長崎市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2011年の大晦日から翌年のお正月にかけて、長崎・佐世保・平戸の教会巡りをしてきました。<br /><br />地元から新幹線を乗り継ぎ、長崎駅に到着したのは日が傾きかけた頃。<br /><br />コインロッカーに荷物を預け、向かった先は長崎駅から徒歩5分の中町教会。<br /><br />長崎といえば大浦天主堂や浦上天主堂が有名ですが、中町教会も2大教会に劣らない、白亜の美しい立派な教会でありました。<br /><br />拝観中、シスターに深夜の新年ミサに来るよう声を掛けられた我々。<br /><br />10年以上前に、ロンドンの教会でうっかりミサに加わってしまった私にとっては、信者でもないのにミサに行くのは如何なものかという思いがありました。<br /><br />が。。。<br /><br />ミサに興味があった旦那につられ、再び参加した次第でしたが、出だしの悪い新年となってしまいました。

2011 大晦日★長崎・大浦天主堂の夜景と中町教会での新年ミサ

3いいね!

2011/12/31 - 2012/01/04

2224位(同エリア2852件中)

0

24

ムヒカ

ムヒカさん

2011年の大晦日から翌年のお正月にかけて、長崎・佐世保・平戸の教会巡りをしてきました。

地元から新幹線を乗り継ぎ、長崎駅に到着したのは日が傾きかけた頃。

コインロッカーに荷物を預け、向かった先は長崎駅から徒歩5分の中町教会。

長崎といえば大浦天主堂や浦上天主堂が有名ですが、中町教会も2大教会に劣らない、白亜の美しい立派な教会でありました。

拝観中、シスターに深夜の新年ミサに来るよう声を掛けられた我々。

10年以上前に、ロンドンの教会でうっかりミサに加わってしまった私にとっては、信者でもないのにミサに行くのは如何なものかという思いがありました。

が。。。

ミサに興味があった旦那につられ、再び参加した次第でしたが、出だしの悪い新年となってしまいました。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー タクシー 新幹線 JR特急
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2011年、2度目の長崎です。<br /><br />GWに五島列島の教会巡りで、すっかり長崎の教会たちに魅了されてしまいました。<br /><br />駅構内の御朱印船。<br /><br />長崎といえば三菱!も忘れてはならない。

    2011年、2度目の長崎です。

    GWに五島列島の教会巡りで、すっかり長崎の教会たちに魅了されてしまいました。

    駅構内の御朱印船。

    長崎といえば三菱!も忘れてはならない。

  • 2011年最後の夕食を済ませた後、大浦天主堂のライトアップを見に行きました。

    イチオシ

    2011年最後の夕食を済ませた後、大浦天主堂のライトアップを見に行きました。

  • 大浦天主堂のライトアップを見るのは初めてです!<br /><br />坂の上に建っているので、神々しさもUP!<br /><br />幻想的なお城のようでもあります。

    大浦天主堂のライトアップを見るのは初めてです!

    坂の上に建っているので、神々しさもUP!

    幻想的なお城のようでもあります。

  • 昼間、観光客で賑わっているのが嘘みたいな静けさでした。<br /><br />風もなく暖かい大晦日でした。<br /><br />周囲は誰も居らず、カップルの観光客を数組見ただけ。<br /><br />ちょっと寂しい大浦天主堂でありました。

    昼間、観光客で賑わっているのが嘘みたいな静けさでした。

    風もなく暖かい大晦日でした。

    周囲は誰も居らず、カップルの観光客を数組見ただけ。

    ちょっと寂しい大浦天主堂でありました。

  • こちらは大浦教会前のマリア像。<br /><br />せっかくなので、路地裏の石畳を歩いて夜の散策をしてみました。

    こちらは大浦教会前のマリア像。

    せっかくなので、路地裏の石畳を歩いて夜の散策をしてみました。

  • オランダ坂を登り、学校らしき構内にあったツリー。

    オランダ坂を登り、学校らしき構内にあったツリー。

  • 重要文化財の旧長崎英国領事館。<br /><br />丸窓が印象的です。

    重要文化財の旧長崎英国領事館。

    丸窓が印象的です。

  • サイドには小道があって、異国ちっくな風情がありました。

    サイドには小道があって、異国ちっくな風情がありました。

  • ホテルでひと休憩し、いよいよ中町教会での新年ミサに向かいます。

    ホテルでひと休憩し、いよいよ中町教会での新年ミサに向かいます。

  • 中町教会は、大村藩蔵屋敷跡に建てられたカトリック教会。<br /><br />日本の古い町並みを思わせる歩道ですが、敷地内には白亜の立派な教会が建てられ、なんとも不思議な感じです。<br /><br />松の木と白い教会がミスマッチなんだけど、とっても絵になる風景でした。

    イチオシ

    中町教会は、大村藩蔵屋敷跡に建てられたカトリック教会。

    日本の古い町並みを思わせる歩道ですが、敷地内には白亜の立派な教会が建てられ、なんとも不思議な感じです。

    松の木と白い教会がミスマッチなんだけど、とっても絵になる風景でした。

  • 新年ミサに合わせ、たくさんの人が教会に集まって来ました。<br /><br />

    新年ミサに合わせ、たくさんの人が教会に集まって来ました。

  • 夕方、中町教会を拝観中、シスターに新年ミサに来るよう声をかけられました。<br /><br />信者ではないけど、参加させていただきます!<br /><br />

    夕方、中町教会を拝観中、シスターに新年ミサに来るよう声をかけられました。

    信者ではないけど、参加させていただきます!

