴェルニッツ川

    ヴェルニッツ川畔からの古城の眺めは実に絵画的で、素晴しい。

    写真は19~20世紀頃のハールブルク城とヴェルニッツ川

  • この城と30年戦争の関わりは、スウェーデン王Gustav II Adolfグスタフ2世アドルフ(1594~1632年)が新教徒保護を名目にフランスと同盟し、ドイツに侵攻し、連戦連勝し、1632年にはハールブルク城に守備隊を置いている。<br /><br />この事もあって、ハールブルク城は30年戦争の間、しばしば包囲攻城戦が行われ、罹災もしていた。<br /><br />写真はスウェーデン王Gustav II Adolfグスタフ2世アドルフ

    この城と30年戦争の関わりは、スウェーデン王Gustav II Adolfグスタフ2世アドルフ(1594~1632年)が新教徒保護を名目にフランスと同盟し、ドイツに侵攻し、連戦連勝し、1632年にはハールブルク城に守備隊を置いている。

    この事もあって、ハールブルク城は30年戦争の間、しばしば包囲攻城戦が行われ、罹災もしていた。

    写真はスウェーデン王Gustav II Adolfグスタフ2世アドルフ

  • 1731年、Albrecht Ernst IIアルブレヒト・エルンスト2世の死去により、新教派のエッティンゲン家が消滅し、代わってハールブルク城は旧教派のエッティンゲン・ヴァラーシュタイン侯爵家のものとなった。<br /><br />写真はハールブルク城1700年

    1731年、Albrecht Ernst IIアルブレヒト・エルンスト2世の死去により、新教派のエッティンゲン家が消滅し、代わってハールブルク城は旧教派のエッティンゲン・ヴァラーシュタイン侯爵家のものとなった。

    写真はハールブルク城1700年

  • ≪Die Sage vom Huellenloch伝説・ヒューレンロッホ(ヒューレンの洞窟)≫<br />(ハールブルクに残る“悪魔と取引した羊飼い”のお話)<br /><br />それは30年戦争の頃でした。ハールブルク城傍を流れるヴェルニッツ川沿いの草原で、羊飼いはご主人様の羊の群の番をしていました。<br /><br />写真はハールブルクの泉にある羊飼いの像

    ≪Die Sage vom Huellenloch伝説・ヒューレンロッホ(ヒューレンの洞窟)≫
    (ハールブルクに残る“悪魔と取引した羊飼い”のお話)

    それは30年戦争の頃でした。ハールブルク城傍を流れるヴェルニッツ川沿いの草原で、羊飼いはご主人様の羊の群の番をしていました。

    写真はハールブルクの泉にある羊飼いの像

  • また敵軍(旧教派)が近づく音を耳にして、羊飼いは慌てて羊たちを集め、或る洞窟に逃げ込みました。そこは険しい斜面の岩壁が突き出ているような場所でした。<br /><br />岩壁の半分ほどに、暗い洞窟の大小の入口があり、中に入ると、羊飼いはたくさんと云うよりむしろ少ない場所しか見出せません。<br />しかも羊の為に水や食料を毎日与えるには、羊をヴェルニッツ川沿いの草原に引っ張り出さねばなりませんでした。<br /><br />写真は洞窟の入口(現在、Huellenloch ヒューレンロッホと呼ばれている。)

    また敵軍(旧教派)が近づく音を耳にして、羊飼いは慌てて羊たちを集め、或る洞窟に逃げ込みました。そこは険しい斜面の岩壁が突き出ているような場所でした。

    岩壁の半分ほどに、暗い洞窟の大小の入口があり、中に入ると、羊飼いはたくさんと云うよりむしろ少ない場所しか見出せません。
    しかも羊の為に水や食料を毎日与えるには、羊をヴェルニッツ川沿いの草原に引っ張り出さねばなりませんでした。

    写真は洞窟の入口(現在、Huellenloch ヒューレンロッホと呼ばれている。)

  • “こいつは、悪魔にでも頼まないとな!”と、困った羊飼いはある日のこと、ツィ、つぶやいてしまった。<br /><br />すると、驚いたことに、岩壁の中から、一人のフロックコートとシルクハットを着こなした、上品な男(悪魔)が出現したのです。<br /><br />写真はハールブルク城

    “こいつは、悪魔にでも頼まないとな!”と、困った羊飼いはある日のこと、ツィ、つぶやいてしまった。

    すると、驚いたことに、岩壁の中から、一人のフロックコートとシルクハットを着こなした、上品な男(悪魔)が出現したのです。

    写真はハールブルク城

  • “あんたが自分の羊を厄介払いしたい!と言っていたように聞いたが?そいつらはいくらの値なのか?”と・・・、<br /><br />紳士(悪魔)は目を丸くして驚いている羊飼いに尋ねた。<br /><br />写真はハールブルク城とヴェルニッツ川

    “あんたが自分の羊を厄介払いしたい!と言っていたように聞いたが?そいつらはいくらの値なのか?”と・・・、

    紳士(悪魔)は目を丸くして驚いている羊飼いに尋ねた。

    写真はハールブルク城とヴェルニッツ川

  • 羊飼いは唖然としつつも、紳士を見た。(頭の中を回転させて)羊は確かにご主人様のもので、俺のものではない。・・・が、こんな機会は俺様の人生にとってもめったにないぞ!と羊飼いは考えた。<br /><br />こんな不穏な、ご時世を誰が望んでいようか!<br /><br />写真はヴェルニッツ川から見上げるハールブルク城

    羊飼いは唖然としつつも、紳士を見た。(頭の中を回転させて)羊は確かにご主人様のもので、俺のものではない。・・・が、こんな機会は俺様の人生にとってもめったにないぞ!と羊飼いは考えた。

    こんな不穏な、ご時世を誰が望んでいようか!

    写真はヴェルニッツ川から見上げるハールブルク城

  • “Eine Kiste voll Gold!金で一杯の箱!”・・・羊飼いはその紳士(悪魔)に向かって言った。<br /><br />写真は町から見上げるハールブルク城

    “Eine Kiste voll Gold!金で一杯の箱!”・・・羊飼いはその紳士(悪魔)に向かって言った。

    写真は町から見上げるハールブルク城

  • ただ、そう言ったが、羊飼いの良心が心の内でまだ多く締めていたので、心の中で密かに、買い手が羊の代価を拒否する事を願っていた。<br /><br />所が、密かに願っていた事は外れ、この紳士は羊飼いの申し出を了承したのだ。<br /><br />写真はヴェルニッツ川

    ただ、そう言ったが、羊飼いの良心が心の内でまだ多く締めていたので、心の中で密かに、買い手が羊の代価を拒否する事を願っていた。

    所が、密かに願っていた事は外れ、この紳士は羊飼いの申し出を了承したのだ。

    写真はヴェルニッツ川

  • 彼(悪魔)が甲高い口笛を吹くと、空から炎のような黒馬が疾駆してきた。<br /><br />これはとんでもない事が起きた。羊飼いは混乱した頭で考えたが、不気味な一言が羊飼いを現実に引き戻した。<br /><br />写真はヴェルニッツ川

    彼(悪魔)が甲高い口笛を吹くと、空から炎のような黒馬が疾駆してきた。

    これはとんでもない事が起きた。羊飼いは混乱した頭で考えたが、不気味な一言が羊飼いを現実に引き戻した。

    写真はヴェルニッツ川

  • “さー、金を持って行け!ここに金の入った箱があるぞ!”<br /><br />確かに、黒馬の背に鉄の錠前をした長箱が乗っている。羊飼いは馬の背から長箱を持ちあげて、地べたにしっかりと降ろした。<br />そして、長箱の蓋を開け、慌てて戻した。<br /><br />”純金だ!“と思った時に、羊飼いの良心の呵責は何処かに飛んでいき、金銭欲により彼の良心は蓋われた。<br /><br />写真はヴェルニッツ川

    “さー、金を持って行け!ここに金の入った箱があるぞ!”

    確かに、黒馬の背に鉄の錠前をした長箱が乗っている。羊飼いは馬の背から長箱を持ちあげて、地べたにしっかりと降ろした。
    そして、長箱の蓋を開け、慌てて戻した。

    ”純金だ!“と思った時に、羊飼いの良心の呵責は何処かに飛んでいき、金銭欲により彼の良心は蓋われた。

    写真はヴェルニッツ川

  • “羊はあんたのものだ!”と、羊飼いは大声で叫んだ。<br /><br />その声と同時に、不気味な買い手(悪魔)は黒馬に跨り、あっという間に空中を飛んで行き、その後を羊たちの群れの全てが追いかけて行ってしまった。<br /><br />写真はハールブルク城から見るヴェルニッツ川一帯の眺望