  • ミサについてはよくわからないので、遠慮して最後尾の席に着きました。

    ミサについてはよくわからないので、遠慮して最後尾の席に着きました。

  • 新年ミサは、1時間ぴったり。<br /><br />30分位だと思っていたので、途中でうっかり眠ってしまい、自分の寝言で目を覚ましてしまいました。

    新年ミサは、1時間ぴったり。

    30分位だと思っていたので、途中でうっかり眠ってしまい、自分の寝言で目を覚ましてしまいました。

  • 言い訳させてください。<br /><br />夜中の12:00過ぎなんて、いつもは寝ている時間なんです。。。!<br /><br />それに加えて、神父さまの聡明な声と信者男性の美しい歌声!

    言い訳させてください。

    夜中の12:00過ぎなんて、いつもは寝ている時間なんです。。。!

    それに加えて、神父さまの聡明な声と信者男性の美しい歌声!

  • 13年前、ロンドンの教会でうっかりミサに加わってしまった時の記憶が蘇ってきました。<br /><br />ミサの途中、献金箱が手渡しリレーで回ってきました。<br /><br />中町教会の献金箱は、えんじ色の可愛らしい手提げかごでした。

    13年前、ロンドンの教会でうっかりミサに加わってしまった時の記憶が蘇ってきました。

    ミサの途中、献金箱が手渡しリレーで回ってきました。

    中町教会の献金箱は、えんじ色の可愛らしい手提げかごでした。

  • ミサも終盤を迎え、参加者たちが続々と司祭さまの居る祭壇エリアへ向かい始めました。<br /><br />13年前、必死で周りの様子を伺い、何とかその場を凌いだ記憶が鮮明に蘇ってきました。

    ミサも終盤を迎え、参加者たちが続々と司祭さまの居る祭壇エリアへ向かい始めました。

    13年前、必死で周りの様子を伺い、何とかその場を凌いだ記憶が鮮明に蘇ってきました。

  • その時の経験もあり、席で待機するつもりだった私。。。<br /><br />しかし、ミサ初体験の旦那は張り切って祭壇へ向かってしまいました。

    その時の経験もあり、席で待機するつもりだった私。。。

    しかし、ミサ初体験の旦那は張り切って祭壇へ向かってしまいました。

  • とっさに後を追い、13年前と同じく不本意ながらも列に並んでしまいました。<br /><br />列は2つに分かれており、司祭さまも2人居ました。<br /><br />人が多くて、最前列で行われているやり取りが見えません。<br /><br />ようやく片側でのやり取りが見えかけた時、ミサを進行していた聡明な声の持ち主である司祭さまの前が空きました。

    とっさに後を追い、13年前と同じく不本意ながらも列に並んでしまいました。

    列は2つに分かれており、司祭さまも2人居ました。

    人が多くて、最前列で行われているやり取りが見えません。

    ようやく片側でのやり取りが見えかけた時、ミサを進行していた聡明な声の持ち主である司祭さまの前が空きました。

  • やり取りが判らないまま、司祭さまの前に来てしまいました。<br /><br />どうにもならなくて、とりあえず合掌して司祭さまを拝みました。<br /><br />司祭さまも怪しい流れに調子が狂ったのでしょう。<br /><br />「あなたは信者ですか?」<br /><br />聡明な声で私に問いかけてきました。<br /><br />他の方は既に席に戻っており、司祭さまの前には呆然と立ち尽くす私のみが取り残されました。

    やり取りが判らないまま、司祭さまの前に来てしまいました。

    どうにもならなくて、とりあえず合掌して司祭さまを拝みました。

    司祭さまも怪しい流れに調子が狂ったのでしょう。

    「あなたは信者ですか?」

    聡明な声で私に問いかけてきました。

    他の方は既に席に戻っており、司祭さまの前には呆然と立ち尽くす私のみが取り残されました。

  • 頭の中が真っ白になり、この時の記憶はナッシング。<br /><br />恥ずかしさと私のような者がミサに参加した事を申し訳なく思いました。<br /><br />穴があったら入りたかった!<br /><br />自分が裏切り者のユダになったような気分でした。

    頭の中が真っ白になり、この時の記憶はナッシング。

    恥ずかしさと私のような者がミサに参加した事を申し訳なく思いました。

    穴があったら入りたかった!

    自分が裏切り者のユダになったような気分でした。

  • そして、いろんな声が自分自身に降りかかってきました。<br /><br />「教会をなめんなよ!」<br /><br />「聖域の写真を撮り過ぎなんだよ!」<br /><br />五島列島では調子にのって、教会の2階部分にまで進入してしまいました。<br /><br />今後はもっと敬虔な気持ちで教会見学に望もうと誓ったミサでありました。

    そして、いろんな声が自分自身に降りかかってきました。

    「教会をなめんなよ!」

    「聖域の写真を撮り過ぎなんだよ!」

    五島列島では調子にのって、教会の2階部分にまで進入してしまいました。

    今後はもっと敬虔な気持ちで教会見学に望もうと誓ったミサでありました。

  • 私の前に並んだ旦那は、ちゃっかりと信者になりすまし、キリストの分身である白くて丸いお煎餅のような物をいただいていました。<br /><br />13年前に参加したミサでは、この白い煎餅を口の中に放りこまれ、すかさず赤ワインを飲まされるという流れでした。<br /><br />もちろん今回は、信者でないことを見破られてしまったので、私はいただくことができませんでした。

    私の前に並んだ旦那は、ちゃっかりと信者になりすまし、キリストの分身である白くて丸いお煎餅のような物をいただいていました。

    13年前に参加したミサでは、この白い煎餅を口の中に放りこまれ、すかさず赤ワインを飲まされるという流れでした。

    もちろん今回は、信者でないことを見破られてしまったので、私はいただくことができませんでした。

  • 以上、中町教会での新年ミサでした。

    以上、中町教会での新年ミサでした。

この旅行記のタグ

関連タグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

長崎市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集