    “羊はあんたのものだ!”と、羊飼いは大声で叫んだ。

    その声と同時に、不気味な買い手(悪魔)は黒馬に跨り、あっという間に空中を飛んで行き、その後を羊たちの群れの全てが追いかけて行ってしまった。

    写真はハールブルク城から見るヴェルニッツ川一帯の眺望

  • しかし、あれは何が起こったのか、何だったのか?と、羊飼いが思わぬ幸運と先ほどの恐ろしげな光景を思い起こしていると、“金で一杯の箱!”が滑り落ち始めた。“カロ!捕まえろ!”と、びっくりした羊飼いは飼い犬にわめいた。<br /><br />飼い犬が長箱に歯をたてようとしている間に、羊飼いは電光石火でしゃがみ、全力を尽くしたけれど、宝物をしっかり掴み戻すことはできませんでした。<br />それどころか、目に見えない束縛から引き裂かれたように、あっという間に、羊飼いと飼い犬と“金で一杯”の長箱は、洞窟の暗い片隅に滑り落ちたのでした。<br /><br />写真はハールブルク城内

    しかし、あれは何が起こったのか、何だったのか?と、羊飼いが思わぬ幸運と先ほどの恐ろしげな光景を思い起こしていると、“金で一杯の箱!”が滑り落ち始めた。“カロ!捕まえろ!”と、びっくりした羊飼いは飼い犬にわめいた。

    飼い犬が長箱に歯をたてようとしている間に、羊飼いは電光石火でしゃがみ、全力を尽くしたけれど、宝物をしっかり掴み戻すことはできませんでした。
    それどころか、目に見えない束縛から引き裂かれたように、あっという間に、羊飼いと飼い犬と“金で一杯”の長箱は、洞窟の暗い片隅に滑り落ちたのでした。

    写真はハールブルク城内

  • 羊飼いは今日も“悪魔の金”をしっかり保持して、常に歯を剥き出しにした飼い犬と共に、洞窟の暗い底に座っていると云われています。<br /><br />もし、向う見ずな者が“この大事な宝物”を盗み出しに来たら・・・と。<br /><br />写真はハールブルク城の城壁(歩くことができる)

    羊飼いは今日も“悪魔の金”をしっかり保持して、常に歯を剥き出しにした飼い犬と共に、洞窟の暗い底に座っていると云われています。

    もし、向う見ずな者が“この大事な宝物”を盗み出しに来たら・・・と。

    写真はハールブルク城の城壁(歩くことができる)

  • その時以来、岩壁の裂け目はHuellenloch ヒューレンロッホとか、Huellalochヒューラロッホと呼ばれている。<br /><br />(注)リース・クレーターとも呼ばれるリース盆地とその周辺の歴史・伝説・説話から:訳・編集<br /><br />写真はハールブルク城の大手門側

    その時以来、岩壁の裂け目はHuellenloch ヒューレンロッホとか、Huellalochヒューラロッホと呼ばれている。

    (注)リース・クレーターとも呼ばれるリース盆地とその周辺の歴史・伝説・説話から:訳・編集

    写真はハールブルク城の大手門側

  • 尚、因みにHuelleヒューレとはドイツ語の名詞で“覆いとか、カバー”の意味で、Lochロッホは穴、裂け目、洞窟の意味。<br />そこの現状から、このHuellenloch ヒューレンロッホの名がついたのか、それとも羊飼いの名前なのか、よく分からないが、多分前者であろう。<br /><br />写真はハールブルク城の銃眼(ここから鉄砲を撃ちかけた)

    尚、因みにHuelleヒューレとはドイツ語の名詞で“覆いとか、カバー”の意味で、Lochロッホは穴、裂け目、洞窟の意味。
    そこの現状から、このHuellenloch ヒューレンロッホの名がついたのか、それとも羊飼いの名前なのか、よく分からないが、多分前者であろう。

    写真はハールブルク城の銃眼(ここから鉄砲を撃ちかけた)

  • ハールブルクの町の泉に羊飼いの像が立ち、ヒューレンロッホの羊飼いは不朽?(不名誉な)の名を残している。<br /><br />伝説の舞台となったヒューレンの洞窟はRonheimロンハイムとHarburgハールブルクの間にある崖の小さな洞窟を言うそうだが、ロンハイムから5〜10分の距離だとか。<br /><br />ロンハイムの農村はハールブルクの町の北部にある一区画で、住民約150人が住んでいると云う。   http://www.ronheim.de/<br /><br />XXX<br />(2012年5月20日)<br /><br />写真はハールブルク城

    ハールブルクの町の泉に羊飼いの像が立ち、ヒューレンロッホの羊飼いは不朽?(不名誉な)の名を残している。

    伝説の舞台となったヒューレンの洞窟はRonheimロンハイムとHarburgハールブルクの間にある崖の小さな洞窟を言うそうだが、ロンハイムから5〜10分の距離だとか。

    ロンハイムの農村はハールブルクの町の北部にある一区画で、住民約150人が住んでいると云う。   http://www.ronheim.de/

    XXX
    (2012年5月20日)

    写真はハールブルク城

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ドイツの伝説・民話その2

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集